2021年07月19日

新人研修プログラムzoom講義『ナラティブ・アプローチ、アクティブコンピテンシーなど』


人材開発室の軽部、伊藤です。

この日の担当は伊藤です。

この日のテーマは、前々回、前回のポジティブアプローチ、エンパワメントアプローチとストレングスモデルに続いて、ナラティブアプローチとアクティブコンピテンシーについて。

訪問リハ事例の実際場面での関わりも振り返りながら、お話しさせていただきました。


なぜナラティブ・アプローチ?
380D2110-1C90-4599-B408-BC7C74F2D605.jpeg

ここでのナラティブを利用者様の語り、人生における価値観やストーリーとします。
ナラティブ・アプローチでは、
◉話し手(患者さま、利用者さま、ご家族)の話しを自分のことのように入り込むこと
◉話し手の世界観、価値観に飛び込んでいくこと
◉話し手と一緒にそれぞれの意味を考えていくこと
などが、欠かすことができない心構えと考えています。


下表のNBMの捉え方でも示されている"病いを診るのではなくその人を診る"ということも欠かすことはできない視点です。
CF959501-034D-424A-BE6D-9023C5731EBE.jpeg

しかしながら、その具体的な方法や考え方は医学や医療系養成校では学んでいないことが、圧倒的に多い現状のようです。
現場の支援者個々の姿勢や力量、見識に委ねられているのが実情ではないでしょうか。
E5539643-8C43-427E-94C5-9D65E305B249.jpeg 
そこに課題感を持ち、ナラティブ・アプローチやNBMによる利用者さまや患者さまのナラティブを通して、"その人を診る"ということを学ぶことで、現場での関わりや支援に活かすことができるのではないかと考えています。


ナラティブ・アプローチを形作る社会構成主義とダイアローグというコミュニケーション観。

その場に居る人たちで意味をつくっていくという社会構成主義という捉え方。
ACC6693B-5379-45AD-AB15-FFD9893F40CC.jpeg25D5130E-F576-476B-9B04-32B6B8583443.jpeg
議論や雑談とは違う自由な雰囲気で真剣な内容について、話し手と聞き手が入れ替わりながら語り合い、双方の意見を変えながら共通の理解に到達していくというダイアローグ。


2.5人称の視点。
2人称と3人称を行ったり来たりできる2.5人称の立ち位置が、患者さまと医療従事者のあるべき関係性ではないかという考え方。
169F027C-3480-42F6-B5BF-FD767E74BCFD.jpeg


その人ならではのナラティブを過去、現在、未来のエピソードからそれぞれの4象限で紐解く。
3664A88A-7BE4-4317-AEA8-C97D9266AACE.jpeg
何らかの疾患や障害により、自分の人生をもう一度捉え直して、生き直さないといけない状況にある方々。

その人の今までの暮らしや仕事、生き様、その人ならではの問いや一般常識、前提。

ナラティブ・アプローチでその人のエピソードから、これから何をどうしようと思って、何をしているのか、それは何をしていることになるのか…を探索する。ダイアローグで一緒になって考えること。

2.5人称の視点で2人称(家族)と3人称(専門家)を行ったり来たりしながらも、"共に変わろう"と目標を共有できる関係性をつくり、それらに向かう行動もともにする。


そしてやはり、その人を知るということは、自分を深く知るということにも間違いなくつながっています。

それが仕事の結果にもつながるのではないでしょうか。
この記事を書きながらそう実感します。



下のアクティブの仕事図についてもお話しさせていただきました。
82FF35F8-85EF-4415-B253-AF31042676EE.jpeg
B9F2D3AB-DDD5-4D0F-81DE-C670F8FF8E7D.jpeg
どの人が見ても、
「これはアクティブの仕事、仕業やなぁ〜」
と、誰もがわかる仕事ぶりには、何をどうして
、何を考えて、何がどうなっていないといけないのか…

"らしく生きる・活きるを応援する"
この理念を利用者様も職員さんも体現するためには…

などなどを考えて2015年に作図し、改訂を続けています。


アクティブコンピテンシー
090B4B53-61FF-48F2-8CA4-327BF12AFDC4.jpeg
理念を体現するための人材像、思考や行動の特性を大きく3つに2014年に分類しました。その後も改訂を続けています。

心意気コアコンピタンス
5B07751B-29B9-4633-BD21-47F94D97A161.jpeg
他社を凌駕する中核となる強みを2016年に列挙しました。その後も改訂を続けています。

今回のzoom講義にて、上記の赤○部分をみなさんと学ぶことができました。ありがとうございます。


当日参加できなかった方々には、録画資料を閲覧できるように録画URL、YouTubeの動画URLを各事業所メールへの送付に加えて、Googleドライブでの共有も始めました。
ともに社外秘、限定公開のため取り扱いには留意していただきご活用ください。



When one person teaches.
Two person learn.
"独りが教えると、両方学ぶ"

教える人が学ぶ姿勢を見せ続けることで一緒に変われる。

教える側が学び、ともに成長するという関係性へ。

"よき臨床から、よき教育と研究が生まれる"
"よき研究から、よき臨床や教育も生まれる"
posted by Active at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年07月15日

先生方のお仕事。


人材開発室いとうです。


リハビリテーション専門医の小野先生によるアドバイザリーの様子です。


昨日の新人向けの講話の様子です。
8DBC5C30-D1EA-4F30-8895-28C1DBFA46B8.jpeg
堺事業所のPT太田さん、OT冨吉さん、OT山脇さんが参加して、療法士を取り巻く今の雇用環境や将来的な展望について、歴史と最新のトピックスを振り返りながらの先生の貴重なお話しに耳を傾けました。

最後に、
「きょうよう」と「きょういく」
とは…なんでしょうか?
と、先生からの問いかけです。
「教養」と「教育」!
と、思いきや…
その答えは、
「今日、"用事"があること」
「今日、"行く所"があること」
でした!


「こんな歳になってからでも、リハビリテーション医の仕事という"用事"があって、"行く所"があるっていうのは有り難いことです。ありがとう」
というのがこの日の講話のシメでした。
とてもとても恐れ入りました…


いつも謙虚で人間味溢れる先生方のお仕事から、わたし達の訪問リハビリテーションの仕事は支えられていることを忘れないようにしようとあらためて感じ入りました。
posted by Active at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年07月06日

身につく学び。


人材開発室のいとうです。

イギリスには、

"聞いたことは忘れる。見たことは憶える。体験したことは理解する。発見したことは活用できる"

と、身につく学びについての諺があるそうです。

単に体験するだけでは学びにならない。

それを次の経験に活かせてこそ、学びになる。

「かかわり方のまなび方」西村佳哲著、ちくま文庫より
C30A947D-F694-4481-99EF-8A0F07F29B0E.jpeg


"今、ここ"の現場での体験、気づきや学びをよりよく伝えることができるのはやはり現場。


今朝の新人さんへの現場でのリハ指導のなかからの気づきと、たまたま読み直した本の中の言葉が重なり合いました。


"聞いたことは忘れる"
ので、

"見たことは憶える"
"体験したことは理解する"
はず⁈なので、

"発見したことは活用できる"
ように、


身につく学びにするために現場での体験のなかから、新しい発見をしてもらえるように意図的に働きかけて…

個別性、関係性に留意しながら…

より良く学べる、気づけるような伝え方で…

次の経験に活かせるような環境づくりを続けていこうとあらためて思いました。

"発見したことは活用できる"
新たな発見をありがとうございます。



When one person teaches.
Two person learn.
"独りが教えると、両方学ぶ"

教える人が学ぶ姿勢を見せ続けることで一緒に変われる。

教える側が学び、ともに成長するという関係性へ。

"よき臨床から、よき教育と研究が生まれる"
"よき研究から、よき臨床や教育も生まれる"
posted by Active at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年07月02日

新人教育プログラムzoom講義「バイタルA血圧・呼吸・腹部」


人材開発室のいとうです。

新人教育プログラムzoom講義「バイタルA血圧・呼吸・腹部」
スクリーンショット (47).png

担当は人材開発室PT軽部です。
スクリーンショット (35).png

パルスオキシメーターについて
スクリーンショット (36).png
スクリーンショット (37).pngスクリーンショット (40).png

肺音を聴いてみます。
スクリーンショット (41).png

続いて、腹部音も。
スクリーンショット (42).png

血圧測定もおさらいです。
スクリーンショット (43).png

実際のケースを想定して考えました。
スクリーンショット (46).png

あらためて思いますが、正常を知らないと異常をみることはできないということです。

日頃のデイサービスの場面でも、利用者さまの正常値、正常音などを聴く、観察することは明日からでもできそうです。

今回もみなさんの参加とオンラインのなかで自分の考えを言葉にしての発信ありがとうございます。



当日参加できなかった方々には、録画資料を閲覧できるように録画URL、YouTubeの動画URLを各事業所メールへの送付に加えて、Googleドライブでの共有も始めました。
ともに社外秘、限定公開のため取り扱いには留意していただきご活用ください。



When one person teaches.
Two person learn.
"独りが教えると、両方学ぶ"

教える人が学ぶ姿勢を見せ続けることで一緒に変われる。

教える側が学び、ともに成長するという関係性へ。

"よき臨床から、よき教育と研究が生まれる"
"よき研究から、よき臨床や教育も生まれる"
posted by Active at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年06月26日

2年目療法士向けzoom講義「パーキンソン病 服薬とリハビリテーション ケーススタディ」


人材開発室PT軽部、OT伊藤です。

講師はPT軽部。
C29702FC-A20B-4F68-831F-F36931E87B8E.png
OT柳原さん、PT奥藤さん(大正)、OT冨吉さん(堺)、OT我如古さん(吹田)の2年目療法士の4名が参加してくれました。PT藤島さん(松原)は実習生の症例報告会のため不参加でした。


服薬のことについて、Q&A形式で知識を補充して整理します。
BDB16F45-D473-4849-BA8E-177E8ED8BD08.png

28213A15-735F-49AC-9B6E-733B3592C515.png

7B305C7D-A5AC-47EB-9AAC-4779E38EF75A.png

65DFA837-6097-46C8-8BE6-3FA56FCF62A7.png

F9CC4E4F-DED4-4C72-8CB4-2F8590737E56.png


自分ならどのようなリハビリテーションを展開するのか?

参加者の各自に問いかけます。
9A7F61D6-F103-45BF-9BB2-234EBCFED354.png

38D03240-5CBF-4BB7-A493-D07482400981.png
参加ありがとうございます。
もちろん2年目療法士以外のみなさんの参加もお待ちしてます。よろしくお願いします。


追記)
ボクササイズでのリハビリテーションの様子も紹介がありました。

パーキンソン病の方々のパンチを打ったり、かわしたりする際の左右前後の脚のステップや上体の自然な身のこなしには感動です。

パーキンソン病の病態や薬剤の理解に、個々の心身機能、生活課題、目標とのすり合わせをしながら、その方の潜在的なパフォーマンスを引き出すに適したリハビリテーションの方法を考えること。

その意味でも今回学んだ服薬と運動、リハビリテーションとは切っても切り離せない関係にあるように思いました。

それにしてもリハビリテーションのアイディアは果てしないなぁ…とあらためて感じました。

利用者さまの生活の場では、障がいによる生活課題を"ありあわせのモノで何とかする"というブリコラージュ力、即興力が、生活期リハの療法士個々には試されているのでしょう。
E9927E0B-727C-4901-A3FE-D859E9DCD2BB.jpeg0CA02AF6-F915-4E36-B98A-E957F048F74F.jpeg

参考)
アイディア電球のだし方の7つと9つの視点
83644B44-EDE4-4752-9F93-01ED72FAD183.jpegAAE96C8E-F684-4EDA-8007-EA2E222002EB.png
posted by Active at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年06月25日

新人オンライン・ダイアログ


人材開発室のいとうです。

6/24の第4木曜日17時15分〜は新人さんのオンライン・ダイアログです。

この日はPT松原さん、水上さん(松原)、OT好見さん(吹田)が参加してくれました。

仮のテーマを「困りごと」としました。

口火を切ってくれたのは松原さん。

「学び方がわからないです」

「そうですよねー」
と、共感する水上さん、好見さん。

お二人も同じことを感じていたそうです。

「これでいいのかなあ…」
と、みなさん試行錯誤しながらも、デイサービスでの業務に取り組んでいることが伝わってきました。

参加者3人がそれぞれ話す言葉を画面共有のホワイトボードに書き込みながら進めました。
11AF527A-9C56-485F-8CD7-6006E35F731F.png
互いの意見やお話しがたくさんでてきました。

課題感がみなさん同じところにあることがわかってきました。

"教科書と実際の利用者さまの個別リハで接する際にどのようにそれをつなげていけばいいのか?"

"学び方にはそれぞれに合ったやり方がありそうだが、それがみんなまだ確立していなさそうかな…トライアル&エラーの途中かな…"

最後に松原さんから、
「文献の一字一句を追っていて、インプット、インプットだけになってしまっていたように思いました。頭に入っていない」
「そのインプットもやり切れていないところもあるし、インプットしていることもそれがいいことなのか、現場で試すことができていない」
と、話しがありました。

大変大きな気付きです!スゴい…

「アウトプットをがんばってみます」
と、松原さん。



「わかるということは、それによって自分が変わることでしょう」
歴史学者 阿部謹也著
『自分のなかに歴史をよむ』より

"わかるということは変わること"
なのでしょう。

▼読書について

あっという間の45分。
次回も楽しみになってきました。
参加ありがとうございます。



When one person teaches.
Two person learn.
"独りが教えると、両方学ぶ"

教える人が学ぶ姿勢を見せ続けることで一緒に変われる。

教える側が学び、ともに成長するという関係性へ。

"よき臨床から、よき教育と研究が生まれる"
"よき研究から、よき臨床や教育も生まれる"
posted by Active at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年06月21日

"介入"という言葉。医療の分野で使っていいのだろうか。


人材開発室のいとうです。



"介入"という言葉。


私たちはリハビリテーションの現場で何気なく使っていないでしょうか。



この記事はリハビリテーション専門医岡本五十雄先生からの問題提起です。


いま一度、自分たちが使っている言葉を考え直す機会になればと思います。




「医療の分野で使っていいのだろうか」

 


1,介入 

問題・事件‣紛争などに本来の当事者でない者が強引にかかわること(広辞苑)

事件や争いなどに割り込むこと(三章堂 大辞林)

当事者以外の者が入り込むこと。争いやもめごとなどの間に入って干渉すること(goo辞書)


 

@ 臨床現場で使われる介入

私たちの仕事の分野でこの言葉に違和感を覚えたのは15〜16年前くらいからでしたそれが時と共に、頻繁に使われはじめ、使わなくてもいいのに、使っているのに心が痛んでいました。

どんな使われ方をしているかというと、理学療法介入の結果作業療法介入の結果言語療法介入の結果治療介入やリハビリテーション介入など、全国学会でも地方会でも此見よがしに使われているので

これらは、介入を入れないで理学療法、作業療法、言語療法、治療やリハビリテーション治療の結果で十分なのに、介入という言葉を入れて、勝手に入り込む療法という意味にしています。医療は患者さんとの協力、協同で行われます。この言葉は使ってはいけない言葉なのです。カンファレンスの時に多くの療法士がこの言葉を使います。私はその都度諭します。

以前に日本リハビリテーション医学会にもこの問題についての意見をあげたことがあります。


 

A医療・福祉関係ではInterventionの適訳は国語力が問われる 

このように介入は医療現場では使うべきでないと考え続けてきましたが、日本福祉大学名誉教授二木立先生の「二木立の医療経済・政策学関連ニュースレター」(通巻184号、17ページ(2019年11月)にInterventionを日本語に訳するときに介入という言葉を使うべきでないこと、訳すときの状況に応じた適訳が必要であることが紹介されており、これには大いに感動しました。二木立先生の文章をそのまま紹介します。


○渡部律子(日本女子大学教授)「援助・支援 ソーシャルワーカーとクライエント…が出会い、そこで展開されていく問題解決・軽減のための活動をソーシャルワーク援助と呼ぶ。英語圏では、日本語に訳すと『介入』となる『Intervention』という用語が使用されることもあるが、この日本語は両者の関係が対等ではないという誤解を招くこともあるので本書では使用しない。本書では主に援助を使うが、時に支援という用語も同様の意味で用いる」(『福祉専門職のための統合的・多面的アセスメント−相互作用を深め最適な支援を導くための基礎』ミネルヴァ書房,2019,20頁「用語の定義」)。

二木コメント−私も以前から「介入」という日本語表現が気になり、大学院生や若手研究者が社会福祉・ソーシャルワーク分野の研究計画等で「介入」を使った時には、「支援・援助が適切ではないか?」とコメントしていたので、多いに共感しました。今回Googleで調べたところ、interventionの動詞interveneの本来の意味は「間に入る」「介在する」(inter=間・中+vene=来る)という中立的意味であり、日常用語として干渉、押しつけ等のマイナスイメージがある「介入」は、専門用語としても使うべきではないと改めて思いました。医学論文のinterventionは、なかなか良い訳語が思いつきませんでしたが、本「ニューズレター」183号の英語論文抄訳欄の冒頭で紹介した論文では、試みに「働きかけ」と訳してみました。また、以前から、"treatment intervention" "intervention group"はそれぞれ、「治療介入」ではなく「治療」、「介入群」ではなく「治療群」と訳しています。


さすが二木先生です。ここまでの英語力と国語力なのです。



B 翻訳は国語力

翻訳には国語力が問われるといいます。いくら英語が上手でも、日本語を駆使できる能力を持っていなければ、とんでもない間違いを起こします。英語を本当に理解するためには、日本語力を身につけなければなりません。それは、幼少の頃から必要なことです。いくら幼少期から英語だけを学んでもよい日本語は身につきません。

余談ですが、若いときに、ベトナムの傷痍軍人大臣から頂いたベトナムのリハビリテーションを訳したとき「ベトナムは飛行機による激しい爆撃を受けた」と翻訳ました。先輩に、それは「空爆」だよと指摘され、己の国語力の低さを痛感したことを覚えています。

 


,用語の変遷


@めくら将棋→目隠し将棋に

 以前には「めくら将棋」と言われました。めくらという表現が差別用語とされてから、目隠し将棋となったのです。目を被うように鉢巻きをして、将棋を指すのです。当然、将棋盤や将棋の駒は全く見えません。駒の位置を言葉で対戦相手に伝えて指すのです。ほとんどのプロの棋士は可能です。しかし、多少弱くなります。よく間違えるのが、歩の数です。そのため、指を折って、歩の数を確認しているといいます。一歩でも間違えると詰ますことができなかったり、また余分に使ったりして、負けとなります。

 ついでですが、このように目隠しでも将棋の駒の配置は記憶を頼りにできるのですが、それをゴボウ、ニンジン、大根などの形をした駒をおいて、その駒を前に進めてもすぐ記憶は途切れてしまいます。

 なれたものの記憶は難しくても残り、不慣れなものは単純なものでも記憶に残りにくい。不思議ですね。

 

 

Aつんぼ桟敷 

江戸時代の劇場で、正面2階桟敷の最後方の席。現在の3階および立見席に当たる所で、役者のせりふがよく聞こえない観客席。見巧者が多く集まるので俳優には重視され、「大向う」といわれる。A転じて、いろいろな事情を知らされない状態(広辞苑)。

 つんぼという言葉が差別用語となり、耳の日自由な人となりました。 

つんぼ桟敷の言い換えや類語には中間はずれ、かやの外、つまはじき、村八分、疎外などがあります。これらの言葉を使っても、言葉の響きはいまいちです。この言葉は、「声の聞こえない桟敷」から「つんぼ桟敷」になったといわれ、これからは「声の聞こえない桟敷」という表現になるのでしょうか。すきっときませんね。だからといってつんぼ座敷が

よいわけではないのですが。




この記事は、リハビリテーション専門医の岡本五十雄先生(北海道のクラーク記念病院)のメールマガジン『リハビリテーション、医のこころ』より、岡本先生から許可を得て原文のまま転載させていただきました。


岡本先生、ご厚意ありがとうございます。

▼岡本先生の関連のブログ記事↓

http://active-nopsj.sblo.jp/s/article/187192547.html

posted by Active at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年06月19日

新人教育プログラムzoom講義「エンパワメントアプローチ、ストレングスモデル」


人材開発室の軽部、伊藤です。

この日のテーマは、前回のポジティブアプローチに続き、エンパワメントアプローチとストレングスモデル。

担当は伊藤です。

訪問リハ事例の実際場面での関わりも交えて、お話しさせていただきました。

みなさん参加ありがとうございます!
60920A71-67A1-4F31-82CB-6DAC7FE5DA09.png

なぜエンパワメント・アプローチ?
D1D1F37E-191E-4CF7-99C2-A69931819E4F.png
みんなで考えてみました。


FBAE62BF-FA5C-4C55-83EF-62A2AEB02749.jpeg
9878E93B-BC38-4D42-8365-D2A13CEC4B64.jpeg
お互いに学びながら、元気づけ合いながら共に成長できる双方向のエンパワメントが形成されるのではないかと考えています。



互いに成長しあえる関係性とは…

みんなで考えてみました。
A1236505-FD23-4743-9091-3DF33A88115C.png
これは、わたし自身が患者さま、利用者さまと接する現場のなかで、たびたび感じてきたことです。

患者さま、利用者さまとの関わりのなかから…
"よう勉強させてもらったなぁ"
"ありがたいなぁ"
"めちゃくちゃがんばってはるなぁ"
という具合に。

今までも患者さま、利用者さま、ご家族から、元気やチカラをたくさんもらってきました。

ご自分の人生や生活を自分自身でコントロールするために…
リハビリテーションの仕事を介して、互いに成長しあえる関係性というものを感じることがありました。

それは実際の経験のなかを通してでしか、感じ得ない、なかなか知り得ないことなのかもしれません。


今回、新人の方々向けにお話しする機会をいただき、みなさんにわかりやすくお伝えしようと、講義開始時間10分前のギリギリまで話しのながれを考え、資料作成を続けました。

開始してからも話しながら別のことを思いついて中身を変えたりもしました。


エンパワメント・アプローチは、目に見えるようなものではなく、支援者、ケア者としての心構えや心がけなど、概念的かつ少し哲学的で目には見えにくい、新人さんたちにとってはとてもわかりにくかったかもしれません。


次回にお話しすることになっているナラティブ・アプローチやナラティブ・ベースド・メディスン、クライアント・センタード・アプローチのことにもふれました。
BCBB1922-F239-441F-AF64-69FCA57B20F0.jpeg5F766DBB-B2CF-483B-A488-C12B98B86D6C.jpeg
"医療者側の行動変容"
『共に変わろう』


"無知の知"
『もう知ってると思った瞬間に停滞する』

患者−治療・支援者の関係性だけでなく、学生−教師の関係性や新人−バイザーの関係性でも同じことなのではないでしょうか。
B1AE1CA5-FA83-483B-9FA7-CA5ED53676CE.jpeg
F3140B32-B06A-4A31-B3E2-A0E0392BDB13.jpeg


エンパワメント・アプローチ。
双方向のエンパワメントを形成しながらお互いに学びながら、元気づけ合いながら共に成長できる関係性のこと、関わり方のこと。

まだまだうまくまとまりません…また勉強します。

今回もみなさんの参加とオンラインのなかで自分の考えを言葉にしての発信ありがとうございます。



当日参加できなかった方々には、録画資料を閲覧できるように録画URL、YouTubeの動画URLを各事業所メールへの送付に加えて、Googleドライブでの共有も始めました。
ともに社外秘、限定公開のため取り扱いには留意していただきご活用ください。



When one person teaches.
Two person learn.
"独りが教えると、両方学ぶ"

教える人が学ぶ姿勢を見せ続けることで一緒に変われる。

教える側が学び、ともに成長するという関係性へ。

"よき臨床から、よき教育と研究が生まれる"
"よき研究から、よき臨床や教育も生まれる"
posted by Active at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年06月09日

2年目療法士オンライン・ダイアログ。


人材開発室のいとうです。


第二火曜日17時15分〜18時頃まで、2年目療法士の方々とのオンラインダイアログです。
9F2B54F2-5067-47BF-A46C-89925375E853.png
この日は、PT2年目のPT藤島さん(松原、写真左)と、どんな場なのか見てみたいとのことで、1年目PT水上さん(松原)も参加してくれました。

藤島さんが、活動サポートを続けているリハビリモデル森さんの営業チラシ。
68FD348B-E72E-4DE6-B6AC-E141F6C2BEF0.png
森さんの息子さんが作成してくれたそうです。スゴい…


今回のダイアログも仮テーマは「困りごと」としました。

前回ダイアログのテーマのひとつとしてあがっていた新人さんの育成やサポートは、継続的に対応していくことを確認しました。

2年目のPT藤島さんは、デイサービスでの業務をこなしながら、訪問リハ件数を順調に伸ばしているようです。

自主トレの定着に向けた働きかけの方法について、話しが及びました。
スクリーンショット (119).png
▼詳細はこちら↓

利用者さまの強みや関心を活かしたICF上の活動、参加の拡張と心身機能の向上を結びつけるアクティブらしい利用者支援の話しもありました。

そのような関わりに共感できるお二人で心強く思いました。

PT藤島さん(松原)、PT水上さん(松原)、忙しいなか時間をつくっての参加とお話しありがとうございます。

みなさんも次回7/13参加をお待ちしてます!


オンラインでの対話、ダイアログの場で、一緒に知恵を絞って、ある問いを探究し、理解を深める試みは、まさに"三人寄れば文殊の知恵"。

その場にいる方々で、ある問いについて考えて、対話を重ねて意味づけをしていく社会構成主義。

毎回新たな気づきを得て、今まで学んだことを解きほぐし(unlearnアンラーン)、さらなる学び直しができる場です。

1年目、2年目の初の合同ダイアログの場もいいですね〜

引き続きよろしくお願いします。



When one person teaches.
Two person learn.
"独りが教えると、両方学ぶ"

教える人が学ぶ姿勢を見せ続けることで一緒に変われる。

教える側が学び、ともに成長するという関係性へ。

"よき臨床から、よき教育と研究が生まれる"
"よき研究から、よき臨床や教育も生まれる"
posted by Active at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年05月29日

2年目療法士向け研修プログラムzoom講義「はじめて訪問に行くセラピストに向けて その2」


人材開発室のPT軽部、OT伊藤です。

5/28金曜日午後4時30分〜5時15分は、2年目療法士向け研修プログラムzoom講義です。


はじめて訪問に行くセラピストに向けて その2」
8B010126-9920-473C-A17C-70A56873A54E.jpeg
講師は前回に続いてOT日野上さん(松原主任、心意気実践チーム)
▼前回↓


住宅改修を想定して…
458A7DD3-E46E-4EDD-80C3-9CA3BD7BC3A2.jpeg
FBB205BC-A0FB-4146-8952-4F596D46C7D5.jpeg

みんなでチャットワークでアウトプットします。
9B68DCC7-533D-4E30-8F01-2E71FF7AA6F0.png


心理学の視点からも考えてみます。

9526156E-56F1-4146-A027-4EC7089A520E.png


日野上さん、今日も熱い熱い講義ありがとうございます。

2年目療法士のみなさんも参加ありがとうございます。
F57944BF-F846-4BF3-9054-922FEF35FC7C.png
posted by Active at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年05月22日

新人研修プログラムzoom講義「ポジティブ・アプローチなど」


人材開発室の軽部、伊藤です。


新人研修プログラムzoom講義「ポジティブ・アプローチなど」


ストレングスモデルを元に、実現可能性のあるありたい姿(落としどころ)を利用者さまと対話の中から共有するポジティブ・アプローチ。

ROM制限や筋力低下などの不具合を問題と捉えて、そこを埋めていくことに注力するギャップ・アプローチ。


在宅・生活期リハビリテーションでは、ポジティブ・アプローチとギャップ・アプローチの行ったり来たりが不可欠です。
2FB9B947-9B9B-42BD-B57D-E557243BFBB7.jpeg
もちろん回復期リハでも必要ですが、関わる期間が圧倒的に長い在宅・生活期リハではより大切になるでしょう。


そもそもという問いかけで…
その都度、みなさんで考えていただき、自分の言葉で発信してもらいました。
649C4039-0641-4EDA-9C4F-8B7BD947AE62.jpeg


物事や出来事に対する自分自身の見え方、捉え方、考え方ひとつで、その物事や出来事も良いように変わるし、悪いようにも変わる、その他にも…ということかと思います。
F18AE955-7CCE-434D-A810-6067E877B0AD.jpeg


ポジティブ変換表を用いてのミニワーク。
DB448B92-6204-4F7E-9157-ACEB4ACF5A04.jpeg


事例を通してポジティブ・アプローチをみていきます。
F404D176-6241-45A9-BF1E-7DEDC71A63E7.jpeg


どんなふうにするのか?ミニワーク。
E3064901-AF26-4AF6-839D-1B108DBA411B.png
みなさん各々の意見をしっかりと話してくれました。


ストレングスモデルとポジティブ・アプローチを元にした料理リハビリテーションの経過。
B6DFE9A5-62C4-431B-B828-28A322C512C0.jpeg


ポジティブ・アプローチの弊害についてもみんなで考えてみました。
BA5133B9-5BBC-482D-A155-B1F30F397236.jpeg
ここでも、みなさんネガティブな側面にも考えを向けることができていました。スゴい…


ポジティブ・アプローチに偏ってしまっていたわたしの過ちを、内省しながら事例を通して振り返りました。
7BBDF67D-A332-498A-91F7-11A3A9761BA4.jpeg
利用者さまとご家族さまのストレングスを活かして、実現可能性のあるありたい姿を利用者さまご夫妻とご一緒に探索しました。

心身機能の向上、機能回復にも働きかけながら、短下肢装具の再製作や屋外歩行練習に加えて、立位での料理やスポーツなどの活動・参加にも積極的にこの6年の関わりで取り組みました。

でも少しがんばり過ぎだったように思いました。

ここ数ヶ月は屋外歩行練習に注力していて姿勢調整、ストレッチなどのケアをしていたにも関わらず、麻痺側下肢の痙性が強くなり、痛みが続いていました。

さらに振り返ると連続の屋外歩行距離とスピードにこだわり過ぎて、オーバーワークになりがちだったように思い起こされました。


利用者さまだけでなくご家族も、心身機能面の変化に加えて、加齢や家庭での役割などの変化も加わります。

その時々でやりたいことやありたい姿も変わっていくことでしょう。

だからこそポジティブ・アプローチとギャップ・アプローチの行ったり来たりを利用者さまとご家族と一緒に行ない、すり合わせをする必要があるとあらためて考えました。
5583F93D-0A17-416E-8470-6B126564F588.jpeg
今は、利用者さまとご家族が"ありたい姿"をもう一度描き直す協働作業の最中です。

プログラム内容の見直して試行中です。
▼「続 男のゴルフ道」より↓


次回以降では、今回はお話しできなかったエンパワメント・アプローチやナラティブ・アプローチ、クライアント・センタード・アプローチなどについても、話題提供しながらみなさんと学びを深めます。


参考)
37F8DA13-613A-436F-A1D5-48D2A864A6C6.jpeg


今回もみなさん参加と自身の考えを言葉にしての発信ありがとうございます。
7A7D337E-6042-4BD1-A21E-191121DC8CD8.png


当日参加できなかった方々には、録画資料を閲覧できるように録画URL、YouTubeの動画URLを各事業所メールへの送付に加えて、Googleドライブでの共有も始めました。
ともに社外秘、限定公開のため取り扱いには留意していただきご活用ください。



When one person teaches.
Two person learn.
"独りが教えると、両方学ぶ"

教える人が学ぶ姿勢を見せ続けることで一緒に変われる。

教える側が学び、ともに成長するという関係性へ。

"よき臨床から、よき教育と研究が生まれる"
"よき研究から、よき臨床や教育も生まれる"
posted by Active at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年05月20日

キャリア・インタビュー「利用者さまの頑張りにいつも力をもらっています」PT福西弘樹さん(今里)


1.今の仕事に至ったきっかけ、経緯、転職のこと、転機のこと、キャリアを振り返ると…

 理学療法士になろうと思ったきっかけは、祖母の在宅介護の経験が大きいと思っています。十数年前に祖母がクモ膜下出血で倒れました。その頃に病院や施設を転々としました。結局、母が8年近く在宅介護する形で祖母がわたしたちの自宅に同居することになりました。自宅にベッドが搬入され、デイサービスや訪問看護(NSPT)のサービスを受けました。その時に訪問看護師さんやベテラン理学療法士さんから色々とお話しを聞くことができました。

自らすすんで見学したところ、胃瘻造設や褥瘡がかなりひどい状態でしたがポジショニング、塗り薬などで対処したことで改善したことにとても驚きました。悪い状態の褥瘡の生々しい様子をみて「生きているのにこんなに骨が見えるのか」、状態が回復した様子もみて「こんなに良くなるのか」と、衝撃を受けたのを今でもはっきりと覚えています。

母と同じような年齢のベテランPTの関わりに特に感銘を受けました。それは祖母が故郷長野への帰省を希望した際に、リスク面に関する親身なサポートでした。

「自分もやってみたい」

と、理学療法士になることを志したきっかけだったと思い起こします。

その後ヘルパー2級を取得した母は、祖母の意識がないまま、顔色とかをみながらベッドサイドで座る練習をしていました。病院に1年程度入院したあと、アクティブに入社して4年目の時に87歳で一昨年亡くなりました。


大阪府内の中学校を卒業後に進学した5年制の大阪府立高専では、環境化学を専攻し、有機化学、生物化学などを学びました。同級生の仲間は製薬会社、製菓会社への就職が多いなか、理学療法士というのは異色で大きな方向転換でした。そんな方向転換も両親からは「あんた向いてるんちゃう」と後押しがありました。そして漠然と訪問理学療法士になりたいと思いながら、大阪医専に入学しました。学校ではいずれ訪問理学療法士になるなら病院で経験積んだ方が良いと先生からの意見を聞いていたので、数年は病院に勤めて訪問リハビリの事業所へ転職…と漠然と考えていました。しかし、3年時の就職説明会で阪東社長から「辞めるつもりで病院に行くより、1年目からうちの方がいいんじゃないですか?」と説明を受けたのがきっかけで弊社での新卒入社を考えるようになりました。

「辞めるつもりで働くのも何か申し訳ない…」

「元々あこがれていた地域の分野で…」

そんなことを考えたあげく…思い切って弊社で訪問リハの世界に飛び込んでみました。同級生32名の就職先はほとんどみな病院でした。



2.今の仕事、働き方

 土曜は1日デイサービスで、他は週2223件(一日6件ほど)の訪問を回らせて頂いています。東成区、鶴見区、東大阪市の周辺。空き枠のある時間は書類作成(報告書、計画書、記録書)、疾患や障害に関する情報収集、自主トレメニュー作成などに取り組んでいます。時折、短期実習の学生さんが来ていたら訪問に同行してもらっています。火曜日、日曜日お休みの週休2日です。

最近は得意分野とおもわれているためなのか?!パソコンやネット環境の仕事を依頼されることが多くなっています。ほんとはパソコン関係のことは全く得意ではありません(汗)。自分でネットを調べながら使い方を漁っているような状態なんです。パソコンのネット上、オンライン上、クラウドの共有フォルダ制作や評価表を書きやすくスタッフ間で共有しやすいようにするなど、情報管理担当みたいな役回りにいつの間にかなってしまっています(笑)



3.仕事での苦労、醍醐味

 もともと口下手で、考えていることや感情を上手に表出することが得意ではありません。利用者さまに提案した内容が正しく伝わって実施して頂けた時は特にうれしいですね。訪問利用者さまで自主トレ練習をうまくやってくれる方がいて、意欲的で意識が高い人であれば、「こんなん試してみたらどうですか?」と提案できます。でも、なかなか提案に乗ってくれない人だと、成功体験がうまく積み重ならないという悩ましい経験も多くあるように思います。



4.仕事の魅力、やりがい

自分の中では病院だと患者さんとの関係性が出来る頃に退院や転院することが多いように思いますが、在宅サービスは長い期間のお付き合いを出来ることが大きな魅力だと思っています。

こんな嬉しいこともありました。デイサービスの担当利用者さまで、わたしが3年目になると同時に訪問リハ業務枠を増やすためにデイ担当を変更させていただく旨を説明したところ、その利用者さまから“デイサービス利用を止めて訪問に切り替えて訪問リハに来てほしい”と言っていただいたことです。2年目を迎えた時も“デイの日程変更、調整してリハしてほしい”と利用者さまから言っていただけたのは嬉しかったです。その方は女性の利用者さまで、デイから訪問リハに切り替えてサービスを継続中です。特に何をしている訳でもなく…話しを聴いて、愚痴や深い話しまでお聞かせくださって…もう5年目になります。自分になかなか彼女ができないことをよく話しのネタにしていたのもあって、いろいろと恋愛指南までしていただいていました(苦笑)



5.仕事をしていくうえで大切にしていること、心がけていること、座右の銘やモットーなど

 仕事をしていくうえでは当たり前なことだと思いますが言葉遣い(変に丁寧過ぎず、崩れ過ぎず)には気を付けるようにしています。相談されたことにはできるだけ答えようと。あとは無理なことは無理と言えるようにしています。座右の銘は特にありません。



6. わたしの事業所自慢

3年目が終わって13年目の新人育成期間が終わっても先輩からアドバイスや助言、指導をしてもらえて、アットホームで和やかな雰囲気で他職種とも連携しやすいです。

新卒で入職して、デイサービスと訪問の両方をみることができ、維持期・生活期を経験できていることは良かったです。連携先の山崎診療所の外来リハの出向経験がとてもよかったと思っています。肩、膝、股関節疾患を経験できました。手術前後の患者さま、その後の回復期の方、その全過程を経験できたことは、生活期でも生活場面でもどんな予防ができるのかや悪くなっていくことを予防することにも視野を向けられるようになりました。

担当バイザーは1年目がPT政岡さん、2年目がPT畔川さん、3年目がPT井上さんでした。バイザーのみなさんの指導で、評価の方法、利用者さまとの関係のつくり方、基礎知識の大切さに気づくことができました。“もっと考えてやらな”と自分でも勉強するようになりました。バイザーのみなさんから「自分で考えて、前任者の引き継ぎのリハ内容だけではなく新しいコトにも、自分の色も出して」と指導を受けて、“やらなあかんな”と大きな後押しとなりました。ありがとうございます。

5年目としては、まだまだ求められているところまでは到達できていないと思っています。評価方法などの基本を見直しています。

 また、訪問療法士の業務に興味を持っている人には弊社での仕事をおススメできると思っています。



7.わたしの療法士像

 わたしが周りから言われるのは「大人しい」や「静か」が多いです。自分でもそれは良くも悪くもあるという捉え方をしています。心不全の方からは「穏やかな雰囲気がありがたいわ」と言ってくれます。でも反対に別の方からは「打っても響かない」と言われることも…

 自分自身が目標としている療法士像は、機転が利いて先の展開を予測してリハビリテーションを提供できる療法士です。どの先輩のみなさんも先の展開を考えてながらできているなと感じます。自分は疾患や障害の特性の理解がまだまだ足りないなと思います。



8.これから仕事でチャレンジしたいこと

 訪問が長期化している方が多くなっているので、目標達成して訪問終了までもっていけるようにしたいです。45年継続中の利用者さまになると、“なあなあ”の雰囲気や惰性の空気というか…そういうところがどうしてもあります。そのため、こちらから目標やリハ内容を変えようとしても、利用者さまから「今までのとおりでいいやん」と、あえなく断られることもあります。悪くなっていない、維持できるているのかを確認しながら、新しいことにも一緒に取り組んでいければと思っています。



9.わたしのアクティブ自慢

 アクティブ自慢は利用者さまに元気で意欲的な方が多いと思います。私が元気を分けて貰える事が多々あります。利用者さまの頑張りを見ると、「ぼくも頑張らなあかんな」と思わされます。

訪問リハ利用者さまで小脳梗塞の方でかなりふらつきがあるものの、屋外での歩行器自立歩行を意欲的に目指しておられる利用者には、いつも力をもらっているように思います。



10.いちばん落ち着ける場所

 自宅の布団の中です。今日もやっと終わったという感じになれるのが好きです。



11.これがなければ生きていけない

 美味しいご飯です。最近は休みの日に自分でも作っています。



12.夏休みの宿題のやり方(前半詰め込み型、後半追い込み無計画型、まんべんなく計画型)

 自由課題以外は前半で終わらせていましたが、自由課題は決めきれずにいつも後半になっていました。テーマを何にしようかな…と悩んでできない。一旦離れて、遊ぶ。やるべきことをしてから、期限が迫り始めてからもう一度取り組むという感じです。



13.ご自身のことで、ここ最近で起こった大きなことは?

202011月に入籍しました。

『新婚さんインタビュー』

“仕事のことは妻に話す派?話さない派?”

☞深くは話さない(利用者様や取り組んでいることは話さない、聴かれないから話さない)

“妻はどんな存在ですか?”

☞少し天然で明るくて元気をもらえる存在、頑張り屋さんのところを見るとチカラもらえる

“お互いにどんなところに魅力を感じたのでしょうか?特に自分のことは?”

☞裏表がないところに惹かれました。

☞「隠していることがあるでしょう?」と妻によく言われます。反対に「あるって言うんやったら暴き出して」とお願いしているところです。いつもさらけ出してつもりだけど…言葉がまだまだが足りないのでしょうか(苦笑)。

ちなみに2人とも4人姉妹・兄弟で、妻は3番目、わたしは2番目です。



14.家庭と仕事の両立の秘訣は?

 昨年11月からの2人での生活なのでこれからどうなるかまだ分かりませんが、出来る限り家事や子育てに参加して愛媛県出身の妻の負担を減らせるように心がけています。今も洗濯、平日の休みの日はご飯づくりに励んでいます。最近では、小松菜のジェノベーゼパスタは絶品でした。妻は好きなパスタを作ると特に喜んでくれるので作りがいがありますね(笑)。あとはマグロのアラで、皮を湯引きに、ユッケ丼、肉団子なども作ってみました。あまり食べたことのないメニューを作って2人で食べています。



15.コロナ禍、ステイホームでおすすめのモノやコトは?

 料理で変わったもの、食べたことのない初めてのメニュー、テレビで見たメニューを作ってみるようにしています。あとは食材のコストを抑えて購入することにも注力しています。大切なことですから。

 加えて、より楽しく調理するためのおススメの調理器具は、ハンドブレンダ―/ハンドミキサーです!少し手間のかかるみじん切りやすりつぶし、泡立てなどが料理していて大変に感じる作業が手軽にできたからです。料理が少し億劫に思っている方でも、ハンドブレンダ―/ハンドミキサーのような道具があれば、料理に取っつきやすくなるかもしれません。



 福西 弘樹 さん 略歴など

20163月に大阪医専を卒業。同年4月に弊社入社、今里事業所に配属され現在に至る。

29歳。生活期・訪問理学療法士として6年目を迎え、昨年11月に結婚し公私ともに充実の福西さん。持ち前の穏やかさとやさしさで訪問リハ利用者さまからの信頼も厚く、関係性も深い。職場の上司や仲間から請われ、PC、ネット関連業務をこなすうちに今里事業所IT情報管理担当(自称)の一面も。


自慢のハンドブレンダ―/ハンドミキサーとクッキングする福西さん。

BE947BEA-F412-4AC7-B886-188C1F0021EE.jpeg

編集担当者からのフォト依頼は、MOCO'Sキッチン風にということで…



■キャリアインタビューを終えての感想(福西さんより)■

自分のことを考えるいいきっかけになりました。こんなんでいいのかな…と思いながらですが。

インタビューを受けていて自分の出来ていないことや伸ばした方が良いことを発見することができたと思います。

また、今後の物事の考え方について、色々とアドバイスを頂けました。特にナラティブムービーなどの関わり方はご家族との深い関わり方もできると感じました。


▼オンラインインタビューにて写真右上がPT福西さん↓
E11EFB88-045A-4BF3-A30A-DD6C8A211D18.png


■キャリアインタビュー記事編集担当より■


オンラインでの就職説明会と職場見学会で、たまたま立ち寄った今里事業所で、数年ぶりに会った福西さんは別人のような雰囲気を醸し出していました。このときで5年目になっていた福西さん。どこかしっかりとして落ち着いたような…1年目時のおっとりかつフワフワとした印象とはまるで違うように感じました。どっしりと安定した印象です。“何があったのか?!”とついつい気になってしまい責任者の方に聴くと、近くに結婚するとのことで少し合点がきました。新卒採用で入社した生え抜き社員でもある福西さんから、PTキャリア1年目のときからのことをもう少し詳しくお話しを聴いてみたくなり、その場でキャリアインタビューへのご協力をお願いさせていただきました。

上記1.の今の仕事に至るまでのなかでも記していますが、福西さんは中高生時代から自宅での祖母の在宅介護に自ら進んで参画したそうです。そのなかでのエピソードもたくさんお聴きしました。そして、5年制高専から理学療法士へと舵をきる大きな決断を、後押ししたであろうお母さんが発した「あんた向いてるんちゃう」という言葉。インタビュー前、福西さんの穏やかな物腰ややさしい空気はどこからくるものなのかな…と、ぼんやりと思っていました。お腹を痛めて産んだ時から福西さんを最も身近に見てきたお母さんだからこその言葉を聴いて、そういうことなのかぁとつながったような思いがしました。


穏やかな物腰ややさしさを持っている福西さんですが、利用者さまとのコミュニケーションに関しては、ジレンマも多いようです。

利用者さまと接する場面を思い起こすと…

「思っていることの半分も言えていないように思います」

「事実として伝わっていないこともあるから、そう思います」

「どうやったら伝わりやすいのか?と考えながら接するようにしているが…」

「その人ならどういう風に捉えるのか?」

「言い方を変えたりしている。強めに言ったり、脅すように言ったり、優しく言ったり…」

「でも自分の心のシャッターが閉じているときもあるように思います…」

心意気実践チームの心意気サポート事例や利用者さまの日頃の頑張りを動画にし、利用者さまとご家族にプレゼントする“ナラティブムービー”等の、利用者さまの方へより一歩踏み込んだ取り組みについての話しを聴くと…

「一人一人深く関わっているつもりやったけど、まだまだもっと深く関われたかも…」

「その人のことをもっと知ること。が足りていなかったのでは…」

「今までの関わりはまだまだ表面的なものだったのかな?」

「評価もその人に合わせたものでなかった。家事も含めて、他になかったかな…」

と、振り返りながら福西さんから、これからもたくさんトライアル&エラーをしていってくれそうな前向きな言葉が聴かれました。


 上記9.目標やリハ内容を変えようとして「今までのとおりでいいやん」と利用者さまから変化を断られることが多いとのことでした。急な変化については苦手な人が多いと思います。それは恐らく高齢者や障がいのある方々だとなおさらのことでしょう。それも踏まえると、“始め方は終わり方”、“はじめが肝心”ということではないでしょうか。どのような形で訪問リハを開始するか、開始の段階から終了や卒業のイメージをどれだけ利用者さまと共有できるか…途中の経過でも試行錯誤や意思決定の行ったり来たりに一緒にチャレンジできているか、またそれを適時振り返ることができているかというところも肝要でしょう。訪問リハ終了や卒業後のサービス移行先となりうるデイケアやデイサービス、訪問介護の見守り的援助(共に行う家事等)との生活機能向上連携をイメージした関わりを日頃から展開することが求められています。それにもう一つ、利用者さまやご家族にとって、そもそも訪問リハを終了すること自体が絶対善となるのか…という点についても、様々な状況把握にも努めながら考えておきたいところです。


福西さんの将来の目標となっていた祖母の訪問PTさんの関わりは、祖母とお母さんのナラティブを大切にしたものだったのではと感じました。これは福西さん自身が、訪問リハの現場で実践したいことでもあるのではと思いました。そして、福西さんもできること、もうすでに実践していることもあるのではないか。と、ふと思いました。福西さんはいまだに、その訪問PTさんとの再会は果たせず、福西さんが訪問PTとして働いていることもお伝えしていないそうです。いつかお会いできたときにどんな再会になってどんな話しができたのか、ぜひ聴かせてほしいですね。


富山県砺波市のものがたり診療所所長の佐藤伸彦医師は、“やさしさのしかけ”について、著書「ナラティブホームの物語 〜終末期医療をささえる地域包括ケアのしかけ〜」(医学書院、p19~23)に下記のとおり記している。


“やさしさは本能ではない”

“高齢者医療の現場では、介護スタッフに必要以上のやさしさを強要する場面が往々にしてある”

“やさしさを維持するための努力も並大抵ではない”

“やさしさの閾値は個々人で違う。中身も違うし環境に左右され、移ろいやすいもの”

“やさしさの閾値を下げるにはしかけが必要”

とし、認知症高齢者の一言一句を記録した『ナラティブ名言集』や写真を撮り続ける『ナラティブアルバム』の“やさしさのしかけ”で、その人の人間性や生き様が理解できたような感覚に直面する。それをきっかけに従来に増してやさしく接することができるかもしれない。家族との交流も生まれ、その人への共感も覚えることもあるだろう。(中略)理解するのではなく納得する、説明するのではなく感じる。そんな“しかけ”が必要ではないだろうか。


“やさしさは本能ではない”、“やさしさのしかけ”というところを読んでハッとさせられました。本能的なもののように思えてしまう福西さんの穏やかさややさしさとその空気は、当たり前のように元々あるものではなく、そのやさしさを保つにも何かしらの“しかけ”が必要ということ。

 これは他の全ての職員にも当てはめて各自考えていく必要があることではないかと思いました。そこで弊社のなかに“やさしさのしかけ”はあるか?!と、今の社内資源に目を向けると、アクティブクラブをはじめとする各イベントやアクティブ学会、公式ブログ、社内メルマガ、公式YouTubeチャンネル、ナラティブムービーなどはその役割を果たせそうです。

各個人でも毎日のカルテ記載も工夫を凝らせば『ナラティブ名言集』にもなりえるでしょう。日頃の関わりの合間に許可をいただき写真を撮らせてもらうことや昔の写真を見せていただいたりするのもいいでしょう。大切なのはそれをマメに続けること。そしてどこかのタイミングでそれらを発信することです。それらがわたしたちの仕事や生活のなかでのやさしさを保つ方法になるかもしれません。


おそらくは生まれもったものとお母さんとの祖母の在宅介護などで培ってこられた穏やかさとやさしさ、落ち着いた対応に、時には利用者様をグイグイと引っ張っていくような推進力が、福西さんに加われば…訪問PTとしては“鬼に金棒”といったところでしょうか。

そうでなくても福西さんは今日もいつもと変わらない穏やかな物腰ややさしさとその空気で、きっと利用者さまを癒してくれるでしょう。


今回のキャリアインタビューは、2021329日から510日までほぼ毎週月曜日朝9時〜940分の空き枠の時間をいただきました。計6回にも及ぶオンラインでのインタビューに快く応じて下さった福西さん、今里事業所のみなさんありがとうございます。



キャリアインタビュー記事編集担当

人材開発室・心意気実践チーム・発掘あるある広報室 伊藤健次郎

posted by Active at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年05月19日

オンライン・アクティブ学会2020「KPTシートを用いた振り返り」


人材開発室の軽部、伊藤です。

今年3月中旬から下旬にかけて行われたオンライン・アクティブ学会2020。
▼最終日の報告はこちら↓

みなさん参加、発表、webアンケート調査へのご協力ありがとうございます。

遅くなりましたが、KPTシートを用いた振り返りを以下に報告します

KPTではKeep(続けていくべきよかったこと)、Problem(改善すべき課題)、Try(新たに取り組み)を整理します。

▼KPT振り返りシート↓
20974B5E-603F-4B42-9A85-AA72138FA4B6.jpeg


これを元に課題解決に向けたアイディアや具体策を検討しています。

▼オンライン・アクティブ学会2021タイムスケジュール(案)↓
BF7ACCCA-3C02-4020-9258-550782AF380F.jpeg


今年度も3月頃にオンライン・アクティブ学会2021を行なう予定です。

新人〜3年目の療法士のみなさんの日頃の頑張りを元にした報告をお待ちしています。



When one person teaches.
Two person learn.
"独りが教えると、両方学ぶ"

教える人が学ぶ姿勢を見せ続けることで一緒に変われる。

教える側が学び、ともに成長するという関係性へ。

"よき臨床から、よき教育と研究が生まれる"
"よき研究から、よき臨床や教育も生まれる"
posted by Active at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年05月15日

新人教育プログラムzoom講義「適切なセスメント・ モニタリングのための面談技法」


人材開発室のPT軽部、OT伊藤です。

「適切なセスメント・ モニタリングのための面談技法」

講師はOT室之園さん(泉北、心意気実践チーム)です。
A2C7E99D-C440-49F2-88A0-244ADE19751A.png1504BD2A-FC6B-452E-AC8B-00212BAA7418.png
この日も新人のみなさん元気に参加してくれました。ご参加ありがとうございます。

ついつい面接をすっ飛ばして個別機能訓練に入ってしまいがちです。
23B15BBF-B2F3-4633-B89B-EA6032DD7F0F.png
9DC7F1C2-7F69-4D74-9E6E-AC39D8DE400E.png
F3271FE5-1344-49A7-8DE6-4E348301F9B7.png
今回の講義のなかでは、そこを問題提起とし、各専門書から面接技法について抜粋してもらい、それらを丁寧に掘り下げて考える機会をいただきました。

面接ワークも体験してデイサービスの現場で活かせる方法や場面もみんなで考えました。
D6CCE985-B16D-46BA-B65D-6E54DC6293A7.png
利用者さま支援の中で活用できることです。

独居の利用者さまだと、生活状況を把握するためとおしゃべりタイムも兼ねて、個別機能訓練が開始すると同時に面接場面を毎回数分はつくるようにすることもあります。

利用者さまによっては、
「口ばっかり動かさんと手を動かしてよ」
と、言われる方、思われる方もいらっしゃるかと思います。

その時は、手を動かしながら聴き取りするなど、利用者さまの個別的な状況に合わせて柔軟な対応が必要でしょう。

室之園さん、資料作成とオンライン講義ありがとうございます。


当日参加できなかった方々には、録画資料を閲覧できるように録画URL、YouTubeの動画URLを各事業所メールへの送付に加えて、Googleドライブでの共有も始めました。
ともに社外秘、限定公開のため取り扱いには留意していただきご活用ください。



When one person teaches.
Two person learn.
"独りが教えると、両方学ぶ"

教える人が学ぶ姿勢を見せ続けることで一緒に変われる。

教える側が学び、ともに成長するという関係性へ。

"よき臨床から、よき教育と研究が生まれる"
"よき研究から、よき臨床や教育も生まれる"
posted by Active at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年05月11日

2年目療法士オンライン・ダイアログ。


人材開発室のいとうです。

この日は2年目オンライン・ダイアログ(毎月第二火曜日17時15分〜18時)です。

写真左上はPT藤島さん(松原)、下はOT我如古さん(吹田)
A3C9591B-E44B-4A1C-A65C-6030077CB980.jpeg

この日の仮テーマは「困りごと」としました。

2年目となり、新人さんに教える立場となって…

「教えるコトの難しさを感じています」

「論理的に教えるのは苦手…」

「教えないと思う反面、教えて欲しいと思うキモチもある、そんな葛藤というか…」

「1年目の時のことを振り返ると、利用者様のことをもっと深く考えておけばよかった」

「論理的に教えるには…やっぱりもっと学ばないといけないですね…」

「自分のためにも…」

「先輩方と行った若草山ハイキングもよかった」

「このオンラインもよかった」

たくさんのお話しがありました。


早速、2年目のお二人は、もうすでにそんなことを考えながら仕事されていることを聴いて、とても頼もしく思いました。

でも、まだまだ遠慮なく先輩に教えてもらいましょう。

先輩は新しく仲間になった職員の方々に教えることで、学ぶことができます。

"教えることは教わること"

それが結局は自分のためにもなるのです。

新人の方々に今わかる範囲で知る限りのことを惜しみなく教えてあげましょう。


PT藤島さん(松原)、OT我如古さん(吹田)、忙しいなか時間をつくっての参加ありがとうございます。

みなさんも次回6/8の参加をお待ちしてます!

オンラインでの対話、ダイアログの場で、一緒に知恵を絞って、ある問いを探究し、理解を深める試みは、まさに"三人寄れば文殊の知恵"。

毎回新たな気づきを得て、今まで学んだことを解きほぐし(unlearnアンラーン)、さらなる学び直しができる場です。

引き続きよろしくお願いします。



When one person teaches.
Two person learn.
"独りが教えると、両方学ぶ"

教える人が学ぶ姿勢を見せ続けることで一緒に変われる。

教える側が学び、ともに成長するという関係性へ。

"よき臨床から、よき教育と研究が生まれる"
"よき研究から、よき臨床や教育も生まれる"
posted by Active at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年05月01日

2年目療法士スタッフ向けオンライン研修「初めて訪問に行くセラピストに向けて(社会 人として、医療者として注意しなければなら ないこと)その1」


人材開発室の軽部、伊藤です。

4/30金曜日16時30分〜17時15分は2年目療法士スタッフ向けのzoom講義です。

「初めて訪問に行くセラピストに向けて(社会 人として、医療者として注意しなければなら ないこと)その1」

講師はOT日野上さん(松原事業所主任、心意気実践チーム)。

出だしから熱い熱い講義!

「みなさん、どうですか?」
オンライン上で日野上さんの大きな声が響きます。

クイズとしながら、参加者のみなさんに問いかけながらヒトの先入観や思い込みについてのお話しがありました。
35A96259-FF07-46CC-B6B6-504DECE125DB.pngF7341AD4-92E5-481D-8EAE-245D5ACEE7EE.png B39DAC54-D9C8-4F1E-ACB9-F612D630287C.png 
みんなで考える場を作ってくれました。
55F1DE9A-CFCE-46F0-8910-C7A74D71C485.png
本日は11人が参加。

在宅生活での目標設定について…

自分で考えてチャットワークでアウトプットします。
BA952D98-DE5B-4E64-8555-5D2DEC13D292.png
たくさんの意見が出てきます。
弊社ならではの意見が散見されました。


在宅生活を送る上でキーになる転倒予防について
49C658E3-31E1-44A4-9150-BA90CA46C88A.png
DF62B30F-9FA4-4E83-9089-DE89D1FA98AE.png
CAEE45A2-0AFF-46B0-B88A-CF9CFC1959F2.png
394E8185-7F93-4817-B806-74BDC8F24F38.pngBFEE1072-59B4-4DE0-9C3B-FC6C54368A3B.png
あっという間の45分でした。

インタラクティブな(講師-参加者の両方向性)研修は、参加者もただ聴講するだけでなく、講師からの問いかけについて自分で考えて、それをアウトプットしての繰り返しで、時間が過ぎるのはあっという間です。

その分、準備をするときにいろいろなことを想定しておかないといけないと思います。

自分で考えてアウトプットするので、とても気づきや学びが多いように感じました。

日野上さん、講義ありがとうございます。

参加者の皆さんもありがとうございます。
posted by Active at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年04月23日

新人教育プログラム オンライン講義「デイサービスに関する法制度の理解その2 (個別機能訓練加算、実際のリハについて)」


人材開発室の軽部、伊藤です。

「デイサービスに関する法制度の理解その2 (個別機能訓練加算、実際のリハについて)」

講師はOT・介護福祉士の室之園さん(泉北・心意気実践チーム)
001E89E1-59BF-45C1-8F9F-D146297625FD.png
写真左上から時計回りに、OT好美さん(吹田)、人材開発室PT軽部、OT伊藤、OT室之園さん、OT荒木さん(今里)、PT水上さん、松原さん(松原)、PT太田さん(堺)

個別機能訓練加算について
C5F447CC-74AA-4D0F-9E6D-A68CC64F8645.png
61C5C78E-45E9-4D01-A3A8-35C948688671.png
1FB1F711-811A-4F8D-952C-2390D6DA05A4.png
泉北事業所での具体的な取り組みのお話しもありました。


zoomのブレイクアウトルームを使ってのグループワークをやってみました。

オンライン講義では初めての取り組みでしたが、みなさんワイワイと交流しながらの対話ができていました。
6CFD9E99-20A3-48BD-8B1C-352CCD9ED7B3.png
20CC3CE1-FED8-4CC8-B69E-820E6F50E595.png4B6807F6-9BC3-4912-A974-8D763FCBE460.png

今回の講義を受けて、まずはケアプランをしっかりと確認しながら、利用者さま本位の個別機能訓練になるように、通所介護計画を練っていきましょう。

室之園さん、参加者の皆さんありがとうございます。
posted by Active at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

新人オンライン・ダイアログ


人材開発室のいとうです。

今年度入職された新人療法士さん向けの初回オンライン・ダイアログでした。

昨年度から開始した取り組みですが、参加は任意で希望者の方となります。業務を優先しながら参加していただいていました。

この日の参加者は、OT好美さん(吹田)。

ダイアログについての説明の後に、好美さんのデイサービスでの仕事の現在の状況を聴き取りをしました。
A5CC7F12-D9CD-4BBD-BF0E-40ACDB05E5C9.png
クリアすべき課題が見えてきて、少しずつですが職場にも慣れてきているようです。

新しい土地で新たな仕事…

それはほんとに大変なことだと思います。

たくさんのトライ&エラーを重ねながらでいいので慣れてくればと思います。



ダイアログとは…
5672B5E3-3324-46CF-9995-C2378700C74F.png554795A7-DAA5-41D7-A927-45451A7EAF31.pngFAA4DE22-A213-456B-A223-07C8B0B59FE1.pngFAB70421-6A9E-43E1-93AA-749CA405AA0A.png
▼オンライン・ダイアログとは↓

一方向の研修や講義とは違い、知識とは参加者の皆さん同士でなされる対話を通して、相互作用の中で作られるという社会構成主義の考え方をベースにしています。

進行役や講師とのやり取りだけでなく、ときには雑談も交えながら参加者同士の両方向のやり取りで学び合う場になることを目指しています。


◉新人さん同士がときには雑談も交えながら交流し、対話のなかから日頃の疑問や問い、課題を捉え直して、目標設定や課題解決、改善案を参加者のみなさんと考える場になればと思います
◉途中参加、退席オッケー
◉新人さん以外の方の参加も可能です
◉毎月第4木曜日17時15分〜18時ごろまで

次回は5/27木曜日17時15分〜

まずは気軽に参加してもらえたらと思います。

回を重ねることで、少しずつオンラインの場にも慣れてくればお互いに気兼ねなくお話しできるようになると思います。
posted by Active at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年04月17日

新人教育プログラム オンライン講義 「デイサービスに関する法制度の理解その1 (介護保険制度の概要、デイの役割)」


人材開発室PT軽部、OT伊藤です。


弊社の2021年度新人教育プログラムのオンライン講義が始まりました。

新人療法士さん向けは、
第1・3(金)16:30~17:15の日程。

2年目療法士さん向けは、
第4(金)16:30~17:15の日程。

※もちろん1,2年目以外の職員の参加もお待ちしています
※録画収録されていますので、後日閲覧することも可能です。各事業所にURL等を送付します


初回は、OT日野上さん(松原事業所主任、心意気実践チーム)からの講義です。
7BD01834-0B80-4D46-B0E3-44635F7BF52E.png
3B19FDDE-96E1-42E7-B13F-CD34278222EA.png

弊社の新人療法士のみなさんは、訪問療法士として地域で活躍してもらうために、先ずは通所介護事業所のデイサービスにて、しっかりと1年をかけて現場経験を積んでいただいています。
B0334CBE-742B-4E3A-86D1-141E93C5F7EA.png2977E2BB-5544-472F-A478-3FBCAC044D2B.png
その上でも欠かせない介護保険制度の中で仕事をしていることを意識できるとても分かりやすくて重要な内容でした。

新人オリエンテーションのなかでも、介護保険制度について阪東代表から話しがありましたが、入職してから2週間が経過しようとするタイミングでの講義で、より理解が深まったのではないでしょうか。

日野上さん、介護保険制度改定にともなうLIFEの事務作業をはじめ、養成校での講師、訪問リハビリテーション協会学術大会の準備などで、超多忙ななかのオンライン講義ありがとうございます。

新人療法士のみなさんも引き続き一緒に勉強していきましょう。



When one person teaches.
Two person learn.
"独りが教えると、両方学ぶ"

教える人が学ぶ姿勢を見せ続けることで一緒に変われる。

教える側が学び、ともに成長するという関係性へ。

"よき臨床から、よき教育と研究が生まれる"
"よき研究から、よき臨床や教育も生まれる"
posted by Active at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年04月14日

オンライン・ダイアログ(2年目療法士向け)


人材開発室・心意気実践チームのいとうです。


第二火曜日の夕方は昨年度から続いているオンライン・ダイアログでした。 

▼オンライン・ダイアログとは↓

2年目療法士の方々を対象に開催しました。

この日はPT藤島さん(松原)が参加してくれました。

近況報告とオンライン学会のことを少し雑談した後に、
「相談したいことがあって参加させていただきました」
とのことでした。
本当にありがたいことです。

相談の内容は…
デイサービスと就労支援カフェの利用者様で、各療法士の養成校と相談しながら"リハビリモデル"としての活躍を目指しておられる森さんの具体的なサポートについてでした。

森さんのリハビリモデルの様子
CD236A05-C9A7-4902-A699-7DD6B6A5089F.jpeg
▼森さんの紹介はこちら↓

「森さんのサポートで何かできればと思って…」
と、藤島さんご自身はお休みの日にもかかわらずこの日のオンライン・ダイアログに参加してくれました。ありがたいことです。

zoomのホワイトボードに書き出しながら、森さんが今までやってきたこと、今やっていること、これからできそうなことを1つずつお話しを聞いてみました。
57E8E92F-9D3E-46EB-875C-F7D41C41D63E.png

熊本にある藤島さんの出身校でのリハビリモデルについて、すでに学校側に提案し、相談してくれていました!

感染拡大防止のために、もしも実習先の病院などへの実習中止という事態になった時に行われる学内実習の充実を図ること。

これは学校側でもとても憂慮していることかと思います。

そこにわたしたちが何かしらお手伝いできることは、利用者様と学生さんにとっても多いに意義深いことだと思います。

学生さんにとっては良い学びの時間になるはずです。

利用者様にとっては、新しい出会いと自分しかできない役割、やりがいある仕事をもたらしてくれるでしょう。

それをサポートするのも、やりがいあるのは間違いありません。

引き続きサポートできることを考えて実行します。


昨年度から続いている藤島さんとのオンライン1on1のダイアログの場は、互いの心理的安全性が確保され、気兼ねや遠慮はほとんど無く話しができるようになりつつあります。

雑談を交えながら、利用者さまとのコミュニケーションや人間関係などについて、藤島さんが今、心に少し引っかかっていることを話してくれました。

その具体的な内容や方法を深掘りし、課題を捉え直しました。

それらに必要と思われる知識やスキルフルな部分を提案し、課題解決案を一緒に考えさせていただきました。

「そういうことですよね」
「やってみます」
と、少しスッキリした表情の藤島さんでした。


来月もオンライン・ダイアログ(2年目療法士向け)を続けてみようということになりました。

継続は力なり。

他のみなさんの参加もお待ちしております。


次回は5/11火曜日17時15分〜を予定しています。毎月第二火曜日17時15分〜18時頃まで。


なお新人オンライン・ダイアログも開催予定です。
新人さん同志の交流と各事業所での業務の状況などを情報交換して、各々の課題と取り組みを共有できる場にできればと思っています。
日程を調整次第、参加URL等をご案内いたします。
▼昨年度のオンライン社内学会(アクティブ学会)前ダイアログの様子↓



When one person teaches.
Two person learn.
"独りが教えると、両方学ぶ"

教える人が学ぶ姿勢を見せ続けることで一緒に変われる。

教える側が学び、ともに成長するという関係性へ。

"よき臨床から、よき教育と研究が生まれる"
"よき研究から、よき臨床や教育も生まれる"
posted by Active at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室