2018年10月23日

第4回 1Cafe(失語症カフェ)〜私には仲間がいる。ことばの壁を超えて音を奏でよう♪〜

皆さん、こんにちは。今里のST堀内理沙です。「聞き手側から話し手側への役割交代と拡がり」をテーマとした1cafe.(失語症カフェ)も4回目を迎えました。
今回の新たな試みは@私が企画から進行を担当した事。Aサブテーマに「音楽」を取り入れた事。Bサイコロトーク。C記念品(集合写真)です。サブテーマは『私には仲間がいる。ことばの壁を超えて音を奏でよう♪』と掲げ開催、このテーマに至った経緯は、20代で交通事故に遭い、その際に受けた脳の損傷で失語症になり後に言語聴覚士になられた平澤哲哉さん。その方の著書の中に、『悩み、苦しんでた中で救われたのは同じ失語症の方々だった、自分は一人じゃない!仲間がいる、皆も頑張ってるから自分も頑張ろう。そういう気持ちは同じ悩みを持つ人の心を強くし、自分はもしかして何かできるかもしれないという可能性を抱くようになり、その可能性は今に、未来に続くんだ』とあります
。仲間と共に音楽(何でもいいんです。)をする事で自信をもってもらいたいという思いがありました。

開催日時:平成30年10月12日  14:30〜16:00
開催内容: 失語症者の交流会、足体操、歌唱、喫茶、サイコロトーク他
参加者:5名
01.jpg
☆足体操☆
今回初参加となる芦尾OT登場!証城寺の狸ばやしに合わせて皆で足体操をしました。
芦尾OT「皆さん、今からピアノに合わせて足体操をしましょう。」「右足を前に〜左足を前に〜」いざやってみると皆さんの反応がうすい〜!!(汗) 帰りの送迎で参加者の方に話を伺うとO様「もっと(体操)難しくして欲しい」N様「(体操)難しいかな」。他にも足の動作が見えずらかったという意見も頂きました。会が終わってからの振り返りで少しずつ動作を足して行ったらもっと分かりやすいねと意見を出し合いました。次回の改善点ですね。
02.jpg
〜歌唱〜
ギターは芦尾OT。ピアノは私。休憩中や仕事終わりに何度も練習しました。「ここはこうした方がいいねとか。ピアノとギターの音が何か違う、困った。楽譜がないなら作ろう!」って事で1カフェオリジナル楽譜(写真、真ん中)もできました。
03.jpg

〜ふるさと♪〜
T様「歌は元から好きじゃない、歌えない」とおっしゃっていましたが、しっかり歌声が聞こえました。何だか嬉しい。
04.jpg

〜月の砂漠♪〜
デイサービスで大人気の曲♬。「元々歌好きやねん、でも今は何か(歌声が)変やって分かってるねん。だから歌ってない」とおっしゃっていたO様からも美声が聞こえてきます。
05.jpg

〜上を向いて歩こう♪〜
堀内ST「皆さん、本日は色々な思いを抱えて参加して頂きありがとうございました。辛い時、この歌のように上を向いて歩いてもらえたら・・さあ、一緒に歌いましょう♪」S様は少し前にご友人が脳卒中で倒れられ落ち込まれていた中、今回参加して下さいました。だんだん声は大きくなり、最後は皆1つになりました。

〜喫茶〜
今回初めてドリンクバー形式にしてみました。「こちらで準備しましょうか?」の声かけに対して「自分でやるよ」と自立意識が高い返答があり、皆さん、それぞれ好きなものを選んで入れて下さいました。
06.jpg

〜サイコロトーク〜
進行役は室之園さんに交代です!何が出るかな〜♪でお馴染みのあの曲を流しながら、サイコロ型の箱からボールを取り出し、選んだ色でトーク!!
O様「その曲いる?」と言いながらも爆笑。「ちゃんと、曲に合わせてボール引いて下さい」と室之園さんが伝えますが、皆自由にボールを引きます。それもおかしくて笑いがおきました。

赤:初恋や御主人。or奧さんとの馴れ初めの話。
緑:病気になった後で、楽しかった出来事。or 昔(学生時代等)の話。
黄:今一番やってみたいことは? or 生活の中で工夫していること。


一番最初はS様から。緑を引きました。話す内容は「病気になってから楽しかったこと」です。S様「ないね。でもね、病気になって、不自由な体になって初めて人に優しくしてもらえることの有り難さを実感しました。」貴重なお話が聞けました。皆、頷いています。
次はA様です。
A様「今までは子供の面倒を自分が見てた。これからは(面倒を見てもらう方)それがね。」続けて、言葉をつまらせながら、一生懸命何かを伝えようとしてくれます。「頭で思ってること、出ない。それがもどかしい」O様「そうそう、皆そうや」S様「分かってるのにね。」
07.jpg
次はT様。出て来たボールは黄色です。T様「やりたいことは、こんなんも、あんなんもあるけど、一つもできない。苦しくて仕方ない。O様「例えば?」T様「あの、例えば免許書。できることはできても時間かかる。」堀内ST「前に釣りしたい言うてましたね、いつかできたらいいですね。」T様「難しいなぁ。」
08.jpg
続けてN様。選んだのは緑色「80(歳)なってな。諦めていくことで気持ち楽なった。病気になってから楽しかった事?・・・そんなんあったかな。」O様「皆同じこと言うね。それ」そこから昔お仕事されてた、TOTOの話になりました。N様はウォシュレットの開発に携わってたようです。「もう、60年前になるけどな・・・TOTO見たら懐かしく思うな」目がキラキラ!生き生きと話されます。室之園OT「麻痺等で手が動かない人、動かしにくい人っておしりをふく動作が難しいんですね、ウォシュレットが開発された事で、皆できるようになったんです。Nさんのおかげですね」そう伝えると、N様は照れていました。自然と周りから拍手がおきました。

ラストはやっぱりO様です。赤色が好きなO様、本日も真っ赤な服。選んだボールも赤!初恋の話です。
09.jpg
O様「初恋は幼稚園、B君。昔から男の子ばっかり遊んでてんな。でもな、B君亡くなってんて、サーフィン行く途中な。新聞載ったな。」皆も職員も聞き入ってしまいました。室之園OT「そんな事があったんですね、その人以降では、夜も眠れないくらいドキドキしたことありましたか?O様「それ主人やな。」御主人へはO様からアタックしたそうです。Sさんはどうかと尋ねるとS様「さあ、どうでしょう?」皆、S様は「きっと待つタイプだろうな」と言いながらまさかの恋愛トークで終了しました。笑

在宅に関わる私達STの役割とは、『言葉が出なくて不自由なこと、不便で苦しい事が多いけれども、「私は幸せである」と感じるようになってもらうこと。』私達の役割はまだまだですね。
10.jpg
今回、参加して下さいました5名の利用者様、本当にありがとうございました。
また忙しい中、駆けつけて下さいました泉北の室之園さん、今回初参加となり、足体操、ギターを披露してくれた芦尾OT本当にありがとうございました。

失語症カフェ(1カフェ)責任者:村上ST
企画リーダー:堀内ST
参加職員:村上ST、堀内ST、芦尾OT、室之園OT(泉北)

次回は1月開催予定です。
皆さん、どうぞお楽しみに☆
この記事へのコメント
堀内さん。
1Cafeの企画、運営、準備。そしてブログ作成と、本当にありがとうございます!

初参加の芦尾さん。
忙しい合間や時間外での演奏練習、本当にお疲れ様でした!

またお手伝いさせて下さい〜。
Posted by 泉北むろのぞの at 2018年10月24日 09:42
室之園さん。
サイコロトークの進行、助けられました。
ありがとうございました。

次回はまた新しい試みですね!
楽しみにしております。
Posted by 大阪堀内 at 2018年11月12日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184751891

この記事へのトラックバック