2017年01月31日

目しか動かせないとしたら

国技館での後悔。
プリクラを撮ればよかった。
幕内全力士とツーショットの
チャンスだったのに。
撮るなら誰と撮ろうかと妄想します。
ST水野です。

松原事業所の金曜会議後の勉強会。
各職種が専門性を活かし講師をします。

先々週は山川STが嚥下障害を
先週は私が重度コミュニケーション障害を
テーマにしました。

昨年、眠かったと言われてしまった
教訓を活かし、
2回とも実技を中心に実施です。

嚥下障害の実習は
介助者が上からスプーンを入れたら
顎を上げる、口を開けたまま食べたら
スプーンを変えたらどうかを
三人一組で行いました。

介助のとき、
スプーンは水平に抜く方がいいと
話したのですが
実際には少し斜め上にぬいた方が
取り込みがしやすいのでは等の
意見をいただきました。

勉強会後、次の機会にそなえ
いただいた意見をスライドに反映させる
山川STの姿がありました。
これでまたどこかでできますねと。
頼もしいではないか!


重度コミュニケーション障害の経験
「透明文字盤に挑戦」
では透明文字盤を10枚用意。
50音表、フリック式、
A3、B4、A4サイズと様々です。

最初に行ったデモ。
山川STが患者役の私の視線を
読み取ります。
時間をかけて片目を閉じ、
読み取ろうとする様子に
狙撃手か!とつっこまれていました。

実習は二人一組。
IMG_5786.jpg
患者役が動かしていいのは目だけ。
IMG_1547.jpg
後ろから見ていると
みなさん、首も一緒にうなずいたり
振ったりしていました。
目だけ動かすのは難しいです。
IMG_0474.jpg

今後必要となったときに
全く経験がないか
一度でも経験があるかでは
心の余裕に差が出ると思います。

少なくとも2回とも、
眠い勉強会ではなかったはず!

山川STの感想
何事も才能が出ますね。

透明文字盤のデモに
練習の成果を発揮できなかったことを
反省している模様。

おつかれさまでした。
posted by Active at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178610502

この記事へのトラックバック