2016年05月25日

弊社アドバイザーのリハ医による巡回指導と研修会

人材開発室のいとうです。
今日は午後から弊社のアドバイザーのリハビリテーション医の小野先生による巡回指導及び研修会でした。

3年目から新人スタッフの教育の一環で毎月1回、大阪府下の各デイサービスと訪問看護ステーションを巡回してもらい、様々なご指導を頂いています。今日は松原デイサービスが担当です。

デイサービスの個別リハビリテーションで、リハ担当者から利用者さまの状況をリハ医の小野先生にお伝えしてから、問診を交えてリハ内容についての直接指導を頂きました。

利用者さまは、「主治医の先生よりよう私のこと知ってくれてはるわ〜」と笑顔で話されていました。

デイサービス担当者に加えて、在宅リハ担当者を交えたリハQ&Aでは、疾患やリスク管理などに詳しくご回答頂きました。

image-407e3.jpeg
最後は新人向けの研修会と呼吸リハビリテーションについての講義をして頂きました。

松原のPT越智さん、OT島さん、PT根本さん、松原スタッフのみなさん準備ありがとうございます。


休憩の合間に自社農園のオーディナリーファームの見学へ。
image-4863c.jpegimage-08711.jpeg

昼ごはんは、ファームの採れたて野菜をふんだんに使っている自社カフェのオーディナリーカフェにていただきます。
image-86ea1.jpegimage-f362c.jpegimage-180a9.jpeg
右片麻痺と失語症のある森さんがランチプレートをアドバイザーのリハ医小野先生に配膳してくださいました。

image-64afa.jpeg
チキンと豚ロースのスモーク2種盛りと雑穀米のプレートランチ500円

image-ec6ee.jpeg
スモークチキンとリゾットのプレートランチ500円


☆カフェオーディナリー松原
住所:大阪府松原市東新町4-13-12ファラン松原102(アクティブ訪問看護ステーション松原隣)
電話:0723370018
営業日時:9時〜16時 日曜休み
posted by Active at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹田より

2016年05月21日

じゃがいもが出来たきらきら

じゃがいも。勝ち誇り
今度は、6月の予定。ぶた
IMG_20160521_165417.jpgIMG_20160521_165402.jpg
posted by Active at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ordinary

松原市認知症サポーター養成講座

昨日の、白鵬、稀勢の里の直接対決は
見ごたえ十分でしたね。
稀勢の里、善戦したものの力及ばず、残念。
ST水野です。

先週、松原市認知症サポーター養成講座を
受講しました。
IMG_1285.jpg

平成22年度から行われているこの講座、
今までのべ3569人が受講されたそうです。

第95回の今回も100人を超えるであろう
参加者が集いました。
女性が8〜9割、
年配の方が多かったように見えました。
今回の参加者ではないですが
最年少は、小学校3年生だそうです。

認知症を理解するための座学、
DVDによる、ケーススタディー、
認知症のお母さんを介護した方の経験談。

特に経験談では、
認知症のお母さんが
夜中にお腹がすいたと騒いだとき
頭を洗うことを拒否し続けたとき
亡くなった家族が来たと主張したとき
上手くいかなかった場合
上手くいった場合
具体的な対応策を示され、
イメージしやすかったです。

今は少数ではありますが
20代や30代でも
若年性認知症と診断される方がいる。
そう聞き、
最近、うっかりが多い自分を振り返り
正直、怖くなりました…。
認知症の親を介護する、
配偶者を介護するだけでは済まない現状に
なってきているわけですね。

スーパー、コンビニ、
駅、銀行、郵便局等々の職員が
受けられることも多いと聞いて納得。
不特定多数の方が利用する施設にとって
必要な事前策だと思います。

終了後、認知症サポーターの目印の
オレンジリングを頂きました。
IMG_2078.jpg

認知症についてとともに、
また地域を少し知ることができた
日曜日の午後でした。
posted by Active at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記

マクトス デモと勉強会

利用者さんとの屋外歩行の道沿い。
バラが咲くこの季節が楽しみです。
IMG_2923.jpg
ST水野です。

ALSの利用者さんが
マクトス(高機能バイオスイッチ)
http://technosjapan.jp/product/communication/2012/0820210400.html
のデモをされました。
お願いしたのは
メーカー(テクノスジャパン 大西さん)、
販売店(コミル 馬渕さん)
デモに合わせて勉強会もお願いしました。

マクトスは、筋電、眼電、脳波
いずれもひろうことができますが
少しでも動く部位がある場合は
筋電が一番確実とのこと。

利用者さんは、ゆっくりですが
眼瞼と眼球が動きます。
デモ中は、繰り返しの運動を
本当に頑張って下さいました。

眉の上にディテクターを装着。
隙間がないように、ベルトで固定。
「眉を上に上げて」と声をかけます。
(見た目には眉は動かず、
 眼瞼、眼球が動く)
反応したときにピッと音が鳴ります。
反復して行いながら、
反応を見て、大西さんが
設定(レベルと感度)をしていきます。

反応はひろえているときもありました。
見える動きより反応が少し遅れたり、
眼瞼が上がるとき、下がるとき、
2度反応が見られたり、
人工呼吸器の影響だと
思われる誤反応が見られたり。

設定は一度してしまえば
大きく変える必要はないとのこと。
しかしその日の体調に合わせて
いいときは、レベルは高めに。
悪いときは、レベルは低め、
感度は高めにと
アドバイスを頂きました。

ご家族にも練習できるよう
ご指導頂きました。
2週間後に、再訪問して頂きます。


社に移動し、勉強会。
IMG_2535.jpg

質問が出ました。
「ALS以外の患者が
 上手く使えない理由は?」
→不随運動が多い疾患では
 動かしたいときだけ動かせないため。
 動かしたくないときに
動かさないでいられることも重要。

「今回の導入のタイミングは?」
→ぎりぎりセーフといったところ。
 本当にロックトインになってからでは
 反応が随意的なものなのか
 確認ができないため、難しい。 
 最低限Yes-Noが確実に表出できる
状態で行うべき。

参加者全員に、実際に体験する機会を
頂きました。
私は、デモをした利用者さんの設定に
合わせてみましたが
反応し過ぎてしまい、
動きを止めておく方が難しかったです。

見ると、体験するでは実感が違います。

お忙しいなか、お時間を頂きました、
大西さん、馬渕さん、
ありがとうございました。
posted by Active at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記

2016年05月19日

昨日より

こんにちはオーディナリー阪東です。
昨日よりオーディナリー松原カフェオープンしとります。
スタッフ森のブログでも紹介してるように約2カ月かけてみんなで作った手作りカフェ。
image-8ffc7.jpeg
南谷畳店様、お母さんお祝いのお花ありがとうございます。
image-3cf7f.jpeg
オープン前森さんの掛け声でレッツゴー!(私はこの輪には入れず1人でさみしく今里カフェ)
image-5fc04.jpegimage-b2689.jpeg
image-9ab82.jpeg
初日からお客様も来ていただきありがたいです。松原カフェも随時報告していきますね。
ご来店お待ちしております。
オーディナリー阪東
image-4a89f.jpeg
☆カフェオーディナリー松原
住所:大阪府松原市東新町4-13-12ファラン松原102(アクティブ訪問看護ステーション松原隣)
電話:0723370018
営業日時:9時〜16時 日曜休み




posted by Active at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ordinary

2016年05月17日

本義足の製作E@工房てんま

吹田のPT西村です。

今日は度々ブログでご報告させていただいている80歳代の在宅リハ利用者様の大腿義足の製作に6回目の同行をしました。
初回 12/25
2回目 1/30
3回目 3/23
4回目 4/25
5回目 5/10

利用者様は「普通に歩く」ことを切に願っておられます。

今日5/17は3回目の最終の仮合わせ、義足の受渡しに同行させていただきました。

image-b80af.jpeg
まずはライナーをしっかり履きます
image-557c2.jpeg
今日はピンがスムーズにはまりました。
image-4e11a.jpeg
立位練習で義足を体重をかけることと、義足が左右にブレないように、義足の右下肢を前後に踏み出します。
image-d74f5.jpeg
image-43785.jpeg
義肢装具士さんによる細やかな調整です。プロフェッショナルなお仕事です。

image-39f6f.jpegimage-dd771.jpeg
歩行、立位練習です。可能な限り右手で手すりを強い把持しないように…
もう汗だくになりながらも歩行練習に没頭されていました。
image-7b39a.jpeg
右つま先に体重を乗せてから、膝を曲げて座る練習です。

川村義肢さんからたくさんのリハ方法を教えていただきました。
滞りなくサポートが出来るように、義足歩行練習方法についての説明文書を作成し、ご本人、PT、OT間で共有することになっています。

利用者さんは汗だくでしたが、とても良い笑顔でした。
これからは新しい義足と新たな生活を送ることを楽しみにされています。
最後までしっかりとサポートしていきます。
posted by Active at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹田より

2016年05月16日

出張セミナー ㏌西区

こんばんは。大正の飛永です。
5月13日に、大阪市西区の事業所で出張セミナーをさせて頂きました。

ちょうど半年前の平成27年11月13日にも
藤井OTと呼吸リハビリのセミナーを実施

その後、アンケートでご質問をたくさん頂いたため、
「動作介助」「腰痛体操」の2つのテーマで
今回させて頂くこととなりました。

以前もそうでしたが、本当に活気のある事業所の方々で、
パワーをもらい、現場でのご意見も聴くことができ
まだまだ学ばないといけないことばっかりだなと感じました。


前半は谷中PTIMG_8967.JPG

テーマは「腰痛体操」IMG_8969.JPG
実技も取り入れながら実施!

かなり説明も慣れた口調でした!
緊張している様子もなく、安心して横で聞かせてもらっていました。IMG_8972.JPG

介護の現場の方々は、腰痛の悩みが多いそうで、
今後も、このような会を続けていく必要性も感じました。


後半は黒川PTIMG_8973.JPG

テーマは動作介助(特に移乗)

臨床での経験を踏まえた説明!!
私も勉強になりました。IMG_8978.JPG

移乗介助の実技はかなり盛り上がりました!IMG_8979.JPG


今回のテーマである
「腰痛体操」「動作介助」

もちろんこの2つだけではないですが
今後、他職種との連携において重要なテーマであり、
リハビリの専門性を活かす分野であると感じます!

どの分野も
「しっかり相手に伝えられる」
を目標にして学ばないと意味がないですね。




今後も依頼があれば、どこでも出張させて頂きます。

何かご相談があれば、下記連絡先までお願いします。

アクティブ訪問看護ステーション サテライト大正
06−6710−9116  飛永
posted by Active at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2016年05月14日

準備は着々と

大阪場所、千秋楽、結びの一番。
白鵬が立ち会いで変化し、
日馬富士を破り、優勝。
大ブーイング、ヤジが飛び交いました。

今場所、琴奨菊の2敗は
いずれも相手の立ち会いの変化で
一瞬で勝負がつきました。
真っ直ぐあたる相撲の琴奨菊。
変化に対応しきれません。
勝った、宝富士、妙義龍もインタビューで
「初めてやりました」
「いい勝ち方ではないんですが…」と
胸を張れる勝利ではない様子。

立ち会いの変化はもちろん
禁止されているわけではないですが
なんだかもやもやします。
マニアックですみません。
ST水野です。


カフェオーディナリー松原、
オープン直前です。
ランチのカレーを頂きました。

「今日のメニューはなんですか?」
森さん「シチューとカレー」
「カレーをお願いします」
森さん「わかりました」
実は事前にカレーを頼んであったのですが
一応、ロールプレイしてみました。

森さんが、パセリをかけて。
IMG_4947.jpg

ワゴンにトレイごと移して。
IMG_7146.jpg

コロコロしながら引っ張って。
IMG_8967.jpg

出していました。
IMG_4917.jpg

今日のサラダの野菜は、
トマト以外自家製だそうです。
IMG_6386.jpg


みんなでいただきます。
IMG_6787.jpg

IMG_1699.jpg

IMG_6874.jpg

キーマカレー、おいしかったです。

森さんが食後のコーヒーも出してくれました。
「早かったな…」
半分くらい食べたところ、
確かにちょっと早かったですね。

森さん、またことばが
出やすくなっていませんか?
森さんの準備も順調に進んでいるようです。
posted by Active at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記

カフェカップてれてれきらきら

来てください!あせあせ(飛び散る汗)IMG_20160514_165625.jpg
posted by Active at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ordinary

教えることは教わること。

人材開発室のOTいとうです。
「教えることは教わること」

今週末の2日間は、阪奈中央リハビリテーション専門学校での地域作業療法学の講義でした。

長期の臨床実習を2週間後に控えた作業療法学科三年生のみなさんが対象でした。

優しい雰囲気を持った学生のみなさんから気づきとエネルギーをたくさん頂いた2日間の講義でした。

1日目は、

弊社の利用者さんかつ自社カフェのオーディナリーのスタッフでもある森誠治さんと昨年に続きトークライブをさせていただきました。


自宅で倒れた生々しい脳卒中の発症当時のこと

重度の失語症と片麻痺で身動き出来ず言葉がでない寝たきり状態にもかかわらず、
「とにかく早よ働かなアカン」と思っておられた入院中の心境とその様子

「言葉だけでなく心も失った」、
「死のう」と思った退院後の在宅生活

弊社の訪問ST碓井との出会いがきっかけで拡がったこれからの生き方

弊社とともに今取り組んでいるリハビリテーションモデル、失語症漫才、弊社カフェ&キッチン、ファーム、ストアでの勤務、OT教材用DVD製作など…

わたしがアドリブを交えたインタビューで森さんから聴き取りする形式で、時折つまりながらもゆっくりと言葉を繋いでおられました。

「話したいことが話せている割合が昨年の1/3から今年は1/2になった」

「リハビリテーションに笑いを」

「困ってる人、しんどい人に少しでも笑ってもらえたら」

などなど

森さんの金言が続き、学生さんもインタビューしているわたしも引き込まれました。

担当する認知症のある方で、名前は忘れるけど、「いつも笑ってる人」とわたしの顔を覚えてくださっている方のことを思い出しました。

2日目は、

八尾はあとふる病院のOT武平さんをお招きして地域での高次脳機能障がいのある方の支援について、病院、訪問リハビリテーション、家族会、圏域の地域支援ネットワーク会議などでの多彩な取り組みを報告していただきました。

現場での支援の実際を具体的に分かりやすく話していただき学生さんもイメージしやすかったのではないでしょうか。

最後に「地域作業療法デザイン」として、みなさんで個人ワーク、グループワークを行い自分なりのアイディアを取り入れて地域作業療法を1枚のフレームワーク用紙に表現してもらいました。

学生さんから斬新なアイディアとデザインが発表され、武平さんとわたしは目を細めていました。

人に話す機会はいつも「教わることは教わること」を実感する場です。

たくさんの気づきを与えてもらいありがとうございます。

image-b524b.jpegimage-ed4cf.jpegimage-f9d35.jpegimage-39b75.jpegimage-6e097.jpeg
1日目のトークライブと評価体験会

image-eb60e.jpeg
image-c8e72.jpeg
2日目のOT武平さんのお話し
image-4dae3.jpegimage-5e709.jpeg
地域作業療法デザインのグループワーク

posted by Active at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹田より

難病と在宅ケアを読んで

先日、二上山に登りました。
下りてきてからの、しそソフトクリーム。
IMG_8882.jpg
甘ったるくなくさっぱりとして○でした。
ST水野です。

野村看護師が「月刊 難病と在宅ケア」
2016年2月号と3月号を貸して下さいました。
IMG_1641.jpg
ありがとうございます。

ALS利用者さんのコミュニケーションについて
相談をしていたときのことでした。

読んで、気づいたこと、一部ですが、
まとめておきたいと思います。
「 」内は本文からの抜粋引用です。

2月号
『ALSの進行 予後に何が影響するのか』
(名古屋大学医学部附属病院 神経内科病院講師 熱田直樹氏)
「胃瘻増設については、嚥下障害が進行してぎりぎりの状態になってから行うのではなく、早めに実施することが勧められています。具体的には、食形態や体位、食事時間などの工夫を行っても栄養や水分を十分にとれなくなる前、体重が病前に比して10%以上減少する前、食事時間が長くなるなど、食事による患者・介護者の疲労が強くなる前に行うことが良いとされています」

→病前60sだった方であれば、
6sマイナスの54sになる前にですね。
介入が遅ければ、介入時点ですでに
10%減の状態であることも考えられます。
胃瘻増設、早めの検討が必要だと心得ました。
運動量の減少で消費カロリーも
減少しているようにみえてしまうので、
より注意が必要です。
呼吸数や心拍数が増えることによっても、
消費カロリーは増大しますから。
栄養管理が大切。


「JaCALSのデータから、筋力低下が頸部を前屈する筋に及ぶと、その後の呼吸不全や言語、嚥下などの機能喪失に至るまでの期間が短くなることが示されています。頸部前屈筋を支配している頸部脊髄の部位は呼吸筋を支配している部位と近く、舌や咽頭の筋を支配している部位とも近いことが影響している可能性があります。頸部屈曲の筋力が低下した場合、特に重力に抗して首を持ち上げることが難しくなった場合には、嚥下の状態や呼吸症状などに、より注意する必要があります。」

→座っていて、顎を引いた状態から
頭が持ち上がらない状態になる
ALS患者さんは多いです。
頸椎カラー(ネックカラー)で固定をする
場合もよくあります。
この段階になったら、
嚥下、呼吸も大きく低下しやすいと
考えた方がよさそうです。


3月号
『これからのコミュニケーション機器 「マイボイスとこころかさね」』
都立神経病院 作業療法士 本間 武蔵氏
「筆者は額から検出される微細電流を用いて患者さんのコンディションを探るBMI装置「こころかさね」の開発に関わっています。反応がきわめて取りにくい、あるいは全く読み取れない患者さんに対して、ご家族は脈拍を頼りに話しかけたりしていました。それに対して、もう少し意識のありようの直接的な変化を検出して患者さんの様子を知れるようにする装置です。具体的には意識の「集中」や「リラックス」した状態を額から検出される電流を解析して端末画面に示せるようにする試みです。ちょうど心電図の波形が意識の高まりに応じて脈拍が増加し密度が増すという関係に似ています。」

→TLS =Totally Locked-in State
(完全な閉じ込め状態)になった時の、
コミュニケーション手段の確保は
究極の問題だと思います。
バイタルサインの他に
読み取れる手段があればと
期待してしまいます。
患者さんがリラックス状態だと
見てわかることは、
周りの人が安心できる材料に
十分なり得ると思います。

来週、担当のALS利用者さんが、
バイオスイッチのデモを受けられます。
上手くいきますように。
posted by Active at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記

カフェカップてれてれきらきら

あと、もう少し。。。IMG_20160514_095408.jpgIMG_20160514_095340.jpgIMG_20160514_095311.jpgIMG_20160514_095225.jpg
posted by Active at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ordinary

2016年05月10日

本義足の製作D@工房てんま

吹田のPT西村です。

今日は度々ブログでご報告させていただいている80歳代の在宅リハ利用者様の大腿義足の製作へ5回目の同行をしました。

初回 12/25
2回目 1/30
3回目 3/23
4回目 4/25

利用者様は「普通に歩く」ことを切に願っておられます。

今日5/7は2回目の義足仮合わせに同行させていただきました。

完成が近づいている義足を見つめて、微笑む利用者様。

image-216c4.jpeg
image-2ba32.jpeg
まずは義肢装具士さんによるライナーのフィッティング。
ライナーをこの角度から装着するのが、スムーズに義足を装着するための大切なコツと教えて下さりました。

image-e12fc.jpeg
image-da742.jpeg
立位練習です。

image-71ccd.jpeg
アライメントの微調整。

歩行のゴール設定は、義肢装具士さんとの相談で、杖歩行レベルと設定しました。歩行器の使用など段階的に訓練していくことを確認しました。

image-27102.jpeg
image-9d722.jpeg
image-76b16.jpeg
義肢装具士さん指導による歩行練習です。

踵接地後につま先に体重移動すると、膝が屈曲する膝継手のタイプです。

膝折れによる転倒予防のため、膝折れの感覚を実際に繰り返し確認してもらい、利用者様の頭の中にすり込んでいます。

何度も何度も床を踏みしめるように繰り返し平行棒内を歩く利用者様。
やっぱり満面の笑みです。
めっちゃええ顔されてましたー

image-f22eb.jpeg
片足立ちで患側大腿後面をソケットに押し当てるイメージで、踵に重心を移動する練習です。
その他、椅子に座る方法なども指導して頂きました。

次回は来週で同行も最終回となりそうです。いよいよ完成で新しい義足の引き渡しの予定です。
そのあとは意見書を記載して頂いた医師に受診し、市町村窓口に提出する適合証明書を発行して頂き、川村義肢さんが市町村窓口に請求するながれとなっています。
最後まで、利用者様の”普通に歩く”を支えます!

川村義肢さん、利用者様、ありがとうございます。
posted by Active at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹田より

2016年05月07日

今とこれから

明日から、大相撲本場所が始まります。
2か月が、本当に早いですね。
ST水野です。

失語症のある利用者さん。
カラオケスナックで歌うことが
趣味のひとつ。
病後も変わらず、楽しんでいるようです。

歌詞を見たら、だいたい歌える。

困るのは、機械に曲名を入れるとき。
50音の中から、
一文字ずつ選ぶことができない。

よく歌う曲は?と聞いても
出てこなかったので
どうにか出てきた「前川清」をヒントに
曲名を検索。
100曲以上あるリストのなかから、
指さしで選んでいきました。

その一曲。
「愛がほしい」
50音表をさせるか試してみました。
IMG_0214.jpg
「あ い が お」
となってしまいました。
やっぱり難しかったです。
自分がどこまでさしたかわからなくなり
曲名を何度もつぶやく様子が見られました。

方法を変えて。
ひらがな文字チップを作り
並び替えてもらいました。
IMG_7416.jpg
これはOK

何の曲でしょうか?
IMG_7686.jpg
「ながさきはきょうもあめだった」
これは正確にできませんでした。

評価をまとめると
まずは、音韻の想起が難しい。
音韻の配列は限られた数なら可能。
しかし、選択肢が多いと、困難。
自分がさした音を把持していられない。

続けて言われました。
曲名が言えるときはまだいい。
周りの人が助けてくれる。
言えなければどうしようもない。

当面の問題解決のために
カラオケに持っていけるように
曲名リストを作りましょう。

練習では選択肢(文字チップ)ありで始めて
短い曲名から長い曲名へ。
選択肢を増やしながら、
難しくしていきましょう。
最終的には50音表から選べることを
目指しましょう。

今、行っている、かなの選択の宿題は、
続けましょう。
以前にも紹介した、このような課題です。
IMG_5158.jpg
下を折っておくので
いったんは、自分で考えてみて、
わからないときは開いてヒントを見ましょう。

可能なら、携帯のメールもよい練習です。
最近の携帯は、
予測変換、変換履歴の表示、音声入力と
失語症者の助けとなるツールが多くあります。
少しずつ、メールもしていきましょう。

把持については、カラオケの機械は
選んだ文字が出ているので、
どこまで入れたかはわかるとのこと。

これまで話す練習を中心に行ってきました。

しかし、今、困っている。
困っていることを解決する練習と
これからを見据えた練習と
併行して行っていきましょう。

方針変更です。
posted by Active at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記

2016年05月01日

あれから月日が経ちまして

こんにちは、大正の飛永です。
変化するもんですね、人や環境というものは、、


大正事業所は、平成25年9月より
阪東さんの、「あんたらが大正!」という声から始まり

そのころは、村上STと飛永だけでした。IMG_1473.jpg

あんなことやこんなことをしてDSC_0184-thumbnail2.jpgEFBC96__-thumbnail2.jpg

尿意や寒さと戦った改装工事!
image-02e25-thumbnail2.jpgIMG_3447.jpg

平成27年4月、出来上がりました新大正!IMG_9960.jpg

徐々にスタッフも増えてIMG_0230.jpg

この前の歓迎会では、
大正事業所に関わりのある16名が参加IMG_4445.jpg

奥左側から、、、
黒川PT・阿部PT・今田相談員・矢野介護(営業)・岡本Ns・瀬戸PT・能登PT・金井ST・畔川PT・前田OT

真ん中左側から、、、
谷川OT・谷中PT・藤本ST

手前左側から、、、
藤井OT・村上ST・飛永

今回、参加出来なかった木田Ns・山田PT・赤堀ST


最初から思えば、こんなにもスタッフが増えました!
大正に来られる機会の少ない方は、ぜひ顔と名前を覚えて下さいね。

4月から新しく入職されたのは、
今田相談員、谷中PT、瀬戸PT、金井STの4名です!
みなさん、しっかりされていて個性もあるメンバーばかりです!!

プラス、去年は介護スタッフとして働いてくれていた
谷川君がOT一年目になりました!
髪にはクセがありますが、性格は素直で優しくクセはありません(笑)IMG_0992.jpg
彼がこの1年で、
「利用者さんのために自分は何が出来るのか」
ということを、立派に考えられる療法士になってくれることを信じています!


大正事業所で
人と環境が変わり
自分自身、周りから成長させてもらってると感じる今日この頃でした。

アクティブ大正  飛永
posted by Active at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

weeklyordinary

いつの間にか4月が終わっちゃったいましたゴールデンウィークに突入!この時期の時間の流れはアッという間でと言い訳しつつweeklyordinary更新サボり阪東です。
4月の収支報告〜
収入:157750
支出:37812
--------------------
+119918
土曜日女性陣の頑張りでジワジワキテるのとファームの収穫により支出が少なくなってます。ちょっとズツ回ってきましたねーいえい。
それではキッチン、ファーム、松原カフェなどの4月の近況報告します。
ファームでは

image-bc1d3.jpegimage-0d47f.jpeg
いつの間にやらこんな感じ(中村さんすごい!)収穫も始まりカフェでお出ししたり
image-22995.jpeg
こんな感じでの販売も始まります。(野菜のセット50円)

キッチンでは
image-ce3ca.jpegimage-d5d15.jpegimage-e3ab3.jpegimage-98d6f.jpeg
カフェのカレーとシチューが定期的に稼働しております。みんな左手だけで力を合わせて作ってます。毎回発見です!
image-89da8.jpeg

松原カフェでは
image-5b84d.jpegimage-82ffc.jpeg
内装工事中で営業まだですが無事許認可も終え少しずつカタチになってきてます。
image-20a79.jpeg
新たなスタッフも加わりパワアップ
image-04da4.jpegimage-ba95d.jpegimage-bb965.jpegimage-d1bf0.jpegimage-e051e.jpegimage-ec4c1.jpegimage-a0c6c.jpegimage-fbda3.jpegimage-aefff.jpeg
ゴールデンウィーク明けには新たな就労メンバーも加わり楽しみです。ウォオー!
ordinary阪東
posted by Active at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ordinary