2019年11月18日

ともに行う調理。

IMG_20191118_172033.jpg
今夜のメニューは「人参と大根のツナの中華炒め」


ともに行う訪問介護事業所の介護福祉士・作業療法士いとうです。

この日の最後の時間は、記憶障害等の高次脳機能障害と右手指に拘縮のある利用者様宅です。

訪問リハビリテーションを終えてから身体介護による自立生活支援の見守り的援助"ともに行う調理"です。


冷蔵庫に先週からあった人参が1本干からびて傷んでいたのでやむなく廃棄処分。
1本は皮むき作業です。
IMG_20191118_164243.jpg

千切りにします。
IMG_20191118_164654.jpgIMG_20191118_164952.jpg
人参が1本しか使えなかったので大根を使わせていただきます。
IMG_20191118_165817.jpg

炒めます。
「どんな味になるのかなァ」
と、笑顔の利用者さま。
IMG_20191118_171116.jpg
ツナ、中華スープの素、醤油を加えて炒め合わせます。

火を止めてからごま油をかけて、最後に豆苗を加えて混ぜ合わせます。
ここ数回、味見は利用者さまご自身でしてもらっています。
IMG_20191118_172033-99974.jpg
完成!


「料理(ともに行なう調理)のある月曜日は楽しみなんだよねェ〜」
「ご飯食べたらあとは寝るだけだもんネェ」
「ホッとすんだよネェ」
と、穏やかな表情で話す利用者さま。

遠方に住むご家族さまも家の片付けなどでご自宅に来られていて、
「リハビリもしてもらって、料理を一緒に作ってもらうってホントにいいですね、ありがたいデス」。
「一人暮らしやからどうしても同じモノしか食べなくなるから心配でね」。
等と、何度もお話しくださいました。

お役に立てれば嬉しい限りです。

引き続きよろしくお願いします。


ともに行う訪問介護事業所は、身体介護による見守り的援助"ともに行う"で利用者様の自立生活支援をサポートします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186819350

この記事へのトラックバック