2020年07月31日

信頼してもらえるとき

Googleフォトが1年前の写真を見せてくれました。
7C7559F0-3735-468C-B934-F274C0AEDC8D.jpeg
昨年の今頃は岐阜の実家に滞在していたようです。
母の五平餅がめっちゃ食べたくなりましたが、まだしばらく帰れそうにありません。
コロナめ!!
ST水野です。


7月はコロナが少し落ちついたように見えたせいか、(月末になってまた違ってきていますが)新規の利用者さんを立て続けに担当させていただきました。
さまざまな社会的背景やキャラクターの利用者さんやご家族と、どのようにして距離をつめて関係を作っていこうかあらためて考えて過ごしました。

「私たちが利用者さんやご家族から信頼してもらえるのはどんなときだろう」

いちばん、わかりやすいのは、利用者さんの状態がよくなって、ご自身やご家族がそれを感じたとき。
リハビリの効果を感じることができれば、「この人の言うことを信じてこれからもやってみよう」と思ってくださると思います。

しかし、リハビリをしてもよくなっていく方ばかりではありません。
進行していく病気であったり、原因が加齢であったりする場合、今の状態を維持していくことが精いっぱいで、改善を目指すことが難しい現実があります。

そういう場合でも信頼してもらえるきっかけってなんだろう。

最近の利用者さんとのいろいろを思い返してみて、気づいたこと。
利用者さんやご家族の「困りごと」を解決できるように動くことかも。

先日、利用者さんが「美人画のぬり絵のデザインを探している」と言われました。通われているデイサービスでの作品作りに必要なのだそうです。
スマホで検索した画像を見せて、これと決めていただき、印刷したものを翌週、お持ちしました。

ある利用者さんのご家族
「お母さんのデイサービスでの様子がわからへん。連絡ノートはあっても、ごはんを食べたのが8割とか10割とか、そんなことしか書いてない」
担当のケアマネージャーさんに報告し、デイサービスにもう少しご家族に様子がわかるように対応してほしいと伝えました。

今は定期訪問をしておらず、久しぶりに会った利用者さんに言われました。
「家にある伝の心のスイッチは使えているけど、病院のナースコールがうまく押せない。どうにかならない?」
病院のナースコールの状態を担当OTと見に行かせていただき、入力の運動方向を変えることを提案し、調整してもらいました。今のところ、うまく入力できているようです。

ひとつひとつはささいなことかもしれません。
でも、そのささいなことが、利用者さんやご家族の心の多くを占めている場合があります。

STの仕事の範疇を超えている自覚は……あります。
本来ならケアマネージャーさんの仕事の領域でしょうか。
でも、毎週会っているからこそ、タイムリーにひろえる「困りごと」があるんですよね。
その場で、自分で解決できることは少なく、この件はこの人に、この件はこの人にと、ふるい分けてふさわしい方にお願いすることしかできないことの方が多いですけど。

そういう解決が積み重なって、利用者さんやご家族が「この人になら話してもいいな」と本音を話してくださるようになったら、うれしいことです。

特にコミュニケーションに手間と時間がかかる利用者さんの場合、ゆっくり話を聞いて、解決にむけて動こうとしてくれる存在が一人でもいることは安心感につながるのではないかと思います。

社内の療法士や看護師を見ていても、利用者さんやご家族との距離感はそれぞれ。
困りごとに自然に手を差し伸べているスタッフをたくさん知っています。

利用者さんとの関係に迷うとき、この方に信頼してもらうにはどうしたらよいだろうと悩んだとき、まずは利用者さんの目の前にある小さなことに目を向けることから始めてみてもいいかもしれません。
posted by Active at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記

2020年07月28日

ともに行なう家事(買い物と調理)マンスリー報告。


ともに行なう訪問介護事業所の調理師兼介護福祉士・作業療法士のいとうです。

今年1月に腰椎圧迫骨折で入院されていた独居の利用者さまが、4月末に退院され訪問介護サービスを再開されました。
身体介護の見守り的援助"共に行なう家事"です。
▼入院前までの様子はこちら↓


7月の月次報告です。

理学療法士による訪問リハビリテーションを継続し、圧迫骨折による腰痛が少しずつ改善され、日常生活のなかでの身のこなしが軽やかになってきておられます。
IMG_20200713_150947.jpgIMG_20200713_151450.jpg
しめじのポン酢炒め。

IMG_20200721_173544.jpgIMG_20200721_175111.jpg
IMG_20200721_175539.jpgIMG_20200721_174831.jpg
舞茸のオイスターソース炒めときゅうりのギザミ昆布和え。


IMG_20200727_154124.jpgIMG_20200727_154130.jpg
IMG_20200727_154648.jpg
甘長ししとうの焼き物。醤油と削りカツオをぶっかけて。

IMG_20200727_155140.jpgIMG_20200727_155153.jpg
IMG_20200727_155612.jpgIMG_20200727_160457.jpg
しめじの柚子胡椒炒め。
柚子胡椒と醤油、料理酒で漬け込んだ千切り鶏むね肉を炒めてしめじを加えました。


作業療法士による訪問リハビリテーションを継続し、右手指拘縮は入院前の状態に少しずつ近づいています。包丁使用も大きな問題はなく行なえています。

さらに他の訪問介護事業所との連携を図り、入浴動作や洗濯物干し動作等の安全性確保、転倒予防の生活機能向上連携の取り組みを継続しています。


ともに行う訪問介護事業所は、身体介護による見守り的援助"ともに行う"で利用者様の重度化予防、QOL向上、自立生活支援をサポートします。

2020年07月27日

介護保険についてみんなで勉強してみました

どうも。
泉北 兼 心意気実践チームのむろのぞのです。

以前の伊藤さんのブログで紹介してくれていた内容と重複しますが、

先日1〜2年目の療法士の方々を対象に、介護保険制度学習会を行いました。

伊藤さんのブログに追記するとかなり長くなってしまうかもしれなかったので、改めて投稿させていただきます。




今回は当デイで算定している『個別機能訓練加算U(以下、加算U)』と『生活機能向上連携加算』を中心に話をしました。

そのなかでも本ブログでは加算Uについて重点に記載したいと思います。




※『生活機能向上連携加算』についてはこちらの資料を参考にしているので気になる方は確認してみてください
平成30年度の介護報酬改定における各サービス毎の改定事項について(P.66〜)




加算Uについては佐賀県の杵藤地区から公開されている資料(めっちゃわかりやすかったです)

をもとに話していきました。


加算Uの重要なポイント(僕が大事だなと感じた点も含みます)を以下に列挙します。



●利用者さんの『生活機能(ADL、IADLなど)の維持・向上を目的とする』こと

●3月に1回以上居宅を訪問した上で、利用者・家族さんに対して訓練計画の見直しを図ること

●類似の目標を持ち、同様の訓練内容が設定された5人程度以下の小集団(個別対応含む)に対して機能訓練指導員が直接行うこと

●必要に応じて事業所内外の設備等を用いた実践的かつ反復的な訓練をすること

●訓練を効果的に実施し、計画的・持続的に行う必要があることから概ね1回/週以上実施すること



等があります。


僕がそうだったんですが、新人の頃のリハビリ目標はどうしても心身機能に偏ってしまう傾向にあります。

本加算でも心身機能に着目することがダメだとは言っていません。

ただそれだけでは加算要件に満たないということです。

心身機能の維持、改善がその方の活動や参加にどう関わってくるのか。

そういった2〜3歩先を想定した計画、実践が大切になります。

そう考えると活動・参加に向けたリハビリテーションの実践は弊社の最大の強みであると言えるんじゃないかなと感じています。

若手療法士の皆さんはデイサービスでリハビリを実践する機会が多いので、

是非とも新人教育期間の3年間でこれらの視点や行動を体得してほしいなと思っています。




以上が報告となります。

また機会やニーズがあればもう少し時間をかけて、グループ演習などのワークショップも実施してみたいなと思っています。

今回このような機会をくださった松原のPT藤島さんをはじめとした新卒療法士の皆さん。
本当にありがとうございました。
posted by Active at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉北(室之園の)日記

社長の挑戦ご報告

無念

昨日0時、雨の中予定通りチャレンジに挑みましたが、スタートからの雨が降り止まずさらに強まり、第4休憩所の犬鳴温泉(距離約70キロ15時間タイムはほぼ予定通り)でリタイヤわからんとなりました。

予報にて雨の対策もしてましたが予想以上の寒さに低体温症を起こし、気持ちと脚はゴールまでありましたがその後の予報を踏まえて無念のリタイヤを選択しました顔3(かなしいカオ)今回のチャレンジにあたりバックアップ、応援してくれた心意気実践チームを始め職員の方々本当にありがとうございます(というか本当に心配かけてすいませんごめんなさいゴメン/お願い)また寄せ書きやリクエスト、オープンチャットなど思いを寄せていただいた利用者様や友人の皆様本当に応援ありがとうございます。そして一番身近に食事やトレーニングなど気遣って一緒になって取り組んでくれた妻と家族に本当に感謝です。ありがとう。まだまだコロナによる様々な影響が続く日常が続きますが今回のチャレンジが少しでも皆様の楽しみや関心事となれば幸いです。そして懲りずにまた挑戦しまーす!すいません阪東


ふりかえり
27BCB45D-403A-4465-9E7E-A06982B4B47C.jpeg7337EBF3-799F-428C-A2DF-0CFAFBD79944.jpeg
雨の中お見送り、ほぼみんなの「今日はないやろ」が伝わる中スタート!
BEFC3997-2B6D-4BB7-87D7-AD1D244D0B72.jpeg
予想以上の水量、これ沢じゃなくて登山道
2B7AB496-39C8-4B66-80A9-0C8BA99F2853.jpeg
雨ですが空気は澄んでて夜景は綺麗です
91BF1E60-67B4-4BBB-B889-ABC1B8BF52BB.jpeg
金剛山山頂付近、視界1メートルほどでほとんど何も見えません

4AA9E6A4-9EBE-419F-8656-7621EF18E28C.jpeg6A450A08-0744-4302-925F-D9D7A139CF39.jpeg
第一休憩所35キロ(紀美峠)6:20長西PTからのケア中
8A6DE61C-8D79-4D01-BB9F-D60E284EC2B7.jpegE31B5A14-6412-43F2-8FB9-521452DDCFB8.jpeg

岩湧山頂にて利用者T様からのリクエスト課題
AB2E3BBD-EA60-412A-800D-D656B4E16274.jpeg74A868B5-463F-4893-AED9-C63FB149E2AF.jpeg
第2休憩所45キロ(滝畑)9:00路駐してたのですぐリスタート
D6B1D22D-1FE1-4777-A5D1-BB44D85D231A.jpeg3C2C9299-607B-4C20-AE7A-0569F90982F0.jpeg
第3休憩所までの18 キロ間雨は強まり足場もかなり悪くちょっと遅れ気味あせあせ(飛び散る汗)
3A52F1C0-987B-4B34-8484-79E78444E410.jpeg6156F0BB-2D37-4419-9468-DF778AADC09E.jpeg15D7B5F4-F1AB-4C8E-9F3A-DC85CAE0A90F.jpeg
第3休憩所63キロ12:30(和泉葛城山)低体温症でハイランドパーク粉河より少し手前で休憩、伊藤OTのケアと肥留川OTのバックアップを受ける
64900031-0BB9-45BA-B727-CC8F1B4B8E98.jpeg
カッパ着たら暑いっ脱いだら寒いっ
A7136326-9097-4C8A-8CBB-3579C99C85D2.jpeg
途中ハイランドパーク粉河にて碓井STと息子さんの応援
4C995CF0-E5A3-4BC4-816B-7C0787792594.jpeg
犬鳴へ
D8AD0B59-C50C-41AE-A043-F1227E1D9EB9.jpegB1B53BBF-5F65-474D-88FE-33D3E22D9640.jpeg
雨が強く取り損ねましたが犬鳴山の滝もかなりの水量でした
18A6B3C5-FAFA-4E07-A9A5-F6563AB2199A.jpeg
第4休憩所70キロ14:30(犬鳴温泉)さらに雨脚が強まり4回目の着替えの予備もなくなり、以降3時間降り続く予報もあり、ここでリタイヤと判断しました。無念わからん
4D830E1B-3FA8-4400-A236-6DF576E084D0.jpeg
着る服がない笑

なめだクリニックの院長から一句頂いてます。
コロナ禍を 克服せんと 勇しく 一字違いの 阪東武者 洙田靖夫

3924A085-F2E7-4F06-A42A-37902894A932.jpeg41E8BBB9-E2D4-4B18-BA98-272CFB8C504E.jpeg
皆様からの寄せ書きTシャツ、チカラもらいました。このTシャツを着てゴールすることを果たせてません!
3C0349B8-7361-42B2-AD84-20C138981E14.jpeg
オビワンこと利用者T様奥様が作ってくれたテルテル坊主、40年ぶりに作ったそうです。次の訪問でくださいね。

皆様からのたくさんの応援本当にありがとうございました。よかったら次のチャレンジもご期待ください。ありがとうございました。
posted by Active at 09:41| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ

2020年07月25日

ナラティブなワークショップ@吹田デイサービス


人材開発室のいとうです。
この日はホスト側・ファシリテーターとして、世代交代期にある吹田デイサービスでオンライン・ワークショップを開催させていただきました。
本日のテーマは以下のとおりです。
○課題を捉え直すこと
○スタッフのお互いのナラティブ(ここでは、"その人ならでは常識、前提"とさせていただきます)の確認
○どんなデイサービスにもしたいか、共有できる目標を見い出すこと
ワーク@
お互いのナラティブの確認

○リハ職
「利用者さま、スタッフの長所を活かして、できるだけ早く仕事して早く還元したい」
「2年目になったので1つずつ仕事を増やしていきたい」

○介護職
「業務の見直し、役割分担、サービス内容に添えているのか?再確認が必要」
「デイサービス、介護職として利用者さんにプラスになっているか」


ワークA
どんなデイサービスにしたい?
共有できる目標、デイの姿とは?

○リハ職
「リハニーズに通して、先輩二人の色に自分たちの色をつけたら…」
「楽しんでもらえるようなデイにしたい」
「来所されたら活動性を高く動いてもらうように働きかけたい」
「自分自身のリハビリ力を高めたい」
「新たに挑戦できることにも取り組みたい」
「介護職のみなさんとさらなる連携をとっていきたい」
「来るのが楽しみにしてもらえるようなデイサービスにしたい」

○介護職
「利用者さんが来たいと思ってもらえるようなデイサービスにしたい」
「担当者の変遷でリハビリ対応が変わっているのも仕方ない」
「吹田に他にはないデイサービス、他所にないデイサービスへ」
「療法士による個別リハの30分」
「利用者さんとの高い信頼性を維持したい」
「在宅環境も把握に努めて、個々の目標設定にしたい」
「何かアクティブクラブしたい」
「感染状況を鑑みながら少しでも飲食ができたら…」


ワークB
振り返り、リフレクション

○リハ職
「しっかり情報交換して連携とっていきたい」
「共有できる目標に向かえるように具体的にどんなことをしていこうかを考えて動いていきたい」

○介護職
「いろんなことを振り返ることができた」
「楽しんでもらえるようなデイサービスにしたい」



1時間半程度の本会でした。オンラインのため良いのか悪いのか、現場の空気感や雰囲気はやはり分かりにくいものがありました。

「うまくいってるかなぁ…」と、
オンライン・ワークショップのホスト側・ファシリテーターとして変な汗がいっぱい出ました…いや、正確に言うとナマの場合もいつも同じです…

しかしながら現場の方によると、前向きな意見が出て、お互いの語りで笑い声や笑顔もあって一体感があり、終わった後もいい雰囲気だったそうです。

みなさん参加、ご協力ありがとうございます。

次回のミーティングは来週7/31金曜日14時を予定しています。
具体的な改善案等を相談し、対話を通してより良い新しい関係性を築いていきましょう。
それがより良い仕事に、そしてより良いデイサービスにつながることを信じて。
IMG_1250.PNG

本会の開催に向けて参考にしたナラティブ・アプローチは、相手との対話、日常のやりとりのなかでモノやコトの意味づけし、各々の常識を作り出すという社会構成主義に基づいています。

私たちが「現実だ」と思っていることはすべて"社会的に構成されたもの"
そこにいる人たちが、「そうだ」と合意して初めて、それは"リアルになる"。

医師と患者さんのナラティブ(語り、物語り、その人ならでは一般常識や前提)をどのようにすり合わせていくのか…

"私とあなた"の関係性で対話のなかで、新しい関係性を構築すること。

それは職場や組織内、家庭内での関係性のなかでも同じことです。

「他者と働く」著者の宇田川さんは、"対話することは誇り高く生きること""成し遂げられていない理想を失わずに生きること"と書いています。

参考・引用元)
71HomcEjqbL._AC_SL1500_.jpg

91LzRKqNN2BL._AC_SL1500_.jpg

81XQQpYNo2BL._AC_SL1500_.jpg

posted by Active at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2020年07月23日

社長の挑戦せまる


皆さまこんにちは、社長の阪東です。いよいよ今週となったウルトラダイトレチャレンジですが私もワクワクを通り越してもうゴールした気分です^_^また応援Tシャツも沢山のメッセージをいただきありがとうございます。726日当日の天気は心配ですが、少しくらいの雨の方がこの季節走りやすいので多少の雨なら決行します!コースは予定通り二上山麓よりダイヤモンドトレイルを抜け和泉、山中渓、みさき公園までの約100キロ。7260時スタートです。

走ってる間はLINEアプリのオープンチャットにて状況やコメント、画像、現在位置など発信していきます(発信ない時は余裕ない時と思ってください^_^)ラインのホーム画面のオープンチャットを押すと画面が変わり検索欄に「ウルトラダイトレチャレンジ109」と入力すると表示されます。

現在位置を確認したい方はゼンリーアプリをインストールしてください。友達を追加でゼンリーID:109726を入力していただくと私に位置情報確認申請が送信され許可する流れになります。(アプリの使用についてはインターネットなどで詳細を確認していただき各自の責任でお願いします。)

本番3日前となりましたが当日までリクエスト課題、応援メッセージ募集しておりますのでよろしくお願いします!

阪東

30238FFC-AEF3-4D24-9169-126F004640FB.jpeg
最後の追い込みにて軽く負傷あせあせ(飛び散る汗)
posted by Active at 09:19| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ

2020年07月22日

小野先生アドバイザリー業務再開!@堺


OT塚本(堺事業所運営責任者)、育成担当PT軽部、OT伊藤です。


コロナ禍により中断していたリハビリテーション医の小野先生による各事業所を定期巡回してのアドバイザリー業務が部分的に再開しました。

この日は堺市にあるアクティブデイサービス堺。

育成担当PT軽部、OT伊藤も同席させていただきました。

3密回避、距離を空けて、時間短縮、リハビリテーション講座は休止…と感染拡大防止策を取りながらの部分的な開催でした。


2年目OT山脇さんから。
小野先生にデイサービスで個別機能訓練を担当している利用者さまを報告します。
IMG_20200722_141448.jpg
先生による問診で、担当者も知らなかった病歴や医学的情報だけでなく生活歴、趣味、仕事も利用者さまのナラティブ(語り)により引き出されていきます。
IMG_20200722_142002.jpgIMG_20200722_142205.jpg
毎回のことですが、この問診だけでもたくさんの気付きがあります。

これは先生が常々言われているナラティブ・ベースド・メディスンの一端かと思います。
▼ナラティブ・ベースド・メディスン↓

ナラティブ・アプローチは、相手との対話、日常のやりとりのなかでモノやコトの意味づけし、各々の常識を作り出すという社会構成主義に基づいています。

私たちが「現実だ」と思っていることはすべて"社会的に構成されたもの"
そこにいる人たちが、「そうだ」と合意して初めて、それは"リアルになる"。

医師と患者さんのナラティブ(語り、物語り、その人ならでは一般常識や前提)をどのようにすり合わせていくのか…

"私とあなた"の関係性で対話のなかで、新しい関係性を構築すること。

それは職場や組織内、家庭内での関係性のなかでも同じことです。

参考・引用元)
71HomcEjqbL._AC_SL1500_.jpg

91LzRKqNN2BL._AC_SL1500_.jpg

81XQQpYNo2BL._AC_SL1500_.jpg



次は2年目ST東田さん。
IMG_20200722_151916.jpgIMG_20200722_162051.jpg

デイサービスでのST訓練もみていただき、しっかりフィードバックをいただきました。
IMG_1249.JPG
利用者に話題のテーマを決めてもらいフリートークしてもらう中で、先生が加わることで質問の幅が増えたり、また本人から自発的に会話の中での広がりがよくみられていました。訓練というより、自然に会話を楽しんでいるような雰囲気でした。


こちらは新人のOT冨吉さんに、利用者さまを通して様々な関わりを指導する育成担当PT軽部。
IMG_20200722_142406.jpg

その後は資料を介した具体的な指導がありました。
IMG_20200722_161633.jpg


最後の時間は、オンライン+ナマ(オフライン)の小野先生による新人スタッフ向けの講話、Q&Aです。
IMG_20200722_172438~2.jpg

各事業所の新人療法士スタッフ、2年目療法士スタッフの方々を中心に16人が参加してくれました。
IMG_20200722_172703.jpg

参加者のみなさんからの質疑に小野先生は1つずつ丁寧にご返答いただきました。
IMG_20200722_165836~2.jpg

画面共有してのミニ講座も。
IMG_20200722_170827~2.jpg

ST碓井さんからの助言は的確でした。
IMG_20200722_173435~2.jpg


育成担当PT軽部からも助言、提案をしました。
IMG_20200722_174008~2.jpg

初の試みであったオンライン+ナマ(オフライン)混成型のセミナーは序盤、音声調整がうまくいかないエラーが重なり申し訳ありませんでした…次はもっと上手くやります!

この日は1時間程度でしたが参加者のみなさんからの質問と小野先生やみなさんからのご意見で理解が深まりました。


堺事業所スタッフより

山脇OTより
今回小野先生のアドバイザリーを経験させていただき、医学的な視点からのフィードバックはもちろんですが、小野先生の病歴の聞き方や利用者様の生活歴の引き出し方が大変勉強になりました。
今回診ていただいた利用者様は、痛みが強く、私自身にできることは何か模索していた方だったので、今後、どのように関わっていけば良いのか、答えが見つかりました。しっかりと指標を持ち、長期的な目線で関わっていこうと思います。
また、自分が考えられていなかった疾患や今後の可能性の部分までも先生の視点から教えていただきました。本人様だけでなく家族様にしか分からない部分もあるため、利用者様に関わっている方への包括的な関わりも大切だと改めて感じました。小野先生が最後に言ってくださった、"楽しくやってもらうことが一番大事"という言葉を胸に、利用者様に笑顔を届けられるように今後も取り組んでまいります。貴重な経験をさせて頂き、ありがとうございました。

富吉OTより
途中からの参加になってしまいましたが、専門的な知識やリハビリについて聞くことができとても勉強になりました。ありがとうございます。
利用者様とキーパーソンとなる方の関係性も重要だと気付きがありました。モニタリングや送迎の時等を利用して、利用者様だけでなく御家族の方との関わりもリハビリに繋がるという意識を持って頑張りたいと思います。

東田STより
この度は、小野先生からリハビリに携わる医師の視点で数多くのアドバイスを頂きました。また、アドバイス一つひとつに、これまでの経験談を添えてくださり大変勉強になりました。
今回の症例はウェルニッケ失語の利用者様でした。聴きとりが低下しており、相手の問いかけや話題に沿った返答が難しいという問題を抱えておられます。これまでは、言語面を少しでも改善するためにご本人へのアプローチを中心にリハビリを行なっていましたが、目立った改善になかなか繋げられない状態でした。
この現状に対し、小野先生より、ご本人だけでなく「周りの人」へのアプローチするようお話をいただきました。
常にご家族との「関係性の変化」に目を向けること。そして、どんなライフパターンが出来上がっているのか、ご本人、ご家族にどんなストレスがあるのかなどを汲み取り、ご本人、ご家族の言葉によるストレスを減らすための接し方を提案できるようにアドバイスいただきました。
また、生活期では、グループ訓練や当事者・家族の集まりができることが理想だとお話をいただきました。
らふとーくの事、最近はオンラインで行っていることなどお伝えしたところ、本症例にもそのような機会を作ってみてはとご提案いただきました。
生活期における失語症者に対し、リハビリの枠を超えた包括的なアプローチを行う事の大切さを改めて勉強させていただきました。ありがとうございました。




withコロナ時代、新しい生活様式に即したリハ、看護、ケア、介護予防、自立生活支援等を考え実践するのはもちろんのこと、利用者さまサービスへの還元を図るため、スタッフ個々の成長を図るための学びの場をおろそかにしない取り組みも引き続き大切にしていきたいところです。


小野先生アドバイザリー業務は次回8/26@吹田予定です。感染状況も随時確認しながらオンラインQ&A等(途中参加、退席オッケー)も予定しております。
posted by Active at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 堺デイ

2020年07月21日

堺・吹田・松原オンライン・ダイアログ

人材開発室のいとうです。

金曜日16時30分からは松原・堺・泉北のオンライン・ダイアログです。
IMG_1206.PNG
泉北と松原は業務のため、欠席です。

今里と大正、吹田のオンライン・ダイアログは日程調整中です。

吹田のOT我如古さんはクルマのなかから飛び入り参加してくれました。

時間合えば途中参加、退席、飛び入り参加オッケーです。

最近の様子を少しだけお聴きしました。

その後は育成担当のPT軽部さんから画面共有しながら、血圧測定に関する講義をしていただきました。
IMG_1203.PNG
IMG_1204.PNG

「みんなで勉強」のLINEオープンチャットでの振り返り。
オンライン・ダイアログの時間に参加できなかったPT藤島さん(松原)が質問をしてくれました。軽部さんとのやりとりを見てるだけでも良い勉強になりました。
LINE_capture_616768189.008233.jpg
LINE_capture_616768236.808116.jpg
勇気を出して質問をしてくれた藤島さん。ありがとうございます。自分自身で扉を開いてくれました。スゴいです。

▼みんなでお勉強↓
posted by Active at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

7/10オンライン介護保険制度学習会&新人スタッフダイアログ


心意気実践チームOT・介護福祉士室之園、人材開発室いとうです。


7/10は松原・堺・泉北のオンライン・ダイアログにて、講義希望が挙がっていた介護保険制度のおさらいと個別機能訓練について、要点を詳しく説明させていただきました。
IMG_1139.PNG
デイサービス開設の経緯についてを振り返りました。
IMG_1134.PNG

写真右上は講師を務めたOT室之園さん(泉北、心意気実践チーム)、右下はOT我如古さん(吹田)、左下は2年目ST東田さん(堺)
IMG_1135.PNG

写真右下上は2年目OT中橋さん(今里)、右下はPT仲村さん(泉北)、左下はOT冨吉さん(堺)
IMG_1137.PNG

写真右上は2年目PT真謝(まじゃ、松原)さん、右下は2年目OT山脇さん(堺)、左下はPT藤島さん(松原)
IMG_1138.PNG

写真右上、左からOT神谷さん、OT柳原さん、PT奥藤さん(いずれも大正)、右下はOT平良さん(今里)、左下はPT上村さん(泉北)
IMG_1136.PNG

2年目のスタッフもたくさん加わっていただきました。計13人参加でした。
IMG_1141-682d2.PNG
IMG_1143.PNG
IMG_1140.PNG
チャット機能を使い、感想や質問のやりとりもしました。

新人のみなさんが少しずつデイサービスで件数が増やしている個別機能訓練の持つ特性や求められていることについて、理解が深まったことかと思います。

50〜60分程度で介護保険制度学習会が終わり次第、そのまま新人オンライン・ダイアログをさせていただきました。


新人スタッフ向けのオンライン・ダイアログは7人参加していただきました。

写真右下の育成担当PT軽部さんも参加していただきました。
IMG_1149.PNG

久しぶりに顔を見ました。大正新人トリオ。
IMG_1147.PNG
大正事業所独自のLINE等を用いたICT会議やオンライン研修等を通して、利用者様の担当数を少しずつ増やしているようです。

こちらも久しぶりに顔を見ました写真右下のOT平良さん、とても真面目に仕事に取り組まれているとの噂を聴いていました。
IMG_1144.PNG
なかなか各事業所への巡回には行けず、顔を見れなかった方々と会えてホッとしました。
みんな元気そうでよかった。

各事業所の新人オンライン・ダイアログは、各事業所で業務状況が変わるため、それに合わせたカタチで、責任者やバイザーの方々にも相談しながら継続をできればと思います。


まだまだ日々刻々と感染拡大の状況が変化しています。

3密の回避、外出減、ソーシャル・ディスタンシング等の感染拡大防止策はもちろんのこと継続され、研修体制だけにとどまらず、報告-連絡-相談-確認の体制、各情報の伝達、意思疎通等のコミュニケーションと職場内の人間関係の形成に大きく影響を及ぼす状況が続いています。

その上、職場内での他職員との接触を減らし、ナマの長時間のコミュニケーションを控えるということも加わたまま。

人はコミュニケーションや人とのつながりが減少すると心理的安全性の低下に大きな影響を与えると言われています。
それは安心して仕事が出来なくなるということを意味します。
ということは仕事の質も量も下がることになります。事故の発生率も増すかもしれません。

オンライン・ダイアログは、web上ですが顔を合わせてのコミュニケーション機会を増やして、少人数での仕事の効率も上げつつ、研修・教育体制を維持し、人間関係の維持・向上、個々の心理的安全性の確保を図る方法として期待されます。
▼オンライン・ダイアローグとは↓

オンライン・ダイアログが、協調的な問題解決や知識の共有、相互理解等、人と人をつなぐ自律したオープンな社内コミュニケーションの第四の道となるか…トライ&エラーが続きます。
▼コミュニケーション第四の道↓
posted by Active at 14:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 人材開発室

2020年07月20日

社内メルマガ"アクティブ流"2020年8月号 巻頭言「おかげさま」PT真鍋章司さん(大阪責任者)


社内メールマガジン巻頭言 2020年8月号   
   

 梅雨というには激しすぎる大雨と蒸し暑さに加えて新型コロナウィルスの影響でストレスフルな日々が続いています。   

6月に緊急事態宣言が解除されましたが、新型コロナウィルス感染状況は全世界的に見ても終息にむかうことなく、依然として安心できるような状況ではありません。

それどころか第2波がいつ起こるのかと不安感が増すばかりです。   
   
 「これをしといたら大丈夫」が無く終わりが見えない状況で、不安定な日々を送るのは心身ともに消耗してしまい余裕が無くなり、つい些細な事でイライラしてしまいます。   

電車が混んでたらイラつき、仕事が上手くいかずにイラつき、運転中に割り込まれたらイラつき、自分の思うように   
ならない事が重なり・蓄積して大爆発してしまう...やたらと「あおり運転」のニュースが多いのも納得ですね。   

私も同様にイライラしてしまいますが、最近ある言葉をよく思い出します。   
   
『 俺が俺がの我(が)を捨てて おかげおかげの下(げ)で生きよ 』   
   
江戸時代後期の越後の良寛和尚の言葉だそうで、ご存じの方も多いかと思います。   
20年以上前に私が営業の仕事をしていた頃、当時の上司からよく話していただきました。   
ネットで検索したら関連で下記の詩(これも有名らしいです)がありましたので紹介させていただきます。   
 
   
『 おかげさま 』(上所 重助)   
   
夏が来ると「冬がいい」と言う   
冬が来ると「夏がいい」と言う   
太ると「痩せたい」と言い   
痩せると「太りたい」と言う   
忙しいと「暇になりたい」と言い   
暇になると「忙しい方がいい」と言う   
自分に都合のいい人は「善い人だ」と言い   
自分に都合が悪くなると「悪い人だ」と言う   
   
借りた傘も 雨が上がれば邪魔になる   
金を持てば 古びた女房が邪魔になる   
所帯を持てば 親さえも邪魔になる   
   
衣食住は昔に比べりゃ天国だが   
上を見て不平不満の明け暮れ   
隣を見て愚痴ばかり   
   
どうして自分を見つめないのか   
静かに考えてみるがよい   
一体自分とは何なのか   
   
親のおかげ   
先生のおかげ   
世間様のおかげの固まりが自分ではないか   
つまらぬ自我妄執を捨てて   
得手勝手を慎んだら   
世の中はきっと明るくなるだろう   
   
「俺が」、「俺が」を捨てて   
「おかげさまで」、「おかげさまで」と暮らしたい   
   
   

今だ本質を理解するには至りませんが、こんなギスギスしたしんどい時なので、   
少しでも気持ちが穏やかになれたらなと思います。   


アクティブ訪問看護ステーション大阪
          真 鍋  章 司       

2020年07月17日

変化対応力を身につけるには?


人材開発室いとうです。


オンラインセミナー視聴しました。
image0.png
▼ニューノーマル時代、一番必要な変化対応力をどう身につける?↓


利用者さまとの関わりでも大切なことがたくさんありました。
以下に少し備忘録を。


○コロナ禍の現象は変えようがない、自分自身の受け止め方を変える

○オンライン会議時のチェックイン(入場時、開始時)が大切、その後の場が変わる
雑談、遊びを入れる、表情やプライベート、パーソナルが少し分かるように
例)「afterコロナ、どこに行きたいか?」

○ファシリテーター交代制
→コミュニケーションの訓練にする

○コロナ禍、現状認識を再確認、把握する機会に、何のために働いているのか、何のために生きてるのか、本質的な問いかけを自分自身にする機会、仕事や人とのつながりを整理…

○オプションBを持つ、違う選択肢を持つ
心の余裕ができる
変化に対応する力ができる、自分が変わる

○withサムワン
一緒に進める

○対話ダイアログ
会話と対話を使い分ける
会話→合意型
対話→展開型、問いかけ、学び、変化…最後に何を話してたってけ?!

○問いを立てること
オープン、クローズドクエスチョン
「で…」の間をとることによる問いかけも
5w2h
傾聴力
準備
相手が中心に…

○教える側が学ぶという関係性へ
二人が学ぶことになる

○信頼と信用の違い
信頼→感情的→withサムワンはオッケー
信用→成果指標、クレジット型→withサムワンはバツ

○テレワークで仕事を評価するのはプロセスがなかなか見えない、結果を出さないと見えにくい
ジョブ型→仕事に契約する
メンバーシップ型→会社と契約する

○変わること
ついかっこ悪いと思いがち、恥ずかしい、意味を無い?!
学び方を学ぶ、変わることの認識を変える、変わることは大切なこと
→過去の失敗や発言、行動を振り返る
→自分自身の認識の変化、変革に意義を確認できるようになる

○アンラーンunlearn
成功体験を横に置いておく、そして新しいモノを築いていく

○同調圧力を変えるには…
→すぐには無理、1人ずつ
→勇気は伝染る、ポジティブは伝染する

○安易に褒めるのはバツ
承認すること、その人がやっていることをそのまま伝える、描写すること
次、失敗しても大丈夫

○失敗したとき…なぜ失敗したの?はダメ
未来に問いかけ、何をしたらよく変わるのかな?

○その人の心を振り返る
体感したことを場面で描く→内面、悩みが出てくる
事実と感情を聴く、感情はどこから来たのか?その背景を聴く
posted by Active at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

よき臨床から…


人材開発室いとうです。

備忘録


"よき臨床から、よき教育と研究が生まれる。よき研究から、よき臨床や教育も生まれる"
三位一体で臨床、研究、教育に取り組むことで相乗効果あり。

▼週刊医学界新聞4/13号より
週刊医学界新聞

posted by Active at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2020年07月16日

社長のチャレンジ!各事業所リレーで応援メッセージ募集中!

代表阪東です。

7月26日のウルトラダイトレチャレンジ109で「コロナ除」を祈願し皆様からTシャツに寄せ書きをお願いしています!

松原事業所の根本PT、長西PTに作ってもらいました!
A40B6917-D21F-4BDA-BE17-7F40E67CBA52.jpeg
本日より松原デイから順次募集します、ご利用者様、ご家族様、関連事業所様、職員の皆様、どなたでも直接もしくはコメントいただければ代筆致します。

堺事業所の写真左はOT冨吉さん、OT山脇さん。
IMG_1193.HEIC

皆様の思いをまとい世界のコロナ禍からの一早い収束の願いを込めて走りたいと思います!

6事業所リレーでメッセージ等を書き込んでいます。ご協力お願いします!

阪東
posted by Active at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

毎週更新!「テイクアウトエクササイズ」のご案内


地域包括ケア・介護予防日常生活支援総合事業部のPT谷村広大です。

IMG_20200716_091653.jpgIMG_20200716_091720.jpg
「テイクアウトエクササイズ」のご案内です。


新型コロナウイルスの影響で、外出頻度が減少し、身体機能の低下や体重増加で悩んでいる方が増加しています。

その方々を対象に、
@外出のきっかけ作り
A身体機能の改善
を図るために市役所や地域包括支援センター、保健センターなどの行政、老人福祉センターや公民館などの地域、カフェオーディナリーと、関係各所にエクササイズのフリーペーパーを設置することになりました。

エクササイズの内容は毎週更新し、新しいエクササイズを行うために、関係各所まで足を運び、外出のきっかけ作りや、身体機能の改善を図ることが狙いで開始しました。

ご活用、みなさまからのアイディアもお待ちしています。

アイディア大募集中です!
アクティブ訪問看護ステーション総合事業部PT谷村広大まで
電話:072-337-9515
mail:active@cure.ocn.ne.jp
▼チラシはこちら↓


弊社の地域包括ケア・介護予防日常生活支援総合事業部では、地域の方々や行政の方々と協働して、withコロナ・postコロナ時代の新しい生活様式に即した介護予防サービスを創造していきます。
posted by Active at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 総合事業部

森さんトークライブ2020&講義のお仕事 白鳳短大OT1年生のみなさんと


心意気実践チームOT日野上、いとうです。

7/9,16は白鳳短大OT学科1年生のみなさんと森さんトークライブ&講義、カフェランチです。
IMG_20200709_130455.jpg
▼「森さんトークライブ2019」はこちら↓

会場のカフェオーディナリー松原は臨時休業です。
IMG_20200709_112432.jpg

心意気実践チームOT日野上さん(松原)から地域リハのお仕事を会社紹介を交えてお話ししました。
IMG_20200709_100112.jpgIMG_20200709_100059.jpg
IMG_20200709_095949.jpgIMG_20200716_100225-8d687.jpg
実際の高齢者の事例を通して、"何で、なんで、ナンデ"思考を具体的に説明しました。

作業療法士的な思考と生活者支援の視点を学んでもらえたらと思います。

森さんも聴いています。
IMG_20200709_101247.jpg

森さんも参加!
IMG_20200716_102506-4fb88.jpg

白鳳短大生のみなさんは毎年講義に熱心に聴いてくれます。
IMG_20200709_101407.jpg
感染拡大防止策を学校側と事前に相談しながら、来場人数を少な目に調整してもらい、可能な限り席の配置を離しました。

来場時には検温と消毒を交流会やトークライブ、講義中はマスク+フェイスシールドを装着してもらいました。熱がこもって暑いし曇ります…合間に外してもらうようにしました。

冷房をかけながら換気も行ないました。
外の車が行き交う音に声がかき消されて…聞き苦しいなか集中して参加してくれました。


森さんと学生のみなさんとの交流会。
IMG_20200709_110912.jpgIMG_20200709_112325.jpgIMG_20200709_112351.jpg
IMG_20200716_110909.jpgIMG_20200716_113115.jpg
学生のみなさんが企画運営してくれました。


ランチタイム!
IMG_20200709_121804.jpgIMG_20200709_121817.jpg
IMG_20200709_121855.jpgIMG_20200709_121958.jpg
IMG_20200716_120747.jpg

森さんと一緒に働かれているカフェオーディナリーの就労支援員・管理栄養士の笠木さんからもひと言。
IMG_20200709_130310.jpgIMG_20200709_161323.jpg
「森さんはできないと言うことを言わずに何でもチャレンジされています」
「頼りにしています」


ランチのあとはトークライブ。
IMG_20200709_130437.jpg
IMG_20200709_130737.jpgIMG_20200709_133601.jpg
いとうからの問いかけをスクリーンと言葉で行ないます。
オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンを行ったり来たりしながらお話しをしていただきました。


この日も森さんから日頃は聴けないお話しがアドリブでポンポンと出てきます。

○訪問リハでのST碓井さんと参加した養成校での失語症の方々との出会いのことは…
「自分も頑張らないと」
「自分にもこんなことができるんだと自覚した」

○失語症漫才については…
「まだまだイマイチやな…言い回しとかを変えないと…」
オンライン失語症漫才もいいんじゃないでしょうか?!

○やってみたいことは…
「リカンベントに乗ってみたい」
VTXStd.jpg

○地域リハ、学生さんにひと言
「笑いが1番」

○トークライブについては…
「自分のためになる」

これもトークライブという場のチカラです。
話しを場の力を借りて引き出される感触がありました。

みなさん熱心に質問もしながら参加してくれました。
IMG_20200709_130755.jpg
森さん、白鳳短大OT学生のみなさん、教員のみなさん、ありがとうございます!


森さんは今年度も白鳳短大OT学科で、当事者として、リハモデルとして、これからの未来を担う作業療法士養成に取り組まれます。
よろしくお願いします!
IMG_20200716_100038-948fa.jpgIMG_20200716_115128.jpg
posted by Active at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2020年07月09日

オンライン就職説明会〜富山編〜 参加学生さん募集中です!


心意気実践チーム・人材開発室のいとうです。


先日行われたオンライン就職説明会の様子です。
IMG_1057-dadb2.JPG
zoom画面にむかう人事担当のST碓井です。

▼オンライン就職説明会のご案内↓
参加学生さん募集中です!


今回は富山県の養成校の学生さんからオンライン就職説明会の参加希望をいただきました。
都合の良い時間を相談して日程を調整させていただきました。
IMG_1048.PNGIMG_1051.PNG
zoomで画面共有しながら進めます。


社長は出張のため動画でのご挨拶です
IMG_1049-01908.PNG
こちら↓


写真右下の新人スタッフのOT我如古さん(吹田)にもデイサービス業務の合間にゲスト参加してもらいました。
IMG_1131-32257.JPG
就職してからのコロナ禍での仕事の状況や教育面のサポート等についても話をうかがいました。
▼新人スタッフ向けのオンライン・ダイアローグ、カンファレンス、バイザー会議等の様子はこちら↓

OT我如古さんは、写真左下の参加学生さんからの質問に一つずつ誠実にかつ丁寧に回答してくれました。
IMG_1131.JPG
「沖縄の母校での就職説明会で放っていた社長の存在感で、元々あった卒後の地元志向から転じて大阪での地域リハの仕事を考えるようになりました」
「一人暮らしの新生活の不安はあるかもしれませんがぼくも料理は初めてですが、周りからの助けもあるので大丈夫です」
「アクティブに来てよかったです。新しい出会いもたくさんあり、やりたいことに少しずつ近づいているように思います」


途中から4年目の新卒採用OT油谷さんも訪問リハ業務の合間にゲスト参加してくれました。
IMG_1055.PNG
「何となく病院に…という多くの同級生たちのような就職先の決め方はしたくなかったんです」
と、弊社への就職に至った経過をきっぱり話してくれました。

大学在学中のデイ利用者森さんとの失語症トークライブの夏休み特別講座をきっかけに、弊社に興味をもってくれたこと、総合事業等の様々な取り組みに自分自身の可能性にも何かできることがあるかも?!と感じたことを話してくれました。
▼失語症トークライブの様子↓

1年目はデイサービス業務に担当バイザーや先輩のみなさんによる愛ある優しい指導もあり、たくさんの学びを得たことで2年目を迎える前に、近接地で担当利用者さまのリスク管理にも配慮しながら訪問リハ業務にも従事でき、良い経験を積めたこと等を話してくれました。

4年目になった油谷さんは、利用者さまやスタッフからの信頼性を少しずつ高めて、訪問件数を着実に増やしています。



当日はチャット機能も使っての補足説明をさせていただきました。
IMG_1053.PNG

参加学生さんからも、
「新人スタッフのOT我如古さんと新卒採用者で4年目OT油谷さんと質疑応答のやりとりをたくさんさせていただいて、みなさんが活き活きと働かれている様子がとてもよく伝わりました」
と、嬉しい言葉をいただきました。

参加学生さんからは本ブログへの記載にも快諾してもらい、職場の見学希望の申し出がありました。

参加学生さん、ゲスト参加のお二人、ありがとうございます。
出会いに感謝です。


弊社は引き続き、zoomを用いたオンライン就職説明会の参加希望、就職見学を随時受付(ともに予約制)しております。
▼案内・応募の詳細はこちら↓

☆問い合わせ先☆
電話1(プッシュホン)072-337-9515 FAX072-337-9516
メール:info@active-nopsj.com


株式会社アクティブ
アクティブ訪問看護ステーション
アクティブデイサービス
担当:碓井(うすい)、阪東(ばんどう)
posted by Active at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

アクティブの文化in泉北

泉北2年目
悪天候もなんのその
いつも爽やか
皆に愛される谷口PT
訪問デビュー。
HORIZON_0002_BURST20200709103908565.JPG
訪問後
居宅支援事業所へも連携へ。
先輩の背中を追いかけてます。


~お1人お1人、1件の重みを大切に~
アクティブらしい文化のひとつです。
応援してます。
アクティブ泉北
posted by Active at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉北日記

2020年07月04日

松原・堺・泉北オンライン・ダイアローグ。

人材開発室・心意気実践チームのいとうです。

毎週金曜日15時半から30~45分程度、松原・堺・泉北の3事業所の新人療法士さんとZOOMを用いたオンライン・ダイアローグの試みを始めています。
▼オンライン・ダイアローグとは↓

本会は各事業所により仕事の状況が変わるため、まずは業務を優先して、途中参加・退席を自由にしています。

参加者個々を尊重し、お互いで意味を確認しあって相互理解を深め合えるようなフラットでオープンなコミュニケーションの場をめざしています。

先週6/26金曜日のオンライン・ダイアローグには、開始時間の15時半からは誰も参加できず20分ほど過ぎてから堺事業所のOT冨吉さん、会議のため松原事業所のPT藤島さんは途中参加してくれました。

泉北事業所のPT上村さん、PT仲村さんは業務のため不参加との事前連絡がありました。

緊急事態宣言が明けて平常通りに近い業務になってきて各事業所で時間を合わせて参加するというのがより難しくなってきているようです。

互いに離れて勤務する各事業所の新人スタッフさん。

どんなふうに働いているのか互いに気になるのはみなさん共通項のようです。

「他のたくさんの新人スタッフからも意見交換をできればいいな…」
との声がありました。

「自分なりの結論をその日のうちに出すようにしています」
「メモにメモを書き足すように工夫しています」
「記録には残しているが結論を出すところまではできていない」
「1年目ならではのギモンをまとめておきたい」

各々の取り組みを話してもらいました。

次回からのオンライン・ダイアローグは開始時間を変更して7/10金曜日16時30分から「新入職員オンライン・ダイアローグ」を開催予定です。

全事業所の新人スタッフさんが参加する「介護保険制度・個別機能訓練のオンライン勉強会」後の時間になります。

新人オリエンテーション以来となる全事業所の新人スタッフが集う場となれば、オンライン勉強会の振り返りながらたくさんの意見が交換できそうです。
posted by Active at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2020年07月03日

続 男のゴルフ道。


心意気実践チームいとうです。


梅雨空の合間、この日もご夫婦でパターゴルフです。

今日も相変わらずの没頭ぶりと向上がみられています。
▼パターゴルフとフロー概念、ゾーンと目標設定について↓


ナイスパットの動画↓



IMG_1038.HEICIMG_1040.HEIC
IMG_1042.HEIC
障害を負う前の感覚に近づいているように、自ら感じておられるようです。

それに加えて、左手首の使い方、身体の使い方、立ち方は以前とは違う方法をご自身で探索されています。

"安定性あるパッティングを実現させるための左手首の使い方、身体の使い方、立ち方とは何か…"と。

パターゴルフでの良い感触や身体知は忘れたくなさそうで、公園に子供が少なくて雨が降らなければパターゴルフに没頭したいようです。

ご自身の姿勢や身体の使い方に意識を向けるようになられたことで、ご自身の状態を俯瞰できるようなメタ認知も進みました。

それにより身体知を深めておられるようです。

自ら小さな単位の目標を設定し、ご自身で深化させ随時アップデートする習慣を確立しておられます。

それらを1つずつクリアしようとする努力を継続できる才能にあふれています。

そのため、単にパターゴルフだけでなく、立位姿勢や歩行等の多方面に渡って改善が波及し、向上を続けておられる大きな要因と感じています。


アクティブ心意気実践チームは、利用者さまの自立支援、重度化防止、QOL向上に資するご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 13:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2020年07月01日

社長の挑戦!コロナ除けTシャツ寄書き募集中!

こんばんは代表阪東です。
7月26日のウルトラダイトレチャレンジ109で「コロナ除」を祈願し皆様からTシャツに寄せ書きをお願いしています!

A40B6917-D21F-4BDA-BE17-7F40E67CBA52.jpeg
松原事業所の根本PT長西PTに作ってもらいました!

本日より松原デイから順次募集します、ご利用者様、ご家族様、関連事業所様、職員の皆様、どなたでも直接もしくはコメントいただければ代筆致します。皆様の思いをまとい世界のコロナ禍からの一早い収束の願いを込めて走りたいと思います!
阪東
posted by Active at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ