2019年06月10日

ともに行う調理。

IMG_20190610_172332.jpg
今夜のメニューは「小松菜のツナ炒め」


ともに行う訪問介護事業所の介護福祉士・作業療法士いとうです。

この日の最後の時間は、記憶障害等の高次脳機能障害と右手指に拘縮のある利用者様宅です。

訪問リハビリテーションを終えてから身体介護による自立生活支援の見守り的援助"ともに行う調理"です。


小松菜のカットです。
IMG_20190610_165927.jpgIMG_20190610_170116.jpg

炒めます。
IMG_20190610_171636.jpg

ツナ缶を開ける動作もスムーズになってきています。
IMG_20190610_171839.jpgIMG_20190610_171843.jpg
IMG_20190610_171846.jpg

ツナとほんだしを少し入れて炒め合わせます。
IMG_20190610_172042.jpg

完成!
IMG_20190610_172332-fef22.jpg


もう一品は…
IMG_20190610_170407.jpg

しめじを炒めます。
IMG_20190610_170927.jpg

炒め終えたら容器に移します。
IMG_20190610_171258-1579b.jpg
ポン酢と七味唐辛子を入れて混ぜ合わます。

「しめじのポン酢マリネ」完成!
IMG_20190610_171519-db960.jpg

試食の際に、
「うめえ」。
「うめえわ、コレ」。
と満足げな表情で繰り返されていました。

「もう少し小さい鍋やフライパンがあってもイイねぇ」。と利用者様。

最小限の調理器具を少しづつ買い揃えることになりました。

冷蔵庫の中には今週新たに買い足しておられたアボカドがありました。

何度か"ともに行う調理"で使った食材です。

「コレ美味いんだよねぇ」。
と、元々食べたことがなかったアボカドでしたが、好物となったようで、自分なりに調理して食べておられています。

アボカド以外には、買い足した食材はなく、買い置きをご自分でセーブされているようです。


ともに行う訪問介護事業所は、身体介護による見守り的援助"ともに行う"で利用者様の自立生活支援をサポートします。