2019年11月14日

男のゴルフ道。

心意気実践チームのいとうです。

右片麻痺と失語症を呈されている訪問リハビリテーション利用者の村上さんです。
IMG_20191114_151448.jpg
「男の出張料理教室」でたびたび本ブログにてご紹介させていただきました。
▼その時の様子はこちら↓

現在、料理教室は一旦修了され、料理は奥さまとしておられます。

短下肢装具を作り直しての屋外歩行距離の延長とさらなる歩行能力、自立度の向上を図っているところです。

そのなかで、見かけた公園でグランドゴルフを愉しむ高齢者の姿。

「楽しそうダネ」
「やってみたいネ」
ということでパターゴルフをやってみることに…

パターを打ちます。
IMG_20191114_151514.jpgIMG_20191114_151531.jpg
どんどん打ち込みます。

パターを杖がわりに歩くのは初めてです。
そのためか麻痺側の右足首痛が出現してしまい、少し休憩。

杖より少し低い慣れないパターを杖替わりにしたためか、非麻痺側下肢への荷重が多くなり、右足首の痙縮が高まり右足首痛につながったのかと考えました。

過去の階段昇降練習でも頑張り過ぎた時に同じような右足首痛が出現していました。

そこで右下肢への体重シフトを促す立位姿勢の修正と両膝を少し曲げてパターするように確認しました。
移動、歩行時はパターからいつもの杖に持ち替えて。
IMG_20191114_151734.jpgIMG_20191114_152831.jpg

すると、右足首痛は無くなりどんどんと力強いパターが可能に!
IMG_20191114_152919.jpgIMG_20191114_152936-fbf48.jpg

20分ほどでしたがパターゴルフを終えて…
いつもの屋外歩行よりも爽やかな笑顔です!
IMG_20191114_153135.jpgIMG_20191114_153149.jpg
通所されている弊社デイサービスでも、自ら会話されることも増えているとのことです。

留まることなく今も良くなられています。


アクティブ心意気実践チームは、利用者さまの自立支援、重度化防止、QOL向上に資するご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

(ともに行なう訪問介護事業所ポスター発表分)リハビリテーション・ケア研究大会2019金沢

ともに行なう訪問介護事業所のいとうです。

11/21,22に金沢でのリハケア学会にて、ともに行なう訪問介護事業所での取り組みをケースを通して報告します。
後日、ブログにて参加報告させてください。