2019年09月02日

ともに行う調理。

IMG_20190902_173348.jpg
今晩のメニュー!

ともに行う訪問介護事業所の介護福祉士・作業療法士いとうです。

この日の最後の時間は、記憶障害等の高次脳機能障害と右手指に拘縮のある利用者様宅です。

訪問リハビリテーションを終えてから身体介護による自立生活支援の見守り的援助"ともに行う調理"です。

今夜も二人で晩ごはん作りです。
IMG_20190902_172326.jpg


先週から少し残していたきゅうりの皮をしましま模様にピーラーでむきます。
IMG_20190902_165125.jpg

「先週と同じメニューやったらこんな感じで切るんだったよねぇ」
と、利用者様。
先週のきゅうりメニューのカット方法をしっかりと覚えて下さいました。
IMG_20190902_165413.jpg

刻み塩昆布に醤油、ゴマ油を混ぜ合わます。
IMG_20190902_165559.jpgIMG_20190902_165640.jpg

「きゅうりの刻み塩昆布和え」完成!
IMG_20190902_173415.jpg

次はこちらも先週から冷蔵庫にあったゴーヤーを使ってチャンプルー作りです。
IMG_20190902_170025.jpg

中綿と種を取り出して、ひたすら輪切りです。
IMG_20190902_170050.jpgIMG_20190902_170808.jpg
IMG_20190902_170819.jpgIMG_20190902_171446.jpg

大きな玉ねぎでしたが、しっかりと包丁を通すことができていました。
IMG_20190902_171657.jpgIMG_20190902_171924.jpg

ゴーヤーと玉ねぎを本だしを加えて強火で炒めます。ツナも加えて炒め合わせます。
IMG_20190902_172245.jpgIMG_20190902_172648.jpg

「ゴーヤーチャンプルー」完成!
IMG_20190902_173355.jpg

ゴーヤーの中綿と種をすまし汁にしました。
IMG_20190902_173424.jpg
利用者様は前に冷蔵庫にとっておいていたゴーヤーの中綿を思い出して慌てて、すまし汁に加え入れていました。

料理する中で"記憶の引き出し"を何度も開けておられます。

栄養満点な夏メニューです。
IMG_20190902_173348-78b04.jpg
利用者様は食べながら、
「ゴーヤー、次買って来たらこんなふうに塩とか醤油とか使わずにこうしたら…旨いよねぇ〜」 
と、何度もニヤニヤと想像しながら確認されていました。

ともに行う調理を通して、簡単なメニュー作りで、
「料理ってそんな難しいもんじゃない」。
「こうすればこうなるかなあと、思えるようになった」。
と、話されていました。

ケアマネジャーさんからも、最近はスーパーで弁当とかお惣菜は買ってないみたいねーすごいわねーとお話しがありました。

利用者様はますます自信を深めておられます。

ともに行う訪問介護事業所は、身体介護による見守り的援助"ともに行う"で利用者様の自立生活支援をサポートします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186506701

この記事へのトラックバック