2019年11月28日

在宅医療介護講演会

東成区で在宅医療介護講演会が行われシンポジストとして参加しました。

今回はACPってなに?

をテーマに1部は淀川キリスト教病院の池永先生の講演

2部は事例についてのシンポジウムを行いました。

厚生労働省はACPの愛称を「人生会議」に11月30日をACPの日にしたようです。

第一部の講演では池永先生は緩和ケアの第一人者の先生で話し方も優しく

とても聞きやすい内容でした。

自分が大切にしてきたことを元気なうちから話していきましょう。

死に方を決めるのではない。

日本人は誰かがしてくれるだろうと思っている

考え方が多いとも話していました。

第二部では医師、歯科医師、薬剤師、看護師、リハビリ、ケアマネ

からの職種での役割や最近の医療について話しを行いました。

まさに最近のニュースでACPのポスターが炎上していますが

一人一人がしっかりと考えなければいけないことだなと思います。

IMG_0072.jpg

アクティブ大阪
中原


posted by Active at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186859450

この記事へのトラックバック