2019年02月20日

メルマガ2019年3月号 巻頭言 「自己紹介 ST山川潤(大阪法人STリーダー)さん」

2019年2月から大阪(今里)事業所に配属になりましたST山川です。
大阪はまだまだ寒いですが、沖縄ではサクラが咲いたようです。
写真は沖縄です。
securedownload.jpg

春の近づきを少しずつ感じることがあり、待ち遠しい気持ちになります。

しかし、まだまだ寒い日が続きます。皆さまお身体に気をつけてください。

大阪(今里)事務所への異動にともない、リーダーとして働かせて頂くことになりましたので、自己紹介と決意表明をさせていただきたいと思います。

出身は沖縄の宜野湾市です。

アクティブにとって初めて新卒の言語聴覚士として2014年に入社しました。

入社前に上司の碓井STに「なんでもできる在宅のSTになりたい」と話していたこともあり、松原事業所だけでなく今里事業所や吹田事業所のデイ業務や訪問業務にて色々な先輩方々と利用者さんに関わらせていただきました。

周りからは緊張しているように見えないようですが、当時はお話するだけでガチガチに緊張していました。

また通常業務に加え失語症漫才や学会発表、失語症者の集い、養成校での講義などの経験をさせてもらい少しずつ自信につながっていきました。もちろんまだまだ未熟ですから、今後も今まで以上に精進します。

リーダー職のお話をいただいたときは、経験年数の浅さや受け身な性格もあり自分に務まるのか悩みました。

これも私にとって必要不可欠な経験ができると考え、なんでもできるSTに近づくことができると思いリーダー職を受けさせていただきました。

アクティブでは初の新卒STということもあり、「新卒から地域、訪問でいいのか?大丈夫?」と周囲から聞かれることがあります。

いつも答えに悩み、正しいかどうかわかりませんでした。しかし、少しずつ経験を積むことで自信が増えて自分の中で答えがでてきました。

「新卒から地域、訪問、アクティブで大丈夫」

新卒から入社しても、アクティブの業務や勉強会を経ることで訪問や地域に貢献できるようになる。と思います。

最後に

新人療法士の気持ちは分かりますので、不安なことや壁にぶつかったとき、何がわからないのかなど、なんでも聞いてください。またスタッフの皆さんが気軽に相談でき、ストレスなく働けるように走り回って少しでも貢献できたらと思います。

これからもよろしくお願いします。



2017年7月 メルマガ創刊号時の山川STのインタビューを掲載します。
山川STの1年半の変化を感じます。

『考えることが苦手な言語聴覚士 なんでもできる環境でなんでもやる!』

「おばあが大好きだったので、高齢者と関わる仕事がいいと思って」。
言語聴覚士に就いた理由を聞くと、山川潤はふるさと沖縄の訛りを残しながらそう答えた。

養成校の実習で挫折を経験した。徹夜してもレポートが書けない。
「実は考えることが苦手。作文は最悪、小中高と出したことがありません」。
指導者に何を質問していいかもわからなかった。落第し留年が決まる。気持ちが続かず、休学を選んだ。
休学中、愛知県の自動車工場で働いた。初めての一人暮らし。無心で働き、仲間と遊んだ。この半年間が人生で一番楽しかったと振り返る。流れ作業は考える必要がなく楽だったが、一度自分のミスでラインを止め、それが他のラインにも影響を及ぼした。働く責任を感じたという。

復学後、再実習ではレポートが書け、質問もできるようになった。
「一度目の実習は学生気分でした。どうすればよりよい結果が得られるのか、働くことへの意識が変わった」と理由を語る。
実習先の病院から就職を誘われたが、次の実習で訪問を経験。病院より訪問で必要とされていると感じ、訪問の道を選んだ。

入職4年目、今の職場を「なんでもできる環境」と話す。
リハビリテーション、先輩への相談ができ、活動参加への関わりや学会発表も望んで挑戦した。活動参加の1つとして、失語症者の森氏と漫才コンビを組み、依頼に応じ、全国へ飛ぶ。

今年度、母校での山川の漫才と講義をきっかけに後輩が入職。山川はアドバイザーを担う。
「僕の1年目はひどかったと思う。自分の1年目を思い出します」。
まだ自分からどこまで働きかけようか迷っている。今は聞かれたことに答える程度にしているそうだ。
「後輩の緊張がなくなるまではゆっくり行こうと思っています。訪問同行してちょっとずつ質問が出てきたらいいかな」。
今でこそ、変わったが自分も最初は先輩に質問が全くできなかったことを振り返っての、指導方法のようであった。

今、言語聴覚士としての自分をどう見ているのか。
「考えることは今でも苦手です。何気なく考えられない。よし考えるぞと姿勢を作らないと」。
でも、考え抜いた練習で、ことばが出にくい失語症の利用者さんからスムーズにことばが引き出せたとき、やりがいを感じると話す。

今後についてたずねると「むいているのは工場、考えなくていいですし。でもずっと言語聴覚士はやっていきたい、やっぱり楽しいのかな。それでもいつかはおばあと畑仕事しているかも」とはにかんだ。
インタビュー・記事編集)ST水野(松原)
FB_IMG_1550573177576.jpg
▼失語症漫才コンビ"呑んべーず"の活動レポートはこちら↓
http://active-nopsj.sblo.jp/s/category/4455206-1.html 

この記事へのコメント
数年前に初めて山川先生の漫才をみて感激しました。当事者の想いを上手に引き出されておりました。優しそうでゆっくり1対1でお話してみたかったからです。また沖縄に病後、行けてないのでオススメのスポットを教えてほしいです!今後、失語症カフェがわたくしの夢の1つなので、是非漫才でもお茶でも来て下さいね。これからもSTのお仕事を頑張って下さい。応援しています!
Posted by at 2019年05月11日 15:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185576178

この記事へのトラックバック