2019年04月25日

アクティブクラブ 〜日本庭園と大仙公園で花見と散策〜


急に寒くなり冬服を戻したら、今度は一気に暖かくなってしまいましたね。

堺OTの蠟野です。

4月5日(金)に実施したアクティブクラブの報告をさせていただきます。
今回のアクティブクラブは例年と違う点が少しですがあります。

・企画準備をS氏とY氏2名の方に参加者に手伝って頂きました。

・始めての金曜日に企画させて頂きました。


手伝って頂くきっかけとなったのは、S氏は以前よりイベント事に対して「毎月やってほしい」等、意欲的な発言はあるものの、自身から何かを企画し実行に移す事は無い方でした。知花STが声掛けをして頂き一緒にするなら、という形で了承して頂きました。Y氏はデイの事を自分以上によく知っており、参加者の力になれればとの事から引き受けてくれました。


実際にデイ利用者から回収したアンケートを下に蠟野OT、知花ST、S氏、Y氏で集まり話し合いをしました。
S氏とY氏は身体能力が対照的で、S氏の「遠出がしたい」に対してY氏は「車椅子だから遠くだと、手伝ってくれるスタッフに気を使う。足腰の悪い人は遠出はしんどいのでは」等、双方が話し合いより多くの方が楽しめるのではとの思いから、大仙公園、日本庭園での花見、散策開催に至りました。



金曜日の昼ということもあり、大仙公園は人がいっぱい来られていました。
全員集合し、みんなで日本庭園に移動開始します。
CIMG3113.JPG

前日より「明日は楽しみ」と話されていたS氏。頑張って歩かれていました。

CIMG3112.JPG
今日の為に、歩行器での移動の練習したO氏と新人の山脇OT!後日、「すごく良かった。」等の感想を頂きました。また、歩行器を使用して「夫と一緒に休憩しながら45分散歩した」など生活面でも変化が!


日本庭園に到着し、休憩しながらお茶菓子をみんなで食べました。
IMG_2666.JPG

CIMG3124.JPG


CIMG3123.JPG
皆さん美味しそうに食べていました。

休憩中にO氏より、じゃんけん大会をして頂きました。自身で企画していたとの事で、自作した作品をプレゼントしていました。
CIMG3119.JPG


休憩後は自由時間として、日本庭園を散策される方、大仙公園の桜街道へ散策に行かれる方に別れ行動しました。
IMG_2616.JPGIMG_2615.JPG
日本庭園内は桜などは無いですが、綺麗な景色が多く見られました。

IMG_2614.JPG
この日に自分が担当していたF氏は以前はキャリーバッグ方の物を使用し、移動されていました。円背もありキャリー式の物では長距離を歩く事が大変との事から、歩行器を提案し利用に至りましたが、生活での使用される機会は少ない方でした。
今回休憩をはさみながら、1時間程歩かれました。その後「行けてなかった眼科行ってみるわ」等の発言も聞かれました。


桜を見に行かれた方は多く、皆さん「すごくよかった」と後日話されていました。
CIMG3130.JPG



CIMG3140.JPG
枝垂れ桜すごく綺麗ですね。写真越しでも凄かったのが分かります!

IMG_2672.JPG
ずっと楽しみにしていたO氏も自身で持ってきた携帯で写真を取られていました。
今日の日の為に歩行器で屋外歩行訓練を頑張っており、徐々に歩行距離も伸びてきていました。今回のイベントで自信を付けたのか後日、行けていなかったスーパーへ買い物に行かれるなど生活面でも変化がありました。

最後はみんなで集合し無事に帰りました。
IMG_2665.JPG


色々と課題はありましたが、皆さんの協力を得て怪我無く無事に終える事ができました。

忙しい中、応援に来ていただいた松原の油谷さん、池内さん本当にありがとうございました。

今回のイベントを通じて何かを変えるきっかけになった方、この経験が生活や歩行への自信に繋がった方が一人でもいると良いなと思いました。
CIMG3114.JPG


posted by Active at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 堺デイ

阪奈中央リハビリテーション専門学校に行ってきました

みなさんこんにちは、心意気実践チームのOT日野上(ひのがみ)・伊藤です。

今回は、阪奈中央リハビリテーション専門学校で地域作業療法学の講師をしてきました。
IMG_20190424_145253-0ede4.jpg

学生の方々を対象にして講義をするのは初めてだったので、「どんな反応があるんかなぁ」と楽しみにして臨みましたが、やはり実習で出会う緊張した姿とは違い、笑顔で時折うなずきなどの反応を示してくれたりとリラックスした姿を見る事が出来たことが一番の収穫だったように感じます。

実習では学生の緊張をどうやってほぐしていこうかと考えて対応する所からスタートするのが、すでにほぐれきっている所からスタートできるという、学生時代は自分もそうだったのでしょうが、なぜか新鮮な気分になりました。

そして講義です。
IMG_20190424_145214.jpg
リハビリテーション専門職として「なぜ→なぜ→なぜ」と問題を追及し身体機能面を深く掘り下げ考える思考過程は非常に大切な事だと思いますが、リハビリテーション専門職である作業療法士、特に地域での作業療法士と考えた時には、生活に焦点を合わせる必要があるのではないかということを伝えてきました。

一つの例として、作業療法においては注意機能や遂行機能の向上などを目的に治療の一環として「将棋」を行う事があります。

しかし、地域で活動する弊社アクティブでは将棋を「将棋大会」にしてしまいます。

すると何が起こるのか?

将棋大会、ですから多くの人が集まります。

そのような場所に「参加」するためには、ご飯を食べてトイレに行き、身だしなみを整えて家から会場まで移動するといった「活動」が必要になります。

さらに、将棋大会で「勝ちたい!」と思う方は、将棋が生活の中での自主トレ、になるわけです。

急性期や回復期といった医療の分野では治療としての将棋の方が比重としては求められると思いますが、地域リハビリテーションや地域作業療法という視点においては、いきいきとした生活を送るための将棋、勝ち負けを通しての楽しみとなる将棋、こういったことが作業療法士の視点として大切であり、この積み重ねが生活ではないかと講義をしてきました。
IMG_20190424_145351.jpg

最後に、学生の皆さんは90分という長い講義にも関わらず最後まで話を聞いて下さり、終了時には質問に来てくれたりと楽しい時間を過ごすことが出来ました。ありがとうございました。

また、このような体験をさせて頂き、講義の合間に絶妙な合いの手、フォローを入れて下さった伊藤OTに感謝いたします。
ありがとうございました。
IMG_20190424_145501-43c6f.jpg
数々のアクティブクラブ(弊社独自の活動参加サービス)から抜粋↓

「そうめん流し大会」
IMG_20190424_151820-07c89.jpg

ゴルフクラブ「フェニックス」
IMG_20190424_152047-00024.jpg
▼ゴルフイベントはこちら↓
▼大阪障がい者ゴルフチームフェニックスの充実の公式HPはこちら↓

▼「野球大会」はこちら↓

▼「料理☓お花☓カフェ」はこちら↓

▼「花見」はこちら↓

▼「失語症者の集い」はこちら↓
らふとーく
1cafe(いちカフェ)

講義参加いとうより)
IMG_20190424_145239.jpg
講義ありがとうございます。
短い期間での準備にもかかわらず、しっかり事前準備して講義に気合い満々で挑んだ日野上さんでした。
入社して4ヵ月しか経っていない日野上さんからにしか見えないアクティブ独自の強みを今回の講義で再確認することができました。
講義が終わって、学生さんから「今までで一番面白い外部講師の講義でした」。と言われていました。スゴいことです。
地域や生活期、在宅分野での就職・勤務を考えている学生さんが増えていることも確認でき心強い限りです。見学お待ちしています!
続きを読む
posted by Active at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム