2017年12月15日

新しい趣味を!7

訪問先でケアマネージャーさんに
お会いしました。
今年初めて
「よいお年を!」と
ごあいさつを交わしました。
もうそんな時季ですね。
ST水野です。


2017年11月22日に書いた
木の実のリース。
http://active-nopsj.sblo.jp/category/4215126-1.html

リボンをつけて完成しました。
image-e722d.jpeg
玄関の入ったところに
吊り下げて下さっています。
かわいく仕上がりました。


別の失語症・右片麻痺の
利用者さんからも
どんぐりでストラップが作りたい
松ぼっくりでリースもいい
と相談されました。
回復期病院に入院中に
作業療法で作ったことがあるそうです。

利用者さんが
近くの公園で拾えたのは
大きめのどんぐり一種類。
「ほかにひろえるばしょがない」
と言われました。
わが家の松ぼっくりとどんぐりを
たくさんお届けしていました。

昨日、久しぶりの訪問だったのですが
「みて!」と渡されたのがこちら。
image-d8bfb.jpeg
ゴージャスなリースに
仕上がっていました。
枠は100円ショップで買い
木の実をスプレーペンキで着色、
接着剤でつけたとのこと。

ストラップも
いろんな形のものを作っていました。
image-08ddc.jpeg

「左手だけだと難しくないですか?」と
たずねると
「ううん」と首を振られました。

「こうやってみぎてで
ちょっとつかんでおくとかできる。
これもれんしゅう!」
にこっと笑って
お話しされました。

その効果か右手の機能も
徐々に上がってきているようです。

この方は以前に
http://active-nopsj.sblo.jp/article/179044161.html
チョコレートケーキを下さった方です。

今回も
「まめですね」と声をかけると
「ひまだからね」と
同じ答えが返ってきました。

からだも、ことばも
病気の前とは大きく変わっています。
いくら時間がたくさんあっても
その時間を有意義に使うことは
簡単なことではありません。

不自由さがあっても
工夫して、楽しむ。
とても素敵ですね。続きを読む
posted by Active at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記

寒中見舞いを出したいわァ。

IMG_20171214_134630.jpg
「寒中見舞いを出したいわァ。」
先週お伺いした訪問先のパーキンソン病の利用者さまからのひと言でした。

元々、縫い物や手工芸がかなりお好きな方ですが、細かな作業はご病気の影響もありすぐに疲れてしまうようで、最近はあまり手工芸はされていませんでした。

この機会を逃すまいと、わたしからの提案で、
「じゃ来週消しゴム版画を一緒に作りましょう。」
「それをハガキに押してください。」
ということに…

もう一人の訪問担当のPT堀本さんに図案と寒中見舞いの文章例選びをお願いして、利用者さま希望の図案と文章例が決定。

そして迎えた昨日の訪問…
「彫刻刀なんか使ったことないから無理やわァ、こわいわァ」
と話されていましたが、わたしが書いた来年の干支の犬の図案を一緒に彫刻刀で彫りました。

立ってから渾身の試し押印!
IMG_20171214_134024.jpg

何度かしましたがなかなか上手くいきません。
IMG_20171214_134037.jpg

ハガキの下に台を敷いて、もう一度渾身の押印!
IMG_20171214_134239.jpg

やった〜!
IMG_20171214_134248.jpg
ナイスな仕上がり。
満開の笑顔でハイタッチです!

利用者さまのお好みに合ったようで満足度の高い仕上がりでした。
IMG_20171214_134330.jpg

来週はこの日も同行してくれたPT西村さんが出張のわたしの代わりに、一緒に押印作業と寒中見舞いの文章書き作業の予定です。

年末年始に向けて、作業の合間に関節可動域訓練やマッサージやリラクゼーションもいれながら少しずつ作業を進めます。

アクティブ心意気実践チームは、利用者さまに、ご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム