2017年12月06日

地域での在宅医療啓発講座

在宅医療・介護講演会
アクティブ忘年会の翌日に東成区民センターにて在宅医療の啓発講演が行われました。

啓発活動は区民の方に在宅医療がどんなものかを
区役所、地域包括、医師会を中心に各連絡会の代表者で構成し
東成校下12地域を回り啓発してきました。

今回は講演会ということで
事前アンケートで在宅医療について
どのような事をしてもらえるのか具体的に知りたいとの回答が多くあった為
実際の事例をビデオで紹介し各専門職の立場から話しをさせて頂きました。

IMG_2007.JPG

IMG_2009.JPG

まず東成区長から東成区における地域包括ケアシステムについての講演、
東成区医師会会長からわが町の在宅医療の講演、
最後に在宅医療と介護が必要になった時の暮らしというテーマでシンポジウムが行われ、リハビリテーション職としての立場からシンポジストととして参加しました。

みなさん時間がない中での打ち合わせとなりましたが
100名弱来ていただいた区民の方々から理解できたとの
アンケート結果を頂き、また直接相談にも来られ
啓発活動の必要性を感じさせられるものとなりました。
在宅医療となにか堅苦しい感じがしますが
着々と気軽に相談できる体制が進んできているように思います。


アクティブ大阪
中原


posted by Active at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181773010

この記事へのトラックバック