2019年08月05日

ともに行う調理。

IMG_20190805_172714.jpg
今夜のメニューは「ブロッコリーの刻み塩昆布和え」と「エリンギの柚子胡椒炒め」


ともに行う訪問介護事業所の介護福祉士・作業療法士いとうです。

この日の最後の時間は、記憶障害等の高次脳機能障害と右手指に拘縮のある利用者様宅です。

訪問リハビリテーションを終えてから身体介護による自立生活支援の見守り的援助"ともに行う調理"です。

先週に確認していた今夜のメニューは「ゴーヤーチャンプルー&ゴーヤツナサラダ&ゴーヤの中綿のすまし汁」でした。残念ながらゴーヤを買い忘れたとのことです。スーパーでゴーヤを買い忘れたことは、「買い忘れっちゃったよゥ〜」と、買い忘れたことをご自身で覚えておられました。

ということで、冷蔵庫の中にあったきれいなブロッコリーを使うことになりました。
IMG_20190805_164252.jpg

ブロッコリーを右手でちぎる動作もいいリハビリになります。
IMG_20190805_164911.jpg
「指先に力が入るようになってきてるよゥ」
と、笑顔の利用者さま。

塩を加えて茹でます。
IMG_20190805_165439.jpg

茎の部分をお箸で刺して茹で加減を確認してからザルにあげます。
IMG_20190805_170157.jpg

醤油を大さじ2と、
IMG_20190805_171559.jpg

ゴマ油を回しかけます。
IMG_20190805_171659.jpg
随分前から冷蔵庫に残っていた刻み塩昆布を適量加えます。。
IMG_20190805_171724.jpg

煎りゴマを加えてしっかりと混ぜ合わます。
IMG_20190805_171757.jpg

完成!
IMG_20190805_172721.jpg

こちらも随分前から冷蔵庫に残っていたエリンギ。
IMG_20190805_165138.jpg

「こうやって切ったらいいかなァ?」
と、言いながらカット作業をご自身で進めていくことができておられます。
IMG_20190805_165408.jpgIMG_20190805_165717.jpg
油を中華鍋にひきます。
IMG_20190805_170728.jpgIMG_20190805_170733.jpg
しっかりとした安定性のあるグリップで右手首を捻りながら、中華鍋にまんべんなく油をひきます。

塩、こしょうをふって炒めます。
IMG_20190805_170943.jpg

娘さんからもらったという柚子胡椒とポン酢を味付けに使います。
IMG_20190805_171225.jpg

しっかり混ぜ合わて味をなじませます。
IMG_20190805_171322.jpgIMG_20190805_171404.jpg

完成!
IMG_20190805_172753.jpg

右手指の機能維持、向上と包丁操作の向上が見られ、8月からは訪問リハビリテーションの回数を漸減していくことになっています。

ともに行う訪問介護事業所は、身体介護による見守り的援助"ともに行う"で利用者様の自立生活支援をサポートします。