2018年07月13日

実務者研修2018/19スクーリングA

心意気実践チームの室之園、いとうです。

今日はアクティブリハビリ介護福祉士実務者研修2018/19スクーリングAです。

社内向けの研修で、介護職の方々(介護福祉士取得コース)に加えて1〜2年目の療法士の方々(社内キャンパスコース)が合わせて12名が参加しました。
IMG_20180713_140012.jpg

この日はICFモデルから個別機能訓練加算T、Uについて学びました。
IMG_20180713_140141.jpg

個別機能訓練については、加算の中身から目標や計画の立て方、計画書の記載内容、居宅訪問チェックシート、興味関心チェックリスト、活動・参加に向けたヒントとは、介護職ならではの視点とは…等、日頃の業務の中でそのまま流してしまっているようなことを再確認することができました。

最後にグループワークです。
架空ケースKさんへの前回のインテーク面談から記載したフェイスシートの情報をICFモデルに整理し直しました。
IMG_20180713_162840.jpgIMG_20180713_163629.jpg
IMG_20180713_163702.jpgIMG_20180713_164331.jpg

そして、通所介護計画書に書き込んでいきました。目標設定をどのように考えて進めていけばいいのか…なかなか難しいようでした。
IMG_20180713_170702.jpg

模造紙にICFモデルで整理してから、2グループとも見事に発表できました!
IMG_20180713_173726.jpgIMG_20180713_174206.jpg
IMG_20180713_174607.jpg

さらに深めていけそうです。
次回は、グループワークと傾聴やコーチング、コミュニケーション等についてを学びます。


次回日時︰平成30年8月10日(金)14〜17時
会場︰カフェオーディナリー松原(松原事業所横)

2018年06月29日

アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修2018/19開講!

心意気実践チームのいとうです。


この日から弊社が昨年度から社内向けに開催している介護福祉士実務者研修2018/19が始まりました。

各事業所で業務調整の協力を得ながら、初日は介護福祉士取得コース4名と社内キャンパスコース9名(1〜3年目療法士、希望者)が参加してもらえました。

主任講師は心意気実践チームのOT・介護福祉士の室之園(泉北)です。
IMG_20180629_140445.jpg
IMG_20180629_140507-790fd.jpgIMG_20180629_155258.jpg

三好春樹さんのDVDをみんなで視聴しながら、介護について学びます。
IMG_20180629_153043.jpg
○介護とは生活づくり。

○介護とは自己媒介化(自分が杖となり、手摺りとなる)の技術。

○相手が主人公(より主体的・個別的)になっているか?

○介護とは行為を介助する。

○うまい介護とは相手とうまく息を合わせること。その確認は相手の表情を見ること。

○介護とはブリコラージュ(手作り、器用仕事、非科学的なアート)。
→「野生の思考」文化人類学者のレヴィ・ストロース著より

等々…
IMG_20180629_144622.jpg

代表のOT阪東より
IMG_20180629_160531.jpg
人間の尊厳とは、高齢者の介護とは、介護保険制度の基本理念とは、自立支援とは、自立とは、等々…
をテキストから学びます。
IMG_20180629_160955.jpg

自立とは?
まずみんなで考えました。
○自分自身で考えて動けること
○自分で生活、仕事ができること。
○支援なしで生活できること。
等々…
IMG_20180629_161943.jpgIMG_20180629_164020.jpg

○なんのための自立なのか?

○自分自身で全てできることにこだわることなく、時には他者に依存してでも広い意味でQOLを満たしていくことが自立により近づくのでは?

○決めつけるものではなく、考え続けることが大切です。

○自立について何度も考えることが、自分自身の自立に関する考え方の拠り所(ライフアンカー)が分かってくるのでは。
IMG_20180629_164113.jpg

○その人が意欲を持たない関わりは自立の強要になる。

○自立支援には直接的・間接的な関わりが必要です。

○利用者さまに対して、
配慮(障害や病気、想い等に)はするけど、遠慮(同じ人として)はしない。

上記のとおり自立支援を捉えて、本研修でも介護職と療法士が連携・協業し、より良いサービスを提供できる人材を育成していきます。

最後は、テキストの事例を用いて、模擬的な初回面談を通してフェイスシートを完成させるグループワークを行いました。

参加した介護職のみなさんは、日頃のデイサービス業務で、療法士が立てた個別リハや個別支援計画に沿って現場で動くことがメインだったかと思います。

それが今回のような模擬面談を介護職のみなさんが経験できたことは、利用者さまにとっての自立とは何なのかということを考える第一歩になったのではないかと思います。

介護職と療法士が連携・協業して、個別支援計画を検討し、アクティブケア(より個別的なケア)を提供できるデイサービス運営にもつながると考えています。
▼アクティブケア↓
利用者さまの価値観や特性等(ストレングス)に応じた活動・参加、自立支援をNS,PT,OT,STと連携・情報交換しながら個別的、選択的にCWが中心となり支援します。


次回のスクーリングAは7月13日金曜日です。
スクーリング日程は第二金曜日午後を軸に各事業所の業務等を確認しながら検討させて下さい。
追ってレポート課題についても内容と提出期限等を案内させていただきます。

2018年05月14日

アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修2018/19のご案内(社内公募のみです)

心意気実践チームの室之園(実務者研修主任講師)と伊藤です。


アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修は、レポート課題+スクーリング単位取得制の全社員対象の社内キャンパスに生まれ変わります!!


1.社員のみなさまの保有資格と希望に応じて、以下の@、Aのどちらかを選択し受講できます。


 @介護福祉士受験資格取得コース(レポート+スクーリング) 昨年度4名の合格者(介護職3名、OT1名)

  □ 働きながら実務経験を積み、社内キャンパスで学び介護福祉士

    取得(平成31年度)を目指すことができます。

  □ 介護職の方は有資格者に 療法士の方はダブルライセンス

    取得のチャンスとなります。

  □ 各事業所運営責任者に業務状況を確認の上、受講可否の決定を

    判断します。

  

 A社内キャンパスコース(スクーリング)

  □ 新人及び社員研修を兼ねるスクーリング形式の社内研修コース

    です。対象者には個別に案内します。

  □ 希望者は各事業所運営責任者と業務調整の上、受講できます。

  □ 参加者は実務者研修の単位取得として受講証を発行します。



2.自立支援の観点から活動・参加への関わりを展開できる視点、知識、技術、心構えの習得を図ります。


3.介護職と療法士が協業した個別支援計画の立案・実践について学びます。


4.629日から翌2019517日までの期間の月1回スクーリング(主に第3金曜日1418時)予定です。

  なお翌年以降への単位の持ち越しが可能です。スクーリング日程・講座内容は別途案内します


説明会・開校式・オリエンテーション

平成30629日金曜日14時〜

@カフェオーディナリー松原

概要の確認・相談・参加申込は心意気実践チームまで

松原法人:阪東、室之園(泉北) 大阪法人:阪東、伊藤(吹田)

メール:pwrhp880@yahoo.co.jp(伊藤)


▽チラシはこちら↓

2018年01月28日

第30回介護福祉士国家試験。

心意気実践チームのいとうです。

IMG_20180128_090637.jpg
IMG_20180128_090659-695ff.jpgIMG_20180128_124419.jpg
今日は雪が降りそうな寒ーい朝から第30回介護福祉士国家試験です。ものすごい人でした…

アクティブからは、弊社で今年度から開催した実務者研修を修了した4名のデイサービスで勤務する介護職(修了者で実務経験を満たしていない1名は来年度以降に受験予定)とOT1名が受験しました。

実務者研修がタイトなスケジュールで昨年末にようやく終えて、息つく間もなく国家試験の本番を迎えた感じです。

試験が終わって会場を出ると雪がチラチラと降っていました。

あとは結果を待つだけです。
受験したみなさんほんとにお疲れ様でした。

来年度には自立支援の現場でみなさんが活躍できる環境を検討・整備していきます。

2017年12月22日

(2017年度 最終回)アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修スクーリング13

心意気実践チーム・人材開発室のいとうです。

今日は今年度の実務者研修最後のスクーリングです。
そして、いよいよ介護計画発表会です。

受講生のみなさんが所属する各デイサービスの利用者さまに事例としてご協力を頂きました。

介護計画書の作成にあたってデイサービスや訪問の療法士にもアドバイスをもらった方もあったようです。

受講生各自で悩み抜き、初めて介護計画書を完成させるところまでたどり着くことができました!!
IMG_20171222_141657.jpg
▼前回のスクーリングはこちら↓
▼実務者研修ブログはこちら↓


トップバッターは渡辺さん(アクティブデイサービス泉北、写真右端)
渡辺さんはいつもみんなに優しくてエネルギッシュです。訪問介護経験者で親御さんの在宅介護も経験されています。
IMG_20171222_141828.jpg
事例は脳血管疾患の利用者さま。
ビッシリと埋め尽くされたアセスメント表です。
IMG_20171222_142300.jpgIMG_20171222_142400.jpg

かなりアクティブな反面、家の中が片付いていないという利用者さまの長期目標や具体的な支援内容、方法等です。
渡辺さんらしさが詰まった細やかな思慮を感じる支援内容です。
IMG_20171222_142752.jpg

受講生のみなさんからのプラスのストロークたっぷりな質問です。
IMG_20171222_142718.jpgIMG_20171222_143724.jpg
IMG_20171222_143455.jpgIMG_20171222_144049.jpg
質問に自分の考えをしっかり伝える渡辺さん。
IMG_20171222_144011.jpg

主任講師の介護福祉士・OT室之園さん(写真左)による熱いフィードバックです。
IMG_20171222_143424.jpgIMG_20171222_144811.jpg


2番手は岡田さん(アクティブデイサービス吹田)
グループホームでの介護経験があり、ヘルパー2級を取得されています。季節の飾り付けの達人で、いつも利用者さまから笑顔をもらっています。
IMG_20171222_145341.jpgIMG_20171222_145359.jpg
事例は難病の利用者さまです。
利用者ご本人やご家族もとても協力的で、介護計画書の検討に大きく助けていただきました。

受講生のみなさんからの質問です。
IMG_20171222_150914.jpg
利用者さま、ご家族の意向を引き出し、"旅行に行くこと"が長期目標となり、デイサービス来所時にはアクティブケア(個別リハケア)として、旅行会社にパンフレットを一緒に歩いてもらいに行くという具体的な支援内容が報告されていました。

利用者さまの価値観や特性等(ストレングス)に応じた活動・参加、自立支援をNS,PT,OT,STと連携・情報交換しながら個別的、選択的にCWが中心となり支援します。


3番手は佐々木さん(アクティブデイサービスリハカフェ東成)
元々の介護職経験はありませんが、現在も事務職も兼務されています。豊富な対人サービス職の経験を活かした細やかな心配りと行動力が持ち味です。
IMG_20171222_153000.jpg
事例は整形疾患のある90歳代の利用者さまです。慢性的かつ急性発症する腰痛の増悪が不安で、多趣味でまだまだやりたい囲碁やコーラスに参加できていません。

IMG_20171222_153009.jpgIMG_20171222_154730.jpg

室之園さんの助言もさらに熱を帯びてきます。
IMG_20171222_155513.jpg

利用者さまの具体的な支援内容です。
利用者さまにしかできないオリジナルなモノになりました。
IMG_20171222_155601-60060.jpg
デイサービス来所時に、アクティブケア(個別リハケア)として、認知症のあるデイサービス利用者さまの話し相手(ピアサポート的な)を佐々木さんの仲介のもと事例の利用者さまに努めてもらうという佐々木さん独自の支援内容でした。


4番手は小原さん(アクティブデイサービスリハカフェ東成
デイサービスでの手作りスイーツの継続的な提供と利用者さまに寄り添った堅実なデイ運営で大きな役割を果たされています。
IMG_20171222_160030.jpgIMG_20171222_160038.jpg

事例は脳血管疾患と認知症のある利用者さまです。
IMG_20171222_162211.jpg
デイサービスの中では当初あった易怒性が、現在は落ち着いてきているようです。
利用開始当初から暴力や夜間徘徊や放尿等があったとのことです。

精神心理面の安定とどうにか運動や外出機会を作れるように、アクティブケア(個別リハケア)として療法士と一緒に屋外歩行や車椅子での散歩が支援内容になりました。

その中には利用者さまに合わせた細やかな心配りや声かけが記されていました。

利用者さまは前出の佐々木さんの事例の方によるピアサポート的な関わりの対象者でもあります。
担当者間で連携した継続的な支援に期待です。

認知症の方には人一倍思い入れのある室之園さんからの助言です。
IMG_20171222_163056.jpg

最後は中川さん(アクティブデイサービス松原)
受講生の中では最も長くデイサービスに勤務されています。利用者さま、職員問わず誰にでも親和的な関わりができ、経験の豊かさを活かした支援ができる貴重な存在です。
IMG_20171222_163535.jpgIMG_20171222_163541.jpg

事例は進行性の難病の利用者さまです。
長く関わり思い入れ深い方とのことで、詳細なアセスメントとより実現可能性の高い具体的な支援内容です。
IMG_20171222_165823.jpgIMG_20171222_163626.jpg

受講生のみなさんからの質問です。
IMG_20171222_170735.jpgIMG_20171222_171104.jpg
IMG_20171222_171225-54b0a.jpg

質問のやりとりの中で、思いがあふれて感極まる場面もありました。
IMG_20171222_170742-92085.jpg

阪東代表からの質問と助言です。
IMG_20171222_171708.jpg

無事に介護計画発表会が終了しました。

阪東代表からの振り返りと労いの言葉です。
「弊社のこれからの通所介護における自立支援の担い手として期待しています。」
IMG_20171222_173349.jpg
IMG_20171222_173513.jpgIMG_20171222_173501.jpg


2017年度アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修修了式です。

小原さん。
IMG_20171222_172545.jpgIMG_20171222_172623.jpg
「当初、具体的な支援は療法士に任せておけばいいと思っていた。でもある時、今回の事例で認知症の方の散歩の誘導が介護職に出来て、療法士にできなかった場面をみてからその人となりを知らないと支援できないと思ました。そして今回の認知症の方を深く知ろうと思い事例に挙げました。」
「お疲れ様です!
やっと解放された〜と思いつつ、なんだかんだ寂しさが残りますね(笑)
今回をきっかけに事業所を超えてもっと関わっていけたらなと思います。」

中川さん。
IMG_20171222_173223.jpg
「はじめは一行も書けずいたけど、ある時グッと切り換わった。利用者さんに向き合えば向き合うほど深まり、向き合うことが介護計画の中身がグッと切り換わったキッカケになりました。」
「お疲れさまでした。皆さん、本当に半年間ありがとうございました!
グループLINEずっと残しておいて下さいね!」

岡田さん。
IMG_20171222_172718.jpg
「統合と解釈は苦手でしたが、具体的な方法は自分にとっては得意やとあらためて実感しました。」
「お疲れ様です!
伊藤さん 、ムロさん6ヶ月間、ご指導ありがとうございました。
渡辺さん、中川さん、小原さん、佐々木さんと研修に参加でき、他事業所のことが少し
知れたり、和気あいあいと受けることが出来てすごいよかったです。
実施場所がどこも遠かったり、レポートが多かったり、何度も挫折しそうになりましたが
、スクーリングの時間が楽しく学べて無事終了できほっとしてます。
同時に寂しいなと感じてます。゚(゚⊃Д⊂゚)゚。
またイベント等の情報交換など出来たら嬉しいです!!」

渡辺さん。
IMG_20171222_173243.jpg
「レポートに追われて何を勉強しているのか分からないまま、不安なキモチでいたけど、段階的に介護計画書をここまで書けるようになったんやと実感しました。最後は楽しく考えることができました。」
「先生方6カ月間本当にお世話になりました。伊藤さん毎回レポート多くて申し訳ありませんでした。室之園さん最後の最後までご指導して頂いて有難うございました。中川さん小原さん岡田さん佐々木さん6ヶ月間一緒に勉強出来て本当に楽しかったです、皆さんと一緒だったので最後まで頑張れたと思います。これからもよろしくお願いします。」

佐々木さん。
IMG_20171222_173314.jpg
「アセスメントをとって立案、検討を繰り返すことが大切だということがわかりました。」
「利用者さんを本当に真剣にどうにかしようと思わないとダメだと思った。良い計画書なんて出来ないと思いました。」
優しい先生、介護職プロの皆さまと共に研修を受けさせて頂いたこと、本当に恵まれているなと実感しました!中々な劣等生でしたがご指導いただきありがとうございました︎


室之園さんからの振り返りです。
「過密スケジュールに関わらずみなさんの頑張りに感動しました。よくここまでできたなと…(涙)」
IMG_20171222_173957.jpgIMG_20171222_180120.jpg
「アクティブケアとして…実際にデイサービスでできることをやっていきましょう。」
「介護福祉士として、利用者さんにもリハでしていたことも自分たちも直接的に関与・支援していきましょう。」
「共感的な姿勢で仕事をすることを心がけましょう。」
「こんなにデイサービスにリハスタッフがいる所はないでしょう。療法士との連携を深めて実務者研修を通して、利用者さんに何かできることをしていきましょう。
「何気なくやっていたことが系統立てて学ぶことができたのではないでしょうか。」
「本当にお疲れ様でした。
この繋がりをいつまでも大事にして下さい。
皆さんのパワーでアクティブのケアをもっともっとサイコーなモノにしていきましょー。
声をかけて頂ければいつでもどこでも飛んで行きますよ〜


最後に一枚。
みんないい顔してます。
IMG_20171222_173633.jpg
新年早々の1/28にある介護福祉士国家試験にもチャレンジする方もあります。

今回の経験や学びを活かした各事業所間を超えた働き方を期待しています。
また約半年の間、ご理解とご協力を頂いた各事業所のみなさん、管理者のみなさん、利用者さま、ありがとうございます。

2017年12月17日

アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修スクーリング12


心意気実践チームのいとう、室之園です。

今日は朝から夕方まで、看護学科のある大阪暁光高校の立派な看護実習室をお借りして「医療的ケア」のスクーリングです。
IMG_20171217_082846.jpg
▼前回のスクーリングの様子はこちら↓

▼アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修の記事はこちら


かく痰吸引(口腔・鼻腔・気管)、経管栄養(鼻腔・胃瘻)、救急蘇生法の実習です。
丸一日ビッシリのスケジュールです。
講師がまず見本を見せて、手順書のとおりに受講生がやってみるということを1人5回を繰り返します。
IMG_20171217_090249.jpg

介護職の受講生のみなさんは、事前にテキストに沿ったレポート作成とDVD視聴で事前学習しています。
IMG_20171217_173349.jpg

この日の講師は弊社の訪問看護ステーション大阪の管理者のNS木田賀恵さん(写真左)です。
IMG_20171217_090124.jpgIMG_20171217_090216.jpg
木田さんは医療的ケアの講師養成研修に参加してノウハウを持ち帰り、今回のスクーリングの半年前くらいからの事前準備とスケジューリングの検討、当日の講師、進行等をこなしてくださいました。ありがとうございます。


はじめに、口腔からのかく痰吸引について。
IMG_20171217_090435.jpgIMG_20171217_091825.jpg
手順書及び評価票。
IMG_20171217_092312.jpg

まずは木田さんによる実演をみんなで見せていただきます。
IMG_20171217_092856.jpgIMG_20171217_092715.jpg
IMG_20171217_093021.jpgIMG_20171217_093338.jpg
IMG_20171217_093734.jpgIMG_20171217_093743.jpg
IMG_20171217_093602.jpg
人形とはいえ医療的行為を間近に見て、"次は自分たちがやるのか"と受講生のみなさんの間で緊張が走ります。


次は受講生のみなさんの出番です。
手洗いから。
IMG_20171217_094906.jpg

医師からの指示書の確認と備品の準備、確認です。
IMG_20171217_095017.jpg
声かけと体勢を整えます。
IMG_20171217_095253.jpg

手袋の装着。
IMG_20171217_095346.jpg

チューブの連結。
IMG_20171217_095519.jpg

チューブの洗浄消毒。
IMG_20171217_095559.jpg

チューブを口腔に挿し入れます。
IMG_20171217_095657.jpgIMG_20171217_095805.jpg

片付けと体勢を整えます。
IMG_20171217_100028.jpgIMG_20171217_100157.jpg

次のメンバーの出番です。
IMG_20171217_100535.jpgIMG_20171217_101219.jpg

また次のメンバーの出番です。
IMG_20171217_102015.jpgIMG_20171217_102554.jpg
IMG_20171217_102621.jpgIMG_20171217_102710.jpg
回を重ねるごとにスピードアップして正確性も増します。

次は鼻腔からの吸引。
木田さんからの見本です。
IMG_20171217_113234.jpgIMG_20171217_113554.jpg
IMG_20171217_113659.jpg
次は受講生のみなさんの出番です。
IMG_20171217_114326.jpgIMG_20171217_114338.jpg
IMG_20171217_114435.jpgIMG_20171217_114616.jpg
事前学習の成果でみなさんスムーズに各作業を進めることができていました。

次は気管からの吸引。
木田さんからの見本です。
IMG_20171217_131603.jpgIMG_20171217_131839.jpg
この写真では手袋なしですが、本当はもちろん手袋装着です。
IMG_20171217_130849-85312.jpg
次は受講生のみなさんの出番です。
IMG_20171217_132844.jpgIMG_20171217_132933.jpg
IMG_20171217_133021.jpgIMG_20171217_133028.jpg
IMG_20171217_132944.jpgIMG_20171217_133743.jpg
IMG_20171217_133825.jpgIMG_20171217_134410-325b3.jpg
木田からの解説です。
IMG_20171217_135617.jpg

次は人工呼吸器装着者の侵襲的人工呼吸療法の実技です。
IMG_20171217_144021.jpgIMG_20171217_144155.jpg

次は経鼻経管栄養。
医師からの指示書です。
IMG_20171217_144505.jpg
木田さんによる実演です。
IMG_20171217_144641.jpgIMG_20171217_144823.jpg
IMG_20171217_144919.jpgIMG_20171217_145432.jpgIMG_20171217_145458.jpgIMG_20171217_145924.jpg
IMG_20171217_150011.jpg

次は受講生のみなさんの出番です。
IMG_20171217_150922.jpgIMG_20171217_150936.jpgIMG_20171217_160442.jpg
次は胃ろうまたは腸ろうによる経管栄養。
IMG_20171217_160942.jpg

半固形剤による経管栄養も学びます。
IMG_20171217_160957.jpgIMG_20171217_161024.jpgIMG_20171217_161253.jpgIMG_20171217_161353.jpgIMG_20171217_161838.jpg
最後は救急蘇生法。
AEDの取り扱いも確認です。
IMG_20171217_162644.jpgIMG_20171217_162608.jpg
IMG_20171217_162857-a6ea7.jpgIMG_20171217_164025.jpg
IMG_20171217_163831-68d73.jpg
今日の振り返りと終わりの挨拶を木田さんから。
「今から現場でも出来そうなくらいに受講生のみなさんの手技がうまくてびっくりしています。」
「約半年近くもこのメンバーで一緒にやっていてまとまりが素晴らしい。」
「現場での活躍を楽しみにしています。」
IMG_20171217_164855.jpg
いよいよ来週12/22はスクーリング最終回。
介護計画発表会と修了式です。
そして1/28は介護福祉士国家試験をむかえます。

受講生のみなさんの成長を強く感じて心強く感じます。楽しみです。

2017年12月08日

アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修スクーリング11

心意気実践チームのいとう、室之園です

今日の午後は実務者研修スクーリング11回目です。

この日は個別のケースの介護計画立案と12/22の介護計画発表会に向けたサポート会です。
IMG_20171208_174649.jpg
三好春樹先生の金言から学びます。
IMG_20171208_141118.jpgIMG_20171208_141034.jpg

▼前回のスクーリングの様子はこちら↓

▼アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修の記事はこちら


参加者のみなさんが勤務時間の合間を縫って、各事業所の利用者さまから大量の貴重な情報を聴取してくれています。

その情報をもとに整理・統合・解釈を進める個人ワークの時間です。
IMG_20171208_151356.jpgIMG_20171208_151431.jpg
IMG_20171208_151445.jpg
ケースの個別性を重視したテーラーメイドな介護計画になりそうな予感です。

どんどん熱を帯びる個別指導・相談です。
IMG_20171208_155840.jpgIMG_20171208_162816.jpg
IMG_20171208_140446.jpg
これからは各自で介護計画発表会に向けた自宅ワークです。

次回は12/17日曜日の医療的ケアの演習です。主な内容はかく痰・吸引、経管栄養、救急蘇生法の演習です。

あと残り少ない時間ですがみんなで勉強です。

2017年11月27日

アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修スクーリングI

どうも。
泉北 兼 心意気実践チームの室之園です。

今回は伊藤さんの代わりに私が投稿させて頂きます。

実務者研修も全体の2/3が終了しました。



前回(第9回目のスクーリング)の様子

アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修の記事はこちら



11月は全3回とし、2グループに分かれて介護過程の展開作業を実施します。

9FB472A7-2CB4-44B7-A4A4-1533DF6F3AEE.jpeg

そして今日はラスト3回目。

80ED750E-9B06-44ED-BF7C-D8D7B57F4012.jpeg

最後はグループ毎で考えた介護過程の展開内容を発表して頂きます。

94C24185-E9B2-4592-8990-9A3ABE2C59E6.jpeg


前半は前回の残りの作業(パーキンソン病をお持ちの架空ケースTさんの介護過程の展開)、発表に向けた仕上げの作業を行います。

29617189-406E-4CDF-B51C-3F8F34703802.jpeg

ある程度作業も終わり、いよいよ発表の準備に取り掛かります!

E7F584B4-DE3F-4602-834C-5060507DCE79.jpeg

皆さん人前で発表した経験もないので、ドキドキしながら準備しておられました。

12月最後のスクーリングでは皆さんが実際に担当しておられる利用者さんの発表もして頂く為、予行演習も兼ねて実施して頂きました。

0BDBAAF3-1527-4910-95E7-CE50FF331785.jpeg

そしていよいよ緊張の発表!

進行性疾患を抱えながらも、外出に対して意欲的なTさんがどうすれば今以上の生活を獲得することができるのか。

E3527F74-B6E6-4529-AB39-B9D12601DA37.jpeg


「電動車椅子を使用中だが、まだ不慣れなので、まずは車椅子操作の練習をしていくべきでは?」

「すくみ足や転倒の危険があるということは、車椅子への移乗動作も不安なのでは?」

「コミュニケーションがうまく取れず、ストレスを感じているので、あいうえおボード等を活用してみては?」

1B7B7BE1-9CB5-49F3-9B62-35DAF76B0AD2.jpeg


「Tさんからトイレに近い部屋に替えてほしい、との希望があった。トイレの失敗に関する情報はなかったが、もしかすると何回か失敗したけど、スタッフに言えてなかっただけなのでは??」

「コミュニケーションが取れていないことでストレスを抱えていることと、月に何度か夜間せん妄が現れていることは関連性があるのでは?普段から蓄積されているストレスを発散する為にも、外出支援は継続するべき!」

FFE30117-7FEA-4731-A3BC-A4A7648EB60D.jpeg

皆さん、お互いのグループの出来栄えに感動しておられました。

そして、そんな皆さんの日に日にレベルアップしている姿に、こっそり私も感動させて頂きました。

スクーリングが開始された当初から比較すると、皆さんの介護に対する考え方やそれを人に伝える力が見違えるように進化していました。

次は12/8。
次回からいよいよスクーリングも終盤戦です。

皆さんのさらに成長した姿が見られると思うと楽しみで仕方ありません!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

泉北事業所 兼 心意気実践チーム:室之園

2017年11月19日

アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修スクーリングH

心意気実践チーム
いとうとムロノゾノです。

本日は朝から実務者研修のスクーリングHです。

はじめに主任講師で介護福祉士・作業療法士の室之園から、パーキンソン病に関する講義です。
IMG_20171119_090355-a9f65.jpgIMG_20171119_101548-8ab50.jpg

▼スクーリングGの様子はこちら↓

▼アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修についてはこちら↓

利用者さまの価値観や特性等に応じた活動・参加、自立支援を集団的、個別的、選択的に支援する。


講義が終わると、パーキンソン病事例の介護計画書のグループでの作成に移ります。
IMG_20171119_113829-4e859.jpg

主任講師の室之園からフィードバックです。
IMG_20171119_113845-63215.jpg
代表で作業療法士の阪東も、受講生のみなさんの文章力の向上に目を細めていました。
IMG_20171119_122239-71fc2.jpg

慣れないグループでの介護計画書の作成で、お互いの捉え方のすり合わせという点では、難しさがあったようでした。

次回の来週のスクーリングでのグループ発表後に、個別ワークで各自の事例の介護計画書作成に移ります。

グループでしっかりと検討し合った自分自身の捉え方と他の受講生の捉え方を、繋ぎ合わせることができれば、より良い介護計画書を作成出来そうです。

次回もみなさんで勉強しまっせ!

2017年11月17日

アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修スクーリングG

心意気実践チーム
いとうとムロノゾノです。

本日は午後から実務者研修のスクーリングGです。
IMG_20171117_150100.jpg
▼スクーリングFの様子はこちら↓

▼アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修についてはこちら↓

利用者さまの価値観や特性等に応じた活動・参加、自立支援を集団的、個別的、選択的に支援する。



本研修の集大成として、各自の事例の介護計画書を作成します。

本日はこれに向けた利用者さま、ご家族からの情報収集に必要な傾聴やコミュニケーション、コーチング、カウンセリングに関するワークショップを行いました。

ストローク理論を元に褒め合いのワークショップで"つながる"体感をします。
IMG_20171117_142020.jpgIMG_20171117_142145.jpgIMG_20171117_142339.jpgIMG_20171117_142324.jpg
ストロークとは…
他の人の存在を認めるための行動や働きかけ

人から認められることで自尊心や自己肯定感を高める体感を通して、ケアの仕事に関われることの意義をみんなで感じます。
IMG_20171117_175429.jpg
話し手・聴き手のワークショップで、話す・聴く姿勢と心構えを学びます。
IMG_20171117_143352.jpgIMG_20171117_143454.jpg

聴き手は視線を外したり横を向いて聴く姿勢で、話し手の気持ちを体感します。頷きや笑顔等のストロークがないと話し手はツラい…
IMG_20171117_143205.jpg

ナラティブアプローチやクライアントセンタードアプローチについても学びます。
IMG_20171117_145941.jpgIMG_20171117_180646.jpg

次はテキストのパーキンソン病事例を用いて、自宅ワークでのフェイスシートとアセスメント表を元に、さらにアセスメント表、介護計画書の作成に進みます。
IMG_20171117_152008.jpgIMG_20171117_152046.jpg

「家の中は歩行器を使って安全に歩いて欲しい」
「外は電動車椅子を使えば?…」
「トイレに何とかご自分で行けるようにならないか」
等々…
自立支援に関する具体的な検討が、受講生の介護職のみなさん自身で考えてたくさん挙がってきます。ホントに心強い!頼もしい!
IMG_20171117_151958.jpgIMG_20171117_153409-a641f.jpg
IMG_20171117_153425.jpg
主任講師の室之園から熱いフィードバック!
IMG_20171117_163905.jpgIMG_20171117_171154.jpg

次は明後日の日曜日朝から介護計画書の作成に取りかかります。

みんなで勉強しまっせー

2017年10月20日

アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修スクーリングF

心意気実践チーム
いとうとムロノゾノです。

本日は午後から実務者研修のスクーリングFです。

FB_IMG_1508546053746.jpg
FB_IMG_1508546056909.jpg

▼スクーリングEの様子はこちら↓

▼アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修についてはこちら↓

利用者さまの価値観や特性等に応じた活動・参加、自立支援を集団的、個別的、選択的に支援する。
アクティブケアとアクティブサイクロンについて確認しました。


今日はリハビリスーパーモデルの森さんに来て頂き、活動・参加、自立支援につながる実践と具体的な介護方法を、テキストの事例も介しながら学びました。
IMG_20171020_144109.jpgIMG_20171020_143346-02775.jpg
IMG_20171020_144826.jpg
森さん(右片麻痺、失語症)のご紹介と失語症トークライブ、失語症漫才についてはこちら↓

外出支援を想定した自動車の乗降の模擬練習です。
IMG_20171020_145111.jpgIMG_20171020_145537-b75ad.jpg

森さんからの直接指導です。
IMG_20171020_150230.jpg
一同、う〜んなるほど〜と納得。

段差の車いす介助方法を学びます。
IMG_20171020_151037.jpg

受講生のみなさんも体感してもらいます。
IMG_20171020_151353.jpg

悪路の車いす介助方法の確認です。
IMG_20171020_152842.jpgIMG_20171020_153101.jpg
IMG_20171020_153319.jpgIMG_20171020_153456.jpg
IMG_20171020_153614.jpg

エレベーターの乗降介助の確認です。
IMG_20171020_154227.jpg

階段昇降の介助方法を学びます。
IMG_20171020_152200.jpgIMG_20171020_152104.jpg
IMG_20171020_152140.jpg

森さんの直接指導です。
「右側に介助に付かれたら右側が見えへんからやめてほしいねん」
「触らんといてほしい」
と、
「俺の場合はやで」
と話されていました。
IMG_20171020_152027.jpgIMG_20171020_152037.jpg

森さんが手をかけているオーディナリーファームにも案内してもらいました。
IMG_20171020_154427.jpgIMG_20171020_154816.jpg

最後にみんなで振り返りました。
森さん、ご協力ありがとうございます。
IMG_20171020_160154.jpg

次回のスクーリングは11月です。
パーキンソン病のテキスト事例を用いての介護計画の作成に入ります。

それが終わるといよいよ受講生のみなさんが所属する各デイサービスの利用者さまにご協力頂き、各々で介護計画を立てていきます。

みんなで勉強しまっせー

2017年10月13日

アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修スクーリングE

IMG_20171013_141031.jpg
心意気実践チーム
いとうとムロノゾノです。

本日は午後から実務者研修のスクーリングEです。

▼スクーリングDの様子はこちら↓

▼アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修についてはこちら↓

今日は今までのスクーリングで作り上げてきた仮想ケースの介護計画を作成します。
IMG_20171013_141730.jpg

といってもそんなことをした事がほぼみなさんありません。一人で考えても進みません…そりゃそうです!
ということで、今日もみなさんで考えてみます。
IMG_20171013_162232.jpg

アセスメント表に記載していきます。
IMG_20171013_172446.jpg

白紙のアセスメント表に少しずつ記載していきます。
日頃、現場で支援に従事しているみなさんですが、何気なくやっていることですら誰にでも分かるように文章化するのは難しいことを体感していました。
IMG_20171013_172408-efd97.jpg
仮想ケースの介護計画で、
「デイサービスでラジオ体操をしては…」
「手すり設置の説明を誰がしようか…」
などなど、みなさんから具体的な検討がされて頼もしく嬉しく思いました。

結局、前回までに挙がっていた生活課題のうち2つの介護計画作成までは到達出来ましたが完成にはまだまだでした。

みなさんも4時間ノンストップで介護計画の作成に取り組んだことで、文章化に慣れてきたことと完成のイメージを少しつかめてきたのではないかと思います。

次回スクーリングFは来週10/20金曜日です。
右片麻痺で失語症のあるリハビリモデルの森さんにご協力頂いて、活動・参加の実践的な支援や介助方法等を勉強します。

またみなさんで勉強しまっせー

2017年09月17日

アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修スクーリングD

心意気実践チーム
いとうとムロノゾノです。

本日、日曜日の朝から実務者研修のスクーリングDです。

▼スクーリングCはこちら↓

▼アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修についてはこちら↓

主任講師の介護福祉士×OT室之園ムロノゾノが今日も熱く受講生のみなさんに語りかけます。
IMG_20170917_090135.jpgIMG_20170917_090152.jpg

介護計画を作成していきます。
IMG_20170917_091814.jpg
今までのスクーリングで仮想ケースの情報収集を統合・解釈していきます。

優先順位を…
「その人らしい生活にとって大切なもの」
として考えてみます。
IMG_20170917_090915.jpg
アセスメント表
IMG_20170917_092224.jpg
真剣に考えます。
IMG_20170917_104536.jpgIMG_20170917_104538.jpg
IMG_20170917_104700.jpg

少しずつ…
IMG_20170917_105104.jpg
仮想ケースの真のニーズに近づいてきました。
IMG_20170917_114337.jpgIMG_20170917_114444.jpg

たくさん議論ができました!
IMG_20170917_115121.jpgIMG_20170917_114745.jpg
まだまだ議論が尽きません…
まだまだ介護計画の完成には至りませんでしたが、さらにより良い計画になる予感があります。一緒に勉強しましょう!

次回のスクーリングEは、10/13金曜日午後になります。
また受講生のみなさんが、より楽しく深く学べるような準備をします。

2017年09月15日

アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修スクーリングC

心意気実践チーム
いとうとムロノゾノです。

本日は午後から実務者研修のスクーリングCです。

▼スクーリングBはこちら↓

▼アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修についてはこちら↓

主任講師の介護福祉士×OT室之園ムロノゾノが今日も熱く受講生のみなさんに語りかけます。
IMG_20170915_140413.jpgIMG_20170915_145206.jpg

いつも真剣に聴いてくれる受講生のみなさんです。
IMG_20170915_142019.jpg

前回、前々回にみなさんで創り上げた仮想ケースのICF表を作成しました。

今日はこのICFを元に仮想ケースの真のニーズを徹底的に掘り下げます。
IMG_20170915_145530.jpg

仮想ケースの…
@やりたいこと
Aほっとけないこと
Bもっと良くなること
に視点を分けて真のニーズを考えます。

一人ずつ出て来てもらいプレゼンしてもらいます。
IMG_20170915_155151.jpgIMG_20170915_160810.jpg
IMG_20170915_161131.jpg
6巡か7巡までプレゼンを繰り返して掘り下げます。

それぞれの連関性、つながりをみていきます。
ポジティブな創造で膨らんだニーズとその人の理解がより深まります。
これにより実現可能性の高い(現実的な落としどころの)目標に近づいてきます。
IMG_20170915_165930.jpg

認知症についての学びを深めます。
IMG_20170915_170400.jpg

振り返ります。
みなさんのプレゼンを元に、ムロノゾノの絶妙なファシリテーションで大枠の介護計画が導かれてきました。
IMG_20170915_162554.jpgIMG_20170915_162531.jpg
IMG_20170915_165710.jpg

明後日の日曜日午前中はいよいよ仮想ケースの介護計画を文章化していきます。
IMG_20170915_170037.jpg

アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修では、活動・参加を直接支援できる介護福祉士さんを社内で育成・能力開発します。
1505479156213-6faa6.jpg1505479153075.jpg1505479159708.jpg

2017年09月10日

アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修スクーリングB

心意気実践チーム
いとうとムロノゾノです。

本日は朝から実務者研修のスクーリングBです。

▼スクーリングAはこちら↓

▼アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修についてはこちら↓

日曜日の朝から社内の介護職のみなさん、お集まりありがとうございます。
主任講師の介護福祉士×OT室之園ムロノゾノが今日も熱く受講生のみなさんに語りかけます。
IMG_20170910_115351.jpg
前回のスクーリングAと同様に仮想ケースの認知症のある70歳代、高橋一生(仮名)さんに今日も特別にお越し頂きました。
お身体と生活の状況から、高橋さんご自身がこれからどのようにしていきたいのかを創造力を目一杯働かせて、さらに詳しく受講生のみなさんが聴き取りをしてくださいました。
1505013873421.jpg1505013881491.jpg

今日も笑いをこらえて受講生のみなさんから高橋さんに聴き取りをしながらフェイスシートに情報を収集・整理する作業です。
IMG_20170910_110200.jpg

みなさんの想像がたくさん詰まった仮想ケース高橋さんの情報収集が完了してから、受講生のみなさんでアセスメント表をもとに役割分担してICFの表に分類していきます。
IMG_20170910_113946.jpgIMG_20170910_114016.jpg
IMG_20170910_114113.jpgIMG_20170910_115014.jpg
仮想ケースなのに…
エラい高橋さん像が膨らみました。
IMG_20170910_115735.jpg
IMG_20170910_115755.jpg

みなさんの想像力が膨らんだこともあり、当初のスクーリング予定を変更して、次はさらに仮想ケース高橋さんの介護計画を作成することになりました。
IMG_20170910_114738.jpg

次回は来週です。

2017年09月08日

アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修スクーリングA

心意気実践チーム
OT+介護福祉士の室之園ムロノゾノ
調理師兼OTの伊藤
です。


今日は午後から実務者研修のスクーリングAでした。

▼スクーリング@はこちら↓

▼アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修についてはこちら↓

ICFについて学びます。
IMG_20170908_141354.jpg
IMG_20170908_140214.jpg

主任教員の室之園が熱く社内の受講生に語りかけます。
IMG_20170908_163245.jpg
IMG_20170908_141347.jpgIMG_20170908_140231.jpg

前回のスクーリング@で受講生のみなさんで作り上げた仮想ケースの高橋一生(仮名)さんに、今日は特別にお越し頂きました。
認知症のある70歳代の男性という設定です。
1504875984521.jpg1504875960919.jpg

笑いをこらえて受講生のみなさんから高橋さんに聴き取りをしながらフェイスシートに情報を整理する作業です。
1504875018761-2a7aa.jpg

現在の生活状況までは聴き取りができてきましたが、高橋さんの真のニーズまでには辿り着きませんでした。
IMG_20170908_140235.jpg

次回のスクーリングBでは、真のニーズを引き出す聴き取りと情報収集の後には、ICFに分類していきます。
受講生のみなさん頑張りましょう!

2017年08月18日

アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修スクーリング開始。

8/18からいよいよスクーリングが始まりました。12月まで続きます。
IMG_20170818_154955.jpg
IMG_20170818_140534.jpg
IMG_20170818_140857.jpg

介護について学びます。
IMG_20170818_151126-a7ffe.jpg
IMG_20170818_145842.jpg

個人ワークでまとめていきます。
IMG_20170818_145823.jpg

介護保険制度の理念について学んだあとに、自立とは!?自立支援とは
みんなで考えます。
IMG_20170818_160513.jpg
IMG_20170818_140240-9f2c2.jpg
IMG_20170818_154931.jpg
次は9月、ICFについてケーススタディを重ねて学びます。

▼アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修についてはこちら↓

2017年06月23日

アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修が開校です。

心意気実践チーム・人材開発室のいとうです。

IMG_6944.JPG
アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修が本日開校です。

社内の職員のみで受講者6名の方々が集まってくれました。

利用者さまに、自立支援の観点に沿った介護、個別ケアの提供やストレングスモデルで心身機能を活かした活動・参加を支援できる社内人材の育成・能力開発をすることが主な開校目的です。

看護師、PT、OT、ST、介護士、相談員、事務という従来の職務だけでなく、医療・介護保険、障がい福祉の各社会保障と雇用の安定のもと職員のみなさんに新たな働き方や雇用形態、働きがいの創出を目指しています。

エンプロイアビリティ(雇用可能性:どこでも働けるための能力)を高め、将来的なキャリアデザインを提案できるという少し欲張りな社内プロジェクトです。

詳細は、以下をご参照ください。
「心意気実践チーム始動!」

阪東校長から開校主旨、目的、学則等を説明します。
IMG_6935.JPG
IMG_6936.JPGIMG_6937.JPG

本校の首席講師の介護福祉士・作業療法士の室之園からは、今日から始まる自宅学習の通信制講座や8/18から始まるスクーリングの詳細等を説明します。
IMG_6939.JPG

室之園首席講師からは、自身が根っからの介護好きの介護福祉士ルーツの人間であること。
周りの人からの勧めもあり、作業療法士となった今。
リハビリテーションの世界で拡がった視点や考え方を受講生の皆さんとも共有して、一緒に学んでいきたい。
と熱過ぎる言葉をいただきました。
IMG_6943.JPG

最後に阪東校長から受講生の心構えとして、心の中に空の鳥かごを持ち、一羽の鳥を飼ってみることで、そこから自分自身や利用者さまの可能性が拡がっていくことを、本研修を通してケアの現場から学びましょう。
と結びの言葉がありました。
IMG_6940-e19b4.JPG
みんなで一枚。
より良い介護福祉士になることを祈念して…
IMG_6945.JPG