2015年10月31日

weekyordinary

ハッピーハロウィーン!
と言いつつまだ言い馴染みがしないordinary阪東どえす。
まずは10月収支報告〜ハァ(いきなりため息でてますが)
・収入:103600
・支出:25660
ーーーーーーーーー
+77940
先月に比べ微妙に上がってますが中頃までの忙しさが後半失速ぷすぷすでした。
こんな気分の時は!
image.jpeg
岡田チャ〜ン!きゃわうぃーね!
image.jpeg
今週はハロウィン週間として
image.jpeg
常連様への手作りクッキープレゼントや被り物などでテンション上げてみました〜
お客様に少しは喜んでいただけたかとかと(けどひまだったけどねーポウ!)
月の後半になると寒くなってきましたね。
今月末から始めてる新メニューのご紹介image.jpeg
ポトフと焼きカレーどえす。
image.jpeg
カレーは撮影まだですがポトフはこんな感じ(出汁多めでラーメンみたいになっちった?!)
自家製ベーコンと野菜を鍋にほりこんでordinaryにコンソメやらローリエやらパセリやらやらやりました。ヘイっ
焼きカレーはまたアップしますね。
ではこんな感じで11月もハリキッテイキマショータァーイム!
(一回チャラ男キャラやってみたくて、水野STのええ投稿の後スイスイすいません)
ordinary阪東
posted by Active at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ordinary

大きな1ステップ  感覚性失語症者の気づき

秋まっさかり。
秋の味覚!
IMG_9152.jpg
いただきものです。ST水野です。

感覚性失語症のとある利用者さん。
たくさんお話をして下さりますが
ジャーゴンとなってしまいます。

ジャーゴンとは、意味の通らない音や
ことばの羅列を言います。
ジャーゴンにもいくつか種類がありますが
この方の場合は、
日本語に存在する音で構成されており
聞き取れることばも混じるのですが、
全体として意味を成さない発話です。

地道にこつこつと、聴いて←→話す練習を
続けてきました。

今週、訪問時、奥様が言われました。
「最近、お父さんは自分で言えてないことが
わかってきたみたい」

以前は、何か訴えている時に、
奥様に通じないと怒ることが多かった。
今は、何度か言って通じなければ、
「もうええわ」となることが多い。
通じないなら仕方がない、
通じないのは自分のことばのせいだと
わかっている様子だと。
奥様は「後でまたゆうてな」と
声をかけているそう。

練習中、ここ数か月、
変化を感じていました。
私の反応を見てではなく
自分の気づきとして
上手く復唱ができなかったときに
「あかんな」と言われることが
増えてきているなあと。

感覚性失語症の方にとって、病識をもつ、
すなわち、
自分のことばがおかしいと
気づくことには大変大きな意味があります。    
しかし、周りの人が、
「あなたは何を言っているかわからない」と
直接、指摘することはなかなかできません。

奥様もそうだったようです。
「以前は、わかってる風に話を
合わせていたけど
今は、『お父さん、ごめん、わからへん』
と言えるようになった」と。

その変化は、病識がでてきたご本人の変化を
奥様がとらえた結果だと思います。

この気づきは
利用者さんにとって
大きな1ステップです。
奥様にとっても
大きな1ステップです。

このような変化は、利用者さんの、私の
双方のモチベーションとなりますね。

次のステップは
自分のことばの誤りを言い直そうとすること
でしょうか。

なぜ、感覚性失語症の方が
自分のことばのおかしさに気づくことが
大切か。
それに気づかないと
言い直すこと、
または言い直そうとすることが
できないからです。

梨の大きさが伝わりにくいかなあと思って
持ってくださいとお願いしたら
IMG_8377.jpg

こんなんなりました。
IMG_7541.jpg
posted by Active at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記

2015年10月30日

自分の殻を破るお手伝い。

吹田の調理師OTいとうです。

女性の訪問リハ利用者さまの月1回のお料理教室です。定着してきた感アリアリです。

右片麻痺になって、「何でこんなことになったんやろ…」、「生きてても仕方がない…」って思っておられた回復期リハ病院の退院後、いや現在も続いてる。

たくさんあった趣味、英会話やゴルフやゴハン作りなどから離れて、”孤独地獄”に陥り、自分の殻にこもった在宅生活。

半ば強引に利き手交換用の手製の釘付まな板をお渡しした訪問リハ開始当初は、水もご飯も食べれず、全く料理なんか出来なかったけど。

少しずつ過去の自分から離れて、新しいご自分に向けて、自分の殻を破り始めておられます!涙涙…

image-40c50.jpeg天然のぶりを
image-95459.jpegこんがり焼き目をつけて
image-a75ab.jpeg自家製醤油ダレを絡めて
image-99b40.jpeg天然ぶりの照り焼き完成。
夫との昼食のおかずの一品として。

さあてゴハン作りの役割を一つ果たしましょうか。
自分の殻を破って、ひと皮剥けるお手伝いしまっせ〜
訪問リハのおしごとで。
posted by Active at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹田より

2015年10月26日

秋のActive Autumnイベント開催(大泉緑地)

利用者様からの希望もあり、個々にデイサービスの中では出来ないチャレンジができるよう
デイ3人娘とOT早津企画
大阪マラソンの影響もなく開催できました。

送迎から同行介助をわかりやすくするため、バンダナ・名札でかわいらしく配慮。
回を重ねるごとにパワーアップしているスタッフに驚きます。

!cid_A3D14C45-ED7F-4590-ACBE-433CC46903D7.jpg
リアカーを手慣れた操作で皆のお父さんPT真鍋さん

男性の調理の上があがっています。
!cid_7EB41D73-F4DD-4D92-8911-3EF4E83D120D.jpg!cid_817DACED-F551-481D-A0BF-1DC83708B632.jpg!cid_90F29F16-BAE7-4924-BF80-5D0B23D046E2.jpg!cid_317D2D73-89D6-404F-81EE-5026BAC1E961.jpg!cid_92869E84-DD51-471D-B2C2-BB1833BE3023.jpg!cid_F8FD0D12-06A6-41A9-AC57-CC814EE8F3EF.jpg!cid_2D54C4D9-240B-4DF4-9041-7DC1E21CC97A.jpg!cid_849805A9-8B7F-42AA-800F-AD68BA6B1D1C.jpg!cid_2B07107F-6879-466A-8727-3B87BD8E4D50.jpg!cid_FA43C7F5-6972-4B63-ADF8-ECB2DE89097E.jpg
おいしく仕上がりました。

食後は運動!!とのことで、芝生の上ふかふか歩行。平地よりも歩きやすいし気持ちいいとの発言も聞かれました。
!cid_4BF68588-68EA-4B43-89F1-347668FE6C50.jpg!cid_52FF6FDB-27A6-4100-9A69-BAA1EC667771.jpg
!cid_71D5337B-4C3B-4648-B520-3FF721E135ED.jpg
以前の参加では両手不自由で何も手伝えなかったNさん。今回は積極的に片付けや調理に参加して頂き感謝です!!
最後は恒例の演奏会 武OT
!cid_767EA8FF-6B3D-43D6-9AB5-F0600B783604.jpg

!cid_9BD7757B-D061-4BCC-B5AF-FCFA7E856F2B.jpg

あっという間の6時間。次はクリスマスイベントですね〜

アクティブ 今里 OTかわい



posted by Active at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka

2015年10月25日

weeklyordinary予告

image.jpeg
明日からハロウィン週間です。
私も馴染みないもののせっかくなので便乗&楽しみたいです。
また報告しますね〜
ordinary阪東
posted by Active at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ordinary

2015年10月18日

就職説明会@琉球リハビリテーション学院

人材開発育成担当のいとうです。
昨日は琉球リハビリテーション学院さんでPTとOTの合同就職説明会でした。
とても良い準備がされた会で有意義でした。
沖縄の学生さんは、まず、学生さんは県外志望か県内志望かに分かれます。
沖縄県ならではの県外志望者。県外に出る=海を渡るこれはなかなか重大な決断です。
増えてきたとはいえまだ少ない県外志望者は全体の 2割位で、相変わらず県内志望が根強いようです。
さらに急性期〜維持期の病院や施設志望者とデイサービスや訪問看護ステーション等の地域リハビリテーション志望者に分かれます。
ここ数年前から地域リハビリテーションへの人材のシフトが少しずつ進んでいるようです。
教員の方々によると「まず病院に就職」という考え方が学生さんのなかで当たり前ではなくなっているそうです。
地域リハ志望者は全体の1割位でした。おそらく5年前だと1割には到底及ばない数パーセント台だったかと思います。弊社のブースに訪れてくれた学生さんは5名。5名のみなさんに、「なぜうちのブースに来てくれたんですか?」とたずねました。「訪問リハビリテーションや老人介護に関心があります。」とみなさん異口同音でした。心強い思いがしました。
2名の新卒の沖縄出身者(現在2年目)の頑張りをたくましくなってきたなぁ〜と思いながら(涙)、弊社での地域リハの仕事の実際と可能性を話しました。5名の学生さんは皆「オー」っとナイスなリアクションでした。
弊社ブースに訪れてくれてありがとうございます。
弊社では5年前から新卒のみなさんの採用を開始しています。計18名。
弊社では新卒者が地域リハビリテーションの貴重な人材として働ける環境づくりを推進しています。
在宅、地域リハビリテーションの人材創出企業へ。
オキナワの海は寛大でした。
image-6e785.jpeg
posted by Active at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 大募集

2015年10月16日

weekyordinary

季節の変化により衣替えしつつオシャレもより楽しめる季節になってきましたordinary阪東です。
久しぶりの投稿ですがたまってた「変化」お知らせです。
今月に入りランチの時間が忙しく(地域の方々の認知度が上がっていること日々感じます!イエス!)
私やOT河合ひとりでは対応できずまるで戦場!
そんな戦場に舞い降りたエンジェル!
image.jpeg
事務の岡田ちゃん
私にだけ優しいと思ってたらみんなに優しい岡田さん(もしかしてだけどぉ♪もしかしてだけどぉ♪あぁあの子オレェのこときがあるんじゃないのぉ♪と妄想)
まだまだ人を雇うまでではないので1時間だけ本部事務から助っ人!
(もう少しでordinaryの非常勤での求人も出せそうです。もうちょっと待っててね)
image.jpeg
平日の昼時にいてくれてますので皆さまよろしくお願いします。

そしてぇー
新メニュー
image.jpeg
とりしおudon
スモークチキンの仕込みで出る鳥の出汁。
味見したら「いやっ奥さんおいしいやん!」「えっこれあんた捨てんのえっアホちゃう何言うてんの!」「いやほんまやでウチらの言うこと聞いときほんまやで〜」と私の心の中の大阪のおばちゃん達が言うてたので(みんなそれぞれ心の中におっちゃんとかおばちゃんおるよねー)
自分の中のリトル阪東ではなくリトルおばちゃん達を信じオーディナリー風に仕上げました。
まずは手打ちうどんを打ち、イヤイヤオーディナリー風に冷凍きし麺ね。
お出汁を昆布出汁やとりがらで伸ばしセロリと水菜、ボイルドエッグ、スモークチキンを添えてGO!
小鉢付きで400円コケー

そして今日から
image.jpeg
肩ロースです。ええ照。我ながらスモークの腕上がってる?
また来週以降アップしますので乞うご期待デース。
じゃっまたねー
ordinary阪東
posted by Active at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ordinary

2015年10月14日

新米STの晩御飯

紅葉が待ち遠しいST2年目の山川です。
僕の晩御飯
image-a3c3b.jpg
白米と焼き魚と筑前煮

先日、水野STがブログにあげていたST勉強会「食形態を考える」のなかで、STは料理の知識や経験も大事と教わりました。

そこで焼き魚を食べやすいように
image-e6861.jpg
ほぐして
あんかけ(うどんダシ)を絡めて
見た目は‥‥
味は、ダシがきいて◯
飲み込みやすさは、あんかけでコーティングされて◯(丸呑みもいけた)

焼き魚は碓井STから、ありがとうございます。
筑前煮はコンビニでお手頃です。
次回は手作りの晩御飯を作れるといいな。
posted by Active at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

カフアシスト研修

おはようございます。
大正、飛永です。

昨日、大正事業所にて
フィリップスの方をお招きし、
カフアシストの研修をして頂きました。
30分の予定が、体験なども含め
気付いたら1時間以上、時間がたってました!
お忙しいところ、ありがとうございました!

IMG_6877.jpg

簡潔にいうと、
カフアシストとは、、
陽圧、陰圧を繰り返し
咳や排痰の介助を行う機械です

詳しくはパンフレットの内容を見て頂けると
わかりやすいかと思います!

IMG_6878.pngIMG_6879.pngIMG_6880.pngIMG_6881.png

2010年より保険が適応になり、

現在は

在宅の方 かつ
神経筋疾患の方 かつ
人工呼吸器使用されている方(NPPV夜間のみ使用も含む)

これが条件だそうです。

それ以外の方は、1800点/月で自費になります!
印象としては、すごく限られてるなー、と正直思いました。
徐々に条件が広くなってくれることを祈るばかりです!


使用に関しては、
主治医の指示が必要であり、初回導入時には入院して評価することが勧められるとのことIMG_6875.jpgIMG_6876.jpg

実際に体験させて頂きました。

感想としては、

想像以上に、気道や肺に圧がかかってる実感がありました!


今回、フィリップスの方に研修をご依頼したのは、
利用者さんで、カフアシストを使用されている方が2名いらっしゃるからです。

あー、利用者さんはこんな感覚で実際されているんだ!
それがわかったことがすごく良かったなと思いました。


日々、勉強ですね。
以上、大正からのご報告でした。


アクティブ大正
posted by Active at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2015年10月11日

新鮮!

いつも周りを見ずに

自分の頭の中と社内みんなの頭の中と行ったり来たりさせながら

いろんなことしてますが

最近は順番逆にみんなの頭の中から私の頭の中に入って来て

物事が起きることが多くなり

物の見え方の新鮮さが際立ちます。

これがその一例
image.jpeg
いつもの定例ケースカンファレンス(PT長西)にそのケースの方が松原全スタッフとともに参加

発表後のディスカッションでも利用者様と意見交換しながら専門的なリハ内容に落とし込んでいく。

今まであったようでなかった感覚。新鮮!

カンファレンス後には
image.jpeg
カンファレンス当事者の森さんの社会参加活動としてST山川との漫才予演会。
(11月1日森ノ宮医療大学学園祭でデビューです!是非応援よろしく!)
これまた新鮮過ぎる!

終了後には関係者で反省会

おもろいことをものすごい真面目に考えてる。

負けられへんな〜
OT阪東



posted by Active at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月10日

ST勉強会 「食形態を考える」

朝晩、冷えるようになりましたね。
ST水野です。

今週、「食形態を考える」をテーマに
ST勉強会が行われました。
IMG_1048.jpg
新卒入職者2名のために
病院経験者5名が、
それぞれの病院で使われていた
食形態や用語を出し合いながら
確認して行こうという勉強会でした。

IMG_7055.jpg
字が薄くて見にくいですね。
すみません…。

まずは、嚥下の初回評価に使う食品。
ゼリー、とろみ茶、水、氷片とさまざま。
ゼリーもスライスなのか、
砕きなのか、グラム数は?

それから主食と副食に分けて 
食形態を上げていく流れを確認。

食形態を表す用語でも
病院によって、少しずつ異なるようです。

「きざみ食」と言った場合
私がいた病院では、極きざみを指し
数ミリの細かさにきざんだものを
言いました。

しかし、碓井STがいた病院では
1センチ程度にきざんだものを
言ったそうです。
私がいた病院では、
それは「粗きざみ」と言っていました。   

要注意ですね。
病院からの申し送りに
「きざみ食」とあった場合
実際にどの程度のきざみを指すのか。

新卒の2人はこれらの話を
どう感じたでしょうか。

嚥下障害の方が
食べやすいのは煮魚ですと言っても、
どの程度の柔らかさで、
ほぐれやすさがいいのか
あんかけのとろみをどうつけるのか
STには料理の知識や経験も大事だなあと
感じた勉強会でした。
posted by Active at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記

アクティブ会議

人材開発育成担当のいとうです。
昨夜は大阪府内の各事業所の管理職が、東成区今里にあるカフェオーディナリーに全員集まっての半期を振り返るアクティブ会議でした。

café ordinary
image-d71b7.jpeg
いい雰囲気です

今年度から始めたリハビリテーションマネジメント、人材育成、新規事業などについてが主な議題です。

ホワイトボードには書き切れないくらいに皆さんからの報告と協議がありました。
報告の端々から日頃みんなめっちゃくちゃ考えながら動いている行動事実が伝わってきました。頷きの連続です。 

image-79d4f.jpeg
松原の管理者の越智さん肝入り企画
「新人王決定戦2015」の概要報告がありました。こりゃおもろい!

image-836a4.jpeg
先日ご依頼を頂いた訪問リハ学会2016での報告内容案も打ち合わせしました。社をあげてみんなでもっともっとエエもんつくりましょう。出来るはずです。

阪東代表から新規事実についてのお話しでは、「オー」「エエ〜〜」「ヴー」の感嘆の声の連続で…会議終わり!

充実した19〜22時。
posted by Active at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アクティブなもの

2015年10月06日

宝箱

続けざまに、吹田の軽部です。

先週の水曜日に吹田にて
当社で非常勤として勤務している小野医師により、
デイ利用者との面談・相談やケーススタディ
IMG_0393.jpg

神経難病の勉強会をしてもらいました。
IMG_0394.jpg

実際の現場ですぐに利用者の皆さんの力になれるように、
面談・相談やケーススタディを出来る限り数多くおこないました。

普段は(恥ずかしくて・・)なかなかお医者さんに聞けないような疑問や

こんなこと聞いたら馬鹿にされるなあ・・と思うような、そんな質問にも

懇切丁寧に、しっかりと答えてくれる小野先生。
教科書だけでは学べない、豊富な経験に基づいたレクチャーの数々。

「学ぶ」って、ほんとうに楽しい!!
こんな時間が欲しかった!!

こういう「楽しさ」は久しぶりでした。宝箱を開けた感じ?

小野先生、ありがとうございました!

でも、聞きたいことが多すぎて時間が無くなってしまい、
聞きたかったことがたくさん残ってしまった・・・

残念。でも、次の機会がありますしね。

さあ、手にした宝物を、どういう形で利用者の皆さんにお贈りできるか?

楽しみですね

                    アクティブ吹田 軽部

posted by Active at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹田より

吹田劇場、開幕

以前ブログで紹介したKさん。
いよいよ吹田劇場(デイサービス)にて一人芝居の開幕〜〜

渾身のメイク(ご自身で)と衣装。
NCM_1639.JPG
熱の入ったお芝居。

ありがとうございました!!

「今までで一番の出来だった!」とKさんがおっしゃるとおり、まさに熱演でした!!
人前であんなに堂々とした立ち振る舞い、ほんと尊敬します。

それでも、向上心の塊のKさんは後日ビデオで反省会。
「もう少しゆっくりとすればよかった・・」
いやいや、上出来ですって〜
でもでも!これからまた練習を重ねて次の公演でもっとすごいの見せちゃいましょうか!!

次の目標は、『クリスマス公演』♪♪
他の曜日に来ている利用者の皆さんにも披露したいですね!!

最終目標は「各事業所ツアー」かな?
これからもみんなで一緒にリハビリがんばりましょうね!

                    アクティブ吹田 軽部


posted by Active at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹田より

地域の作業療法コンピテンシー

人材開発・育成担当のいとうです。

image-9ce48.jpeg
image-7ff7c.jpegコンピテンシーについて

image-a0151.jpegワークショップの様子

先日10/3は第20回日本作業療法教育学術集会にて話題提供させて頂きました。

テーマは「地域で活動するための作業療法コンピテンシー」です。

ここではコンピテンシーを”高い成果を常に達成する人の思考・行動特性”としました。
今まで経験してきた病院や就労支援事業所での経験をもとにした就労支援コンピテンシーと病院や訪問看護ステーションでの勤務から得た在宅リハコンピテンシーについてお話ししました。

ワークショップでは参加者全員が身体障がい、精神障がい、発達障がい、老年期障がいの各専門領域に分かれてもらい、専門領域ごとのコンピテンシーモデルの一部を作成して頂きました。
作業療法士の大先輩、大先生である皆様の頭の中を開けて見ているような不思議な感覚でした~ 

また、作業療法士のコンピテンシーを明確化して、カリキュラムに反映している養成校も増えていることも知りました。卒後教育との連携が出来れば、より良い人材の地域への創出が図れると思います。
いずれにしても作業療法士のコンピテンシーを協会レベルで明確化する必要性がありそうです。

大学全入時代、学生さんの実習中の不適応、素直で優しいけど折れやすい人が多いとされる学生さんの気質など、様々な問題を抱えている学生が多い現状に対するコミュニケーション能力、方法についての学内講座の報告等がありました。
養成校と臨床現場との教育のリンケージはますます必須の課題であることが分かりました。

本会の話題提供から一般演題が全て弊社での卒後教育、人材開発、育成においても、とても参考になりました。
来年度は日本作業療法教育研究会に入会して、弊社のアクティブコンピテンシーや人材開発・育成の取り組みを報告します。

今回の報告に際し、快くご協力頂いた利用者さん、職場の皆さん、ワーキンググループの皆さん、ありがとうございます。
image-a79c7.jpeg一般演題の様子
posted by Active at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹田より

2015年10月05日

WeekyOrdinary

出張やら子供の運動会やらOT阪東やらなかなか更新できずいつの間にか10月なってましたordinary阪東です。
そんなせわしない日々の中でもordinaryの変化お伝えしていきます。
まずは9月収支報告!
9月に入って長雨やらシルバーウィークやらと向かい風ばかりでしたが(のっけから保険かけてます)
9月収支報告
・収入:95450円
・支出:26943円
ーーーーーーーーーー
   +68507円
計算してみて自分でもびっくりです。家賃は行きましたね〜。最初に必要な出費がなくなったことや仕入れと仕込みのタイミングやどこが何がいつ安いというものがだいぶわかってきました。
この感じで10月もがんばろー!オー!(自分で掛け声、自分で応える。いつも一人でこんな感じ)

9半ばからの新メニューです。
スモークチキンに続いて!
image.jpeg
サーモンと
image.jpeg
ベーコンです。
image.jpeg
サーモンプレート、小鉢とコンソメスープ月1500円
ベーコンはBLTサンドセットにして同じく小鉢とコンソメスープ月1500円(いつもお出しするの必死でまだ撮れてません。誰かスタッフ食べに来てー)
てことで現在のランチメニューです。
image.jpeg
スモーク始めましたが最初、酒のアテみたいやからどうかな〜?思ってましたが結構ご注文頂きご好評頂いてます。(セラピストアーティストTAKEが訪問で忙しいのでしゃあなしに自作黒板メニューです。イメージですがスモークとハロウィン合いません?)

つぅぎぃは〜(車掌ぽく)
image.jpeg
オリーブぅオリーブです。
image.jpeg
うちの座敷童子と共に収穫(いつもありがとう成仏しないでね)
image.jpeg
こいつで渋抜き、劇薬やでー
image.jpeg
2〜3日毎日水換えしても真っ黒!
一週間経つとカセイソーダも抜けて
塩水に漬けてもうちょいでたべれます。
image.jpeg
こんなかんじ
スモークの端に添えたり、BLTに挟んだりいろいろ使えそうです。ちなみにお味はまだ少し浅いですが市販の独特な香りとは違いフレッシュな印象です。味見もしていただけますのでお気軽にお声かけください。
よろぴくるす。
オーディナリー阪東
posted by Active at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ordinary

2015年10月02日

出張っ

昨日から前乗りで福岡

柳川にて就職説明会

ひとしきり話しさせてもろて

みんなええ子

最後に来てくれた子から

話の最後に

「ぼくOTなりたいんです!」

なんかあたりまえやねんけど

久しぶりに純粋なおもいぶつけられて

「ドッキッー」としました。

すっごいチカラでました!
image.jpeg
そんなおもいとこの景色見れただけでほんまよかった。

OT阪東
posted by Active at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月01日

呼吸リハ出張セミナーin西成 3

おはようございます。
大正の飛永です。

9月29日、18時半頃より
西成区で呼吸リハビリについての出張セミナーを実施させて頂きました。

今回は、参加者20名ほど(介護スタッフの方が中心)
時間は20〜30分程度
ということで依頼があり

いつもは、私の知っている範囲で
呼吸の基礎から、リハビリの内容、生活の中での注意点などを
お伝えしていますが、今回は時間の都合もあり
「COPDの方に対して、生活の中で注意すること」について主にお話しさせて頂きました。


COPDには喫煙が原因として関与すること
COPDの自覚症状には、息切れ、咳(痰)などがあること
上記症状が初期に出現することもあり、実際に診断を受け治療されている方は
ごく一部であること
早期治療が大切なため、自覚症状に気付くことが大切なこと
利用者さんの生活に一番関わる機会が多いのは、介護スタッフの方であること
後は、禁煙指導、栄養面、および呼吸方法について などです。

いつも1時間くらいでお伝えしている内容を、
半分の時間で伝えるというのはとても難しかったですが、
それにより、本当にお伝えしたいこと、大切なところはどこか
など考える機会が出来て、私自身の「学び」になりました。

質疑応答でも
「禁煙を勧めるにはどうしたら良いか」
「生活指導の方法は、呼吸器疾患以外の方でも適しているのか」
「利用者の方に、息切れを認めた場合の対処法は」
など

実際の利用者さんに関するご質問が多く、
介護スタッフの方が日頃感じられていること、悩まれていることを知りました。


今後、リハビリのアセスメントを他職種に伝える技術が求められてきます。
その前に、
「何を伝えるべきなのかを知る」
これが大事なのだと思います。

また、ご依頼があればどこでも出張させて頂きますので
宜しくお願い致します。
ありがとうございました。

アクティブ大正
飛永・村上
posted by Active at 08:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 大正(報告)