2021年10月29日

熱血!2年目藤島PT勉強会、始まる

最近、とても寒くなってきました。
そろそろ上着も着ないといけないなぁ、など思いながら仕事をさせていただいています、
アクティブデイサービス松原の日野上です。

本日はタイトルにも書かせていただきました、当事業所藤島PTの勉強会です。
彼の強みは、なんといっても「自発的に行動ができる」という点ではないかと思います。
実はこの勉強会、誰かに言われて実施しているのではなく「必要だと思ったから」実施してくれました。
・勉強会をすることによる自分自身の成長
・勉強会をする雰囲気がデイにできればデイの職員にとっても成長
自分自身で考えて行動に移してくれました。
ナイスガイです。

さて、発表の内容ですが、「疼痛について」です。
IMG_5126.JPG
発表前は少し緊張しているように見えましたが、始まってしまえば流暢に話を展開していきます。
非常にスムーズにプレゼンを行ってくれましたが、このパフォーマンスをするためには事前に入念な練習があったのだろうと思います。
IMG_5127.JPG


IMG_5128.JPG
発表中は新人スタッフや学生さん、谷村PTも真剣に聞いています。
気付けば30分というあっという間の勉強会でしたが、
IMG_5131.JPG

IMG_5133.JPG
やはり「伝わる」プレゼンが出来ていたのでしょう、颯爽と質問の手があがっていました。
質問に対して丁寧に答える藤島くんです。
すごいです、かなり勉強しています。
そして、ベテランPTの谷村さんと山野OTよりアドバイスです。
昔は痛みについて分かっていることも少なくて、物質のことや作用についてこんなに詳しくなっているのかと聞いていて勉強になった。
非常に詳しい内容の勉強会で、とても良く勉強をしていて頑張っているなと思う。でも、藤島くんは大丈夫だと思うけど、知識に頼りすぎて頭でっかちになってしまうと、痛みの知識に利用者様の行動や生活を当てはめてしまうようになってしまうので、しっかりと利用者様の動作を見て考えるようにはしていってほしい。痛みのエピソードを詳しく聞いて対応を考えることも大切だけど、動作をみて「ここで痛みが出ていそうだな」と観察から予測し、最後に「どうでしたか?」「スッキリしました」、こういう関わりも痛みの治療では必要なことだと思う。
とフィードバックを頂きました。
藤島くんが多くの時間を使い、勉強会の準備をし勉強会を開催してくれたことで全スタッフが成長し、さらに藤島くんの勉強会を聞いた谷村さんと藤島くんのディスカッション・フィードバックを聞くことで、もう一歩、全スタッフが成長できたのではないかと思います。

勉強会をするということは非常に多くの労力とエネルギーを使いますが、「必要だと思ったから」と行動に移してくれた藤島くんに感謝です。
IMG_5134.JPG

最期に
「12月くらいに、もう一回勉強会しようかな」とつぶやいていた藤島くん、頼もしい限りです。

これからもアクティブデイサービス松原は、らしく活きて行こうと思います。

アクティブデイサービス松原:日野上
posted by Active at 18:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 松原

アクティブオリンピック(デイサービス松原)9月

アクティブデイサービス松原事業所1年目の松原です。
9月にアクティブデイサービス松原において行われました、「アクティブオリンピック」9月の報告です。

IMG_1650.JPG

全て紙コップで作成されたモグラとハンマーを用いています。10個のモグラを何秒で箱に移せるかを競うゲームです。
ハンマーのコップとモグラのコップが上手く引っ付かず箱に移すことが難しい様子でしたが、練習を行ってもらうと多くの利用者はコツを掴み、すんなりと行っていました。

IMG_1589.JPG

初めてアクティブオリンピックの作成を担当させて頂きました。利用者全員が楽しめる難易度のものを作る事に凄く難しさを感じながらも、その中で皆様が楽しんで頂けている様子が見られたのでとてもよかったです。

コロナ渦のため最新の感染予防策を取りながら開催しました。今後も継続してこのようなイベントを開催し、利用者が楽しんで頂ける環境作りに取り組んで参ります。

アクティブデイサービス松原一同
理学療法士 松原 颯斗


posted by Active at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 松原

2021年10月28日

小野先生特別オンライン講義「リハビリテーション医学・歴史と脳卒中のリハビリテーション」


人材開発室いとうです。


この日は2015年度から弊社のアドバイザーを務めていただいているリハビリテーション医の小野仁之先生によるzoomを用いた特別オンライン講義です。

テーマは、
「リハビリテーション医学・歴史と脳卒中のリハビリテーション」
ということで、新人・既卒療法士向けに、小野先生が長く関わっておられるリハビリテーション医学とその歴史、歩みを振り返りながら、脳卒中のリハビリテーションについてもお話しをいただきました。
スクリーンショット (260).png
スクリーンショット (261).png

歴史的な著名人の脳卒中治療をお話しいただき、検査や治療法の発展を知ることができました。
スクリーンショット (262).pngスクリーンショット (264).png


機能回復のメカニズムについて。
スクリーンショット (265).pngスクリーンショット (267).png


ピアサポートについて。
スクリーンショット (269).png


心が動けば体も動く。
スクリーンショット (270).png
人に及ぼすリハビリテーションの未知なるチカラの可能性をあらためて感じました。


地域リハビリテーションに関わる療法士はリハビリテーションの専門家として、直接援助に専心することは当たり前のこと。
スクリーンショット (271).png
それに加えて、対象者となる患者さま、利用者さまを取り巻く周囲の人、当事者の組織化・ネットワークが不可欠で、それらを教育・啓発することにも、療法士は取り組んでいかないといけないという言葉がありました。


過去を振り返り、現在を見つめ直して、まだ見ぬ未来に向け、たった今から何をどうしていくべきかを考える機会をいただきました。

次回も楽しみにしております。


初めてのオンライン講義・収録を終えて笑顔の小野先生です。
スクリーンショット (272).png
いつもながらですがご厚意ありがとうございます。


当日参加できなかった方々には、録画資料を閲覧できるように録画URL、YouTubeの動画URLを各事業所メールへの送付に加えて、Googleドライブで共有しています。
ともに社外秘、限定公開のため取り扱いには留意していただきご活用ください。


When one person teaches.
Two person learn.
"独りが教えると、両方学ぶ"

教える人が学ぶ姿勢を見せ続けることで一緒に変われる。

教える側が学び、ともに成長するという関係性へ。

"よき臨床から、よき教育と研究が生まれる"
"よき研究から、よき臨床や教育も生まれる"
posted by Active at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年10月25日

(2年目療法士)新人プログラムzoom講義「CKD、人工透析」


人材開発室のOT伊藤です。

担当はPT軽部です。


人工透析の流れと仕組みについて。
4939A033-4198-49D7-94D5-A64F8ED48C1E.jpeg

血液検査データからCKDを読み取る。
スクリーンショット (246).png

スクリーンショット (248).png

スクリーンショット (249).png

スクリーンショット (251).png

スクリーンショット (253).png

あらためて人工透析について。
スクリーンショット (254).png

スクリーンショット (255).png

スクリーンショット (258).png
参加者のみなさんにたずねると、以外にも弊社デイサービスや訪問看護にCKD利用者さまは多くいないようでした。

今回のzoom講義では、知っているようでいて知らなかった病態や生理学的なことを確認することができたのではないでしょうか。


参考)
新しい国民病ともいわれる慢性腎臓病
chronic kidney disease:CKD

慢性腎臓病(CKD)とは慢性に経過するすべての腎臓病を指します。
あまり耳にしないかもしれませんが、実は患者さんは1,330万人(20歳以上の成人の8人に1人)いると考えられ、新たな国民病ともいわれています。

慢性腎臓病(CKD)はメタボリックシンドロームとの関連が深く、誰でもかかる可能性があります。 腎臓は体を正常な状態に保つ重要な役割を担っているため、慢性腎臓病(CKD)によって腎臓の機能が低下し続けることで、さまざまなリスクが発生します。
▼詳細はこちら↓

CKDでは、心臓病や脳卒中などの心血管疾患にもなりやすいことが明らかになっており、いかにCKDを治療し、心血管疾患を予防するかが大きな問題となっています。
▼詳細はこちら↓



当日参加できなかった方々には、録画資料を閲覧できるように録画URL、YouTubeの動画URLを各事業所メールへの送付に加えて、Googleドライブで共有しています。
ともに社外秘、限定公開のため取り扱いには留意していただきご活用ください。


When one person teaches.
Two person learn.
"独りが教えると、両方学ぶ"

教える人が学ぶ姿勢を見せ続けることで一緒に変われる。

教える側が学び、ともに成長するという関係性へ。

"よき臨床から、よき教育と研究が生まれる"
"よき研究から、よき臨床や教育も生まれる"
posted by Active at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

社長と遊ぼう vol.1


職員の皆様こんにちは。

代表の阪東です。

日頃はコロナ禍の最中、業務に取り組んで頂きありがとうございます。

この度、総合事業部の一環として「山遊び」を通した社内外福利厚生事業を発足いたしました。
timeline_20211022_122014.jpg


以前のように飲み会などがしにくい状況が続く中で、
ささやかですが私の趣味である「山遊び」を通して運動の機会、
ストレス発散など楽しんで頂ければと思い企画しました。
timeline_20211022_122012.jpg



開催日: 2021年 11 月 28 日
開催地: 金剛山
timeline_20211022_122000.jpg


参加ご希望の方は以下のフォームに
・お名前
・電話番号
・メールアドレス
・所属
を入力下さい。
↓↓↓


vol.1は
大阪1の標高を誇る金剛山登山
〜マイナールートでしか味わえない晩秋の自然〜
です。
timeline_20211022_122006.jpg

・日時:11月28日(日)7時集合、
 8時水越峠スタート、
 往復5時間程度、
 集合場所は参加者確定後に決定します。

・消費カロリー:約1200kcl

・参加人数:10名程度、アルプスから里山の登山、
 沢登りなどの経験豊富な山仲間が同行してくれます。

・服装など:長袖長ズボン寒くなくて動きやすい格好、
 靴はある程度グリップの効くもの(スニーカー可)、
 カッパなどの防寒着、軍手など手袋、帽子、マスク

・持ち物:水分、行動食、昼食(頂上でお湯は炊きます)、
 ザック、携帯、保険証、千円程度、携帯ゴミ袋

・費用:集合場所までの交通費、各個人昼食代
timeline_20211022_122011.jpg


ご参加お待ちしております!


※イベントで保険は入ってますが個人でも必要なら加入してください。
お問い合わせinfo@active-nopsj.comもしくは広報室メンバーまで
(堺:ST松本さん、東田さん、泉北:PT大家さん、
松原:ST水野さん、大阪法人の今里、大正、吹田:OT伊藤さん)、
各事業所責任者まで
posted by Active at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア部

2021年10月22日

キャリアのオーナーは自分。仕事は自分ごとに。



人材開発室のいとうです。


キャリアのオーナーは自分。

キャリアは会社のものではなく自分のもの。

仕事を自分ごとに。

目の前にある自分の仕事に所有者意識を持つ。


ワークライフバランスとか言われて久しいですが、10数年前にこの言葉をはじめて聞いた時に違和感を感じたのを覚えています。

都合のエエ言葉やなぁ、と。


仕事も生活も人生も遊び、どれも誰にとっても大切なはず。

そもそもワークとライフは切り離して考えられるものではないでしょう。

ワークとライフのバランスをとるものなの⁈

それがいいことなのか⁈


その後、

"ワークライフ・インテグレーション"

"ワークライフ・ハーモニー"

という言葉も登場して、

仕事も生活も人生も遊び、どれも大切にする姿勢でいるのが自然なのかなとおもうようになりました。


ワークとライフで切り離すのではなく、あくまで連続性、つながりあるものとして、仕事をとらえることができれば…

仕事を大いに公私混同しながらも楽しめるようになれるのではないでしょうか。

それにより何でも面白がれる力となり、

変化も拒まず受け容れ、

新しいことにも粘り強くチャレンジでき、

より良い成果に結びつくものなのではないか。


と、ふと思った今朝の満員の通勤電車のなかでした。


キャリアのオーナーは自分。
仕事を自分ごとに。

▼キャリアデザインを駆動させる3つの問い


参考)
10数年前にたまたま読んで働き方を変えるきっかけになった一冊より
C664F8A9-7626-42CA-97B7-4D208CB6F0E9.jpeg

 "公のことを自分のことのように真剣に考える"という意味の公私混同を。
「公私混同は大いにしなさい」
「これからは新しいものを自分でつくりだせる人が求められる」
平尾誠二さんのインタビュー記事より

月刊『致知』2005年6月号 特集「活力を創る」


「ワークライフ・インテグレーション」とは


766AA2D7-6CF7-4B16-B775-C0373BA11B1A.jpeg25D13B04-D36F-49E9-B373-DE46949DC5EB.jpeg
posted by Active at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年10月19日

第18回日本訪問リハビリテーション協会学術大会in高知2021にて2演題報告しました。


発掘あるある広報室のいとうです。

2C85107B-7315-41B4-9197-0820EF18657A.jpeg1A0E2000-8143-4A39-8744-21DCA2F5CDC3.jpeg

先日WEB上にて行われた第18回日本訪問リハビリテーション協会学術大会in高知2021にて、上記2演題の発表・報告をしました。


「夫の免許返納に伴い電車での通院が必要となった通院練習を通して〜心意気実践チームの活動紹介〜」
OT日野上 貴也さん(松原事業所主任、心意気実践チーム)

「職場コミュニティの醸成に向けて〜組織文化を耕し続ける〜」
OT伊藤 健次郎さん(心意気実践チーム・人材開発室)
▼ナレーション動画↓



お詫び)
二人とも慣れないオンラインで行われた本会の質疑応答の方法をしっかりと理解しておらず、質疑応答の対応ができず大変申し訳ありませんでした。もし質問して頂いた方がいらっしゃいましたら、アクティブ訪問看護ステーションまでお問い合わせください。どうぞよろしくお願い申し上げます。
posted by Active at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 発掘あるある広報室

2021年10月15日

新人教育プログラムzoom講義「歩行、歩行介助」

人材開発室のPT軽部、OT伊藤です。

新人教育プログラムzoom講義「歩行介助」担当はPT軽部です。

スクリーンショット (220).png
スクリーンショット (221).png

あらためて歩行分析から。
スクリーンショット (222).pngスクリーンショット (223).png
スクリーンショット (224).png

スクリーンショット (225).pngスクリーンショット (226).png

歩行分析から得たことの歩行の特性をつなぎ合わせて、いかにして日々のリハビリテーションと利用者様の自立生活支援に生かしていくか。

考えるよい機会になればと思います。



当日参加できなかった方々には、録画資料を閲覧できるように録画URL、YouTubeの動画URLを各事業所メールへの送付に加えて、Googleドライブで共有しています。
ともに社外秘、限定公開のため取り扱いには留意していただきご活用ください。


When one person teaches.
Two person learn.
"独りが教えると、両方学ぶ"

教える人が学ぶ姿勢を見せ続けることで一緒に変われる。

教える側が学び、ともに成長するという関係性へ。

"よき臨床から、よき教育と研究が生まれる"
"よき研究から、よき臨床や教育も生まれる"
posted by Active at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年10月14日

STの基盤

841EFA35-3C14-4726-94FA-0B8E079F6749.jpeg

利用者さんと外を歩いていて見かけた、ご近所さんの庭先のゴージャスなお花。
「たぶん、ふようだと思うよ」と利用者さん。
調べると、大正解。
「芙蓉」でした。
ST水野です。


約20年前、私がSTの卵だったころの話です。

臨床実習で出会った失語症の患者さん。
自分の担当ではなく、バイザーの先生が実習中に私が失語症の方との関わりが少なかったことを気にかけて、実習最後に話す機会を設けてくださいました。

運動性失語症があり、半分以上が白髪の男性。
ことばはほんの少し出る程度、こちらの質問に対してよく反応してくださり、男性の表情・うなずきや・首を傾げたりする様子から意思を読み取ろうとしていました。

どういう流れだったかは覚えていませんが、男性のご家族の話題になりました。
男性は何かをいっしょうけんめいに訴えました。
ことばにならない声が男性の口から出ていました。
質問への反応でわかったのは「息子さんがいること」。

紙に息子と書き、その紙と鉛筆を男性に渡すと、男性は息子の隣に「6」を書きました。
「6…6歳ですか?」男性はうなずきました。
「息子さん、6歳なんですか?」男性はうなずきます。
「息子さんですよね?お孫さんではなくて」男性はまたうなずきました。

それからも男性の訴えは続きました。
息子さんのことを伝えたかったようです。
文字で選択肢を示しますが、首をふられ続けました。
私は言いました。「ごめんなさい、ちょっとわからないですね」

男性とのやりとりを見ていたバイザーの先生から後ほどフィードバックをいただきました。

「文字を示したり、書いていただくよう促したりしたのはよかったと思います。でも、簡単に『わかりません』とあきらめてしまいましたね。もっと他の方法を探って、できる限りの努力をしてほしかった」

バイザーの先生はコミュニケーションノートを使う方法など助言してくださいました。

利用者さんの伝えたいことを理解するために最大限の努力をすること。
このとき学んだことが、私のSTとしての姿勢の基盤です。

できることを尽くして「そういうことですね。わかって、よかった」までたどり着けたら、安堵します。

どうしてもわからないときでも
「ここまではわかりましたよ、がんばりましたね」
「伝えようとしてくださって、うれしかったです」
というメッセージは必ず伝えるようにしています。

利用者さんに思ってもらえたらうれいしいこと。
「この人と話したい」
「この人ならわかってもらえそう」
「この人は自分をわかろうとしてくれているな」

以前も書いたことがありますが、大事にしたいのは「利用者さんが話したい気持ちを持ち続ける」こと。
話せるようになっても、伝えたいことがなかったり、話したい相手がいなかったりしたら、何にもなりません。

今回でST水野(松原)の日記、150記事です。
お読みくださり、ありがとうございました。
posted by Active at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記

2021年10月13日

読書感想ブログその10〜読書は1冊のノートにまとめなさい〜

どうも。
泉北のむろのぞのです。

今月の本はこれ。

読書1冊.jpg

読書は1冊のノートにまとめなさい
100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング



●「読みっぱなしは読んでないのと一緒

頭に残らない読書ではダメ


読書ノートは敷居が高め(と感じてしまう…)

読書ノートを作ろうにもそもそも実用的なマニュアルがない

本書は極めてアナログの読書術

知的生産の技術は自分にとって「使いこなせる方法」でなければ続かない




本の冒頭、著者の奥野さんはそう話しています。

私はまだまだうまくできていませんが、本を読み終えたら必ず読書ノートに感想や大切だと感じたポイントを書き残すようにしています。


今年から毎月アップを目標に実施しているこの読書感想ブログもその延長線上の作業です。


なぜそんな面倒くさいことをするのか。


やはり奥野さんがおっしゃっているように私も「読みっぱなしは読んでないのと一緒」と感じてしまっているからだと思います。


リハビリや介護の専門書を読んでいるときも「ふんふん。なるほど」とわかったような『気』になっていることが多く、実際の現場で全く活かせていないことが何度もありました。


読書ノートや読書感想ブログのような取り組みをして以降、読み終えた本にどんなことが書いてあったかが、ササッと読み返すだけですぐに思い出せるようになりました。


また、本で学んだことを少しずつですが実生活(仕事など)に落とし込めるようにもなりました。


本書はまだまだ読書ノート初心者の私でもわかりやすいと感じた一冊となっています。

とてもあっさりした内容なのですぐ読み終えると思います。





●読書ノートは「ひと言」でいい

「自分にとって」重要な内容(本の引用)

そこで発生した「自分の考え」(本の感想)


・なぜ読書ノートでインストールできるのか

作者の文章を写すと自分の考えもよくわきだすような感覚を覚える

要は読書を自分にとっての「重要箇所を抽出する作業」にしてしまう


・ねぎま式読書ノートの作り方

ペンでチェックしておいた箇所のうち、もう一度読んでも「おぉ」と思うところを抜き書きし、コメントをつけておく

→「ねぎま式読書ノート」


引用するときは自分の言葉、著者の言葉の区別は明確にしておく

「ねぎま式読書ノート」は脈略なくポンポン飛ぶ人間の思考に合わせた方法

感想は「すごい!」「えー!」とかでもいい


・抜き書きで進む咀嚼

抜き書きは手間がかかる。ただその効果として記憶への定着を助けてくれる


要約じゃダメ?→要約は難しく、抜き書きよりずっと頭を使うのでやめておいたほうがいい


・象徴的一文を探す

抜き書きする所は「なるほど」ではなく、「言われてみればそうだ」という箇所にすべき

読んでいて「そうそう」「わかるわかる」というのは気持ちいいけど新しい発見にはならない

自分の考えが覆された、認識が揺さぶられた箇所がもっとも抜き書きのしがいのあるところ


・本からオリジナルの思考を得る

いまの自分の言葉を書いておくことが大事

なぜその分を抜き書きしたのか

著者と自分の言葉を並列に並べることでギャップを感じることが大事

考えを再現可能な形にして保存しておく

感想を書くことは本を触媒に自分の考えを作り出すための装置


・読書ノートが自分を作る

重要なのは本自体より「読書体験」




読書ノートは「一言」でいい、という内容には大変救われました。

本書にもあるようにこれまでの私は『要約』をしようとし過ぎていたためになかなか進まない状況が続いていました。

確かに抜き書きはとても手間で時間がかかります。

ただ、面白いと感じた本文をそのまま抜き書きし、そのあとに自分の感想を書くことで頭の中が整理されるので個人的には合っている方法だと感じました。


そして感想を書く際、そのときの感情も合わせて書くことでより記憶の定着にも役立ってくれます。

次の項目では読書ノート作成をより効率的に遂行するためのお助けアイテム的な内容紹介になっています。





●インストール「グッズ」

150322644.jpg

1、携帯に便利なテープ糊

コクヨの『ドットライナー』


図や写真などは書き残すよりもコピーして貼り付ける方がはるかに楽!

以前までは○イソ―などの100均のものを使用していましたが、コクヨのテープ糊にしてからとっても貼り付け作業のストレスが減りました


100000001003398832_10208.jpg

2、本を開けた状態で固定する道具

プラムネットの『ブッククリップ』


本が閉じないよう手でおさえておくのって意外とシンドイんですよね。。。

これを使いだしてからは片手だけ(こだわる人はこれを二つ使うらしいです)で本が固定できるのでストレス激減しました


unnamed.jpg

3、手放せなくなる書見台

エレコムの『ブックスタンド』


これは読書ノート作成中や専門書などの大きく分厚い本を読むときにとても重宝するものだと思います。

机の上に本を置き、そのつど本を見開きながらノートやPC作業を行うとわかるのですが、目線(首)をあちこち変えなければいけないため、読書ノート(読書感想ブログ)作業への注意が途切れ途切れになってしまいます。


これを使うようになってから目線(首)を動かす回数がぐんと減り、疲れにくくなりました。





以上です。

この本を通してこれまでよりも読書ノート作成がより簡易的にできるようになった気がします。

そして改めて本一冊読む、と言っても実際はその中の数十ページしか印象に残っていないんだなぁと感じました。

それが良いかどうかはわかりませんが、一つ言えることは『無理して読了を目指さなくてもいい』と思えるようになりました。

世の中には数えきれないほどの本があり、人生で読める本の数なんか数%にも満たないです。

またそこから自分の人生が変わるくらいの良書に出会える確率なんて考えたら一冊一冊丁寧に読む続けることにこだわるのは少しもったいない気がします。

そういったこともあり、この本は私の読書に対する気持ちをとても軽くさせてくれた本でした。


最後までお読みいただきありがとうございました。
posted by Active at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 泉北(室之園の)日記

2021年10月12日

アクティブスマイル10月 〜ハロウィン〜

今月のアクティブスマイルは、ハロィンということで
【お化け退散ゲーム】を行いました。

ハロィンは魔女やゾンビに仮装し悪霊を追い払う祭りといわれています。
そこで今回、アクティブ大正に現れた悪霊を利用者様に吹き飛ばしてもらい、災いを遠ざけていただきました!

お化けはペットボトルを軸とし、ビニール袋で覆われています。
そこにポイントが記載されているため、お化けを吹き飛ばしより多くのポイントを稼いだ利用者様上位3名が豪華ご褒美がもらえます。

実施時は感染対策の為、手指消毒を行い実施しました。

IMG_8971.JPG


IMG_8961.JPG

多くの利用者様がうちわで扇ぎ終わった後に「手が疲れたわ〜」とおっしゃっていました。
上肢の機能訓練としても良い運動になったと思います。

次回のアクティブスマイルも多くの利用者様に参加していただきたいと思います。

大正 奥藤
posted by Active at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2021年10月09日

新人教育プログラムzoom講義「アフォーダンス理論、仕掛学、オズボーンのチェックリスト、体験価ビジネスマップ、顧客体験価値など…」


人材開発室のPT軽部、OT伊藤です。

全社対象のzoom講義、この日のテーマは「アフォーダンス理論、仕掛学、オズボーンのチェックリスト、体験価ビジネスマップ、顧客体験価値など…」担当はOT伊藤です。


アフォーダンス理論。

2000年ごろからリハビリテーションの現場で応用が始まっています。
スクリーンショット (200).png
最近ではあまり聞かなくなっているでしょうか。

デザインの現場でも。
スクリーンショット (201).png
"ついついしたくなる"
物を介して行為が誘発されるという意味合いで理解されているかと思います。


仕掛学について。
スクリーンショット (202).png
おもしろいです。

スクリーンショット (206).png

ついついゴミを投げ入れたくなりそう…
スクリーンショット (203).png
部屋がきれいになるかも!


痩せるかも…
よし、がんばってみようかな!
スクリーンショット (204).png
階段昇降も苦じゃなくなる⁈
健康寿命の延伸にも︎


トイレットペーパーを三角形にするだけで…
スクリーンショット (205).png
30%もの使用量減に。
環境問題、SDGsにもつながる!


仕掛けの原理では、フィードバック系(触覚などの五感)、アフォーダンスはフィードフォワード系に分類されています。
スクリーンショット (207).png
身近な社会課題にも、リハビリテーションや介護予防、疾病予防においても、人の行動変容をもたらすのに有効な働きかけができそうです。


そんな時に下支えしそうな考え方となるのが野生の思考、即興力ともいわれるブリコラージュ。
スクリーンショット (208).png
訪問看護、リハの現場でも必要な能力ではないでしょうか。


そして、もうひとつ。
デザイン思考のサイクル、プロセスも大いに参考になりそうです。
スクリーンショット (209).png
スクリーンショット (210).png

良い失敗をしましょう。
スクリーンショット (211).png
良い失敗ができる職場づくりがベースになるでしょう。

良い失敗とは何か?
悪い失敗とは何か?
そもそも失敗とは何か?
どういうのを失敗というのか?

これらを職場内で共有する必要があります。

加えて、どの人も安心して働けるような心理的安全性が確保された職場づくりは必須です。

失敗を許容できる職場づくり、人材育成が急務です。


オズボーンのチェックリストを用いて、新たなアイディアをつくる方法も参考になります。
スクリーンショット (212).png


"体験価ビジネスマップ"から新たな視点も生まれそうです。
「バグトリデザイン 事例で学ぶ"行為"のデザイン思考」村田智明著、朝日新聞出版より
スクリーンショット (213).png
いつも変わらない体験、経験からいつもとは違う体験、経験を考えることで、新たなソリューションを提供でき、より良い仕事やサービスが生まれる。


例えば、食をテーマにすると…
スクリーンショット (214).png

顧客(利用者さま)から求められていることとも、あたりまえかもしれませんがかぶってきます。
スクリーンショット (215).png
わたしたちの仕事は、利用者さまの生活の場で、より良い体験価値を提供できる、しなければならない立場です。

その上で疾病予防、介護予防、重度化予防、自立生活支援、QOL向上へ…


わたしたちの看護、リハビリテーションの仕事でのコトバに置き換えると…
スクリーンショット (216).png
わたしたちの文脈、ある利用者さまの文脈(その人ならではの背景、ナラティブ)で考えてみましょう。

能動的かつ非日常・ハレを見い出し、実現可能な目標として利用者さまと共有して、実現に向かうサポートする生活期看護・リハの仕事像がみえてきそうです。


企業においても顧客体験価値を重視する動きが加速しています。
スクリーンショット (217).png


弊社はどうかと、振り返ると…
スクリーンショット (218).png スクリーンショット (219).png
利用者さまの生活の場で、より良い体験価値を提供し…

利用者さまだけでなく、社員さんに向けても、仕事のなかでの様々な体験価値を、本ブログや社内メルマガの配信、ナラティブムービーなどの"やさしさのしかけ"を通して、試行錯誤しながら提供を続けています。

▼やさしさは本能ではない、やさしさを維持するための努力は並大抵ではない、やさしさのしかけが必要…(PT福西さんのキャリアインタビューより)はこちら↓



"従業員体験価値(エンプロイエクスペリエンス)が社員エンゲージメント(自発的貢献欲)に影響を与える。"

"従業員体験価値が企業価値創造の要になる。"

"顧客がその企業製品を買ったり、サービスを受けたりする時の体験価値をどう高められるのかという顧客の体験価値(カスタマーエクスペリエンス、CX)と、従業員の体験価値(エンプロイエクスペリエンス、EX)は同じことがいえる。"

「新・戦略思考の広報マネジメント 〜企業価値向上につながる8つの広報利用の磨き方〜」企業広報戦略研究所編著、日経BP社より


前記の"やさしさのしかけ"を通して、利用者さまだけでなく社員のみなさん同士で、体験価値をシェア・向上させ、エンゲージメントも高められたら、結果として企業価値も向上できそうです。
868917C8-41F3-455E-9E5E-43FEB4034535.jpeg
報酬や待遇、職場環境、仕事内容などの企業側から与えられたものを土台に成立する従業員満足度(ES)から、信頼関係を土台にしたエンゲージメント(企業への愛着や貢献欲)をいかに高め続けられるかに、経営をシフトする企業が増えています。

コロナ禍という不確実性の高い時代です。

目に見えるモノから、信頼関係などの目に見えないモノをより大切にする企業が増えるのも必然なのかもしれません。

それを可能にするのは、企業側の努力はもちろんのことですが、働いている人たち、わたしたち個々が、働く意義や目的(パーパス)を自分たちに問い続けていかないといけないことなのではないでしょうか。


この日は、PT軽部さんと2人でダイアローグ(対話)する形での収録になりましたが、話しが尽きることがなくて、あっという間の45分でした。ありがとうございます。



当日参加できなかった方々には、録画資料を閲覧できるように録画URL、YouTubeの動画URLを各事業所メールへの送付に加えて、Googleドライブで共有しています。
ともに社外秘、限定公開のため取り扱いには留意していただきご活用ください。


When one person teaches.
Two person learn.
"独りが教えると、両方学ぶ"

教える人が学ぶ姿勢を見せ続けることで一緒に変われる。

教える側が学び、ともに成長するという関係性へ。

"よき臨床から、よき教育と研究が生まれる"
"よき研究から、よき臨床や教育も生まれる"
posted by Active at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年10月05日

新人教育プログラムzoom講義「立ち上がり動作」


人材開発室OT伊藤です。


この日は新人研修プログラムzoom講義「立ち上がり動作」担当はPT軽部です。


パワポ資料に加えて、動画を見ての動作分析、リハ場面での治療的な介助や操作方法を確認しました。
スクリーンショット (187).png

スクリーンショット (188).png

スクリーンショット (191).png


スタッフの立ち上がり動画から参加者各々の分析をシェアしました。
スクリーンショット (189).png 

スクリーンショット (192).png

スクリーンショット (195).png
股関節、膝関節、足関節の動きに加えて、上半身の使い方でも、立ち上がりの動きが大きく変わってくることを、講義を通してあらためて確認することができました。

現場でのリハ、治療的な介助方法にすぐに活かせるのではないでしょうか。


zoom講義を収録している現場から(吹田事業所)
E4146C57-1F5C-4AD6-AB63-4407B6BDD76C.jpegC99B01F6-BC70-464B-8852-E72A1800C9FE.jpeg
オンラインの画面の中から何を伝えるかはもちろんですが、どのように伝えるのか?試行錯誤を続けています。



当日参加できなかった方々には、録画資料を閲覧できるように録画URL、YouTubeの動画URLを各事業所メールへの送付に加えて、Googleドライブで共有しています。
ともに社外秘、限定公開のため取り扱いには留意していただきご活用ください。



When one person teaches.
Two person learn.
"独りが教えると、両方学ぶ"

教える人が学ぶ姿勢を見せ続けることで一緒に変われる。

教える側が学び、ともに成長するという関係性へ。

"よき臨床から、よき教育と研究が生まれる"
"よき研究から、よき臨床や教育も生まれる"
posted by Active at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年10月04日

【大正研修】マイルール 神谷

大正事業所のOT神谷です。
研修テーマである私のマイルールは、4つの項目にわけて発表しました。
その中でも、4つ目の『スマイルとアイコンタクト』では学生時代のアルバイトで学び、今では無意識に実践しているマイルールです。

マイルール.pdf

これからも、この4つのマイルールを意識しながら仕事やプライベートで実践していこうと思います。

大正 神谷
posted by Active at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

【大正研修】マイルール 柳原

大正事業所のOT柳原です。
私のマイルールは、「日々心掛けている事」です。

仕事をするうえで、感情のコントロールや息抜きは必須になってくると思います。また、コロナ禍でマスク生活が続き、より目での表現が必要になっています。
そのため、今後も発表した4つのことに意識して仕事に励んでいこうと思います。

マイルール.pdf
posted by Active at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)