2017年08月29日

自動車運転評価へのサポート@兵庫県総合リハビリテーションセンター

松原のPT中島
心意気実践チームのいとう
です。

今日は朝から兵庫県は西区にある兵庫県総合リハビリテーションセンターへの自動車運転評価に同行させていただきました。
自動車運転評価に関する詳細情報はこちら↓
IMG_20170829_130051.jpgIMG_20170829_125841.jpg
IMG_20170829_130132.jpg
評価を受けるのは、復職支援中の訪問の利用者さまです。
通勤リハの様子はこちら↓

左片麻痺に加えて、空間認識や注意等の障がいが神経心理学的検査から見受けられており、外来リハビリテーションで通院している担当医からは自動車運転可否についての判断は昨年から先送りになっていました。

今回はご家族からの希望があり、外来リハ病院からの紹介で初めて外部の専門施設での自動車運転評価に至りました。

1時間程度の運転適性検査や神経心理学的検査のあとは、センター内にある練習コースで実車評価へ。
IMG_20170829_140500.jpgIMG_20170829_140507.jpg

ハンドル周りの部品の操作確認。
IMG_20170829_140659.jpgIMG_20170829_140610.jpg
IMG_20170829_140719.jpg

センターラインを確認しながらの直線は上手く操作できていましたが、カーブはスピードを微調整しながらの操作ではセンターラインを守ることが難しいようでした。
IMG_20170829_141141-078ea.jpgIMG_20170829_140837-d04e4.jpg

直線コースでの左端に停車する練習では、ドアミラーが植木に接触!
車体の大きさと距離感、空間認識をつかみにくいようでした。
IMG_20170829_141720-a2b8a.jpg

S字カーブコースです。
スピードを落としゆっくり進むことで見事にクリア!
IMG_20170829_141753-2a47f.jpgIMG_20170829_141811-02938.jpg

"止まれ"の標識を何度か見落としてしまいました。
標識を認識出来ていても、しっかりとブレーキを利かせて一旦停止することが難しいようでした。
IMG_20170829_142035-60633.jpg

スラローム走行コースです。
IMG_20170829_143923-41f4c.jpg
前進後進等のハンドル操作を繰り返して、コーンをかわしながら進む際に、左後部座席ドアにコーンが接触!
複雑なハンドル操作に加えて、車体の大きさや向きとコーンの位置を空間認識しながらの距離感、左右の確認はかなりの難易度でした。
IMG_20170829_145115-71a05.jpgIMG_20170829_144059-dcfcd.jpg

坂道発進、停止+ポール数え。
5〜6回繰り返して練習しましたがクリアが難しかったです。
アクセル操作が難しい坂道での発進と約2b先にある左側にあるガードレールのポール横で停止し、ポール数を全て数えながら進むという現段階ではかなり高度なデュアルタスクでした。
IMG_20170829_142308-9abfe.jpg

最後はバック操作。
後部バンパーがコーンに接触…
ドアミラーとバックミラーを繰り返して確認するもののコーンを見落としてしまい、かわすことが難しいようでした。
IMG_20170829_145244-56aa9.jpg

評価後にご本人は…
「今までで一番怖かった」
「もし免許もらってもこれやったら怖くて乗れないわ」
「2回(実際は4回)もぶつけてしまった…こんなこと(病前は)なかったのに…」
と話されていました。
自動車運転の遂行度は1/10でした。
汗だくでした。

同行されたご家族からは…
「今の課題が見つかってよかった」
「これだけでも来た甲斐があった」
と話されていました。

コースに入った時もしくは入る前に、その場の状況をいち早く適切に情報を処理するスピードやその量、質、それらに応じたハンドル等の操作能力、安全確保と危険回避に向けた具体的な行動を高く要求され続けるのが自動車運転なのか…と、後部座席での見学で体感しました。

今日の自動車運転評価で頂いた指導、助言から得たたくさんの大切な気付きと学びから…

まず、狭くて短いセンター内のコースなのに、そのような環境でありながらもスピードを出し過ぎ…でした。その場に合わせた適切なスピードコントロールが難しいようでした。

○スピードに関する認識が低下し、電動車いす使用練習の当初も同様にスピードを出し過ぎる傾向が強く見られました。
電動車いす操作については、何度も繰り返して練習することで3〜4ヶ月程度で改善され、現在はお一人での外出も可能となられています。
容易に自動車運転と電動車いす操作と比較することはできないですが、繰り返し練習することが改善につながるということ。

○自分は左側がぶつかりやすいと気付き、こうすれば運転ミスや事故につながるため、ならないよう回避する具体的な行動をするということ。

○運転中に様々な情報の記憶を保持し続けて、同時に周囲への注意を向けながら他の操作もするということ。

○パズルのようにルートや手順を確認する模擬練習も必要ということ。

○歩くことが自動車運転につながるということ。

自動車運転について、センターさんや外来リハ担当者さま、ケアマネージャーさんと連携しながら引き続きサポートしてさしあげます。
たくさんの気付きと学びをありがとうございます。

参考)
大阪府と堺市の取り組み
大阪府高次脳機能障がい自動車運転評価モデル事業
資料8
posted by Active at 18:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム
この記事へのコメント
大阪府と堺市の自動車運転評価フロー
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/6430/00223712/21%20siryo8.docx
Posted by 心意気いとう at 2017年08月29日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180819576

この記事へのトラックバック