2017年09月26日

つつじ(大正区)のリハビリ集合!!

おはようございます!
大正の飛永です。
9月21日
待ちに待った、大正区のセラピスト集合!!
14名!

いや〜
こういう集まりが出来ればと、以前からずっと思っていたので
すごく楽しみにしていました!

きっかけは
大正区の基幹病院である済生会泉尾病院で開催された
つつじネットワーク!
そこで輪が広がり
実現することが出来ました。


【つつじネットワークとは】
地域包括ケアシステムの構築、実現に向け、病病・病診・病介の連携を促進するため
大正区で唯一の救急指定病院であり、基幹病院である済生会泉尾病院が中心となって始めたネットワーク
(第2回の案内資料より引用)


何故、つつじなのか、、、
昭和62年の第13回区民まつりにおいて区の花「つつじ」が制定されたそうです。
「つつじ」が区のシンボルともいえる昭和山一帯に咲き誇ることから選定されたとのこと。

大正区のマスコットキャラクター ツージィ!です。
IMG_4050.gif




そんなこんなで集まれました。
病院、診療所、訪問看護、様々な領域で活躍されている
セラピストの方々が集まり
とても有意義な時間でした。

それぞれの現場での悩み事や、今後の方向性、いろいろお話しを聞かせて頂きました。

地域包括ケアシステム
平成30年の医療・介護同時改正
今後、リハ職だけに限らず、医療介護分野を取り巻く環境は確実に変わると思います。

みなさんとお話しする中で
いかに先を見据えて
今、個人としてどうあるべきか、会社としてどうあるべきか、を
考えて、かつ行動していかないといけないのだとより感じました。

今後もこのリハビリの会が続き、より将来を見据えた行動に移せるように!と思います。

以上、ご報告でした。
IMG_4036.jpg

アクティブ大正 村上・飛永
posted by Active at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2017年09月23日

社外出張セミナー テーマ「失語症」

こんにちは、大正の飛永です。

昨日、大正区でお世話になっている事業所にて

出張セミナーをさせて頂きました。


テーマは「失語症」

担当は藤本ST、村上ST

 IMG_4025.jpg


写真1.jpg


20数名の方にご参加頂き、かなり活気のある雰囲気で

こちらがパワーをもらいました!


前半は座学

後半はグループワークを行いました。


座学では

 コミュニケーションとは

 言葉とは

 言葉の鎖について

 失語症とその他の障害の違い

 構音障害と失語症の違い

 原因疾患

 言語中枢

 失語症の代表的な症状と合併症

 タイプ分類

 IMG_4029.jpg



グループワークでは

@失語症をお持ちの方に対するコミュニケーション

A自分が失語症になった場合のコミュニケーション



IMG_4027.jpg

各グループに話しあってもらい、代表者から発表

活発な意見交換が行われていました


ケアマネさん、ヘルパーさんの生の声は良い刺激になります!!

自分がしないといけないこと、伝えないといけないこと、求められていることなど

考えるきっかけになります。


IMG_4030.jpg



セミナー後はみなさんと

韓国料理屋へ!

大正事務所の近くのお店でチヂミがおいしかったですね。

持ち帰りもできるみたいで、また後日行ってみようと思います!



以上、ご報告でした。

ご依頼を頂いた方、ご参加頂いた方々ありがとうございました。


アクティブ大正

posted by Active at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2017年07月22日

社外でのセミナー実施 テーマ「認知症」

大正飛永です。
昨日7月21日に
居宅介護支援事業所、有料老人ホーム、デイサービス等のスタッフの方々を対象に
テーマ「認知症」で
セミナーを実施

事業所の方々、ご依頼頂きありがとうございました。

522390792.jpg

今回担当は
阿部怜子(作業療法士・認知症ケア専門士)
谷川朋也(作業療法士)
2名

IMG_3480.jpg

担当者2名で相談
「講義だけにならないようにするにはどうしたらいいかな?」
「何を伝えたらいいかな?」
「どんなことなら現場で活かしやすいかな?」
何日も遅くまでご苦労様でした。

IMG_3492.jpg


認知症の定義
診断基準
認知症患者数と有病率(平成24年、平成37年)
健康な高齢者の物忘れとの違い
評価スケール
認知症の分類
行動・心理症状
ケアの原則
軽度認知障害(MCI)
認知症発症の危険因子
認知症予防プログラム
(生きがい型、目的型、訓練型)
認知症体操

認知症がテーマだと
内容は様々


身体も動かしながら
頭も使いながら
IMG_3493.jpg
体操担当は谷川OT
毎日のデイサービスでのはじまりの会で鍛えた、喋りと体操!
堂々としながらも、愛されるキャラクターを活かした雰囲気。
2年目になり、頼りになります!


認知症患者さんだけではありませんが
チームで関わることが大事ということもあり

グループワークも実施!
IMG_3495.jpg
事例紹介をした後に、その方に対しての関わり方をグループに分かれて話し合って頂きました。
具体的には
「徘徊が多く不安や不穏がみられるケースに対して関わり方」について

グループワーク後
1グループに発表して頂きました。

「役割をもってもらう」
「趣味であった花を育てることを活かす」
というご意見!
みなさん、日頃悩みながら、その都度考えながらと、意識の高い方ばかりでした。

そして最後は
毎度のことですが振り返りシートを記入して頂きます
より現場で活かすきっかけになれれば嬉しいですね


認知症は、今後も継続して注目されるテーマです!
医療保険の分野でも条件付きですが認知症のリハビリで算定がとれるようになったり
今後の診療報酬、介護報酬改定でも関連してくることは間違いないと思います。

社内でも8月に3回に分けて、阿部OTより認知症に関する研修をしてもらいます。
会社としても、個人としても関われる対象の幅を広げていけたら
「地域に必要とされる人材」に近づけると思いますね。




今回も、ご参加頂いた方々ありがとうございました。
振り返りシートの内容も含め、また参考にさせて頂きます。


以上
アクティブ大正
posted by Active at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2017年05月31日

大正アクティブクラブ〜天王寺動物園〜

大正の飛永です

5月27日
アクティブクラブで天王寺動物園へ行ってきましたのでご報告します!

事前に会議にて何度も何度も打ち合わせをして当日まで全員で準備してきました

現地の地面の状況はどうだろうか?
休むスペースはあるのか?
動物園の中をまわる時はグループの方が良いか?個々で分かれるか?
ただ動物園に行くだけではなく、「活動・参加」への働きかけはできないものか?
自立支援目的でバスや電車を利用できそうな方はいらっしゃるかな?
などなど

そして当日、、、

2.3日前に雨が降り心配していましたが
これ以上にないぐらいの動物園びよりでした!!
IMG_2787.JPG


現地についたら
当日のご案内!
バイタルチェック!
準備体操!
IMG_0632.JPG

IMG_2742.JPG

3つのグループに分かれて行動!


「カバが見たい」「ゴリラが見たい」など
希望もあれば
「いろんな動物を見たいのでみなさんについていく」
という方もいたり
IMG_0640.JPG
IMG_0703.JPG

そんなこんなでスタート!!

利用者さんに、グループの先頭になって頂く場面も!
IMG_0644.JPG




「カバが見たい」と希望されていた
ご利用者さん
念願のカバです!!
IMG_0674.JPG
いい笑顔です!笑

本物は後ほど、背中だけ見えました!

な、な、なんと
別グループではこんなにしっかり見えたみたいです。。。残念。。。
IMG_0550.JPG


当日までにデイサービスにて段差昇降の練習
当日、段差も安全に昇ることが出来ました
IMG_2707.JPG

IMG_2776.JPG

訓練内容が生活の場で活かせて良かったです。


訪問看護(リハビリ)のご利用者さんも数名ご参加頂き
2名は公共交通機関にチャレンジ!

事前に訪問看護(リハビリ)のサービス中に
バスの練習を行い当日の準備

担当スタッフ同行のもと
安全にご利用出来たそうです!
IMG_2875.JPG

IMG_2773.JPG

IMG_2771.JPG

IMG_2769.JPG
バスと電車をご利用された方も!

IMG_2772.JPG



ご利用者さんから、たくさんの声

「動物園に来れて良かった」
「楽しかったです」
「久しぶりにこんな天気の良い日に外出したわ」
「妻と二人だけでは介助が大変なので、こういう企画は嬉しい」
「子どもが小さい時に来た依頼やな」
「孫と10年前ぐらいに来たかな」
「休憩せずに歩きます」
「1年半前のデイサービス通いだした時のことを考えると、腕が動くようになった」
「いつも公園歩いてるけど、それ以上に歩いたわ」
「○○、初めてみた」
「動物園に行ってストレスが発散できた」
「動物園行った日のご飯はいつも以上においしく食べれた」
「息子に報告したら、楽しめて良かったな、と言ってもらえたわ」
「普段歩けない道(坂道)を歩けた」
「坂道を歩けることを知れた」

リハビリテーションの目的
定義や、教科書的なことで様々言われています

今回は一つの企画にしかすぎませんが
極論、、
こういう感想を言って頂けること、、、感じて頂けること、、、
に目的や意味があるのかなと思います。
そのために、身体や生活の状況を評価し、訓練する。

文章では言いにくいですが
こういうことかなと感じました。曖昧ですみません。


相談員今田より(企画担当)
アクティブクラブに参加していただきありがとうございました。
天気も良く晴れて動物園日和になって良かったです!
ご利用者様は動物園に行く準備として普段のリハビリとは別に段差昇降、屋外歩行、バスに乗る等されている方もいました。
家族で来たのを思い出されたり、初めて来られた方も楽しんで頂けたと思います。
普段、中々1人で外出出来ない方や毎日外出される方でも、アクティブクラブで外に出る機会を作り楽しんで頂けたらと思います。
今回、参加して下さった利用者様、ご家族様、スタッフの方ありがとうございました!



写真の一部をご紹介!
IMG_0553.JPG

IMG_0556.JPG

IMG_0586.JPG

IMG_0589.JPG

IMG_0596.JPG

IMG_0659.JPG

IMG_0663.JPG

IMG_0680.JPG

IMG_2774.JPG

IMG_2758.JPG

IMG_2866.JPG




最後に
ご参加頂いた皆様ありがとうございました!
事故なく、体調不良などもなく終えることが出来て本当良かったです!
この企画で少しでも楽しんで頂けたのであれば嬉しく思います。
そして今後の生活への意欲や、活力、自信にも繋がるのであればより良いなと思いますね。
スタッフの皆様もお疲れ様でした。吹田の伊藤OT、内島OT、田中PT、今里の金井ST、フォローありがとうございました。心強かったです。

次回はまた秋のアクティブクラブで!

以上
アクティブ大正IMG_2785.JPGIMG_2786.JPG




posted by Active at 09:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2017年05月25日

健康相談会(大正区)

おあはようございます

大正の飛永です。


昨日524

大正区の健康相談会に参加してきました

昨年度も参加させて頂いた会です


今回も

医師、歯科医師、看護師、介護支援専門員、リハビリの

部門に分かれ

ブースをつくり


地域住民の方が自由にブースを回れるように配置


今回は10数名の方が参加されており


リハビリについてのご質問をいくつか頂きました!



お一人は

「ウォーキングをしたいがどういう点に気をつければ良いか」

というご質問でした

事前にご自身でメモを用意されており


・靴

・服装

・歩く速さ

・歩幅

・距離

・時間

・階段や坂道は良いのか

・水分補給のタイミングは?


などなどたくさん質問内容を

ご準備頂き


私の知ってる知識でしかお答え出来ませんでしたが、少しでもお役に立ててたらいいなと思います




お一人は

「膝の痛みに対してどうすればいいか」


今までもこの健康相談会で

ご質問頂いた内容で


膝の痛み、腰の痛み

など


痛みに関してのご質問は多いですね。


リスクが少なく、すぐ活かして頂けそうな自主トレーニング方法等をお伝えしました。



毎週お会いするわけではなく

今日一日だけなので

伝える量や内容は悩みますね。


ご質問頂いた方々ありがとうございました!



 当社のサービス内容は

訪問看護(リハビリ)やデイサービスで

毎週利用者さんとお会いことが多いですが


やっぱり

「主訴」「要望」「願望」


しっかりお聞きして

大事にしないといけませんね


次回は1月を予定しております。



アクティブ大正

飛永

posted by Active at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2017年04月29日

小野医師によるアドバイザリー業務 大正

おはようございます。大正の飛永です。4月26日水曜日に
毎月同様、小野医師に来て頂き症例検討と研修会を実施

流れとしては
@訪問看護利用者様の症例検討(事業所にて)
Aデイサービス利用者様の症例検討(自宅訪問にて)
B各スタッフより症例の質問タイム
C研修会

Aの自宅訪問では
自宅内の動作を見させて頂き
自宅の環境もふまえて
またご家族様の希望等もお聞きすることができ
より、利用者様をとりまく様々な環境にあわせた検討を行うことができました。

事前に担当の谷川OTから症例報告
IMG_2261.JPG

その後ご自宅に伺いました。
IMG_2262.JPG
担当の谷川OTが事前に考えていた検討内容に関して
小野医師より具体的なアドバイスを頂きました。
またそれ以外でも、お話しする中で
新たにいくつか課題も見つかりました。
(転倒しやすい箇所、転倒しやすい方法、装具の修正タイミング、疾患の悪化予防、現在の生活を維持していく方法等)

デイサービスご利用の方は、訪問のリハビリとは違い
自宅の環境でリハビリテーションを行うことはできません。
よって、3ヶ月に1回以上行う居宅訪問(モニタリング)が重要になります!!
他の利用者様でも、今回のように新たな課題を見つけたり、
まずその方の「生活」を知れたら良いなと思いますね。

ご準備頂いた、ご利用者様、ご家族様ありがとうございました。
次回からのリハビリに活かしていきたいと思います。


質問タイムは
スタッフ1名ずつ、2名の利用者様を挙げさせて頂きました。IMG_2265.JPG
個別で小野医師からアドバイス
写真は小野医師と、一年目の土肥PTです。
新人にとっては、医師との関わりは普段経験がなかなか出来ないことなので
学びになったでしょう!

最後は、小野医師による研修会
テーマは
「高次脳機能、注意障害、精神障害者保健福祉手帳、自動車運転」
IMG_2266.JPG
自動車運転に関しては
私自身、苦手というか、関わることが少ない分野なので
特に勉強になりました。

自動車運転は、運転する方にも、乗車される方にも、周辺の方にも
事故を起こすと影響をおよぼしてしまうので
特に慎重に評価・介入が必要ですね。

最後に
今回ご協力頂いた利用者様の方々、ありがとうございました。
また小野先生、および研修等にご参加頂いたスタッフの方々
ありがとうございました。お疲れ様でした。

以上、ご報告でした。

アクティブ大正
posted by Active at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2017年03月13日

臨床実習指導者会議に参加!

おはようございます
大正の飛永です

11日に
臨床実習指導者会議に参加させて頂きました

会議の
前半は
実習生に対しての指導の方法に関して
実習施設側が求める部分と
学校側が求める部分と
現状いろいろあること

その現状を理解、把握した上での
指導方法になることを学びました



後半は
学生さんとの全体での挨拶
その後
実習に来られる方との個別の話し合いの時間がありました

どの学生さんらも
緊張されてる様子がものすごく伝わってきました!

実習生だけでなく
何年目になってもその緊張感は忘れたらいけませんね!

学生の頃
そして新人の頃を
思い出させて頂きました!


私自身
知識や技術面
最近のキーワードでもある「活動、参加」への働きかけなど
まだまだ足りない部分ばかりですが
いつも実習生、新人に対して
どこまで求めたら良いのか悩みます。。


会議の中でも課題に
到達目標のことが挙がっていました

実習生が最低クリアしないといけないラインてどこなんでしょうね?

経験者でも
1年目は?

2年目は?

10年目は?

20年目は?

んー
最低ラインなんてないのか?
とも感じます


1年目でも
20年目でも
同じ、診療報酬、介護報酬の中
リハビリテーションを提供しているわけで
利用者さんからすると担当者は1人です

「◯年目やから」なんて言葉は通用しませんよね


何年目になっても
「学び」を忘れたらダメですね


私自身がそうなのですが
社内でも社外でも
「研修は実施して、または聞いて終わり」
ってなりやすいです

研修の方法を
もっと応用的、実用的になるように
また内容を振り返られるように
29年度は「学べる」研修スケジュールを考えようと思います。

最後、研修の話になっちゃいましたが

緊張感や刺激をもらえた指導者会議でした
ありがとうございます。


最後は懇親会
教員の方々、大阪の病院の方、他県の病院や訪問看護、デイサービスの方と
お話しでき有意義な時間でした

以上ご報告でした



飛永
posted by Active at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2017年03月08日

バスケット、バトミントン!

おはようございます飛永です
職員の交流の場を!身体のリフレッシュを!
ということで
またまたやりましたバスケット、バトミントン!

今回は立地が良い
阿倍野スポーツセンターにて

一部写真をご覧下さい
IMG_1598.jpgIMG_1616.jpgIMG_1609.jpg
IMG_1618.jpg



参加してくれたみなさんお疲れ様でした、ありがとうございました。
伊藤家、中川家、前田家のお子さんらもありがとうございました!!

また次の機会に。。
posted by Active at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2017年03月02日

出張セミナー(移乗動作介助・腰痛体操)

おはようございます
大正の飛永です
今週火曜日に
出張セミナーを実施させて頂いたので
ご報告です!

今回も
黒川PTと谷中PTが担当
ご依頼を頂いた方の希望で

移乗動作と腰痛体操をテーマに実施

出来るだけ現場で活かして頂きやすいように
実技と質疑応答の時間を大事にしました

参加者のみなさんからご質問をたくさん頂きました
実際に関わる利用者さんのことが多かったですね

いろいろ情報をお聞きして活かせる知識や技術をお伝えしたつもりではあります

しかし

目の前に利用者さんがおられない状態では、具体的な案は出にくいです
すごく伝える内容に困りました

やっぱり
「利用者さんがいて、そこで他職種が集まり、話し合う」
その大切さをより感じました

IMG_1581.jpgIMG_1579.jpgIMG_1577.jpgIMG_1576.jpg

今回のセミナーで感じた事は
・悩み事、不安なことをみなさんかかえながら日々現場でお仕事をされているということ
・利用者さんが目の前におられないと、具体的な対策を話し合えないこと
です!

どうしてもご質問を頂いても

「こういう方法もあるかもしれませんね」
「やってみないとわかりませんが」
「利用者さんによりますかね」
などの
浅い回答しか出来ていないのが現状です。


今後は、
利用者さんと一緒に
今回のテーマでもある「移乗動作介助」等の話し合いを
他職種まじえて出来るように

こちらからもっともっと発信しないといけませんね!
今回も、学ばせて頂きました!

「より発信を効率的に実施していくためには」
を意識して現場で「行動」していきたいと思います!

研修にご参加頂いた方々ありがとうございました。
何かあればいつでもご相談頂けたらと思います。

黒川PT、谷中PTも業務終了後にも関わらず、いつもありがとう。お疲れ様。

以上、ご報告でした。

大正 飛永
posted by Active at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2017年02月19日

大正区多職種連携の集まりに参加

こんばんは、木田と飛永です

去年同様
大正区の多職種連携の集まりに参加させて頂きました
大正区の医師会、歯科医師会、薬剤師会、居宅介護支援事業者連絡会、介護支援専門員協会大正区支部
大正区役所の共催による会です。

今回は
大正区の在宅における医療や介護分野の事業所の方々が、110数名参加
IMG_1507.jpg


前半は歯科医師の先生を中心に
「歯科訪問診療」がテーマで、症例報告、先生からのご質問をもとにディスカッションが行われました
後半は交流会でした

ディスカッションの際の
歯科医の先生からのご質問内容は以下のようなものがありました

歯科医への依頼はどういう流れか?
連携はどうすればスムーズにできるか?
食事形態はどのように決めているか?
内服管理はどのようにしているか?
など

上記内容をもとにディスカッションが行われ
先生方も臨床場面で様々な点に悩まれることも多いとのことでした
多くても週一回程度しか定期的な往診が困難なため、時間をかけてじっくり介入が難しいとのことでした。よってご家族様や訪問介護の方に口腔ケアや義歯の管理等をお願いしないといけない現状もあるとのこと


歯科医の先生から生のお話を聞くことができて、初めて知ることばかりで勉強させて頂きました


歯科医の先生が現場でお困りな点をお聞きしていると、
当社が提供できるサービス内容や強みでお役に立てると強く確信しました!

例えば

看護師による
医療的な面を把握した上での連携
内服管理の指導や、全身状態の把握、報告、相談

言語聴覚士による
嚥下機能の評価、食事形態に関するご相談、口腔ケアの実施やご家族様への指導など

今まで以上に
歯科医の先生方との連携が
利用者さんへのメリットにしかならないと感じました!!


午後の交流会では、
発表されていた
歯科医の先生と直接お話する機会を頂きまして
言語聴覚士の必要性を特に強く感じられているとのことでした
特に在宅でのSTの関わりは少なくなるので、相談できるところを探されていたそうです

専門的な部分は正直私はわかりませんが

嚥下訓練を進めていく中で、
歯科医の先生とも密に連携をとることが
直接的な嚥下訓練をどこまでしていくか、利用者さんの希望と誤嚥のリスクを踏まえた上で、食事形態をどこまで上げられるか。
という点に積極的、かつ安全に介入できるのだと思います。

貴重なお話しを聞かせて頂き、ありがとうございました。

また先生より
平成29年6月1日より
大正区に口腔ケアステーションができるとのことでご紹介も頂きました。
IMG_1522.jpg


後半の交流会より
大正区長も参加されていて
大正区全体で医療介護分野を盛り上げていこうという雰囲気、想いを会場からも感じましたね!
IMG_1506.jpg


途中に楽しいゲームもあり、会場は終始笑い声が絶えませんでした!
IMG_1509.jpg

顔と顔のみえる関係!
やっぱり「話しやすい方にはいろいろ相談しやすい」
です

この意識を続けることが
地域包括ケアを構築するための一歩になるのでしょう



以上ご報告でした

アクティブ大阪、大正
木田、飛永
posted by Active at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2017年01月27日

講義のお仕事。トークライブとワークショップ、実技@看護学校。

大正のPT飛永、吹田のOTいとうです。
今日は看護学校での在宅援助論の講義のお仕事です。

ALS患者の田中さんと担当の弊社の訪問看護師の石倉、担当ケアマネジャーの菊澤さんと一緒にトークライブをしました。

吹田から田中さんと一緒に電車を乗り継いで、河内長野市にある学校へ。
田中さんは初めて乗る南海電車の中でキョロキョロと。
IMG_4849-4fd96.JPGIMG_4850-50ae9.JPG

着きました。
大阪暁光高校さん。
IMG_4852-49f85.JPG

トークライブです。
IMG_4854.JPGIMG_4858.JPGIMG_4864.JPG
田中さんのナマの声に学生さんも学校の先生も、各担当者も引き込まれました…
「仕事のときに上に荷物を持ち上げることができなくなった」
「自分がALSになるとは思わなかった」
「生活の中で最初はイライラしたけど、今はしゃあないと思ってます」
「今まで仕事漬けだったから、これからは休みを取って、好きな歴史や史跡、名所巡りを愉しみたい」等…

さらにこれから看護師になる学生のみなさんに、
「患者さんに寄り添える看護師になってください」等…
ゆっくりと想いを込めて話して下さいました。

IMG_4865-c36ce.JPG
各担当者からは金言が聴かれました。

ケアマネジャーの菊澤さんからは、
「ALSという病気を見るんじゃなくて、その人をみて支援しています」等…

弊社の訪問看護師の石倉からは、
「利用者さまを家族と思って接すればいい、何も怖くない」等…

利用者さまに寄り添いながら、専門職としてのチカラを発揮して、チームとして自己実現を支える心意気や魂を感じることが出来ました。

田中さんは、「なかなかうまく話せないもんですね」と話されましたが。

各担当者や学校の方々からは、感謝の声と感激、賞賛の声だけでした。
IMG_4867.JPG
終わってから一息。充実した表情です。

トークライブのあとは、
「地域看護、リハの活用デザイン」〜地域包括ケアシステムの中での役割〜
のワークショップをグループで行いました。
IMG_4869.JPGIMG_4870.JPG
各グループ、具体的かつ個性もあって聞いてておもしろかったですね。
印象的だったのは、みなさんの発表の中に
「在宅看護、リハは人と人とのつながり」
というキーワードが多かったことです。
田中さんや各職種の方からお話し頂いた想いから、そう感じることが多かったのだと思います。

最後は実技の時間。

OT伊藤より
筋力評価の実技(MMT)をさせて頂きました。トークライブで田中さんの腕の動きや筋力を見て頂き、評価方法と結びつけてご説明させて頂きました。
IMG_4871.JPGIMG_4872.JPGIMG_4877.JPG

PT飛永より
動作介助の方法について実技をさせて頂きました。右上下肢の運動麻痺を想定し、まず移乗動作をしてもらいました。
その後、立ち上がり動作、移乗動作、起き上がり動作の介助方法の練習!
どの動作も支持基底面と重心を意識すること、介助者の動きが動作のしやすさにつながること、残存機能を活かす目的などご説明しました。
「難しい」「慣れたらやりやすい」などいろんな意見が出てましたね。
この実技で、
介助する際に、
「ただいっぱい介助する」
ではなく
「いろいろ考えながら介助する必要があるんだ」
ぐらいでもいいので記憶の片隅に残ってもらえたら嬉しいですね。
IMG_4884.JPGIMG_4885.JPGIMG_4883.JPG

教員の先生より
感想シートを準備して頂きました。
講義の中では聞けなかった、学生さんの想いが聞けて感動です!
みなさん長文のコメントを頂き、今後の自分の方向性ついても書かれている方もいました。
IMG_4886.JPGIMG_4887.JPG

人に「伝える」には
それ以上の理解が必要ですね
今回もいろいろ私たち自身にも学びがありました。

やはり、「教えることは教わること」です。
講義のお仕事に感謝です。
大阪暁光高校さん、職員や学生のみなさん、ありがとうございます。

遠方よりご参加頂いた田中さん、看護師の石倉さん、ケアマネジャーの菊澤さん、ありがとうございます。

OT伊藤
PT飛永
posted by Active at 18:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2017年01月21日

第2回 ケアマネ&PT.OT.ST 合同新年会参加してきました

こんばんは
大正の飛永です

1月20日19時より
合同新年会に参加してきました
去年より始まり、今年は第2回です!

IMG_1217.png

大阪介護支援専門員協会
大阪府理学療法士会
大阪府作業療法士会
大阪府言語聴覚士会
この4団体の合同であり
今年も大勢参加されていました。
約130名ほど。

IMG_1212.jpg

住所の近い事業所でグループに分けられ
私のテーブルは
港区、此花区、大正区の事業所のグループでした


前回と違った点は
各職種の代表の方から、業界の現状や今後の方向性に関しての
お話しもあり、とても有意義な時間でした!!

IMG_1213.jpg

途中には
マネキンチャレンジ!!
IMG_1215.jpg
数分、会場が静かになるなど一体感も出てましたね。


あっという間に2時間が過ぎ
いろんな方と話せました。

よく関わらせて頂いているデイケアの方とは、
生活期のリハビリについて、デイケアからデイサービスへの移行について
その際の情報のやり取りについて、などなど

近隣のケアマネジャーさんからは
地域のことや、現状のお困りごと、などなど

通所、訪問のリハ職の方々とは
今後のリハビリテーション、特に「活動と参加」について
などなど


飲み会の場は、
より楽しく、ざっくばらんに
深い話ができます!!

こういう場はやっぱり大事だな〜と思います。

単純に、

「知ってる仲の良い人」だと
話しかけやすいし、相談しやすいし。

反対に
「あんまり知らない、仲も特に良くない人」だと
話しかけにくし、相談しにくい。

当たり前のことですけど。。。


利用者さんからしても
担当者会議で各職種が集まった時に
そういう関係性は伝わると思います。


まずは自分自身が
「話しかけやすい、相談しやすい」人でいられるように
心がけないとですね〜。


大正 飛永
posted by Active at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2017年01月18日

講義のおしごと。@看護学校

大正のPT飛永、吹田のOT伊藤です。

IMG_4738.JPG
今日は大阪暁光高校での在宅援助論の講義でした。

こちらの高校は開設して四年目の5年制の看護学校です。
これから初めての卒業生を送り出す高校です。

今日の学生さんは一期生の4年生の皆さんで19歳。

1/12に弊社代表のOT阪東から、「リハビリテーション概論」、「在宅援助」などについて講義をさせていただきました。

OT概論。
IMG_4739.JPG
OT伊藤の担当は「OT概論」ということで、地域リハビリテーション、地域看護、地域作業療法、地域包括ケアシステム、活動・参加などのお話ししました。

実際に関わっている事例を”アクティブ活動・参加応援事例集”から抜粋して、具体的な関わりの様子を画像を用いてお話ししました。

IMG_4740.JPG
地域リハビリテーションや地域看護、訪問看護などの用語は、学生さんに配布されている教本にも記載されておらず、10代の学生のみなさんにはなかなかイメージしにくかったかもしれません。


PT飛永からは「理学療法概論」について理学療法士及び作業療法士法の文章等、基本的な部分からご説明させて頂きました。
第2条では
身体に障害のある者に対し、基本的動作能力の回復を図るため、運動や物理的手段を!
とあります。
上記内容を、今回はICF(国際生活機能分類)の概念を軸に評価や介入方法等をお伝えしました。
IMG_1187.jpg

みなさん、前回のOT阪東の講義で初めてICFという言葉を聞いたということもあり
時間をかけてICIDHの改訂版としてICFができたこと、すべての人が対象になること、背景因子(環境・個人)が加えられていること、各要素に相互作用があること、などなど具体的な事例を出しながらご説明しました。

私のつたない説明でどれぐらい伝わるのか不安だったので
学生さんにも考えて頂く時間を設けました
IMG_1188.jpg
「下肢の筋力」は?「ご家族様が協力的」は?「職場復帰」は?「趣味活動」は?などなど
これがICFでどの要素に当てはまるのか

「屋外歩行が困難になり習い事に通えなくなった」「仲の良いご友人の付き添いで一緒に買い物に行く」「尿失禁があることで外出の範囲が狭くなる」「杖を使用すれば一人で歩くことが出来る」などなど
文章をお見せし、ICFのどれとどれの要素の組み合わせなのか

5分ほど時間をとり答え合わせ!なんと、ほとんど正解でした!!
しっかり考えて頂けたまじめさと、理解力にびっくりでした!!

ICFに関して改めてまとめることで、より自分自身の理解にもつながったので良い機会を頂けました。



1/27の講義ではALSの利用者さん、担当の看護師さん、ケアマネージャーさんと一緒にトークライブを行ないます。また同日の別の時間に実技の練習で、筋力の評価と動作(主に移乗)介助の練習を行う予定です。

1/30、31の講義は失語症、右片麻痺がある森さんとの失語症トークライブとST碓井による「ST概論」を予定しています。

トークライブで利用者さんの直の声、語りを聴いてもらい、地域での在宅援助論の理解をさらに深めてもらえるよう評価方法や介助方法の実技、ワークショップを予定しています。



残りの講義でも
「リハビリテーション」を
じゃんじゃん伝えて、じゃんじゃん広めていけたらと思います。

学生さんが今後、臨床で出会う方々に活かして頂くために、、、

伊藤OT・飛永PT
posted by Active at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2016年11月01日

アクティブ野球大会

「スポーツがしたいな」「野球は40年間してないから出来る機会があればしたいな」
そんなご利用者さんの希望があり

「野球大会してみたらいいんちゃうん」
というスタッフの何気ない一言から

そんなこんなで開催しちゃいましたアクティブ野球大会!!!

こんばんは、飛永です。


最初は、私も「難しいんちゃうかな」
「危ないんちゃうかな」「本当にできるかな」
など否定的な面ばっかり考えてしまっていました。

でも、「やると決めたからにはできる!!」という
想いから今日まで
担当の谷川OTを中心に大正事業所スタッフで準備を進めてきました。


前日の雨もあり、地面の状態など不安でしたが
なんと最高の天気!!
IMG_0291.JPG
大阪市営の野球場を事前に抽選で予約


まずは準備運動

(村上STが音楽付で作成してくれたので載せてみました)


ここでルールの説明です
ご利用者さんには「打つ」ということのみをしてもらいます(もちろん応援も!)
「走る」「守備」はなしで打った飛距離で結果を出します。
近い距離から「アウト」「一塁打」「二塁打」「三塁打」「ホームラン」の順です。
目印にはサッカーで使うコーンを使用!
距離に関係なく結果が出せるように段ボールを用意し、そこに入れば「ヒット」!
ご利用者さんとスタッフを半分の人数ずつ分けて、2つのチームをつくります。
(今回であればご利用者さん4名とスタッフ3〜4名が1つのチーム)
「3アウトチェンジ」「3ストライクで1アウト」などは通常の野球と同じルールで行い、3アウトにならなくても1人1回打順が回ってきたら交代します。

今回、ご利用者さんから「スタッフも参加してほしい」というお声も頂いたこともあり、スタッフも同じように参加させて頂きました。また、より協力して得点をとれるようにピッチャーを同じチームのスタッフが行い、スタッフが正確に投げれるかどうかも競うポイントにしました。


チームは
「あべかわもち」チームと「阪神ジャイアンツ」チーム
に分かれ試合開始!!
(チーム名はご利用者さんと相談し決めています!個性があっていいですね)


いつも杖!でも今日はバッド!
そう言ってバッターボックスへ!!
IMG_0342.JPG
見事、最終ホームラン3発打たれました!!!
IMG_0297.JPG

ここからは
みなさんの勇姿をご覧ください。
IMG_0338.JPG

IMG_0343.JPG

IMG_0334.JPG




ご利用者さんの奥様も参加
IMG_0311.JPG
ご主人の応援される良い声が響き渡っていました!

スタッフも参加
IMG_0315.JPG

IMG_0316.JPG

IMG_0365.JPG

IMG_0367.JPG


見事な打ちっぷりです!


1時間ほど
わいわいがやがやしまして・・・


結果発表!!!


あべかわもちチーム 16点
阪神ジャイアンツチーム 18点

阪神ジャイアンツチームの勝ち〜!!!!
IMG_0369.JPG

IMG_0372.JPG

勝って喜ばれてる方も、負けて悔しがられてる方も、みなさんで笑顔で拍手!!
なんというか、、、すごく良い時間ですね!
(黒川PTが誰よりも両手を高々と上げてくれています。笑。かなり盛り上げてくれました。)

勝ったチームには賞品、負けたチームにも参加賞

そして
第1回アクティブ野球大会
MVP賞!!おめでとうございます〜〜!!!!!!!
IMG_0373.JPG




ベストショット!!
IMG_0309.JPG
こういうのあんまり言うのもやらしいですが、撮影したの私(飛永)です。笑

最初は体調のことも少し不安がられていましたが、
最後に「楽しかった」「こういう機会があるといい」と
言って頂き、本当にやって良かったな〜と思いました!


他にも、「いつも平らな床でしか歩いていないから、こういう機会があるとリハビリになる」
「40年ぶりに野球しました、楽しかったです」
など、ありがたいお言葉や

「キャリーじゃないとホームラン打った気がしない」という
次につながるご意見も頂きました。
(これはすごく納得ですね。確かに「ゴロ」ではホームランを打った気がしないですもんね)



「何気ない思いつき」
でもそれが意味のあること、ご利用者さんにとって良いことなら
出来ない理由を探すのではなく、
「出来るために方法を検討していかないと」
そんなふうに、これからも様々な企画を考えていきたいと思います。


最後に
担当谷川OTより
今回は天気予報で中止も考えていましたが、心配をよそに快晴で野球日よりとなり本当に良かったです。
当日までは、とりあえず参加してみる。や、見るだけでプレーはしないよと言っていた利用者の方も実際に参加(プレー)していただく事ができて良かったです!
スタッフも含めてチーム一丸となり、他利用者様を応援したり、自然と声かけが出来ていた所も良かったと思います!
進行等で不備もあり、スケジュール通りにいかない場面もありましたが、皆さんから久しぶりに運動が出来て良かった。こういった環境で動くことが出来て楽しかった。などといった感想がもらえることが出来て良かったです!
今回の野球大会も含めて今後また色々な計画を立てて他者との交流や運動を行うことで日頃の運動不足を補えるような企画を立てたいと思いました。
今回参加して下さった利用者様、またその御家族様、スタッフに感謝したいと思います。


IMG_0349.JPG
怪我なく、無事アクティブ野球大会を終えることが出来ました。
ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。
アクティブ大正一同
posted by Active at 19:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2016年10月22日

出張セミナー行ってきました。

こんにちは、大正の飛永です。

今までもよく関わりがあり、お世話になっている居宅介護支援事業所の方、デイサービスのスタッフの方より
ご依頼があり

昨日、出張セミナーに
谷中PTと行ってきました。

テーマは
「疾患別のリハビリテーション」

主に、全人工股関節置換術(人工骨頭置換術も含む)後のリハビリテーションと
脳卒中の方に対してのリハビリテーションについて、谷中PTよりご説明させて頂きました。

IMG_0231.jpg

基本的なリハビリテーションはお伝えできても、
それぞれ利用者さんで、お身体の状態が違うのはもちろんですが、ご希望や想いも違います。
よって実際は疾患別で分けれず、様々な要素が加わりリハビリテーションの内容を決めていることを
お伝えしています。

こうやって
「リハビリテーション」を伝えるのは難しいですね。

一つ感じたのは
こちらが思ってる以上に
「リハビリテーションの内容を広めれていない」
ということです。

運動?趣味や活動?
単純に言えないですし、伝える量が多すぎてもわかりにくいですし。。。

これは、今後も課題ですね!!!



今回、ご参加頂いたスタッフの方々が
本当に熱心な方ばかりで、半分以上が質問タイムだったように思います。
日頃から、「ご利用者さんは何がしたいのか、何ができるのか?」をいつも考えながら
取り組まれているんだな〜と思いましたね。すごく刺激を受けました!!
ありがとうございます!!


現在、当事業所より訪問のリハビリテーションを提供させて頂いている方が
こちらのデイサービスをご利用ということもあり、
そのご利用者さんの運動や過ごし方についてもご質問がありました。

その方は股関節の手術をされていることもあり、
脱臼肢位なども含めて
どのように運動を進めていくか、器具を使っていくか、についてご提案しています。

IMG_0233.jpg

私たちがリハビリテーションを提供するのは
訪問時間のみではもちろんありません。
このように、いつも通われているデイサービスでの過ごし方についても関わっていくということは
求められていることでしょうし、それが「ご利用者さんを知る、生活を知る」ということもになると思います。

そういったことを念頭におき
今後も他事業所の方との連携を続けていこうと思います。




以上、ご報告でした。

アクティブ訪問看護ステーション サテライト大正
谷中・飛永

posted by Active at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2016年09月30日

リハビリ専門医研修(大正)

こんばんは、大正の飛永です。
9月28日水曜日の午後
リハビリテーション専門医による研修と、症例検討を行いました

症例検討は2名

お一人はデイサービスと、訪問看護(リハビリ)ともにご利用されている方です
先生からは様々な視点でのアドバイスを頂きました。

実際、ご自宅へ訪問し
ご家族様からもご希望や現在の状況を確認することができました。

IMG_009211.jpg

(担当の谷川OTより)
今回、実際にご自宅にお伺いさせてもらったことで、デイの中のお話だけで聞かさせてもらっていたことが具体的に想像しやすくなり良かったです。
ご家族の方の要望も聞けたことで、家庭環境についても把握することが出来て、よりリハビリの内容も具体的に考えることが出来るようになったと思いました。
また先生にアドバイスを頂けたことで、リハビリの30分にとらわれず、広い視野で考えていくことを学びました。

IMG_0091.jpg


お二人目は
訪問看護(ST.OT)をご利用されている方の症例検討です。

IMG_0093.jpg

そして後半には、大正事業所のスタッフからの質問タイムを設けて頂きました。
全て具体的な質問内容のため、カルテを確認しながら実施

今回は利用者さんに関する質問が中心であったため、先生からも具体的なご指導ご助言を頂けました。

今回、新たに課題にあがったこと、元々課題ではあったが優先順位があがったこと、課題にあげていたが優先順位は低いこと、などなど

担当利用者さんに対して必要な課題、目標、および方向性を整理することが出来ました。



今後も今回ご指導頂いた内容を踏まえて、利用者さんと関わっていければと思います。

アクティブデイサービス大正
アクティブ訪問看護ステーション サテライト大正  スタッフ一同
posted by Active at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2016年09月07日

バスケットボールクラブ

おはようございます。大正の飛永です。

9月2日バスケットボールクラブ

前回より人数は少ないですが
11名集まりました。

IMG_9907.png

2チームに分かれて試合

IMG_9905.jpg

良い汗かきました!!

IMG_9904.jpg

いつも通り、中川さんの息子さんの活躍もあり
(若さってすごい!!)

IMG_9887.jpg

間の休憩では、バトミントン部発足!!!笑
(部員:阿部OT、今田相談員、中川さん娘さん)
これまた中川さんの娘さんの体力には驚きでした!


次回、11月か12月にまた行いますので、
みなさんご参加お待ちしてます。


アクティブ大阪 金井
アクティブ大正 飛永
posted by Active at 08:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2016年07月01日

どら焼きパーティー!!

こんにちは、大正の谷川です。
今回は、デイサービスの時間にお出しするお菓子を皆さんと一緒に作りたいと考え、
利用者様とスタッフでどら焼き作りを行いました!
IMG_2485.JPG

作業を分担し、食材の買い物や、材料を混ぜてもらったり、
実際にホットプレートに投入してもらったりと、皆さんに参加していただくことが出来ました。
IMG_2480.JPG

ある利用者様からは、「昔奥さんと一緒に料理をしていたことを思い出したわ。ありがとう。」と言って頂いたり、他の利用者様からも、「こんなことが出来るんやね。楽しいね」と言っていただくことが出来ました。


今回皆様と一緒にどら焼き作りをしたことで、
普段利用者様同士で会話をすることがあっても、
何か一緒に作業をすることはあまりありませんでしたが、
材料をかき混ぜる時に一人の方がかき混ぜ、もう一人の方がボールを押さえる場面も見られ、
作業を通すことで自然に協力し合うことが出来るんだなと感じました。

IMG_2481.JPG

さらに、普段はご自宅で一人で食事をする方は、
ホットプレートを囲み、短い時間ではありましたが、
一緒に作った物をみんなで食べることで楽しんでいただけたのではないかと思いました。

IMG_2516.JPG

今回の企画を通して、普段と違うことをすることで、楽しんでもらったり、
利用者様同士の繋がりがより深いものになってもらえたら良いと思いました。
スタッフとして、デイサービスご利用中の30分程度の短い時間ではありますが、
その短い時間も大切な時間であると今回のどら焼き作りで実感しました。
そして、他者との交流を目的としている利用者様もいらっしゃり、
今回通所介護としての役割が一つ果たせたのではないかと感じました。
今後の課題としては、細かい工程の中でスタッフがどの作業を担当するのかを、
もう少し具体的に決める必要があると考えました。

最後ではありますが、今回のどら焼き作りが無事に終わり、
そして利用者様に楽しんで頂き本当に良かったです。
今回の企画が、今後の活動に活かすことが出来ればと思いました。

アクティブデイサービス大正
スタッフ一同
posted by Active at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2016年06月29日

バスケがしたいです!!

金井STの
「飛永さん、バスケがしたいです!!」
という一言があったような、なかったような、、、笑
そんな感じで始まりました、バスケットボールクラブ!

こんばんは、飛永です。

気持ちと身体をリフレッシュできる場所があれば良いな。ということで、
金井STを中心に体育館の予約や、アナウンスをさせて頂きました。

当日までは、「10人も集まらないだろうな。。。」
「まぁ軽く運動出来ればいいか。。。」と思ってました!

しかし、想像以上に集まりました!
試合に出ていない方も含めると、19名!!

グッパで3チームに分かれて
IMG_9345.JPG

ストレッチと、パスやシュート練習
IMG_9346.JPG

身体が温まったら試合開始!
IMG_9350.PNG

みなさんの頑張りをどうぞご覧ください!

松原事業所のおざきさん
IMG_9361.PNG

泉北事業所の室之園さんIMG_9367.PNG

吹田事業所の伊藤さん
体力ありすぎです!IMG_9363.PNG

今里事業所の中川さんの息子さん!
ご兄弟で参加して頂きました。
若さ、スピード、体力、ガッツが光ってました!

中川家兄IMG_9353.PNG

中川家弟IMG_9416.PNG

今里事業所と、大正事業所のメンバーの写真も。IMG_9413.PNGIMG_9364.PNGIMG_9369.PNGIMG_9370.PNGIMG_9360.PNG


久しぶりに動くと疲れますね。
でも良い運動になりました!

参加した方からも、「楽しかった」「またしたい」という
感想も頂きました。


最後は、みなさんで集合写真!IMG_9357.PNGIMG_9358.PNG

金井STと相談し、また8月か9月頃に開催予定です。
今回、ケガなく無事に終わってひとまず良かったです。
今後も続けていきますので宜しくお願い致します。

以上、ご報告でした。

アクティブ大阪 金井
アクティブ大正 飛永
posted by Active at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2016年06月25日

出張セミナー in 西成区

こんにちは、大正の飛永です。
以前、西成区のケアマネジャーの方より「作業療法士のリハビリ」をテーマに
研修のご依頼を頂きまして、
担当は、吹田事業所の伊藤OTにお願いし、
昨日、実施させて頂きました。

ケアマネジャーの方だけでなく、デイサービスや有料老人ホームのスタッフの方、
約30名の方々にご参加頂きました。

業務終了後にも関わらず、お集り頂きありがとうございました。


内容としては、
質疑応答含め、約1時間

「在宅リハの作業療法士の仕事の実際」
ということで、
伊藤OTより担当利用者様との関わりを中心に
写真を通して、ご説明させて頂きました。

IMG_1808.jpg

写真があると想像しやすいですね。

「生け花」「プール」「カメラ」「イラスト」「絵葉書」「自動車運転」「ペーパークラフト」「木彫」「川柳」「料理」「義足」「ポータブルスプリングバランサー」
などなど
様々な趣味・活動・参加の観点から関わりをご紹介させて頂きました。

あるスタッフの方から
「リハビリで調理もできるの?」
というご質問を頂きました。

「活動と参加への働きかけが目的であるリハビリテーション」が対象ですので
問題なくリハビリテーションと言えます。

リハビリテーションを行う上で、療法士のスキルを上げることも大切ですが
それを他職種の方々に発信していく、伝えていくことも必要ですね。

その一つの方法が、こういった出張セミナーではあると思いますが、
現場で実際のご利用者様を通して、ケアマネジャーや介護職の方と
密に連携し、話し合い、意見を言い合う、、、
これも良い方法と考えます。
そして、話し合えたことがすぐご利用者様に反映しやすいからいいですね。

IMG_1728.jpg


伊藤OTの考えのもと
研修後にLTPシート(感想文)を記入して頂いています。

Like「いいなと思ったこと」
Think「こんなふうになればいいな、具体策」
Problem「行う上での内外の課題は?」

このように振り返ることって大切ですし、その方が次にすぐ活かしやすいですね。
私はよく研修に行ったことで満足してしまうこともあるので、
こういうシートの必要性はすごく感じます!


今回、急な依頼にも関わらず
引き受けて頂いた伊藤OT、お疲れ様でした。ありとうございました。
また、手伝い、学びの目的で参加してくれた阿部OT・谷川OTもお疲れ様でした。


今後も、ご依頼があれば
どこでも、どんなテーマでもお答え出来る範囲内であれば、
出張させて頂きます。


最後に

施設の方々ありがとうございました。
また後日、LTPシートを頂きに伺いたいと思います。
その内容も含め、私たちがリハビリテーションを提供する際に
活かせればと思います。
また宜しくお願い致します。

アクティブ吹田 伊藤
アクティブ大正 飛永・阿部・谷川
posted by Active at 13:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 大正(報告)