2016年09月30日

”普通に歩く”を支える。

吹田のPT西村、中原です。

度々ブログでご報告させていただいている80歳代の在宅リハ利用者様の本義足の装着練習、歩行練習を先日から開始しています。

多軸タイプの膝継手の大腿義足製作の経過
初回 12/25
2回目 1/30
3回目 3/23
4回目 4/25
5回目 5/10
6回目 5/17 生活義足の完成受け渡し

6/17〜デイサービスでの歩行練習開始
http://active-nopsj.sblo.jp/s/article/175728045.html
利用者様は「普通に歩く」ことを切に願っておられます。

ご自宅での本義足装着はもうお一人で、スピーディーかつ安全に行えておられます。
あんなにも装着に難儀してたのに…感動しました。
image-afb91.jpeg
自宅の狭い空間でも安定した歩行です。
image-a01dd.jpegimage-2e3fb.jpeg
このあとは松葉杖歩行、T字杖歩行練習もします。

T字杖歩行ではまだ左側からの立位介助が必要ですが、患側の右下肢での体重支持がうまくなっておられます。

松葉杖歩行では右下肢での体重支持だけでなく、立脚期〜遊脚期の各相がきれいに見られ、”普通に歩く”に近い状態になってきました。

引き続き、”普通に歩く”を支援します。
ありがとうございます。
posted by Active at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹田より

リハビリ専門医研修(大正)

こんばんは、大正の飛永です。
9月28日水曜日の午後
リハビリテーション専門医による研修と、症例検討を行いました

症例検討は2名

お一人はデイサービスと、訪問看護(リハビリ)ともにご利用されている方です
先生からは様々な視点でのアドバイスを頂きました。

実際、ご自宅へ訪問し
ご家族様からもご希望や現在の状況を確認することができました。

IMG_009211.jpg

(担当の谷川OTより)
今回、実際にご自宅にお伺いさせてもらったことで、デイの中のお話だけで聞かさせてもらっていたことが具体的に想像しやすくなり良かったです。
ご家族の方の要望も聞けたことで、家庭環境についても把握することが出来て、よりリハビリの内容も具体的に考えることが出来るようになったと思いました。
また先生にアドバイスを頂けたことで、リハビリの30分にとらわれず、広い視野で考えていくことを学びました。

IMG_0091.jpg


お二人目は
訪問看護(ST.OT)をご利用されている方の症例検討です。

IMG_0093.jpg

そして後半には、大正事業所のスタッフからの質問タイムを設けて頂きました。
全て具体的な質問内容のため、カルテを確認しながら実施

今回は利用者さんに関する質問が中心であったため、先生からも具体的なご指導ご助言を頂けました。

今回、新たに課題にあがったこと、元々課題ではあったが優先順位があがったこと、課題にあげていたが優先順位は低いこと、などなど

担当利用者さんに対して必要な課題、目標、および方向性を整理することが出来ました。



今後も今回ご指導頂いた内容を踏まえて、利用者さんと関わっていければと思います。

アクティブデイサービス大正
アクティブ訪問看護ステーション サテライト大正  スタッフ一同
posted by Active at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

久しぶりの買い物

どうも。
泉北の室之園です。

今春の訪問での関わりにて。

IMG_0732.jpg
90歳代男性利用者Y様と一緒に近所のスーパーへ買い物練習。

IMG_4326.jpg
私「疲れてないですか?」
Y様「大丈夫大丈夫!」

IMG_3280.jpg
私「膝は痛くないですか?」
Y様「大丈夫大丈夫!」

IMG_9081.jpg
私「スーパーに着きましたね。一旦休憩しましょうか」
Y様「大丈夫大丈夫!」

IMG_2807.jpg
家を出る前に奥さんから頼まれた食材を探しています。
IMG_9711.jpg

IMG_9166.jpg
私「ちょっと買い過ぎじゃないですか?持って帰れますか?」
Y様「そうなんやけど、長いこと一人でスーパーなんか行ってなかったから目移りしてしまう!」

実はY様、シルバーカーの使用はまだ数回程。
いつか杖で歩くのが辛くなってきた時の為にと購入していましたが、ずっと使うのに抵抗がありました。
何度か説得し、ようやくこうして使って頂けるようになりました。

後半になるともうシルバーカーを置いて買い物に夢中になっていました。
IMG_6086.jpg
IMG_7047.jpg
IMG_9055.jpg

会計時もご自分でしっかりカゴを持っておられました。
IMG_2324.jpg

頚椎症による指先のしびれがありますが、きちんと袋に詰めておられました。
IMG_7207.jpg

私「さぁ、買い物袋をカゴに入れて帰りましょう!」


だったんでしたが・・・
























IMG_5179.jpg
やっぱりカゴの中に入り切りませんでした。




それでも何とか無事帰宅し、買い物練習終了。
IMG_4675.jpg
Y様から「先生、これ食べて帰り!」と大福を頂きました。

数年ぶりの買い物に大変満足しておられ、シルバーカーを使うことに対する抵抗も無くなったそうです。

次の目標は病前まで通っていた地元の自治会館まで行けるようになり、老人会に参加すること。

90歳代になっても、こうして目標を持って過ごしておられることは本当にスゴイことだと思います。
それと同時に、私たち療法士は対象の方が何歳であっても、どういったお体であっても、その方にとってのリハビリテーションは何かを模索し続ける責任があるんだなと学ばせて頂きました。

泉北事業所:室之園
posted by Active at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉北(室之園の)日記

訪問卒業への準備期間

豪栄道、優勝、おめでとう。
遠藤の復活にもわくわくでした。
いつも2人を応援している
利用者さんも満面の笑顔。
IMG_0476.jpg
ST水野です。


2014年6月30日
2015年2月10日
2015年5月9日
2015年6月19日
2015年12月11日
2016年3月11日
で書きました
嚥下障害の利用者さん。
7回目の報告です。

ざっと3年の経過をまとめますと
脳血管疾患後の嚥下障害で
楽しみ程度の経口摂取で退院。
在宅でミキサー食を摂取し始め
VEで「よく噛んで食べれば
何を食べてもいいでしょう」と
診断されました。
VEから1年以上が経過。
咀嚼練習を続けています。

ケアプランの
利用者の生活に対する意向には
「体重が増えてきて、
 たくさん食べられなくなって残念。
 もっと動けるようになりたい」と
あります。

そうなんです。
主治医から食べ過ぎを注意されています。
それくらい食べられているんです。
当然、発熱や痰の増加等
誤嚥を疑うような所見はありません。

これだけ安定して食べられているなら
そろそろ卒業でもいいかなと
考えていました。

ご家族も同じ思いだったようです。
現在はOTとSTが隔週で
訪問しているのですが
全てOTに切り替えたいと希望を
うかがいました。

私もその案に賛成しました。
が、利用者さんご本人の希望により
月に1回のみ、
STを残すことになりました。

今週の訪問時は
なんと
IMG_0559.jpg

海苔巻!!

海苔巻は難易度が非常に高い食べ物。
理由は
のりが噛み切りにくい
のりがのどに貼りつく、ひっかかる
他食材が混在している
等が挙げられます。

食べて頂きました。
きゅうりをぽりぽりと噛む
いい音が聞こえました。
咀嚼、送り込みにはやや時間が
かかっていましたが、
水分でおよそリアできています。

OTでも歩行器のレンタルを
検討しているとのこと。
身体状況も改善してきているようです。

主治医にも
「高齢でこれだけよくなる
ケースは珍しい」と言われたそう。

順調ですね。

STは卒業にむけての準備期間に
入ります。
卒業しても安心して
食べ続けられるよう
徐々に進めていきましょう。
posted by Active at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記

2016年09月28日

歩行練習

IMG_5067.jpg
今年もだんじりの季節がやってまいりました。

どうも。
泉北の室之園です。

施設に入所されている利用者N様の訪問にて。

神社・仏閣が好きなN様。
天気が良い日は近所にある神社まで移動し、境内で歩行練習してます。

認知症症状による意欲・発動性が低下してきているN様。
神社に来ると目がシャキッとし、ウトウトしているのが軽減されます。

IMG_5066.jpg
まずは境内に入る前に一礼。

IMG_5059.jpg
手水でお清め。

IMG_5060.jpg
そして本日の歩行練習の大成功を祈願し、歩行練習に取り掛かります。

神社に来るといつもよりたくさん歩いてくれるN様。

神社だと「しっかり体を起こして歩きましょう」と言わなくても背筋がピンと伸びるN様。

やっぱり神が宿る場所だなと感じます。

泉北事業所:室之園
posted by Active at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉北(室之園の)日記

じゃがいも

じゃがいも。にこにこハート

IMG_20160927_141023-3e75a.jpgIMG_20160927_140808-178a4.jpg
posted by Active at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ordinary

2016年09月24日

ただいま22時半。

人材開発室のいとうです。
image-ec655.jpeg
昨夜は弊社の代表、取締役、各事業所の管理者が一同に会しました。
image-51299.jpeg
業務提携先の「なめたリハビリテーションクリニック」と新設予定の「アクティブリハビリ訪問介護ガイドステーション(仮)」との協業によるご利用者様の”活動・参加”に向けた新たなサービス形態を模索しています。

ご利用者様が…
誰かのためにできること、自分のために挑戦すること、社会のためになること、そんな思い、心意気をカタチにするのが新設「アクティブ心意気実践チーム(仮)」です。

まず今進行中の取り組みを具体的なカタチにして、アクティブ心意気実践チームの活動の礎とします。

ただいま22時半。
19時から始まった大変熱苦しい会議が終わりました。
posted by Active at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka

2016年09月20日

あれそれカフエ 2回目

な、なんと

今回はカフェに来ている
ブログで以前、社長がセーターがおしゃれとアップしていた方が来て下さいました。

行くところがない・・・お酒を飲みすぎることもある・・・デイサービスなんて行きたくない・・・膝が痛くて歩けない・・・物忘れをする・・・コーヒー代金を何度も払おうとする・・・  

毎日老犬の散歩を奥さんとしており、木田Nsも以前から交流があり誘っていただいたとの事でした。
奥さんから記憶面や、膝の痛み等々カフェでも以前から相談もされており、
あれそれカフェをやろうとしたきっかけの方々でした

カフェに来てからもそわそわ・・・・・としており、何をするか不安になっていたみたいです。いざ、今回は手と頭の運動を行ったのですが、積極的に最後まで参加されていました。

今回は、他にも認知症の旦那様と夫婦で来られたデイサービスの利用者様。今まではタクシー移動が主でしたが、歩きたい希望の強い方でデイサービスでも自宅でも運動を頑張り、自宅〜カフェまで初めての長距離歩行。遠くから見守っていましたが何とか帰りも歩いて帰っていました。

送迎が無いのが難点ではありますが、今回10名参加。
これからこういったオレンジカフェがあちらこちらにでき、互いに共有しながら地域で認知症の普及活動が行えればと思います。

手の小話 と 頭と手の体操
11.JPG10.JPG

村上主任の丁寧でジワジワと笑いのくる 「あれそれ版 カムカム体操」
13.JPG

14.jpg15.jpg

次回は
お菓子作り。「共同作業」を取り入れてデイのスタッフ中心に行ってもらいます。
いつも時間の無い中お菓子作りを無理言うてやってもらってますが、これからもよろしく!

リハ・カフェ東成でやってます。


アクティブ今里 河井






posted by Active at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka

カリカリカリカリ

今場所も折り返しました。
後半の主役は、豪栄道になりそうですね。
琴奨菊→稀勢の里→豪栄道と
場所毎に主役が交代している様相です。
ST水野です。

嚥下障害の利用者さん。
ミキサー食を摂取中。
嚥下能力が上がってきたため
少し形のあるものを食べてみてはと
すすめるも、なんと拒否!

形があるものはのどにつまる、
お母さんが作るのが大変、
奥歯の入れ歯が痛いからだめだ、
俺は今のミキサー食が食べられればいいんや。

しかし
嚥下能力が上がってきているだけに
もったいないと感じてしまいます。

嚥下直接練習を
少しずつ行っていくこととしました。

練習で何を使うか。
かたすぎず
かといって、やわらかすぎず
咀嚼している感じがあって
口のなかでまとまりやすく
そして、おいしいもの。

かっぱえびせん!

かっぱえびせんにも種類があることを
知りました。
今回、使用したのはこれです。
image-0d48e.jpeg
1才からのかっぱえびせん。

カルビーのホームページで調べてみました。

8gのパッケージが4個つながっています。
サッポロポテトつぶつぶベジタブルに比べ
味つけを薄くし、
油をいっさい使用していませんので、
小さなお子様におすすめです。
薄味で口どけのよい食感ですので、
塩分・油分を気にされている大人の方にも
おすすめです。
http://www.calbee.co.jp/shohinkensaku/product/?p=20040318234018


1才からのかっぱえびせんを
普通のかっぱえびせんと
食べ比べてみました。

最初は、塩味が薄いので、
物足りないかなと感じました。
よく味わうと、えびの風味が際立って
おいしかったです。

唾液で溶けやすく
すっとまとまるように感じました。
この点は油を使っていないからか
大きさの影響もあるのか、わかりません。

また、えびせん一個が小さいこと、
8gと少量入りの個包装なのも
ポイントが高いですね。

栄養成分を見ると
http://faq.calbee.co.jp/faq_detail.html?id=5

1袋の量が違い、比較しづらいのですが、
1才からのかっぱえびせんの方が、
圧倒的に脂質が少ないようです。

前述の利用者さんに食べていただきました。
カリカリ、カリカリ、いい音です。
「これうまいな」
咀嚼から嚥下への移行もスムーズ。

とかく噛んだときの食感がいい。

今回の利用者さんは違いますが
認知期の低下している方にも
わかりやすいのではと思います。

ミキサー食から刻み食への移行期に
優秀な嚥下食になる可能性を感じています。
posted by Active at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記

2016年09月19日

いくのか前の!

ひまわりひまわりIMG_20160906_140825.jpgまだまだ〜困りIMG_20160917_152535-39ba4.jpgIMG_20160917_151622.jpg
IMG_20160827_143701.jpgなんIMG_20160917_152037.jpg
posted by Active at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ordinary

いきいき百歳体操 〜東成区〜

いきいき百歳体操
みなさんご存知ですか?
H.14年に高知市が開発した体操で、理学療法士が携わっています。
DVDをみながら体操を行い、個々におもりをまいて筋力運動を行っていく約30分程の体操です。
この体操を通じて、運動を定期的に行い通いの場づくりを住民主体で行っていくものです。
これが全国的に広がってきているようで今年度から東成区でも力を入れて行っていく介護予防事業のひとつです。
今回東成区からリハビリと言えばアクティブさんでしょうということで
他一事業所とともに啓発依頼が来ました。
IMG_0538.JPGIMG_0564.JPGIMG_0565.JPG
この体操地味に結構疲れます。
今回は体験版で40名来ていただきサークル化したら引き続き来たいとの
アンケート結果も多数ありました。
平成30年に向け、東成区でもばたばたといろいろな事業が進んでいます。
大阪の事業所も「いきいき」や「あれそれ」で忙しくしています。

アクティブ大阪 中原




posted by Active at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka

2016年09月17日

マクトス給付されました

中村さんから、ミントを頂きました。
IMG_0364.jpg
このミント、碓井さんが
昨年の忘年会のビンゴで当てた種を
中村さんが育てたそうです。
巡り巡って、私の元にやって来ました。
とてもいい香りがしますよ。
ST水野です。

2016年5月21日、
2016年8月2日に書きました
マクトスについて。

市からの給付が決定し、
今週、利用者さん宅にマクトスが
納品されました。

申請の際は
テクノスジャパンの大西さんに助言いただき
適合評価書を作成し添付しました。

給付申請をした後も
市を通し
府からの問い合わせがありました。
本当に、マクトスしか方法がないのか、
他の機器ではなく
マクトスを選んだ理由を確認されました。
伝の心の耐用年数の6年に対し
3年しか経っていない現状もあり
特に厳しかったものを思われます。

自分の知識不足で
判断しきれないことが多々あり
テクノスジャパンの大西さん
販売業者のコミルの馬渕さんに
何度もメールで助けを求めました。

その都度、対応をして下さりました。

大西さんいわく
大阪府下でも、マクトスの給付が
受けられた事例は少ないとのこと。

本当に、よかった!!

利用者さんの使用状況はというと
会話中の反応が上手いんです。
まさに、あいづちのタイミングで
反応させることができるように
なっています。
きっと心で「うん」「うん」と頷きながら
聴いて下さっているのが
マクトスの反応として
現れているのだと思います。

まだ、意図して反応させるのが難しく
引き続き、練習が必要です。

他事業所も含め
多くのスタッフが関わるので
使用方法を掲示できるように作成しました。
IMG_8110.jpg

無事に給付を受けられたのは
協力いただいた皆さんのおかげです。
ありがとうございました。

あー、ほっとした・・。
posted by Active at 13:13| Comment(1) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記

2016年09月14日

健康体操 in 泉北!

どうも。
泉北の室之園です。

前回、「あるお仕事」の依頼を頂いたことの記事を投稿させて頂きました。
http://active-nopsj.sblo.jp/article/176754905.html

そうなんです。
「あるお仕事」とは地域住民の方を対象とした健康体操のことでした。
IMG_4968.jpg

今回は転倒予防をテーマに体操と講座を行ってほしいというご依頼でした。

開始15分前。
IMG_4974.jpg
ご依頼を下さった地域包括のケアマネージャーさんから「今日は社協(社会福祉協議会)の方と地域のデイサービスの職員さんも見学に来てくれるのでお願いしますネ!」と、かなりハードルの上がる情報を頂き、感謝とプレッシャーを感じながら準備に取り掛かりました。

そしていよいよ本番開始。
IMG_4996.jpg
普段の講座では10数名程の参加らしいのですが、今回は事前に「直接療法士さんから色々な話を聞いたり、体操を教えてくれるらしい」という宣伝効果もあり、20数名の大盛況となりました。

体操を始める前にまずは参加者の中で実際に転倒したことがある方がどれくらいおられるのかを聞く事にしました。
IMG_4975.jpg
自分の足で歩いて体操教室に参加しに来られるくらいなので、お元気な方が多いかと思いきや、意外にも数名な方の手が挙がり、「お風呂場で滑った」「廊下でつまづいた」などの経験談を話して下さいました。

今回お話させて頂いたのは、転倒予防に必要なことは決して新しい運動方法や特殊な体操を覚えるのではなく、『普段何気なく行っている生活動作をいかに転倒しないよう、意識して行えるか』をテーマに進めていきました。
IMG_4997.jpg

トップバッターはPTの佃さん!
佃さんはお風呂場を想定した体操を実施しました。
IMG_4983.jpg
脱いだ服を脱衣かごに入れる動作を意識した、腕の運動と重心移動。

IMG_4994.jpg
ズボンやパンツの脱ぎ履きの際、片足立ちになる場面を想定したバランス運動。

IMG_4988.jpg
浴槽をまたぐ動作を意識した、高く足を上げながら外に広げる運動。

などなど。
およそ10分も掛からない体操でしたが、皆さんじんわり汗をかいておられました。

僭越ながら私もさせて頂きました。
IMG_5001.jpg
私はリビング周辺で転倒する要因の上位にも挙がっている「カーペットに引っかかる」「電気コードにつまづく」といった場面を想定し、しっかり足首、太ももを上げ、踵から床につく運動。転びそうになった際、素早く足を前に出せる運動などを実施させて頂きました。

最後に佃さんから参加者全員に、今回お話ししきれなかった内容や自宅でも手軽にできる体操などの資料をお土産に持って帰って頂き、無事終了となりました。
IMG_4969.jpg
IMG_4970.jpg
IMG_4971.jpg
IMG_4972.jpg
IMG_4973.jpg

参加して下さった方、今回依頼を下さった地域包括の方からは「是非、またやってほしい!」との有難いお言葉を頂くことができました。
満足のいく内容にできるかどうかわかりませんが、またこういった体操教室、介護技術教室などのご要望がありましたら、いつでもお気軽にご相談下さい。

●アクティブ訪問看護ステーション泉北サテライト
大阪府堺市中区深井中町485-3
TEL 072-275-8652 / FAX 072-275-8653

最後までお読み頂き、有難うございました。

泉北事業所 室之園
posted by Active at 19:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉北(室之園の)日記

2016年09月08日

第100回大阪高次脳機能リハビリ研究会。

人材開発室のいとうです。

今日は高次脳機能障がいの事例報告の機会をいただきました。
image-56b49.jpeg

もちろん会社紹介も。
image-68d86.jpeg
image-6665f.jpeg
image-d860a.jpeg
エンパワメントアプローチと活動・参加について

ST松本からも訪問STの事例報告をさせていただきました。
就労継続支援A型事業所カフェオーディナリー松原への移行のケースでした。
image-0559d.jpegimage-66307.jpeg
image-3d3eb.jpeg
さらに松原、堺、泉北事業所を詳しく紹介させていただきました。
image-170ef.jpeg

もちろんカフェオーディナリー松原の営業も。
image-022e8.jpegimage-74486.jpegimage-4bc7c.jpegimage-0be03.jpegimage-99abf.jpegimage-a09ef.jpegimage-53848.jpegimage-0589b.jpeg

今回は、訪問看護ステーションからのリハ、高次脳機能障がいへの多様な関わりを知って頂く機会になったようです。

大正事業所からOT阿部さん、谷川さんの癒やし系の2人も来てくれて嬉しかったです。

納谷先生を主宰として、大阪高次脳機能リハビリ研究会は今回で第100回目を迎えられました。
これからも他施設が交わる自由闊達な報告の場として、毎月一回が楽しみです。
今回のような機会を与えていただきありがとうございます。
posted by Active at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹田より

2016年09月07日

バスケットボールクラブ

おはようございます。大正の飛永です。

9月2日バスケットボールクラブ

前回より人数は少ないですが
11名集まりました。

IMG_9907.png

2チームに分かれて試合

IMG_9905.jpg

良い汗かきました!!

IMG_9904.jpg

いつも通り、中川さんの息子さんの活躍もあり
(若さってすごい!!)

IMG_9887.jpg

間の休憩では、バトミントン部発足!!!笑
(部員:阿部OT、今田相談員、中川さん娘さん)
これまた中川さんの娘さんの体力には驚きでした!


次回、11月か12月にまた行いますので、
みなさんご参加お待ちしてます。


アクティブ大阪 金井
アクティブ大正 飛永
posted by Active at 08:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2016年09月06日

KYT

どうも。
泉北の室之園です。

先日、松原本部の3年目までの療法士の方々を対象にリスク管理の勉強会をさせて頂きました。

thumb_IMG_4862_1024.jpg
記事のタイトルにもある「KYT」ですが、危険(Kiken)+予知(Yochi)+トレーニング(Training)と呼びます。
もともとは建築現場で使われていた言葉で、「作業の中に潜む危険を話し合い、予知と対策を行う」訓練のことを指します。

近年、医療従事者のKYTに注目が集まっているのは、医療事故から訴訟になるケースが増えている背景から、医療事故を減らすための対策として有効だと考えられたからだそうです。

thumb_IMG_4864_1024.jpg

若手のメンバーに「リスク管理」と聞いて尋ねると「血圧が高い場合」とか「訪問時に倒れていた場合」など医学的リスクは割と思いつくようでした。しかし、「ケアマネージャーさんから利用者さんの歩行器を選んでほしいと頼まれた場合」などの連携に関するリスクや、「訪問日時や担当者を変更する場合」といった接遇に関するリスクなど多岐にわたります。

thumb_IMG_4861_1024.jpg

今回の勉強会では「訪問業務におけるリスク管理とはどの範囲までのことを言うのか」といった部分を知り、それを参加者全員で議論し、形にしていく、ということをテーマにさせて頂きました。

thumb_IMG_4867_1024.jpg

最後には松原事業所所属3年目の島OT自ら相談があり、実際に彼女が体験した救急対応をテーマに話し合うこともできました。

thumb_IMG_4868_1024.jpg

参加者の皆さんも一人で訪問業務を行うことの不安があったのか、次回もやってほしいとの意見を頂きました(たぶんパワハラではないと思います…)。

thumb_IMG_4869_1024.jpg

今回は2〜3事例を話し合うといった形式だったので、みんなに発表してもらう時間が少なく議論するというところまではいけませんでした。
次回は1事例に十分時間をとり、みんなからの意見がもっとたくさん出るような勉強会にしたいと思います。

久々にちゃんとした記事を書きました。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

泉北事業所
室之園
posted by Active at 20:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉北(室之園の)日記

碓井さん、山川さん、学会発表おつかれさまでしたの会

扁桃腺が腫れ、
38.5度を超える熱を初めて経験しました。
受診したら「疲れやね」と
断言されてしまいました。
ST水野です。

先週、松本ST企画で
学会の慰労会が行われました。

沖縄料理のお店を予約して下さいました。
image-5ad47.jpeg


沖縄といえばの
image-cd811.jpeg
オリオンビール。


沖縄といえばの
image-9aabf.jpeg
海ブドウ。


沖縄といえばの
image-13640.jpeg
ポーク卵。


沖縄出身の山川ST。
沖縄の知識を披露するせっかくの場を
活かせませんでした。
碓井STの方が、
ずっとずっと沖縄に詳しいんですから。

山川さん、それはそれで、
らしくていいよ。


大阪本部含め全7名が集まりました。
image-4dd65.jpeg
「はじめまして」の方も。

普段、所属先が離れていることもあり
皆で集まる機会はそうありません。

楽しい機会を
ありがとうございました。
posted by Active at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記

2016年09月05日

あるお仕事

どうも。
泉北の室之園です。


thumb_IMG_4936_1024.jpg
先週の泉北事業所会議後の一コマ。


thumb_IMG_4938_1024.jpg
「あるお仕事」の依頼を頂き、職員の皆さまに協力して頂いてのリハーサル。


thumb_IMG_4954_1024.jpg
本番は明日。


無事成功できるよう頑張ります。
「あるお仕事」の詳細は後日ご報告させて頂きます。

泉北事業所
佃(つくだ)、室之園
posted by Active at 18:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 泉北(室之園の)日記

夏休み特別講座にて失語症トークライブ。

人材開発室のいとうです。

先日は関西福祉科学大学にて右片麻痺と失語症のある森さんとの失語症トークライブでした。
image-c09f6.jpegimage-b6ac1.jpeg
森さんが、発症時やその後に考えていたことを尋ねると口ごもることが多々ありました。
それは、障がい者でいながら、障がい者であったことを忘れていることにトークライブ中に一緒に気がついた時は、ここまで元気になられていることに感動しました。

トークライブに向けての作業療法士の関わりについて、支援の経過を追いながら、そのときどきのぼくがとった行動事実と、頭の中で考えたことを思い起こしてお話しさせていただきました。
image-8944e.jpegimage-a2f2c.jpeg
夏休みにもかかわらず40〜50名のOT学生さんや教員のみなさま、ご聴講、トークライブの企画をありがとうございます。
posted by Active at 00:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 吹田より

今月の出張料理教室便り。

出張料理人兼OTのいとうと一人暮らし修行中のPT西村です。

8月の出張料理教室便りです。
認知症の利用者さま宅、遂行機能障害のある利用者さま宅での出張料理教室は、ご家族とご本人さま、ケアマネージャーさんのご理解とご協力があり、毎週細く永く続けさせていただいています。


認知症の利用者さま宅にて。
お孫さんを含めたご家族4人分の晩ご飯作りが利用者さまの役回りです。

「ピーマンの肉詰め」
ピーマンを切る、種を取る作業です。
image-f3bf6.jpegimage-ce063.jpegimage-0eb16.jpeg
こねる作業です。
image-43023.jpegimage-94783.jpegimage-48e42.jpegimage-5bb9b.jpeg
image-3142d.jpeg
かなり良い出来栄えです。
PT西村と利用者さまです。
image-5aeca.jpeg

次は、「カッペリーニ風冷製トマト素麺」
image-42ac7.jpegimage-99764.jpeg
トマトのカットに手こずりました。
image-b40da.jpeg
image-82761.jpeg
さっぱりとした味わいです。

次は、「茄子の味噌田楽」
image-ac176.jpegimage-3e6a9.jpegimage-d3c7e.jpeg

次は、「ほうれん草のじゃこと海苔の和え物」
image-20a5e.jpegimage-6269c.jpegimage-50b2d.jpeg

次は、「もやしカレーうどん」
人参の皮むきのピーラー使いはゆっくりと。
image-4a708.jpegimage-3d96d.jpegimage-fcc6e.jpegimage-f14f0.jpeg
煮込みます。焦げないようにかき混ぜながら。
image-96af0.jpegimage-0475c.jpeg
どのようなメニューを作ってもいつも「楽しわ〜」「おいしいわ〜」の笑顔と声を聞かせていただきます。

出張料理教室を通して、
利用者さまも私たちOT,PT,STも、お互いの持っている能力を発揮し合い、伸ばし合いを続けています。

引き続き、利用者さまの精神心理面の安定を晩ご飯作りという家庭内の役割、活動、作業を通して得られる自信や自己効力感で図ることが出来ればと模索し続けます。
ありがとうございます。

posted by Active at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹田より