2017年07月19日

社内メールマガジン7/20創刊!!8月号!!  日本訪問リハ協会機関誌2017年3月号記事と職員紹介:4年目ST山川さんの記事、OT×障がい者スポーツ指導員井上さんのゴルフイベントの"ひと言"。

メルマガ編集委員のST水野(松原)、PT軽部(吹田)、心意気実践チームのOT室之園、伊藤です。


社内メールマガジン「アクティブ流訪問看護・リハ・ケアのススメ」が創刊です!!

初回配信は7/20(毎月20日配信)、8月号です。


配信の主な目的は以下のとおりです。

○利用者さんにスポットを当てる
→頑張ってる人、家族、心意気等を紹介

○スタッフに焦点を当てる
→心身機能、活動・参加の向上や自立支援につながったリハ、支援の方法や評価、人的・物的・時間的・制度的な工夫、配慮、心意気等を紹介

○これからの動きや展開の職員のみなさんに向けた見える化
→各会議録等の情報を見やすい媒体にする
→短時間の会議だけでは伝えきれていないことを文字にして見やすくする
→発信、配信側の内省(振り返り)になる

○事業所内外の社内コミュニティ形成への働きかけ
→訪問リハ職員や新人、中途入職者の孤立化を回避
→共通認識のもとにもう少し組織的に動ければ…社や事業所への帰属意識を高めさらなるサービス向上へ
→活動・参加に挑戦しやすい職場環境作り
→利用者、職員の強みや価値観、関心等のストレングスを活かした幅広い支援へ

本メールマガジン配信を機に事業所内・事業所間のチーム連携・連動・協働を深めつつ、アクティブらしい多様な取り組みを充実させて、さらなる利用者様のサービス向上につながればと思います。
今後、さらに内容を充実させて情報を集約・整理した上で、利用者様やケアマネージャー様等の関連機関、社外へ配布・発信できるような弊社の紙面情報媒体になればと考えています。


メールマガジン創刊号の巻頭言で要約を掲載している日本訪問リハビリテーション協会機関誌2017年3月号に掲載された弊社の記事「10年後の展望について」を以下に転載します。
*この記事は2016年末にOT阪東代表、ST碓井取締役・NRC統括本部長、心意気実践チーム・人材開発室OT伊藤に、メルマガ編集委員のPT軽部(吹田事業所運営責任者)がインタビュー編集したものです。

「10年後の展望について」 (編集委員ST水野江美(松原)による要約)

― 潟Aクティブは今年で開設10周年。
阪東代表と碓井取締役をはじめ、アクティブの中心として歩んできたスタッフの考えは?

阪東:10年後の地域リハビリテーションの展望は介護保険・医療保険の改正等に左右されるため、わからない。これまでやってきたように目の前にあるわかることをやっていくつもりだ。
アクティブが直面している課題は「連動」、というか「橋渡し」。まず社内の職種間、事業間の孤立感を解消したいとの思いから「心意気実践チーム」を作った。チームは利用者の想いをあらゆる手段で実現する目的もある。
 アクティブは在宅分野の看護やリハ、通所介護だけでなく、新しい事業も始めていく。各事業が利用者のニーズに合わせて連動できるようにしていきたい。

碓井:「業務提携クリニックの開設」は大きな挑戦。クリニックには医師が必要。最終的に思いついたのが、訪問の利用者で脳幹出血後の医師、ナメダさん。当事者だからこその支援ができ、ナメダさんの復職は究極の「活動」「参加」にもなる。
あとクリニックがあることで、雇用を安定させたい。職員へ良い仕事を作り、待遇面の安定と向上を図りたい。自分たちの仕事が不安定な状態で利用者さんの「おもろいこと」を支えることなんてできないと思う。
→全文は下記のPDFをご確認ください。
日本訪問リハビリテーション協会機関紙2017年3月号.pdf
併せてご覧下さい。
訪問リハビリテーション2016年4月号 アクティブ紹介記事.pdf



○メルマガ編集委員からの職員紹介○

『考えることが苦手な言語聴覚士 なんでもできる環境でなんでもやる!』(ST水野江美インタビュー編集)

アクティブ初の新卒ST山川潤さん(松原)、入職4年目。養成校時代の実習不合格、留年という挫折経験から何を学んだか。失語症漫才をきっかけにして後輩ができた今の想いは?
メルマガ編集委員の先輩STでもある水野江美(松原)が訊きました。
→全文は下記のPDFをご確認ください。
山川STインタビュー 要約つき.pdf


○アクティブゴルフクラブ・イベントへの心意気なひと言(OT×障がい者スポーツ指導員井上より)○

2016年10月、利用者さまの「ゴルフやりたい」という心意気から、2か月毎に利用者さまをゴルフに連れ出すイベントが始まりました。1回限りのイベントではなく、病前と同じように仲間とコースを回ったり、練習場に自ら通い練習する運動習慣を作って大会に出場してもらうことが目標です。このような取り組みができる職場環境や仲間に感謝です!
→OT×障がい者スポーツ指導員井上さんの"ひと言"全文は下記のPDFをご確認ください。
(OT井上さん)ゴルフイベントへの心意気なひと言.pdf

◆ゴルフイベントのポスター◆
ゴルフポスター 第1回.pdf
ゴルフポスター 第2回.pdf
ゴルフポスター 第3回.pdf
◆近日中のゴルフイベントに関連する予定◆
8月18日(金) 打球場練習:堺市北区
※ 現在、プロゴルファー参加調整中。
10月20日(金) ショートコース:貝塚市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180330348

この記事へのトラックバック