2019年11月04日

ともに行う調理。

IMG_20191104_171810.jpg
今夜のメニューは「人参ともやしのオイスターソース炒め」「豆苗ツナサラダ」の2品


ともに行う訪問介護事業所の介護福祉士・作業療法士いとうです。

この日の最後の時間は、記憶障害等の高次脳機能障害と右手指に拘縮のある利用者様宅です。

訪問リハビリテーションを終えてから身体介護による自立生活支援の見守り的援助"ともに行う調理"です。


今日は2週間ほど前から冷蔵庫にあった豆苗が、もう袋を破るんちゃうかなと思うくらい目一杯育っていたので使わせてもらいました。
IMG_20191104_163934.jpg

豆苗をカットしてからツナを加えて、
IMG_20191104_164644.jpg

利用者様もわたし自身も豆苗はあまり使ったことがなく、醤油と塩、こしょうを少しずつ加えて味見をしながら味の調整をしました。
IMG_20191104_164911.jpg

最後にゴマ油をかけて、豆苗に味がしみわたってくると抜群に旨かったです。
IMG_20191104_165044.jpg
「うめえなァ」
と、破顔の利用者様。

   
 
次は今週末に買われたおつとめ品の人参を使います。
IMG_20191104_165511.jpg

リハ当初は右手指、手首が痛くなるため包丁でカットできなかった人参も難なくカットされています。
IMG_20191104_170118.jpgIMG_20191104_170123.jpg
右前腕回内位で示指、手掌面で固定する代償的なグリップですが、痛みもなく安全に包丁を使われています。

千切りにした人参に火が通ってからもやしに顆粒の中華の素、オイスターソースを加えてさらに炒めます。
IMG_20191104_171201.jpg

「人参ともやしの新たな使い方を覚えたよゥ」
と、嬉しそうな利用者様です。
IMG_20191104_171733.jpg

今までのともに行う調理を一緒に振り返ると…利用者様から以下のお言葉がありました。

「料理ってのは、そんなに大変なもんじゃないよって、これで(共に行う調理のサービス利用)教えてくれたよゥ」と、感謝していただきました。

「だからね、台所に立つの、億劫じゃなくなってるよゥ」

「毎週楽しみなんだもんねェ〜」

「何を作ってくれるやろうと思って、買い物も楽しいねェ〜」


食べる楽しみ、買う楽しみ、作る楽しみ…

日々の生活を彩る働きかけが本サービスで提供できているのであれば嬉しい限りです。


ともに行う訪問介護事業所は、身体介護による見守り的援助"ともに行う"で利用者様の自立生活支援をサポートします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186767114

この記事へのトラックバック