2018年11月20日

外来リハの卒業式

先日、NRCの外来リハの卒業式がありました。

患者さんご夫妻、他患者さんご夫妻、ST中村、知花、事務の池内、院長が参加しました。

卒業証書授与後のわたしからの挨拶で、
「自主リハへの移行に向けて頑張ってください」。と伝えさせていただきました。

みなさまとの記念撮影のあとにティータイムをして送り出しました。引き続き地域リハに貢献して参ります。

院長は「結局、最後は自分自身でリハビリやらないといけないからね」。と自分に言い聞かせるように話されていました。
posted by Active at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NRCだより

2018年06月20日

第59回日本社会医学会総会「災害・事故への対応から学ぶ」シンポジストとして洙田院長が登壇!

7/21 第59回日本社会医学会総会

「災害・事故への対応から学ぶ」

シンポジストとして洙田院長(公衆衛生学災害ボランティア専門)がICT登壇予定!

「被災地にいる災害ボランティアの安全衛生のICT支援を高めること。さらに自分が学会に参加することが障害のある方々の可能性を拡げることになる」。
と、意気込んでいます。

posted by Active at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NRCだより

"興譲こうじょう"

皆さまこんにちは。
院長の洙田(なめだ)です。


今回は"興譲こうじょう"という言葉を紹介します。


「譲り合ってともに繁栄しよう」という意。


上杉鷹山(江戸時代中期の米沢藩主、十五万石)は、これを座右の銘にして領民を豊かにすることが藩が繁栄すると考えて、倹約と節制、飢饉対策に取り組んだ。

また興譲館という藩校(現 米沢興譲館高校)を設立して農民、町民も学べるようにした。

"民(たみ)の好むところを好み、民(たみ)の悪(にく)むところを悪(にく)む。これをそれ、民(たみ)の父母(ちちはは)という"

これは藩主、王様の心得。


現代社会における一組織の長や一医院の院長の心得にも通じる。

この心得を忘れず診療活動に取り組みます。
posted by Active at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NRCだより

2018年05月20日

リスクマネジメントと訪問リハビリテーションについて

リスクマネジメントと訪問リハビリテーションについて

「リスクマネジメントを高めていくことがNRCの質の向上にもつながると考えています。療法士のみなさんが安心して安全に訪問リハビリテーションを提供できるように、患者さんの主治医等から疾患や心身面、緊急連絡先等の情報を丁寧に収集し、皆様に正確に提供したいと思います。」
posted by Active at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NRCだより

2018年04月20日

奔走中です。

洙田院長、ST碓井統括本部長より

「訪問リハビリテーション事業所としてのサービス提供体制の構築に向けて奔走中です。訪問看護からのサービス移行に際し、皆様にはご尽力いただき本当にありがとうございます。引き続きご理解とご協力お願いします。」
posted by Active at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NRCだより

2018年02月20日

なめだリハビリテーションクリニック(NRC)だより 2018年3月号

なめだリハビリテーションクリニック(NRC)
院長の洙田靖夫です。

加古川医師会報に掲載された句を紹介します。
寒中のなかにあって、”蝉”とは季節外れではありますが...

「脳卒中 今日も痛いか 蝉の声」

なめださん記事2018.3.jpg

加古川医師会報2017年11月No.104
なめださん記事2 2018.3.jpg
posted by Active at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NRCだより

2018年01月26日

新年に向けて。


○洙田院長より
伊ナポリの民謡カンツォーネの「帰れソレントヘ」や「サンタルチア」を最近聴いています。気持ちがとても落ち着きます。一度聴いてみてください。
ダブル改正で医療・介護の連携強化が叫ばれています。新年度はNRCも忙しくなりそうです。心身を整えて共に頑張りましょう。

○ST碓井統括本部長より
12月は院長による約10年振りの看護学校での公衆衛生学の講義に同行しています。院長と新たな仕事にも挑戦中です。新年もよろしくお願い致します。
posted by Active at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NRCだより

2017年11月03日

〜今日の なめだリハビリテーションクリニック〜

今日は文化の日でクリニックはお休みです。

休みなのですが、休んでばかりもいられません。

風も無くスカッと晴れわたる空

絶好のガーデニング日和です!

朝から作業着に着替えて、こんもりとしたクリニック前のガーデニング。

草刈りともいうのかも知れませんね。

この仕事も悪くない。

いろんな事を考えさせてくれる貴重な時間です。

また、来週から患者様をお迎えできる準備が整いました。

IMG_2828.jpg
立派に育ちました
IMG_2829.jpg
スッキリ
IMG_2830.jpg
春の準備も発見(水仙でしょうね)
                ST碓井



posted by Active at 11:48| Comment(1) | TrackBack(0) | NRCだより

2017年10月20日

社内メールマガジン"アクティブ流"11月号 なめだリハビリテーションクリニックだより

NRCだより11月号

 秋が深まってきましたが、田圃の稲刈りも終わった所が多いようです。ところで弥生時代には鎌がなかったので、稲の穂先だけを摘んでいました。これを踏まえて、短歌を作りました。

"田を育て
中でがんばる
優しい手
志し以て
穂先を摘むや"

 実は、アクティブから出向しているST田中志穂さんの名前を詠み込んでいます。幸い田中さんも喜んでくれたので、ほっとしております。
 温かい雰囲気のNRCにしようと思います。

院長 洙田靖夫
posted by Active at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | NRCだより

2017年08月20日

なめだリハビリテーションクリニック(NRC)のご案内

なめだリハビリテーションクリニック(NRC)

◆所在地◆
〒591-8011
堺市北区南花田町1692-2
電話☏072-246-9641
FAX☏072-246-9642
アクセスはこちら↓

◆診療科及び診療・事業内容◆
リハビリテーション科

1.外来リハビリテーション(言語聴覚士)
2.通所リハビリテーション
3.訪問リハビリテーション(言語聴覚士・理学療法士・作業療法士)
4.失語症コミュニティサロン(月1回)
5.堺市介護予防・日常生活支援総合事業
(火・木曜日9〜12時)

◆診療時間(完全予約制)◆
9〜12時 金曜日
13〜17時 月〜木曜日
土・日曜日・祝日休み

◆ご予約・お問い合わせ◆
担当者:うすい
電話☏072-246-9641
FAX☏072-246-9642
または、
アクティブ訪問看護ステーション
電話☏072-337-9515

◆求人情報のご案内◆
詳細はこちら↓
posted by Active at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | NRCだより

NRCだより9月号 NRC統括本部長ST碓井より

なめだリハビリテーションクリニック(NRC)だより9月号

○碓井統括本部長より○

院長専属送迎係、受付係、言語聴覚士、会計係の碓井です。クリニックの本格始動から半年を迎えようとしています。少しずつですが、クリニックの運営方法が何となく分かってきたような気もし始めています。また、病院勤務時代の事務方の下支えの有難さを実感しています。実際の業務は、上記のとおりヨロズ屋でなんでもやってます。まだまだ歩き始めたばかりのNRCですが、社員のみなさんと地域のみなさんに「NRCがあってよかった」と言って頂けるよう目の前の事に取り組んで参ります。

なめだリハビリテーションクリニック
統括本部長 碓井 
posted by Active at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | NRCだより

NRCだより9月号 洙田院長より

なめだリハビリテーションクリニック(NRC)だより9月号

○洙田院長より○

脳卒中を発症すると、その後の経過は、急性期、回復期、維持期の3段階に分かれるとされています。急性期や回復期は救急病院やリハビリ病院に入院していますが、維持期になると退院して地域(在宅や施設など)に帰ってきます。
 地域に帰ってからが訪問リハビリの出番です。本来は地域の中で自らの役割を見出だせればよいのですが、なかなか難しいと見えて、身体の動きが少し改善すれば事足れりと見なす療法士が多いと思います。
 しかしこれでは、リハビリを提供する側、すなわち療法士の自己満足です。滑らかに動けなくても、呂律が回らなくても、自己実現の道はあると思います。この自己実現を手助けするのが、NRCの使命であると確信しています。

なめだリハビリテーションクリニック(NRC)
院長 洙田 靖夫
posted by Active at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | NRCだより

「NRCだより」自己実現のお手伝いを。



洙田院長より
「自己実現を手助けするのが、NRCの使命であると確信しています。」
▼全文はこちら↓
http://active-nopsj.sblo.jp/s/article/180683665.html

○碓井統括本部長より
「院長専属送迎係、受付係、言語聴覚士、会計係の碓井です。」
▼全文はこちら↓
http://active-nopsj.sblo.jp/s/article/180631076.html
▼NRCのご案内はこちら↓
http://active-nopsj.sblo.jp/s/article/180631111.html
posted by Active at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NRCだより

2017年07月20日

「NRCだより」創刊!

7/20

洙田院長より)
◆こんにちは。アクティブの提携医療機関である「なめだリハビリテーションクリニック(NRC:Nameda Rehabilitation Clinic)」の院長の洙田靖夫です。みなさんもご存知のように、地域の方々が脳卒中で救急搬送され、病院で治療やリハビリを受けても、急性期に続く回復期が終わると、退院という形で地域に戻されます。在宅に戻ってきた方々の受け皿となるのが、「訪問リハビリ」です。
 NRCは、この@訪問リハビリを始め、AデイケアやB介護予防・日常生活支援総合事業「あめちゃんの会」をアクティブと手を携えて展開して参ります。どうかよろしくお願い致します。

「NRCとST碓井統括本部長の1日を追う  〜雇用の安定・創出に向けたSTの挑戦〜」
碓井統括本部長より)
◆クリニックの営業活動と日々の診察準備、訪問看護・リハとの連携・連動、法制度の理解、各市町村との事務的な調整などのクリニック運営に奔走しています。
posted by Active at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NRCだより