2018年02月02日

小野先生によるアドバイザリー業務 in 堺


寒さが一層厳しくなり、毎日、外に出るが本当につらいですね。


インフルエンザやノロ、溶連菌など感染症も流行っているので


みなさん体調管理に気をつけていきましょう。


堺事業所の塚本です。



寒い中、平成30124日、小野先生におこしいただき、堺事業所でアドバイザリー業務をしていいただきました。



今回は、デイ御利用者のSCD(平成元年)、緑内障の70代、男性の方。


蠟野OTと知花STの個別訓練場面を見学いただき、ご助言・ご指導をいただきました。



最初にそれぞれの療法士から、経過など情報伝達。

レジュメのまとめ方にも個性があり、非常に良かったと思います。

CIMG2330.JPG


実際にOTの個別を診ていただき、フィードバックをいただきました。


しっかりとコミュニケーションを取りながら、落ち着いた雰囲気で、リハビリをしていました。

CIMG2331.JPG


 CIMG2332.JPG


次にSTの個別。知花STは今回、初めてということもあり、


少し緊張しているように感じましたが、実際に個別が始まると


終始楽しそうな雰囲気

 CIMG2334.JPG

個別後は、おやつを食べる様子なども診て頂き、嚥下状態なども細かく


ご指導いただきました。

 CIMG2333.JPG


全体研修は、「認知症について」、「心臓リハビリテーション」のテーマ


でご講義頂き、本当にわかりやすかったです。

 CIMG2339.JPG



最後に


蠟野OT

「今回、小野先生のアドバイザリーを受けて、作業療法評価の必要性を改めて、痛感しました。また、自主トレを習慣化させるためには、機能面だけでなく、その人が継続できるよう楽しめる工夫をする必要性もあると感じました。これからもご利用者と真摯に向き合っていけるようになりたいと思います。今回は、貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。」


知花ST

「小野先生からたくさんのアドバイスを頂き、これからのリハビリの工夫すべき点がいくつもでてきました。利用者さんの好きなことを聞き、ニーズに寄り添いながら、楽しいリハビリをしていきたいと思いました。今回は貴重なお時間を頂き、本当にありがとうございました。」




小野先生、お忙しい中、このような貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました。



年明けということもあり、準備期間が十分でなかったところもありますが、蠟野OT,知花ST、本当にお疲れ様でした。



アクティブ訪問看護ステーション 堺

アクティブデイサービス 堺

職員 一同


posted by Active at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 堺デイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182307272

この記事へのトラックバック