2020年11月30日

マンスリー報告 共に行う調理、買い物。


ともに行なう訪問介護事業所の調理師兼介護福祉士・作業療法士のいとうです。

今年1月に腰椎圧迫骨折で入院されていた独居の利用者さまが、4月末に退院され訪問介護サービスを再開されました。

右手首骨折による手指の拘縮と頭部外傷による高次脳機能障害も残存されています。

身体介護の見守り的援助"共に行なう家事"です。
▼入院前までの様子はこちら↓


11月のマンスリー報告です。

理学療法士による訪問リハビリテーションを継続し、圧迫骨折による腰痛が少しずつ改善され、日常生活のなかでの身のこなしの軽やかさを保たれています。

めっきりと寒くなってきています。

そんなこともあり、あたたかメニューばかりになりがちです。

外出が少しずつ増えてきたのもあり、買い物で購入した食材が増え、冷蔵庫に在庫過多の状態が見受けられます。

冷蔵庫内の在庫の消費と消費期限チェックが必須です。


水菜と薄揚げのあっさり味の鷄鍋。
BC006BE9-0E98-4553-B9C0-6F6CE342E32E.jpeg126777C1-2E15-4071-AC36-F63CC1F48EE0.jpeg
冷蔵庫に残っていたキムチも使って豚キムチ炒めに。
78B18547-F121-468F-BF14-9ED379A11499.jpeg
長く冷蔵庫の野菜室の下方で眠っていた食材を掘り返す作業を時折入れます。
9E502AD7-8F57-4681-8196-F68CB4EF948B.jpeg
野菜室に眠っていた大きめのエリンギを使った玉ねぎとウィンナーの炒め物。
3A160FCA-90D4-4390-8909-08AB06D3113D.jpeg

消費期限が近い1パックまるごとの卵があったので4〜5個を卵とじに、あとはゆで卵に。
F501BDF2-8ED3-4CE0-A859-02188FCCDA0F.jpeg
4A63DB85-C301-40C5-BB46-E3DFDD550D82.jpeg

きれいに白菜と豚肉を盛り付けて、薄口醤油とお酒にすりおろしにんにくを加え、フタをして蒸します。
074F25D8-B9C9-48A9-A3F8-0F50E24D9E52.jpeg
F4DDB689-2CE8-4B01-A3A3-274DBA23EBF5.jpeg
70AA8393-902A-40D6-9586-1EC345FEB26C.jpegA28F74CC-DA51-4504-AE5A-5FE6E45B82CB.jpeg0C54CC72-5B92-470D-94DD-F55C13A8ED7D.jpeg
冷蔵庫から消費期限を過ぎたちくわと牛乳がたくさん見つかり、急遽シチューを作ることに。
45D8D0FD-3653-4F21-B556-7943C35C541B.jpeg06646FE5-C9F8-4D10-8308-EB7BB3B22603.jpeg6CABAF60-152C-4ACC-8EB4-3535F2F99F4E.jpeg
ED04E281-DBA4-4E14-9005-130DE9D9840D.jpeg5D9CFC83-0BB9-4E66-A665-3C2695BFE84C.jpeg1967A99F-43AF-4D0D-BA16-2A28DF9C01C1.jpeg
大量になってしまい、お隣の人にもおすそ分けされました。

残ったちくわは濃口醤油と味醂を加えて炒めます。いりごまを加えて炒め合わせます。
D249F0EB-E9C3-4CB9-A5F1-03AA52893CEC.jpeg
合わせ調味料の計量です。
B9A83182-446A-4AB3-B5D6-D8E7323245C2.jpeg

そして、またもや作ってしまった白菜と豚肉のにんにく蒸し鍋。
25CB8EBE-5D80-4C71-B59C-900D48D81987.jpegD20A5CE7-6252-4C57-B7E9-58EC29677887.jpeg
簡単美味しいメニュー。

卵とじ。
9847E55F-6CEB-403F-BF38-728F6C83A73F.jpeg
F477300D-8F06-4949-8A29-805AB6AB30A7.jpeg
前にも買ったのを忘れてしまい、もう一度同じ食材を買ってしまうことがたびたび見受けられます。

引き続き、訪問時の冷蔵庫内の在庫確認が必要です。

お隣の方とも食べ物を介した交流が増えているようで、"隣人とのつながり"という思わぬ副産物も続いておられます。


作業療法士による訪問リハビリテーションも継続し、右手指拘縮は入院前の状態に少しずつ近づいています。包丁使用も大きな問題はなく行なえています。

さらに他の訪問介護事業所との連携を図り、入浴動作や洗濯物干し動作等の安全性確保、転倒予防の生活機能向上連携の取り組みを継続しています。


ともに行う訪問介護事業所は、身体介護による見守り的援助"ともに行う"で利用者様の重度化予防、QOL向上、自立生活支援をサポートします。

2020年11月27日

森さん、働く動画に応募!


心意気実践チームのいとうです。

弊社の就労継続支援B型事業所のカフェオーディナリー松原で働く森さんの様子を、就労支援フォーラムNIPPON2020の動画企画に応募します。

F56B56F2-1F54-4950-B6AA-9AB93D7374CF.jpeg

ST東田さんに協力してもらい撮影です。
CBACDC75-60B3-4927-A3FF-89F8FF71E88D.jpegB126B342-D777-4F9F-8E94-C75C470B0EF8.jpeg
配膳する様子。

外を掃き掃除。
07A84F79-8570-415B-8063-478A5D4CD3BB.jpeg30CFA5DB-8319-47DB-ACD4-C8195E30126B.jpeg

アクティブファーム。人参の収穫。
BCE17A37-DD2D-4685-86EA-5ADFB0AB0458.jpeg92CDAB7F-89AA-40B4-91DC-DD891FA51F97.jpeg
いい画が撮れました。

週明けに東田さんに編集してもらい構成を協議して応募します!

選考のうえ、12/12,13の就労支援フォーラムNIPPON2020の会場およびオンライン配信にて上映されるとのこと。

選考結果は12/8火曜日!

posted by Active at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2020年11月26日

吹田デイの日常の風景。


心意気実践チームのいとうです。


パーキンソンダンスにグループで取り組む利用者のみなさま。
7592AE21-B855-4E4F-851B-1620499F025C.jpeg
パーキンソン病の方もそうでない方も、みなさん一緒にDVDを見ながらしっかりと身体を動かします。

1人よりみんなでやると身体と心も動きます。

その傍らでPT馬場さんは、勉強中のコグニサイズやライフキネティックの方法論を活かして、利用者様に脳トレと運動指導をしています。


OT我如古さんは、軽度の麻痺と失語症や構音障害のある利用者様と屋外歩行練習へ。
IMG_2942.HEIC

朝9時半過ぎでまだ人気の少ない吹田駅前のショッピングモール内を歩きます。
IMG_2943.HEIC

いつぶりなのかわからないくらい久しぶりのエスカレーター乗降だったようです。
IMG_2945.JPG

過去にはよくここに買いに来てたと、八百屋さんの前で立ち止まる利用者さま。
IMG_2953.HEIC
モーニングにも通っていたとのことで喫茶店の前でも少し立ち止まって店内を眺めておられました。

表情が豊かになっておられました。

利用者様ならではナラティブがたくさんみえてきました。

どんな方なのか少しずつわかってきました。

デイサービスに戻ってからのST玉木さんによる言語訓練では、一生懸命にお腹から絞り出すように発声されていました。

ST訓練後、利用者様に介護スタッフ諫本さんから声をかけて、クリスマスに向けた室内の飾り付けを手伝ってもらいます。
CF9F4C55-AA1C-45CC-B7B4-8CDDF6FE1818.jpeg
利用者様、穏やかな表情で取り組まれています。
自発話も少しずつ見られていることと、頷きや笑顔でのあいづちが増えておられます。
よかったなぁ…としみじみ思います。


利用者様から手芸指導、編み物レッスンを受ける介護スタッフの山城さん。
8FEED8BB-158E-4B5E-B91D-1F6E2545DEFD.jpeg
AE5DA680-468D-4B19-964C-6E57D245A1D7.jpeg470F51EE-E6DB-4A3C-B5AA-10401DE48293.jpeg
利用者様が来られた際に、数分のわずかな時間ですが必ず一度はこんな風景を見ます。

それは利用者様ー職員という関係性ではなく、まさに"師弟関係"です。

そこには活き活きとして利用者様が弟子に手芸や編み物を教える姿がありました。


夕方になり午後の利用者様をご自宅にお送りした後にデイサービスを閉めてから、動画視聴しながらの小勉強会で、2年目PT馬場さん、1年目OT我如古さん向けに脊柱管狭窄症のリハについて学びます。
F970FE1C-2C30-485C-8C86-19EA9E4AC36E.jpeg
育成担当PT軽部さんからの熱心な指導です。

馬場さん、我如古さんの2人は眠たい目をこすりながら、座ってたらガクッと気を失いそうになるようで、時には立ち上がったり…となんとか食らいついています。


そんな吹田デイサービスのある日の日常の風景でした。
posted by Active at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 吹田より

続 男のゴルフ道。


心意気実践チームいとうです。


晴れ渡る秋空です。

PT田中さんと村上さまご夫婦でパターゴルフです。

今日も相変わらずの没頭ぶりと向上がみられています。
▼パターゴルフとフロー概念、ゾーンと目標設定について↓

▼10月2日の様子↓


尻上がりに調子を上げておられます。
467C723A-DFDB-4166-A56B-1D834E577B18.jpegCD04BFCA-320A-47BC-B8FF-C757D874CAE8.jpeg
当たりが変わりいい音になってきました。

杖を使わずにパターを杖代わりにして歩行する練習もしています。

持ち前のガッツと向上心、探究心を発揮されています。

▼ナイスなパッティング動画集↓








アクティブ心意気実践チームは、利用者さまの自立支援、重度化防止、QOL向上に資するご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

小野先生アドバイザリー業務@大正

株式会社アクティブ大正事業所運営責任者、理学療法士の飛永です。


小野先生によるアドバイザリー業務。

主に新人さん向けへの助言や指導をリハビリテーション科専門医とのコミュニケーションを交えて行うという定期的な育成の取り組みです。

大正事業所の新人3名にとっては、リアルでは小野先生に初めてお会いする機会となりました。

今日はデイサービス利用者様宅へ出向いての直接指導2件、ケースカンファレンス1件です。


奥藤PTからデイサービス利用者様の情報や質問等を説明します。
CF17C640-3F6A-44AA-A312-C12E3F326921.jpeg

いざお宅へ。
C887F627-D079-4146-A54F-EFC3BAF3B2E2.jpeg

ご本人様、ご家族様より具体的な意向をお聞きすることができ、またその上で小野先生から現場ですぐ実行できるアクションをお教え頂きました。次回ご利用時からのサービス内容の質をさらに高められそうです。



神谷OTから移動中の車内で、自転車に乗りたいという利用者様に関する情報を小野先生に質問等を交えて説明します。
そして、次のお宅へ。
8DDF633D-4CEC-4944-9AB2-246BDF01D9A0.jpeg
現時点での評価内容に対して助言頂き、自転車走行評価の回数がまだ少ないこともあり、長期的な視点で介入していくこととなりました。


訪問での指導が終わり外に出ると、もう夕方17時過ぎていて辺りは暗くなっていました。


事務所に戻り、育成担当PT軽部さんの司会で、柳原OTのケースカンファレンス。転倒リスクの高くなっている神経難病の疑い等があるデイサービス利用者様。
21CAC3A9-40D2-4ACF-93F4-BF58A13EBD0A.jpeg98F7B08E-1B25-41A0-AC3B-C998BE9DBF3B.jpeg
今後、必要な評価内容やアプローチをイメージできる機会になったと思います。



オンラインでは、堺事業所のOT山脇さん、冨吉さん、ST東田さんの3人が参加してくれました。聴き取りにくいなか遅くまで参加ありがとうございます。
23BCD086-7AE7-4DD0-9CA8-7BBE88545635.png
コンデンサーマイクを購入して音声環境を改善します。

チャットにて育成担当PT軽部さんから補足コメントを次々と記載して理解促進を図ります。
13DD099D-F1C2-4F6C-8E4F-26E4195DF176.png



奥藤PT、神谷OT、柳原OTの3名にとって、今回の小野先生のアドバイザリー業務が前向きな学びとなり、ご利用者様へ提供するリハビリテーションの質がさらに高まることを期待しております。




人材開発室 いとうより)
大正事業所の新人3名のみなさんの奮闘ぶりが伝わってきました。
各々の特性がとてもよく出た分かりやすい報告資料でした。
PT奥藤さんは利用者様宅でも丁寧にご家族に接して、作成した自主トレメニューの説明をできました。
OT神谷さんは視覚的にも見やすい気の利いた資料作成で利用者様とも信頼を得ている様子が伝わりました。
OT柳原さんは意外⁈にも詳細な情報が資料にあふれていて、分かりやすいプレゼンで自宅の環境調整に熱心に取り組まれている様子が伝わりました。
新人オリエンテーション以来、半年以上ぶりに再会でき元気に逞しくがんばっているのをみて、こちらも元気をもらいました。遅くまでありがとうございます。
posted by Active at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2020年11月25日

「アクティブオリンピック」のご紹介。

 こんにちは、松原事業所のOT山野です。

 今回は、アクティブデイサービス松原で行われている“アクティブオリンピック”の紹介をさせていただきます。

 月に一回行われています。レクリエーションゲームをより楽しく、熱く利用者様に取り組んでいただけるように各曜日の対抗戦形式で行っています。イメージ的にはかつてあったテレビ番組の「笑っていいとも」の「いいとも選手権」のコーナーの感じではないでしょうか? 

 このアクティブオリンピックは意外()と歴史が古く、今回で第108回となります。11月は18日から1週間行いました。ゲーム名は「ぴったんこボール」です。

burogu001.jpg

カラーボールを的である物干しスタンドに投げるゲームです。

burogu002.JPG

ボールの中に磁石が入っていますので、投げるとボールが物干しの棒にくっつきます。奥の棒になるほど点数は高くなります。このゲームの良い点は片手でもできるところです。

burogu004.jpgburogu005.jpg

「エイッ!」「ソレッ!!」。狙ったところに届かせるのはなかなか難しいようですね。

burogu006.jpgburogu007.jpg

やったー!! 最高点は1000点です!

burugu009.jpg

 1週間を終えて結果はこのようにお伝えします。今回は土曜日の午後チームが優勝ですね。優勝のチームには素敵な景品が・・・。実は、おやつの内容がいつもより少しグレードアップします。

 コロナ渦で、アクティブの各事業所でもイベントや交流会が中止されていますが、利用者様の楽しみとして感染予防に配慮しながら続けていきたいと思います。





posted by Active at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 松原

2020年11月24日

日本シリーズ観戦

アクティブ大阪が関わっていたALSの利用者様
発症当初から金井STと武OTが介入していました。
症状の進行に伴い現在は24時間対応の訪看が対応しています。

家族様から日本シリーズ一週間前に連絡があり
本人が「アクティブの人と日本シリーズを一緒に見たいと言っている…」

そこから一気に医師・CM・訪看・デイケア・保健師・医療介護連携室など
関わっているスタッフ全員が日本シリーズを見るために
現状のリスク、コロナ対策など情報共有が始まりました。もちろんこのコロナ禍なので色々な意見が出ました…

まずチケットを取ることから…関わっているスタッフみんなが申し込みをし
かなりの倍率から奇跡的に1枚ゲットすることが出来ました。

チケットを確保出来たら
次は観戦時の対策です。担当者会議をし
ドームまでの移動、車椅子、急変時の対応、食事、送迎時の状態確認、コロナ感染対策などなど
共有していきました。

かなりのスピード感でしたが
関わっている多職種が自分たちが出来ることを
一生懸命に考え行動に移すことができたことは
日頃からの連携の賜物であると感じました。
まさにチーム東成で成し遂げられたものでした。

IMG_4126.JPG

IMG_4118.jpg
もしもの時の為に医師会の看護師と一緒に待機しました。
料理屋の隙間から日本シリーズを覗いていました・・・

IMG_4119.jpg

サプライズ:事前に巨人軍にコンタクトをとり事情を説明すると原監督のサイン色紙を用意して頂きました。

IMG_4128.JPG

金井STといい写真です。

ご本人様が涙を流しながら喜ばれている姿を見て

このコロナ禍において出来ることを一生懸命に考え行動する
素晴らしさを実感しました。

このようなコロナ禍においてなので
通常でもリスクがあることからさらに踏み込んだものとなりました。
全ての支援者が叶えてあげたいという共通認識が持てたことが
結果成功につながったと思います。

実はご本人様は家族に迷惑がかかると
一切自分のやりたいことは言わず閉ざしてきました。
今回のことで新たな希望も出ているようで
全ての方々に勇気を与える一歩になったと思います。

関わって頂いたすべての皆様に感謝です。ありがとうございました。

アクティブ大阪
中原
posted by Active at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka

2020/21 オンライン新人研修「腰痛について」


人材育成担当のPT軽部です。

毎月第1,3金曜日16時45分〜17時15分のオンライン新人研修です。
2B726FB5-2148-46EE-A676-4A7436C4FEDB.png67E02699-C628-4EA4-8E39-C8A92C6CC7DD.pngCDDD430B-8568-4295-B5B4-C6945F64D709.png69497ABD-55F4-46AC-B52C-692C4D35BAB0.png3235ACA9-0C1C-49E7-9363-E7594384DD4B.pngC35965E6-05F0-4643-AE09-E666A1B676D5.png
腰痛という広い範囲の内容で30分の研修の中で伝えることを絞りに絞って説明しました。

この日も新人から20数年目の療法士の15名参加がありました。
66F83420-67FB-47C0-98F6-592BDED66162.png9388BC84-5855-4DE4-80BF-97C089B56BB2.png7AAB1B1E-BD90-4D2F-A495-831B444C99DE.png7242765E-1B3C-4EA4-9F2F-84FF4C2AC12B.png

基本的な解剖学や運動学の確認をしてから、実技場面の確認を行います。
57F8BC59-DDE4-41A5-8369-4D44B15FFFA9.png82A54094-57E6-4BF9-A407-1F7D93E9C2DA.png
67E2609F-845E-4FC9-A757-310DEB55427C.jpeg
2方向からの固定撮影、移動カメラかつ接写で、少しでも講師の手元を見やすくなるようにと工夫を重ねています。


本日の2020/21オンライン新人研修の録画資料を各事業所に送付していますので、参加できなかった方は視聴ご活用ください。

次回は12/4金曜日16時45分〜
毎月第一、第三金曜日16時45分〜17時15分
posted by Active at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

大正研修【アップデート】歩行

大正のPT谷中です。

今回歩行に着目しました。
PTだけでなく、デイの職員や他職種にも理解してもらえるような内容となっています。
専門用語や片麻痺患者における立脚期の重要性、高齢者を対象にした自主トレーニングの進め方など研究データに基づき簡単にまとめています。



今回のアップデート作成時に自分でも勉強になった部分は活動量計を用いた研究論文でした。
これまでの活動量計に対する印象としては、高齢者に限らず運動に対する意識の高い人が持っているものだと思っていましたが今回のような活用の仕方もあることが新たな発見でした。
目に見える形での変化を希望する利用者様も少なくないので、活動量計を用いることで活動量の増減が分かり原因追及にもつながり生活スタイルも変えていく事が出来るのではないかと感じました。
posted by Active at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2020年11月18日

今月の介護保険関連情報

今月の介護保険関連情報

▼ 訪問リハの診療未実施減算、医師の研修猶予期間延長へ
▼ 通所介護の個別機能訓練加算、既存の2種類を統合 来年度改定で 厚労省提案

社内メールマガジン"アクティブ流"「"〜になる"と強い思考を持ってみよう」PT長西さん(松原運営責任者)


皆さん こんにちは。松原事業所の長西です。


早いものでもう一年が終わろうとしています。今年はコロナで始まり、コロナで終わるというように、仕事もプライベートも人との接触、介在を極力避け、いろいろなことを我慢する一年でありました。


各事業所感染拡大予防に努め、自分自身、ご利用者様等の体調の変化には常に緊張感を持ち業務に当たられていることと思います。


当初は違和感のあった「新しい生活様式」も自然と身についてきましたね。


このコロナ禍において、お出かけ好きの私自身も自粛=自宅で過ごすことも多くなり、体重もみるみる増量してきました。

 

現在松原事業所では、松並NS、私長西に加え、今年より新たに日野上OTが主任として、松原の管理業務に当たっております。


この立場で働かせていただきはや3年、目紛しく日々が過ぎていきましたが、日野上OTが新たに即戦力として入ってくれたことで、自分自身には見えていなかった点に気付くことができ、さらに利用者様にはよりよい行き届いたサービスの提供ができているのではないかと思います。

 

さて今回はコロナ禍によ自粛期間において改めて自分を見つめ直何かに取り組むことができればと考えてあまり積極的に取り組んでこなかった自己啓発本を読んでみてという内容でかかせていただければと思います。

 

今回僕が挑戦した書物はナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」です。


だいぶ分厚い本ですし、翻訳なので理解しにい部分も多いとは思いますが、興味ある方は挑戦してください。

 

簡単に概略を書くと

1、 自分がなりたい姿、ほしいものなど願望を強く決める
2、 決断することで、行動することのアイディアが出てくる
3、 決断したらすぐに行動に移す。

 

その法則をうまく活用すると、自分の望む現実をすんなりと手に入れることができるよと言うものでした。

 

願望(願う)時はいい気分で行うようにするらしいです。


いい気分とは盛り上がってわくわくする感じ、リラックスしている感じなどこのような感覚で願うとより良いものが引き寄せられるとのことです。

 

数々の華々しい芸能人(イチロー、ガクト、本田圭佑、尾田栄一郎などなど…)

「〜したいなぁ」

「〜なったらいいなぁ」

というような曖昧な思考ではなく、

「〜になる」というような強い思考を持つことで、現実化してきたようです。

 

私自身自己啓発本を読むほうではないですし、こういったものは信じない性格なのですが、ただただ毎日をこなす日々になることや、無関心になるのではなく、それまで知らなかったことに触れることや、興味や関心を持って、常に小さな目標(車を買う、ダイエットをする、億万長者になるとかね)に向かって生活し刺激を受けていたいと思います。

 

来年度は介護報酬改定があります。改正のたび少しつ働き方が変り、戸惑うことや将来のことに対して不安を持つこともあると思います。


またコロナの終息もまだまだ先が見えにくい世の中ではありますが、しかしこのような時代だからこそ、良い思考をもちつづけ、自分という個の存在を輝かせ、自分の個性を発揮することで、来年度も充実した年にしたいものですね。

2020年11月16日

アクティブなアウトドア部。始動。

E8D3EF6A-AB8E-4EC8-8AA3-EC9128EA5A97.jpeg
若草山の頂上にて。
写真左から、PT藤島さん、OT日野上さん(松原)、いとう、ST碓井さん、PT馬場さん、OT我如古さん(吹田)


心意気実践チームのいとうです。

なかなかコロナ禍で社内の様々な活動も休止状況です。

職員向けのアクティブスポーツ倶楽部もその一つです。

そこで、三密回避などの感染対策をしながらも、今年度入職された新人さんを主に交流できるような場を作ろうということで、登山通のST碓井さんが急遽企画してくださいました。ありがとうございます。


◉アクティブスポーツ倶楽部アウトドア編◉

【春日大社原始林を歩こう】

○行先:春日大社原始林周遊コース 計4時間半くらい


原始林へ。
C79CF8B1-332A-4F4F-A410-6F814DBAAF32.jpeg

ひんやりと肌寒いなかのスタートです。
88DE724E-F3E2-4514-B013-8E93B19E800A.jpegC102BE07-DE16-4DAF-9F29-93D958D24A4F.jpeg75E93CF1-4744-401C-9A4F-71DE3AF8DA9D.jpeg939FC4AF-9636-442F-9D05-93702BD37240.jpeg
石畳みのなだらかな坂道が続き、少しずつカラダが温まってきます。


春日山原始林の紅葉は見事でした。
0E7727FD-BEF2-46A3-B807-2244066123C2.jpegB84A7C46-E28E-41BA-AB57-18086F9F3BAE.jpeg
2467EF90-7AB0-46B6-BD0C-25003C68AFF1.jpeg1B7158F5-CC11-4C66-AF25-F5C03E6BDE6E.jpeg
来週末は見頃になりそうです。


原始林を抜けると若草山の山頂近辺へ。
眼前に広がる奈良と京都側の平野と大阪側の山々には感動です。
9115B3E0-0059-4E33-BC4C-00886C006223.jpegA913C258-9849-4479-920C-F0470A309F38.jpeg9094FDC8-896B-45BA-9F30-8ADAE2786399.jpeg78270F58-EBB8-4584-A9AA-F66E508A42DF.jpeg
64FF3E3F-9BA2-4F34-9190-F449E0A2B6CD.jpeg5441F8C2-1B13-4E86-9B73-2FB13FF4B0CA.jpegE83DF640-F8AA-41D4-8717-8A99616767CD.jpeg749B20FC-8010-4049-B8B8-9A827E896987.jpeg8BBCBFBC-1854-4D92-8018-B32689F03C37.jpeg
4C90B963-85DF-4387-B464-9BDADA09732A.jpeg
山頂で食べるおにぎりは最高でした!
みんな無言で食べ切りました。


東大寺の二月堂近くの鐘はとてつもなく大きかった。
C4CF6D64-34BA-4702-AFFA-C70B4817D124.jpegAE08418C-BBD7-40D1-A3A6-074C6244C525.jpeg


鹿も寛ぐエエ陽気でした。
81701278-F7C3-4A43-BFCC-E105A92049C8.jpegAB604B31-291D-4780-936E-4C86C0521A2F.jpeg
7340128C-73AD-4A1E-8FD2-8355E2B5A547.jpegE9CB49C0-4543-4605-9ABF-CBFD820C0E99.jpeg6893B6A2-B61F-4FE9-BDE6-E9985B6B8801.jpegB8936F38-C36C-4379-8A22-B6FBB0CF0DAD.jpegE945D1E5-3D1A-44E9-8204-DD3E2316CFD4.jpegECCEE6FE-E62A-4C36-B1AC-5435175622F0.jpeg
山歩きのなかで、大自然の偉大さと歴史の深さを感じる本会になりました。

お互いが顔見知りになり、仕事以外の色んなことを歩きながらお話しができたのはよかったです。お互いの距離がグッと近くなりました。

登頂による達成感を得た方や日頃の運動不足、体力低下を認識した方もいて、運動習慣を変える良い機会にもなれば幸いです。


それにしても自然からたくさんのチカラをもらえることをあらためて感じました。

自然とふれあうと自分自身を直に感じることができるような気がします。

"我思う、故に我あり"

自然が我に帰してくれるのかもしれませんね。


次回は寒くなってからの"焚き火"を予定してます。感染拡大状況も確認しながらご案内します。
posted by Active at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2020年11月14日

スクーリング「傾聴、コミュニケーション等」


心意気実践チームのいとう、室之園、日野上です。


第2金曜日の午後は社内キャンパスでもある実務者研修のスクーリングです。


この日はコミュニケーション、傾聴、共感、コーチング等を、その心構えから知識、技術的なところまで学びます。
379955FD-F379-4C01-A8E5-92799F57C866.jpeg


よい傾聴とは?
410A90B9-0C39-4279-926A-CC719346CC97.jpeg
イメージするのは"スポンジよりトランポリン"というお話し。


コーチングについて
30A2A0DF-183D-4C7A-B864-35A2981721C3.jpeg8A5AACFB-B056-4BDC-982F-4B5EBD526895.jpeg
"答えはクライアントの中にある"
看護やリハビリテーションの中でも必要不可欠なコミュニケーションスキルだと思います。

参考)
コミュニケーションとは?能力やスキルの前に知っておくべきコミュニケーションの本質と6つのヒント | Hello, Coaching!  


医療者、ケア者である私たちの義務として、当たり前の責務のようにしている共感するということ。
9AC4E71E-6C26-4F82-B7D7-9C19434D9E62.jpeg
上記の3つの条件が揃えば、ケア者と被ケア者の両者が成長する関係性がうまれるとした、カール・ロジャースさんのクライアント・センタード・アプローチ。


ナラティブ・アプローチについて。
2AE57C2D-DECE-4305-920D-821D2EE5753D.jpeg
エヴィデンス・ベースド・メディスンとナラティブ・ベースド・メディスンについても、整理してみました。


ミラーの法則やペーシング等の話しもしました。
A95381CE-1207-4A08-BDD2-FAA834D5EEAD.jpegB45C6B1F-7B07-4820-B4A9-7A61C5C976FC.jpeg


"ONE on ONE"のワークを通して、対人援助サービス職としての前に、人として大切なコミュニケーション観、方法を確認します。
F0E10CC9-C155-4A1F-A181-FB2F1F856CCD.jpeg6284324A-7162-4AB3-B7DE-F16634840FE8.jpegFEBBDDA3-3E56-45D4-932F-8F2DEB9024C5.jpeg1EB8F192-4BA8-41F6-9329-8718CBAE307A.jpeg
その人が何気なく行なうコミュニケーション上の良いくせやよくある傾向も、自分自身で確認でき意識する機会にもなったのではないでしょうか。


コミュニケーションの主体は相手(聞き手)にある。
0D36A80C-8CCC-4E76-8B57-14814D8D849E.jpeg
話し手からすると、言ったから、伝えたから、報告したから…もう大丈夫!と、ついつい思いがちです。
それがそのあとどうなったか、見守ること、確認することも大切なことです。


意識して現場で発揮し続ければ、利用者様支援だけでなく、日頃の生活や仕事場面にも活かされることばかりかと思います。


次回スクーリングは12月11日金曜日14〜16時@カフェオーディナリー松原

大正研修【アップデート】腎臓リハビリ運動療法について 〜運動制限から運動療法へ〜 春木優佑(PT)

アクティブ大正のPT春木です。
腎臓リハビリの運動療法について発表させて頂きました。

以前働いていた病院では、腎臓病の方が多く、リハビリさせて頂く機会がたくさんありました。
腎臓病患者様の運動療法を実施していく上でのリスクはたくさんあり、
再度勉強させて頂き、自分自身知らなかった事もあり、とても勉強になりました。




質問を頂いたので紹介します。

透析後の疲労が強い利用者様に運動療法を勧めた方が良いかと質問がありました。
回答としては、非透析日に運動を勧める事が理想的であると、ガイドラインにも記載されており、頻度的には週に3〜5日で良いとの事なので、非透析日の運動療法で良いと思います。
しかし、運動習慣の無い方はサルコペニアやフレイルなどの合併症のリスクもあり、透析後の全身状態によりますが、リスク管理をしながら運動を勧めるのは、良いと思われます。


posted by Active at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2020年11月12日

関節リウマチの利用者様と買い物へ。


心意気実践チームのいとうです。


念願のご近所に新しくできたスーパーへ。
118604A7-D07F-4433-B90D-3DE0B6A553DE.jpeg
▼10月の様子はこちら↓

感染予防のためオープンから数週間経過したタイミングで、お客さんの入りが少し落ち着いた頃を見計らっての買い物練習です。
かなり我慢されていました。
F7D5FF7B-27DF-4A49-B67C-DC3758755F4C.jpeg
お店がオープン前の建築中の間に、何度も何度も歩行やスロージョギングで予行演習を行なってきました。

"あーでもないこーでもない"と、じっくりと品定めされます。
0B84DD9D-2113-4330-829B-EABFDABE2347.jpeg

最後はついでに郵便局にも行って、1時間近く歩いて回りましたが、痛みや関節症状はありませんでした!

家事の量や質的な部分は、自分自身にブレーキをかけながら、コントロールされておられ、少しずつ改善が見受けられます。


アクティブ心意気実践チームは、利用者さまの自立支援、重度化防止、QOL向上に資するご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。



☆関節リウマチメモ☆

リハビリテーション・ケア合同研究大会2019より
「関節リウマチのトータルマネージメント -薬物治療とリハビリテーション介入の重要性」松下功先生(富山大学附属病院整形外科・リハビリテーション部 診療教授)

○診療の目安となる検査数値
→抗CCP抗体,CRP,WBC,Hb,MMP-3,ESR
▼検査・診断について
https://rheuma.jp/about/checkup.html(”リウマチとは”⇒”検査・診断”)
→VAS(痛み),DAS28-ESR(総合疾患活動性指標、病気の活動性の指標),HAQ(機能障害の程度)
等々
▼DAS(ダス)とHAQ(ハック)
https://rheuma.jp/cure/effect.html(”リウマチの治療”⇒”治療の効果”)

○作業療法は高いレベルのエビデンスがある(関節リウマチ診療ガイドラインより) 
→関節保護に関する指導
→新薬の生物学的製剤を服用していても関節保護は有効
→包括的な作業療法(限定的)
→スプリント療法

○有酸素運動、筋トレの推奨
→関節エコーにて滑膜炎は少しあるものの問題無し
→片脚スクワット、ヒールレッグ、ランジ
→ロコモトレーニング(日整会)
→評価は股関節外転、膝伸展等

○サルコペニアはリウマチの人が多い
→運動療法のエビデンスレベルが高い
→有酸素運動、筋力トレーニング、プールエクササイズを1.25時間を週2回でも関節変化無し

○軽い運動より強い強度の運動ができれば、筋力向上、転倒予防、QOL向上につながる

○活動量の調節、ペース配分、過用の予防指導(変形等)

▼関節リウマチの症状や用語の解説(中外製薬)はこちら↓
posted by Active at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

新人オンライン・ダイアログ


人材開発室・心意気実践チームのいとうです。


この日は毎月第2火曜日の17時15分から任意参加の新人オンライン・ダイアログがありました。
22AD6091-4330-4BE6-AC3E-074B4F88E0F2.png
参加者は、写真右上の新人PT藤島さん(松原)、写真右下の新人OT我如古さん(吹田)、ST碓井さん。


本日はテーマを決めて対話を試みました。

「オンライン・アクティブ学会での発表内容、ケースなどについて」

来年の3月にオンライン開催を予定している弊社の社内学会です。

各事業所の新人さんや2年目、3年目の療法士の方々を中心に、ベテラン療法士や看護師による報告に加えて、総合事業部や心意気実践チーム等の事業部からの報告を予定しています。

各事業所の新人さんは、どの利用者様から協力を得て、どんな発表にしようかと日々考えている方々が多いかもしれません。


PT藤島さん(松原)、OT我如古さん(吹田)は、発表するケースを大体決めて、発表内容の絞り込みに入っているようです。

お二人とも、意図している反応や結果が利用者様から引き出せるか…治療戦略を立てて試行錯誤をされているようです。

お互いのケースについての意見交換をしたり、他の同じような利用者様のリハ内容を、確認しあったり、外部のオンライン研修についての情報交換をしたり…

笑顔と真剣な表情が入り混じるあっという間の40分でした。


新人オンライン・ダイアログでは、引き続き新人スタッフのみなさんの交流と、対話を通して日頃の疑問や問い、課題を捉え直して目標設定や課題解決、改善案を参加者のみなさんと作り上げる場になればと思います。
細々ながらも継続していこうと思っています。

ダイアログは、利用者様支援で活かされるコミュニケーション観でもあり、他職種間連携での相互理解にも不可欠なものと思います

◉次回の予定◉
12/8火曜日17時15分〜18時頃まで
テーマ「オンライン・アクティブ学会について」等
posted by Active at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

【ロコトレ動画作成 〜相手に伝える難しさ〜】

総合事業部の理学療法士(PT) 谷村です

先日、お世話になっている堺市北花田の自治会から、「ロコトレの動画をラジオ体操っぽくできないかなぁ?」という依頼を頂きました

「ラジオ体操っぽく…ということは、ナレーションもしっかりせねば!」と思い、せっせと作りました力こぶきらきら

ナレーション作るのって、難しいですね顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗) 声のトーン、抑揚などなど、伝えやすさを考えると、ナレーションされてる方の凄さを痛感しました

8648.jpg
posted by Active at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 総合事業部

【テレ体操 〜早く始めねば〜】

総合事業部の理学療法士(PT) 谷村です

最近また、新型コロナウイルスが大阪でも増え始めている今日この頃…困り

第2波が落ち着いてから、リモートでの健康体操の必要性が少しはなくなってきたかなぁと思っていましたが、早急にシステムを準備しないといけなくなってきています!失敗あせあせ(飛び散る汗)

『テレ体操』は、コロナ禍だから必要というわけでなく、講師が不足している地域にもサービスを提供できますし、まだまだ発展途上のシステムかなと勝ち誇り

いつもお世話になっている堺市五箇荘東校区の運動自主グループでは、今日もテレ体操をさせていただき、みなさん日々スマホに慣れてきているのを痛感していますてれてれ拍手

こんな時だからこそ、高齢者がデジタル化社会に慣れてもらえるよう頑張ります!力こぶ

ちなみに、最後の写真は、同じ町会館内の別室でリモートしていたので、一人ぼっちな状況(泣)寂しいものでした(笑)からかう(あっかんべえ)
8649.jpg

8650.jpg

8651.jpg


また、公式LINEアカウントやInstagramも始めているので、また総合事業部の事業内容を見て下さい。

ホームページはこちら
QRコード(HP無料版).png

公式LINEアカウント名:アクティブ★エクササイズ
QRコード(LINE公式アカウント)M.png

Instagram
QRコード(Instagram).png
posted by Active at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 総合事業部

2020年11月07日

2020/21オンライン新人研修会「立ち上がり、歩行」


人材育成担当のPT軽部です。

この日のテーマは「立ち上がり、歩行」ということで、伝える側としてはどのようにすればいいか想像力を最大限にしないとダメです。

といいながら、力を込めて始めたのに完全ミュートにしていたのを、参加者のOT山野さんからチャットで指摘されるまで気付かずにいました…汗

で、気を取り直して…
今日はいつもの正面、側面の固定カメラに加えて、移動カメラ(人材開発室の伊藤が担当)で講師のハンドリングや介助の手元に接近しての3画面で撮影しました。
4939DC63-6FD5-4584-8AA8-20FC03B2B24F.png
27C2383A-8B7B-4C43-B585-6E40ABA4F20B.png
少しは分かりやすく伝わったかなあと思います。


新人さんから十数年目の療法士方まで計16名が参加してくださいました。
AB4386D5-EAE2-4D1A-9537-B4E907778DEE.png
3FDF7238-F1FF-4826-BBA3-AE067CA863F6.png
E1EFCA9C-05C9-46F0-84A3-5297070A05D6.png
参加ありがとうございます。


実際の訪問現場での立ち上がりと歩行へのアプローチとその介助方法からも動画をみながら学びます。

手引きでの歩行介助と、
A78CD247-F391-4292-8082-4F9525C6D21D.jpeg
後方からの歩行介助でのその違いについて。
224FF85D-F88B-4566-A4EE-324E51311276.jpeg
脳・神経生理学的な内容も確認しながら進めることで、実際の現場で目にする利用者さまへの応用も行いやすくなります。

各事業所での巡回指導時にでも確認させていただければと思います。

今までの2020/21オンライン新人研修の録画資料を各事業所に送付していますので、参加できなかった方は視聴ご活用ください。


次回は11/20金曜日16時45分〜
毎月第一、第三金曜日16時45分〜17時15分
posted by Active at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2020年11月02日

アクティブスマイル10月☆ハッピーハロウィン

こんにちは。大正事業所のOT神谷です。

10月31日はハロウィンというこで今回、利用者様やスタッフに協力してもらい、感染拡大予防に配慮しながらデイ内のハロウィンの飾りづくりを手伝ってもらいました。
主に手指の巧緻性や季節感を実感してもらうために実施しました。

IMG_6113[1].JPG

折り紙やアイロンビーズ、毛糸など様々な素材でつくってもらいました。とても可愛くて、素敵なものばかりでした。

IMG_7245[1].JPG

IMG_7244[1].JPG

IMG_7246[1].JPG

10月最後の1週間でお面をつけて、少しだけ仮装をしました。
利用者様は恥ずかしながらもお面をつけたスタッフと笑いながら、一緒にお面をつけて下さいました。
お面をつけたスタッフを見て「可愛い」と笑顔で話されたり、室内の飾りつけを見上げる場面も見られました。

IMG_7221[1].JPG
左から村田介護職員、奥藤PT、責任者の飛永PT

IMG_7220[1].JPG
奥藤PTはカボチャになりきって、イベントを盛り上げてくれました。

自然と笑顔が出てくるイベントを実施することができ、デイスタッフもその笑顔を見て元気をもらいました。
今後も感染拡大予防につとめながら毎月のイベントを楽しんでいきたいと思います。

大正事業所
作業療法士 神谷
posted by Active at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)