2017年10月20日

社内メールマガジン"アクティブ流"11月号巻頭言 「多数派の療法士のなかで、管理者として看護師として働く」〜訪問の仕事は自分次第〜(前編) 看護師 松並裕馬さん(松原管理者)

看護師 松並裕馬さん

松並さん.jpg


弊社創業時から訪問看護の現場で活躍してきた松原の名物男!!

訪問看護師の松並裕馬さん(松原管理者)に、メルマガ編集委員の水野が訊きました。前・中・後編に分けてお届けします。


-目次-


前編)

1. 療法士が8割のステーション 看護とリハが一緒に訪問できる強み

2. 療法士と一緒に働く メリットが断然大きい

中編)

3. 人手不足の看護業界 在宅で重症患者を受け入れる

4. 訪問看護の魅力 自分のペースで働ける場所

5. 管理者の顔 みんなと一緒でいたい

後編)

6. 看護師の顔  距離感を見極める感度の高さ

7. 仕事と家庭  完全に切り替える

8. 来年度以降のこと もっと看護とリハの連携を


--------------------------------------------------------------------------------


1.「療法士が8割のステーション 看護とリハが一緒に訪問できる強み」


アクティブは他の訪問看護ステーションと比べて、若い子が多く、活気があると思います。

職員の約8割は療法士、療法士の割合が大きいからね。

アクティブは療法士がそろっている。

だから、リハビリと看護が一緒に入った方がいい依頼が営業せずとも入ってきています。

特にALS等の難病の方の場合はそう。

だから他のステーションと比べ、難病の割合が高いんだよね。


2.「療法士と一緒に働く メリットが断然大きい」


僕は看護師になって最初に就職した精神科の病院を「PTになる」と言って辞めました。

看護部長からは「なめんな」と言われたけど。

看護学校に入る前は、PTOTSTの存在を知らなかったし。

ずっと療法士の仕事に興味があるから、一緒に働くと、いろんなことが知れて楽しい。

療法士と一緒に担当をするときは、療法士を必ず「たてる」ことにしています。

その姿勢を常に保っている。

たとえ、療法士の経験が浅く、未熟だと感じる部分があったとしてもね。

そうすることで、利用者さんやご家族は安心するから。

療法士と一緒で働きにくいと思ったことはないかな。

療法士の人数が多すぎて、全く見たことがない利用者さんもたくさんいる。

それで連携がとりにくいと思う面は少しあるかも。


以上。

中編に続きます。

2017年10月19日

社内メールマガジン"アクティブ流"11月号 介護保険等情報

介護保険制度等情報委員のOT井上
心意気実践チームのいとうです。

平成29年9月6日の第146回社会保障審議会介護給付費分科会にて、地域の自立支援を推進する訪問看護ステーションの療法士の役割等が示されています。

▼詳細はこちら↓

アクティブ心意気実践チームでは、自立支援、活動・参加に向けた取り組み(実践-仕組み-人-環境創り…)を試みを継続しています。
▼詳細はこちら↓

2017年10月17日

東成区健康展

健康展に参加してきました!
今年のテーマは「地域包括ケアシステムが始まります。」
ということで医療相談をはじめ超音波検査や体操など
様々な連絡会のブースがあり大盛況でした。
去年同様訪問看護連絡会のブースと
今年はリハビリ連絡会のブースを設けさせて頂き参加してきました。

IMG_1890.JPG
IMG_2707.JPG

IMG_2704.JPG
IMG_2703.JPG

リハビリ連絡会のブースは相談のお品書きを貼り
各療法士の仕事内容、体操の資料などを配り
相談をじっくり聞くというテーマで臨みました。
他施設のセラピストと一緒に仕事をする機会は健康展ならではでした!
大盛況のうちに終了し東成区は健康への関心が高く熱心です!

アクティブ大阪
中原・河井・木田

posted by Active at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka

嚥下筋ストレッチ勉強会 他力本願ですみません

利用者さんと買い物練習に行った

スーパーで見つけました。

image-425ef.jpeg


りんご風味のバナナらしいです。

利用者さん

「りんご味が食べたいなら

りんごを買えばいいのにね」

もっともな意見だと思います。

ST水野です。


嚥下筋ストレッチの勉強会を行いました。

きっかけはこの本。

IMG_4759.jpg


山川STPTOTのみなさんに

勉強会に加わっていただくように

お願いしてくてました。


講習会のテキストと本をもとに

嚥下に関わる筋肉の触診とストレッチを

確認していきました。


僧帽筋(上部繊維)

頭半棘筋

頭板状筋

肩甲挙筋

胸鎖乳突筋


筋の位置だけなら、

イラストでだいたいわかります。


筋の厚みや深さ、

どの程度の力加減で触れればよいかは

実際に触ってみないとわかりません。


PTOTの皆さんに手を添えてもらって

「なるほど」といった感じでした。


長西PTから助言をもらいました。

「ストレッチを自分でできる方であれば

自分でやったいただいた方がいい」


訪問のパーキンソン病の利用者さんに

ご自分でストレッチをしていただきました。

頭部の回旋角度を変えて

頸部を屈曲して

頸部のどこが伸びているか

感想を聞きながら行ってみました。


「普段の方法では伸びない部分が

今日は伸びて気持ちがいいなあ」と

言って下さいました。


実用的な勉強会のおかげです。



長西PT

OT

根本PT

山上OT

油谷OT

ご協力いただきありがとうございました。

他力本願ですみません。


金井ST伝達講習ありがとう。


また、大阪本部ともいっしょに

学べたらいいですね。

posted by Active at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記

2017年10月13日

アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修スクーリングE

IMG_20171013_141031.jpg
心意気実践チーム
いとうとムロノゾノです。

本日は午後から実務者研修のスクーリングEです。

▼スクーリングDの様子はこちら↓

▼アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修についてはこちら↓

今日は今までのスクーリングで作り上げてきた仮想ケースの介護計画を作成します。
IMG_20171013_141730.jpg

といってもそんなことをした事がほぼみなさんありません。一人で考えても進みません…そりゃそうです!
ということで、今日もみなさんで考えてみます。
IMG_20171013_162232.jpg

アセスメント表に記載していきます。
IMG_20171013_172446.jpg

白紙のアセスメント表に少しずつ記載していきます。
日頃、現場で支援に従事しているみなさんですが、何気なくやっていることですら誰にでも分かるように文章化するのは難しいことを体感していました。
IMG_20171013_172408-efd97.jpg
仮想ケースの介護計画で、
「デイサービスでラジオ体操をしては…」
「手すり設置の説明を誰がしようか…」
などなど、みなさんから具体的な検討がされて頼もしく嬉しく思いました。

結局、前回までに挙がっていた生活課題のうち2つの介護計画作成までは到達出来ましたが完成にはまだまだでした。

みなさんも4時間ノンストップで介護計画の作成に取り組んだことで、文章化に慣れてきたことと完成のイメージを少しつかめてきたのではないかと思います。

次回スクーリングFは来週10/20金曜日です。
右片麻痺で失語症のあるリハビリモデルの森さんにご協力頂いて、活動・参加の実践的な支援や介助方法等を勉強します。

またみなさんで勉強しまっせー

第5回 あれそれカフェ 堺

寒暖差があり、少し過ごしにくい日も増えてきましたね。


堺事業所の塚本です。


ブログ遅くなりましたが、922日に行った、第5回あれそれカフェの報告です。


今回は、ボランティアのオルガニスト「アンジェラのりこ先生」をお招きして、「歌おう会」を開催しました。

 CIMG2147.JPGCIMG2150.JPG

ケアマネさん含め、10名の方にご参加いただきました。


最初に、腹式呼吸の練習や「家でもできるタオル体操」を行い、心身をほぐしてから、歌を歌いました。

 CIMG2154.JPG

CIMG2156.JPG



今回は、秋が近くなってきたのでとのことで、季節感を感じることのできる

1.大きな栗の木の下で(リズム体操)

2.七つの子

3.四季の歌

4.とんぼのめがね

5.どんぐりころころ

7.つき

8.この広い野原いっぱい


を選曲していただき、元気に歌いました。

 CIMG2158.JPG



最初は声が出ていない人も、歌を重ねるごとに大きな声が出るようになっていました。

CIMG2163.JPGCIMG2171.JPG


皆さん、「あ〜楽しかった」と声を揃えて感想を述べており、ちゃっかりアンコールもおねだり!

CIMG2175.JPG

盛り上がって前に出て歌ってくださる人もいました!

 CIMG2180.JPG


最後にお決まりの脳トレを行って、クールダウンしました。

 CIMG2190.JPG




喫茶相談会でも感想を聞いたりと、非常に積極的にご利用者さんとも関わっていただき、本当に感謝・感謝です。

CIMG2195.JPG

今後もあれそれカフェに来て下さるとの事でしたので、さっそく次回1117日の参加もお願いしちゃいました。


アンジェラのりこ先生、本当にありがとうございました。



アクティブデイサービス堺 スタッフ一同

posted by Active at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 堺デイ

積み重ね

ただいまデイサービス吹田にて、ミーティング中。

1507870865323.jpg


金曜日の午後の一風景。

でも吹田ではこうしたミーティングを、一日の終わりに毎日やってくれています(私は最近ほとんど参加せず・・)。

その日に起こった出来事の振り返り、
明日の予定の確認、
もっとこうしたらいいんじゃないかという提案、
色々、いろいろ・・・

毎日こうしたミーティングをしていくれていること、吹田のスタッフの皆さんに負担をかけているかな・・と思い、このような形で紹介するのは気が引けていました。

でも、やっぱり声を大にして言いたい!


「こうした個々人の頑張りが、その積み重ねが、会社全体の、地域全体の大きな仕事を作っているんだ!!」と。


人の目を引くアイデアや、周りを驚かせる行動ではなくて、
こうした地道な積み重ねが、とてもすごいことで、もっと賞賛されていいんじゃないかと思うんです。

ということで、いつも頑張ってくれている吹田デイのスタッフに、感謝と拍手!!!

アクティブ吹田
軽部 孝

posted by Active at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹田より

2017年10月10日

あめちゃんの会

今回のあめちゃんは「認知症予防」です。

IMG_1086.jpg

まずは認知症について正しく理解をしてもらいます。
参加が初めてではない方も復習がてら聞いてもらいました。

・高齢化社会に伴って認知症者も確実に増加する
・「認知症による物忘れ」と「加齢による物忘れ」の違い
・認知症の予防には軽度認知障害(MCI)のうちからするのが効果的
・認知症予防10ヶ条

実際の予防法は色々ありますが、
今回はコグニサイズとストループ課題を行いました。

コグニサイズ=運動+認知トレーニング

@足踏みしながら数唱。ただし3の倍数は拍手する。
A足踏みしながらグーパー体操(右手を前に出してパー、左手は胸の前でグー、を左右交互に繰り返す)
B4拍子の足ステップを踏みながら数唱。ただし3の倍数は拍手する。

なかなか難しいです。
私も間違えながら皆さんと一緒にゆっくりゆっくりしました(汗)

InkedIMG_1075_LI.jpg


ストループ課題

IMG_1087.jpg

これまた難しい!
要するにひっかけやね?と利用者様より。
要するにそうです、はい。

さすがに油谷OTはスイスイできてました。
やっぱり脳みそ若いなぁ〜ええなぁ〜(笑)

帰り際には「コピーください」「主人にもさせます」と言われ、
皆さんコピーを持って帰られました。

最後の振り返りで、先週からの1週間を振り返ります。
「え?こんな運動するって言うてた?」「忘れてたわ〜」
「忙しくてもうね〜」「あははははは〜」
と言われることも少なくありません。習慣化って難しいですね。
でも楽しんで教室に来てくださっていれば、まずはそれで良しです。


なめだ介護予防教室
総合事業部 ST松本
posted by Active at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | あめちゃんの会

2017年10月09日

この日の男の出張料理教室。特別編〜アクティブトークに向けて〜

1507291042678-6a8bf.jpg
今日のメニューは「ちゃんちゃん焼き」

今日は11/24にご夫婦でのご登壇を控えている弊社の社内学会での"アクティブトーク"に向けた奥様を交えた打ち合わせも兼ねています。

この"アクティブトーク"は利用者様と奥様、STがご夫婦のライフヒストリーに因んだ画像等を見ながら自発話を引き出すというチャレンジングな試みです。

アクティブ・ライブ2017の詳細はこちら↓

デイサービスのST訓練での準備の様子はこちら↓

今日は打ち合わせを兼ねたためいつもと違い、たくさんの来客があったせいでしょうか、どこかぎこちない様子でキッチンに向かわれます。
IMG_20171006_165307.jpg
材料は毎回ご家族さまが揃えて下さいます。
今回は生鮭、人参等の下処理等の準備をご家族さまがして下さっていました。
毎回、スムーズにお料理ができる大きな要因です。
お二人でメニューの決定とレシピの予習もいつもありがとうございます。
IMG_20171006_165323.jpgIMG_20171006_165329.jpg

人参やジャガイモ等のカットは固さに少し苦戦しました。
IMG_20171006_165415.jpg1507291347430.jpg

鮭を焼きます。
1507291360012-660e7.jpg

野菜を焼いて。
1507291370184.jpg

自家製味噌ダレを回しかけます。
1507291304583.jpg

蓋をしてしっかりと蒸し焼きにします。
1507291327173.jpg

旨味たっぷりな味噌ダレの匂いが食欲をそそります。
1507291048718.jpg

ちゃんちゃん焼き完成!
1507291271568.jpg

ちゃんちゃん焼きの他にもご馳走が。
1507291261979.jpg

次の週が利用者様のお誕生日ということで、急遽ハッピーバースデー!乾杯!
1507291035652.jpg1507291015587-589a9.jpg

肝心のアクティブトーク11/24の打ち合わせです。
ご夫婦ならではの間合い、距離感、相づちや頷き等のやりとりで、今まで聴き取りできていなかったお話しが次々と紡ぎ出されます…
一同でご夫婦のお話しに引き込まれ、話しの中に入り込む感覚がありました。
利用者様のどなたにも優しいお人柄が伝わり、ご夫婦自身で今までの人生の一部を物語ってもらうナラティブアプローチになりました。
当日はどんなお話しが飛び出すか分からなくなってきました…
1507291026827.jpg

最後は奥様の手ほどきでお茶を教えていただきました。
1507291210364.jpg1507291207953.jpg
この日のためにご準備頂きありがとうございます。ごちそうさまでした。

アクティブデイサービス吹田一同
posted by Active at 19:54| Comment(2) | TrackBack(0) | アクティブ・ライブ

小説

こんにちは。
アクティブ吹田の軽部です。

さて、日本生まれのカズオ・イシグロ氏がノーベル文学賞を受賞しましたね。

って、唐突ですよね。
何の話かというと・・・とある番組で、イシグロ氏が語っていたことにとても共感したんです。


「自分が小説を書く上で(中略)知的な意見を伝えたいわけでも、何かについて議論したいわけでもない」
「人間は、(中略)心情を分かち合う必要がある」



このブログも、まさにそうなんだろうなと思っています。

事実とか、行動とか、そういうものを伝えることが一番の目的ではなくて、
その時、自分はどう感じたのか?
その時、その人はどんな想いだったのか?
そうした「感情」こそ、たくさんの人に伝わればいいなあと願っています。



でも実は、私の場合、ブログや色んな文章を書く時には必ず「あの人にこの気持ちを伝えたい!」という対象になる人が、いつも明確にいます。

それは個人の事もあれば、こんなふうに思っている人たちにとか、いつも頑張っているあの子たちにとか、少し大勢の人たちだったり。

伝えるってことも、セラピーの延長線上にあるような気がしているので。



でも、伝えるツールはブログだけでは十分ではありません。
アクティブでは、利用者さんやスタッフの「感情」をリアルに伝える場を創ります。


前から、学会発表するたびに思っていたこと。

「ここに利用者さんがいて、本人が語った方が面白いじゃん!(関東弁)」

そしたら、アクティブが毎年行っている社内学会、利用者さんのトークと二本立てにしたらいいじゃんか!(あくまで関東弁)



企画している私たちも、やってみなきゃ分からない、どうなることかドキドキの「アクティブライブ2017」

11月22日の社内学会発表。11月24日のトークライブ。

皆様、小説を読むように、物語を聞くように、利用者さんとスタッフのリアルを聞きに来てください!



注)これだけカズオ・イシグロ氏をネタにしているにもかかわらず、私、未だに読んだことがありません。
カズオ・イシグロ愛読者の方いらっしゃいましたら、どうかお許しください・・・・
そしてこんなド素人は、まずどの作品から読んだらいいのか教えてください。

posted by Active at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アクティブ・ライブ