2020年04月20日

新たな試み。こんな時だからこそ対話。

人材開発室・心意気実践チームのいとうです。

オンラインでのコミュニケーション、会議、研修の開催アプリ、zoomを使ったオンライン研修です。
IMG_0050.PNG
写真右上はOT内島さん、左下は2年目PT馬場さん、右下は新人OT我如古(がにこ)さん(みなさん吹田事業所所属です)

3回目のこの日は、対話(ダイアローグ)をベースにして、和やかな雰囲気の中で、各自の体調や自宅待機時の在宅ワーク、自己学習の進捗状況等の確認から始まり、テーマを"感染対策"とし各々の立場から"わたしは〜"を主語に互いに40分ほど語り合いました。

zoom上で下記のようなパワポ資料を説明、確認しながら進めることができます。
参加者のみなさん同士の意見交換が触発され、それによって理解も進み納得感も得やすいようです。
IMG_0051.PNGIMG_0052-83921.PNG
IMG_0053.PNGIMG_0054.PNGIMG_0055.PNG
FullSizeRender_20200422175429.jpgFullSizeRender.jpg

今回はダイアローグについて、「ダイアローグ 対話する組織」中原淳+長岡健(ダイヤモンド社)両氏の書籍を大急ぎで読み、学んだことを上記資料にまとめて、対話を取り入れながらzoomでアウトプットさせていただきました。

アウトプットさせてもらい、みなさんからもナマの意見をいただきました。
各々がどのように感じたかをお聴きすることで、資料の中身の理解が深まることでより自己理解も進みました。

また、各々が考えたこと等を話してもらうことで、こんな風に感じるのか、捉えるのか…とその人の理解、他者理解も得ることができました。
○日頃の"伝わらないコミュニケーション"は、導管メタファーというコミュニケーション感に支配されているということ
○対話というコミュニケーションの可能性
○組織における対話の重要性やその効果
○利用者支援に活かせる対話の視座、技術とは
○質の高い"雑談"は"対話"にも勝るのかも…雑談のようでいてそれが"対話"なのか
等…

次回以降のオンライン研修の日程も決まり、各々から研修のアイディアも共有しています。

zoomはアカウントはせずに、主催者からメールで送られてくるミーティングIDとパスワードをPCやスマホ等に入力するだけで、会議に参加することができかなり手軽です。
パワポ等の様々な資料の画面を共有しながら会議や研修を進行できるのも大きな利点です。

また、低容量での会議の録画が可能で議事録としての機能や研修会であれば後日閲覧可能な研修資料としても活用ができます。

参考)
▼「結局、zoomは使っても大丈夫なのか?」高い利便性と手軽さゆえなのか、次々とセキュリティ問題が指摘…その問題点と対策を整理↓
○セキュリティ問題やプライバシー保護の対策は急ピッチに進んでいるため、最新版を利用すること
○会議等の利用はパスワードをSNS等で外部に漏洩しないようにすること
○機密情報を扱う最重要な会議では利用を控えた方が無難か
等…

オンラインセミナーの開催は昨年度から計画していたことでしたが、この度のパンデミックを契機に、一気に具現化しました。

3つの密の回避、外出減、ソーシャル・ディスタンシング等の感染拡大防止策により、事業所内での研修体制だけにとどまらず、報告-連絡-相談-確認の体制、各情報の伝達、意思疎通等のコミュニケーションと職場内の人間関係の形成にも支障を来たす危機感が大きくなったためです。

日頃の厳正な感染予防で、精神・心理的にも張り詰めるような雰囲気が、今の職場の現状かと思います。

その上、職場内での他職員との接触を減らし、ナマのコミュニケーションを控えるということも加わります。

人はコミュニケーションや人とのつながりが減少すると心理的安全性の低下に大きな影響を与えると言われています。安心して仕事が出来なくなるということです。ということは仕事の質も量も下がることになります。事故の発生率も増すかもしれません。
▼「つながりと健康格差」はこちら↓
▼「"病は気から"を科学する」

そこで、先ずはオンライン上ではありますが、顔を合わせてのコミュニケーション機会を増やして、少人数での仕事の効率も上げつつ、研修・教育体制を維持し、人間関係の維持・向上、個々の心理的安全性の確保等を図る手段として、zoomも含めたいくつかのアプリを試用するに至りました。

日々刻々と感染の状況が変化します。

それにあわせながら、各事業所の実情に適した無理なく使えるアプリはないか…トライ&エラーが続きます。
ご協力ありがとうございます。
IMG_20200411_072148-EFFECTS.jpg
休日の朝、早くから行けば人気の少ない公園でのトレーニングにて。
身体を動かすと心も動き出す。
スポーツには心を元気にしてくれる大きな力を感じます。
posted by Active at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187403091

この記事へのトラックバック