2018年07月10日

復職から家庭での役割創出と趣味開発へ。

心意気実践チームのいとうです。


昨年の1月から復職に向けたリワーク支援を担当PT中島と続けていた左片麻痺のある訪問リハ利用者さまが、ご本人やご家族が望むとおりのカタチではありませんでしたが今年の5月に復職を見事に果たされました。

▼復職に向けたリワーク支援の様子はこちら↓
▼PT中島の9.わたしの利用者さま自慢はこちら↓

復職されたあと、担当PT中島、OT小林は別曜日に屋内外歩行練習や階段昇降練習等を継続して体力強化と肥満予防を図っています。
室内移動を現在の車椅子使用を卒業して杖歩行レベルでの自立も大きな目標です。


妻からの提案で"趣味として料理を教えてもらったら?"とのことで週一回の料理リハが開始になりました。

利用者さまは料理経験"全くなし"ということで、段取りや手順等は全面的にサポートしています。

料理リハ初回のメニューは「レバニラ炒め」の希望がご本人からありました。

居酒屋での鉄板メニューだったそうですが、ご家族はだれも食べたことがなかったそうです。

人生ではじめて包丁を使いました。実はサバイバルナイフ好きなんですが…(汗)
IMG_20180509_101122.jpg
人生で2回目に包丁で切ったのが鶏レバーです。かなりマニアックです…(汗)

ゴマ油たっぷりの自家製合わせ調味料に鶏レバーを混ぜ合わせます。
IMG_20180509_103816.jpg

鶏レバーを炒めます。
IMG_20180509_104156.jpg

たっぷりのニラを炒めます。
IMG_20180509_104315.jpg

もやしを加えて完成!
IMG_20180509_105315.jpg
人生で初めて作った料理「レバニラ炒め」はご家族にも大好評でした。後日に増量してもう一度作りました。もう定番メニューの仲間入りです。


娘さんからのリクエストがあった「ガパオライス」
IMG_20180613_101137.jpg
右手が非利き手ということもあり、右手での包丁使用は利き手交換練習にもなっています。

料理は立位やバランスの練習にもなります。
IMG_20180613_103822.jpgIMG_20180613_104122.jpg
まだまだすぐに疲れてしまいますが、立位時間も長くなってきました。

最後に目玉焼きを添えてガパオライス完成!
IMG_20180613_105433.jpgIMG_20180613_105342.jpg
利用者さまもわたしも食べたこともない"完成形"が全く分からない料理でした。作ってる最中はドキドキでしたが食べてみると旨かった。


妻からリクエストがあった「鶏むね肉のピカタ」
IMG_20180704_104256.jpgIMG_20180704_105653.jpg
鶏肉は全てご本人にカットしてもらいました。このメニューもレギュラーメニュー入り!


ご家族みんなが大好きな「特製のカレーライス」とっておきのスパイス入りです。
IMG_20180502_110612.jpg
カツオ出汁を加えてカレーうどんにも。


「鯖缶の白菜鍋」
IMG_20180516_101258.jpgIMG_20180516_102441.jpg
IMG_20180516_102245.jpg
締めはご飯か中華麺で。


「焼き茄子と皮付きジャガイモのカレーライス」
IMG_20180606_105527.jpg
締めはもちろんカレーうどんで。


「青椒肉絲(肉ピ〜)」
IMG_20180523_104349.jpg
ご飯の上にものせて。


「ゴーヤチャンプルー」
1531318874104.jpg1531318862003.jpg1531318857407.jpg


これまで妻任せで全くしたことがなかった料理でしたが、今はご家族、ご本人も楽しみにされているようです。

はじめは趣味開発のための週一回の料理リハでした。

回を重ねるごとにご家族からのメニューのリクエストがあり、料理リハというより、"旨い晩ごはん作り"という家庭での役割獲得への関わりへと変化してきました。

週一回、水曜日の晩ごはんのメインメニュー作りは利用者さまの役回りとして見事に果たされています。

利用者さま、
「以前であれば絶対になかったけど、買い物に行った時にキッチン用品を見るようになってるわ。」
と笑顔で話され、すっかり料理にハマってるようです。

ご家族団欒の食卓創りのお手伝いまでにつながれば最高です。

材料や調理器具の準備をご家族から全面的にご協力いただきました。助かりました。
ありがとうございます。


アクティブ心意気実践チームは、利用者さまに、ご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183828621

この記事へのトラックバック