2018年01月15日

講義のお仕事 大阪医専でのトークライブ

最近、人生で初めて雪が降っているのを見ました。珍しく朝からテンション絶好調でした。堺のST知花です。

111日(木)に大阪医専のSTの学生さん向けに、講義のお仕事がありました。そこへ、堺の松本STと私が訪問で担当させてもらっているSさん(失語症の方です)と一緒に行ってきました。

この講義の依頼が来たとき、Sさんは断るのではないかなと思っていたのですが、「全然いいよ〜」とすぐにOKしてもらいました。しかし当日までは不安そうに「私は何も出来ないよ」「何をどうしたらいいん?何もできないのに喋るのはできないよ」などの発言がありました。

年末からどういった内容を話すのか、どういう形式にするのかなど話し合いをつめていき、吹田の伊藤OTにもいろいろアドバイスを頂きながら当日を迎えることができました。

当日、Sさんのご自宅から、バス・電車を乗り継ぎ大阪医専へ。

バスや電車に1人で乗れることは知っていたのですが、思っていたより慣れていてむしろ私がSさんに電車の乗り継ぎなど教えてもらっていました(笑)

電車を降りてからは、大阪医専まで歩いていきました。Sさん、この距離をなかなか歩くことがないらしく、寒い中頑張って歩いていました。バスや電車の中でもやっぱり「何も出来ないよ〜?」といった不安そうな発言がありました。

講義自体は、1限目が松本STの「訪問のSTとは」の話。2限目は実際にSさんと一緒にトークライブを行いました。

1限目静かに話を聞いているSさんは、とても緊張していたそうです。

松本STの話を聞きながら、私ももっとがんばらないとな〜と思いました。

2限目はいよいよトークライブ!トークライブには自分の今までの人生経験を物語ることでストーリーを再確認してもらい、一緒に内容を整理していくことで、利用者さんのこれからの活動・参加につなげていくという意図があります。また、たくさんの人前で話すというような経験全てがリハビリにつながっていると思います。

トークライブは、Sさんより私の声のほうが小さかったそうです。(松本ST情報)


まずSさんに自己紹介をしてもらいました。

そこからそのままトークライブを自分で進めていくSさんに圧倒され、リハビリの時より話している!!!と感激していました。医専2.jpeg

トークライブでは病前の旅行の思い出や、今の生活状況、病気に対する思いなどを話してもらいました。元同職の仲間と一緒に集まっている写真を見て、涙ぐむ場面もあったり、旦那さんとのラブラブな話をして満面の笑顔を浮かべたり、言葉で伝える事が難しくても、感情や表情、ジェスチャーでなんとなくSさんが言いたいことが学生さんにも伝わっているような気もしました。

医専.jpeg


いいにくい言葉は、カンペを見ながら1文字1文字頑張って読んで伝えていました。学生さんに「もう、どう思います〜?」と問いかける場面もあり、とても驚きました。

最後にSTの学生さんに「頑張ってください」とエールの言葉をかけて終了。今回伝えたかったことはどのくらい伝えられたかを聞くと、10あるうちの3ぐらいしか伝えられなかった〜とのこと。松本ST100点満点だったよ〜と声掛けしていました。学生さんからの質問にもしっかり答えていたSさん。質問の内容も理解出来ており、私のフォローも必要ないなと思うくらいでした。終わった後、達成感に満ち溢れた顔で笑うSさんをみて、とても安心しました。

後日、トークライブの振り返りを行いました。「やっぱり5ぐらいは言えていた」「また行くのであれば、“ぜひ”行きたい」「楽しかった」「自信ついた」などなど、行く前に比べてとても前向きな発言が多く、マイナス的な発言はひとつもありませんでした。本当にいいきっかけになったと感じます。私も初めての経験だったので、とても貴重な経験をさせてもらったなと感じています。

学生さんからもたくさん良いメッセージを頂き、Sさんにとってさらに自信につながると思います。

今回このような機会を設けてくださった大阪医専の先生方、碓井ST、いろいろアドバイスをくださった伊藤OT、最初から最後まで指導してくれた松本ST、一緒に頑張ってくれたSさん、本当にありがとうございました。

posted by Active at 18:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 失語症トークライブ
この記事へのコメント
見事やりきりましたね!すごい!
共に成長できるとても良い経験ができましたね〜
次に向けてFightー
Posted by 心意気いとう at 2018年01月15日 20:01
伊藤さんにいろいろお話し聞けたので良かったです
本当にありがとうございました。
また宜しくお願いします
Posted by ST知花 at 2018年01月16日 10:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182155261

この記事へのトラックバック