2019年10月28日

ともに行う調理。

IMG_20191028_172319.jpg
今夜のメニューは「チンゲン菜のツナ炒め」


ともに行う訪問介護事業所の介護福祉士・作業療法士いとうです。

この日の最後の時間は、記憶障害等の高次脳機能障害と右手指に拘縮のある利用者様宅です。

訪問リハビリテーションを終えてから身体介護による自立生活支援の見守り的援助"ともに行う調理"です。


この日はOT学生さんと一緒に訪問させていただきました。
IMG_20191028_170335.jpg
冷蔵庫の中にはおつとめ品のチンゲン菜がありました。

チンゲン菜のカット。
IMG_20191028_170354.jpgIMG_20191028_170527.jpg

チンゲン菜を炒めます。
IMG_20191028_171510.jpg

OT学生さんに試食してもらうと…
「旨いでしょ?」
と、利用者様のドヤ顔!
IMG_20191028_171923.jpg

最後の仕上げの炒りゴマをふりかけるのは学生さんにお願いしました。
IMG_20191028_172247.jpg

完成!
IMG_20191028_172319-89609.jpg
今週は生野菜を買い控えておられ、しっかりと冷蔵庫の在庫ストックを減らしておられました。

来週は先週から在庫で残っている白菜を使ってみようと思います。


訪れていたケアマネージャーさんからも、
「調理を楽しみにされて、美味しいっていいわね〜」
「それが記憶にもいい影響を与えているのね〜」
「自立につながってるわね〜」
と、ありがたいお言葉をもらいました。
”見守り的援助”に快く理解をしていただき、利用者様の自立生活支援を見守ってくださりありがとうございます。


ともに行う訪問介護事業所は、身体介護による見守り的援助"ともに行う"で利用者様の自立生活支援をサポートします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186737125

この記事へのトラックバック