2018年02月20日

社内メールマガジン2018年3月号巻頭言 アクティブ大阪 運営責任者PT中原さん

IMG_20171122_201054.jpg

みなさんこんにちは。日々の業務ありがとうございます。アクティブ大阪事業所の運営責任者PT中原英雄(写真右)です。

今月は大阪事業所の紹介をさせて頂きます。
 大阪事業所は平成24年8月に松原法人のサテライトとして開設しました。当初は私一人とすぐに非常勤で勤務した村上ST(のちの主任)と二人でした。全くアクティブの知名度が無い環境でかつ真夏の陽射しの中、滝のような汗をかきながら営業したのを覚えています。幸い隣に現在の業務提携医療機関の山ア診療所さんの存在があったおかげで営業先での門前払いは少なかったですが、長い間営業活動に奔走したことを懐かしく思います。
 数ヵ月後にのちに大正事業所の運営責任者となる飛永PTが入職しましたが、毎日営業ばかりの日々が続き…どうやったら自分たちの必要性を感じてもらえるか自問自答する日が続きました。多職種交流会や勉強会など“交流会”とつく会合には飛びついて参加し、参加者の方々にかたっぱしから名刺交換を繰り返していました。
 いよいよ平成25年4月にサテライトからステーション化、更に法人化しデイサービスも開設。一気にスタッフが増員し気持ちの面でもより引き締まりました。しかしスタッフが増えたからといって勝手に利用者様は増えません。またみんなで手分けし営業の毎日…この時のメンバーの方々、この年に入職した方々は河井OT(のちの主任)を含め、現在のアクティブ大阪の中心・基盤となる人材として活躍中です。
 今では、ケアマネジャーさん等の他職種の方々から「アクティブ評判いいよ」などとお褒めの言葉を頂く機会も増え、わたしたちが提供しているサービスの向上を感じることができています。自分たちの看護やリハ、ケアの関わりの結果に対する反応が良くも悪くも、ダイレクトに入ってくるのが訪問・在宅の仕事のやりがいの一つでもあると思います。
 現在では東成区役所との仕事や、地域での体操、認知症カフェ、各種の看護・介護・リハイベント開催、参加など着々と地域に根付いた事業所に成長してきています。みんなで作り上げた事業所は現在の場所(大阪市東成区大今里南1-19-13)に移転し、ハード面、ソフト面共に徐々に成長を続けています。
 この約5年間での大阪事業所は”人と人との力”の結集で出来たものと思っています。何らかの諸事情により志半ばで退職された方々も含め、現在の大阪事業所となるにはお一人でも欠けていたら今はありません。様々なご縁やタイミング、そのときどきの判断、クレーム対応などなど、みなさんの日々の業務その一瞬一瞬が積もり積もった結果であると思います。
 最後になりましたが、大阪事業所の潜在能力はまだまだあると思いますので、今後もさらに進化していくと信じて頑張ってまいります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182435814

この記事へのトラックバック