2022年05月23日

屋外歩行練習の合間の楽しみ方。


発掘あるある広報室のいとうです。

D56750EE-491A-4A49-9A19-6012E277BBFB.jpegB031168A-A664-4B12-8D90-289189A1E3E9.jpeg
春のいい陽気で、花も変わる変わる咲くエエ季節です。

屋外歩行練習の合間に、Googleグーグルレンズでの写真検索機能を利用者様と楽しみに活用しています。

少しだけ立ち止まって、パチリっ!


使い方)

まずはGoogleのアプリをインストール。
※簡単スマホなどはアンドロイドなのでGoogleは元々インストール済みです
7B57E5CB-B69C-43FF-ACF3-74453C5D9CEB.jpeg
画面右中上のカメラマークをタップ。
EEA5CAE1-B7B1-446C-A494-F7B5AA304840.jpeg
これがGoogleレンズです。


歩行練習の合間に気になる花、名前がわからない花を。
BF1E5042-35B2-4482-9F9C-772CCDAD215A.jpeg
撮ります。
パチリっ!


検索結果が出てきます。
111A91C7-F7C1-4155-8A5E-1346C3C1871F.jpeg
EDAE6A46-3BCE-40E0-A8D2-42AE37CE6CD0.jpeg
お花の名前だけでなく、原産地など、価格も出てきてネットショップで買えてしまいます。


撮ってみます。
パチリっ!
0A6BF749-1072-492B-B93E-F73550A2A987.jpeg5C9832A5-A924-46E4-ACDA-5CFCCE59EA86.jpeg

これも撮ってみます。
パチリっ!
946FA715-264B-44DD-8115-AD3D669267A0.jpegEBFD843B-6C82-4993-8D84-4261FAB0EC85.jpeg

お花の写真検索だけでなく、古本やアンティーク品などの写真検索も使えそうです。

野鳥も写真検索してみたいけど、なかなか撮れるタイミングがない…

他にもたくさん使い方がありそうな便利機能です。

ぜひご活用ください!
posted by Active at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 発掘あるある広報室

2022年05月17日

ナラティブ・ムービーをつくってみませんか。

DCF11033-373D-4839-9E39-5BD8A949A453.png

F54B482D-E811-4272-A2E3-B6C1254FC368.jpeg

71F39027-362A-4E1F-96A3-527B363B977B.jpeg

6FA1C45D-B1CB-46FE-94B3-BE2F9CE3DBE3.jpeg

発掘あるある広報室のいとうです。


ナラティブ・ムービー第2弾です。

重い右片麻痺と失語症がある弊社デイサービス、訪問リハ利用者の村上俊秋さま。

常にご夫婦で目標を設定・共有し、リハビリに前向きに取り組まれる姿勢には、いつも勉強させていただいています。

▼パターゴルフでの様子↓

いつもこちらが引っ張っていただき、一緒に成長できる関係性があるように勝手ながら感じています。


ナラティブ・ムービーは、弊社サービスの利用者さまとご家族の日頃のがんばりや笑顔をオリジナル動画にし、動画URLを利用者さま、ご家族にプレゼントしています。※無料です

利用者さま、ご家族から使用許可を得た動画や写真を広報室へいただければ作成可能です。

サンプル動画もありますので、作成を希望、検討される方がいましたら広報室までご相談ください。

※動画URLを知っている方にしか閲覧できない限定公開にさせていただいています。 

ご家族からのコメントを以下に転載させていただきます。
リハビリをしている姿は自分では見る事が出来ません。
過去を見て快復してる姿は励みになります八分音符
この様な記録を作る技能も無いので有難いです四つ葉
健全な頃の自分を思いだしその頃に近づきたいと思うでしょうね(頑張る)
昨日よりも一歩多く歩けた️
この一歩は大きな一歩です四つ葉本人は勿論の事OK!家族も大きな励みと喜びですメロディきらきら



▼ナラティブ・ムービー挿入歌の社歌は、音楽家OT武(たけ)さん(今里事業所)が作詞作曲した渾身の一曲です。

☆発掘あるある広報室☆
ST水野江美(松原)、ST松本紀子(堺)、ST東田菜摘(堺)、PT大家正弥(泉北)、OT伊藤健次郎(人材開発室・心意気実践チーム)
posted by Active at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 発掘あるある広報室

2022年03月27日

2022年度入社式、新人オリエンテーション


発掘あるある広報室のいとうです。


3/27の午後は2022年度入社式・オリエンテーションでした。

9名の療法士が仲間入りを果たしてくれました。
8EB57509-C455-420C-8E9D-24F4E48B0CC9.jpeg


代表のOT阪東からのあいさつです。
EF4786B6-69F9-46F8-9FD2-57320485DF6F.jpeg

辞令交付。
8508C95A-D553-47D1-A536-E19844029325.jpeg


大阪法人統括のPT中原から理念やスローガンと弊社が提供しているサービスの介護保険制度について説明がありました。
0657DC09-38E9-4594-B4F4-A5A1761CFCB3.jpeg
90E4573C-6C70-438F-91B7-0179BB1D06B3.jpeg


松原法人統括のPT長西からは社会人としての心得や生活面等についてのお話しがありました。
12B01EC8-74FB-4FB2-8D21-1678A4609530.jpeg


人材開発室PT軽部からは新人教育プログラムについての説明がありました。
7CFDC8BB-781C-402E-B962-E249FAA5B2FF.jpeg


締めのお言葉は。
0CBE4FA6-5424-440F-8423-054EF31B5504.jpeg


担当バイザーさん、職員のみなさん、利用者さまとご家族のみなさま、地域のみなさま、地域リハを担うこれからの人材をみなさんで育てていきましょう。
心からよろしくお願い申し上げます。

新人のみなさま、全国に数ある職場のなかからよくぞアクティブを選んでくれてありがとうございます。
1つずつ一緒に勉強していきましょう。
posted by Active at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 発掘あるある広報室

2022年02月18日

ホームページをリニューアルしました!


発掘あるある広報室です。


ホームページをリニューアルしました!

これまでのトップページにアクセスすると自動で新しいホームページに移動します。

自動で移動しない場合はブラウザの更新ボタンをクリックしてください。

また、ブックマークされている場合は変更をお願いいたします。


FB69FF40-CCD6-42B9-98EE-7CE9229E055A.jpeg

5DC102BD-F2DD-438D-B62E-1E29993FE033.jpeg

FE6F4345-C5F8-4A67-A874-2F2597660666.jpeg

AE690545-822E-4A9E-9E7C-F357910A7B0B.jpeg

2ED81AD4-55B5-4367-A11C-8EE5FDB3316A.jpeg

34FA6477-D0C4-4BB3-8F00-3EFB8D8387CA.jpeg

BF5C47FE-1A1D-4A8F-AB3E-7B95A1C7C596.jpeg

02C2FD2B-C53A-430A-B86A-6F64A5D0F658.jpeg

B3205DDA-C951-4C5C-B5F7-1F78265AC290.jpeg


新しくなったホームページを利用者さま、ご家族、ケアマネジャーさん、地域の関連機関にもご案内ください。



新しいホームページは、昨年6月から広報室で具体的な下地をつくり、各事業所の責任者や現場のみなさん、利用者様のご協力をいただき、動きのあるホームページに仕上げました。

ご協力いただきありがとうございます。

会社や職員のみなさん同士の今の動きがわかりやすいようにするために、ブログのように自分たちの手で随時編集・更新しやすいホームページ制作サイトを選定しました。

職員のみなさんから、利用者様への関わりや取り組みで、掲載したい写真や動画素材の提供を随時広報室にてお待ちしています。
※もちろん利用者様やご家族に同意をいただいてください

みなさんでより良いホームページに仕上げ続けていきましょう。



追記)
新ホームページ制作は自社ブランディングへの取り組みの一つとして広報室で取り組みました。

制作にあたって、まずは会社の創設の歴史を時代背景もあわせて振り返りました。

そして、制作のなかで会社の理念やスローガンを再確認できました。

随時編集・更新できる新しいホームページをとおして、会社の理念や会社と社員のナラティブ(語り)、個々のストーリーを共有し、互いに共感できるパーパス(存在意義、働く目的)を確認し合うことで、仕事に働きがいをもたらし、より良いサービスの向上と継続的な成果の達成へとつなげることができるのではないか、と考えています。

▼発掘あるある広報室について


参考)
▼オウンドメディア(自社のホームページ等の情報媒体)の頻繁にアップデートできれば…
posted by Active at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 発掘あるある広報室

2022年01月26日

訪問看護について。


広報室いとうです。

訪問看護について

転載させていただきます。

たくさんの気づきや学びがある記事でした。



備忘録メモ)

訪問看護という仕事の特徴は、「病気と治療と暮らしの3つをよく知ったうえで、その人や家族の思いを叶えること」

看護実践にはリスクが伴います。 だから国家資格になっているわけですが、「危ないからやらせない」という哲学の看護管理者は少なくありません。 そうではなく、看護師が「診療の補助」行為を行うことで、患者さんの生活の質が向上する可能性もあると思っています。

「訪問看護師は現在、全就労看護職の中の4%に過ぎませんが、将来的には20%まで増えてもよいのでは」


前編
https://kaigo.homes.co.jp/tayorini/thanatology/010/

中編
https://kaigo.homes.co.jp/tayorini/thanatology/011/

後編
https://kaigo.homes.co.jp/tayorini/thanatology/012/
posted by Active at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 発掘あるある広報室

2021年11月19日

リハビリモデル@大阪行岡医療大学

発掘あるある広報室のST東田です。

11/11(木)
大阪行岡医療大学医療学部理学療法学科からリハビリモデルの依頼をいただき、弊社の訪問看護リハやデイサービスの利用者様3名、スタッフ3名の"チームアクティブ"で行ってきました。
▼大阪行岡医療大学

72B5DCF1-8229-46B9-A976-2D199F609996.jpeg

LINE_ALBUM_211119_4.jpg

新型コロナウイルス流行によりなかなか養成校への訪問ができていませんでしたが、久々の養成校での活動の機会となりました!

今回ご参加された利用者様は3名です。
LINE_ALBUM_211119_6.jpg

LINE_ALBUM_211119_7.jpg

LINE_ALBUM_211119_8.jpg

同行は吹田からOT伊藤さん、
堺からST東田、そして11月に入職したばかりのST本永さんです。

LINE_ALBUM_211119_21.jpg
学生さんたちは、真新しいケーシーに身を包み緊張した様子。
今日のために覚えた評価方法や声かけを懸命にされており、
初々しい姿がとても印象的でした。

================================

「体触るだけじゃもったいない!」と
自ら体を動かす様子を見せるK様。
LINE_ALBUM_211119_0.jpg
弊社デイサービスでも周りを引っ張る親分肌が印象的ですが、
この日も学生さんたちをグイグイと引っ張っておられました。


養成校でのトークライブやリハビリモデルも数多くこなされ、
学生さん大好きなT様。
LINE_ALBUM_211119_26.jpg
穏やかな語りで的確なアドバイスをされていました。
学生さんたちの緊張も溶けた様子でした。


失語があるのも、何のその。
学生さんに自ら話しかけにいくS様。
LINE_ALBUM_211119_9.jpg
「何か質問ない?」「みんなどんどん!」と声をかけると
黙っていた学生さんからも新しい質問が生まれていました。


学生のみなさんにとって、
実習や臨床に出る前の良い経験になっていると幸いです。
また、利用者様にとっては電車を乗り継いでの移動もあり、
よい活動・参加の機会になったと思います。

================================

今回リハビリモデルをされた利用者様から
感想、学生さんへのメッセージをいただきました。

【K様より】
 みんなちょっとおとなしかったかな?
 自分が触るの怖がると、患者さんにも伝わる。
 萎縮せんように。
 これからの練習次第!怖がらず前へ!

【S様より】
 緊張してたけど、それはべつにいいよ!
 みんなようやってた。普通に出来てたよ。
 心配せんでも大丈夫!

【T様より】
 昨日は貴重な時間をありがとうございました。
 学生さんの持つ力に、本当に楽しい学びをさせていただきました。
 多少の肩こりはありますが、身体の負担はさほど感じておりません。
 学生さんは真面目で礼儀正しく感じました。
 チームワークも大切にされていました。
 これまでかなりの学習、練習を積み重ねてこられたと思います。
 これからまだまだ実践を積み重ねていくことになるのでしょうね。
 頼もしい成長ぶりを期待し、やり遂げることを信じています。
 成長には、メンタル面もとても大切だと思います。
 一人で抱え込まないで欲しいと思います。
 可能であれば相談に乗ります。

================================

また、今回は入職して間もないながらも同行サポートに協力してもらったST本永さんからも感想をいただきました。

 今回初めて公共交通機関を使って、
 利用者様と一緒に移動させていただきました。

 事前に駅の構造やルートなどを調べて臨みましたが、
 実際に移動してみると、エレベーターが遠かったり、
 トイレの入り口に段差があったりと、
 ちょっとした障壁が多いことに気が付きました。

 階段や狭い通路を通るたびに「大丈夫かな?」と心配していましたが、
 利用者様は慣れている様子でスタスタと歩いていかれ、
 どういった場所が歩きにくいかなどのポイントを教えて下さいました。

 付き添いでの同行という立場ではありましたが、
 逆に様々なことを教えていただけた1日となりました。

利用者さまとのコミュニケーションについて、学生さんから質問を受けて丁寧に説明するST本永さん。
1D6CB9FF-89D2-455A-921A-E4462D61EA73.jpeg

================================

私も1日、移動も含めて同行させていただきましたが、
そもそも利用できる公共交通機関に限りがあったりと、
バリアフリーやユニバーサルデザインの理想とはまだまだ遠い現実を身を持って感じました。

同行した私達よりも、当事者様の方がその場その場の対処方法をご存知で、こちらが勉強させていただくことが多かったです。

================================

【こぼれ話】
LINE_ALBUM_211119_39.jpg
こちらの写真は、行きの電車でK様とS様がお話をされている様子です。

K様が「何でも挑戦や!」とS様に伝えているまさにそのシーンです。
自転車、料理、ゴルフ等々・・・
様々な事に挑戦してきたK様の活躍を聞いてS様は驚かれていました。
「何でもやればできる!」とK様が後押しをされていました。

当事者同士の素晴らしい交流だと思いました。
「ピアサポート」のあり方をお2人から教えていただいたようで、
今回とても印象に残ったシーンでした。

================================

今回は初めて複数人の利用者様による養成校でのリハビリモデルとなりました。

大学側の講義計画や意図などを仲介し、それらを利用者様にわかりやすくお伝えすることなどに課題を残しました。

利用者様からも忌憚のないご意見やご提案をいただいていますので、それらを大学側にもお伝えして改善を図ってまいります。

次回の活動に向けてよりよい準備ができそうです。

最後になりましたが、
全面的に協力していただいた松尾教授をはじめ大阪行岡医療大学の先生方、学生の皆様、
弊社の利用者様に新たな活動・参加の機会とスタッフの学びの機会をいただき、本当にありがとうございます。
熱心な学生さんのこれからのご活躍が楽しみでなりません。
これからもよろしくお願い致します!



弊社の心意気実践チームと広報室では、2013年から利用者様のPT,OT,ST養成校や看護学校での活動・参加のサポートを続けています。

利用者様によるリハビリモデルや

トークライブ、失語症漫才、学内実習の

仲介や同行サポートなどと、

それらの広報動画

”アクティブタレントファイル”の

制作、配信等をしています。

posted by Active at 13:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 発掘あるある広報室

2021年10月19日

第18回日本訪問リハビリテーション協会学術大会in高知2021にて2演題報告しました。


発掘あるある広報室のいとうです。

2C85107B-7315-41B4-9197-0820EF18657A.jpeg1A0E2000-8143-4A39-8744-21DCA2F5CDC3.jpeg

先日WEB上にて行われた第18回日本訪問リハビリテーション協会学術大会in高知2021にて、上記2演題の発表・報告をしました。


「夫の免許返納に伴い電車での通院が必要となった通院練習を通して〜心意気実践チームの活動紹介〜」
OT日野上 貴也さん(松原事業所主任、心意気実践チーム)

「職場コミュニティの醸成に向けて〜組織文化を耕し続ける〜」
OT伊藤 健次郎さん(心意気実践チーム・人材開発室)
▼ナレーション動画↓



お詫び)
二人とも慣れないオンラインで行われた本会の質疑応答の方法をしっかりと理解しておらず、質疑応答の対応ができず大変申し訳ありませんでした。もし質問して頂いた方がいらっしゃいましたら、アクティブ訪問看護ステーションまでお問い合わせください。どうぞよろしくお願い申し上げます。
posted by Active at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 発掘あるある広報室

2021年09月14日

当事者のお話 〜病気や障がいをみるのではなく、その人をみる〜 高次脳機能障がい当事者の石本さんと対談


心意気実践チーム・人材開発室・発掘あるある広報室のOT伊藤です。


9/8、14、21or28 「令和3年度高次脳機能障がい地域支援者養成研修」(大阪府高次脳機能障がい相談支援センター主催)にて、訪問看護リハ利用者さまの高次脳機能障がい当事者の石本さんとの対談を通し、当事者の声を届ける機会をいただきます。
2E93F9C9-243C-47A6-A16A-03EFA77E63D3.jpeg

石本さんとの関わりを通して、今もたくさん勉強させていただいています。
7083576D-CEB3-4489-AE71-7471940AA9F3.jpeg
そのなかの欠かせない関わりのひとつでもあるのが、"病気を診る"だけではなく、"病いを抱えたその人を診る"、"共に変わろう"というナラティブ・ベースド・メディスンの視点。

▼研修の詳細です。
https://www.pref.osaka.lg.jp/attach/12004/00000000/youseikensyu.pdf
※現在、定員に達し募集は締め切っています

▼大阪府高次脳機能障がい相談支援センター
https://www.pref.osaka.lg.jp/jiritsusodan/kojinou/index.html

▼大阪府の高次脳機能障がいの支援拠点機関は、下記の通りです 
<障がい者医療・リハビリテーションセンター>
相談部門: 大阪府障がい者自立相談支援センター 電話:06-6692-5262 ファクシミリ:06-6692-5340
医療部門: 大阪急性期・総合医療センター(リハビリテーション科)(外部サイト)  電話: 06-6692-1201(代)
訓練部門: 大阪府立障がい者自立センター  電話: 06-6692-2971   ファクシミリ: 06-6692-2974
 *大阪府立障がい者自立センターは、施設入所支援、自立訓練(機能訓練・生活訓練)を行う施設です

<堺市立健康福祉プラザ生活リハビリテーションセンター>
堺市にお住まいの方が対象です。
電話: 072-275-5019   ファクシミリ: 072-243-0202



▼石本さんが開発したオンラインビジネス統合型プラットフォーム「PALETTE:パレット」

96209CAB-2DC1-46DC-94B2-5145BD9E4134.jpeg

D5A577E2-B7EA-4673-A574-7D9595DC0124.jpeg

E77A7A04-0F58-412C-982D-A00B3FEB5E7A.jpeg


☆登録無料でデバイス1つ、WEB環境さえあれば、”いつでもどこでもビジネスが出来る"
☆障害のある方々のおしごとづくりも拡げる可能性を秘めている「PALETTE:パレット」ぜひご活用を検討されてください!!

E0388CAE-DB61-497E-9020-B6BCB27B05A2.jpeg
パレットのビジネスモデル(いとう作図)
posted by Active at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 発掘あるある広報室

2021年06月18日

6/17オンライン体操 キックオフ!

36878629.c2b9e027a81906c282998f438ca1e6c0.21061707.JPG
発掘あるある広報室ST東田(堺)、PT大家(泉北)です。

6月17日、弊社総合事業部のPT谷村さんとコラボし、
オンライン体操を行いました。
S__17555484.jpg
アクティブデイサービスの全事業所とご希望の利用者様を
リモートでつなぐ初の試みです!

訪問リハ利用者様(吹田のOT内島さん担当)も
ご自宅から2名参加してくださいました!
そのお一人はご自身でzoomに接続されました!スゴい…


36878652.0a06ae41a0b457d20704c56b31d68940.21061707.JPG
@吹田
S__17555482.jpg
@松原
IMG_5446.JPG
@堺
36879570.4203254bd3318d6575edb08c5c263b7c.21061707.JPG
@泉北


今回は、PT谷村さんが『いきいき百歳体操』を
デイ向けにアレンジしてくださいました。
(外部リンク)
いきいき百歳体操の取り組み-厚生労働省

椅子に座りながらゆっくりと行える体操ですが、
全身にアプローチできる内容で、
「結構効いた!」とのことです。

今後も、リモートを活かし大阪府下各事業所をつなぎ、
体操はもちろん、レクリエーションなど
幅広い活動に発展できたらと思います。

オンラインでデイサービスの各事業所を
繋ぐという新たな取り組みでした。
とてもワクワクしました!

参加してくださった利用者の皆様、各事業所のスタッフのみなさん、そして体操指導してくれたPT谷村さん、ありがとうございます。



追記)
オンライン体操の当初イメージ(今年2月頃から企画検討中、広報室より)
◉対象(To whom:誰のためにするのか)
→デイサービスの空き時間(11時〜や15時半〜、始まりの会など)
→コロナ休止中の方々(要オンライン環境の整備)
→広報室や他スタッフ作成動画を録画することで後日配信、視聴も可能
→訪問利用者様(要オンライン環境の整備)

◉+アルファ
→金曜日午後の1〜2年目の方々の仕事、オンライン指導経験にもなれば…
→新規事業化
☞外部の入居施設や企業向けの営業活動へ(介護予防だけでなく産業リハ分野へのアウトリーチ)

◉オンライン動画ネタ(案)

1.起立着座オンライン自主トレ☞ST碓井さん起案
C89027D7-6349-4384-A419-E7C4801E2720.jpeg

2.口腔・食前嚥下体操オンライン自主トレST松本さん起案

3.転倒予防体操オンライン自主トレ、ライフキネティック(PT馬場さん)☞いとう起案

4.失禁予防・骨盤底筋群体操オンライン自主トレ☞ST松本さん起案

5.屋外歩行VR(坂道、海外旅行等の画面共有)の歩行訓練オンライン自主トレ☞ST東田さん起案

6.各事業所デイの体操をシェア、オンライン化、朝の会のシェア(月1回)☞PT大家さん起案


☆他事業所間とのオンライン体操&各事業所オリジナルのレクで交流会&コグニサイズ&口腔体操&リハ栄養講話などを検討中、アイディア電球募集中です!


☆PT谷村さんによるテレ体操も募集中!
5D118838-5C2F-4D6B-BCD4-5736749E8511.jpegAEF62C7E-E3FE-4311-99B7-9429FF9F64E5.jpeg
posted by Active at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 発掘あるある広報室

2021年05月12日

訪問お作法チェック表


発掘あるある広報室のST東田(堺)、PT大家(泉北)です。


新たに訪問リハに出られる2年目の療法士さん向けに、
『訪問お作法チェック表』を作成いたしました。
スクリーンショット 2021-05-12 15.40.30.png


広報室会議にて、アクティブYouTubeに訪問マナー動画リストを作ろうと話が出た際に、
動画を見るだけでなく、

これから訪問リハ業務に従事する2年目療法士の方々にも使ってもらえて、

直前に確認できると振り返りやすいと考え、チェック表という形で作成いたしました。


入室前、入室中、退室時に分け、それぞれの確認事項をコンパクトにまとめています。

訪問前にサッと確認できるように作っています。

作成するなかで、自分が訪問に行く際のことを思い起こしながら、何気なくしてしまっている改善すべき所作を発見することができました。


アクティブのYouTubeチャンネルでは、
訪問マナーに関連する動画を集めた再生リストも作っています。
訪問前、訪問後の確認にお役立ていただけたらと思います。
↓クリックで再生リストへ飛べます。


実際にチェック表を使ってみて、
改善できる点などありましたらご連絡ください。
よろしくお願いします。
posted by Active at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 発掘あるある広報室

2021年04月23日

コラム掲載させていただきました。


心意気実践チーム・人材開発室・発掘あるある広報室のいとうです。


2021年3月18日発刊
臨床作業療法NOVA「当事者と作業療法 障害や病の経験から学ぶ力を鍛える」田島明子編著、青海社
ADA777F0-C18F-4E39-AE27-8EC64BDD4B4B.jpeg

この本のなかには、まだまだ聞き慣れない"当事者セラピスト"の方々の記事がたくさん掲載されています。

障害や病の当事者でもあり、療法士でもある"当事者セラピスト"でしか、知り得ない過去の描写や胸に突き刺さる深い考察が記されています。

今までの自分自身の作業療法士としての関わりを自戒の念を抱きながら一気に読み進めました。


回復ありきで患者さまや利用者さまに関わって、思うように回復しない時にその責を患者さまや利用者さまに押しつけていなかったか…

心から共感し接することができていたか…

病気や障害を診るのではなく、その人をみれたか…

寄り添えていたか…

寄り添い過ぎていなかったか…

ともに成長できる関係性にあったか…

一緒に変わることができたか…


自分に向けて問いかける本質的な問いがうまれる必読の一冊です。


編著を担当された田島先生とのご縁もあり、コラム寄稿の機会をいただきました。04DCE77C-65D7-4CF3-B200-4E0FAEBF8032.jpeg
B99054F6-FA37-4CC1-8BC4-D18C95A10308.jpeg

コラム「働くをつくる」がわたしのお題でした。

支援のあり方から取り組んできたこと、まだまだ途上にある組織づくりのこと…限られた誌面に目いっぱい書かせていただきました。

この続きは、日本訪問リハビリテーション協会学術大会2021高知にて報告予定です。


4/25発刊記念イベント
ぼくも参加します!
A3FF4240-D66D-464D-8EAD-A46532A84A6A.jpeg
▼申し込みはこちら↓



参考)
この本とは関係ありませんが、"寄り添いハラスメント"のという気になる言葉を紹介します。
FBB887CD-D7A4-48C9-8879-35AB6B95DD4F.jpeg

大阪ガス勤務でがん経験者の谷島雄一郎さん(43)は、こう語る。
「『寄り添う』の延長線上にある励ましや共感、忠告は、相手が善意のつもりであっても、がん経験者や家族が傷つけられることがあります。つまり、寄り添われる側から見れば、時に諸刃の剣にもなりかねない、正解がなくて、悩ましい言葉なんです」

谷島さんの記事↓


がん当事者の家族だったわたしにとっては、とてもとても共感できる言葉でした。

支援者としての関わり方、寄り添い方を考えるヒントにもなるのではないでしょうか。
posted by Active at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 発掘あるある広報室

2021年03月26日

2021年度入社式、新人オリエンテーションより


広報室のいとうです。

入社式です。
7194713F-4DD6-437E-B4DB-971B91924D99.jpeg
BEB15159-E333-42C7-9190-FCFA425DDE84.jpeg
D3F54435-F266-4F8C-A742-7729FCD7BA8F.jpeg9A2B7711-370E-4164-8FE6-BB5FD3281B17.jpeg

新人のみなさんです。
AEF6E150-378D-4750-8EB5-397099F3C2F5.jpeg
写真左からOT好見さん(吹田)、PT荒木さん(今里)、PT水上さん(松原)、PT松原さん(松原)、PT太田さん(堺)

上記のみなさんに加えて本日は諸事情により欠席のPT山口さん(今里)。



職員のみなさん、利用者さまとご家族のみなさま、地域のみなさま、地域リハを担うこれからの人材をみなさんで育てていきましょう。
心からよろしくお願い申し上げます。

新人のみなさま、全国に数ある職場のなかからよくぞアクティブを選んでくれてありがとうございます。1つずつ一緒に勉強していきましょう。
posted by Active at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 発掘あるある広報室

2021年02月18日

アクティブ公式YouTubeチャンネル開設しました!


発掘あるある広報室のいとうです。

アクティブ公式YouTubeチャンネル開設しました!

▼チャンネルはこちら↓

DB8D75AB-AC4E-4308-86B1-FE8F79950E2E.jpeg

少しずつ公開動画をアップしています。

視聴閲覧、チャンネル登録お願いします!
AD41B09F-15FF-4743-9524-D56D118A13C3.jpeg
posted by Active at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 発掘あるある広報室

2021年01月19日

ブログやってみませんか。


発掘あるある広報室のいとうです。


ブログの入力、記載、記事アップを通した一つの仕事の方法にチャレンジしてみませんか。


ブログの入力、記載、記事アップを通して…

○利用者様との関わりを振り返ることで学びや新たな気づきの機会になります

○文字にすることで、自分の関わりを整理でき理解が深まります

○利用者様同士や利用者様のご家族、知人等とのつながりを持つ機会になります

○利用者様同士のつながりがピアサポートの役割を果たすこともあります

○利用者様同士やご家族のつながりでお互いにエンパワー(元気づけ)されます

○職員個々の働きぶりが分かり参考になります、刺激と元気をもらえます

○ブログを見た学生さんが就職を考えるキッカケになることもあります

○ブログを見た世の中の人たちが、私たちを応援するアクティブファンになってくれる可能性があります

などなど…

新しい仕事の方法にチャレンジしてみましょう!

▼ブログの入力方法(スマホ編)

▼ブログの入力方法(パソコン編)
posted by Active at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 発掘あるある広報室

2021年01月10日

『発掘あるある広報室』開設のお知らせ。


発掘あるある広報室のいとうです。

『発掘あるある広報室』のイメージ↓
発掘あるある広報室とは.png

9443199A-DAE1-468E-B892-BF8C96C85C9D.jpeg
▼詳細版はこちら↓

開設の経緯等は最後に記載しています。


◆開設の目的と存在意義◆

7つのパーパス

1.会社の理念やビジョンと社員の目的や働く意義をつなぐ橋渡し役となる

2.数値化・測定が難しいためにまだ陽の目を見ていない社内のヒトやモノ、取り組みに評価のスポットライトを当てる

3.職場コミュニティの活性化と職場のソーシャルキャピタル(社会関係資本:つながりや絆、信頼の文化)の醸成により、安心して働ける職場づくりを図る

4.社員の目的、意義と会社の理念やビジョン、目的、意義を共有できる環境づくりをもとに、社員のエンゲージメント(職員個々の会社への信頼や貢献したい気持ち、愛着、誇り等)を高める働きかけや工夫を続ける

5.利用者様やご家族、ケアマネさん、介護事業所、医療機関等の関係機関の方々(ステークホルダー)に、「アクティブファン」になってもらい応援してもらえるような関係性を構築する

6.弊社の企業理念"らしく生きるを応援する"やそれを体現する職員の仕事ぶり、様々な地域活動に共感してもらい、共有価値を創造できる「アクティブファン」を地域社会に増やす

7.地域包括ケアシステムの構築に向けた担い手づくりの取り組みへとつなげる


◆主な役割と活動内容◆

"やさしさのしかけづくり"

◉公式ブログや公式SNSの投稿更新、校正

◉社内メルマガの編集配信

◉新ホームページの開設、随時編集・更新

◉求人情報の更新

◉動画制作、編集、公式YouTubeでの配信
▼弊社の公式YouTubeチャンネルはこちら↓
※今のところ動画は限定公開としています(内容を吟味、充実させて順次、公開配信の予定)
※今後YouTubeチャンネルの活用法も検討を進めていきます
※動画の内容は就職説明会用の会社紹介動画や利用者様ご自身のリハビリモデル(養成校でのリハ評価体験の協力や講義等)の活動に向けたプロデュース動画、利用者様のナラティブムービー等のメモリアルな動画のプレゼント制作、配信サービスを予定しています

◆社内協力メンバー◆

ST東田さん、松本さん(堺)、水野さん(松原)、PT大家さん(泉北)、OT伊藤(人材開発室・心意気実践チーム)

☆"発掘あるある広報室"社内協力メンバー随時募集中☆
今のところ上記メンバーのみなさんも有志で業務の合間に広報業務をこなすことになります。上記の目的のために広報室にて、記事編集や動画編集等で自分の力を試したい方やネットリテラシーを向上したい方、スキルアップしたい方を募集しています。
※PT大家さんが2021年1月29日から本広報室メンバーに志願参加してくれました!

◆定例会議◆

毎月第2水曜日14時〜14時40分、リアル+オンラインのハイブリッド会議を開催中


◆開設の経緯等◆

昨年10月に職員のみなさんにご協力いただいたメルマガに関するwebアンケート調査の結果で職場コミュニティの活性化はまだまだ途上にあることがわかったことからです。
▼メルマガのアンケート調査結果のまとめ↓

メルマガを見やすい構成や記事の充実を図るために、上記のメンバーに協力していただき昨年11月11日からメルマガ編集会議を開始しました。

メルマガのリニューアル編集・配信やブログ記事の充実に取り組みしました。
社内メルマガとは@.png
社内メルマガA.png
B4513C21-D707-4F2F-B654-CC28EC6E1243.jpeg4B717BA8-9807-4DFE-9871-D2533BD1290E.jpeg
社内メルマガB.png
社内メルマガとはC.png


昨年早々から社歌制作に全面的に協力してくれた OT武さん(大阪)の存在もありました。

◉OT武さんによる作詞作曲の社歌
「Activity of Life Shiney~人生の輝き~」
◉OT武さんと各事業所責任者の作詞作曲の社歌
「Active Introduction(アクティブの紹介)」
▼この2曲の歌詞や音楽家OT武さんの楽曲に込めた想いはこちら↓

武さんの作詞作曲の楽曲をBGMにしたST東田さんの動画制作も始まり、広報活動が一気に本格化してきました。


これらによりメルマガ編集会議から『発掘あるある広報室』へと名称を変えて発展的な開設に至りました。


◆"発掘あるある"のネーミングの由来◆

この名称を提案してくれたのは心意気実践チームのOT室之園さん(泉北)。

まだまだ陽が当たっていない社内外のヒト、モノ、個々の取り組み、利用者様にも今まで以上にクローズアップできるように…
と、思いを込めてのネーミングです。


それにもう一つ。

コロナ禍にあり、今までの当たり前が通用しないほど変化が激しく不確実性の高い状況が当分続きそうです。

各業界においても職場コミュニティの構築が難しくなり、互いのつながりが不足することで、エンゲージメントの低下による仕事への意欲、成果の伸び悩みが危惧されていることも大きく関係しています。


職員のみなさん個々のお力をお借りしながら、"らしく生きるを応援する"弊社ならではの仕事ができるような環境づくり、橋渡し役を努めます。

そうすることで、仕事の成果の土壌となるアクティブならではの組織文化を耕し続けます。


最近は社歌を口ずさみながら訪問に回っています♪〜

引き続きご協力よろしくお願い致します。
posted by Active at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 発掘あるある広報室