2017年12月08日

アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修スクーリング11

心意気実践チームのいとう、室之園です

今日の午後は実務者研修スクーリング11回目です。

この日は個別のケースの介護計画立案と12/22の介護計画発表会に向けたサポート会です。
IMG_20171208_174649.jpg
三好春樹先生の金言から学びます。
IMG_20171208_141118.jpgIMG_20171208_141034.jpg

▼前回のスクーリングの様子はこちら↓

▼アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修の記事はこちら


参加者のみなさんが勤務時間の合間を縫って、各事業所の利用者さまから大量の貴重な情報を聴取してくれています。

その情報をもとに整理・統合・解釈を進める個人ワークの時間です。
IMG_20171208_151356.jpgIMG_20171208_151431.jpg
IMG_20171208_151445.jpg
ケースの個別性を重視したテーラーメイドな介護計画になりそうな予感です。

どんどん熱を帯びる個別指導・相談です。
IMG_20171208_155840.jpgIMG_20171208_162816.jpg
IMG_20171208_140446.jpg
これからは各自で介護計画発表会に向けた自宅ワークです。

次回は12/17日曜日の医療的ケアの演習です。主な内容はかく痰・吸引、経管栄養、救急蘇生法の演習です。

あと残り少ない時間ですがみんなで勉強です。

この日の男の出張料理教室。

IMG_20171208_105145.jpg
今日のメニューは「ヘルシー回鍋肉」

今日は朝から右片麻痺と失語症のある利用者さま宅での料理リハビリテーションです。

ご家族の奥さまとのお昼ごはん作り、お孫さんの塾弁作りがこの日の役割となります。

この日も事前にご家族さまにより、食材準備や下処理をしていただきスムーズに料理リハができます。いつもありがとうございます。
IMG_20171208_102554.jpgIMG_20171208_102535.jpg
IMG_20171208_102542.jpg
前回の男の出張料理教室はこちら↓


新聞の切り抜きのレシピを一緒に確認しながら…
まずはキャベツのカットから。
IMG_20171208_102635.jpgIMG_20171208_102738.jpg
次は白葱のカット。
IMG_20171208_102923.jpgIMG_20171208_102933.jpg

次はピーマンのカット。
IMG_20171208_103113.jpgIMG_20171208_103144-af40d.jpg
包丁操作がさらに巧みになっておられます。

合わせ調味料の配合作業です。
IMG_20171208_103320-9ecda.jpgIMG_20171208_103406-b2056.jpg
IMG_20171208_103423-db31b.jpgIMG_20171208_103608-284ef.jpg
包丁作業から合わせ調味料の配合作業の切り換わる場面で、"次何するの?"、"どうするの?"という反応や気だけが早るような反応の失行症状の残存が見受けられます。
そのタイミングで声かけや指差し確認することでスムーズに作業が可能になります。

刻み生姜とニンニクを炒めます。
IMG_20171208_103736.jpgIMG_20171208_103821.jpg

下茹でで余分な脂を取った豚肉を炒めます。
IMG_20171208_103911.jpg
IMG_20171208_104050.jpgIMG_20171208_104056.jpg
鼻唄を歌いながらの作業で余裕があります。

次は大量の野菜を炒めます。
IMG_20171208_104306.jpg

豚肉を合わせて炒めます。
IMG_20171208_104604.jpgIMG_20171208_104612.jpg

特製の合わせ調味料を入れてさらに炒めます。
IMG_20171208_104737.jpg
さらに自分自身の舌で味を確認します。調味料を合わせて味を整えておられます。
IMG_20171208_104851.jpg

「んまっ」の連発です。
IMG_20171208_104818.jpgIMG_20171208_104821.jpg

完成です。
IMG_20171208_104915.jpg
最後まで一生懸命です。
IMG_20171208_104940.jpg

IMG_20171208_105210.jpg
ヘルシー回鍋肉は優しいお味です。
IMG_20171208_105145-842f6.jpg
お孫さんの塾弁の評価が気になるところです。

引き続きご家族さま、ケアマネージャーさんとさらに連携を深めて、お料理の自立を支援します。

アクティブ心意気実践チームは、利用者さまに、ご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 13:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム