2017年05月01日

レッスン会

『療法士×プロゴルファー コラボ企画』として、ティーグリーンゴルフクリニックの大坪プロにご協力頂きレッスン会を実施しました。

今回は4名のご利用者様が参加してくださいました。
2.jpg
せっかくの良いお天気でしたが、今回は室内でのイベント…(汗)
自己紹介では初対面の方も多く、はじめはみなさん緊張感が漂っていました。

Kさん
IMG_1245.JPG

IMG_1240.JPG
左片麻痺のため左打ちに変えた方がよいかなど、プロに打ち方について悩みをたくさん聞いておられました。

IMG_1281.JPG
色々な悩みをひとつずつ丁寧にアドバイスして頂き「また、練習場に行こう」と話されていました。

Nさん
IMG_1285.JPG
お迎えの時から「(ゴルフは)もうやめるわ」と消極的でした。
お話しを伺うと練習に行き、何回打っても当たらないとのこと。

IMG_1310.JPG
レッスンでは、当初はあたりが悪かったものの徐々に感覚を取り戻し、誰よりも積極的にレッスンを受けていました。

4.jpg
また、失語症をものともせず、周りの方と楽しそうにお話しされていました。

Nさん
IMG_1296.JPG
過去の骨折や骨粗鬆症の状態などが気になったため、医師に確認の上、参加して頂きました。

IMG_1323.JPG
プロには事前の情報交換と現在のスイングを照らし合わせてレッスンして頂きました。

療法士とプロとの情報交換
 http://active-nopsj.sblo.jp/article/179481482.html

3.jpg
私もゴルフを長年していましたが、プロの教え方は勉強になりました。

初参加のYさん
IMG_1251.JPG

IMG_1254.JPG
片手でのゴルフが初という事もあり、「ゴルフを始めた頃みたい」とお話しされていました。

IMG_1288.JPG
レッスン外の時間には同じご病気の方々で、色々とお話をできるよう様々な種類のパターを準備して、パター練習の時間を設けました。

5.jpg
お互いに様々な種類のパターを試して頂き、「片手だと太くて、長いグリップの方が手首が使えないから安定するな」などなど、それぞれの感想を話し合っていました。

7.jpg
同じ立場や体験をしているからこそ新たな気づきを得たり、自分の世界が広がるきっかけとなる場合があります。これからもさらに交流が広がっていくといいですね。

IMG_1335.JPG
レッスン後には、皆様の意見も踏まえて次回のイベントの場所を決定しました。

8.png
事前に準備していたにも関わらず、まさかの森プロの食中毒によるお休みなど想定外があり、皆様にはご迷惑をおかけしました。最後に「よかったよ」と喜んで頂けたのが何よりの救いでした(笑)

IMG_1338.JPG9.jpg
イベントに参加して頂いた利用者様の方々、理解と協力を頂いたスタッフの皆さんありがとうございました。

10.png
最後にちゃっかりレッスンしてもらっていた蠟野OT(笑)  お疲れ様でした。
次回のイベントもよろしくお願い致します

作業療法士×障がい者スポーツ指導員 井上
posted by Active at 11:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ゴルフイベント

2017年04月27日

小さなソーシャルアクション

レッスン会が今週末に迫る中、次回のショートコースでのイベントに向けてゴルフ場に問い合わせやイベントへの理解を頂いています。

ショートコースでは、自分のゴルフバックを担いでプレーするのが通常ですが、傾斜での歩行やプレーは可能でもバックを担いでの歩行は困難な方もおられます。しかしゴルフ場では保険の都合もあり、プレーヤー以外の立ち入りを制限しているところが多くあります。そのため、ボランティアとして同行させて頂けるようお願いしています。

問い合わせをしている中で、他のお客様への配慮としてプレーの時間を気にされるゴルフ場があった一方で、イベント内容にご理解頂き「保険の対象とならないが同行は構わない」「回る方も不安でしょうからいいですよ」と返答して下さるゴルフ場もあり、社会において障がい者への理解が高まっていることが感じられました。

参加して下さるご利用者の皆様の心身機能評価から、参加者が楽しくまわった頂ける場所をいくつか用意し、レッスン会終了後に提案したいと思います。

水間.jpg
ご理解頂きましたゴルフ場関係者の皆様ありがとうございます。

作業療法士×障がい者スポーツ指導員 井上
posted by Active at 09:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ゴルフイベント

2017年04月18日

第2弾ゴルフイベント始動

今回は、プロゴルファーと療法士のコラボ企画でレッスン会を開催予定です。
1.png
レッスン会場のティーグリーンゴルフクリニック。


2.jpg
ご協力いただく、大坪プロ。アップの写真を使用したかったのですが、プロたっての希望でこの写真になりました(笑)


3-1.png
プロには障がいについてご理解いただくため、まずは病気や症状のお話からご本人が苦手な動作について説明させて頂きました。


4-1.png
前回イベント時のスイングの映像を確認。
また、ピアカウンセリングも目的である為、同じ障がいの方が交流できるように当日の流れについても確認しました。

今回、大坪プロがお一人でレッスンして頂く予定でしたが、急遽森プロもご参加して下さることになり、ショートコースに向けてパター等の指導も行って頂けることになりました。
5.jpg
森プロ
ご協力ありがとうございます。

当日が楽しみです。

作業療法士×障がい者スポーツ指導員 井上
posted by Active at 13:56| Comment(4) | TrackBack(0) | ゴルフイベント

2016年11月17日

ゴルフイベント

今年のアクティブクラブは目的は様々ですが、各事業所ごとに多彩で充実した内容になってきましたね。

堺・泉北の 井上です。

今回は、脳出血により運動麻痺のある訪問・デイの利用者のKさんを中心に、脳梗塞後高次脳機能障害のあるデイ利用のNさんとのゴルフイベントを企画しました。

障害者ゴルフは、日本プロゴルフ協会がここ数年取り組んだりと徐々に認知度が高まってきています。

CIMG1984.JPG
1回きりのイベントでは、運動を習慣化することが難しいため、各段階づけに応じて不定期ではありますが、長期的な関わりをしていく予定です。

イベントを行うにあたって、Kさんに初めてゴルフの提案をしたときは、「片手(麻痺)が治ったらな」「両手で打てるようになったら」と消極的ながら、いつも楽しそうにゴルフの話をされていました。

最近になり「以前通っていた練習場に行ってボールを打ってきた」とお話されていたのを聞き再度アタック。「行ってみようか」との返事を頂きました。

4.png
訪問では、スイングを練習する様子を河野OTに見てもらい、ご本人と担当者で段階づけの中で現状の身体状況や自己効力感について話し合い、今回のイベントの目標を決めました。

CIMG1981.JPG
参加が決まっても片手でのゴルフにやや不安があったため、代理体験として同じような障害のある方のゴルフスイングを一緒に確認し、「これやったら、行けそうやな」と感じて頂きました。

さて、当日です。日頃の行いがいいのか快晴のゴルフ日和。
嬉しいことに、家で素振りをされていたようです。
IMG_4652.JPG

IMG_4653.JPG
途中、道の駅でご家族にお土産を買って頂きました。

IMG_4655.JPG
今後のコース再デビューに向けて、杖の代わりにクラブを使用して芝や傾斜での歩行をチェック。

IMG_4656.JPG
Nさんも重い荷物を持っても足取りは軽かったですね。

IMG_4657.JPG

IMG_4658.JPG
開始すると、皆さん集中して黙々と練習されていました。

2.jpg

1.jpg

IMG_4663.JPG
背丈より高いバンカーでしたが、片手でナイスショット

3.jpg

IMG_4661.JPG
初心者の河野OTにも指導してくださいました。ゴルファーはみんな教え好きですね(笑)

IMG_4664.JPG
最後は、ショートゲームを全員で真剣勝負!!

IMG_4665.JPG
一人での練習は楽しくありませんが、みんなでやると楽しいですね。

帰りの車の中で、今日の感想やこれからのイベントについて話し合いました。

「片手でする感覚がつかめてきた」「芝の上でするのは気持ちがいい」「次の目標のショートコースまで練習を頑張るわ」と話され、意欲とともにそれぞれ新しい課題や目標ができました。

今回のイベントで、具体的な目標をたてること、目標の達成のためにどのように準備するのかを利用者と担当者がしっかりと話し合う事が重要だと改めて感じました。
又、以前行なっていた趣味を再開する場合は、安易に提案せず精神面の配慮が必要であると思います。

イベントに理解と協力を頂いたみなさん、ありがとうございました。次回のイベントもよろしくお願い致します。
posted by Active at 10:03| Comment(3) | TrackBack(0) | ゴルフイベント