2018年11月16日

出張テラリウム教室。

IMG_20181116_154129.jpg
寄せ植え・テラリウムです。


この日のお昼は腰椎圧迫骨折等で下肢に痛みと運動麻痺、歩行困難がある90歳代の訪問リハ利用者様宅で、寄せ植え・テラリウム教室です。

元々、花等の植木好きの利用者様です。

今は室内の伝い歩きがやっとこさの状態のため、外出は車椅子介助での通院時のみで、ベランダガーデニングも思うようにできていない状態が続いていました。

利用者様が日常の愉しみとなるモノを何かしらご提案出来ればと、毎回の関わりのなかで考えていました。

そこで、先日住んでいる地域の自治会の講座で習った箱庭療法*的な要素もある"寄せ植え・テラリウム"を先週ご提案しました。
*箱庭療法は、セラピストが見守る中、クライエントが自発的に、砂の入った箱の中にミニチュア玩具を置き、また砂自体を使って、自由に何かを表現したり、遊ぶことを通して行う心理療法。(日本心理療法士会HPより)

すると利用者様は、
「ええやん。ほなやってみよか〜」。
とほぼ即答でした。

早速、材料をホームセンターや花屋さん、100円ショップ等を空き時間で周り、どうにか1週間で取り揃えました。しかしながらお好みの苗を探すのにはなかなか苦労しました。
IMG_20181116_142241.jpg


今日昼に訪問すると、
「しんどいねん、痛いねん」。
と開口一番でそう話されていましたが…

買い揃えた苗をお見せすると、早速苗を手に取り、あーでもないこーでもないと、苗の配置、テラリウムのデザインに頭を悩ましておられました。
IMG_20181116_150515.jpgIMG_20181116_150855.jpg
IMG_20181116_150901.jpg
「こんな考えることないわ〜」
と利用者様は苦笑い。
苗の配置、デザインはようやく決定!

使わなくなったガラスコップに、根腐れ防止剤を敷き詰めます。
IMG_20181116_151003.jpg

人工の土を低くく敷き詰めてから、霧吹きで水をかけて土を固めて土台を作ります。
IMG_20181116_151120.jpg

ついに苗の植え付け!
ここでも、苗の配置、デザインでアイディア、アレンジに、あーでもないこーでもないと、想いを巡らせておられました。
IMG_20181116_151311.jpgIMG_20181116_151408.jpg
IMG_20181116_151917.jpgIMG_20181116_151438.jpg

苗の配置、デザインが決まれば、土を盛ります。
IMG_20181116_152519.jpg

水をかけると固まる白い石でデコレーションです。
IMG_20181116_152650.jpg

霧吹きで水を少しづつあげます。
IMG_20181116_153240.jpg

水はあげ過ぎないように…
土がこんな感じで全体的に湿る程度でOK!
IMG_20181116_153259.jpg

最後の仕上げです。
次はこうしようとか、挿し木してから増やしてみようか?と…想いを巡らせます。
IMG_20181116_154236.jpg

完成!
作業時間はゆっくり進めて約40分程度。
IMG_20181116_154129-4932d.jpg
「正面はこっちやで〜」
と、笑顔。
しっかり正面から写真を撮らせてもらいました。

新しく自分自身の手で創り出したテラリウムに優しくて穏やかな笑顔で何やら語りかけておられます。
IMG_20181116_154434.jpg

そして、居間のテレビ横に自ら手の届く位置に台を付けて置かれました。
IMG_20181116_161220.jpg
水は土に湿り気が無くなっていたら少しづつ水を加えます。

最後はしっかりと下肢の関節可動域訓練と歩行練習です。

次のテラリウム教室は利用者様のご希望次第です。

「こんなことはよう考えられんねんけどな〜」
「むかしはよう園芸やってたんやで〜」
と、痛みやしんどさは忘れて、むかしの愉しみを思い出されたようで、とても良い気分転換になったようです。


アクティブ心意気実践チームは、利用者さまの自立支援、重度化防止、QOL向上に資するご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 17:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2018年10月18日

第四回松原市医療と介護の連携交流会。

心意気実践チームのいとうです。
二年に一回の第四回松原市医療と介護の連携交流会に参加して来ました。
IMG_20181017_200954-a8b85.jpg

阪東代表とOT室之園さんが訪問介護事業所の方と語り合っています。
IMG_20181017_201005-e7af3.jpg
松原市の医師会、薬剤師会、ケアマネ、施設、デイサービス、訪問看護、介護の各協議会のみなさま約140人が集いました。
IMG_20181017_201629.jpg
今までで最多の参加者ということです。

むちゃくちゃ盛大な会合でした。

松原市の医療と介護の勢いと熱を感じた会でした。

たくさんの関係者の方々とお会いし、お話しを聴かせてもらいとても良い機会をいただきました。
企画運営ありがとうございます。
posted by Active at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2018年09月14日

第2回アクティブスポーツ倶楽部@東住吉スポーツセンター

先日、今年の4月に『アクティブスポーツ倶楽部』という名前で再始動した取り組みを紹介させて頂きました。

前回の記事はこちら


今回はその2回目を無事に開催することができたので、報告させて頂きます。

5991E54F-.jpg

スタッフだけでなく、友人、スタッフのお子さん等も含め、18名の方が参加してくれました!



初対面の方もいたので、まずは簡単に自己紹介から。



それぞれケガのないよう準備運動を行い、さぁ運動開始です。



まずはバスケバスケットボール

921E11BB-.jpg

1回目のスポーツ倶楽部が楽しかったのか、2回目の為にシューズを購入した方もいました足

866B64EE-.jpg


バスケ経験は体育の授業の時以来という方もいましたが、ワイワイガヤガヤと楽しめていました。

30E7CAF0-.jpg

20C22218-.jpg

バスケが一区切りすると、次はバレーが始まりました手(パー)

E454237B-.jpg


2CF53ED1-.jpg


バスケが好きな人はバスケを。

バレーが好きな人はバレーを。

今後はバドミントン(今回ラケットとシャトルを忘れてしまいました!)や他のスポーツもごちゃ混ぜにして楽しめたらと思っています。

D3D03542-.jpg

コートの外でずっと見学しているのも退屈じゃないかな、と思ったのでスタッフのお子さんも参加してもらいました。

ボールを渡した途端、誰よりもコート中を走り回ってくれていました!

96C37199-.jpg

ヨイショexclamationと何度もシュートに挑戦。

参加したスタッフ全員、リングに入るのを温かく見守ってくれていました。

FD5A3673-.jpg

この倶楽部の部長である今里事業所の金井さんに、この度待望の赤ちゃんが誕生したので、サプライズでプレゼントをさせて頂きましたプレゼント

FD222B01-.jpg

すでに親バカを隠し切れないといった表情です。

48AD3224-.jpg

最後に記念撮影カメラ

次回は11月を予定しています。

これからも社内はもちろんのこと、友人やお子さんが気軽に参加できる空間を心掛けたいと思います。

体育館の予約手続きに協力して下さった飛永さん(この日は用事があって途中で帰ってしまいました)と話している時に、「ここに利用者さんが参加できたらオモシロいですよね〜」という会話になりました。

もし、それが実現できたら本当にサイコーだなと感じました。

そんな夢もほんのり妄想しつつ、今後も楽しく進めていきたいと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

アクティブスポーツ倶楽部 一緒に運動しません課 部長 金井洸祐(今里事業所)
アクティブスポーツ倶楽部 一緒に運動しません課 平社員 室之園昇悟(泉北事業所)

posted by Active at 10:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2018年09月01日

この日の男の出張料理教室。

IMG_20180831_113523.jpg
この日は「鯵の黒酢炒め」

この日も利用者さまご夫婦のお昼ごはん作りにお邪魔します。

「よしっ」と利用者さまがひと声。
いざキッチンへ。
IMG_20180831_110048.jpgIMG_20180831_110114.jpg

玉ねぎや人参、ピーマンのカット。
IMG_20180831_110213.jpgIMG_20180831_110536.jpg
声かけと指差しでカットの大きさを伝えます。
均等なカットが可能です。

鯵のカットです。
IMG_20180831_111104.jpgIMG_20180831_111101.jpg
皮と小骨もしっかりとカット!

合わせ調味料の配合です。
IMG_20180831_111557.jpgIMG_20180831_111350.jpg
声かけだけでは正確な計量カップの使用が難しいので、指差しと「ストップ」の声かけがあれば正確な計量が可能です。

フライパンにごま油を落として、鯵を火にかけます。
IMG_20180831_111728.jpgIMG_20180831_111825.jpg
声かけのみで完了。

一枚一枚、鯵をひっくり返す作業です。
IMG_20180831_111946.jpg
ヘラを使う作業はなかなか操作が難しいようで、半分くらいは身体的介助を要しました。
鯵の皮の火の通りもよく焦げ付くことも気になる様子でした。

野菜を炒めてから合わせ調味料を回しかけます。
IMG_20180831_112455.jpg
声かけのみで完了。

ごま油で炒めておいた鯵を加えて、とろみの出てきた合わせ調味料とからめます。
IMG_20180831_112647-e1de3.jpgIMG_20180831_112727.jpg
声かけのみで完了。

この後に味見をしてもらいました。
が、珍しく味がなかなか決まらず…
いつもの「んまっ」「うまい」のお声が聴けずじまいでした。
代わりに…
「まーいーか。」
と明らかに満足していないいつもとは違う表情でした。

何度か味を調整して完成です!
IMG_20180831_113523-4e9ab.jpg

この表情です…
IMG_20180831_113535.jpgIMG_20180831_113545-589b9.jpg

レシピ通りに作ってみたものの、下ごしらえと味付けが不十分でした。

味がなかなか決まらないのも、明らかに満足いく出来栄えにならず、曇った表情になられたのも初めてでした。

奥さまからは…
"今日のレシピは調味料が問題でしたね。美味しい物を作る楽しみ は勿論ですがリハビリは出来てますので。確かな味覚が戻った事が分かりかえって良かったです️。ありがとうございました。"
と前向きなコメントをいただきました。
ありがとうございます。

可能な限り介助量(ジェスチャー、声かけ、指差し、手添え)を減らして、この夏の料理教室はチャレンジングに進めています。

新たなチャレンジでいつもとは違う反応がみられ、別の課題が見つかります。
引き続き、一緒に改善へ向けた自立支援の取り組みを継続します。

次回も指差しやジェスチャーを意図的に減らした声かけによる指示入力を中心にして、料理に取り組みます。

アクティブ心意気実践チームは、利用者さまに、ご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2018年08月18日

この日の男の出張料理教室。

IMG_20180817_112826.jpg
この日のメニューは鰯のキムチ煮。


いざキッチンへ。
IMG_20180817_105929.jpg

ご家族により新鮮な鰯等の食材は準備万端。
IMG_20180817_105857.jpg
いつもありがとうございます。

まずは生姜の薄切りです。
IMG_20180817_110406.jpgIMG_20180817_110355.jpg
こちらからの見本写真の指差しによる指示のみで、生姜カット完了!

煮汁の調合です。
IMG_20180817_110638.jpgIMG_20180817_110624.jpg
「大さじ2です。」等のこちらからの声かけのみで、煮汁の調合作業完了!

煮汁に火をかけます。
IMG_20180817_110832.jpg
声かけのみで完了!

生姜を入れます。
IMG_20180817_111123.jpg
こちらからの「生姜を入れてください。」の声かけに、利用者さまは??で首を傾げ、応じることができませんでした。
次はこちらからの生姜の指差しで、鍋に入れることができました。

鰯を鍋に入れて煮ます。
IMG_20180817_111202-5cb04.jpgIMG_20180817_111155-80c15.jpg
IMG_20180817_111250-39ca7.jpgIMG_20180817_111300-94ac0.jpg
声かけだけで作業完了!

落とし蓋をして少し待ちぼうけ。
味が気になり利用者さまとわたしは2人でソワソワ…
IMG_20180817_111559.jpg
蓋を取るといい感じになってきました。
IMG_20180817_111939-37558.jpg

キムチを入れてさらに煮ます。
IMG_20180817_112143-08615.jpgIMG_20180817_112318-e8819.jpg
こちらも声かけだけで作業完了!
汁気がなくなってきました。鰯に煮汁が染み込みます。

ねぎを加えて。
IMG_20180817_112357.jpg

味見は「うまい!」
を連発です。
IMG_20180817_112455.jpg

完成です。
IMG_20180817_112746.jpg

"ハイどうぞ。"
IMG_20180817_112750.jpg
もう少しでその場に合わせた心からの言葉が聴こえそうな気がしました。

具だくさんで盛り付けが難しかったです。
IMG_20180817_112826-88f77.jpg

この日は声かけによる指示入力を中心に、少しチャレンジングな料理リハビリテーションを進めました。
それにより"生姜"という物自体の認識が不明瞭であることがわかりました。

次回も指差しやジェスチャーを意図的に減らした指示入力を中心にして、料理に取り組みます。


アクティブ心意気実践チームは、利用者さまに、ご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 06:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2018年08月11日

この日の男の出張料理教室。

IMG_20180810_113318.jpg
ゴーヤーとツナの胡麻油和え


右片麻痺と失語症、失行症のある利用者さま宅で、料理リハビリテーションとお昼ごはん作りのお手伝いです。

いざキッチンへ。
この日も出来るだけこちらからの声かけやジェスチャー、指差し、手添え等の身体介護を極力控えて、"お昼ごはん作り"の家庭内での役割・継続とさらなる自立支援を図ります。
IMG_20180810_110354.jpgIMG_20180810_110437.jpg

ゴーヤーの中ワタを取ります。
IMG_20180810_110536.jpg

ジェスチャーと声かけだけで見事に作業完了!
IMG_20180810_110541.jpgIMG_20180810_110619.jpg

ゴーヤーのカットです。
IMG_20180810_110906.jpg
ゴーヤー嫌いでほとんど食べない食材で、包丁で切るのも初めてとのことでした。

にもかかわらず声かけと指差しで薄い輪切りが見事に作業完了!
IMG_20180810_110912.jpgIMG_20180810_111145.jpg

ゴーヤーを塩もみします。
こちらも声かけで作業完了。
IMG_20180810_111509.jpg
塩もみしたゴーヤーはしばらくそのまま置いておきます。

その間にゴーヤーに合わせるツナの味付けです。
発症後、初めて使うツナ缶を開ける作業は難しいようでした。
「これはダメだわ…」と利用者さま。
IMG_20180810_111758.jpg
口頭、ジェスチャー、手添えを交互かつ組み合わせながら身体介護しましたが、失行症状のため缶のリングの引き起こす動作を引き出すことができませんでした。
このため、わたしが缶のリングを"プシュッ"と少し引き起こしてから、ご自身で缶を開ける作業を確認してもらいました。

中華だしとコチジャンを加えます。
IMG_20180810_111913.jpg
声かけで作業完了!

塩もみしておいたゴーヤーを水洗いします。
IMG_20180810_112228.jpg

ゴーヤーの水分を拭き取ります。
IMG_20180810_112345.jpg

ゴーヤーと味付けしたツナを混ぜ合わせます。
IMG_20180810_112430.jpgIMG_20180810_112522.jpg
声かけだけで作業完了!

ラップをしてレンジで3分温めます。
IMG_20180810_112646.jpgIMG_20180810_112652.jpg

フタを閉めることは出来ましたが、発症後初めて使う電子レンジということもあり、レンジ時間とスタートボタンを操作するのは声かけ、指差し、ジェスチャーをしても難しいようでした。
IMG_20180810_112655.jpgIMG_20180810_112815.jpg

3分待ちます。
IMG_20180810_112819.jpg

「(今日は)これだけ?」
苦笑いの利用者さま。
IMG_20180810_113103.jpg
そうなんです。
出張料理教室が始まって以来初めてガスコンロの火を使わないメニューで、少し拍子抜けした様子でした。

電子レンジからゴーヤーを取り出して、胡麻油を回しかけます。
IMG_20180810_113302.jpg
声かけなしでご自身で程よい量を調整されています。

味見は…
「うまい。」
はっきりと連発。
IMG_20180810_113456.jpg

「ゴーヤーとツナの胡麻油和え」完成!
IMG_20180810_113318-dccca.jpgIMG_20180810_113345.jpg

最後には、昼ごはんで昨日の残り物のカレーライスを食べるために洗米作業です。
IMG_20180810_113624.jpg

発症後初めての洗米作業です。
IMG_20180810_113631.jpgIMG_20180810_113841.jpg
声かけなしで無難に作業完了!

訪問の40分の枠内で無理なくできるメニューの決定とそれに合わせた食材の下ごしらえ、準備をこの日もご家族により、していただきました。

ただでさえ食欲が落ちる酷暑のなかで食べたいメニューを考えるのもひと苦労です。

今日はそのあたりをサポートするためにも料理アプリの動画を一緒に見て、食欲と料理意欲、モチベーションを駆り立てるお手伝いもしました。

この日も状況に合わせた自発的な言葉がありました!料理リハならではの反応です。


アクティブ心意気実践チームは、利用者さまに、ご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2018年08月04日

この日の男の出張料理教室。

心意気実践チームのいとうです。

IMG_20180803_112940.jpg
「こんにゃくと鶏肉のおかか炒め」

この日もご夫婦お二人のお昼ごはん作りを料理リハビリテーションを通してサポートさせていただきました。
夏の暑い間、毎週続いています。

今日も気合いタップリでキッチンへ向かいます。
IMG_20180803_110519.jpg

ご家族がメニューの選定、食材準備、下ごしらえ、レシピの予習をご本人と事前にしてくださることが、スムーズかつ継続的なご飯作りにつながることを毎回感じます。
ありがとうございます。
IMG_20180803_110527.jpg

この日は毎週続いている料理リハビリテーションをさらにステップアップできるように、声かけや指差し、ジェスチャーを極力減らしました。

こんにゃくをスプーンを使ってらん切りです。スプーンを使って切るのは恐らく脳卒中発症後(右片麻痺、失語症、失行)はじめての作業です。
IMG_20180803_110600-5b3cb.jpgIMG_20180803_110608.jpg
妻からの少し声かけだけでスプーンの使い方にぎこちなさは見られずにサッと作業完了!

ピーマンのカット。
「どうすんの?」
と、目で合図がありますが声かけ無しで作業完了!
慣れたもんです。
IMG_20180803_110925.jpg

合わせ調味料の配合はさじ加減を指差しすると問題なく作業完了!
IMG_20180803_111438.jpg

こんにゃくをから炒りです。
味がよく染み込むようになります。
IMG_20180803_111605.jpgIMG_20180803_111612.jpg

鶏肉、ピーマンの順に入れて炒め合わせます。
順に入れるモノの声かけだけで作業完了!
IMG_20180803_112023.jpgIMG_20180803_112122.jpg
IMG_20180803_112240.jpg

合わせ調味料を入れて汁気が無くなるまで炒めます。
IMG_20180803_112348.jpgIMG_20180803_112510.jpg

味見です。
「んまーっ。」
を連発です。
IMG_20180803_112727.jpg
調整なしでバッチリ味が決まりました。

完成!
IMG_20180803_112940-4a737.jpgIMG_20180803_113003.jpg

ハイどうぞ。
IMG_20180803_113009.jpg
状況(お昼ごはん時間)に合わせた声がもう少しで出そうな気がしました。

夏の暑い間はお料理がさらに上達しそうです。

アクティブ心意気実践チームは、利用者さまに、ご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 12:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2018年07月28日

この日の男の出張料理教室。

心意気実践チームのいとうです。

IMG_20180727_113131.jpg
この日は「ブロッコリーとウィンナーの煮込みパスタ」

心意気実践チームのいとうです。

この日も昼ごはん作りの料理リハビリテーションです。

いざキッチンへ。
IMG_20180727_110556.jpg

毎回、メニューの選定や食材準備、下ごしらえをご家族が済ませて下さいます。
IMG_20180727_110636.jpgIMG_20180727_110645.jpg
そのおかげで40分の訪問時間内で料理リハビリテーションを滞りなく行なわせてもらえています。ありがとうございます。

ブロッコリーやウィンナーのカット。
IMG_20180727_110836.jpg

ウィンナーとブロッコリーを炒めます。
IMG_20180727_111408.jpgIMG_20180727_111534.jpg

パスタを入れて。
IMG_20180727_111723.jpg

熱湯を入れて蓋をして煮ます。
IMG_20180727_111923.jpg

待つこと5分程度。蓋を開けると。
IMG_20180727_112420.jpg
試食すると、
「ウ〜ン…」と渋い顔。
まだ少し固めのパスタでした。

お湯を足してから混ぜ合わせます。
IMG_20180727_112727.jpgIMG_20180727_112715.jpg

味見で、
IMG_20180727_112914.jpg
「んまっ」といつもの声が出ました。

完成です。
IMG_20180727_113131-8244f.jpgIMG_20180727_113200.jpg

"お昼ごはん出来たよ、ハイどうぞ…"
と、もう少しでそんな声が出てきそうです。
この日は目で合図です。
IMG_20180727_113209.jpgIMG_20180727_113211.jpg

具材と乾燥したままのパスタを合わせて煮込む作り方は、ご本人もご家族もわたしも初めてでしたが、今日も見た目もきれいで旨い昼ごはんができました。
ありがとうございます。
 

アクティブ心意気実践チームは、利用者さまに、ご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2018年07月20日

この日の男の出張料理教室。

心意気実践チームのいとうです。

今日メニューは「回鍋肉ホイコーロー」
IMG_20180720_112821.jpg

この日も暑いので屋外歩行練習は控えて、お料理です。おもむろにキッチンへ…
IMG_20180720_110638.jpg
やる気満々!
IMG_20180720_110657.jpg

合わせ調味料の調合です。
IMG_20180720_111140.jpg

ピーマン、キャベツをカット。
IMG_20180720_111345.jpg

少ししんなりするまでキャベツを炒めます。
IMG_20180720_112105.jpg

合わせ調味料を混ぜ合わせてさらに炒めます。
IMG_20180720_112311.jpg

最後にピーマンも絡めます。
IMG_20180720_112434.jpg

味見です。
恒例の「んまっ。」連発。
その横顔です。
IMG_20180720_112555.jpg

完成!
IMG_20180720_112821-8b54b.jpgIMG_20180720_112840.jpg

お昼ごはんのオカズをどうぞ…
IMG_20180720_112843.jpg

今日もトントン拍子に作業が進みました。

失行症状もありますがそんなことはもろともせず、少しのお声掛けでお料理は進みます。

今日もご家族により、
「楽しみにしてるから。」と、
食材準備と下ごしらえをしていただきました。

一緒にお料理を愉しむためのお膳立てをいつもしてもらっているようで大変恐縮しています…
毎回ありがとうございます。


アクティブ心意気実践チームは、利用者さまに、ご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2018年07月19日

アクティブスポーツ倶楽部9/7(金)18〜21時です!!

アクティブスポーツ倶楽部部長、今里事業所所属のST金井洸祐(こうすけ)です。

バスケットボールやバレーボール、バドミントン等のスポーツを通して、日頃の運動不足解消だけでなく、他事業所スタッフとの交流、経験年数の若い療法士やケアスタッフの方々にとっては横の繋がりを作る、などを目的に楽しく汗を流せたらと考えています。ぜひご参加ください!!

第2回アクティブ倶楽部(バスケ)チラシ (004).pdf

開催日:平成30年9月7日(金)
時間:18:00〜21:00
場所:東住吉スポーツセンター 第1体育館
住所:大阪府大阪市東住吉区公園南矢田4-30-3
料金:¥2500を参加人数分で割ります
準備物:@動きやすい服装A室内靴(無くても何とかなります)
その他:水分補給は各自で用意して下さい

今里事業所の金井STまでFAXお願いします。

*期日は8月下旬までとさせて頂きます
FAX番号:訪看 06-6224-7581 デイ06-4309-7241


生い立ち)
2年前に金井さんの呼びかけにより、バスケットボールクラブが発足されました。
その時の様子↓
@http://active-nopsj.sblo.jp/article/175873020.html
Ahttp://active-nopsj.sblo.jp/article/176780236.html
Bhttp://active-nopsj.sblo.jp/article/179022547.html


前回のアクティブスポーツ倶楽部の様子↓
http://active-nopsj.sblo.jp/article/182991228.html
posted by Active at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2018年07月13日

この日の男の出張料理教室。

心意気実践チームのいとうです。


久しぶりの男の出張料理教室です。

暑い夏の間はお昼と晩ごはんのオカズ作りです。

春から初夏の間は目一杯、屋外歩行練習に取り組んでいました。

▼前回2/23の様子はこちら↓


この日のメニューは「鯖の味噌煮」
IMG_20180713_113358.jpg
いざキッチンへ。
IMG_20180713_110159.jpg

新鮮な真鯖を朝から仕入れて、下ごしらえしてくださいました。
IMG_20180713_110209.jpg

いつも仲の良いお二人です。
IMG_20180713_110229.jpg

鯖の切り身に熱湯をかけて独特の臭味を取ります。また煮込む際の火の通りを助けて、素材の味を失わせないためでもあります。
IMG_20180713_110519.jpg

久しぶりの包丁さばき!
IMG_20180713_110853.jpgIMG_20180713_110816.jpg
滑らかな捌きです。

合わせ調味料を作ります。
IMG_20180713_111115.jpg

煮詰めます。
IMG_20180713_111738.jpg

皮を上にして落とし蓋をしてから煮ます。
IMG_20180713_112021.jpg

煮詰めて…
待ってる間の一枚。
IMG_20180713_112136.jpg

味見です。
IMG_20180713_112603.jpg
やはりこの日も「んまっ」を連発でした。

完成です!
IMG_20180713_113436.jpg

「鯖の味噌煮」
IMG_20180713_113358-b17a0.jpg
完璧な仕上がりです。

約6ヵ月ぶりのお料理でしたが、簡単なメニューで下ごしらえ等にご家族からの配慮をいただきながら、うまく手順を進めることができました。いつもありがとうございます。


アクティブ心意気実践チームは、利用者さまに、ご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2018年07月10日

復職から家庭での役割創出と趣味開発へ。

心意気実践チームのいとうです。


昨年の1月から復職に向けたリワーク支援を担当PT中島と続けていた左片麻痺のある訪問リハ利用者さまが、ご本人やご家族が望むとおりのカタチではありませんでしたが今年の5月に復職を見事に果たされました。

▼復職に向けたリワーク支援の様子はこちら↓
▼PT中島の9.わたしの利用者さま自慢はこちら↓

復職されたあと、担当PT中島、OT小林は別曜日に屋内外歩行練習や階段昇降練習等を継続して体力強化と肥満予防を図っています。
室内移動を現在の車椅子使用を卒業して杖歩行レベルでの自立も大きな目標です。


妻からの提案で"趣味として料理を教えてもらったら?"とのことで週一回の料理リハが開始になりました。

利用者さまは料理経験"全くなし"ということで、段取りや手順等は全面的にサポートしています。

料理リハ初回のメニューは「レバニラ炒め」の希望がご本人からありました。

居酒屋での鉄板メニューだったそうですが、ご家族はだれも食べたことがなかったそうです。

人生ではじめて包丁を使いました。実はサバイバルナイフ好きなんですが…(汗)
IMG_20180509_101122.jpg
人生で2回目に包丁で切ったのが鶏レバーです。かなりマニアックです…(汗)

ゴマ油たっぷりの自家製合わせ調味料に鶏レバーを混ぜ合わせます。
IMG_20180509_103816.jpg

鶏レバーを炒めます。
IMG_20180509_104156.jpg

たっぷりのニラを炒めます。
IMG_20180509_104315.jpg

もやしを加えて完成!
IMG_20180509_105315.jpg
人生で初めて作った料理「レバニラ炒め」はご家族にも大好評でした。後日に増量してもう一度作りました。もう定番メニューの仲間入りです。


娘さんからのリクエストがあった「ガパオライス」
IMG_20180613_101137.jpg
右手が非利き手ということもあり、右手での包丁使用は利き手交換練習にもなっています。

料理は立位やバランスの練習にもなります。
IMG_20180613_103822.jpgIMG_20180613_104122.jpg
まだまだすぐに疲れてしまいますが、立位時間も長くなってきました。

最後に目玉焼きを添えてガパオライス完成!
IMG_20180613_105433.jpgIMG_20180613_105342.jpg
利用者さまもわたしも食べたこともない"完成形"が全く分からない料理でした。作ってる最中はドキドキでしたが食べてみると旨かった。


妻からリクエストがあった「鶏むね肉のピカタ」
IMG_20180704_104256.jpgIMG_20180704_105653.jpg
鶏肉は全てご本人にカットしてもらいました。このメニューもレギュラーメニュー入り!


ご家族みんなが大好きな「特製のカレーライス」とっておきのスパイス入りです。
IMG_20180502_110612.jpg
カツオ出汁を加えてカレーうどんにも。


「鯖缶の白菜鍋」
IMG_20180516_101258.jpgIMG_20180516_102441.jpg
IMG_20180516_102245.jpg
締めはご飯か中華麺で。


「焼き茄子と皮付きジャガイモのカレーライス」
IMG_20180606_105527.jpg
締めはもちろんカレーうどんで。


「青椒肉絲(肉ピ〜)」
IMG_20180523_104349.jpg
ご飯の上にものせて。


「ゴーヤチャンプルー」
1531318874104.jpg1531318862003.jpg1531318857407.jpg


これまで妻任せで全くしたことがなかった料理でしたが、今はご家族、ご本人も楽しみにされているようです。

はじめは趣味開発のための週一回の料理リハでした。

回を重ねるごとにご家族からのメニューのリクエストがあり、料理リハというより、"旨い晩ごはん作り"という家庭での役割獲得への関わりへと変化してきました。

週一回、水曜日の晩ごはんのメインメニュー作りは利用者さまの役回りとして見事に果たされています。

利用者さま、
「以前であれば絶対になかったけど、買い物に行った時にキッチン用品を見るようになってるわ。」
と笑顔で話され、すっかり料理にハマってるようです。

ご家族団欒の食卓創りのお手伝いまでにつながれば最高です。

材料や調理器具の準備をご家族から全面的にご協力いただきました。助かりました。
ありがとうございます。


アクティブ心意気実践チームは、利用者さまに、ご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2018年05月13日

講義&トークライブのお仕事@作業療法士養成校2018

心意気実践チームのいとうです。

5/11金曜日、今年も行って来ました。
訪問看護・リハの利用者さまの田中さんと一緒にトークライブです。

大阪のベッドタウン、四条畷市内でも奈良県生駒市内に隣り合わせた山中にある阪奈中央リハビリテーション専門学校さんに来ました。
IMG_20180511_142545.jpgIMG_20180511_163243.jpg
作業療法学科3年生のみなさんにお話しさせていただきます。

IMG_20180511_162301-5992b.jpgIMG_20180510_144531.jpg
田中さんはALSを7〜8年前から罹患されています。今はお仕事を続けながら療養されています。

この日はお仕事をお休みしていただき今回で通算3回目のトークライブです。

▼前回のトークライブはこちら↓
▼田中さんと行った沖縄の九つの世界遺産巡りはこちら↓


この日は、お仕事の疲れと「もっとええことを話さなアカン…」「いとうにも迷惑をかけないように…」という強い責任感からきたと思われる体調不良のため、ご自宅を出発直後にクルマを停めて、今日のトークライブをキャンセルしようかと話し合いました。

「行きます。少しだけ休めば大丈夫ですから…」
との田中さんのかき消えるような弱々しい声でしたが強い意志を感じました。

そしてもう一度クルマを走らせました。


早速、トークライブが始まりました。
IMG_20180511_144517.jpg

学生さんの前に出ると体調不良を感じさせないウソのようなしっかりした表情で饒舌にお話しをされていました。
IMG_20180511_144616.jpgIMG_20180511_144807.jpg
IMG_20180511_144817.jpg

発症前後やお仕事のこと、ご家族のこと、趣味の歴史のこともたくさんお話ししてくださいました。
IMG_20180511_151332.jpg

背広を脱ぎ着するところを見てもらい、思うように上がらなくなっている両腕の状態を、学生さんに見せて頂いています。
IMG_20180511_152038.jpg

学生のみなさんにも萎縮して痩せてしまった両腕の筋肉を触わらせていただきました。
IMG_20180511_161040.jpgIMG_20180511_161106.jpg

字を書く場面も見せていただきました。
IMG_20180511_161611.jpg

最後に学生に向けては、
「患者さん、利用者さんに、気軽に相談出来る間柄になって、寄り添って力になれるように頑張ってください。」

作業療法士像については、
「マイナス面に対して、何かを提供してプラスに変える人」

とのお言葉をいただきました。
IMG_20180511_155703.jpg
無事にトークライブを終えることができました。

田中さんは、翌日元気にいつもと変わらずお仕事に行かれました。

毎年、このような機会、場をいただきありがとうございます。

毎年毎年…と繰り返して、体調を整えてもらいながら積み重ねていければとあらためて思いました。


追記)
この日のトークライブ見学、サポートしたST知花さん(堺)、松本さんからは、

てっきり阪奈中央リハビリテーション専門学校は奈良県だと思い込んでいた、堺のST松本です。

以前私も別の養成校でトークライブを経験していますが、この空気感とても好きです。
今まで見たことのなかった利用者様の顔や、とてもたくましい姿を見れたりします。

今回初めて見学させていただき、学生さんとのやりとりや授業の進め方等
次回の参考になることばかりでした。

突然の見学を受け入れてくださった伊藤さん、田中さん、学校関係者の方々、ありがとうございました!!


堺のST知花です。
最近から訪問の利用者さんに学校でのトークライブを進めていて、伊藤さんのトークライブを一度見学させていただきたいと思っていました。

田中さんの授業が始まった時の表情の変化には驚きました!!
本当に体調不良なのかな?と思うくらい堂々とされていてとても凄かったです!
授業の進め方や、学生さんの考えの引き出し方など、とても参考になりました。
私も田中さんのような生き生きとした姿を利用者さんから引き出せるように頑張りたいと思います!

突然の見学にもかかわらず受け入れて下さった伊藤さん、田中さん、学校関係者の方々ありがとうございました。


トークライブを終えて田中さんと4人で打ち上げにて。
1526374173739.jpg
ST松本さん(左)、知花さん(右)
いつもいい感じの師弟コンビです。

posted by Active at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2018年04月16日

新生☆アクティブスポーツ倶楽部!!

IMG_8166.jpg

どうも。
アクティブスポーツ倶楽部部長、今里事業所所属の金井洸祐(こうすけ)のゴーストライターこと、室之園です。

2年前に金井さんの呼びかけにより、バスケットボールクラブが発足されました。

その時の様子→@http://active-nopsj.sblo.jp/article/175873020.html Ahttp://active-nopsj.sblo.jp/article/176780236.html Bhttp://active-nopsj.sblo.jp/article/179022547.html

次の開催日はいつかなぁ〜…と待ち焦がれていましたが、なかなか日程調整や段取りが決まらずにいました。

金井さんをはじめ、大正事業所の飛永さん、谷川さんらと少しずつ話し合いをすすめていき、今年も無事開催することができました。

今年からはとにかくみんなで体を動かそう!という目的を全面に出したかったので、会の名前も「バスケットボールクラブ」から「アクティブスポーツ倶楽部(まだ仮ですが)」に変更しました。

アクティブスポーツ倶楽部チラシ.pdf

吹田事業所の伊藤さんのお子さんや、「バスケはできないですが、バドミントン、バレーだったら参加したいです!」といったバスケ初心者の方も含め、合計17名の方が参加して下さいました!

IMG_8170.jpg

今年入職した療法士さん。

IMG_8171.jpg

「ずっと参加したかったんです!」と会を楽しみにしてくれていた2年目療法士さん。

IMG_8172.jpg

学生時代の友人にも声をかけて下さり、友人と一緒に参加してくれた方。

などなど。

IMG_8168.jpg

皆さん久しぶりの運動に疲れている様子でしたが、表情はとてもリフレッシュされているように感じました。

IMG_8169.jpg

金井さんからも「いやぁ〜やっぱこういう会があるのって良いですよねぇ!」との発言も聞かれ、普段顔を合わさない方々との交流に、とても意義を感じておられました。

スポーツを通して、日頃の運動不足解消だけでなく、他事業所スタッフとの交流、経験年数の若い療法士やケアスタッフの方々にとっては横の繋がりを作る、などを目的にできたらと考えています。

大切なことは細々とでもいいので「続けること」。

次の会が楽しみです!

最後までお読み頂き、ありがとうござました。

今里事業所 兼 アクティブスポーツ倶楽部 部長:金井洸祐
泉北事業所 兼 心意気実践チーム:室之園
posted by Active at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2018年04月03日

桜の回廊と桜の絨毯。

IMG_20180403_150526.jpg
桜の回廊です。

心意気実践チームのいとうです。

訪問リハでお伺いしているパーキンソン病の高齢利用者さまとお花見です。

今日は一昨日からしんどいとのことで血圧も80〜90台とやや低めです。
さらにお聴きすると春先は病前から、若い時からあまり体調がすぐれなかったとのこと。

わたしがご自宅に向かう途中で見た桜吹雪と桜の絨毯のお話しをすると、
「行ってみたい」
とのことでご家族にも確認して早速行くことになりました。

近くの公園の桜は散り始めています。
IMG_20180403_150958.jpg

茎付きの桜の花びらを見つけて大興奮。
IMG_20180403_150355.jpg

桜の絨毯。
IMG_20180403_151113.jpgIMG_20180403_151142-1ae55.jpg

利用者さまから、
「一緒に来れたのがいい思い出になるわ〜」
「また来年も来たいわ。」
IMG_20180403_151253.jpg
また絶対に来ましょうと約束しました。
また1つ目標ができました。 
帰る頃には血圧は130台まで上がっていました。元気に帰ってから茎付きの桜の花びらは生け花にしました。

その時々の利用者さまの何かしたいという気持ちや心意気を垣間見た一瞬一瞬を見逃さない関わりをしようとあらためて思います。

アクティブ心意気実践チームは、利用者さまに、ご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2018年03月30日

西国三十三札所巡り。〜男の出張料理教室番外編〜

1522377474017.jpg
村上さま、ご病気により叶わなかった三十三札所目となる岐阜県谷汲山華厳寺へ。
IMG_20180330_114815.jpg

男の出張料理教室で活躍中の村上さまご家族が、温泉旅行を兼ねた西国三十三札所巡りの旅の写真レポートを長女のみほこさんからいただきました。
1522377491723.jpg

お二人で。
1522377499914.jpg

読経もされたそうです。
1522377484721.jpg

お孫さんの介添もあり。
1522378609329.jpg
1522377468649.jpg
ホテルでの大浴場での入浴、湯船での立ち座りも無事に叶いましたとのこと。

ご家族で。
1522377456432.jpg1522377423173-2397f.jpg
1522378617185.jpg
みほこさんから。
いつもありがとうございます。
いい旅行になりました。
私は運転ドキドキでした〜

ご家族はもう次の目標のお話しをしています。もの凄いご家族の力を感じます。
村上さまとご家族のご多幸とご健康を祈念申し上げます。
posted by Active at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

WHILLでスーパーマーケットへ。

心意気実践チームのいとうです。

心意気サポートとして、訪問担当者のPT堀本さんからかねてから相談、同行依頼のあったALSの女性利用者さまとご一緒にWHILLでスーパーマーケットへ同行練習です。
IMG_20180330_095918.jpg
昨年末までは自転車で行き慣れていたスーパーマーケットのライフですが、上肢などの筋萎縮の進行と筋力低下で行けなくなっておられました。
そこで、電動車椅子+電動カートの機能を有していてスタイリッシュなWHILLを介護保険でレンタルされました。
レンタル利用料も普通の電動車椅子と大きく変わりません。
▼詳細ページはこちら↓
https://whill.jp/

幼少時から住み慣れた街のなかを、当時のご家族やお友達との思い出をお聴きしながら進みます。
IMG_20180330_101049.jpg

坂道があり安全な通行を心配されていたJR京都線の高架下でしたが、
IMG_20180330_101409.jpg
「出来ると思わなかった。」
「実際やってみないとわからへんもんやね。」

右側にライフが見えて来ました。
IMG_20180330_101825.jpg
「久しぶりに来れたわ〜」

IMG_20180330_101911.jpg
昨年末、大晦日に自転車で来た以来4ヶ月ぶりのライフです。

左手で巧みにスピードと方向操作されます。
IMG_20180330_101922.jpg
IMG_20180330_102114.jpgIMG_20180330_102039-8c92a.jpg

「久しぶりやわ〜」
IMG_20180330_102320-75275.jpgIMG_20180330_102315-31cc3.jpg
前輪の特異なタイヤ形状で小さな回転半径で小回りは抜群です。

帰り道。
IMG_20180330_103045.jpg
往路より復路は操作に慣れてきてスピードアップされていました。

最大の難所、自宅近くの急勾配の坂道。
IMG_20180330_104636.jpg
WHILLから警報音と注意喚起の音声が、
「10度以上の勾配です。操作にご注意下さい。」
さすがに高性能です。

「一人やったら怖いけど専門の人が一緒に行ってもらえたら安心して行けますわ。」


往路27'38"
復路22'10" 

利用者さまは往路の道中で、自然と次々と目標が見えておられました。
まさにサクラサクといった感じに。

「泉殿神社にお参り行きたいわ。」
「寿司も食べに行きたいわ。」
「吹田駅前でパカパカになったお母さんの財布を買ってあげたい。一緒に行って見ながら。」

一番の難所は自宅前の坂道でした。また練習すればクリア出来そうです。
この坂道以外は、お母さんとお二人で行けそうです。

担当者のPT堀本さんからも、
「次は、昨年末頃まではお一人で行かれていた梅田の方まで電車に乗って行くことをサポートしたいです。」
早速、次の目標への拡がりがありました。


先週は担当のPT堀本さんによる実車練習で、自宅保管場所への駐車、発進練習や坂道などの操作練習をしました。この日も心意気サポートとして同行しました。
IMG_20180323_093757.jpgIMG_20180323_094948.jpgIMG_20180323_094600.jpg1522549755045.jpg

事前に自宅近くの電車の踏切道を回避し、利用者さまが行き慣れている経路を探しました。いつもどんな道を通っておられたのかを細かく聴き取りできていたのが功を奏しました。

来週も同じ経路を再確認する予定です。


アクティブ心意気実践チームは、利用者さまに、ご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”らしさ”を一緒に追求します。
IMG_20180329_085445-13428.jpg
posted by Active at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2018年03月20日

2018年度 心意気実践チーム事業計画案

心意気実践チームのいとう、室之園です。



2018年度 心意気実践チーム事業計画案

心意気実践チーム 行動指針・ミッション☆

ご利用者さま、職員の皆さまが…

“誰かのためにやりたいこと、自分のために挑戦すること、社会のためになること、そんな思い、心意気をカタチにします”              心意気:気立て、心映え、物事に積極的に取り組む姿勢



心意気実践チーム


1.
心意気サポート

@    活動・参加に向けた社内外の自立支援サービスへとつなぐサポートを継続

A    フレキシブルなサポート体制の構築(心意気サポート枠の日程調整、安定した雇用体制)

B    サポート可能な日時や内容の告示を随時行なう方法を検討

2.アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修2018
@開催時期や募集要項、人員は未定

対象:社員 期間:56月〜11月終了見込み 広報・公募:4月初旬頃〜 

A内容は前年度とほぼ同様の見込み

B新人研修プログラムの一環として新卒者等を聴講生とし一部参加を促す

Cアクティブクラブの企画

D心意気サポート、新規開設を検討中の訪問介護事業所との連動

E介護福祉士のダブルライセンス獲得への誘導

F単位制の社内大学校化(12年の修業年限)

G介護職向けのリハケア研修会(仮)の開催(年2回程度)

3.
心意気ワークショップ

@    今年度のワークショップのKJ法による振り返り、因子分析を2017年度中に報告

A    来年度前期(59月頃)に心意気スタッフの働き方と心意気サポートの実践報告を予定


4.社内メルマガ(アクティブ流)

@    社のタイムリーな動きを視覚化し、職員の皆さんに分かりやすくする

A    各事業所内外の人と人(つながりの弱かったひと同士)を取材と誌面でつなぐハブ的な役割を担う

B    弱いつながり(もしくは全くつながっていないところ)からの触発・イノベーション

C    より一層の誌面の充実をキャリアインタビューやブログ更新を促すこと等で図る

D    多様な働き方の話題提供により職員間の価値観の共有や個々の多様性への受容に向けて

E    社内と社外発信へ(紙orネット)向けた方法等の検討


5.訪問介護事業所の新規開設に向けた検討と準備

@他事業者との連携、情報収集

A新規開設に向けた検討・準備


アクティブ心意気実践チームは、利用者さまに、ご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。

2018年度もよろしくお願い致します。

posted by Active at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2018年03月19日

傾聴ボランティアから仕事復帰へ。

心意気実践チームのいとうです。

昨年5月に訪問リハを修了し、デイサービス吹田での傾聴ボランティアをしてくださっていた若杉さんが、休職されていたケアマネージャーのお仕事に来月の4月から復帰されることになりました!

そのことを知らしてくれたのは、デイサービスの利用者さまで若杉さんがいつも関わってくださっている方からです。

あまりに素晴らしいお知らせで感動しました。

訪問リハを昨年5月に修了し、デイサービスでの傾聴ボランティアを週1回続けて下さいました。

昨年11月の弊社の学会で、トークライブにてさんご病気のこと、お仕事のこと等を話してもらいました。
▼登壇してくださったアクティブトーク2017での様子はこちら↓

今年1月は看護学校でのトークライブを看護学生のみなさんにしてもらい、大きな反響と元気をいただきました。
▼看護学校でのトークライブの様子はこちら↓

その後も変わらず、デイサービスでの傾聴ボランティアを継続。

2月下旬に職場より連絡があり、病欠(傷病手当金の支給)の期限が切れることから、職場復帰の目処を担当医に確認することに。

3月初旬に担当医受診で、”病状安定”、”職場復帰可能”との判断あり。

3月中旬のお試し出勤では、
「できる仕事が限られているなぁ…」
と感じたそうです。

「どうしようかと思ったけど、このまま留まっていても仕方ないと思って。」

「欠勤しながらでもやれることはやってみようかなと思いました。」

「1年1年やってみます。」

「しばらくはケアプランチェック等の内勤になりますが、いずれ担当を持てるようになるかも…」

職場の理解と配慮もあり、「チャンスをもらった。」とのことで職場復帰を考えたとのことです。

傾聴ボランティアはこの3月末で修了となりました。

トークライブや傾聴ボランティアが、微力ながらも復職に向けたレディネス(準備)になっていたように思います。

次は若杉さんから訪問看護・リハの相談・依頼を頂ければ嬉しいです。

引き続き、経過をフォローできればと考えています。

アクティブ心意気実践チームは、利用者さまに、ご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 19:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2018年02月23日

この日の男の出張料理教室。

IMG_20180223_104431.jpg
今日のメニューは蓮根と鯖の梅肉の
煮付け。

昼ごはん作りに…いざキッチンへ。
IMG_20180223_102122.jpg

ご家族さまがメニューの検討や食材の準備、下準備をしてくださるおかげで40分の訪問時間内に調理〜試食までを一緒に愉しませていただいています。
いつもありがとうございます。
IMG_20180223_102145.jpgIMG_20180223_102133.jpg
蓮根のカット、そつなくこなされます。
IMG_20180223_102343.jpgIMG_20180223_102455.jpg

鍋に昆布だしと濃い醤油、砂糖を加えて火をいれます。
IMG_20180223_102830.jpgIMG_20180223_102900.jpg

鍋が煮立つまでの間に大葉を刻みます。
IMG_20180223_103103.jpgIMG_20180223_103118.jpgIMG_20180223_103135-557f7.jpg
「大きさはこれくらいが食べやすいかしら。」
と奥さまから適切なアドバイスをいただきます。

薄くカットした蓮根、きのこ類を加えて煮ます。
IMG_20180223_103250.jpgIMG_20180223_103258.jpg

煮立ってから早くも味見をされますが、まだまだのようで思わしくない表情をされます。
IMG_20180223_103311.jpg

キッチン周りを見渡してご本人から「これこれ…」
とおもむろに話され、手に取ったのは鯖の水煮の缶詰。
鯖の身を残して、鯖の旨みがたっぷり入った缶詰の煮汁を加えます。
IMG_20180223_103420.jpg
すると2回目の味見で…
「んまッ」の連発です。
鯖の旨味が加わったこともあるかと思いますが、相当な青魚好きのようです。

自家製の南高梅の梅干しをほぐして、蓮根ときのこ類を合わして煮ます。
IMG_20180223_103650.jpgIMG_20180223_103653.jpg

3回目の味見で「んまッ!」を連発されています。
IMG_20180223_103713.jpg

梅干しの甘酸っぱさが加わり食欲をそそる味わいになってきたようです。
IMG_20180223_103752.jpg

最後に鯖の身を投下!
IMG_20180223_103903.jpg
軽く鯖の身をほぐせば完了です!
IMG_20180223_103928.jpg
完了です!
IMG_20180223_104410.jpgIMG_20180223_104431-f634b.jpg

3月下旬頃はご家族と岐阜県の温泉旅行を予定されています。

デイサービスとの連携を保ちながら、温泉施設の環境を確認し、温泉旅行に向けた可能な限りの事前準備をしているところです。

デイサービスでは大浴場へ入湯する際の段差昇降及び介助方法の練習をご家族さまからの希望もあり、デイサービスに来所頂いたうえでの確認を3月初旬に予定しています。

訪問リハでは湯船からの立ち座りの動作をこの日のお料理後に確認させていただきました。

引き続きご家族さま、ケアマネージャーさんとさらに連携を深めて、さらなるお料理、温泉旅行の自立支援をします。

アクティブ心意気実践チームは、利用者さまに、ご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム