2017年02月17日

この日の男の出張料理教室。

IMG_5116-4c989.JPG
ちゃんちゃん焼き!

今朝は9時過ぎから、右片麻痺で失語症の男性利用者さま(脳出血発症から2年近く経過)宅での訪問リハによる”男の出張料理教室”です。

お昼や晩ご飯作りをこれからの家庭内での役割として果たすことが、当面の目標となっています。今日は遅めの朝ごはん作りです。

今日のメニューは利用者さまの出身地の北海道の郷土料理「ちゃんちゃん焼き」。
材料は毎回ご家族が揃えて下さいます。
いつもありがとうございます。
レシピは北海道漁連ホームページから。
IMG_5093.JPG
ご家族から「病院にいた時はこんな姿を想像出来なかったわ…」
IMG_5094.JPG
張り切っておられます。

IMG_5095.JPGIMG_5096.JPGIMG_5097.JPG
合わせ調味料の計量です。
サジからカップ型のサジに変更して片手でできるようになりました。

IMG_5099.JPGIMG_5098.JPGIMG_5100.JPG
釘付まな板の活用も、まさに板についてきました。

IMG_5101.JPGIMG_5103.JPG
バターで鮭を皮目まで焼きます。

IMG_5105.JPG
ヘラでひっくりかえします。
各動作前に失行症状が顔を出しますが、それを乗り越えて色んな道具の使用が可能になっています。

IMG_5106.JPGIMG_5107.JPG
IMG_5108.JPG
合わせ調味料を回しかけます。

IMG_5109.JPG
蓋をして蒸し焼きに。

IMG_5117.JPGIMG_5118.JPG
その間は体幹のストレッチと姿勢の自己修正、歩行練習です。

IMG_5110.JPGIMG_5111.JPGIMG_5113.JPG
利用者さまは、
「もういいんじゃない?」とおもむろに蓋を開けました。
IMG_5112.JPG
完成!

IMG_5114.JPGIMG_5115.JPG
味噌と鮭の焼けた匂いに我慢出来ずに、思わずつまみ食い!
旨くて破顔!

IMG_5116-27ffa.JPG
ちゃんちゃん焼き。
調理時間は30分くらい。

増え続けている自発話の中からさらに有意味語も増えています。

ご家族から「また二人でご飯を作っちゃおうかな」と。
ぜひぜひ〜

アクティブ心意気実践チームは、利用者さまに、ご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。 

引き続きご家族さま、ケアマネージャーさんともさらに連携を深めて、お料理の自立と家庭内での役割の獲得を支援します。
posted by Active at 18:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム
この記事へのコメント
いつもお世話になっております。
ちゃんちゃん焼き、すごーく美味しかったと申してました(*^^*)
そして、私にまでレシピが回ってきました顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)
自分で作ったものを、美味しく頂ける、自信がついて何よりのリハビリですね。
アクティブのスタッフの皆さま、ありがとうございます。
Posted by みほこ at 2017年02月19日 16:39
みほこさん
いつもコメントありがとうございます。
少しずつ自信や病気をされる前の感覚を取り戻しながら、今の暮らしやこれからの営みをご夫婦で見事に作り直しておられます。
いつも勉強させていただいています。
いとう
Posted by いとう at 2017年02月20日 07:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178800346

この記事へのトラックバック