2017年03月17日

春告魚いかなご 〜くぎ煮作り〜

心意気実践チームのOTいとうです。

今日の夕方は、
訪問リハ利用者T様宅にて、
IMG_5665.JPG
今が旬のくぎ煮作りを教えていただきました。

まず利用者さまが生姜を千切りに。
IMG_5639.JPGIMG_5641.JPGIMG_5642.JPGIMG_5643.JPGIMG_5644.JPGIMG_5645.JPG

醤油250ml、お酒150ml、みりん150mlの各調味料を計量。
IMG_5650.JPGIMG_5651.JPGIMG_5652.JPG

ざらめ230gを鍋に入れます。
IMG_5653.JPGIMG_5654.JPG

水洗いしたたった今届いたばかりの新鮮ないかなご。
IMG_5655.JPG

煮立たてます。
IMG_5656.JPGIMG_5657.JPGIMG_5659.JPG

旦那さまが煮立たせた調味料にいかなご1kgを投入します。
IMG_5661.JPGIMG_5660.JPG

アルミホイルで落とし蓋をしてさらに強火で30分くらい汁気が無くなるまで煮ます。
鍋を振って残り汁をからめます。
IMG_5662.JPG

完成!
IMG_5665-d0850.JPG
IMG_5663.JPG
利用者T様ご夫婦に旬の味を教えていただきました。

くぎ煮以外に新生姜の酢漬けやらっきょう漬け、お節料理等、季節のお料理をご夫婦で作っておられます。

日頃のお料理も旬の食材を使い、食の愉しみを日々の暮らしのなかに取り入れておられます。

ご病気や障がいのため、今までご夫婦の中での家事の役割分担をされてきました。

ここ数カ月はご病気の進行に伴い、主婦の利用者様は家庭内での家事の役割を失ないつつありました。

でも先週の訪問時のくぎ煮作りのことを話している時や、今日は実際の作業の中でさらに利用者様の”やるぞ〜”という心意気と行動、成果を見せていただきました。

味見で頂いた作り立てのくぎ煮。
旨かった〜
めっちゃご飯といっしょに食べたかった〜
今日はありがとうございます。


アクティブ心意気実践チームは、利用者さまに、ご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。 

引き続きご家族さま、ケアマネージャーさんともさらに連携を深めて、お料理等の家庭内での役割の獲得等の活動と参加を支援します。
posted by Active at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

この日の男の出張料理教室。

IMG_5621.JPG
若鶏とカリフラワーのトマト煮!

出張料理人兼OTのいとうです。

今朝は9時過ぎから、右片麻痺で失語症の男性利用者さま(脳出血発症から2年以上経過)宅での訪問リハによる”男の出張料理教室”です。

お昼や晩ご飯作りをこれからの家庭内での役割として果たすことが、当面の目標となっています。今日は昼ごはん作りです。

今日のメニューは…
「若鶏とカリフラワーのトマト煮」
材料は毎回ご家族が揃えて下さいます。
今回は鶏肉のカット、カリフラワーのカット等の下準備をご家族がして下さっていました。
毎回、スムーズにお料理ができる大きな要因です。
本当にいつもありがとうございます。

ベランダの家庭菜園の水菜も今日の食材です。
IMG_5605.JPG
いざ出陣…
IMG_5607.JPG

これくらいであれば釘で固定せずにカットされます。
IMG_5608.JPG

鶏肉に下味をつけて小麦粉をうすくまぶします。
IMG_5609.JPGIMG_5610.JPG

トングの使ってのお肉をひっくり返す作業も手早くなってきました。
IMG_5612.JPGIMG_5611.JPG

カリフラワー投入!
IMG_5613.JPGIMG_5614.JPG

いつもの丁寧な手つきで炒めておられます。
IMG_5615.JPG

カットトマト缶を1缶入れて煮込みます。
IMG_5616.JPGIMG_5617.JPG

蓋をして煮込みを待ってる時間に、待ちきれない様子でいつもモゾモゾされてます。
IMG_5619.JPG

煮込みましたー
IMG_5621-d395d.JPG

「ん〜、まだまだ…」と繰り返し味見をして、自ら味の微調整をされている様子です。
IMG_5623.JPGIMG_5622.JPG

仕上げにチーズを投入!
IMG_5624.JPG

「む…うまい。」と満足顔です。
IMG_5626.JPG

自家菜園の刻んだ水菜をかけて完成!
IMG_5628.JPG
「若鶏とカリフラワーのトマト煮」
調理時間は約25分。
いつもより時間短縮は、ご家族の下準備のおかげです。ありがとうございます。

ここ数回の教本です。
IMG_5602.JPGIMG_5604.JPG
短時間で作れるメニューを多く掲載しているヘルシーな鶏肉料理本です。

これからのお料理道のお愉しみ教本です。
IMG_5603.JPG
作るのにひと手間と時間を要する職人向けの料理本です。
ご夫婦お二人で時間をかけながら作る愉しみ、食べる愉しみをくすぶるネタになればと思います。

利用者さまは、お料理の各手順ごとにこちらから簡単な声かけをすることだけで、ほとんど間違いなく各動作が可能になってこられています。

料理という活動の中で利用者さまが、何度も失語症と失行症を乗り越える瞬間を見ました。
その度にまだまだ良くなられるとわたしも感じる幸せな瞬間でもあります。
そんなステキな場に居させていただきいつもありがとうございます。


アクティブ心意気実践チームは、利用者さまに、ご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。 

引き続きご家族さま、ケアマネージャーさんともさらに連携を深めて、お料理の自立と家庭内での役割の獲得を支援します。
posted by Active at 20:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

卒業は延期しましょう

4連敗の豪栄道、今日から休場。
足首の怪我が心配です。
ST水野です。

先日、近所の薬局に併設の
介護用品のお店をのぞきました。

嚥下食の種類が豊富なこと。
image-020bd.jpeg
バラで1個から買えるのが
ありがたいですね。

口腔ケア用品も
なかなかの品ぞろえ。
image-819be.jpeg
口腔ケアウェッティーを
使っていた利用者さんが
拭いた後、口の中がすーっとして
気持ちいいと言われていたのを
思い出しました。


2014年6月30日
2015年2月10日
2015年5月9日
2015年6月19日
2015年12月11日
2016年3月11日
2016年9月30日に書きました
嚥下障害の利用者さん。

実は、入院されていました。

昨年末、専門学校の授業のために
ビデオ撮影を依頼。
快く協力いただきました。
順調そのものに見えました。

その翌々日、
ケアマネージャーさんから連絡。
入院されたとのこと。

2か月入院と聞いていましたが
数週間で退院されました。

退院明けの訪問日、
笑顔で「元気になりました」と
言われたものの、
少しぼんやりとされ
反応までの時間がゆっくりでした。

飲み込みは、咀嚼がほぼなく、
舌と上あごで食べ物を押しつぶして
そのまま力を入れて飲んでいる様子。

入院中、ミキサー食を食べ続けた影響で
また咀嚼を忘れてしまったようです。

卒業を見越して
入院前はSTの頻度を
月1回に減らしていました。
退院後、ご家族が月2回を希望され
ケアマネージャさんと相談し、
月2回に戻すことになりました。

退院から時間がたち
ぼんやりしていた状態から
徐々に抜け出してきました。

よく笑い、よく話し、
よく食べておられます。

長い訪問期間のなかで
初めての入院でした。
心配した程の影響がなくて
よかったです。

卒業は少し先になりそうです。
咀嚼練習にもう一度
挑戦していきたいと思います。
posted by Active at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記