2021年06月02日

学生さんとオンライン失語症対話会


オンライン交流会トップ (1).jpg

518〜21日の4日間、

大阪医療福祉専門学校の言語聴覚士学科の学生さんと、

失語症の利用者様とで、

オンライン失語症対話会を行いました。


学校の先生より、緊急事態宣言の延長で実習が中止になり、

ぜひ、オンラインでとご要望がありました。


失語症の利用者様たちも、

活動・参加の場が減っていたので、お受けする事になりました。




1日目:S

スクリーンショット 2021-05-28 9.29.43.png

失語症の方との会話になれておらず、

学生さんからの会話が止まってしまうと、

S様自ら話を振る場面もあり、

いつも以上に言葉の力を発揮されていました。


交流会ぶろぐ.JPG

また、学生さんがコロナの影響で学校や実習に行けていない事を知って、

「大丈夫なの?」と心配する場面も!

学生さんとても喜んでおられたようで、

後日学校の先生より学生さんが

「気にかけてくれて泣きそうになった」と話していたとお聞きしました。



2日目・4日目:森様

IMG_4805.JPG

他の利用者様が緊張していたり、当日の様子を気にかけたりしていた中、

森さんはどっしり構えていました。経験が違います!


学生交流ブログ.jpg

「化野念仏寺(あだのねんぶつじ)」「サニーレタス」etc…

京都のお寺の名前、物の名前、人の名前など、

普段の会話の中ではなかなか出づらい名前もどんどん出ていました。

やはり、学生さんの前に立つとスイッチが入るようです。



3日目:K

名称未設定のデザイン.jpg

訪問すると、発症当時の日記や、伝えたい言語症状について

まとめた紙を準備してくださっていました!


IMG_4788.JPG

途中言葉が出ず「何て言うんやろう」と言いつつも、

話は尽きず、お話は盛り上がりっぱなしでした。

趣味のカラオケのこと、家のこと、

そして紙にまとめていた伝えたかったこと。


終了後「また機会あればお願いします。」とお伝えすると

「今日話した子達とまた会えるの?」とおっしゃっていました。

本当に時間さえあればもっとたくさんのお話ができたはず・・・

また機会がいただけたら嬉しいと思うばかりです。




コロナ禍においても、利用者様に活動・参加の機会が生まれ、

オンラインという形で交流の場をいただくことができ、

みなさん大変喜んでおられました。


学生さんとの交流だからこそ出てくる生き生きとした言葉に、

横で見ていて驚かされました。

今回の交流が、利用者様にとって、

新たなリハビリの機会になったのではないかと思います。


またこのような活動ができたらと思います。

posted by Active at 14:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2021年04月13日

新人自己紹介リレートーク アクティブ松原PTの水上大靖です

4月から新しく来ました理学療法士の水上大靖(みずかみひろやす)です。


鹿児島の専門学校から来ました。

格闘技と野球を見ることが大好きです。


大阪に来て一番驚いたのは自転車の多さです。

歩道を歩けば何度も自転車に追い越されることに衝撃を受けました。


理学療法士としてはまだまだですが、

経験を積み早く皆様にお役に立てるようにしたいです。


毎日少しずつでも成長することをこころがけ、

元気を届けれるよう日々精進して頑張ります。


水上さん 画像.jpg



次は吹田の新人さん、自己紹介よろしくお願いします。
posted by Active at 11:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2021年04月03日

新人自己紹介リレートーク アクティブ松原PTの松原颯斗です

はじめまして。
アクティブデイサービス松原の新人PT松原 颯斗(まつばら はやと)です。
兵庫県出身です。
私の趣味はサッカー、サッカー観戦、ランニング、山登りと主に運動が好きです。
こちらに来てからも様々な趣味に取り組みたいと考えています。
デイサービスに関しては名前と地名で松原繋がりがありとても縁を感じています。
この職場で早く慣れるように努力したいと思います。
皆様よろしくお願いいたします。
松原さん 画像.jpg

posted by Active at 17:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2021年04月02日

新人自己紹介リレートーク 堺PT太田涼介

皆様はじめまして!
アクティブデイサービス堺の新人PT太田 涼介(オオタリョウスケ)です。
徳島出身です。
CIMG3915.JPG
私の趣味は旅をすることです。
学生時代はバイク(125cc)で関西、中部、中国地方を旅をしました。

IMG_6256.jpeg
この写真は愛媛県のお気に入りのキャンプ場で撮った写真です。

旅をしたときのようにアクティブに頑張っていきたいと思います。
業務を覚えるまで時間がかかるかと思いますが、
自分らしく元気いっぱいで頑張りたいと思います。

次は松原お願いします。

posted by Active at 16:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月24日

2月のアクティブオリンピック『フライング・モーモー デラックス』

松原事業所の作業療法士、山野です。

本日は、2月の「アクティブオリンピック」について報告させていただきます。
2/13(土)より1週間、アクティブオリンピックを開催いたしました。
前回は、『フライング・モーモー』でした。が、このゲーム名によほどインパクトがあったようで、今回は、『フライング・モーモー デラックス』です。
今回も牛のマスコット人形がついた輪を使います。違うのは、「2倍モーモー」という輪と可愛い的(棒)5本が加わったところです。恐らく使う道具が増えたところがデラックスになったところだと思われます。
20210222_020852937_iOS.jpg
使う輪 その1
20210217_215717984_iOS.jpg
使う輪 その2

20210217_220028679_iOS.jpg

輪投げの的

今回はその輪を手で投げるゲームです。すなわち、「輪投げ」ですね。

前回は足首を使って飛ばすゲームでしたので「難しい」「うまいこと飛ばへんわ〜」という声がちらほら聞かれましたが、今回は馴染みのある輪投げゲームでしたので、利用者の皆様方は取り組みやすそうでした。

20210217_215717363_iOS.jpg

『どの棒に投げようかな?』

20210217_215717214_iOS.jpg

『それっ!!

20210217_220027736_iOS.jpg

20210217_215717831_iOS.jpg

3本とも入れば10点です!

20210217_215716911_iOS.jpg

上手く棒に引っかかっています。これも点数になります!

20210224_003553636_iOS.jpg

今回の結果、木曜日の午前チームが優勝です!! 今度のおやつが楽しみですね。

次回も利用者の皆様が楽しめるようなゲームが出来ればと思っております。
posted by Active at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月27日

アクティブスマイル1月(書初め)

こんにちは!
大正デイの土肥です!

今月のアクティブスマイルは書初めを行いました。
利用者さんと共に職員も書初めを行っています。

皆さん思い思いの字を書いています。
4620693218542102355.549f62a78c979a78cdefebe960aee64a.21011801.JPG

4620693218542102355.94733b8ec53fad554d9c23b61026f5a7.21010507.JPG

4620693218542102355.1537e907be387e2935bbabfa215b3088.21010507.JPG

4620693218542102355.d5dab45077e56829fd960c37bc959a8e.21010507.JPG

IMG_3837.JPG
多くの利用者様に書いていただきました。

IMG_3836.JPG
そしてこちらのは職員が書いた分になります。
職員も思い思いに書いてますw


そしてこの中からぎゅ〜ぎゅ〜賞に選ばれたのは!
こちら!
IMG_3835.JPG

とある利用者様が書いた鳳凰になりました!!
鳳凰は縁起のいい鳥ということで選んだそうです。


今回のアクティブスマイルはソーシャルディスタンスの為、皆さん別々のタイミングに書くことになりました。
そして使用毎に筆等の消毒を行いました。
安全に行う事で使用者様も安心して行う事が出来ました。

その為去年に比べほとんどの利用者様に書いて頂く事が出来ました。
来月のアクティブスマイルにも多くの利用者様に参加していただける様にしていこうと思いました!

以上 大正 土肥でした!

続きを読む
posted by Active at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月25日

アクティブ松原クリスマスパーティー

 こんにちは。松原事業所PT藤島です。
今月の松原事業所のイベントは…なんと「クリスマスパーティー」!!!
こんなご時世にどうやってやったんだろう?
そんなみなさんの疑問にお答えして今回は作成の過程から当日までを写真付きでご紹介させていただきます。

まず、この企画立案にあたってコロナウイルス蔓延している中で利用者様にどう楽しんでいただけるかを考え…
「観て楽しい!貰って嬉しい!」というサプライズ企画を用意する事となりました。
E2C2811D-C8BE-4401-976C-761FBE15BB6D.jpeg90C86E76-F17A-47F3-A139-D9C37DAA4DE8.jpeg

まずはブーツ型の台紙に絵を描きます。皆さん久しぶりに絵を書いたみたいで個性豊かな作品が数多くありました。(笑)


C3B695F2-E15A-4FD7-A984-E83C321853D3.jpeg7CD87FD9-F21F-44A7-AD7A-3017B193EE98.jpeg


同時進行でクリスマスツリーを作成し、壁に掛け飾りやすいようにしました。
華やかなツリーができ、利用者様の心もガッチリ掴むことができました。


5A9B86D5-2A25-469E-8D85-B54B321B137E.jpeg71AD2EBC-FEF1-40D5-9255-07B80D26DADB.jpeg
こんな絵心満点の作品もありました。
また絵を描いたブーツ台紙はクリスマス期間中部屋中に飾り、皆様に楽しんで頂けるよう工夫しました!
6712272D-8D88-4FDE-875C-054BBA282E55.jpeg5E81F6BB-C1B9-4140-B9EA-A82B0C484C05.jpegA0523855-1FF1-4FB9-AFF9-2DCE419326B1.jpeg22A281BB-BAF0-4890-8451-D22A68985816.jpeg

実はこの飾られたブーツ台紙には秘密が…
44A08BA8-7AFA-4CFB-8C05-6D930D855515.jpeg2F62143E-EFE4-4A31-A9E0-7BAAB13DB7EF.jpeg
なんと!中にお菓子が入るよう袋が付いていたんです!
クリスマスまでの一週間、袋にお菓子を詰めて詰めて…
3E704A87-A115-47BF-A54B-44971D08CB8B.jpeg
当日は飾り物と見せかけての…
56C2D2CA-22D2-4E48-8DF7-1B973EA0B408.jpegBA1295B8-A49D-43B0-B5FC-8E9CECFDE657.jpeg
はい!クリスマスプレゼントです!
利用者様も大喜びでした。お渡しした後も利用者様の中には家の神棚に飾っているよと言う人も。(笑)
E6CC7375-86D4-4330-8D32-6E43D4F8DE30.jpeg
「こんな時代だから何もできない」ではなく、「何かできる事を全力で探し全力でやる」
これが形となり松原事業所の利用者様の笑顔になった。
私たちにとって利用者様の笑顔が1番のクリスマスプレゼントです!
posted by Active at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月17日

何をやるか と どうやるか

涼しくなってきました。
自然が多いわが家の周辺では、今の時期が最も蚊が多いように感じます。
暑い盛りは思ったように動けなかった蚊ものびのびと動き出したんですかね。
ST水野です。


利用者さんとの信頼関係を作っていく過程を最近また考えています。

ふと思い出したことがあります。
学生さんや経験の浅いSTに共通していえる傾向についてです。

練習内容は時間をかけて考えるのに、練習方法はあまり意識できていない場合が多いこと。
言い換えると、「何をやるか」にばかり注意が向いて、「どうやるか」を配慮していないということ。

例えば、
新人STが「ブローカ失語症の利用者さんに名詞絵カードで呼称練習」を考えたとします。

「どんな風にやるつもりですか?」と聞くと、だいたいは「すぐに呼称は難しいと思うので、復唱をしてから呼称をします」などと返ってきます。

私の聞き方がよくないですね、知りたいのはそこではありません。
「どのように練習を進めますか?」と聞いた方がわかりやすいかもしれません。

まず考えてほしいのは

・復唱がうまくできなかったらどうしますか?
・何回やりますか?できるまでやりますか?
・正確にできない場合、どこまでできたらよしとしますか?

さらに進んで
・ご本人が自分でうまくできていないとわかっていたら?
・何回も自己修正されたら?
・STがここまでできたらよいと想定するレベルと完璧を求める利用者さんの認識が違っていたら?

そして
・うまくできなかった場合にどのようなフォローのことばをかけますか?

これらはすごく大事なポイントです。
実は、練習内容より、大事かもしれません。

本来なら、利用者さんの反応を感じながら、やっていくのがいちばんよい。
でも、経験が浅い場合は十分に意識をして、ある程度、予想を立てて事前に準備しておいた方がうまくいく場合が多いと思います。


以前、同僚に引継ぎをした利用者さんについての相談を受けました。

同僚が主に伝えたのは、練習は今こんなことをやっていますという点。(=練習内容)

同僚と利用者さんのご家族とのやりとりを伝え聞きました。

利用者さんのご家族が言われていることを要約すると「僕は素人なので練習で何をやるかはおまかせします」でも「お母さんを甘やかさないで」「きびしくやるべきところはきびしくして」という点。

ご家族が、担当者が代わって気になっているのは「何をやるか(練習内容)」ではなく「どんな方法でやるか(練習方法)」なのだろなと感じ、同僚に助言しました。

練習内容は、利用者さんや利用者さんのご家族が求めるところと大きくずれている場合はすり合わせが必要ですがその場合を除き、専門家におまかせ下さいねというスタンスでいいのはないでしょうか。

「どうやるか」は「何をやるか」以上に、利用者さんとのいい関係を築いていくうえで、最大限の配慮をすべき点だと思っています。

100点とれる課題ばかりをやっても効果は上がりません。
利用者さんの自信を失わせず、プライドを極力傷つけず、できない課題をどのようにやっていただくか、STの腕の見せ所ではないかと思います。
posted by Active at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月10日

松原の新人PTです。

皆様初めまして。アクティブデイサービス松原の新人PT藤島 尚己(フジシマ ショウキ)です。
IMG_4131.JPG

私は趣味が多く、特に釣りが大好きで、学生の頃には時間があれば良く釣りに行っていました。
今は自粛中です。コロナも治まり仕事にも余裕が出来た時、また始めたいと思っています。

IMG_4132.JPG
僕が熊本で釣った魚(ヤマメ)です。

社会人として至らない点も多くご迷惑をおかけしておりますが、
松原の優しくのある職員の方々に指導されながら日々成長しています。

多くの利用者さまに信頼され、愛されるPTを目指しています。
まだまだ利用者様が満足のいくリハビリを提供できる知識も技術もありませんが
一日でも早く成長し、目標のPTに近づくため、熱意を持って業務に取り組みたいと思っています。

よろしくお願いします。


posted by Active at 09:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月10日

第25回あれそれカフェ「健口体操×おしるこ作り」

鬼は外、福は内(*^-^*)歳の分だけ豆は食べましたか?

今里デイの芦尾です。


25回あれそれカフェの報告をさせて頂きます。


今回のテーマはお汁粉作りと健口体操で、言語聴覚士(堀内さん)×作業療法士(芦尾)のコラボで一緒に内容を考えましたるんるん


認知症は、加齢と共に誰にでもおこりえるので生活の中で認知症予防するには、睡眠、運動、そして食事をしっかりとることが大切です。


みなさんは、認知症予防になる食べ物を知っていますか?

認知症予防には青魚や緑黄色野菜、豆類、果実類が良いと言われています(*^-^*)


ちなみに、堀内さんは認知症予防としてアマニ油をヨーグルトに少し垂らして食べているようですぴかぴか(新しい)


アマニ油を食べた事のない方や私は

油とヨーグルト・・・って驚いていました()


一度、食べてみたいですね(*´Д`)


画像111.png



みなさんは誤嚥と言う言葉を聞いたことはありますか?

誤嚥とは飲食物や唾液等が誤って気管に入ってしまうことを言います。


誤嚥についての説明を行った後は誤嚥しやすい食べ物をみなさんと考えました。


たくさんの食べ物を挙げられていて、

「私もそれ食べたらむせたりすることあるわあ。」と共感も生まれ、盛り上がっていました!


画像112.png


健口体操を行う前に、ご自身の嚥下状態を把握してもらうために嚥下状態チェックを一緒つけました。


嚥下チェック項目をいくつか挙げさせて頂きますが

・口がパサパサしていると感じる事がある

・水分や食べ物が飲み込みにくい

・水分や食べ物を飲み込むときにむせることがある

・食事中や食後に声が変わる等

当てはまる方はいませんか???


「チェック全然付かなかった、大丈夫。」と安心されていた方や

「うわあ、ほとんどの項目が当てはまっている。」と

当てはまるものが多く驚かれていた方もいました。


そこで、今回のテーマ1つ目の「健口体操」を行うことに。


まず、はじめに

・背中が丸くなっていたり

・顎が上がっていたり

・足を床にしっかりつけていなかったりしていませんか?

このような姿勢は誤嚥しやすいです。


まず、健口体操の前に姿勢を正すことを一緒にしましたが

「猫背が癖になっているなあ。治そう。」、

「姿勢を良くするって案外しんどいね。」とみなさん

様々なお話しをされていました( *´艸`)


画像113.png


健口体操ではパタカラについてお話ししました。

「パタカラパタカラパタカラー!」聞いたことありますか?何でパタカラと発音するのでしょうか?


なんと、パタカラにはこんな意味が・・・!

『パ』は唇を開け閉めする力を強くする

『タ』舌の先の力を強くする

『カ』舌の奥の力を強くする

『ラ』舌の巻く力を強くする


そこで、健口体操ではお口と頭を使った誤嚥防止&認知症予防をしました♪


1つ目は、唾液腺を刺激すると、口腔ケアや口腔乾燥予防にも繋がります。そのため、幸せなら手を叩こうの音楽に合わせて唾液腺マッサージをしました。

画像114.png


IMG_5139.JPG


次は、パタカラを使ったレクを行いましたが、みなさん必至で大笑いされていました。


画像116.png


自宅でも健口体操を行って下さっていたら嬉しいなと思っています。


運動の後は、お楽しみのお汁粉作り♡


白玉を作る時に絹ごし豆腐を混ぜることで、粘り気を抑えて、高齢者でも食べやすくなります。


今回は、普通の白玉と絹ごし豆腐入りの白玉の

食べ比べをしました(*^-^*)


『絹ごし豆腐入り白玉の作り方』

・豆腐・・・140

・白玉粉・・・80


画像117.png


豆腐の方は触り心地が柔らかいねとお話しされていました (#^.^#)


みなさんとても笑顔で沢山の白玉を作って下さりました♪


画像118.png


白玉はどっちも美味しそうに出来上がりました♪

画像119.png


豆腐の白玉も普通の白玉もどっちも美味しいと食べて下さっていました(*’’)


豆腐の白玉はするっと食べられるという声も頂きました♪


IMG_5125.JPG


みなさんの笑顔が沢山あふれるあれそれカフェになりました(*^-^*)


次回のあれそれカフェは2/21となっていますハートたち(複数ハート)

良かったら遊びに来てくださいねわーい(嬉しい顔)

アクティブデイサービス今里 一同



続きを読む
posted by Active at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月31日

第8回1カフェ ~ パフェ作り Ver.ハロウィン ~

こんにちはSTの井上です。

ほんのちょっと、ちょっとだけ遅れましたが「第8回目の1cafe」の報告をさせて頂きます。

テーマはハロウィンをイメージしたパフェ作りです。今回は7人もの方が参加してくださりました。

※察しのいい方はお気づきになられたでしょう。そう、このイベント10月のものです(もはや開き直り)




@切り絵班 A生クリーム班 Bフルーツカット班に分かれて頂き作業開始!!

@切り絵班
切り絵.jpg

最初は「できない・やれるかな?」と不安そうに作業を始めるもコツを掴んでからは皆さんテキパキと鋏を使ってクッキングシートを切られていました。結果、私が一番作業スピードが遅く足を引っ張る形に・・・。

A生クリーム班
生クリーム.jpg

好奇心旺盛なO様は普段料理をなさっておられる事もあってか手際の良さが際立ちます。
それをやさしく見守ってくださるN様との一枚。

Bフルーツカット班
1フルーツカット.jpgfuru-tu katto.jpg

パフェの中枢ともいえるフルーツカット班
見事一番大変な作業をこなしてくださったN様とY様

お化け.jpg

グラスに各々好きな具材を入れ、生クリームをたっぷりのせる。
そしてST必須アイテム舌圧子で生クリームを平らにして、切り絵の上からココアパウダーをまぶして完成!!!

集合写真.jpg

このイベントの為に昼食を抜いてこられた方もおられ、完成したパフェをものの数分で完食されていました。

作業を通していろいろな課題も発見できました。
利用者様からは「楽しかった。もっと時間あればいいのに」との声をいただきました。

これからも尽力してまいります。

posted by Active at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月29日

小野医師によるアドバイザリー 松原営業所

こんにちは。アクティブ松原の長西です。

秋が深まり寒い日が続いてまいりましたが、体調管理には十分気を付けていきたいものです。



先日、弊社松原事業所で行われた小野医師によるアドバイザリーについてご報告致します。


今回は、3名のご利用者様の検討を行いました。



お一人目は、弊社訪問看護をご利用頂いてる男性の方で、現在新しい車椅子作成について試行錯誤しながら検討しています。

身体状態を小野医師に診ていただき、的確なアドバイスをいただきました。


 39919.jpg



お二人目は新人の真謝PTから

弊社デイサービスをご利用頂いている方で、利用者様の申し送りを行ってから治療場面を診ていただきました。



39920.jpg


39921.jpg



下肢だけでなく上肢・体幹の運動も行うようにすること。

肩甲帯にアプローチする時は動かす方向や方法など考えること。

毎日頻繁に来ている人にはバリエーションを増やして飽きさせないようにすること。


など丁寧に指導をして頂きました。


三人目の方も、弊社訪問看護(リハビリ)をご利用頂いてる方で、油谷OTの訓練に同行していただきました。

現在施設入所されている方で、施設での生活場面、他者との関わり方など家族様・介護職等の情報を共有しながら、進めてまいりました。


39923.jpg



痛みの訴えが強い方、精神的に浮き沈みがある方に対する関わり方をご指導いただきました。


痛みに対する考えかた、またスマホ等いろいろなツールを使って関わってみるという、考えられていなかった新しい視点でのアプローチのきっかけをつかむことが出来ました。


聴き取りを促しもっと希望や意見を聞き出すことで、部屋から出るようにしていこうという方向性も明確になりました。




最後に松原事務所にて

小野医師による研修

テーマは肩についてと今後の医療業界についてです


39937.jpg


肩関節の構造から片麻痺に対するアプローチなどわかりやすく説明していただきました。

改めて振り返る機会、また新たな発見がありました。


今後の医療業界についてのお話は

「介護、医療はこの先30年は大丈夫!!」

FIME-SAS等の評価項目は経過を把握するため、療法士の必要性を外部にも認識してもらうためにはデータ化しておく」

などこれからの時代個々の差別性を求められると、自分自身でも気が引き締まる思いで聞いていました。


いつも先生のお話は色々と考えさせてもらえます。毎日の業務に追われる事だけでなく、新たな情報や知識を更新していく必要があると再認識いたしました。




アクティブ松原 

posted by Active at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月27日

臨床実習指導者講習会に行ってきました

アクティブ訪問看護ステーション松原の日野上(ひのがみ)です。
今回は、9月21、22日に参加してきました「臨床実習指導者講習会」についての報告です。
23384C34-8AF1-4158-AF8C-8D279E36BC1A.jpeg
参加した理由としては、PT・OTの実習指導が令和2年度の入学生から大きく変わるためです。
具体的には、今までは臨床経験3年以上のセラピストがバイザーとして実習生の指導を行えていましたが、改定後は臨床経験5年以上でさらに表題の講習を受講しているセラピストが指導に当たる事ができる、という形で変更します。そのため、受講していないと令和2年度以降に入学した学生の実習指導ができなくなるので色々な意味で困ると思ったので受講してきました。
141EE679-655B-44FC-A3C3-8D81491432F6.jpeg
実習内容としても、今まではレポートやデイリーノートといった書類関連の課題が多くありましたが、今後の実習は作業療法参加型実習といって臨床指導者の思考過程を学ぶ実習になるようです。そのため、指導者は「なぜこの治療を行うのか」知識レベルでの考えを学生に伝えて「やってみる」過程で技術を伝える事が求められます。学生はこの一連の流れを復唱・模倣することで作業療法士の思考過程を学んでいく、そういった実習に変化するようです。評価計画の立案、目標設定といった今までは「考えて来て」といっていた過程も「なぜこの評価が必要なのか、この順番で評価を行うのか」知識レベルでの説明を行い「やってみせる」必要があります。色々な視点や考え方があるのでしょうが、個人的には「考える」過程があまりにも希薄になると感じたので残念やなぁ、と思いました。しかし、今までの実習の「寝れない実習」自体は非常に問題だと思いますので、上記のように変更することで少しでも学生が実習を楽しむことが出来るなら、それはポジティブな側面かなとも思いました。

最後に、二日間で16時間の講習を受けないといけないので非常に忍耐力のいる講習会ではありましたが、実習生指導と後輩の育成というのは大切な事だと思いますので、今後実習生の指導を行おうと考えているセラピストの方々は是非受講して下さい。
posted by Active at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月26日

泉北リハビリパブ番外編〜多肉植物は地域をつなぐ〜

泉北事業所の木寺(OT)です。


涼しくなり秋らしさを感じる今日この頃ですね。


今回は夏に燃え上がった泉北のリハパブの番外編を報告したいと思います。


今回のリハパブでは、麻雀・戦争体験・俳句・健康体操・マッサージ・多肉植物の寄せ植えなど色々なイベントがありました。


その中で、多肉植物の寄せ植えをして下さったW様。

当日〜イベント後にも多肉植物を通じて、地域との関わりが行えたので報告したいと思います。




デイご利用時に作成して頂いていましたが、まずは昨年のパブに来て頂いた中区の社会福祉協議会の社会福祉士さんのもとへ。


多肉植物の寄せ植えを他の地域の活動にも繋げられないか紹介して頂くため、ご自身でも自宅で増やしていた多肉植物を持参し中区の区役所へ。


デイから持って帰って、ご自宅で増やした多肉植物達。

2609F8F5-DB9C-4109-87AB-4D2F7CE09CD1.jpeg




そこで、なんと!!

昨年のパブで作ってお土産で持って帰って頂いた多肉植物が置いてありました!


さらにレベルアップするため、持参した多肉植物に植え替えて、土や水の加減を調整しました。

段どりよく、プロの仕事です!


5E4E6B8E-A474-4512-BE29-5576ACA9270E.jpeg   6ED9E350-BCD9-4C4B-B420-47A1FF417F61.jpeg



以前のパブから社会福祉協議会の受付に置いて下さっており、来訪された方からも評判が良いと言って頂きました。

仕立て直した多肉植物達。

838D0191-CAAB-4D65-9B77-2404199C4804.jpeg




そしてパブ当日。

前回よりレベルアップした多肉植物を、パブに来て頂いた方にお土産として持って帰って頂きました。

B9023698-D9F9-4C19-8241-A3DBE9CAF214.jpeg   63EEA7F2-2FB0-4FEB-9AB0-60B9AEDF0C7A.jpeg



パブから数週間後

今回来て下さった中区の地域包括支援センターへパブの報告をしに行きました。

入り口に多肉植物を飾って下さっていました。


可愛いと喜んで下さっておりました。

507AFBFD-7172-4CAE-9985-04D0DD1B427A.jpeg



W様も今回のパブを通じて「こんな風に飾ってくれてて嬉しいね。色々な人が見てくれたりして良かった。」とのお言葉をもらいました。




今回の経験を通じて

まさか区役所内で多肉植物のメンテナンスを行うとは思いませんでした。笑

区役所での作業療法、初めての経験でした。

W様の多肉植物を通じて、地域との繋がりを感じました。

リハビリとは一対一での関わりと思われますが、間接支援での関わりもとても重要ではないかと感じました。

環境との繋がり方、環境への繋がり方、どうマッチングするかこそが地域のリハビリとして重要なのではと感じることができました。


今後も多肉植物の世界を広げていこうと思います!

植物は世界を救う!・:*+.\(( °ω° ))/.:+

posted by Active at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月31日

松原事業所 鴫原PTによる新人療法士へ徒手勉強会

心意気実践チームのヒノガミです。
7月26日(金)は毎週会議が行われるのですが、会議終了後に鴫原PTによる新人療法士への徒手勉強会が開催されました。
ブログ写真2.JPG
治療の対象者は、アクティブデイサービス松原の管理者の長西PTです。「猫背で腰が痛くてかなわんわ」との事です。
ブログ写真.JPG
まずは、視診と問診からです。どの部分の動きが制限されていて結果として痛みが出現しているのか考えながらやっています。

そして、触診です。今回は30分程度と短い限られた時間であったため、新人の真謝PTが触診・治療に困っているという、肩甲骨周囲の筋に対するアプローチを中心に行いました。
ブログ写真3.JPG

ブログ写真5.JPG
やって見せ
ブログ写真4.JPG
言って聞かせています。

話がそれてしまいますが、この風景を見ながら山本 五十六の
「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、誉めてやらねば人は動かじ」を思いだしました。
やって見せて言って聞かせる、シンプルで普通のことのようですが、自分の治療を言葉で説明し相手に伝えるということは本当に難しい事です。こんなことをサラッとやってのける鴫原PT、さすがですね。

そんなこんなで30分の勉強会はあっという間に終了となりました。
講義がしっかりと伝わっていた様子であり、翌日には新人の真謝PTから長西PTに「身体を貸してもらっていいですか?昨日の治療の練習がしたいんですけど」と積極的な声掛けがあったようです。
素晴らしい!!

これからも不定期ではありますが勉強会を開催する様子ですので少しずつブログで報告が出来ればと思います。

                                      心意気実践チーム 作業療法士 ヒノガミ

posted by Active at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月19日

認知症ケア学会in新潟


この季節になるとゴキちゃんの存在がとても気になる堺のST松本です。
つい先日も、マンションのオートロックの前で仰向けでお亡くなりになってるゴキちゃんを発見し、
「1匹おるとこには100匹おる」にビビッてます。


さて、先日6月16日〜17日に開催された認知症ケア学会に参加してきました。

認知症ケア学会.jpg

アルツハイマー型認知症の方をご自宅で看取るにあたり、
チームでどんな関わりをしたかをシンポジウム形式でお伝えしてきました。
会場は満席どころか立ち見も入りきらず、会場の外で声だけ聴いてくれている方もいたようです。

IMG_1099.JPG

大阪大学大学院の山川先生
浅香山病院の釜江先生
を中心に
主介護者である娘様、
長い経過をずっと支えてこられたケアマネジャーさん、
看取りに関わった訪問看護師さん、
排泄ケアのエキスパート看護師さん、
若年性認知症サポートセンターの理事、
そこに私も加わらせていただきました。

司会進行は山川先生
認知症専門医の釜江先生からアルツハイマー病についてのレクチャーもありました。
病状が進んでくると
・誤嚥性肺炎
・尿路感染
・便秘
をどのように予防していくかがキーになると。

私は訪問での役割と、経口摂取が困難だと言われた時にどう関わったかをお話しました。

「食べたい」「食べてもらいたい」というご本人やご家族の想い
食べることに伴うリスク
この天秤にSTとして何度悩まされたか分かりません。
そしてこの症例も。

最後の最後、
後悔のないように、
これで良かったんだと思えるように、
少しでも満足してもらえるように、
チームの皆さんに相談しながら進めるようにしています。

80分のシンポジウムはあっという間に終わりました。
最後は訪問看護師さんがお亡くなりになるまでの経過を説明。
そして最後の最後に娘様から会場の皆様へメッセージをお伝えし、終了しました。
シンポジストもウルウル
聴衆の方々もウルウル
と感動に包まれて終わりました。

IMG_1098.JPG

終了になった症例を振り返ることは大切でとても実りあるものですよね。
しかもチーム皆でできたことはとっっても勉強になりました。
次への活力になります。

そしてこれも活力(笑)
IMG_1097.JPG

新潟の美味しい日本酒いただきました〜!

このチームに感謝です。

posted by Active at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月05日

13年目

ひなの氏.JPG
訪問させていただくようになり

13年目の春を迎えました(訪問看護継続ギネス記録?)

毎年花見に行くことを季節ごとの生活目標の一つとして

今年も行けましたね。

ps心意気のいとうOTへ花見ネタかぶってしまいました。
OT阪東
posted by Active at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月30日

天王寺は活気に溢れていた。

39E2D55E-BD45-41BE-8939-FE1C0A6F4EB4.jpeg
3月23日  サクラも咲き始め、なにかとウキウキ感の漂う春の日、アクティブさんに同行いただき、電車に乗って天王寺に行くという念願の体験ができた。

あの日を境に左半身が動かなくなってからもう4年になる。
当初、座る事もままならない状態であったものがこの間に家の中ではほとんど杖無しで暮せるようになったり近所のちょっとした買い物も出来るまでになった。しかしながらひどく落ち込んだり、投げやりになった辛い時期もあったのも事実だ。

いつかもう一度、自由に電車に乗って何処かへ出かけたい。
以前の仲間とイッパイやりながらバカな話でワイワイ騒げるようになりたい。など身近な「希望」を糧にして自分を鼓舞してリハビリをしてきた。

昨年、アクティブさんに「より実践に近い何かを計画して欲しい」と相談したら直ぐにエスカレーターと電車の移動を計画して頂けた。
少し苦労はしたが、近商のエスカレーターを制覇し(笑)、河内松原駅⇆藤井寺駅までの小旅行(?)も間もなく体験できた。

今回はもう一つ上を頑張ってみようの実践だった。

そして

「準急に乗れた」
「改札を通った」
「エスカレーターで移動した」
「ひとの波をすりぬけた」
「ハルカス、通天閣だ」
「日本語じゃない言葉やね」
「近鉄でお菓子を買おう」

全て何年か前に諦めそうになった事ばかりだ。
DA7D3341-1A57-43AE-BE6E-F511FE80E2D0.jpeg
D7E9E315-4703-4D2B-913C-2A6639BF8E8B.jpeg
9A773CA1-C0FB-4714-93B2-F7800EFAF642.jpeg
グッジョ〜ブ!   

「ここまで来れた」を実感する本当に嬉しい体験だった。


思えば多くの人の支援をいただいていた。

妻はいつもどんな時も明るく振舞い続けてくれた。
一番辛く不安な思いをしたのは貴女のはずだ。

病院の看護師が私が落ち込んでいる時「希望を捨てずに頑張れば少しずつ少しずつ出来る事が増えてくるよ。」
「神様は乗り越えられない人には試練を与えないんだよ。」
駆け寄って優しく言っていただいた。
随分励みになり有り難かった。

気難しい私の話を聞いてくれたり、
いろいろな情報や的確なリハビリ方法などを親身になって考えていただいた、アクティブの療法士の方々、ケアマネさん。

会社の仲間たちにも随分励まされた。
「時間はかかっても気持ちが壊れなかったら必ずよくなるよ」
信じようと思った。

「歩くの、また上手になったよ」
と声をかけていただく奥さん達。
ごめん。未だにあなた方が誰か知らんのやけど。

皆さん、本当にありがとう。
今日、皆さんの普段の生活の3/1くらいは私もできるようになった気がしています。
本当に皆さんのおかげです。

【挫けず、焦らず頑張って続けていれば少しずつでも前に進む】

これを信じてまた明日からもやっていきます。
587F987B-B2DF-46B5-AF54-99CC74619DDC.jpeg

63歳 男性 松原市在住 身障2級

posted by Active at 10:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月22日

しょっぱい

こんにちは!
元気いっぱいST山川です。
そう。あれは一カ月前くらいです。

松原事業所の勉強会。
「嚥下調整食について」お話と試食会をしました。

嚥下調整食ピラミッド.jpg

本日のメニュー!鮭の塩焼き!
@ミキサー食(コード2)
Aミキサー固形食(コード3)
Bやわらか食(コード4)
3通りの食形態で鮭の塩焼きを用意しました。

勉強会前に試作した際には
@とAは物性や味はまぁまぁ。生臭さが気になる。
Bやわらかくない。

今回の勉強会では味付けは変えずに、調理方法を少し変更。
@Aミキサーにかける前の鮭を、茹で⇒焼き、皮有り⇒皮無し。
B漬け込む鮭を小さくカットし、時々揉みこむ。


@ミキサー食 コード2
形がなく、噛む必要はないが食塊を口の中で保持することが必要

鮭をグリルで焼きます。骨を除去します。皮もはがします。(皮をはがし生臭さを軽減を期待します)
焼いた鮭とだし汁を1:1でミキサーへ
今回のだし汁は昆布だし。
食材に合わせてコンソメや鶏ガラ、野菜だしなど使い分けると美味しいとのこと。
IMG_3147.JPG

ミキサーから一口サイズで容器にうつし完成
IMG_2573.JPG

いざ実食
スタッフ「しょっぱっ」「塩辛っ」


Aミキサー固形食 コード3
形はあるが押しつぶしが容易。ばらけず嚥下しやすい。
舌と口蓋で押しつぶす咀嚼能力が必要。

焼いた鮭とだし汁を1:1
そこにスベラカーゼを全体量の1.5%加えミキサーへ
ミキサーにかけた後、鍋に移しひと煮立ち(80℃以上、スベラカーゼを溶解させます)
あとは70℃以下に冷めてくると固まります。
一口サイズで容器にうつし完成。
IMG_5018.JPG

いざ実食
スタッフ「しょっぱいな」「塩辛いな」


Bやわらか食 コード4
形はあるが、箸やスプーンで切れるやわらかさ。
歯がなくても可能だが、舌と口蓋で押しつぶすことは困難。
上下の歯茎で押しつぶす咀嚼能力が必要。

鮭を適当に切ります。
鮭と同量の水にスベラカーゼミートを5%加え、やわらか液を作ります。
切った鮭をやわらか液に6時間ほど漬け込みます。(時々揉む)
IMG_3145.JPG

漬け込んだ鮭を茹でる。(焼くと水分が飛んで固くなりやすい)
最後に風味をだすためバーナーで焼き目をつける。
IMG_3148.JPG

一口サイズで容器に移し完成。
IMG_5017.JPG

いざ実食。
スタッフ「うまい!」「やわらかい」

試作では生鮭にだし汁
今回は塩鮭にだし汁
しょっぱいです。味見は大事。

料理素人の山川では悪戦苦闘でした。
常食に比べると手間がかかります。
嚥下調整食を在宅で作ってもらえるのか…
ポイントはどれだけ簡単にちゃちゃっと作れるかだと改めて感じました。
posted by Active at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月31日

弊社アドバイザーの小野先生によるご指導から。

人材開発室のいとうです。

昨日は午後から弊社アドバイザーのリハビリテーション医の小野先生による巡回指導及びリハビリテーション講座でした。

新人〜3年目のリハスタッフの教育の一環で毎月1回、大阪府下の各デイサービスと訪問看護ステーションを巡回してもらい、様々なご指導を頂いています。

今回は松原のデイサービス、訪問看護ステーションが担当です。

訪問リハ利用者様宅での同行指導です。
担当のOT東野から現状とリハ内容等を報告します。
IMG_20170830_135209.jpgIMG_20170830_133608.jpg
頭部外傷による後遺障害が残存されている利用者様です。
ご本人、ご家族の希望もあり、できるだけ寝ている時間を減らし、ご家族の介助でもしっかり立てるように、歩けるようになって欲しいとのことで、訓練内容や装具、福祉用具の導入について具体的なご意見をいただきました。
IMG_20170830_133618.jpgIMG_20170830_133638.jpg
このあと利用者様とご家族様はタイガースの応援で介護タクシーを利用して甲子園球場ヘ。頻繁に車いすで外出されていて、とてもアクティブなお二人です。


次は、業務提携先のなめだリハビリテーションクリニック(NRC)に移動して、小野先生による装具診と装具カンファレンスです。
IMG_20170830_143533.jpg
訪問リハ利用者様にNRCヘ来院していただきました。
地域の主治医からNRCの小野先生に装具処方の依頼文書、情報提供書が届いて今回の装具診となりました。

NRCのリハビリテーション室での歩容の確認後に、装具の処方案を装具カンファレンスにて協議し、医療保険での製作の指示をいただきました。地域の主治医への返書も書き添えて…

所要時間は約15〜20分。

利用者様にお待たせする時間やご足労も最小限でスムーズな装具作成の過程です。
また主治医とNRCとの連携↑もアリです。

なめだリハビリテーションクリニック


松原デイサービスにて、主に新人職員を対象にしたリハビリテーション座談会です。
PT,OT,STの歴史、新人職員の心構え等について、小野先生の経験を交えて面白おかしく話していただきました。
IMG_20170830_182433.jpg

リハビリテーション講座では、リハビリテーションを取り巻く国、厚労省の動き等をお話ししていただきました。
IMG_20170830_183132.jpgIMG_20170830_183504.jpg

今日のテーマ
「CT,MRI,VE,VF等の画像診断について」
"とにかく分からなくて見る、何回もみれば分かるようになる"と、見るポイントを絞ったご説明をいただきました。
IMG_20170830_183941.jpgIMG_20170830_190150.jpg

次回は9/27水曜日、泉北事業所の予定です。
毎月このような場をいただきありがとうございます。
posted by Active at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記