2016年10月31日

新たな才能?!

どうも。
室之園です。



うちのエースこと、理学療法士の南渕くん。

IMG_5279.jpg



以前、同事業所の佃PTと私の2人で地域の健康体操を実施させて頂きました。

*ちなみにその時のブログです→http://active-nopsj.sblo.jp/article/176877543.html



実は彼、パソコン操作が非常に得意で、パソコンの調子が悪い時はいつも彼にお願いしてるんです!



そんな彼に今回は私たちが実施した健康体操の様子を営業用チラシとして作成してほしいとお願いしました。



「ハイ!わかりました!」と彼は二つ返事で引き受けてくれ、早速次の日にはパソコン作業に取り掛かっていました。
IMG_1149.jpg

IMG_5668.jpg

そして完成したものがコレ!

IMG_5280.jpg

なかなかのクオリティーだと思いませんか?
個人的にはかなりの出来栄えじゃないかと思っています!(親バカならぬ先輩バカでしょうか・・・)



地域で活躍する療法士として、また一歩成長できたのではないでしょうか。



また色んなことにチャレンジしていってほしいと思います。



今回はこんな感じで終わりたいと思います。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。



泉北事業所:室之園
posted by Active at 14:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉北(室之園の)日記

2016年10月30日

オキナワ旅のお手伝い2日目、最終日。

人材開発室のいとうです。

IMG_3731.JPG
今回の旅のパンフレットです。

筋萎縮性側索硬化症ALSの訪問リハ利用者田中さんの初の沖縄旅行に同行ボランティアをさせて頂いています。
日頃からお仕事が中心の生活で、旅行も5〜6年ぶりとのこと。

城マニアかつ歴史全般に造詣のある利用者さんです。
首里城をメインに9カ所ある世界遺産を巡るツアーを企画しました。

今日は2日目。最終日です。
IMG_3982.JPGIMG_3983.JPGIMG_3990.JPGIMG_3988.JPG
本島南部にあるゴルフリゾートホテルの朝。
朝焼けが東シナ海に映えます。

昨夜は念のため田中さんの呼吸状態を確認してからベッドに入りました。
よく休まれたようで元気いっぱいです。
IMG_3997.JPGIMG_3996.JPGIMG_3998.JPGIMG_4002.JPG
ホテルでの朝食。
日頃の朝食よりかなり違うと繰り返し話されていました。偏食気味で食生活の改善を感じておられました。
IMG_4003.JPG
サザンリンクスリゾートホテルさん、ありがとうございます。
IMG_4004.JPGIMG_4007.JPGIMG_4006.JPGIMG_4008.JPG
知念城跡にて。国指定の古城です。

最終日メインの斎場御嶽セーファウタキへ。
IMG_4013.JPGIMG_4015.JPGIMG_4018.JPG
琉球王国時代の男子禁制の祈りの場、最高の聖地です。
現在では男子にも解放されて、屈指のパワースポットとも言われています。
IMG_4016.JPGIMG_4017.JPGIMG_4022.JPG
木々の間に琉球王朝から神の島と呼ばれる久高島が見えます。
石に触れてパワーを頂いています。
IMG_4018-2a11d.JPGIMG_4020.JPG
わたしは田中さんのご病気のこと、進行しないようにと拝みましたが、田中さんは無事に大阪に帰れますようにと拝んだそうです…
IMG_4025.JPGIMG_4026.JPGIMG_4024.JPG
知念岬にて。
田中さん「海って青かったんですね。」と感嘆のひと言。
IMG_4032.JPGIMG_4033.JPGIMG_4035.JPG
空港近くの白いビーチへ。
IMG_4038.JPGIMG_4041.JPG
オキナワツアー最後のお食事はやはりソーキそば!
田中さん、すっかり大好物になってしまったようです。最後まで出汁を飲み干します。
IMG_4040.JPG
わたしはテビチそばを喰らいました。
IMG_4042.JPGIMG_4043.JPGIMG_4045.JPGIMG_4044.JPG
関空へ無事に到着。
満足気な表情を見せてくださいました。

帰り道の電車の中で今回の企画とこれからについて、田中さんと一緒に振り返りました。

田中さんがご病気に関わらずALS発症前から出不精であまり外に出たり、人と接したりすることに消極的だったことが訪問リハのなかで分かってきました。

訪問リハのなかで職歴や生活歴の聴き取りを行い、田中さんの物事の捉え方や価値観が見えてくることで田中さん”
らしさ”を少しずつ感じ取ることが出来たように思います。

城マニアで歴史に造詣が深いことは早くから分かっていました。

近隣の奈良や京都の寺社や史跡巡りを提案することがすぐ頭に浮かびました。
でも、それ位であれば活動・参加として、定着かつ継続しないと考えました。

そこで少し距離は遠いですが、田中さんが1度も行ったことがない沖縄、わたしのもう一つの故郷である沖縄の世界文化遺産を巡る旅行企画を考えるにいたりました。

7月初めに企画案を口頭で伝えたところ、半信半疑な様子であまり乗り気ではないような感じでした。
「まぁ行けるのであれば…」というくらいでした。

次に企画書の草案を田中さんに見せて、実現可能性を感じやすいようにスケジュール等を具体化し旅のイメージを共有できるように企画書を何度も修整しました。

担当医や保健師さん、ケアマネジャーさん、看護師さんにもご意見をいただきました。

すると段々と乗り気になり、8月には「会社を休めるか聴いてみます」っていうことになりました。

お互いに触発され、力、パワーを発揮する支援者とクライエント間の”エネルギーの還流”と”双方向のエンパワーメント”を感じました。
この状態は、どちらが支援者でどちらがクライエントなのかということが、関係なくなるような感覚をいつも覚えます。
エンパワメントアプローチと活動・参加について

訪問リハ開始当初の4月、6月に行なったALS用のQOL評価のALSAQ-40では、69点、70点でQOLが低い状態であることが考えられました。出来ないことにイライラすることが多かったようです。
旅の中身が深まってきた10月は58点となり、QOLの向上がみられました。出来ないことは”仕方がない”というあきらめのコーピングがみられ前向きな様子がうかがえます。

旅の帰り道で田中さんが、
「こんなことも出来るんやなぁ」
「いい経験をさせてもらいました」
と話され、かなり自信がついたようでした。

わたしからは、仕事を大切にしながら職場の人と相談して、自分のためにもたまにはお休みを取り、これからの人生をもっと楽しみましょうとより深い部分までお話しをしました。

忘れていた歴史本の読書(旅の合間に学生ボランティアの山川さんが本屋さんに連れて行ってくれたのがきっかけ)や沖縄の世界文化遺産巡りはもちろんですが、ご自分お一人で、毎月一回くらい奈良、京都の寺社、史跡巡りを提案しました。

また今回の旅の途中で聴いた東北の鉱山開拓者だったという田中さんのご先祖さまのお話から、ご家族で自分達のルーツを辿る旅も提案しています。

利用者さまの活動・参加を支えるには、その人の適切なリハビリテーションマネジメントと診立てから、最大限にリスクを回避することが不可欠です。

その上で失敗を恐れずにリスクテイキング出来る社内や周囲の理解と協力に加えて、支援者の行動を下支えする使命感や勇気、覚悟のようなものが必要と思います。

IMG_4046.JPGより引用。
イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが提唱した理論
「20:80の法則」
”社会のあらゆる活動・現象において、重要なもの20%の中に80%の成果が含まれている”とした。

10冊の課題図書があった場合、重要な2冊を読むことで八割方の成果が達成できる。
最初の20%の時間で80%の完成度に到達する。
早い段階の失敗は、完成度を上げるステップのひとつであり、資産である。
と記してあります。

今回の旅の経験から新しいプロジェクト開発では、企画の早い段階で深い部分まで、利用者さまとイメージを共有しながら企画書を一緒に練り上げることが必要だと感じました。

次の活動・参加につながるオキナワ旅となりました。

みなさん、田中さん、ご理解とご協力ありがとうございました。
IMG_4019.JPG
posted by Active at 18:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 吹田より

オキナワ旅のお手伝い1日目。

人材開発室のいとうです。

IMG_3731.JPG
今回の旅のパンフレットです。

筋萎縮性側索硬化症ALSの訪問リハ利用者さんの初の沖縄旅行に同行ボランティアをさせて頂いています。

城マニアかつ中国の歴史に造詣のある利用者さんです。
首里城をメインに9カ所ある世界遺産を巡るツアーを企画しました。

旅行も5〜6年ぶりとのこと。

今日は1日目。

早朝5時の始発便で関西空港に向かいます。
IMG_3923.JPGIMG_3924.JPG
IMG_3928.JPGIMG_3927.JPG
上肢近位筋の萎縮、筋力低下のため、つり革に掴まることは難しいです。
日頃はクルマでの移動が多いので電車は数ヶ月ぶりだそうです。
IMG_3930.JPGIMG_3929.JPG
初めての関西空港。
少し興奮気味です。
デジカメで撮影する際は両手が充分に上がらないので、体をのけぞりながらのシャッター。
IMG_3932.JPGIMG_3931.JPG
出発ゲートへ。
IMG_3936.JPG
搭乗前。
IMG_3937.JPGIMG_3938.JPG
機上の人に。
綺麗でハキハキして愛想の良いジェットスター機の客室乗務員まゆみさんとパチリ。
IMG_3939.JPGIMG_3947.JPGIMG_3946.JPG
那覇空港に到着。
IMG_3942.JPGIMG_3941.JPGIMG_3943.JPG
わたしの叔父がオーナーやってるお店で、沖縄そばを喰らいました。
IMG_3949.JPGIMG_3950.JPG
学生ボランティアの山川さんと守礼の門にて。
IMG_3956.JPGIMG_3954.JPGIMG_3953.JPGIMG_3955.JPG
夢中で散策されるためか、独語が増えています^_^
IMG_3958.JPGIMG_3957.JPGIMG_3963.JPGIMG_3962.JPGIMG_3969.JPGIMG_3970.JPGIMG_3967.JPGIMG_3968.JPG
真剣に琉球の歴史に想いを馳せておられます。 
IMG_3974.JPGIMG_3973.JPGIMG_3972.JPGIMG_3976.JPGIMG_3978.JPGIMG_3977.JPG
首里城の夜はふけていきます。

明日の2日目は最終日。
沖縄南部の斎場御嶽などの世界遺産巡りです。
posted by Active at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹田より

2016年10月28日

実務者研修教員講習会〜2日目〜

どうも。室之園です。

先週から実務者研修教員講習会という研修に参加させて頂いており、講義内容をこのブログで報告させて頂いております。
http://active-nopsj.sblo.jp/article/177327358.html

IMG_5270.jpg



そして先日(10月26日)、2回目の実務者研修教員講習会に参加してきましたので報告させて頂きます。




今回のテーマは「人間と社会」「こころとからだ」領域の授業内容・授業方法の検討でした。




「人間と社会」では保険制度や人としての尊厳や人権をどう伝えるか。



「こころとからだ」では身体機能などの医学的知識や精神心理面がどのように変化していくかといった内容でした。



授業はとてもわかりやすく、これから指導者、教育者として人に物事を伝えていくにはどうすればよいかを具体的に教えて頂けた気がします。



ただ口頭で伝えるのではなく、映像やイラスト、新聞の切り抜き、グループディスカッションなどの手法を用いて授業展開していくこと。また受講生の考えをレポートや発表などで確認するなど、考えれば展開方法はいくらでもあることを学びました。



そして、講義の中では主観的意見だけでなく、あくまで物事の原理原則を伝えること。エビデンスに基づいた介護とは何か。その上で現場ならではの問題や自分の経験談などを伝えていくことが偏らない授業内容になることを学びました。



今回の授業内容にある「こころとからだ」では介護福祉士の方が今後学ぶべき知識、技術の高さと量の膨大さに正直危機感を持ちました。(ちなみに私は10年前に介護福祉士を取り、その後作業療法士を取りました)



介護福祉士の役割であり、求められる部分の一つは対象者の「活動」と「参加」をどう考えていくかであります。



それは今、私たち療法士(特に作業療法士ではないかと感じてます)にも問われている部分だと思います。



介護職の方々がこれから心身機能に関する幅広い知識、技術をしっかりと身につけていき、「参加活動面へのアプローチは介護福祉士こそが担うべき役割だ!」といった風潮になった時、果たして私たち療法士は生き残っていけるのか。授業を受けている中で期待や不安や責任感など様々な気持ちが入り混じりました。



しかし、今後の医療、福祉を支えていく上で介護福祉士の方々の存在はとてつもなく重要です。そんな方々の教育、育成に携われることに改めて感謝し、また自己研鑽を絶やすことなく、残りの講習会も取り組んでまいります。



授業を展開していく上で視聴覚に働きかけることの大事さを学んだので、少し写真を・・・

IMG_5263.jpg

研修会場近くの商店街。
商店街好きにはたまらない風景です。

IMG_5268.jpg

先程の商店街の中にあるお弁当屋さん。
ご飯大盛りのり弁当¥298(税込¥322)!!
(お腹減り過ぎてて写真撮るの忘れました)



最後までお読み頂き、ありがとうございました。




泉北事業所:室之園

posted by Active at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉北(室之園の)日記

がんばってまっせ10

がんばってまっせシリーズも10回目になりました。

事務所に戻り隣の「オーディナリー」をのぞくと

なにやらⅯさんが大量のシチューを慣れた手つきでくるくる。

聞くと明日からの松原マルシェの出店準備中でした。

久しぶりに今の失語症の様子を聞くと

「今も少しずつよーなってる」と笑顔

オーディナリーの笑いと会話の多い環境も良いようですね。

最近さらにⅯさんのスゴさがわかってきました。

がんばってまっせですね。ST碓井
くるくる.JPG
お時間ある方は遊びに来てくださいね
〈まつばらマルシェ〉
マルシェ.JPG
posted by Active at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | がんばってまっせ

2016年10月27日

弊社アドバイザーのリハ医による巡回指導と研修会

人材開発室のいとうです。

昨日は午後から弊社アドバイザーのリハビリテーション医の小野先生による巡回指導及び研修会でした。

新人〜3年目のリハスタッフの教育の一環で毎月1回、大阪府下の各デイサービスと訪問看護ステーションを巡回してもらい、様々なご指導を頂いています。
今回は吹田のデイサービス、訪問看護ステーションが担当です。

デイサービスの個別リハビリテーションで、リハ担当者から利用者さまの状況をリハ医の小野先生にお伝えしてから、利用者さまのリハ問診を交えてリハ内容についての直接指導を頂きました。
昨日の2症例のリハ問診では利用者さまのご家族も参加して下さいました。ご家族から日常生活での様子を伝えていただきました。

その後のフィードバックの様子。
IMG_3893.JPG
摂食・嚥下の様子を動画にて。
IMG_3894.JPG

リハ栄養学の講座
IMG_3895.JPG
この中でニートに関するお話がありました。
ニートとはNEAT、NoneExercise Activity Thermogenesisの略で、運動以外の身体活動のことです。

歩いていたり走っていたりするわけじゃない、たいした強度を伴わない活動で、1日のエネルギー消費の20%以上が消費されているという研究報告があるとのことです。

立ちながらの皿洗い等の家事や低負荷の身体活動をすることが、短時間走ったり歩いたりするより、エネルギー消費につながるということです。

NEATの考えを取り入れたトレーニングが、肥満と変形性膝関節症のある方々に朗報となり得るのかもしれません。

2症例のリハ問診、3症例のケーススタディー、訪問リハスタッフからの質問タイムと、今回もよりタイトなスケジュールにもかかわらず熱い指導をいただきました。

明日から利用者さんの支援に活かすことが出来そうです。

吹田スタッフも全員で準備してくれました。
このような機会をいただきありがとうございます。

posted by Active at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹田より

2016年10月26日

松原アクティブクラブ 〜浜寺公園〜

最近は暑かったり、寒かったり、気温は不安定ですが
アクティブは安定してアツい!

10月23日
外出目的のイベントとして浜寺公園へ遠足に行ってきました
天気は曇ってましたが、利用者さんの瞳はギラギラ
DSCN3712.JPG
DSCN3711.JPG

バラ園を散策
まだ少ししか咲いていませんでしたが、1つ1つはとても綺麗でした
DSCN3728.JPG
DSCN3759.JPG
DSCN3745.JPG

みんなで汽車に乗って…
車両ゆらゆら、表情にこにこ
DSCN3793.jpg

お昼はバイキング
お腹いっぱい。笑顔いっぱい
DSCN3806.JPG
DSCN3798.JPG
DSCN3810.JPG
DSCN3824.JPG
DSCN3821.JPG
DSCN3825.JPG

みんなでパシャリ!
DSCN3732.JPG

利用者さんからは
「楽しかったー」
「久しぶりに遠出できてよかった」
「1人だったらこんなに歩けないけど、みんなと来たからいっぱい歩けた」

このイベントが外出への一歩になればいいなと思いました

アクティブ松原一同









posted by Active at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月25日

よつば珈琲外出イベント班・・・始動!!

11月20日(日)のイベントに向けて・・・

準備として・・・

よつば珈琲へ行き・・・



PA250029.JPG

飲んで・・・


PA250033.JPG

食べて・・・


PA250031.JPG

食べつくす・・・


PA250025.JPG

充実した試食会でした!!



あ〜当日が楽しみ。


アクティブデイサービス 泉北
生活シェルパ アン・ツェリン
posted by Active at 20:39| Comment(2) | TrackBack(0) | サテライト

I want to go shopping!

こんにちは

PT平田です。
最近、少し冷たい風が吹いて
葉っぱも茶色くなってきて
すっかり秋らしい季節になってきました。
皆様、季節の変わり目で体調にお変わりはないでしょうか?...

この日は晴天で過ごしやすいお天気でした。
という事で、利用者様とお買い物に行ってきました。

1477033371918.jpg

事業所からわずか5分で着くショッピングモールです。



ショッピングモールに向かう前に
オレンジ色の実がたくさんなっている植物が目に入りました。
1477033384789.jpg


かわいらしいオレンジの実。お部屋に飾るとよさそうですね。
利用者様も気になって「かわいいね」と言ってと手を差し伸べていました。
そんな感じでのんびりとお話しながら店内をゆっくり歩きました。

1477033373398.jpg
今日のお目当ての物は便せんとお肉。
牛肉か豚肉か迷い中…
1477033382330.jpg

1477033376940.jpg

どんなものがいいかな、、、とじっくり考えながら選んでいました。

帰りは話で尽きることなく盛り上がって賑やかでした。


この時、ふと思った事は
したいことが出来るって素晴らしい事だなぁと思いました。
私もやりたいこと、またやりたいことを成し遂げるために目標を決めて
今を一生懸命頑張りたいと思います。

posted by Active at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹田より

WeeklyOrdinay

ホントに久々のブログ投稿
お久しブリブリう◯こでございます。
オーディナリー阪東どS。長らく休んでたのではなく、5月よりオーディナリー松原がスタートし8月になめだリハビリクリニック開院、9月にはオーディナリーのA型事業所化。9月末には来年7月開校のアクティブリハビリ介護福祉士実務者研修指定などなかなかいろんなことが整理できず投稿できませんでした。松原事業所の遠足イベントも無事終わり(山川さんまた報告よろしくねー)次はこれだー!
IMG_2098.PNG
10月29日(土)30日(日)に松原市で行われる松原マルシェにオーディナリーが出店するのだ。そして今日は今里、松原合同で打ち合わせ
IMG_2097.JPG
オーディナリーメンバーでは初めてのイベント参加なので不安はあるものの
IMG_2094.JPG
みんなであーやこーや言いながら
IMG_2096.JPG
試作及び試食中!
メニューは
FOOD
チキントマトシチュー
スモークピッグサンド
400
DRINK
シゼンミズ
コーラ
タンサン
アップル
ジンジャーエール
ノンアルビール
200
ALC
ハイネケン
ワイン(アカ・シロ)
300
な感じでFOODは1日100食限定です。
マッキーとくまモンといっしょに待ってるマン!
オーディナリー阪東
posted by Active at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ordinary

とにかく毎日歩き続けること

御嶽海と宝富士のサインをもらいました。
image-d981c.jpeg

御嶽海との2ショット写真。
たくさんの人に自慢して見せましたが
あっ、御嶽海!とわかってくれたのは
利用者さんおひとりだけでした。
ST水野です。

デイの右片麻痺、失語症のある利用者さん。
発症から4年ほど。

ずいぶん話せるようになってきて、
今の状況、発症時のことを
語れるようになってきました。
歩くこと、話すこと、本人も改善を感じています。

「これだけよくなったのはなぜだと思いますか」
たずねました。

「やっぱりあるくことやなあ」
「あるくことはしゅみでもないし、
やらなあかんことやとおもってる」
「しごとまでいかんけど、そんなかんじ」

デイに行く日以外は、
午前午後、数時間ずつ歩く事もあるとのこと。
こんがりと日焼けされています。
訪問中に歩いている姿を
おみかけすることもあります。

開始時に比べ、STとして感じること。
・眠そうにぼんやりとしていることが減った。
・「わからん」と話をやめてしまうことが
  無くなった。
・少し考えて話す(思い出して話す)ことが
  できるようになった。
・話していて楽しそうな表情の変化が
  見られるようになった。

意識がクリアになり
精神機能と
言語機能と
記憶力が上がり
会話が楽しめるところまできました。

公園を歩いていると
季節ごとに咲く花が目に入ってくる。
3年前は、そのときそのときで
終わってしまっていた。
今は、一昨年はこうだった、
昨年はこうだった。
比べながら見ることができる。
そんな変化も教えて下さいました。
散歩中に出会い、
ちょくちょく話をするようになった人も
いるそう。

脳血管疾患後に
年単位でゆっくりよくなっていかれる方、
いらっしゃいます。
ただし、その裏には必ず
ご本人の努力があります。

訪問やデイの時間に
頼っているだけではいけません。
自分の体やことばは
自分でよくしていくしかないと思うのです。
posted by Active at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記

2016年10月22日

第3回 あれそれカフェ開催

あれそれカフェ報告です。
前回までcafe Ordinaryで行っていましたが、今回からリハ・カフェ東成開催となっています。

今回はデイサービス新人の福西PTと新介護職の乾さん、デイスタッフ小原管理者・豊澤相談員が中心に活躍して頂きました。

準備も一緒にやりましょう!
1.jpg
2.jpg
3.jpg
これはこれでいい感じ

乾さんによる皆さんの為のあれそれ体操スタート
4.jpg
5.jpg
緊張しました!とのことですが、しゃべくりは慣れたもんでした。

お菓子作り(〜クッキー〜 大事な人への愛情込めて)
段取りはお手の物。エプロン持参の人もいてました。
6.jpg
やはり作業は熱中します。
7.jpg
8.jpg
9.jpg
男性もお菓子づくりなんてと言っていたものの、いざ作業を開始すると一番最後まで熱中して行っていました。帰るころには良い顔してたなぁ〜
11.jpg
12.jpg
自分で作ったクッキー。旦那さんへ愛を込めて大きな「ハート」 家に帰っても話題にしてくださいねー


今回は
福西PTより、デイサービスの利用者様の相談
「独居であり、今後のことで〇〇さんが認知症へ不安があると心配しています」
自宅周辺しか活動の場がなく、外出と言えば近所のコンビニまで数十Mの移動のみであり、あれそれの話をしたら〇〇さんが興味を示されたのであれそれに参加させたい!!とのこと。

デイスタッフも同意見であり、デイ利用者様も巻き込んで勧めて頂きましたが、前日まで本人様は不安な様子で参加の返答がない状況でした。

しかし・・・・・・
当日の朝 デイに1本の電話があり。「参加したいんですけど」とのこと

(実は以前デイで一度、「周りの人は元気やし、それをみるのもしんどい。デイサービス辞める」と落ち込み、サービス中止を希望。馴染みの利用者様と一緒に自宅で話を聞きに行くことがありました。)

今回、すごく楽しんでいただいたようで、次回も来たいといってくれたので、事前に連絡していたCMさんにも報告しボランティアさん等も活用し、一緒に通える場の拡大、調整を一緒に考えていきましょう。


次回のあれそれカフェは11月18日に開催します。

アクティブ今里 河井
























posted by Active at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka

出張セミナー行ってきました。

こんにちは、大正の飛永です。

今までもよく関わりがあり、お世話になっている居宅介護支援事業所の方、デイサービスのスタッフの方より
ご依頼があり

昨日、出張セミナーに
谷中PTと行ってきました。

テーマは
「疾患別のリハビリテーション」

主に、全人工股関節置換術(人工骨頭置換術も含む)後のリハビリテーションと
脳卒中の方に対してのリハビリテーションについて、谷中PTよりご説明させて頂きました。

IMG_0231.jpg

基本的なリハビリテーションはお伝えできても、
それぞれ利用者さんで、お身体の状態が違うのはもちろんですが、ご希望や想いも違います。
よって実際は疾患別で分けれず、様々な要素が加わりリハビリテーションの内容を決めていることを
お伝えしています。

こうやって
「リハビリテーション」を伝えるのは難しいですね。

一つ感じたのは
こちらが思ってる以上に
「リハビリテーションの内容を広めれていない」
ということです。

運動?趣味や活動?
単純に言えないですし、伝える量が多すぎてもわかりにくいですし。。。

これは、今後も課題ですね!!!



今回、ご参加頂いたスタッフの方々が
本当に熱心な方ばかりで、半分以上が質問タイムだったように思います。
日頃から、「ご利用者さんは何がしたいのか、何ができるのか?」をいつも考えながら
取り組まれているんだな〜と思いましたね。すごく刺激を受けました!!
ありがとうございます!!


現在、当事業所より訪問のリハビリテーションを提供させて頂いている方が
こちらのデイサービスをご利用ということもあり、
そのご利用者さんの運動や過ごし方についてもご質問がありました。

その方は股関節の手術をされていることもあり、
脱臼肢位なども含めて
どのように運動を進めていくか、器具を使っていくか、についてご提案しています。

IMG_0233.jpg

私たちがリハビリテーションを提供するのは
訪問時間のみではもちろんありません。
このように、いつも通われているデイサービスでの過ごし方についても関わっていくということは
求められていることでしょうし、それが「ご利用者さんを知る、生活を知る」ということもになると思います。

そういったことを念頭におき
今後も他事業所の方との連携を続けていこうと思います。




以上、ご報告でした。

アクティブ訪問看護ステーション サテライト大正
谷中・飛永

posted by Active at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2016年10月20日

実務者研修教員講習会〜1日目〜

どうも。室之園です。

この度、10月から12月中旬まで、社会福祉法人 キリスト教ミード社会館さん主催による「実務者研修教員講習会」という研修に参加させて頂くことになりました。
image-22f97.jpeg
そして、昨日が初回の講義だったので簡単に報告させて頂きます。



そもそも実務者研修教員講習会とは何か?



以下、「メディプラけあの学校」様より引用させて頂きました。

実務者研修教員講習会は、実務者研修の指導者を養成する厚生労働省指定の講習会です。 2015年度の介護福祉士国家試験から実務経験3年以上の受講者は「実務者研修」(最大450時間)の修了が必須となります。 実務者研修教員講習会は、「実務者研修」の専任教員及び介護過程V担当の教員の養成を目的としています。

実務者研修教員講習会の修了者は、「実務者研修:介護過程V」の指導を担当することができます。
指導方法が学べるので、後輩指導など成人教育でも活かすことができるのも魅力のひとつです。

と、あります。



この資格は指導者として後進の育成に力を注ぎたい方や、これから「実務者研修」の立ち上げを予定している企業・介護福祉施設の方々に推奨されているものだそうです。



弊社もつい先日に正式な認可がおり、来年7月より実務者研修を開講することが決まりました。



そういった経緯から今回このような講習会に参加させて頂いております。



初日の講義は介護の歴史、教育体制を整える必要になった経緯、介護現場の現状や行政の課題などを学びました。
最後にグループディスカッションを行い、教員になるにあたり、自分たちは受講者の方々に何を伝えたいかを参加者で話し合う時間を頂きました。
周りの受講者の方は施設経営者の方や、すでに初任者研修などで講師業をされている方など経験豊富な方ばかりでとても刺激的な話し合いができました。
image-caeda.jpeg
今後は授業内容を計画立案したり、ケーススタディを行ったりと非常に充実した研修になっていきそうです。

image-b7a3a.jpeg
レポート課題なども頂きました。


このブログ発信を実践の場と勝手に捉えて、少しでもわかりやすく、簡潔にお伝えできればと思っています。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

泉北事業所:室之園
posted by Active at 12:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉北(室之園の)日記

2016年10月15日

ろっかんきんを意識する

明日は、大相撲なにわ場所。
サインをもらえるチャンスがあるかも!と
色紙を用意しました。
IMG_8393.jpg
大相撲ジャーナル(図書館で借りました)を
利用者さんと見ながら
誰のサインが欲しいか盛りあがりました。
豪栄道 2票
遠藤 1票
隠岐の海 1票
宝富士 1票
逸ノ城 1票
豪風 1票
意見がわかれました。
ST水野です。


8月11日、碓井STのブログの続き。
定例ST勉強会第2弾
泉北事業所の中村STによる
呼吸の勉強会がありました。
IMG_0538.jpg

前回の下部肋骨の呼吸介助の復習と
上部肋骨の介助を教わりました。
IMG_0535.jpg

IMG_0536.jpg

呼吸介助方法は
養成校で習った記憶がありません。
働き始めてから、勉強会で学びました。

中村STの指導で
「指を骨でなく肋間筋の上に置く」ことを
初めて意識しました。

患者役として手を置かれてみて、
骨より肋間筋の方が痛みや違和感がない!と
感じられました。

介助時の手を置く位置。
力の入れ方。
力を入れる方向。

それぞれの手のくせについての助言も。
どうやら、私の場合は
親指側にばかり力が入って
手のひら、指に均等に力が加わってなかったよう。
反省…。

上部肋間筋を触るのは難しかった。
IMG_0537.jpg

相撲の話。
高安(関脇)がここ2場所ほど 
優勝争いにからみ、活躍が目立っています。
高安は稀勢の里と同じ、田子ノ浦部屋。
意識も技術も高い相手と稽古をすると
強くなれるんだなあと思います。

中村STの勉強会はそう感じさせてくれました。
次回も期待しています。 
posted by Active at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記

2016年10月12日

今月の出張料理教室便り。

出張料理人兼OTのいとうと一人暮らし修行中のPT西村です。

9月の出張料理教室便りです。
認知症の利用者さま宅、遂行機能障害のある利用者さま宅での出張料理教室は、ご家族とご本人さま、ケアマネージャーさんのご理解とご協力があり、毎週細く永く続けさせていただいています。

認知症の利用者さま宅にて。
お孫さんを含めたご家族4人分の晩ご飯作りが利用者さまの役回りです。

「手作りハンバーグステーキ」
IMG_3369-b2580.JPGIMG_3368-c5f1e.JPG
IMG_3371-cbc09.JPGIMG_3372-2e225.JPG
IMG_3373-6e400.JPGIMG_3374-f7dfc.JPG
IMG_3375-44962.JPG
しめじソテーにさっぱりとした大根おろしの和風ソースをかけました。

「ビーフン風の野菜ソーメン炒め」
IMG_3492-30c25.JPGIMG_3494-7a3cf.JPG
IMG_3498-6a950.JPGIMG_3496-4678e.JPG
IMG_3644.JPG
ご本人、ご家族さん、ケアマネージャーさん、デイケア、ショートステイの担当者さんとのサービス担当者会議を兼ねた試食会です。

料理教室は生活の中の一部、1週間のうちの時間軸のひとつに定着してきた感や心身面の安定の軸になってきた感じはあります。

週一回の料理教室でのゴハン作りがご本人さんの役割となってきていますが、料理教室以外の日の活動や役割のひとつというところまでには到達できていません。

ご家族やケアマネージャーさんのみなさんで良案を検討中です。


遂行機能障がいの利用者さま宅にて。
夫と二人分の晩ご飯作りの役回りです。
この日は「青椒肉絲」

各作業に集中し続けること、また各作業の開始と終了が難しい方です。

包丁等の操作は安全に行えます。

手順を早め早めに口頭で伝えます。それに対する反応を見ながら、間違える前に早めに模倣、手添えの順に支援します。

まずご飯を炊きます。
IMG_3438.JPGIMG_3439.JPG
洗米作業を終了して炊飯器にセットすることに切り替えが難しいため、繰り返し声かけを要します。セットした後の炊飯器のスイッチを押すことも同様です。
IMG_3442.JPGIMG_3441.JPGIMG_3440.JPG
立位姿勢の崩れにも要注意です。
IMG_3443.JPGIMG_3445.JPG
IMG_3447.JPGIMG_3446.JPG
ごま油をまわしかけたら完成です。


出張料理教室を通して、
利用者さまも私たちOT,PT,STも、お互いの持っている能力を発揮し合い、伸ばし合いを続けています。

引き続き、利用者さまの精神心理面の安定を晩ご飯作りという家庭内の役割、活動、作業を通して得られる自信や自己効力感で図ることが出来ればと模索し続けます。
ありがとうございます。
posted by Active at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹田より

2016年10月11日

通りすがりのマダムに

5年ぶりに風邪をひきました。
カフェオーディナリーの鶏塩うどん。
image-388d3.jpeg
風邪で弱ったカラダを温めてくれました。
ST水野です。

訪問で月に1回、買い物練習をしている
軽度の失語症を含めた高次脳機能障害の
利用者さん。

ご家族が、買い物用のキャリーバッグを
用意して下さいました。
先月の買い物練習の際
キャリーバッグを使用しました。

スーパーの入口で
「どうしたらいいん?」
利用者さんに聞かれました。
右手にキャリーバッグ
左手にかごを持って。

キャリーバッグはカートをのせられる
タイプではありません。
かといって、スーパーのカートを押しながら
キャリーバッグを引くのは難しすぎる!

悩んでいると
通りかかったマダムが声をかけてくれました。

「ここにのっけたらいいの。こんな風に」

キャリーバッグとカートを背中合わせにして
上手くのせておられました。

キャリーバッグのタイヤを
カートの下の台にのせてみると
のりましたが、手前に傾いてしまいます。
カートについていたS字フックに
上部のベルトを引っ掛けると安定しました。
image-0753e.jpeg

「これで1人でも大丈夫!」と利用者さん。
マダムに感謝ですね。

たまたまこのスーパーのカートでは
上手くいきました。
他のスーパーではカートの規格が違ったり
S字フックが無かったりするかもしれません。

近所にいくつかスーパーがあります。
また、試してみたいと思います。

また、一歩、買い物自立へ近づきました。
posted by Active at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記

2016年10月03日

第3回屋外イベント 〜東成〜

屋外イベント
毎回好評の屋外イベント今年もやりました!
今回は屋外で中華料理を作りました!
利用者様から
このイベントを楽しみにしていた。
イベントに行くために頑張るなどの声が聞かれていました。
利用者様15名、職員17名参加で雨が心配されましたが
テルテル坊主効果で
大炎天下となり無事に開催できました!
まずは自己紹介!参加者全員に自己紹介して頂きました!
IMG_0600.JPG
メニューは
☆飯盒炊飯、野菜スープ作り、春雨サラダ、チャーハン☆
IMG_0602.JPGIMG_0603.JPGIMG_0604.JPGIMG_0605.JPGIMG_0606.JPGIMG_0607.JPGIMG_0608.JPG
職員が横について具材を切ったりと
久しぶりの調理をした方も多数います!
去年のイベントの時よりも包丁が持ちやすくなったとの声も!
IMG_0609.JPGIMG_0610.JPGIMG_0611.JPG
IMG_0613.JPG
準備完成です!皆さんいい顔しています!
IMG_0615.JPGIMG_0612.JPGIMG_0614.JPGIMG_0616.JPG
無事に完成しました!
いただきますの挨拶は利用者様から!
IMG_0617.JPGIMG_0625.JPG
大変おいしくいただきました!
IMG_0618.JPGIMG_0620.JPG
最後は恒例の大合唱です!
IMG_0621.JPG
お疲れ様でした!!
IMG_0622.JPG

無事に終わりホッとしました。
毎回イベントごとに利用者様のいろいろな顔が見れ
楽しかった!もう一度行きたい!
とアクティブな声が聞け我々もうれしくなりました。
準備と当日にかかわったスタッフ、参加できなかったスタッフも
このイベントに向け利用者様の評価や準備などを行いました!
本当にお疲れ様でした。
屋外イベントは職員と利用者様が一体になれると改めて感じました!

アクティブ大阪 一同


















posted by Active at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka