2019年06月14日

ホルモン焼きの作り方教えてください。

吹田のOT藤原、心意気実践チームいとうです。

IMG_20190613_184820.jpg
ホルモン焼きです。

つい先日に関節リウマチと診断をうけた訪問看護(リハ)の70歳代女性利用者様から、先週の訪問時に、
「息子から作ってって、言われてね。ホルモン焼きの作り方教えてよ」。
と、おもむろに希望がありました。

「じゃ、来週やりましょう」ということに…
作るのは数十年振りで、前に作ったのがいつなのかも分からない位だそうです。

「作り方ももう忘れたワー」。
と、話されてましたが、あれコレと当時の記憶をたどりながら、なんとか自家製ダレの材料とレシピを聴き取りできました。

食材準備や角度調整機能付きのL字型包丁の購入は、いつもながら協力的なご家族にもご支援してもらうことになりました。

わたしもホルモン焼きは作ったことがなかったので、この週末にタレの調合を確認するために試作品を作り、レシピを研究です。
IMG_20190608_221827.jpg
赤センとシマチョウのホルモン焼き、なかなか旨かったです。残りダレでホルモン焼きうどんに…


そして、当日。
ウインナーのカット作業です。
包丁の形状が利き手の左手首の関節保護になっています。大きな支障なくカット作業完了!
IMG_20190613_160924.jpgIMG_20190613_160932.jpg

青ネギのカットです。
しっかりと細目に切れていますが…
IMG_20190613_161923-4754d.jpgIMG_20190613_162156.jpg
IMG_20190613_162340.jpgIMG_20190613_162358.jpg
「アカンわー、慣れなあかんね」。
と、渋い表情の利用者様。
目標物が細くて、刃面が思ったようにまな板に合わせるのがなかなか難しいようでした。
座ったり立ったりしたり、机や椅子の高さを調整を繰り返しつつ、少し休憩をはさみながらネギのカット作業完了!

醤油ベースの調合した自家製ダレに、お酒で洗ったホルモンを混ぜ合わます。
IMG_20190613_164834-d1b70.jpgIMG_20190613_165105-e8364.jpg

ハラミ等の牛肉も漬け込みです。
IMG_20190613_165231.jpg
IMG_20190613_165250.jpgIMG_20190613_165433.jpg
少し漬け込みです。

お仕事を終えて帰って来られた旦那さん、娘さんと試食会です。
IMG_20190613_182552.jpgIMG_20190613_183846.jpg
文句なしの旨さ。絶品でした。

「ずっと作ってくれへんかったもんなあ」。
と、肉を焼きながら旦那さんからのつぶやきが…
「何でもしてきた人やからなあ」。
「(妻への献身的な介護は)今までの罪滅ぼしですわ…」。
と、苦笑い。カッコいいです。

「やっぱり旨いね。もう少し漬け込んだら前の味やね」。
と、娘さんと利用者様とエエ表情です。

「作るの三十年振りかな…」
と、笑顔の利用者様。ようやく思い出されたようです。
「(息子さんには)肉とホルモン持って来たら作ったろ」。
と、やる気スイッチ入ってました!


今のところ新しい包丁でのカット作業時の手首、手指には負担は少ないようですが、作業後に肩や首周りに疲労や痛みが残るようです。

今後は作業量や内容、時間の調整等を試行錯誤しながら、リウマチノート等も活用し関節保護と痛み、疲労への配慮をし、日常生活、身の回り動作の安定と家事等の再獲得を引き続き図っていきます。
投薬治療の経過と運動量等を担当医の先生と連携を図ります。
posted by Active at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186135872

この記事へのトラックバック