2017年12月20日

社内メルマガ"アクティブ流"1月号 「多数派の療法士のなかで、管理者として看護師として働く」〜訪問の仕事は自分次第〜(後編) 看護師 松並裕馬さん(松原管理者)

1月号巻頭言 

「多数派の療法士のなかで、管理者として看護師として働く」〜訪問の仕事は自分次第〜(後編)

 


-目次-

前編)

1. 療法士が8割のステーション 看護とリハが一緒に訪問できる強み

2. 療法士と一緒に働く メリットが断然大きい

中編)

3. 人手不足の看護業界 在宅で重症患者を受け入れる

4. 訪問看護の魅力 自分のペースで働ける場所

5. 管理者の顔 みんなと一緒でいたい

後編)

6. 看護師の顔  距離感を見極める感度の高さ

7. 仕事と家庭  完全に切り替える


8. 来年度以降のこと もっと看護とリハの連携を


▼前編はこちら↓

http://active-nopsj.sblo.jp/s/article/181293900.html

▼中編はこちら↓

http://active-nopsj.sblo.jp/s/article/181551696.html


――――――――――――――――――――――――――――――

後編)


IMG_4704.JPG

6.「看護師の顔  距離感を見極める感度の高さ」


「人との距離感」には敏感だと思います。

 みんなそれぞれ自然に感じていることだと思うけどね。


 精神科でバイトをしていた経験によるんだろうか。


 患者さんによって、これ以上近づいてはダメ、もちろん遠すぎてもダメという距離がある。それを見極められる、たぶん。


 阪東さん(代表)も同じだと思う。

その感度を面談に行った患者さんの担当を振り分けるときに活かします。


看護師のなかにも、患者さんとの距離が近い人と、遠い人がいるから。



スタッフに話しかけていきながら、能力を試しにいっているところがある。

どこまで任せて大丈夫そうかをね。

そうしておかないと、誰にどんな仕事をどこまで任せていいかわからないから。




7.「仕事と家庭  完全に切り替える」



自分は「仕事中は裏の顔を使っている」かな。


嫌な相手だなと思っていても笑顔で対応できる。


その分、家では「うつ」みたいになっているらしい。


お酒を飲んだら元気になるけど、飲まなかったらしゃべらない。


もう帰り道のバイクでスイッチoffして、翌朝までoffのまま。


仕事との切り替えはみんなしているんじゃない?


夜は7時くらいに帰って、遅くても9時には寝ています。


そうしないと仕事ができない。



家のことは全くしない。


「母子家庭」と言われるくらい。


 仕事に集中させてもらっている。


子どもが小さいときは大変だったと今でも嫁に言われています。


嫁から「もっと手伝って」と泣きながら言われたこともある。


けど大きくなって手がかからなくなったから何も言われなくなりました。




8.「来年度以降のこと もっと看護とリハの連携を」

来年度はモニタリング業務等で、今まで以上に療法士といっしょに働く機会が増えると思います。

リハビリしか入っていないケースにも看護の評価が求められるかもしれない。


もっと、看護師と療法士が話をしていかないといけないと思っています。


 療法士はそれをありがたいと思うか、めんどうと思うかわからないけど。


 「リハのみんな、よろしくぴょーん」。



以上


◆インタビュー・構成◆――――――――――――

"アクティブ流"編集委員 ST水野江美(松原)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181826335

この記事へのトラックバック