2018年10月31日

片江体育祭

片江体育祭に行ってきました。

地域の町会に加入している方々が様々な競技に参加し

競技参加者全員に野菜やお菓子などが景品として配られます。

東成区長をはじめ、山ア診療所の連先生、役所や社協の方や

体操教室で見かける方々など子供から高齢者まで参加していました!

なんと総勢約2500人が訪れるようです!

IMG_3526.JPG

IMG_3524.JPG

今年は50回目を迎え記念大会でした!

老若男女問わず交流し、熱気に溢れこれぞ地域というイベントでした!

また、50年の記録をまとめた冊子も配られています。

みなさん昔の写真をみながら懐かしそうに

自分が写っているなどと話されていました。

IMG_3532.JPG

アクティブ大阪
中原
posted by Active at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka

2018年10月26日

健康づくり講座

健康づくりやってみよう講座

先日東成区の保健師からの依頼で、健康講座に行ってきました。

健康講座の目的は生活習慣病予防と介護予防を学び

家でも実践していき啓発していける人材の育成で対象者は年齢を問いません。

5回コースで理学療法士、管理栄養士、保健師、歯科衛生士、医師が一回ずつ講座をし

体験してもらいながら行う講座です。

理学療法士の講座はウォーキングについて。

東成区にはウォーキングマップがあるのでそれも使いながら

ウォーキング効果や歩きかた、歩数と予防の関係など話しさせて頂きました。

万歩計も参加者に渡すということで

設定を一人一人行いました。

講座に来ている参加者はよく体操教室で会う方から

様々な健康に興味のある区民の方が来ていました。

予防の意識が高くなってきているなあと感じました。

IMG_3518.JPG

IMG_3485.PNG

アクティブ大阪
中原
posted by Active at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka

2018年10月25日

第18回 あれそれカフェ大阪 基礎編「生活動作×運動のコツ」

こんにちは大阪OTの井上です。10月19日(金)にあれそれカフェを行いましたので、ご報告させて頂きます!イベント
今回は「ヨシキ式!膝痛・腰痛予防」をメインテーマとして発表しました!話したいことが多くありすぎて話が少し長くなってしまったのにも関わらず、皆様真剣に聞いて下さいました。耳痛みはなぜ起こるのかから膝や腰の構造、ロコモ、身体はすべて繋がっている!など話させて頂きました。クイズ形式にして手を挙げて頂きながら行いました!!!
IMG_9296.JPG
皆様にも膝痛や腰痛があり、悩みを聞きながら進行していきました。

そして、本題の「ヨシキ式!膝痛・腰痛予防体操」にはいっていきます!
IMG_9292.JPG
その場で座ったままできる体操を皆様に実践して頂きました!IMG_9291.JPG
立ってできる方は少しの間立って行って下さっています。IMG_9295.JPG
体操の中で「骨盤なんか触れるんやねえ」「こんなところ意識したことなかったわ〜」など骨盤周囲の筋肉がうごいていることを実感して頂きながら、楽しく体操をしました!
IMG_9290.JPG

体操の後は恒例のリレー形式で、レクリエーションを行いました☟
IMG_9287.JPG

1本の棒を両足をつかって隣の人に回していき、端の人から端の人まで届いたチームの勝ちとなっています!
最初は、難しい感じでしたが皆様すぐに慣れ、職員のほうが苦労している感じでしたあせあせ(飛び散る汗)
IMG_9289.JPG
最後は皆さま仲良くお話しながらカフェを楽しんで頂きました。IMG_9288.JPG
ヨシキ式の体操の資料を皆様分作っておいたのですが、配布する前から「早くちょうだい!」「欲しいわ〜」と言ってくださいました。まだまだ知識不足の資料となってしまったのが申し訳ないです…今後もたくさん勉強していきます!「楽しかったわあ〜」「次はいつ?八分音符」「良い感じに疲れた!でも楽しかった」など直接感想を聞くことができ、とても嬉しく思いました。また次回お楽しみにしていてください♫
以上、大阪OT井上からの報告でしたexclamation×2
posted by Active at 15:45| Comment(2) | TrackBack(0) | oosaka

2018年10月10日

2年ぶりの楽しみをもう一度 〜ゴルフイベント〜

皆さん、こんにちは。今里のST堀内理沙です。

今回の主役は70代のK様(男性)です。
K様は平成28年11月ゴルフ中に転倒、その際、左肩粉砕骨折をされました。骨折をきっかけに外出機会が減少しました。又、言葉の出にくさもありデイサービスを利用されています。

(利用以前は何よりもゴルフ好きだったK様。契約時よりいつか又ゴルフに行けることを目標にデイサービスを利用。コースを周っていた時の話しを楽しそうに語っていました。)

〜堀内ST介入経過〜    (少し長いですが・・・・・)
平成30年5月
初めてK様を担当させて頂いた時、気難しい印象を受けた事を覚えています。大先輩とのダブル担当で、K様は失語症状を呈しており、プライドの高い方なので、傷つけないように機能訓練ではなく、楽しい会話でお願いします。と引継ぎを受けました。その会話訓練が当初は大変でした。錯語、保続、喚語困難が多く、恥ずかしながら、話している内容が理解できず、介護士の方に助けて頂いた事もありました。訓練を繰り返す中でK様の独特な話す際のリズムや伝えたい事が少しずつ分かってきました。そんな中、私とK様の会話訓練を見た村上STから『例えば野球の話をするならもっと知識をもたないとね。そうすることで会話がはずみますよ。』当たり前のことかもしれませんが、私にとって大きく変わった一言だったかもしれません。そこから、野球やゴルフ雑誌を読み、K様が喜んでもらう為に出来る事は何だろうか、一つ一つの訓練を大切にするようになりました。そんな中で、K様は特にゴルフの話をする時イキイキされるなぁと感じていました。
「ゴルフ行きたいですね!」と声を掛けると頷かれるも、そこからは少し寂しそうな、不安そうな顔をされ、具体的な話は続かずいつもそこで止まっていました。K様『倒れてからゴルフの誘いはあるけれども一度も行ってない。』その言葉がずっと引っかかっていました。

平成30年6月
行きたいのに行かない?行けない?その理由は何だろう。考えても考えても分からなかったので、ひとまず『ゴルフをしてみよう』という事でK様が以前通われていたゴルフ場に行ってみました。
人生初の打ちっぱなし。楽しい!!!もしかすると、プライドの高いK様は以前の自分ではないことを認めてしまうのが怖いのかもしれないと思いました。後日、ゴルフ場に行って来た報告をし、写真を見せると懐かしそうにされてました。この頃からK様の印象、表情、発現内容が変わったなと感じるようになりました。

平成30年7月
K様から初めて、『ゴルフ行かんの?行きたい』と発言がありました。『もっと言葉が話せるようになりたい!』私はバイザーにお願いし会話訓練に加えて機能訓練もどちらもやらせて下さい!とお願いしました。K様は訓練は楽しいと言って下さるようになりました。
企画は暑い時期をさけようということで、10月に!!
担当の馬場PTと藤田PTとはゴルフの打ちっぱなしに向けて頑張ってらっしゃいました。

平成30年10月
いざ、ゴルフ場へ

無題1.jpg

無題2.png

無題3.png

無題4.png
「緊張するわ、打てないかも」と言ってたK様、けれどいざ打つと何と美しいフォーム!
飛距離も100ヤード越え。そこからぐんぐん伸びます。110、120、・・・ついに150越え!凄いぞK様。思わず『ナイスショット〜!』と拍手がおこりました。
PT馬場「Kさん、凄いですね」K様の頼もしいショットに思った以上だったと驚かれました。

無題5.png
A様「何度か(K様)誘ってたんや、元気なったら声かけて、言うてたんや。」「私らは4人でよくゴルフコンペいってたんや、打ちっぱなしもな。今は自分以外皆倒れて1人になってしまって、寂しかったんや。」と感極まっていました。2年ぶりの再会。

「これやったらまた一緒にコース周れそうやな!!」

A様のフォームを見て、K様『まだまやな、また行こう。』OT河井『次はグリーンですね!!』A様もK様も笑顔で頷かれました。

帰りにK様に今日の出来は何点か尋ねたところ、「60点!まだまだ、練習したいな」と言われていました。
帰り際に皆で写真撮影。
無題.jpg

デイサービスではなかなか見ることのできないK様のスマイル!!


(今回は、ゴルフに行きたいけど行けない自信のなさ、言語の問題もあり、スタッフに「ゴルフレッスン」をする役割を持っていただきイベントを行いました。
 介入としては受付への情報提供や、友人からの情報収集・症状の説明が行えました。又、CM・家族へも報告を行い、今後もK様が活き活きと活動できるように本人・家族・友人・CM・Drへ情報共有や提供が必要であり、引き続き活動・参加へ向けたアプローチを行っていきます。)

アクティブデイサービスリハ・カフェ東成
ST堀内 デイスタッフ一同
posted by Active at 12:15| Comment(2) | TrackBack(0) | oosaka

2018年10月05日

日々のデイサービスでの頑張りを発表!!

毎年コツコツと作品を作っている利用者さん

今年は作品展へ出しましょうと力作がいくつも出来ていたので出品しました。

短時間の通所介護はマシーンや個別リハビリのみと思われがちですが

アクティブデイサービスリハ・カフェ東成は
手芸

書道
絵葉書
麻雀
ゴルフ
園芸
クラフト
調理
買い物
などなど

活動・参加に向けた個々の目的・目標に向けたプログラム!!

短時間デイサービスでもこんな作品が出揃いました

前日から夜な夜な作品の貼りだし
IMG_4701.JPG

IMG_4699.JPG

IMG_4700.JPG

IMG_4697.JPG

IMG_9200.JPG

利用者さんと一緒に
IMG_9199.JPG

IMG_9197.JPG

参加者さんより
次回も参加したい
他の作品も見れて次やりたいことみつかった
1人2つづつ作って次出そう
リハビリよりきつかったけど頑張りました
片手でも頑張りました
などなど


作業の持つ力は素晴らしいなといつも感じます。
アクティブデイサービスリハ・カフェ東成
スタッフ一同
posted by Active at 13:18| Comment(1) | TrackBack(0) | oosaka

2018年09月12日

あれそれカフェ大阪 基礎編「生活動作×運動のコツその2」

こんにちは(*^^*)

大阪OTの芦尾です。

暑かった夏も涼しくなってきましたね雪

体調にはお気をつけ下さい。


今回は8月17日()に開催した

あれそれカフェについて報告させて頂きます!


午前のデイサービスが終わってからは

コンビニまでみんなで歩いて買い物に行きました。

あれそれ1.jpg


遠足に行くかのようにうきうきと

笑いがとにかく止まりません(* ´艸`)ー(長音記号2)


これも、買い物リハビリの一環です♪

いつものリハビリの成果を発揮されていました!

あれそれ2.jpg


品選びで皆さん悩まれていました。

わたしの一押しスイーツかバームクーヘンを

特に悩まれていましたが、やったー!

わたしの一押しスイーツが勝ちました黒ハート

あれそれ3.jpg


あれそれ4.jpg


あれそれ5.jpg


商品を選び終わったらレジでお会計を済ませ

デイサービスに戻り食事会をしました。

あれそれ6.jpg


買ったものを交換もしていました

にぎやかなお昼となりました。


「いつも一人で食事をしているから

みんなで食べると美味しいなぁ。」

「楽しいし毎週ご飯会して欲しいわぁ。」

と言っていました。

あれそれ7.jpg


食後は、あれそれカフェの時間となりました。

地域の方や、デイサービスご利用の方が

たくさん来てくださりました。


今回のテーマは、知っとかなあかんで水講座と

生活動作×運動のコツでした(#^^#)


水の役割や、水について知っておくといいことなど、

水についてのクイズを入れながら

お話しさせて頂きました。

あれそれ8.jpg


みなさん水は飲むようにして下さいね。


熱中症対策のレモン水と梅水は

酸っぱかったようですね()

あれそれ9.jpg


水について知ってもらった後は、

生活動作に繋げた運動をしました。


まずは、準備運動のストレッチからして

ストレッチの効果の説明をさせて頂きました。

あれそれ10.jpg


準備運動が済んだら、生活動作のコツをお伝えしました。

運動は、みんな笑いが止まりません(*^^*)

前回も今回もみんな笑い疲れるぐらい

ぎゃははははははははって笑っていました(笑)

あれそれ11.jpg

あれそれ12.jpg


チーム対抗戦は大盛り上がりでした。

足の指先までしっかりと使ってもらいました。

あれそれ13.jpg


あれそれ14.jpg


瞬発的な判断や、つまずかないようにすること

足でしっかりと踏ん張ること、バランスを保つこと等の

転倒予防の運動と説明をさせて頂きました。


「話が良かったわぁ。」「いつまでも続けて欲しいわぁ。」

「楽しかった。」「久しぶりにこんなに笑った。」

「勉強になりました。」「デザート美味しい。」

と嬉しいお言葉をたくさん頂けました。


またのご利用お待ちしておりますぴかぴか(新しい)

アクティブデイサービス今里 一同


あれそれカフェの人数が最近増えてきて

幸せいっぱいの芦尾です揺れるハート揺れるハート揺れるハート

もっと地域の人と繋がって

行けるように頑張ります(*^^*)

posted by Active at 18:20| Comment(1) | TrackBack(0) | oosaka

2018年08月27日

嚥下講習会

皆さん、こんにちは。今里ST堀内理沙です。先日、今里の看護師へ嚥下講習会を開かせて頂きました。前回は基礎編。今回は訪問時に使えるものとしてその様子をご報告させて頂きます。7月に第1回嚥下講習会を開催した際、課題と反省点がありました。バイザーである村上STからの主な指導内容は以下です。
・専門用語を分かりやすく説明できるようにする。
・外部講習会を想定した話し方を心がける。
・重点を置くところとさらっと流す所とメリハリをつけて話す。
今回は指導頂いた内容を心掛け、いざ講習会開始〜
01.jpg
@実演:とろみ付け〜
濃度の違う3種類のとろみを用意しました。100mlの水に対して濃度1.0%/2.0%/5.0%
田中Ns「これ(1.0%)はあんまり分からないですね。」
堀内ST「そうそう、言われて見ればついてるかもくらいの感じです。」
田中Ns「これ(2.0%)は分かります。ちょっと飲みにくくなりましたね。」
村上ST「では5.0%作ってみましょう」
田中Ns「まずい!」
村上ST「そうそう。自分たちで飲んでみると分かるでしょう。とろみ嫌いにならない事がとっても大事なんですよ。だから私たちは(嚥下障害のある方)それぞれに合わせたとろみ付けを行うんです。」
田中NS「簡単にとろみ(をつけたら)って思ってましたけど、考えが変わりました。」
とろみを実際につけ、それを試飲すると意外と面白く実践向きだと感じました。
02.jpg

A前回のおさらい
嚥下5期(認知期・準備期・口腔期・咽頭期・食道期)について、前回専門用語で説明すると、かえって分かりにくい説明となってしまいました。今回は前回の反省点をふまえ藤岡式の嚥下模型を使用しながら話しました。
03.jpg
B嚥下評価
嚥下障害を疑うにあたって、食事場面、また日常場面での観察ポイントを説明させて頂きました。
堀内ST「日常場面での観察ポイントは覚醒状態が低い方にも使えるんですよ。」
田中Ns「そうなんですね」とペンで線を引きながら聞く熱心な田中看護師
04.png

05.jpg


続けてスクリーニング検査を実施
写真は反復唾液テスト(RSST)の様子です。
一定時間内(30秒間)に嚥下運動を反復させ、触診で喉頭挙上を確認し、その回数で嚥下障害を見つける簡便かつ安全なスクリーニング方法の一つです。
06.jpg

続けて、水飲みテストやフードテストの様子を実技とパワーポイントを用いて説明させて頂きました。
07.jpg
C直接訓練と間接訓練
直接訓練と間接訓練の違い(今回は間接訓練を中心)を話しました。写真は声門閉鎖訓練の代表であるプッシング法です。向き合って「えい」と声をかけあうのと同時に押し合いをすることで、声帯が閉じるのを助けます。
08.jpg
いざ、やってみると照れてしまいました。STが照れると受講者も照れてしまいます。今回の反省点です。

次は頭部挙上訓練(シャキア法)です。食道入口部の開大を図ります。そうすることで食道入口部の食塊通過を促進し、咽頭残留を少なくする目的として行います。
09.jpg

田中Ns「これは大変。しんどいですね」
堀内ST「はい。やってみると大変さが分かるので安易に進めることができないんです。代用として座ってできる“おでこ体操”というものがありますよ。シャキア法と同じ効果があると言われています」
村上ST「(プッシング法もシャキア法も)高血圧や不整脈等がある場合には、症状を悪化させる場合があるため注意が必要です。」

今回の一番の反省点としては、実技をする際は自信をもって行うことです。次回の講習会の際、第1回・2回の反省点を生かして行いたいと思います。

お忙しい中、講習会に参加して頂きました田中看護師、またご指導頂きました村上STありがとうございました。

講習会実施日:2018年8月10日 14:30〜
指導・企画:村上ST
実演:村上・堀内
参加者:田中看護師・村上・堀内ST

posted by Active at 11:11| Comment(2) | TrackBack(0) | oosaka

2018年08月03日

第3回 1Cafe(失語症カフェ)

第3回 1Cafe(失語症カフェ)聞き手側から話し手側への役割交代と拡がりを


皆さん、こんにちは。今里事業所所属のST堀内理沙です。

村上STと金井STによって開催された、『聞き手側から話し手側への役割交代と拡がり』をテーマとした1cafe.(失語症カフェ)。201710月に第1回、20184月に第2回、そして2018727日(金)、今回で3回目となりました。


今回、新たな試みとして、@重症度のタイプに幅をもたせること。A今里以外の利用者(堺・泉北)に参加してもらったことです。

参加者は6名。今里はOさん、Tさん、Nさん、Sさん。泉北はAさん、堺がBさん以下所属は省略します。

事前に参加される方々の情報を交換し、気をつけることやこの会に参加される目的を確認しあいました。どうなるものかハラハラしながらも当日を迎えました。


1CAFE 始まりました!!

11.jpg


〜開会の挨拶〜

開会の挨拶は前回に続き今里のムードメーカーOさんがして下さいました。「3回目(の参加です)。大したことないよ。言えない事あるからね。皆でフォローしあいましょう」)


〜阿波踊り〜

今回も徳島出身の井上STと一緒に皆で阿波踊りを踊りました。今回は法被(ハッピ)を羽織って披露、前回よりもさらに気合が入っているなと感じました。皆さん少し照れながらも井上STの掛け声に合わせて踊っていました。

22.jpg

〜自己紹介〜

Oさん

「買い物以外はだいたい1人。出来ることは自分でするよ。」

Sさん「(Oさん)普通に見えますね。どこが悪いんやろって。」

Oさん「そんなことないよ。名詞でにくい、市役所とか大事なことは全然ダメやな。倒れた時はな、お母ちゃんしか分からん。旦那も子供の名前も言われへんかってん。しゃべることな、一番やと思うで。できていくと楽しくなる。できへんじゃなくやろうとするよ。そしたらちょっとずつできると嬉しいねん。」


Tさん

「やってみたいことあるけど動きがついてこん、こぼれないようにするのが悩み、バランス難しい」Tさんは現在今里と松原のオーディナリーで就労として配膳と皿洗いを担当して下さっています。そこでの悩みを打ち上げて下さいました。


Aさん

「3年前に脳出血になり、失語症になりました。趣味はテニスと音楽です。チャレンジしたいことはテニスでラリーをすることです。今チャレンジしていることは、杖を添えて・・・杖を使わずに歩けるようになることです。」Oさんは発症前からテニスをされていらっしゃいます。利き手は右手でしたが、病気になられてからは左手で頑張ってるそうです。


Bさん

Bさんは緊張しながらも、原稿用紙を見ながら一生懸命伝えて下さいました。

それを温かく見守る知花さん。


「こんにちは。初めまして、堺のBです。好きな事はアニメを見ることです。家族でご飯を食べに行くことが楽しみです。よろしくお願いします。」発表された後は安堵したのか、感情が溢れ涙を流されていらっしゃいました。Bさんの自己紹介の後、OさんがBさんに対し「大丈夫だから、私もそうだったよ。でもいっぱいしゃべろうね。」とアドバイス。Bさんは後日STのリハ中にこの言葉に救われたと話されていました。


33.jpg


Nさん

「皆の見てたら自分のことなったらな、色々考えてきたけどな」と少し緊張気味のNさん。呼吸を整えたあとは堂々と話して下さいました。

「え〜っとなんやな。名前はNであと1ヶ月で80歳です。しゃべられへんのが辛いなぁ。60歳までは仕事のみの人生。59歳の時に事故で右がな、それでな。2年間は引継ぎして辞めて何しようかなって思ってたらな、プッツン。脳出血。ペン持って字書くとよそ向くな、今はOTさんと交換日記の練習してるで。趣味は旅行な」

44.jpg


Sさん

「昨年の9月(発症)、1ヶ月で戻ると思ってた。2ヶ月でも全然戻らない、戻らん、悔しくて仕方なかった。耳までは考えてるけど、皆なかなか説明できない。やりたいこといっぱいあるけど何もできない。現役戻れるなら戻りたい。いざ自分で話してみると話したいことが話せてるのか分からない。皆に説明が大変。しゃべると疲れるし時間かかるねん。日決めてまずは半年、治りたい。でも元に戻らんと思う。本読めるのに、説明してと言われたら説明はできんの」


村上ST

「皆さん同じ病気だから自由に話してもらっていんですよ、といってもそれがなかなか難しいですよね。」と切り出しました。室之園さんもフォローして下さり、いつの間にやら職員も輪に入り会話が弾んで行きました。

恒例の、Tさんの手相占いが始まりました。Oさんの手相を見て、「30歳後半でいい話がある」というと、Oさん「もう(30歳)過ぎてるわ!(笑)」するどいツッコみが入りました。


その後、「でもそう言えば、その頃、お店出さへんかって声かけられたゎ。」

55.jpg


Nさん、Aさん、Sさんは男性同士で仕事の話、NさんやAさんは旅行の話で盛り上がりました。Aさんはお酒の話をされ、本日一番の笑顔が出ました。Aさんの奥様も笑顔で見守られていました。


〜閉会の挨拶〜

最後の挨拶はTさん。第1回目から参加のTさん。事前に話す内容を決めましょうかとお声掛けをしましたら、自分の言葉で話したいとおっしゃられTさんが少し強くなったようなそんな印象を受けました。

Tさん「何もないですが、頭の中に(言葉が)ある。その頭の中にあるものを大切に。希望の光を持って」


失語症は一般的には脳の損傷により「話す、聞く、読む、書く」が苦手になってしまいます。しかし、言語聴覚士で失語症になられた平澤哲哉氏の著書の中に「ことば」だけでなく、「これまで営んできた生活」も無くしてしまうとありました。失語症になられた方が一生懸命話して下さった「ことば」1つ1つに重みを感じました。

ホワイトボードに書いた幸せの青い鳥、皆さんの中の幸せを見つけて欲しいです。

反省点として初参加の方が多いため、個性・性格について配置などの打ち合わせが不十分でした。また各スタッフのフォローをどういう風にしていくか検討すべきでした。これらの点は次回開催時に生かしていきたいと思います。

                                  

今回、参加して下さいました6名の利用者様、本当にありがとうございました。

また忙しい中、計画に参加・調整を手伝って下さいました泉北の室之園さん、堺の知花さん情報提供のして下さいました木寺OT、中村ST、松本ST本当にありがとうございました。


運営:リーダー 村上ST

参加職員:ST:村上、金井、井上、堀内、知花(堺) OT:室之園(泉北)


次回は秋ごろ開催予定です。

「失語症音楽祭♪」をやってみたいなと考え中です。課題はまだまだ残ります。

いい案がございましたらぜひお力添えをお待ちしております。


posted by Active at 17:57| Comment(6) | TrackBack(0) | oosaka

2018年07月31日

小野先生アドバイザリー

今月は小野先生のアドバイザリー業務の月です。

今年入職した新人OT、STを中心に

リハビリ場面を見て頂き

アドバイスを頂きました

IMG_3157.JPG

IMG_3159.JPG

デイサービスでは医師との関わりが少ないため

新人療法士にとっては貴重な体験です。

いい緊張感を持って終えることが出来ました。

実際の利用者様見学の後は

訪問の症例発表やリハ医師から助言をもらいたいことなどの質問の場を設けました。

最後に最近東成の事業所でALSの依頼が多いこともあり

リクエストで神経難病についての講義をして頂きました。

毎回ながら内容の濃い半日となりました。

小野先生ありがとうございました。

アクティブ大阪


posted by Active at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka

2018年07月02日

東成区 病病・病診を考える会

今年も病病・病診連携会に

木田管理者とともに参加してきました。

特別講演では北大阪病院副院長の安田先生による

認知症とてんかんの講演、第U部は病院紹介でした。

特別講演では先生の症例紹介をもとに

認知症や水頭症を疑ったがてんかんであったという症例報告など

実際の症例報告を交えて講演頂きました。

じっくりと家族や介護者から話しを聞かないと、見過ごされるものもあると話されていました。

複雑部分発作の症状のチェックシートもEisaiから出ています。

IMG_3001.jpg

第U部の病院紹介は

各病院の特徴や今後の展開などを話しし

院長自ら紹介している病院もありました。

IMG_2993.JPG

最後の懇親会も顔の見える構築作り

だんだんと顔見知りも増え、回を重ねる毎に挨拶だけから話しの内容も濃く

変わっていっています。

アクティブ大阪
中原

posted by Active at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka

2018年06月22日

第16回 あれそれカフェ大阪 基礎編「生活動作×運動のコツ」  

こんにちは。今年の4月に入職させて頂きました大阪OTの井上です。スポーツとゲームが好きな22歳の男です。スポーツでは特にバスケットボールバスケットボールゲームはなんでもできますゲーム一緒にできる場があればお誘いのほどよろしくお願いいたします!
大きい地震がこの間ありましたね。
皆さん大丈夫でしたか?
日頃から災害に備えないといけないことを痛感しました...
備えあれば患いなし。
最近、地震や台風などの自然災害が多いので本当に気を付けてくださいね。

ではでは、
今回は6月15日(金)に開催したイベント
あれそれカフェについて報告させて頂きます。

基礎編「生活動作×運動のコツ」を表題として、地域に住んでいらっしゃる方から、
普段アクティブデイサービスを利用している方まで来て頂きました。

皆さんとお話しをしながら、クイズもまじえて
脳と予防について少しお話しをさせて頂いた後、
生活動作に合わせた運動を皆さんで行いました。
IMG_8977.JPG

IMG_8978.JPG

お話しが続いているうちにうとうとしている方も...zzz
運動に切り替えてシャキッとして頂きました。
IMG_89811.jpg

1日1回外に出てお買い物や散歩に行かれる方ももちろんいましたが、
皆さんの共通点として「運動を行う機会が少ない」ことが挙がっていました。他にも身体のどこかに痛みや違和感がある方もいましたね。
そんな皆さんの悩みも聞いたうえで、解消するためにもストレッチや運動を行いました。
IMG_89871.jpg

輪を使った二重課題でデイサービスの職員も合わせて2つのグループに分けて対抗戦を行いました。皆さん笑顔で楽しくやってくださっている様子でした。
IMG_89861.jpg

しりとりをしながら足に輪をかけて隣の人に渡していき、
最後の人まで輪が届けばそのチームの勝ち!
という二重課題のレクリエーションの様子です。

二重課題で脳を活性化させるのと同時に、たち座り・歩く・浴槽をまたぐなどの生活動作にもつながることを体験してもらいました。

「良い運動ができた」や「これなら毎週でも来たい」、「本当に楽しかった、ありがとう」などありがたいお言葉を頂きました。

最後にはゆっくりカフェの時間を過ごして頂きました。
無題.jpg

今後もあれそれカフェ「〇〇編」が続きますので、多くの方が来られるのを待っていますね。

以上、アクティブ大阪OT井上でした。
posted by Active at 15:34| Comment(2) | TrackBack(0) | oosaka

2018年05月23日

パスタで女子会♪

こんにちは。大阪OTの芦尾です。
最近、気温が高くなってきたので、
夏バテなどには、十分気をつけて下さい(*^^*)

さっそく本題に!
5月18日に行った女子会イベントについて
報告させて頂きます!!!

アクティブデイサービス今里のある東成区は、
高齢者の独居女性が多い地域と言われています。

そのため、食事をいつも1人で食べている、
料理を作っても食べてくれる人がいないから
作らないという利用者様も中にはいらっしゃいました。

イベントという企画を通して、
準備・調理・食事を参加者と一緒にすることで
会話等を楽しんでもらい、
普段とは違った食事をしてもらうことや
笑顔の表出を狙うことを目的とさせて頂きました。

今回作った女子会のメニューは ( *´艸`)
ナポリタンとたらこのパスタと
オニオンスープです♪

料理の調理工程には、道具の準備、調味料を計る、
材料を切る、炒める、茹でる、混ぜる、味付け、
盛り付け、煮込む、後片付けなど
様々な工程があります。
1人1人が自分のできる役割を見つけ、
主体的に調理をして下さりました。

まずは、野菜を包丁で切って下さっている様子です☆
皆さん、包丁さばきがお手の物でした(*^^*)
1.jpg

2.jpg

しかし、玉ねぎには敵わなかったようです。
玉ねぎを切った利用者様は涙を流していました(笑)
3.jpg

切って頂いた玉ねぎはオニオンスープになりました。
4.jpg

そして、お湯が沸いたのでパスタを
ゆでてもらいました☆
5.jpg

茹で上がったパスタは
野菜やたらこと一緒に混ぜたり
炒めてもらいました♪
7.jpg

8.jpg

仕上げの味付けの後は、味見☆
「あーん」って職員に味見をしてもらっていました。
見ていて、ほっこりしました♡
9.jpg

こちらが完成品です(*^▽^*)
とてもオシャレでした☆
10.jpg

美味しかったと大絶賛で、
材料や作り方を持って帰って下さり
家でも作ってみると言ってもらえたのは
嬉しかったです♪

料理を作ることで達成感を感じて頂き、
自宅でも自信を持って役割が行えたらな、
ADL・IADL動作へと繋げる機会になって
欲しいなと思いました。

最後に、後片付けもして下さりました。
11.jpg

本日は、イベントにご参加いただき
ありがとうございました!
またのご利用をお待ちしております。
12.jpg

とても嬉しい一言も頂けました。
普段、出来ないことをイベントでやって
自信をつけて下さったのか
初めて、連絡帳に自分でメッセージを
書いてきて下さりました!
13.jpg

最後に私の意気込みを言わせてください!
イベントをいっぱい通して
利用者さんに自信をつけてもらえるような
面白いOTになれるように(^-^)
頑張ります!!!

リハカフェ東成 芦尾
posted by Active at 10:17| Comment(2) | TrackBack(0) | oosaka

2018年05月22日

東成区民向け講演会

先週に引き続き在宅医療介護連携推進会議の

今回は普及啓発ワーキング委員で区民向け講演会のシンポジストとして参加してきました。

IMG_2691.JPG

昨年12月に講演会をして好評だったので第二弾です!

今回は東成区歯科医師会より在宅歯科医療の講演があり

「医療と介護が必要になった時の暮らし」がテーマで

医師・歯科医師・薬剤師・看護師・リハビリテーション・ケアマネジャーの

立場から在宅でどういったことが出来るのかビデオ、スライドを使いながら説明をさせて頂きました。

H.29年の大阪市の高齢者実態調査報告書では

在宅で訪問看護師が何ができるのか知らないと回答した方は44.7%とまだまだ

認知されていないのが現状です。

IMG_2717.JPG

同会議では区民向けのリーフレットも作成し

普及啓発に尽力しています。

アクティブ大阪
中原
posted by Active at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka

2018年05月14日

<嚥下体操>風車を使って口唇閉鎖 〜美味しくご飯をたべよう〜

皆さん、こんにちは。大阪のST堀内です。


最近、利用者さんから「流涎(ヨダレ)の処理に困ってるんです、何とかなりませんか?」という声を耳にします。

そんな中、村上STから「口唇閉鎖訓練で楽しく使えるアイテム何か作ってみよう。」と言われました。

一体何を作ればいいんだろう。と悩んでいたある日、私と同じく今年の4月入社、同期の芦尾OTから「これあげる!!」と折り紙で作った鯉のぼりのついた風車をもらいました。


これは使えるぞ!!すぐさま村上STへ報告。

利用者さんにも使いやすいように、持ち手を太くし、風車の向きを変え、試作品を作りました。

使用したものは、折り紙、ストロー、爪楊枝、テープの4つだけ。

せっかくなので、利用者さんにも手伝って頂き、色とりどりの風車が出来上がりました。


室内, テーブル, 壁, 机 が含まれている画像非常に高い精度で生成された説明


55日の子どもの日に合わせて、

430日(月)〜55日(土)の1週間を<嚥下体操>口唇閉鎖強化期間としました。


嚥下体操プログラムはこんな感じです。まずは準備体操です。次に顔のストレッチです。最後にお口の運動です。風車をうまく回すポイントをお伝えしました。

背景に写っている鯉のぼり(写真右)、カブト(写真左)も利用者の皆さんの手作り。

大阪の皆さんは器用な方が多いんですよ。

風車111.jpg

 

皆さん、相談しながら一生懸命風車を回して下さいました♪・・・・・・・・・・・・・


 風車22.jpg

風車333.jpg

楽しんでもらいながら嚥下体操ができるように工夫していきます。

それではまたご報告させて頂きます。










続きを読む
posted by Active at 13:20| Comment(5) | TrackBack(0) | oosaka

多職種連携にかかる制度改正のワンポイント研修会

東成区在宅医療介護連携推進実務者会議の研修グループの一環で

多職種連携を重視した改正点について東成区リハビリテーション連絡会として

発表してきました。

IMG_2632.JPG

IMG_2633.jpg
(写真:木田管理者撮影)

今回は医療・介護・障害のトリプル改正の年であり

医師会・歯科医師会・薬剤師会・病院連絡会・看護ST連絡会・リハビリ連絡会・居宅介護事業者連絡会・自立支援協議会

といった8つの機関から多職種に関わる改正点を抜粋しての研修会です。

リハビリテーション連絡会からは生活機能向上連携加算やリハビリテーションマネジメント加算などの話しを中心にさせて頂きました。

区としての研修会なので

各機関の動きや加算の意味など

連携していくうえで動きがとりやすくなる研修会になりました。

アクティブ大阪
中原

posted by Active at 10:45| Comment(1) | TrackBack(0) | oosaka

2018年04月30日

春のお好み焼き女子会

こんにちは。

4月から入職させて頂きました。

大阪OTの芦尾です。


大阪デイには新人が4人増えました(#^^#)

また、ブログで紹介させて下さい♪



さてさて☆


4月27日に行った、大阪デイでの

イベント報告をさせて頂きます。


なんと!!!女子限定!!!

お好み焼き女子会を開催しました♡

4名の方に参加して頂きました。



まずは、下準備の様子です☆



Nさん、こんな感じですか?」

「あっはっは()ちょっと大きいわぁ。

もっと、こう小さく、こうこう()

と、料理に慣れていない職員に

キャベツの切り方を教えながらも、

キャベツをたくさん切ってくれました。

女子会.jpg



「あたし粉担当。混ぜるがかり♪」

と笑いながら粉を混ぜて下さってからの、

きめポーズのピース♪

「笑顔が素敵」と職員全員メロメロでした♡

1女子会.png


女子会2.jpg



また、Kさんは真剣な表情でエビの皮と

背ワタを剥いてくれました。

これ、細かい作業ですからね(´-*)

本当にみなさん料理が上手!!!

女子会3.jpg



みなさん、お好み焼きの調理工程を積極的に

役割分担し役割意識を持って、集団の中での

協調性を発揮されていました(^^

女子会4.jpg



また、独居のため1人で食事をしている方達は、

「料理、いつも1人やからしやへんけど、

今みたいにみんなで会話しながら調理するの、

ほんま楽しい♪♪♪♪♪」

と楽しんで下さっていました。



おっと、お好み焼きの片面が

良い焼き加減になり、あれ???

「やっぱりあんたがひっくり返し()

失敗したら嫌やから。」

とコテをYさんがNさんに渡すと、

「あなたが焼き ()」とコテ返し()

コテの渡しあいが繰り広げられていました。



「いくでー、いっちにいの、さーん☆」

と上手に2枚ともひっくり返してくれました。

Yさん笑顔で「きゃあ、綺麗にひっくり返せたわ」

と大喜び♡全員が「綺麗」と拍手喝采!

女子会5.jpg


YさんとNさんは、初めて会ったのに

前から友達だったのかと思える程の仲良しに♪



完成品( *´艸`)

とても、美味しそう♪

女子会6.jpg



「自分達で作った料理は美味しいわ♪」

「みんなで食べると楽しい♪」

「1人でやったら料理やらんから嬉しい♪」

と、みなさん満足そうに食べていました♡

女子会7.jpg



食後は、ビンゴ大会をしました♪

大盛り上がりでした!

女子会8.jpg



景品ゲットでやったー♡

女子会9.jpg



こんな感じで今回の女子会は終了です。

「笑いすぎてしんどいわぁ()

「また誘ってなぁ」

と笑顔で言ってもらえました♪



今回のメンバーで集合写真を

撮りました☆

女子会10.jpg



また、次回の参加をお待ちしています♪


アクティブ今里 デイサービス一同

posted by Active at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka

2018年03月09日

あしやまクッキング


大阪に来て人生初の白景色(積もった雪)を目の当たりにし、気持ちが落ち着かないPT山川です。

216日に、『個別イベント』を実施いたしました。

今回個別イベントを行ったきっかけは、担当させていただいている利用者様からの一言でした。

「弁当が美味しくない」

本氏は子どもに迷惑をかけたくないとの思いが強く、弱音を吐くこともありました。

主婦のため元々料理はされていましたが、アルツハイマー型認知症を呈し食事は配食弁当を利用されていました。しかし、美味しくないと感じ配食弁当をやめてしまいます。

私はこれを機にまた料理をする事で、自分にもできることがあると自信に繋がるのでないかと考えました!

また本氏に一緒に料理をしませんかと尋ねると、「そんな事までしてくれるの?」ととても喜ばれていました。

まず、本氏とヘルパーさんの買い物に同行させて頂きました。買い物を終えると疲れてしまい、ソファーで休まれるため、料理をするのはヘルパーさんのみ。

この調子ではイベントで買い物・調理をするのは難しい事、またイベント1回目ということで!

今回は料理メインにいたしました!!

本氏から「グラタンを作りたい」との発言があったため、初のイベントはグラタンとフレンチトーストに決定♪

さぁ調理開始っ!!!

始めはフレンチトーストに使う卵を割ります。しかし、本氏のフレンチトーストは一味違った。なんと!卵黄と卵白を分けているではありませんか。始めからひと味違う調理法を目の当たりにした職員は驚きを隠せません。

牛乳や砂糖は目分量。牛乳を入れる際「大体で入れて」と言われたが、その大体がわからずややパニックになる山川PTを本氏や職員が笑う。本氏に聞きながら牛乳を入れたり、火加減を調整したりなど…まさに祖母と孫?いや、師匠と弟子のように見えていたでしょう。

フレンチトーストの下準備が出来たところでメインのグラタンへ!

今回は視覚情報からどこまで料理ができるのか確認するため、グラタンはこちらを使用しました↓

IMG_3453.JPG


一番驚かされたのはあの包丁さばき!!どんどん鶏肉を一口サイズにし、玉ねぎは薄切りに。

IMG_3437.JPG IMG_3451.PNG


私も同じ分量を作りましたが、切り方が違うだけでこんなにも時間短縮されるのかと感心するばかり。

私が感心している間に食材をすべてきり終わり、あとは炒めるだけ。炒めている間、本氏は包丁やまな板など使用済みの物を洗うなど、少しの時間も無駄にしない。

IMG_3449.JPG


グラタンをオーブンに入れている間にフレンチトーストを仕上げていきます。

パンは焼く直前に、卵に浸していきます。本氏がパンを浸し、山川PTが焼いていましたが、火の調整は本氏が行っていました。()

IMG_3428.JPG

フレンチトーストが焼きあがっている間にグラタンも完成し、最後は平昌オリンピックを観戦しながら美味しくいただきました♪

調理開始前とは違い、手際よく調理をこなし空いた時間を余すことなく活用している姿は【さすが主婦】でした。

今回使用したグラタンの手順は初めだけ確認するも、あとは長年の主婦生活の記憶や知識などで調理をされていました。また、グラタンの色味に不満があったようで、「人参やブロッコリーとかの色味のあるものもほしいね」と何度も指摘を受けた山川PT()

なので!次回は一緒に食材を選ぶところから始めていこうと本氏と話しています。

次回に向けて、また新たな課題がみつかりました!そして、山川PTは料理をもう少し練習しようと思いました。

IMG_3465.JPG


アクティブデイサービス今里 山川PT



 PS 

今回の利用者さんは、以前、一戸建てに独りで過ごされていましたが、家族より一人では不安とのことで息子様と同じマンションへ引っ越ししてこられました。本人さんは新たな場所で不安が大きい状態でした。近くに知っている人もおらず、マンションの自室へたどり着くことすら難しい状態でデイサービスの依頼が来ました。デイサービス利用当初は表情もやや硬く休みがち。何をしに来ているのか分からず不安が先行している様な状態でした。そこで、山川PTとデイスタッフ中心に利用者の強みを活かした「活動・参加」を検討し、今回はあえて利用者さんの価値として高い『料理』イベントを実施しました。

イベントに向け、CMや関係職種へと連絡し、在宅での様子や環境、ヘルパーさんのサービス状況も直接確認し声を聞けたことで必要な支援が明確となってきたように思います。上記イベント後、特に変化した点としては笑顔が増え、他の利用者さんと楽しそうに話す機会が増えました。デイサービスも休む事がなくなり、朝も一人で降りてくることができています。イベントだけではないと思いますが、利用者さんにとっては自信となったように感じます。

本人より「次はちらし寿司つくるわ」!(^^)!


今回のイベント詳細を山川PT・スタッフで写真にし、家族・CM・ヘルパーさんへと申し送り。

これからも、利用者さんと一緒に成長していきながら地域と連携して支援していければと思います。

posted by Active at 13:57| Comment(1) | TrackBack(0) | oosaka

2018年02月10日

伝達講習〜リンパ浮腫セミナー〜

昨年9月上旬から両下腿部に浮腫が生じている利用者様を担当させて頂いており、浮腫を軽減しても一時的な効果しかなく、継続的な浮腫軽減の方法について考えている時に大阪国際がんセンターでリンパ浮腫セミナーが10月5日〜11月9日の木曜日に開催されるとの事で別府Nsと参加させていただきました。

全5回のリンパ浮腫セミナーはリンパ浮腫の発生機序診断方法リンパ浮腫と疾患の関係リンパ浮腫の予防と複合的治療診療報酬の算定方法緩和医療におけるリンパ浮腫治療(リンパドレナージ、圧迫療法)と非常に濃い内容でした。

今回の伝達講習では特に必要だと感じたリンパ浮腫の発生機序について別府Ns、緩和医療におけるリンパ浮腫治療について福西が発表させていただきました。
z3-21.png
まずリンパ浮腫ですが、間質液が異常に増えた状態の事を指しますが、間質液とは血漿から細胞内へ人体に必要な成分を送り、細胞内から不要な成分を血漿に送り戻す物です。約90%は静脈に流れるのですが、流しきれない10%をリンパ液としてリンパ管に流れます。
浮腫スライド.png
浮腫がある場合は合併症に注意する必要があります。主にスキンケアやリンパの流れを促すことで予防できます。また深部静脈血栓症は血栓が移動して肺塞栓のリスクがあり絶対禁忌ですが、残りの疾患は症状を理解して適切なドレナージを行える場合は実施してもよいとのことです。
therapy_room_img_01.jpg
リンパ浮腫治療についての考え方ですが、医療リンパドレナージで浮腫を軽減させた状態を弾性ストッキングや弾性包帯などで保つ事が重要との事です。このリンパドレナージですが、リンパ管は表層(皮膚下)で不要な間質液を集めて深部のリンパ節に流すので、実際は筋や筋膜まで圧をかけると表層のリンパ管が潰れてしまい上手く流れないため、浮腫が生じている部位に対して手掌全体で包み込み動かすことがポイントとの事でした。また圧迫された状態でダイナミックな運動やリズミカルな運動をすることで筋ポンプ作用を助けるそうです。リンパ浮腫では皮膚が脆くなってしまうため、スキンケアを行う必要があります。この時の保湿剤はアルコール等の刺激物が入っていないものを使用するように勧められました。
今回の伝達講習では最後に包帯を用いた圧迫療法についての実技を行いました。リンパ浮腫セミナー以来巻いてなかったのですが、何とか巻けました。
1518251419325[1].jpg1518251415255.jpg
伝達講習の資料を作る際に講習で学んだ内容を再び確認することができました。
1518251421387.jpg

アクティブ今里
ふくちゃん
posted by Active at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka

2018年01月10日

片江老人憩いの家 新年会

新年会

今年もよろしくお願い致します。

月二回体操に出向いている老人憩いの家で

新年会に招待して頂いたので行ってきました!

毎週水曜に大阪市の食事サービス事業で

憩いの家に配食サービスが行われます。

新年一回目は

おいしいものが出るよとの事で呼ばれました!

新年会をやっているところは珍しいみたいで

食事内容も変えているところは少ないようです。


IMG_2128.JPG

お寿司です!

いつもの体操に来られているメンバーが集まり

昔話に花が咲いていました!皆さん元気です!

片江の歴史、地域住民の歴史の話しなど

わからないことだらけでしたが

地域の声は勉強になります!

アクティブ大阪
中原


posted by Active at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka

2017年12月29日

小野先生によるアドバイザリー業務 〜東成〜

今年最後の小野先生のアドバイザリー業務が
リハカフェ東成で行われました。

ばたばたした中で担当者、バイザーともに
準備を頑張ってもらいました!


デイ利用者様に対して小野先生の診察

IMG_2084.JPG

IMG_2079.JPG

IMG_2080.JPG

事前に画像データも準備していたので
実際に脳画像の解説をして頂き貴重な時間になりました!

訪問、デイの方の症例発表

IMG_2081.JPG

IMG_2082.JPG

IMG_2083.JPG

レントゲン画像を見て頂きながらアドバイスを頂き、

神経難病の方のアプローチの助言を頂いたり、失語症の方の相談をしたりと

医師との距離が近くなんでも相談できることがアドバイザリーの良さであり

現場の職員、利用者様にもかなりの良い効果があると感じます!

全体勉強会ではクリスマスの話しと脊髄損傷のテーマで

障害受容を学ばせて頂き日々の利用者様の対応を考えさせられました。

小野先生いつもありがとうございます。

最後にギリギリまで資料作りをし、一生懸命向き合った

山川PT、福西PT、井上ST、金井ST 

各バイザーの方々お疲れ様でした!

アクティブ大阪
中原



posted by Active at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka