2017年03月16日

「呼吸筋」と「呼吸の運動学」 ST勉強会

利用者さんが春場所番付を下さいました。
3日目までは中継を見ながら
星をつけていたのですが
見るのに集中できへん!と
やめたそうです。

生涯の勝敗数が載っています。
image-80ae0.jpeg
白鵬の成績の飛びぬけていること!
白鵬は、負けない横綱なんだなと
思いました。
しかし残念ながら、今場所休場です。
ST水野です。


松原法人ST勉強会で呼吸介助実技を
シリーズ化してくれた中村ST(泉北)。
前回の勉強会後に
座学で基本知識を確認してみてはと
提案してくれました。
2年目の中村ST(堺)と
3年目の山川STとで担当を
割りふり分けました。
image-d453c.jpeg


中村ST(堺) 「呼吸筋」
image-b0b83.jpeg
吸気筋 主導筋 
    横隔膜+外肋間筋
  
    補助筋群 
    胸鎖乳突筋+斜角筋

呼気筋 主導筋 
    内肋間筋

    補助筋群 
    腹直筋+外腹斜筋+腹横筋

安静時呼吸は主導筋
努力時呼吸は+補助筋群が働く
安静時吸気の7割が横隔膜


山川ST 「呼吸の運動学」
image-32300.jpeg
安静時
吸気 横隔膜が収縮 
胸郭が上下方向に拡大

外肋間筋が収縮
胸郭が前後、横に拡大

呼気 呼気筋の関与なし
   吸気筋の弛緩で、
胸郭と肺の弾性収縮で戻る

※運動の方向や範囲の動画あり

多方向運動を言語で説明するには
動画が有効ですね。

なぜ、発話時の呼気に
吸気筋による呼気の保持が起きるのか。

努力吸気時、
大胸筋が補助筋として働くとき、
どの方向の運動の助けとなるのか。

疑問点から山川STに宿題が出ました。

呼吸介助には呼吸運動方向の
理解が不可欠だと思います。

中村ST(泉北)から
資料作りにも度々アドバイスを
いただいたようです。
ありがとうございました。

次回からは、新入職員が加わります。

栃煌山、誇張がすぎる。
image-d8b82.jpeg
posted by Active at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179110922

この記事へのトラックバック