2020年06月11日

【堺デイ活動報告】居酒屋オープン

昨日、他事業所のスタッフ方から、『堺デイでは以前は園芸などブログであげられてましたけど、最近は何か取組みされてますか?またブログあげてください。』と、ご質問いただきました。

コロナウイルス感染が蔓延する以前の話になりなすが、堺デイサービスでの活動を久しぶりに報告します。

頚髄症性脊髄症(OPE後5年経過)のご利用者様

歩行障害があり、当初は当社の訪問リハビリを利用されていましたが、散歩は習慣化され、ご家族の体調が思わしくない時は買い物をされたり、知人との食事やカラオケも参加されるようになり、2年前に訪問リハからデイサービスに移行となりました。

現在も、散歩は継続されていて近所の喫茶店やサロンにもよく通われていますが、手指の巧緻性低下(筋力低下とともにしびれや感覚障害があり)により、手を使う作業に対しては「何もできない」と、よく話されていました。

80歳まで居酒屋を夫婦で営まれており、生きがいとされていたようで、当時のお話を聞くといつも楽しそうにお話されます。
2.JPG

雑誌.png
(大手企業に掲載された社報も大切に保管されています。)

当時は接客が主な仕事でしたが、「おでんの出汁」と「どて焼き」の味付けはご本人が行っておられました。機能評価の上で作業工程を確認し、作業が可能と判断。

そこで、デイサービスで『居酒屋 ●●』オープンを計画。
店.png
1.png
どて焼きを6年ぶりに作っていただきました。

提案当初は、「わしは無理やで、(療法士が)やってや。」とおっしゃられていました。しかし、予定日が近づいたある日、モニタリングに伺うと、ご自分で昔使っていた道具を自ら準備して下さっていました。

調理開始。
3.png
調味料をボウルに目分量で入れてかき混ぜていきます。

はじめは座って作業していましたが、すぐに「立ってやるわ。」と立位で味見をしながら調味料をしっかりと混ぜて行きます。
4.png

鍋に下処理したスジ肉と調合した調味料を投入。
6.png
鍋も焦げ付かないように、水を差したり、混ぜたり。「これもいいリハビリになるわ。」と、
物理療法などのスケジュールの合間に鍋の確認を行います。

デイサービス内にいいにおいが漂うと、他のご利用者様からは「(調味料は)何をいれたん?」「肉はスジ肉以外でもいいの?」「味見させて。」など、話が盛り上がりました。

7.JPG
最後にご利用者様、職員に食べていただき、皆さんから「おいしい。」と言われると、「楽しかった。よかった。」「居酒屋をやめて、もう二度と作る事はないと思ってた。」「できないと思ってたけど、思ったよりもできた。」と話されていました。

デイサービスのお帰りの際には「これ持って帰っていい?」と手作り和帽子と調理をしている写真を持って帰ってくださいました。後日、写真のことを伺うと、部屋に飾られているようで「見ると(嬉しくて)涙がでてくる。」と話されていました。どて焼きもご自宅にもお持ち帰りいただき、奥様からも「おいしかった。」と言っていただいた様です。

今回の調理は、日常生活に直接つながる事ではありません。また、習慣化するものでもありません。ただ、ご利用者様の達成感や満足感を拝見し、本当にやってよかったなと感じました。
posted by Active at 11:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 堺デイ
この記事へのコメント
めっちゃ旨そうな報告ありがとうございます!
利用者さまの物語りがにじみ出るナラティブな関わりです。満足されて幸せそうな表情がサイコーやないですか〜
Posted by 心意気いとう at 2020年06月11日 20:27
早速のブログ投稿ありがとうございます!

アクティブ夏祭りみたいな行事を作って、
そこの出店的な感じで定期的にどて焼き作ってもらいたいなーと思いました!

手作りのれんと調理帽まで作成してるところがめっちゃ粋やな〜と感じました!

これからも堺からの情報発信期待してます!!
Posted by 他事業所スタッフ at 2020年06月12日 19:51
心意気いとうさん
コメントありがとうございます!
私は調理得意ではありませんが、一緒に作業するのは楽しいです(^^)

他事業所のスタッフさん
地域の夏祭りやイベントに出店のお話しもしていましたが、それもいいですねー
Posted by 堺デイ at 2020年06月12日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187585061

この記事へのトラックバック