2020年06月10日

2020-2021アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修。社内受講生募集中です!

心意気実践チーム
いとう、日野上、室之園です。



弊社の介護福祉士実務者研修開講の時期が近づいてきました。

これまでは6月開講でしたが次年度(2020-2021年)はグローバルスタンダードでもある、

2020年9月開講を予定しています。

そこで次年度の社内受講生を募集します!
▼詳細はこちら↓
実務者研修2020-2021案内フライヤー.pdf


本研修も早いもので四年目を迎えることができました。
▼実務者研修会↓

本研修を通してこれまで8名のケア職の方々とOT1名の計9名を介護福祉士として社内育成することができました。
▼アクティブケアと外出等の自費サービスてくてぃぶ
てくてぃぶとアクティブケア.pdf

OT1名がともに行なう訪問介護事業所で、介護福祉士として、見守り的援助"ともに行なう家事"による自立生活支援に関わらせていただいています。
▼ともに行なう訪問介護事業所の取り組み↓
http://active-nopsj.sblo.jp/s/category/4508885-1.html

(広報用)ともに行う訪問介護事業所.pdf
多様な働き方の可能性が拡がります。


今年度も介護職だけでなく新卒者〜3年目、中途入社の療法士の社内研修としても活用してもらえるよう内容・日程等を調整しているところです。


この回だけというスポット参加も可能です。

まだ試験的ではありますが、今年度からはオンラインによる受講も検討しています。

なのでこれまで遠方だからという理由や日程調整が難しかった方にも参加しやすくなるのではないかと感じています。

詳細は以下の研修案内のフライヤーをご確認ください。

内容・日程の確認や参加に関する相談は、各事業所の責任者もしくは心意気実践チームまでお問合せください。
本研修会の企画運営を担う心意気実践チーム)

松原法人:OT日野上(ひのがみ:松原)、OT・介護福祉士室之園(むろのぞの:泉北)、阪東
大阪法人:OT・介護福祉士・調理師伊藤(吹田)


▼詳細はこちら↓
実務者研修2020-2021案内フライヤー.pdf

なお、さらに詳細な研修スケジュール・シラバスは追って案内させてください。

続 男のゴルフ道。フロー概念・ゾーンと目標設定。


心意気実践チーム・人材開発室のいとうです。

パターゴルフ再開!
IMG_0607-71775.HEICIMG_0605-b2ce6.HEIC
パンデミックにより学校閉鎖で子ども達が公園に溢れるようになって、今年2月からパターゴルフを休止していました。


序盤は力んでダフりまくっておられました。
IMG_0609-93033.HEIC
IMG_0608-52dcf.HEIC
IMG_0612-ad42f.HEIC
徐々にしっかりとボールをとらえるようになっておられました。
いつもの集中、没頭、そして笑顔。


パターゴルフ休止期間中は、みっちり屋外歩行練習&タイムトライアル、神社の鳥居の階段昇降練習を30分以上、週2回続けていました。

当初は歩行時の徒手的な介助なしでは、歩行・立位姿勢の非対称性が強まり、右つま先の引っかかりも増す下肢の伸展パターンがありました。

少しずつ歩行介助を減らしたり増やしたりしながら、ご自身で歩行・立位姿勢の自己修整を促すために動画や静止画を見せたり、歩行時に止まった中で姿勢の偏位をご自身で確認と修整の機会を意図的に作ることを繰り返しました。
そして、毎回決まった場所までの歩行をタイム測定しました。

これにより、はじめはタイムには無関心の様子でしたが、最近では村上さん自ら歩行終了後に身を乗り出して、
「なんぼ?」
と、タイムを確認されるようになりました。
歩行中もほとんど立ち止まることが、なくなって集中して歩かれています。

屋外歩行時の介助はほぼなくなり、声掛けのみでの立位姿勢の自己修整ができつつあります。

立位姿勢の左右対称性や歩行の安全性、安定性が増し、歩行スピード、歩行効率の改善を続けておられます。

ご自宅前から神社までの屋外歩行は、介助ありでも28分以上を要していました。今では、歩行介助なしでも21〜24分台!

今まさに回復期。

▼屋外歩行練習の様子↓


最後は丁寧にナイスパット。
IMG_0613.HEIC
ご自宅でも妻とのズボンの着脱練習を継続され、ご自身で着脱可能となっておられます。

村上さん、改善、向上、進化が止まりません。


▼パターゴルフとフロー概念・ゾーン

屋外歩行やパターゴルフ時の集中、無我夢中さ。

心理学の言葉にするとまさにフロー状態。

そしてスポーツ心理学の世界でいうゾーンに入っておられます。

フロー概念を提唱した心理学・経営学者ミハイ・チクセントミハイ氏によると、

少し手を伸ばせば届きそうなくらいのスキルに見合った目標に自分自身が主体的となり変えていくことが、フロー体験し成長を続けるには必要としています。

現在の村上さんのパターゴルフへのチャレンジは、フロー状態に必要とされる"挑戦と能力が釣り合っている"状況です。

利用者さまとの目標設定においても大切な視点です。

そしてわたしたちの仕事、人生でも同じことがいえると思います。
IMG_0664.PNG
「旅レンズ」HPより


アクティブ心意気実践チームは、利用者さまの自立支援、重度化防止、QOL向上に資するご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 09:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

げんてん 〜「なぜ」から振り返り、感染対策におけるリハビリの価値や手段の本質を見極める〜

アクティブ大正事業所責任者の理学療法士の飛永です。
今後も徹底した感染対策が求められている中、こういう状況だからこそ、株式会社アクティブの理念である「基本に戻ること」を大正事業所所属の療法士間で行いました。


【げんてん】
スライド1.JPG


スライド2.JPG

なぜ〇〇の支援をしていたのかを各職種の強みの部分を活かし、振り返る機会をつくりました。

スライド3.JPG


【各タイトルと担当者】

外出:谷中PT
会話:藤本ST
集団活動:谷川OT
近い身体距離:坂口PT
接触:土肥PT
趣味活動、社会参加:城平OT
自己研鑚、新人教育:春木PT




げんてん (外出)谷中PT.jpg


げんてん (外出)谷中PT (1).jpg

げんてん (外出)谷中PT (2).jpg

げんてん (外出)谷中PT (3).jpg

げんてん (外出)谷中PT (4).jpg
げんてん (外出)谷中PT (5).jpg
げんてん (外出)谷中PT (6).jpg

げんてん (外出)谷中PT (7).jpg



げんてん (会話)藤本ST .jpg

げんてん (会話)藤本ST  (1).jpg

げんてん (会話)藤本ST  (2).jpg

げんてん (会話)藤本ST  (3).jpg

げんてん (会話)藤本ST  (4).jpg

げんてん (会話)藤本ST  (5).jpg

げんてん (会話)藤本ST  (6).jpg

げんてん (会話)藤本ST  (7).jpg

げんてん (会話)藤本ST  (8).jpg

げんてん (集団活動)谷川OT.jpg

げんてん (集団活動)谷川OT (1).jpg

げんてん (集団活動)谷川OT (2).jpg

げんてん (集団活動)谷川OT (3).jpg

げんてん (集団活動)谷川OT (4).jpg

げんてん (集団活動)谷川OT (5).jpg

げんてん (集団活動)谷川OT (6).jpg

げんてん (集団活動)谷川OT (7).jpg


げんてん (近い身体距離)坂口PT.jpg
げんてん (近い身体距離)坂口PT (1).jpg
げんてん (近い身体距離)坂口PT (2).jpg
げんてん (近い身体距離)坂口PT (3).jpg
げんてん (近い身体距離)坂口PT (4).jpg
げんてん (近い身体距離)坂口PT (5).jpg
げんてん (近い身体距離)坂口PT (7).jpg
げんてん (近い身体距離)坂口PT (6).jpg








げんてん2(土肥).pptx.jpg
げんてん2(土肥).pptx (1).jpg
げんてん2(土肥).pptx (2).jpg
げんてん2(土肥).pptx (3).jpg
げんてん2(土肥).pptx (4).jpg
げんてん2(土肥).pptx (5).jpg
げんてん2(土肥).pptx (6).jpg






げんてん (趣味活動、社会参加)城平OT.pptx.jpg
げんてん (趣味活動、社会参加)城平OT.pptx (2).jpg
げんてん (趣味活動、社会参加)城平OT.pptx (3).jpg
げんてん (趣味活動、社会参加)城平OT.pptx (4).jpg
げんてん (趣味活動、社会参加)城平OT.pptx (5).jpg
げんてん (趣味活動、社会参加)城平OT.pptx (6).jpg
げんてん (趣味活動、社会参加)城平OT.pptx (7).jpg







げんてん (自己研鑽、新人教育)春木PT .jpg
げんてん (自己研鑽、新人教育)春木PT  (1).jpg
げんてん (自己研鑽、新人教育)春木PT  (2).jpg
げんてん (自己研鑽、新人教育)春木PT  (3).jpg
げんてん (自己研鑽、新人教育)春木PT  (4).jpg
げんてん (自己研鑽、新人教育)春木PT  (5).jpg
げんてん (自己研鑽、新人教育)春木PT  (6).jpg
げんてん (自己研鑽、新人教育)春木PT  (7).jpg




本質を見極めるには
今、提供しているリハビリテーションを一歩引いて俯瞰で捉えることが、
この状況下で一歩前に進む力となると信じています。

株式会社アクティブ
大正事業所責任者
理学療法士 飛永直樹
posted by Active at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)