2019年10月18日

大正報告会【プレゼント】〜自立を支援するためのコミュニケーション〜

こんにちは。アクティブ大正の理学療法士の飛永です。先日、大正事業所にて実施した研修会プレゼントについてご報告します。

最近、医療介護分野全般で、質の向上が求められている【自立支援】に関して、スタッフ間で共有したり、すぐに活かせる知識やスキルはないだろうかと考え、このテーマとしました。

テーマ
自立を支援するコミュニケーション
〜「I」メッセージとバイタリティのサイクル〜
スライド1.JPG

スライド2.JPG
根拠や効果のあるコミュニケーションということでお話ししていきますが、大前提として次の2つは、誤解のないようにお伝えできればと思います。

1つ目は、今回はコミュニケーションに関してまとめていますが、リハビリテーションを提供する上では、専門職として必要なアセスメントが必ず基盤となっており、その枠組みを超えることはないということ

二つ目は、今回お話しするコミュニケーションスキルは、伝え方に関することが中心です。しかし、それは一方的に伝えるだけのスキルではなく、また無理にご利用者様を誘導するような使い方をするものでも絶対にありませんし、そうであってはならないと思います。
あくまで良好な信頼関係を築くため、またそれによりご利用者様のADL、IADLの向上、およびリハビリテーションにおける目標達成を一緒に目指すために必要なコミュニケーションと捉えて頂ければ幸いです。

スライド3.JPG
スライド4.JPG
第1章では、
「you」メッセージではなく、「I」メッセージがより自立の支援に影響するというお話ですが、

スライド5.JPG
皆さんは、運動や活動に関して拒否の強い方に対して、どのようにコミュケーションをとりますか?

私ごとで恐縮ですが、新人である1〜2年目の時を思い返すと私自身、このような状況で運動の必要性やそれに対して説得をするようなことも出来てなかったように記憶しています。その後3〜5年目くらいになると、少し変化がありました。療法士として自分の実力を過信していたのだと今は思いますが、コミュニケーションの際に、お相手の方に対して、強く想いを伝えられるようになりました。しかし、その時は気付きませんでしたが、コミュニケーションが手段ではなく目的になっていたのでしょう。つまり、本来であれば目的があってそのためにコミュニケーションという手段を取るべきですが、【説得や強く伝える】ということが正しいという誤った理解で、それが目的となっていました。本当にお恥ずかしい話です。そして、それを解決する一つの手段が、今回の自立を支援するためのコミュニケーションとなります。


では、まず「you」メッセージとはどういうものか
スライド6.JPG
このように主語が「you」、つまりリハビリテーションにおけるコミュニケーションの中では、ご利用者様に当たります。
評価や指示が中心のメッセージですが、これではお相手の方に反発心がうまれたり、答えもyesかnoの2パターンしかなく、創造性や自主性につながることもありません。
さきほどの私自身の話で、【説得や強く伝える】という方法はこれと等しいものだと思います。

それでは次に「I」メッセージですが、
スライド7.JPG
主語が「I」、つまり私たち自身のことです。

スライド8.JPG
このように「I」メッセージとは分類すると、次の4つになります。
@背景、意図、ビジョン
A具体的事実、行動
B具体的影響
C偽らざる気持ち

どうですか?皆さん!

こうやって分類してしまうとすごく機械的に感じちゃいますよね。
たしかに私もそう思いますが、大事なことは、主語を「相手」ではなく「自分」にして、その【自分の気持ち】を伝えるということです。
よって、@〜C全てを伝えることが会話の流れで難しいのであれば、AとCや、BとC、またCの偽らざる気持ちだけでも良いかと思います。「嬉しい!」「楽しい!」「悲しい!」「残念に思います!」「自分は〇〇だと思います!」などなど。

このような「I」メッセージという言葉を初めて聞く方は、イメージがしにくいかもしれませんが、親子や兄弟、友人、彼氏彼女、上司部下、先輩後輩、同僚など身近な人で想像してみて下さい。
「あの人の〇〇という言葉は、今思えばIメッセージで、それによって自分で頑張ってみようと思えたな〜」ということが一つは思い出せるのではないでしょうか。
反対に「あの人のyouメッセージには反発したな〜」ということもあるかもしれませんね。笑

こうやって人と人とがコミュニケーショをとる際には、関係性によらずとも「you」メッセージや「I」メッセージが使われてる場面が多く存在します。

さて、ここまでは自立を支援するためのきっかけとなるコミュニケーション、伝え方という点に関しての説明でした。

ここからは、上記のような「I」メッセージを伝えたお相手、または反対に自分が「I」メッセージを伝えられた側とした時にも、どのように自立への気持ちの変化が起きるか、についてです。
スライド12.JPG
自立という言葉を
バイタリティ(いきいきさ)のサイクルという別の言い方で説明していきます。
(参考文献は、最後に記載しておきます。)

スライド13.JPG
簡単に言うと、「I」メッセージによりこのバイタリティのサイクルが回り出し、より自立した行動を起こせるということです。

ここでもう一つ大事なポイントは、スライドにも載せていますが、何か行動を起こす時に次の3つの要素に個人がどれぐらい関与しているかという点です。関与が大きいほどサイクルが回ります。
その3つの要素とは、【自発的意図】【作戦】【決断】です。

スライド14.JPG
例えば、運動や活動に関して拒否の強い方のバイタリティのサイクルが、何かのきっかけで上手く回るようになったことを想定するとこのようになります。

自分で考え【自発的意図】、自分で計画を立て【作戦】、自分で決める【決断】
それにより起こした行動は次のような結果となります。

スライド15.JPG
成功しても失敗しても次につながります。

スライド16.JPG
反対に、全てを他者が考えて、他者が計画を立てて、他者が決めた行動では、バイタリティのサイクルは回りません。

スライド17.JPG
事業所内の研修では、実例も含めて説明しましたが、個人情報の兼ね合いもあるため、割愛させていただきます。ご容赦ください。


スライド22.JPG
まとめると、
目的に合わせた「I」メッセージを伝えることで、お相手のバイタリティのサイクルが回りやすくなるということ。
そして、そのバイタリティのサイクルを回し続けるためには、自発的意図、作戦、決断という3つの要素に関与して頂くということ。


皆さんも日頃のサービス中や、プライベートでも結構です。一度、意識して使ってみましょう。きっと上手くいかなかったことで、前進するはずです。

こんなちょっとした伝え方の違いじゃ何も変わらんよ!と思う方もおられるかもしれませんが、それがご利用者様のためであり、目的が明確であれば私はすぐにでもするべきだと思いますし、しない理由が見つかりません。

長くなりましたが、最後までお読み頂きありがとうございます。皆さんのサービスの質の向上、またはそれぞれご自身の生活をいきいきと生きるための一助となれれば幸いです。


最後に
次のことを忘れてはなりません。ご利用者様やご家族様、そして関係職種の方々からの温かいお言葉、また時には心のこもった厳しいご意見があって、私たちのバイタリティのサイクルを回して頂いてるということを。

アクティブ大正 飛永

参考文献
リハスタッフのためのコーチング活用ガイド
2010年9月20日 出江紳一氏
ほめない子育てで子どもは伸びる
2010年11月14日 岸 秀光氏
posted by Active at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2019年10月16日

大正報告会【プレゼント】〜脱水症について〜坂口〜

大正事務所に今年の4月より入職しました坂口恭平といいます。よろしくお願いします。
夏に脱水症(熱中症)が起こることはよく知られていますが、脱水症はおきく3つに分類され、それぞれ体に現れる症状が異なります。そして、その治療方法も異なります。脱水症になると体の中でどういった生理学的な変化が生じているかを知ることで、脱水症への理解を深めることが出来るのではないかと思い、報告させてもらいました。

3B044957-7EA4-4442-B09C-F5A07C08AA48.jpeg18EEE98B-3C38-4533-9C97-15701E84BCD2.jpeg055D75F2-0B9F-41F3-ACE6-A5963F019CFC.jpeg867871BA-8416-4E3F-9D93-8E6537697D96.jpeg41365674-7DFD-44BD-814F-CE3DD45F8E5D.jpeg3DD672D7-1C76-4E94-8654-05A511D43BB3.jpeg98CFD41D-B58C-483A-B5E8-4CE8581C22A7.jpegF90B083C-A821-471B-A6B5-EAD2E6AA7EF0.jpeg0453F4F2-BEA9-4D44-8DA3-781F00DCF621.jpeg5F8D1EAC-2AFB-4201-83B4-3C4AD8705D44.jpeg08B96D65-EF7E-42E6-99B4-C26E1FC5595F.jpeg44D896F5-6E4A-4DF8-B259-07F225E63240.jpeg
posted by Active at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2019年09月28日

小野医師によるアドバイザリー業務(大正事業所にて)

こんにちは。アクティブ大正の飛永(理学療法士)です。
先日、弊社で行われた小野医師によるアドバイザリー業務についてご報告致します。

今回は、3名のご利用者様の検討を行いました。


お一人目は、土肥PTから弊社デイサービスをご利用頂いてる男性の方について事務所で症例検討
19F23E23-3A69-44F9-A0C6-DDB9C1BDC223.jpeg

お二人目は坂口PTから
弊社訪問看護(リハビリ)をご利用頂いている方で、事務所で症例検討を行ってから
5BA8AA8D-C6E7-47E9-815B-0BF130C8F2DF.jpeg
ご自宅へ訪問
4A788206-4888-45D5-B94E-B008343137EC.jpeg
0910B4B5-5FD0-435D-9B3A-BF795A5139F3.jpeg
ご本人様や介護職の方から、現状やご意向等を直接確認させて頂き、坂口PTからも身体や生活手段に関して情報提供

嚥下や姿勢、食形態のことなどなど、今後の検討課題が明確となりました。


三人目の方も、弊社訪問看護(リハビリ)をご利用頂いてる方で、早津OTの訓練後に藤本STと自宅訪問
3628F254-17BB-45E8-A62B-5D12691C9079.jpeg
14C5EE5D-1AAF-4E55-A51A-D88FE2101FA8.jpeg

嚥下機能や訓練、自主トレーニングについて等、次につながるアクションを共有することができ、他のサービス提供事業所との連携も課題の1つとして挙がりました。


最後に大正事務所にて
小野医師による研修
テーマは自立支援です
2BB5DD53-ADA3-4E26-9618-0A7C0A63B751.jpeg
過去の制度改正やそのきっかけとなった出来事、また平成30年度の厚生労働白書や100人でみた日本のお話など、幅広い情報とあわせた経験談も含めて学ぶ機会を頂きました。

小野医師より
「若者がもっと発言しないといけない!」
「若者の投票率が低い」と、よりよい社会にするためには投票も含め若者からの発言が必要という熱弁がありました。
私自身、今まで以上に業界やそれ以外のことに関しても、政治や経済、社会全体の新しい情報収集を常に行い、地域において、または投票という手段でも発信をしていく姿勢は忘れてはいけないと感じました。貴重なお言葉ありがとうございました!


最後に
今回の検討内容は、再度事業所内の会議にて報告会を行う等、必ずご利用者へ活かせるように取り組んでいきます。ご協力頂きましたご利用者様、ご家族様、関係者の方々ありがとうございました。

症例検討の担当者3名、土肥PT、坂口PT、藤本STもお疲れ様でした。


アクティブ大正
posted by Active at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2019年07月10日

大正報告会【プレゼント】〜認知症ケアについて〜 阿部

大正の阿部です。
5月末に京都で開催されました日本認知症ケア学会に参加してきました。
近年、認知症に対する診療技術向上や早期診断が可能になっている一方で、社会・心理的な介入の重要性は見過ごされがちであり改めてケアの重要性を感じました。
今回は認知症ケアの基礎に立ち返り、プレゼントとさせていただきました。

スライド1.JPG
スライド2.JPG
スライド3.JPG
スライド4.JPG
スライド5.JPG
スライド6.JPG
スライド7.JPG
スライド8.JPG
スライド9.JPG
スライド10.JPG
スライド11.JPG
スライド12.JPG
認知症に関わらず今後も関り方を振り返ることや適切な関りを心がけたいと感じました。
以上報告でした。

 アクティブ大正 阿部
posted by Active at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2019年07月09日

大正報告会【プレゼント】〜趣味活動〜谷中

 大正の谷中です。
 今回のテーマが【プレゼンしたいこト】といういことで、利用者様の生活に役立ち、かつ自分の強みは何か考えたところ多趣味な方なのでサブテーマを【趣味活動】にしようと思い立ちました。
 趣味やあんな事・こんな事をしてみたいと目的のある利用者様は目標設定しやすく、リハビリにも意欲的な方が多い印象です。一方、無趣味で家事はヘルパーさんに一任していたり、今のままの生活ができればいい、高齢だからしんどいことはしたくないといった方も少なくないです。そんな方々の生活に何か変化を起こせたらと思いました。







スライド2.JPG



スライド3.JPG
 少し古い文献ですが、趣味がある人や周囲との人間関係が良好な方は高齢になっても生活機能は高く維持できています。


スライド4.JPG
 趣味と言われると何かしていないといけないと思いがちですが、実はそうではなく決まった時間に決まったテレビ番組を鑑賞するのも趣味です。ただ何もせずに小一時間過ごして気持ちが楽になったり落ち着けばそれも趣味だと思います。なんでもいいのです。

次に実際の利用者様についてです。
スライド5.JPG



スライド6.JPG



スライド7.JPG



スライド8.JPG
 まったく異なる二名ですが、Fさんの場合は現在も来年にむけてリハビリに取り組んでいます。Kさんはご家族の支援が重要で、今回の旅行でもご家族の支援があってこそでした。次の旅行の計画等はまだありませんが今後状態が変化しても旅行にいけるように支援していこうと思っています。



スライド9.JPG
自分自身の趣味とそのきっかけです。



スライド10.JPG



スライド12.JPG
  利用者様の過去を振り返りそれぞれにあった趣味を提案、また自身の経験をもとに利用者様に伝える事ができれば生活も変化し、良い影響を与えられるのではないかと思います。
以上報告でした。

大正  谷中

posted by Active at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2019年07月06日

大正区リハビリテーション連絡会設立

大正事業所の理学療法士の飛永です。


平成31年4月より、大正区で勤務されているリハビリテーション職員の方を対象とした、大正区リハビリテーション連絡会を数名の療法士が中心となり設立しています。


そしてまずは、リハビリテーション職員間での顔の見える関係づくりを目的として、大正区理学療法士会との合同で大正区リハビリテーション交流会を開催致しました。


今後大正区での地域包括ケアシステムの構築にむけて、それぞらの役割や機能を分担しながら、そして活かしながら取り組んでいければと思っております。


927AB8DF-FA1B-4F36-A842-C47CE7CB5C28.jpeg


交流会は9施設の24名が参加


日頃の現場での課題や悩み、その他プライベートの話などお聞きすることができて、本当に有意義な時間でした。


各施設、リハビリテーションに関する形態や特色は異なります。しかし、全員が全てを把握は出来ていないかもしれません。大正区で勤務する私たちはそれを出来る限り知っておくべきだし、それが地域住民の方へリハビリテーションを提供する時、または関連事項をお伝えする時の選択肢の幅を広げ、質も向上するはずです。今回の交流会がそれを知る良い機会となりました。


今後、地域住民の方々、医療・介護の関係職の方々と交流を図り、連携をとりながら、リハビリテーションに関する大正区の皆様に取っての有益な情報も発信していければと思っております。


アクティブ 飛永

posted by Active at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2019年06月22日

大正報告会【プレゼント】〜自立支援を自分ごととして考えてみる〜 飛永

大正事業所責任者の理学療法士の飛永です。

今年度の研修テーマは
【プレゼント】

大正事業所の職員から各自一つテーマを出して頂き
投票結果で城平OT発案の【プレゼント】に決まりました。

役立つ知識、プレゼンしたいことであれば何でもOK!という条件です。

「これやったら別にテーマ決めなくても良いんちゃうん」
という声がどこからか聞こえてくるような気がしますが、、、

そんなことはありません!!!

研修を行うメンバーがこの一年どんなテーマが良いかな?と各自で考え
全体で共有し、事業所単位としてどのテーマが相応しいか検討し投票で決める
↓企画段階から参加する、個人的にはここに価値があると思い、この方法をとりました。
 全てを誰かが決めた道筋よりも、少しでも自分の意思が入っている方が楽しくないですか?私はそう思います。


前年度は【チャレンジ】というテーマで利用者様と職員とがともに挑戦をした内容を報告し合いました。
利用者様の頑張り、各職員の関わりや想いを互いに知ることができ、職員間での刺激や、聞き手としても他利用者様へ活せるという感覚がありました。今年度も同じテーマで継続する方法も検討しましたが、上記の目的もありテーマを投票で決めることにしました。




ここからは私の第一回目の報告会の内容です。

テーマは
スライド1.JPG
「自立支援をまず自分ごととして考えてみる」

スライド2.JPG
弊社では、心意気チーム、各事業所でのアクティブクラブや個別での関わり、ともに行う訪問介護、その他様々な「自立支援」を提供させて頂いております。

ただ様々なケースに対応していく中で、難渋することもあります。

そこでどうすればより解決に向かうのか考え
やはり「基本が大事」と思い
「自立支援をまず自分ごととして考えてみる」ことにしました!

そして、そのきっかけ作りが聞き手への「プレゼント」なれば、と。


スライド3.JPG

スライド4.JPG
私たちは、保険上のサービスの一環として、「自立を支援する」ということをさせて頂いてます。

スライド5.JPG

スライド6.JPG
ICFと同じで、全ての人を対象として広く捉えると、自分自身も自立支援を受けてきた、受けている立場です。
障害の有無、環境因子、および個人因子等、様々な違う点はもちろんあるかと思いますが。

車椅子介助は、乗ってる側の感覚が少しでも分かれば押し方も変わると思います。学校の授業で、坂道での車椅子介助の練習を、乗る側と押す側で交互に練習したことを思い出しました。

それと一緒で、自立支援も、受け手側の気持ちがわかれば何か支援する上でのヒントがわかるかもしれません。

スライド7.JPG
そこで、各職員より支援を受ける側の気持ちを書き出してもらいました。(後ほど詳しく)

スライド8.JPG

スライド9.JPG
私たちの生活は、周りからの自立支援でなりたってる部分も少なからずあるでしょう。

スライド10.JPG

スライド11.JPG

今年より、大阪市では自立支援型ケアマネジメント検討会議が各地域包括支援センターで毎月開催されています。私はリハビリテーションに関する助言者として参加させて頂いてます。

ケアプランを自立支援や重度化予防に関してリハビリテーションの視点で助言することが目的ですが、どれぐらいの内容を誰に伝えれば良いのか?具体的に現場でしていただく方法は?ケアプラン自体の変更は?そもそも利用者様のご意向は?

考えれば考えるほど、本当に奥が深いです。

スライド12.JPG
スライド13.JPG
課題もまだまだあります。

スライド14.JPG
スライド15.JPG
スライド16.JPG

報告会後のアンケート
スライド1.JPG

受けている、受けてきた自立支援
・上司や先輩からの指導や振り返りにより、自己による問題解決能力向上や、自分の意見を聞いてくれる時間にもなっていた。
・幼少期からの厳しい指導で、出来なかったら怒られるという恐怖心のもと改善へ。
・自分が怪我をしたときに、家事や入浴介助を友人や家族に手伝ってもらった。治療が進み機能改善をきっかけに全て行えるように。
・学生時代の親からの様々な援助による成長
・家族の事情もあり、家事をしないといけない環境になり、少し行うようになった。
・自分の身体と向き合い、自ら新しい情報を学ぶことで体調管理ができるようになった。
などなど


これらの経験を現場で活かすとすれば
以下のようなことが挙げられる

※以下の内容は、大大前提としてリハビリテーションアセスメントがベースにあるものとします。

@他者からの促しやともに振り返ることが重要
→これは、サービス提供者側の私たちから発信することはもちろんであるが、利用者様をとりまく人的環境(ご家族、ご友人、他の関係職種の方々)の中で、信頼関係や効果的な助言が行える人からの発信が出来るよう働きかける

A自立度に合わせたメリットやデメリットを伝える
→生活動作を出来る限り自立することが目標になりますが、その目標設定の理由は各利用者様ごとでバラバラです。自立度に合わせて生まれる好影響や悪影響をしっかり認識し、伝えていくことが必要だと思います。
「〇〇の動作の自立を目指す」だけではなく、「動作の自立により、〇〇となる」
自立の先にあるこの〇〇がきっと大事で、支援をする上で軸が安定したり、ちょっとした現場での声かけ1つにしても変わってくるでしょう。

B機能改善と生活手段の変化のタイミングを合わせる。
→回復段階で機能が改善するタイミングで、機能面の変化に合わせて生活手段を変えていく必要があります。これは、利用者様ご自身の判断で変化を起こされる方もおられます。またリハビリ担当者がアセスメントを行い、ご提案させて頂くこともあります。このタイミングを間違えると、理由は様々あるかと思いますが、「できるADL」と「しているADL」に差が出来てしまいます。そして。その差を埋めるために全てではもちろんありませんが、「お世話型」のご家族の支援や介護保険サービスをご利用されることも現場ではあるように思います。またこの生活が長期間になればなるほど、そこから変化を起こすには各所で弊害がおきるかもしれません。よって、生活手段変更における最適なタイミングを見極めるスキルや判断力の資質が私たちには必要でしょう。(常に変化を起こすアンテナを!)

C自立しないといけないという環境調整
→自分がやらなくても良い環境よりも、やらないといけない環境の方が、誰でもアクションを起こしやすい、起こすしかないですよね。ただこれは、自立支援につながる場合とそうでない場合もあると思います。「自立しないといけない環境を利用者様とサービス提供者側とで、一緒に考え調整する」ことが出来れば、より利用者様のご意向や気持ちものせた自立支援になることでしょう。




今回の報告会で、
「自立支援」という言葉が、遠い存在ではなく、自身やその周りの人々にも関与するものだと、サービス提供者側の私たちが認識するきっかけになれれば幸いです。そして、これはあくまできっかけであり、常に現場において試行錯誤、自己研鑽等を怠らないことが大切だと考えます。


最後までお読み頂き、ありがとうございました。今回の【プレゼント】が、皆さまの自立支援を行う場で、一助となれば嬉しく思います。

アクティブ大正 飛永
続きを読む
posted by Active at 09:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2019年02月25日

出張セミナー 2ヶ所 (土肥PT・飛永)

こんにちは。大正事業所のPT飛永です。
先日、同日に2ヶ所で出張セミナーを実施させて頂きました。

1ヶ所目は
【住之江区のケアマネジャー連絡会にて】

担当は飛永

約20名がご参加

呼吸リハビリテーションがテーマです。

事前に口すぼめ呼吸、呼吸リハビリ体操、および息切れ時の対処方法等のご質問を頂いていたため、ご質問に対するQ&Aの方式でお話を進めていきました。

知る→理解する→人に伝えられる→さらなる理解へ

この流れで、毎回自分自身の理解が深まっていきます。貴重な機会を頂きありがとうございました。


2ヶ所目は
【施設とデイサービスの介護職の方や、ケアマネージャーの方を対象とした研修】

担当は土肥PT

約15〜20名の方がご参加

時間は1時間

ご依頼頂いたテーマ「坐位」に関して、基本的な知識と高齢者によくある姿勢とその環境設定、および排泄や嚥下との関係性をご説明

A0B3B2B5-8032-4C1B-9411-06981E9B5711.jpeg

発表原稿も準備!

24094E67-2CB7-403E-9B5F-0DDC8239A7EA.jpeg

「緊張するので苦手です」と話していた土肥PTも、座位というテーマをPTとして、また現場での経験を元にして立派に説明してくれていました。

26D6B508-E9D9-45C2-B232-D639BC9799E2.jpeg
(上の写真:控え室で緊張ぎみの土肥PT)


CC83D723-A570-451D-8797-7782EE7949AB.jpeg

時には、自分の身体で説明し
簡単に実践で活かせる体操も、参加者の方と実施

E15F270F-1226-4D77-B143-532ACD5B9FB1.jpeg


土肥PTの感想

今回は初めて外部のセミナーに行ってきました。
本番では緊張して内容が多少飛んだりしました。

座位に関しての内容を分かり易く、より専門的にお話しするのは難しいと思いました。
その為、環境設定や不良姿勢の内容を中心にお話させていただきました。
また排便を座位で行うことの利点に関してもご説明しました。

今回のセミナーを通じて参加者の方々が、関わる利用者様の座位について考える機会が増え、現場で活かしていただければ嬉しく思います。

自身では、セミナーの後にもっと理解しやすい内容の方が良かったのかどうか、反省と解決策を考えました。この経験を次に活かしていきたいと思います。


アクティブ大正
PT土肥
PT飛永
posted by Active at 18:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2019年02月16日

講義の仕事 看護学校

大正の飛永と心意気実践チームのいとうです。

トークライブライブのあとは、その振り返りとグループワーク、実技講義でした。

グループワークのテーマは「地域看護・リハの活用デザイン」〜地域包括ケアシステムの中での役割とは〜

正答のないとても難しいテーマをみんなで考えてみました。
IMG_20190215_134445.jpgUSER_SCOPED_TEMP_DATA_orca-image-386422948.jpeg_1550306288994.jpeg
トークライブを終えたK氏も一緒に参加させてください。とのことで特別参加!

まず生徒の皆さんで個々に、トークライブやその他の講義も含めた振り返りです。

IMG_20190215_135439.jpgIMG_20190215_135923.jpg
自由に思うことを紙に書いてもらいましたが、皆さんすごいですね!

自由回答になると、反対に難しくて何を書いたら良いか迷うものです。

しかし、ペンの運びに迷いは見られませんでした。気づけば用紙から溢れるほどの思いを書いてくれていました。

地域包括ケアシステムのアイディアがたくさん上がっていました。


その後、4〜6名のグループに分かれ
個々の思いをグループ内で発表!

そして、グループとしての意見を2〜3分で全体の前で発表!
IMG_20190215_141658.jpgIMG_20190215_142035.jpg
1550223114621.jpg
看護学生や看護師としての意見はもちろん、地域住民として、また「日本」や「制度」というキーワードが出ていたグループもあり、それぞれの意見を共有しあう、かつ新たな気づきの場面を得られる時間でした。

みなさんから挙がった地域看護、地域包括ケアシステムのキーワードの一部↓

”心に寄り添う看護”
”信頼関係”
”ゆっくり時間をかけて”
”その人を知る”
”病院とは違う仕事”
”地域が健康に”
”集まりの場を”
”災害時に避難できるように”

学生のみなさんの熱い想いを感じました。

1550223052819~6.jpg
関節可動域測定、徒手筋力検査の実技です。
毎日、当たり前のようにしている評価方法も人前で理論づけして、また現場で活かす方法も踏まえて説明するのは難しいですね。

1550223038695~2.jpg

実際に関節可動域訓練を行うことで改善する様子や、筋力増強訓練をする方、される方の気持ちを感じてもらうため、出来るだけ実技を入れながら説明。

1550222948063~2.jpg

生活の場面を想定すると、頭と体を同時に動かしてることを説明した上で、二重課題のトレーニングも実施。(足踏みをしながら、3と4の倍数で手を叩く。)
どの世代でも、トレーニングを「楽しむ」ことは大事ですね。


1550288771946.jpg
FIMの評価方法の説明です。
後半には様々なケースを想定したFIMの評価を問題にして、生徒の皆さんに答えて頂きました。
医療機関におけるADLの評価として、診療報酬にも影響するためFIMは必須項目です。
改めて学ぶと評価方法は細かく設定されているため、療法士の強みとしてもFIMの評価を的確に行えるようにしないといけませんね。


全ての講義中に共通していたことは、生徒の皆さんにこちらから回答者を当てることはほとんどなく、自発的に意見や質問をしてくれました。本当に素晴らしいことです。社会人になってから社内外の研修に数多く参加してきましたが、「この意見は合ってるかな?」「これを言ってもいいのかな?」と自分や周りも含めて過度に空気を読みすぎているようにも思います。また一つ、生徒の皆さんから学びを頂きました。

皆さんに将来、医療や介護の現場でお会いできることを楽しみにしています。ありがとうございました!

1550223134013.jpg1550223138677.jpg


伊藤
飛永
posted by Active at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2019年02月09日

大正研修新テーマ【プレゼント】

こんにちは、大正事業所のPT飛永です。

平成30年度の研修は、【チャレンジ】をテーマに各職員から報告をして頂きました。

報告会【チャレンジ】を開始した時の、ワクワクした気持ちは一年間続きました。現場の利用者さんに活かすための研修という点において、各職員の報告や関わりは本当に質の高いものだったと思います。利用者さんと各職員との挑戦が、形として伝わってきて「こういう考えもあるんだ」「こんな関わり方もあるんだ」と様々な気付きと可能性を頂きました。

平成31年度も【チャレンジ】報告会のままという選択肢もありましたが、新たな切り口から研修会を行うことで、30年度とは違うものが得られると思いテーマを変更することにしました。

そこで各職員の想いや、希望を反映するために1人ずつテーマとその理由を書いてもらい、投票で決定!



結果!
平成31年度の研修テーマは
城平OT考案の【プレゼント】に決定しました!
スライド2.JPG
理由は
役立つ、ためになる知識なら何でもOK
プレゼンしたいこト
スライド1.JPG
すごく良いですね!
またどんな報告会になるのか、今からワクワクしています!

ただ、他の挙げてくれていたテーマも全て各職員の想いが入っていたり、聞いてみたいものばっかりでした!
これで数年、テーマには困りませんね。笑

テーマとその理由の一覧を以下に記します!




A:看護にまつわる何故?何?を追及する

・日々の業務や人と接するなかで生じてくる様々な疑問

・忙しさに怠けてついそのままにしがちですが、掘り下げて考えてみる習慣をつける
ことで、EBMの実践につなげられるのではと考えました。




B:他セクションでも知っておいてほしいこと(知識や対処方法など)

・自分の専門領域を、他のセクションの人にも知ってもらい、知識を共有したいし逆
に知りたいから。(特に自分の領域はなかなか理解してもらうのが難しいと思ったか
ら)

・自分の担当の利用者さんで、他セクションが介入していない時に役立つと思うか
ら。




C:介入後の良い変化・悪い変化

・機能だけでなく関係性で良い関わり方をしていくために、どのような工夫をした
か。

・受け入れが悪かったりした時に、改善できたか。または終了してしまったり、担当
変更になってしまった時の原因や反省




D:協働

・支援する私たちも利用者さんから多くの事を学ぶ機会を得ている。それらを振り返
ることで自己の強みをより強いものに。弱みを強みに変えるヒントを得られるではな
いか。(自分の関わりが相手にもたらすもの、相手の反応が自分にもたらすものを考
える過程)




E:レクリエーションを通じて利用者さんの役割について考える

・PT、STではレクリエーションについて学ぶ機会が少ない。

・レクリエーションを通じて、利用者さんの役割や出来ることを再度見つめ直すこと
が出来る。

・訪問スタッフも週1回はデイに入ってるので企画の実施が可能




F:自分でやってみる

・普段、ご家族やヘルパーさんにしてもらっていることを利用者さん自身がやってみ
る。

・利用者さん自身が、実施する上で計画をたてて行動を起こしてもらうことで、今の
生活に対して認知することができ自信もつけることが出来る。




G:文献抄読会(自分の興味があるテーマ)

・普段、自分の興味があるテーマしか勉強しないことが多いため、他の人の発表を聞
き一緒に学ぶ。

・文献抄読をすることで、最近の動向を知る。




H:仕事をしていて嬉しかった話、もしくは愛について

・色々な人の意見を聞いてみたいから。

・恋愛したいから。





来年度もワクワクな一年になりそうです!

大正事業所
PT飛永
posted by Active at 11:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2019年02月04日

大正区多職種連携新年会・研修会

こんにちは、大正事業所のPT飛永です。
2月2日、天王寺駅近くのホテルにて大正区多職種連携新年会・研修会が開催され、木田NSとともに参加させて頂きました。

大正区三師会(医師会、歯科医師会、薬剤師会)、大正区居宅介護支援事業者連絡会、介護支援専門員協会大正区支部、大正区区役所共催の会で、毎年お誘い頂いています。

今回の研修内容は
医療介護連携システム
【メディカルケアステーション】について

メディカルケアステーションとは、、、
完全非公開型の医療介護専用SNSのこと

スマートフォンなどのモバイル対応
タイムライン形式による情報共有
セキュリティに配慮された完全非公開型

大正区でも試験運用がなされ、徐々に利用されてる方が増えているそうです。

災害時にも活かせるとのお話もあり、今後必要不可欠なツールになると確信しました!



続いて新年会

F6B3635F-B726-4201-905F-070B76F73C05.jpeg
司会の方々が、盛り上げてくださり

15684C01-989C-4D75-A81C-47D6E369E369.jpeg
早く風船を膨らませて、腕立て伏せや腹筋を行うゲームなど様々
329C1F78-7BF0-42F2-9DBE-974406B2519F.jpeg
早飲みや早食べも!

CD39F075-E046-4853-BB1B-A26A6B80BE24.jpeg

今回は、120名ほどの方が参加されており、顔馴染みの方から初めてお会いする方も含め深く交流ができる場となりました。

幹事の方々、ありがとうございました!!


アクティブ大正
posted by Active at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2019年01月28日

健康相談会

おはようございます。大正事業所の飛永です。
先日、大正区の各区域で毎年行われている健康相談会に、リハ部門の相談役として参加させて頂きました。

地域の方が20名以上は参加されていたように思います。

医師
看護
介護
リハビリ

各ブースに担当者がおられ
地域住民の方々が日頃の悩み等をご相談する。そんな会です。

私は、そのリハビリ部門としてお呼び頂きました。


地域住民5名の方々からのご相談! 
ありがとうございます。
微力ながらお一人10分弱ほど。
全力で私の想いをお伝えしました!

内容は
「関節の手術を受けた方が良いか」
「足の(神経)症状に対して出来ることは」
「ご家族様の歩行状態に関して」
「膝の痛みをやわらげるためには」
「自主的に気をつけること、できる運動は」

などなど

初対面の方にその場だけで説明する際は、どれぐらいの量を、どのような方法で、どれだけの深さで説明するべきなのか、常に意識をして

目の前の方に、最適な回答であるよう心掛けました。

その日以降のご相談頂いた方々の生活に、何かしらのお役に立てていれば嬉しく思います。

今回も、私自身の学びの機会を頂きました。ありがとうございました!

大正  飛永

posted by Active at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

大正報告会【チャレンジ】土肥PT 第2回

おはようございます。大正事業所の飛永です。
報告会チャレンジ、土肥PTの2回目となります。

今回は、弊社訪問看護と通所介護のサービスを長期間ご利用頂いてるご利用者様です。

関わる職員も多いため、日々事業所内でも連携をとりながら介入させて頂いています。

少しでも日々の生活を安全に!
一歩でも前に!
変化に挑戦!

そんな気持ちで、常に前向きに取り組んでくれている土肥PTの報告です。


スライド1.JPG
スライド2.JPG
スライド3.JPG
スライド4.JPG
スライド5.JPG
現在のしているADLとできるADLの差が転倒の原因の一つだと考えます。
スライド6.JPG
スライド7.JPG
スライド8.JPG
上記の図の様に介入していきました。

転倒歴や、転倒リスクに関しては以下のように考えています。
スライド9.JPG
スライド10.JPG
スライド11.JPG
スライド12.JPG
スライド13.JPG
スライド14.JPG
スライド16.JPG
スライド17.JPG
スライド18.JPG
スライド19.JPG
スライド20.JPG
スライド21.JPG
報告会後に先輩スタッフより以上のアドバイス等を頂きました。今後の介入に繋げていこうと思います。


今回のチャレンジではご本人やご家族に対する説明が難しいと感じました。
ご本人は出来ていると思っており、ご家族も今までできているから大丈夫だろうと思っている為、住宅改修に対して意欲的ではありませんでした。
その為、今後転倒などで骨折した時を考えると住環境の調整が必要だと伝え、納得していただける事が大切だと感じました。
またいきなり改修などは抵抗感が強い為、置き型手すりを利用する事でいつでも撤去できるメリットもお伝えし、受け入れに繋がったように思います。

以上、ご報告でした。


アクティブ   土肥  飛永
posted by Active at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2019年01月22日

大正報告会【チャレンジ】谷川OT 第2回

おはようございます飛永です。
みなさん本年も宜しくお願い致します。

新年より、谷川OTによる報告会【チャレンジ】を実施してくれています。

今年の4月で4年目になる谷川OT
作業療法士になる前の平成27年5月から勤務してくれています

初めは利用者さんから
「愛されるキャラクター」としての存在感がありましたが、今は
「信頼されるセラピスト」として通所介護、訪問業務、および大正事業所において欠かせない存在になるまで成長してくれました。

もちろん知識や技術そして経験も、まだまだ足りない部分もあるかと思いますが、谷川OTにしか出来ない介護保険外のサービスも含めた関わりをしてくれています。

2月に開催される
アクティブ学会においても発表予定です。

谷川OTのチャレンジ
今回は前回にパンフレット作りを行った方のその後と新たに取り組んだ内容を報告させて頂きます。
スライド1.JPG
スライド2.JPG
スライド3.JPG
スライド4.JPG
パンフレット作成後、実際に営業にも回りその際のCMさんなどの反応もお伝えすることで、よりやりがいや達成感を感じてもらうことが出来ました。その後の反応では、意欲的な発言も増え、介入当初に上がっていたSNSに挑戦することも自ら実施されました。実際にSNSを活用するまではいきませんでしたが、挑戦する第一歩を踏み出せたことは良かったと思います。
スライド5.JPG
スライド6.JPG
スライド7.JPG
スライド8.JPG
その後の関わりとして、お互いに野球が好きということとプロ野球のキャンプについて興味を示されたことから野球をきっかけに何かアプローチが出来ないかと考えました。またこの方の生活状況も踏まえ、今のうちから外出機会を作ることを目標に今回のチャレンジを企画しました。
チャレンジ.jpg
スライド10.JPG
スライド11.JPG
スライド12.JPG
実際に企画を立案するも、遠出の外出では、現地までの移動手段・現地での移動手段・宿泊施設・バリアフリーの有無・費用、、、考え出すとクリアしなければならない問題が続出しました。
スライド13.JPG
そして現状をお伝えすると、Y氏からは上記のような反応がありました。今回のY氏の反応は記載の通り、文面で書けばネガティブな反応かもしれませんが、以前までのY氏のことを考えると断るといった行動は悪いわけではなく、自分の状況を考えれているからこその反応であると私は考えました。
スライド14.JPG
沖縄は来年への目標とし、上記のように段階を踏んで進めていくことにしました。
スライド15.JPG
目標を明確にすることで、Y氏の意欲向上にも繋がり、自ら進んで計画を進める内容の発言も聞くことが出来ました。
スライド16.JPG
スライド17.JPG

スライド18.JPG

今回はお互いの共通の趣味を通して、新たなチャレンジの企画立案が出来ました。リハビリにおいて何が正解なのか考えさせられることも多いですが、前回のパンフレット作りや今回のプロ野球キャンプ見学について、Y氏にとっては発言内容や行動を見ていると提供内容は間違ってはいなかったのではないかと思います。もちろん身体状況に対するアプローチも大切ですが、その人の趣味や希望から出来ることを考えアプローチしていくことも必要ではないかと考えました。1月現在では計画中ですが、3月に目標達成できるように進めていきます。


アクティブ大正  谷川  飛永
posted by Active at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2019年01月11日

大正報告会【チャレンジ】藤本ST 第2回

おはようございます。飛永です。
今回は、チャレンジ第2回目、藤本STの報告です。

今回のご利用者様は、長期間にわたり弊社の訪問看護(リハビリ)と通所介護のサービスをご利用頂いている方です。

今までにも、新人の症例検討や社内での研修でもご協力頂いてます。いつもありがとうございます。

サービスご利用開始時と比べると、ご本人様の頑張りにより生活はかなり変化しています。

生活の範囲は広くなり
外出機会も増え
移動手段も自動車となり
関わる人も増えています。

ゴールに近い状態とも考えられます。

あとは維持?
本当にそれだけでいいのでしょうか。

藤本STは今回、訓練や自主課題の内容を見直し、より質の高いサービスを提供するためにチャレンジしてくれています!!

報告内容


ST藤本です。
今回は、長期でデイサービスで関わっている方の訓練内容を見直しました。
この利用者様にとって、より楽しみや興味をもって関われる課題はないか、模索した経過をチャレンジとして報告します。


スライド1.JPG

スライド2.JPG

スライド3.JPG

スライド4.JPG

スライド5.JPG

スライド6.JPG

今回はチャレンジを2つ実施しました。
1つ目は、訓練内容の一部そのものを見直しし、リハビリにより楽しさを取り入れていけるような訓練内容が無いかを探しました。

スライド7.JPG

スライド8.JPG

スライド9.JPG

スライド10.JPG
自分の興味のある分野をきっかけに、別の場面でも発言しようとされる様子が増えたのは、失語症の方にとって前進するための大切な一歩だと思います。

2つ目のチャレンジは、自主課題の見直しです。
「宿題」と聞くと、嬉しいものではなかったり、興味を持てないことが多いですよね。
そこで、この方の興味が持てるものを取り入れられないか、内容を見直し・改変してみました。

スライド11.JPG

スライド12.JPG

スライド13.JPG

スライド14.JPG

スライド15.JPG


「机上課題」となると、どうしても限界があるのが現状です。
今後も定期的にご本人の様子や希望を伺いながら、かつこの方の能力をより引き出せるようなものが無いか、模索していこうと思います。
そして、他職種とも連携を取り、情報共有しながら、生活によりプラスになるようなものを探して言語訓練に活かしていこうと思います。

以上、チャレンジ報告でした。
ありがとうございました。


アクティブ大正 藤本  飛永

posted by Active at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2018年12月27日

大正報告会【チャレンジ】谷中PT 2回目

おはようございます。飛永です。
今回は、谷中PTの報告会【チャレンジ】の第2回です!

ご利用者さんは、第一回の報告と同じ方で【チャレンジのその後】と【新たなチャレンジ】について発表してくれています。

今回のご利用者さんに限らず、谷中PTは様々な観点でリハビリテーションを提供してくれています。

現場で感じることですが、長期間のリハビリテーションを提供していると、生活が安定していたりリスクを考えてしまうため、サービス提供者側の変化に恐れず挑戦する気持ちが常に必要になると思います。

そんな
様々な観点かつ
変化に恐れず挑戦する気持ち
を発揮してくれた
谷中PTの報告です
前回報告させていただいた利用者様に関して引き続きチャレンジした事を報告させて頂きます。
介入して約半年ですが良い変化、変化しなかった事、新たな問題点などが出現しこの方に限らず在宅でのリバビリは考えさせられる事が多くまだまだ引き出したが足りないなと実感しました。
スライド1.JPG

スライド2.JPG

スライド3.JPG

スライド4.JPG

スライド5.JPG

スライド6.JPG

スライド7.JPG

スライド8.JPG

スライド9.JPG

スライド10.JPG

スライド11.JPG
全体を通して身体機能が向上した事が一番良い変化だったのではないかと感じます。また食事に関しては摂取量が増えた、摂取時間が短縮した事も良かったと思います。
しかし、液体にトロミを付ける事は家族様に定着しておらず、理由としてはあまり問題視されていない事が考えられます。指導方法の変化やインパクトのある伝え方をしていくよう努めていきます。
セラピスト側は諦めずチャレンジする気持ちを持って家族様と向き合い、利用者様の在宅生活を支援できれば関わっている意味があるのかなと思います。

以上



大正    谷中 飛永
posted by Active at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2018年12月05日

小野先生アドバイザリー業務(大正)

大正の飛永です。
先日の小野先生によるアドバイザリー業務の報告です。
今回は、デイサービスの利用者様1名と、訪問看護(リハビリ)の利用者様2名の自宅訪問を実施

お時間を頂いたご利用者様、ご家族様、ありがとうございました!


お一人目は
担当者土肥PT
デイサービスの利用者様です。


20B5B9DA-C455-4924-A96E-A7F61671026B.jpeg
土肥PTより事前に情報提供や、検討事項の説明をしてくれています。

D2F30BC9-CA7C-4D2A-AC26-A78805807D0E.jpeg
さっそくご自宅へ

ご家族様や、担当ケアマネジャーの方もご参加頂きました。

BC8F1548-5E27-4832-874A-FC85259A4BB7.jpeg
今までの経過の確認や、身体面の評価


A4272BA2-453C-4ABF-B08A-69C43FD499CE.jpeg
屋外歩行の評価も実施

訪問後に小野先生からの具体的なアドバイスも頂き、今後のリハビリテーションに活かしていけたらと思います。


お二人目は、担当者城平OT
訪問看護(リハビリ)の利用者様です。

写真がなくて申し訳ないのですが、

ご自宅までの自動車の中で、細かく城平OTから小野先生へ症例報告

日々の生活で注意すること、また自主トレーニングの方法のこと等、様々なアドバイスを頂きました。



三人目は、担当者村上ST
訪問看護の利用者様です。

事前に時間をかけて症例報告
0F52E8FF-7A73-4606-BB3D-A9AD2DDDC4EC.jpeg

村上ST以外にも、阿部OTと前田OTが訪問看護を担当

阿部OTの訓練直後に訪問させて頂いてます。

小野先生から
間歇的口腔食道経管栄養法(OE法)という選択肢の提示等、今の生活の質を良くする方法の説明

新しい気づきを頂きました。


3名のご自宅訪問は
本当にあっという間の4時間半でした!

さらにそのまま続けて
学会や薬剤に関する研修です。

小野先生、いつも貴重なご講義ありがとうございます!


アドバイザリー業務の後は、各担当療法士に報告書を作成してもらい、会議にてそれぞれ報告してもらっています。

内容は、
「学んだこと」「今後のご利用者様への関わり方」「担当のご利用者様以外にも活かせる内容」などなど

1人の学びが、みんなの学びになりますように!!


以上、ご報告でした。

posted by Active at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2018年12月03日

大正報告会【チャレンジ】城平OT

おはようございます。大正の飛永です。
肌寒い日が続き、本当に一年が早いです。ついこの前「あけましておめでとうございます!」って言ってたような気がします。それから一年がたつと思うと、それだけ内容の濃い一年を過ごせたのか。
あと一ヶ月と少し、まだまだやれることはあります。「去年は良い一年だったな〜」と思える来年を目指して頑張りたいと思います。

さて今回は、【チャレンジ】初発表!
城平OT!

城平OTは、今年の平成30年6月より大正事業所にて勤務してくれています。
今回のテーマは「環境設定」

必要だとはわかっていても、アクションを起こすには少し一歩踏み出す力が必要な環境設定。

「もし環境を変えて転倒が増えたらどうしよう?」
「そもそも慣れている環境の方が良いのでは?」
「ご家族が生活しにくくならないだろうか?」
などなど

各利用者さんで、心身や生活の状況、取り巻く環境、および生活の課題は全く違います!だからこそ難しい。

そんななか、城平OTにはその一歩踏み出す力があると感じます!

常に現状に違和感があれば疑問に感じ、解決策を探して必要性があれば相談してくれます。
その後、適切な評価を行い一歩踏み出してくれます。

今回の【チャレンジ】は他の職員、そしてその先の利用者さんにも影響力のある内容だと確信しています。



城平OTの報告内容
E382B9E383A9E382A4E383891-e117d.JPGE382B9E383A9E382A4E383892-f56c6.JPG
元々は回復期の病院にいたため、退院前にはカンファレンスを行い環境整備をすることが多かったです。
訪問では現在暮らせているという状態から環境整備の必要性を判断するのが難しいと感じていました。

E382B9E383A9E382A4E383893-60fcf.JPGE382B9E383A9E382A4E383894-09f77.JPGE382B9E383A9E382A4E383895-0ae2a.JPGE382B9E383A9E382A4E383896-d944b.JPG
環境整備後からは、本人・ご家族ともに関係性向上しリハビリもある程度任せて頂けるようになりました。
E382B9E383A9E382A4E383897-514e6.JPGE382B9E383A9E382A4E383898-04174.JPG
E382B9E383A9E382A4E383899-9e76a.JPGE382B9E383A9E382A4E3838910-45b78.JPGE382B9E383A9E382A4E3838911-6d735.JPGE382B9E383A9E382A4E3838912-31393.JPG
×印が転倒多発箇所です。
戸を開く際に後方へ重心移動する際の転倒が多いと判断しました。
E382B9E383A9E382A4E3838913-4b4e8.JPGE382B9E383A9E382A4E3838914-401ab.JPGE382B9E383A9E382A4E3838915-5daa0.JPGE382B9E383A9E382A4E3838916-49133.JPG
通路を70cmに設定したのは、文献にあったわけではないですが、スタッフ・本人で試し、下方へのリーチ可能であり、ふらつきあっても支持可能な幅であると判断しました。
E382B9E383A9E382A4E3838917-1d4b6.JPGE382B9E383A9E382A4E3838918-4ef8d.JPGE382B9E383A9E382A4E3838919-1122c.JPGE382B9E383A9E382A4E3838920-4235e.JPGE382B9E383A9E382A4E3838921-d1ab7.JPGE382B9E383A9E382A4E3838922-b35c9.JPGE382B9E383A9E382A4E3838923-5eed9.JPGE382B9E383A9E382A4E3838924-adb3f.JPGE382B9E383A9E382A4E3838926-82ba9.JPGE382B9E383A9E382A4E3838925-e161a.JPG
以上、報告でした。
ありがとうございました。



1つの【チャレンジ】が
次の【チャレンジ】へと続くことを目指して!!

アクティブ大正
城平  飛永
posted by Active at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2018年11月29日

大正報告会【チャレンジ】阿部OT 2回目

大正の飛永です。
先日、阿部OTの報告会【チャレンジ】を実施!2回目です。

今回は、在宅酸素療法をされてる女性の方の外出支援や終活についての報告でした。

私自身、在宅酸素療法をされてる方のリハビリテーションにおいて外出支援等の活動を促すということに関して難しさを日々感じています。

ご利用者様にもよるかと思いますが、
「しんどいから動きたくない」
「酸素ボンベを持ってまで外に行きたくない」
などなど

積極的に促すことでの病状悪化や感染等のリスクを考えてしまい、生活範囲や活動内容に関して、どのあたりを目標にするのかはいつも悩みます。


そんななか阿部OTは様々な関わりをしてくれており、今回の報告内容はご利用者様の「らしさ」と阿部OTの「らしさ」が活かされ、合わさり、2人だからこそできる【チャレンジ】だな〜と感じました。


終活という言葉にどうしてもマイナスなイメージもありましたが、ご利用者様が終活を行うことで活き活きと生活されてるご様子にパワーをもらい、自分自身のこれまでとこれからの生き方に関しても考える機会を頂きました。本当にありがとうございます!


今回の報告は、他のご利用者様にも必ず良い影響をもたらしてくれる内容だと思います。


阿部OTからの報告

慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者は抑うつや不安を合併することが指摘されており、不安・抑うつの改善も呼吸リハビリテーションの目的として有効性が認められています。
今回は、COPDで在宅酸素療法をされている女性利用者様と終活についての関わりを報告します。
スライド2.JPG
スライド3.JPG
利用者様は多趣味で行動力もあり、独身で人になるべく迷惑をかけたくないという想いも強く感じられている方です。

スライド5.JPG
スライド6.JPG

きっかけとしては、息切れからの不安感増大、外出機会や他者交流の減少、独身でなるべく人に迷惑をかけずに死にたいという想いが特に強く、終活をしていきたいとの希望がありました。
そこで、京都へのお墓詣り、緊急時の準備、お部屋の片づけを行うことにしました。

スライド7.JPG
スライド8.JPG
スライド9.JPG
スライド10.JPG
スライド11.JPG
京都へのお墓詣りの計画と準備を進めていましたが、利用者様の体調不良により延期となりました。

スライド12.JPG
緊急時の救急車用バッグの作成と、亡くなった時に送る荷物の準備を行いました。

スライド13.JPG
スライド14.JPG
断捨離として部屋の片づけも行いました。空いたスペースに別の物を収納したいとのことで、新たな物の購入も検討していました。

スライド15.JPG
初めは終活に対してマイナスイメージがありましたが、利用者様と取り組んでみて、新しい目標ややりたいことをみつけることもでき利用者様自身も前向きになっておられたので良かったと思います。
今後も目標に向けて取り組んでいこうと思います。
以上、報告でした。


アクティブ大正 阿部 飛永
posted by Active at 18:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2018年11月14日

大正報告会【チャレンジ】村上STA

こんにちは、言語聴覚士の村上です

今回報告するチャレンジは、自立への第一歩を踏み出すよう関わった報告です。

利用者様は前回報告した方です。
▼前回の報告はこちら↓
http://active-nopsj.sblo.jp/s/article/183590945.html

表紙@.jpg

表紙2枚目.jpg
最初のチャレンジは夏場の脱水予防について。
経鼻経管栄養のメリットは以下に示した通り。
3.jpg
利用者さんは30度の姿勢調整が必要であるため、
リクライニングの椅子があるインターネットカフェの利用や
一回の水分量に限りがある為、外出の前後には経口補水液を摂取してもらいました。

上記のスライドの写真は、妹さんと外出した際、百貨店の階段
で30度の姿勢をとられ水分摂取をされた時の写真です。

経口補水液は、前回栄養補助食品を選択してもらった時と同じように
各種メーカーが出てる経口補水液を摂取してもらい嗜好にあうものを選択してもらいました。
表紙4枚目.jpg
次のチャレンジは外出機会を増やす

脱水予防の方法を得たため外出先のエリアが拡大した。
ただし、家族との外出に限ってしまう。
家族、療法士以外の第三者との関りを持ってもらうために
1Cafeに参加を提案しましたが、口腔顔面失行の影響が強く
口頭ではなく筆談でのやり取りになってしまうため
第4回の1Cafeの参加は見送りました。
今回の利用者さんが参加できる1Cafeを、1Cafeの運営メンバーと
相談し企画していきたいと思います。

次のチャレンジは以下です。
表紙5枚目.jpg
家族と仲が良く協力的でありますが、過干渉・過介入しているため
依存に繋がり自立への障壁になっていました。

コミュニケーションは筆談やスマートフォンやタブレットPCのアプリケーションを使用して
意志を伝えることが確立していましたが、以前の事を確認したえり、思考を要する質問になると
家族から答えてもらう場面が多くみられていました。

リハビリ中は家族の加入を減らし、自分自身で答えてもらうように促し、単独で考えて
行える課題や作業活動を担当OTと相談し行いました。
表紙6枚目.jpg
課題や作業活動を進めていく中、9月中旬の日記に下記の内容がみられました。
72表紙枚目.jpg
全介助で行っていた食事を自力摂取できないかと要望があり
表紙8枚目.jpg
自力摂取の練習を開始、また阪大歯学部付属病院の受診で担当の歯科医師にも
評価してもらいゼリー状の形態であれば安全であると診断してもらいました。
それから、少し自信がついたようで更衣の練習の希望が出ました。
この反応には大変驚き、うれしく思いました。
表紙9枚目.jpg
10月からOTの訪問が追加となり、今後も、利用者さんの日常生活の拡大を目指し
更なる自立への一歩を踏み出せるように関わっていきたいと思います。

以上で報告を終わります。
posted by Active at 12:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 大正(報告)