2019年05月10日

『ウォーキング・ランチ 第2弾開催!』

昨日、「開運松原三社巡り」を開催し、3名の方に参加いただきました

第1弾で参加していただいた方々だったので、前回の体力測定を踏まえ、認知機能の注意力の検査を測定しましたメモする   身体は元気でも、案外注意力の低下がみられる方もいてて、ウォーキング中にも周囲への注意が向きにくいこともあり、そういった面のフォローの必要性も痛感しました

6195.jpg

2.jpg

ウォーキングでは、阿麻美許曽神社、我堂八幡宮、布忍神社と、6.5kmの道のりを歩覇しました!  休憩を入れながらでもかなり足腰が疲れましたが、ゆっくり歩くことで参加者は持病の症状が出にくく、きちんと歩覇できましたマラソン

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

8.jpg

真夏には、カフェやNRCなどで体力測定と体操を行う「エクササイズ・ランチ」、秋にはウォーキング・ランチ第3弾を企画しています!
posted by Active at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 総合事業部

2019年05月09日

2019-2020介護福祉士実務者研修のご案内

心意気実践チーム
いとう、日野上、室之園です。



弊社の介護福祉士実務者研修2019-20が6/28開講します。

社内受講生を募集中です。

三年目を迎える本研修です。

今年度は介護職だけでなく新卒者〜3年目、中途入社の療法士の社内研修としても活用してもらえるよう内容・日程等を調整しているところです。

この回だけというスポット参加も可能です。

詳細は以下の研修案内のフライヤーをご確認ください。

内容・日程の確認や参加に関する相談は、各事業所の責任者もしくは心意気実践チームまでお問合せください。

心意気実践チーム)
松原法人:OT日野上(ひのがみ:松原)、OT・介護福祉士室之園(むろのぞの:泉北)、阪東
大阪法人:OT伊藤(吹田)

▼詳細はこちら↓

なお、さらに詳細な研修スケジュール・シラバスは追って案内させてください。

2019年05月06日

ともに行う調理。

IMG_20190506_182018.jpg
今夜のメニューは「スナップえんどうの塩昆布の卵とじ」と「エリンギの和風ピリ辛マリネ」と「二種類の水菜サラダ」と「ハリハリ鍋」

ともに行う訪問介護事業所の介護福祉士・OTいとうです。


この日の最後の時間は、記憶障害等の高次脳機能障害と右手指に拘縮のある利用者様宅です。

訪問リハビリテーションを終えてから身体介護による自立生活支援の見守り的援助"ともに行う調理"です。

「今日はこんなもん買って来といたよぅ、見てみて」。
と、自信ありげな表情な利用者様です。

「久しぶりに水菜を食べたくなってね」。
と、水菜とその他いくつか食材の買い置きをしてくださっていました。

水菜と冷蔵庫の中にあったエリンギ、そして、園芸を一緒にしている別の訪問リハビリテーション利用者様との収穫作業で頂いたスナップえんどうを使います。
IMG_20190506_175202.jpg

エリンギのカットは手慣れてきてサッサッとやってしまわれます。
IMG_20190506_175504.jpgIMG_20190506_175516.jpg

唐辛子を刻みます。
IMG_20190506_180509.jpg

ポン酢と濃口醤油を入れて唐辛子と混ぜ合わてから電子レンジで1分温めます。特製和風タレの完成!
IMG_20190506_180612.jpg

エリンギを炒めます。
IMG_20190506_181036.jpgIMG_20190506_181045.jpg

特製ダレに絡めます。
IMG_20190506_181215.jpg

混ぜ合わて。特製ダレに漬け込みます。
IMG_20190506_181252.jpgIMG_20190506_181300.jpg
少し置いときます。



別の利用者様から頂いた朝採りのスナップえんどうです。
IMG_20190506_175152.jpg

筋を取る下処理です。
「これ、すじ取るんでしょ」。
と、スナップえんどうを取って自ら下処理作業を進める利用者様。
ご実家が農家だったこともあり、子供の頃からよくやっていたそうです。
IMG_20190506_180013.jpgIMG_20190506_180020.jpg
IMG_20190506_180027.jpg
軽く塩茹でして。
IMG_20190506_180135.jpgIMG_20190506_180301.jpg

卵を割って塩昆布と混ぜ合わせます。
IMG_20190506_181337.jpgIMG_20190506_181455.jpg

塩茹でしたスナップえんどうを炒めます。
IMG_20190506_181654.jpg

塩昆布と混ぜ合わせた卵を回しかけます。
IMG_20190506_181711.jpg
火を小さくして軽くとじます。
IMG_20190506_181736.jpg

お皿に盛り付けます。
IMG_20190506_181845-4db90.jpgIMG_20190506_181839.jpg

スナップえんどうの一品、完成!
IMG_20190506_182018-3d197.jpg
甘い甘い歯ごたえです。


「八百屋さんで水菜を見て久しぶりに食べたくなって」。
「でもどんなふうにして食べたらいいのか分かんなかったけど、いとうさんが何とかしてくれるやろうと思ってさ。買ってきちゃったよゥ」。
IMG_20190506_182351.jpg

水菜のカット作業。
IMG_20190506_182842.jpgIMG_20190506_182849.jpg
塩とごま油をかけて混ぜ合わます。
IMG_20190506_183022.jpgIMG_20190506_183037.jpg

水菜のサラダ@完成!
IMG_20190506_183045.jpg


もう一つの水菜サラダにはツナ缶を使います。
IMG_20190506_183300.jpgIMG_20190506_183306.jpg
IMG_20190506_183327.jpg

ごま油を回しかけて混ぜ合わます。
IMG_20190506_183439.jpg


最後の一品は水菜だけのハリハリ鍋。
IMG_20190506_183722.jpgIMG_20190506_183735-79cee.jpg
だし醤油1:水9の割合で沸騰させて水菜を入れて完成!


今日の五品。
IMG_20190506_184010.jpgIMG_20190506_182018-b3ad8.jpg
IMG_20190506_183947.jpgIMG_20190506_183954.jpg
IMG_20190506_184257.jpg
ハリハリ鍋は明日以降はうどんに。
他のメニューは冷蔵庫に常備菜としてストックです。


「やっぱりホッとするよなァ」。
「いつも一人で食べて…こんな出来立てアツアツのは食べてないからねェ」。
「これはやってみて食べてみないと分かんないよねェ」。
と、満足げな利用者様です。

自分自身のためにアツアツで美味しいモノを自分で作って、その時に明日以降も食べるという見守り的援助"ともに行う調理"のサイクルができています。

利用者様は別日に出入りされている他事業所の訪問介護さんと"ともに行う調理"やメニューに関するコミュニケーションをされています。

これが"ともに行う調理"全般の振り返りになっていて、食材の買い置きやレシピの記憶の貯蔵・再生に役立っています。ありがとうございます。


ともに行う訪問介護事業所は、身体介護による見守り的援助"ともに行う"で利用者様の自立生活支援をサポートします。


追記)
スナップえんどうを頂いた別の訪問リハビリテーション利用者様の家庭菜園です。
IMG_20190506_101530.jpgIMG_20190506_094421.jpgIMG_20190506_094444.jpg
ありがとうございます。

「患者からパートナーへ」(6/15ポスター発表予定)第56回日本リハビリテーション医学会学術集会2019神戸

▼抄録はこちら↓

▼ポスターはこちら↓

第56回日本リハビリテーション医学会学術集会
演題名:患者からパートナーへ ~脳幹出血の医師とのリハビリテ−ションクリニック開設運営に向けた二人三脚の歩み~
●発表形式・セッション:ポスター(関連専門職) 「生活期リハビリテーション(2)」
●演題番号:3-P3K-11-1
●セッション日時:2019年6月15日(土) 15:10-16:10
●発表順:1番目
●会場:ポスター会場3(神戸国際展示場3号館 1F 展示室)
●発表・質疑時間:発表5分、質疑2分
-------------------------------------------
●ポスター貼付時間:6月13日(木) 8:00-10:00
●ポスター撤去時間:6月15日(土) 17:30-18:30

▼第56回日本リハビリテーション医学会学術集会2019神戸↓

心意気実践チーム・人材開発室 いとう
posted by Active at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2019年05月02日

第2回失語症当事者会 らふとーく

堺のST知花です。
祝!令和!!新元号に変わって夏も近づいてきていますね。夏もちーかづーく八十八夜♪
沖縄はもう海開きしているそうです。泳ぎたい〜〜〜

4/19(金)に堺のデイサービスにて、第2回失語症当事者会「らふとーく」を開催しました。
今回は前回に引き続き参加してくださった4名と、田中STと私が訪問で担当している方、NRCのリハビリを卒業された方が新しく加わり、6名の方に参加して頂きました。
image1.jpeg
image2.jpeg
14:30〜開始でしたが、気合を入れ過ぎて14時前に来られた方も何人かいました(笑)
はじめに自己紹介と近況報告。初めて参加された方は緊張しているかと思っていましたが…
image3.jpeg
image4.jpeg
特にそういう感じも無く、「ことばがね、苦手なんです」というと、周りから「わかる!」「最初はそうだよね〜」などと共感の声があがっていました。
Oさんのリハビリ担当の山川STも参加してくださっており、後ろにいる事に気づくと
image9.jpeg
「うわ〜びっくりした…緊張する!!」
だそうです(笑)

近況報告もおわり、ゲームをしました。
今回のゲームは「春さがしゲーム」と「ビンゴゲーム」
春にまつわる単語をチームで話し合って、5分間でたくさんだしてもらうゲームです。
image10.jpeg

image5.jpeg
隣のチームのアイデアを盗み聞きしている模様。(笑)
image16.jpeg

image14.jpeg
「さくら」「ひなまつり」「春キャベツ」「Tさんの誕生日」「遠足」?「えび」??
際どいものもありましたが、全部OK◎◎
僅差でBチームの勝利!
白熱したままビンゴゲームへ。
皆さんであげてもらった春にまつわる単語を、3×3のマスに好きなように入れていきます。
image13.jpeg
模写も結構難しい課題です。
好きな単語を選んで〜
いざ!なにが出るかな〜なにが出るかな〜
image12.jpeg
image11.jpeg
あたった〜!
image17.jpeg
image19.jpeg
ビンゴってこんなに盛り上がるんですね。
終わった後は皆さん「暑い暑い」と言っておられました。白熱したゲームでした。
ゲームの後は休憩タイム
Iさんが皆さんにお菓子の差し入れをしてくださいました。
おしるこサンドおいしい〜〜
image6.jpeg
image18.jpeg
最後は皆さんで記念撮影
image7.jpeg
こちら側もとても楽しませてもらいました。
参加して下さった皆さん、スタッフの方々、ありがとうございました。
次回は8月頃を予定しています!

堺 知花
posted by Active at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 堺デイ

2019年04月30日

東成 訪問新事務所

令和元年より東成の訪問事務所が移転します!
新住所は東成区大今里3-22-36です。

契約満了にともない

ペンキ塗りをし慣れ親しんだ事務所を引っ越しすることになりました。

引っ越し作業は慣れたものになっていき

事前の段ボール集めから

自分たちで運べる荷物の搬送までだいぶ手際が良くなりました。

IMG_4430.JPG

IMG_4385.JPG

空き時間や会議時間を使いながら

スタッフのみんなでがんばって引っ越し作業をしました!

皆さんお疲れ様でした!ありがとうございます。

新しい事務所は

地下鉄今里駅から徒歩1〜2分になり利便性が上がりました。

事務所が二階の為、今回は昇降機が付くことになりました!

古い階段
IMG_4344.JPG
古い階段を外し
IMG_4343.JPG

新しい階段を付け、昇降機が設置されました!
IMG_4449.JPG

挨拶回りも終え

前の事務所の地域の方々からも

近所にいてくれて、こころ強かったと嬉しい言葉を頂きました!

また心機一転頑張っていきたいと思います!

アクティブ大阪
posted by Active at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka

2019年04月29日

ともに行う調理。

IMG_20190429_183030-dd4f2.jpg
今夜のメニューは「大根の和風カレー丼」と「もやしの胡麻醤油ナムル」

ともに行う訪問介護事業所の介護福祉士・OTいとうです。


この日の最後の時間は、記憶障害等の高次脳機能障害と右手指に拘縮のある利用者様宅です。

訪問リハビリテーションを終えてから身体介護による自立生活支援の見守り的援助"ともに行う調理"です。

利用者さん
「何にも買ってないよぅ」。
と、言いながらも…
「大根ともやしとキャベツ少しと…」
と、苦笑い。
冷蔵庫の中身をしっかりと思い起こせるようになられています!スゴいことです。

大根を使うことになりました。
IMG_20190429_174902-2564d.jpg

ピーラーで皮むき作業です。
IMG_20190429_174921-b5f73.jpg
包丁でカット作業です。
IMG_20190429_175349-877c4.jpg

カット作業のスピードアップが著しくて、撮影が間に合わなくなりつつあります…
IMG_20190429_175509-65559.jpgIMG_20190429_175623-db400.jpg
IMG_20190429_175924-1dec3.jpg
大根を炒めます。
IMG_20190429_180453-847b7.jpg
和風だしで丼ぶりものにしようかと思っていましたが…

カレーうどんスープの素を棚から発見!
IMG_20190429_180700-6d531.jpg

ツナを入れて大根と炒め合わせます。
IMG_20190429_180932-39959.jpgIMG_20190429_180955-5ed3c.jpg

大根が浸かる位の水を入れて煮込みます。
IMG_20190429_181307-fb107.jpg

だし醤油(だし醤油1:水3)を入れてさらに煮込みます。
IMG_20190429_181537-b2e10.jpg

カレーうどんスープの素を入れて煮込みます。
IMG_20190429_182105-dd9fa.jpg

忘れずに買い置きしてくださっていた片栗粉を水で溶いて回しかけます。
そして煮込みます。
IMG_20190429_182238-1af13.jpgIMG_20190429_182310.jpg
IMG_20190429_182553-15cfc.jpg

ご飯の上に乗せて完成!
IMG_20190429_182956-4d2a2.jpg


もう一品のもやしナムルは大根を煮込んでいる間に仕上げます。
IMG_20190429_180136-aa6c4.jpg
電子レンジ温めで6分ということをしっかりと覚えておられました。自ら設定!

こちらも忘れずに買い置きしてくださっていた濃口醤油をアツアツのもやしに大さじ2、おろしにんにくチューブ3aほど、塩小さじ1/2を加えて混ぜ合わます。
IMG_20190429_181717-eff66.jpgIMG_20190429_181732.jpg
ほとんど毎回味付けを変えながらもやしナムルを作っているので手順も手付きも慣れてこられています。

ごま油を回しかけます。
IMG_20190429_181854.jpg

煎り胡麻をかけて。
IMG_20190429_181923.jpg

完成!
IMG_20190429_182520.jpg

「こんな使い方があるんだねー」。
と、感心顔の利用者様。
IMG_20190429_183030-8c931.jpg
「今日はどんなのができるんだろ」。
と、お料理を作ることを楽しみにされています。
そのために食材を忘れずに買い置きして準備したり。
冷蔵庫の中身を思い起こしたり。食材を傷めることも少なくなっているようです。
色んなお話しをしながらよく食べておられました。
そして、
「ホッとするなぁ」。
と、満足げな表情でポツリ。

マズローの欲求5段階説でいうと、衣食住に関わる生理的欲求と安全の欲求も満たされた状態だったのかなと、その言葉から感じました。

数十年前からの高次脳機能障害については、自己気づきがあり、その上で地域活動や様々な研修会参加等の自己実現につながることを既にされています。

そんな方でも、お料理、食を通した"楽しくて美味しい"という生理的欲求を満たされることがどれほど大切なことかをあらためて知ることができました。


野崎洋光さんの「考える食」を思い出しました。

”食べることに真剣になれば、自分の体を健全な状態に保つことができ、それは自分を守ることにもつながる”

”与えられたものだけを食べるのではなく、自分で考えながら食べるべき”

野崎洋光さんの著書 
「美味しい法則」より抜粋↓


ともに行う訪問介護事業所は、身体介護による見守り的援助"ともに行う"で利用者様の自立生活支援をサポートします。

2019年04月28日

スクーリングK「医療的ケア(実技講習)」

心意気実践チームのいとうです。

医療的ケアの実技講習会です。

朝から夕方まで缶詰で喀痰吸引や経管栄養について学びます。
IMG_20190428_090242.jpgIMG_20190428_090301.jpg
講師は昨年度に続き、医療ケアの講師研修を修了した看護師木田さん(大阪管理者)です。
▼昨年度の医療的ケア↓


本日のながれです。
IMG_20190428_091657.jpgIMG_20190428_091430.jpg

まずは木田講師が喀痰吸引の手順の見本を見せます。
IMG_20190428_090314.jpgIMG_20190428_091335.jpg

口腔内吸引、鼻腔内吸引を実技で学びます。
IMG_20190428_092123.jpgIMG_20190428_094240.jpg
IMG_20190428_102645.jpgIMG_20190428_095513.jpg
IMG_20190428_103054.jpgIMG_20190428_104331.jpg
「現場で困ることもあるので、会社でこういう場があるのはありがたいです」。
と、OT宇多さん(泉北)は志願の終日参加。
IMG_20190428_105346.jpg


気管吸引の実技。
IMG_20190428_134756.jpgIMG_20190428_134803.jpg
IMG_20190428_140215.jpgIMG_20190428_140240.jpg
IMG_20190428_140434.jpgIMG_20190428_140655.jpg
IMG_20190428_140704.jpgIMG_20190428_141000.jpg


経鼻経管栄養の実技です。
IMG_20190428_151318.jpgIMG_20190428_151735.jpg
IMG_20190428_152458.jpg
IMG_20190428_153745.jpgIMG_20190428_153927.jpg


胃ろうまたは腸ろうによる経管栄養の実技です。
IMG_20190428_163858.jpgIMG_20190428_164402.jpg
IMG_20190428_164652.jpg
それぞれの手技を5回ずつ経験するとみなさん慣れた手付きになっていました。


いよいよ5/10(金)14時〜はスクーリング最終回。
介護計画発表会と修了式です。
楽しみです。

春のメニュー!「春キャベツとチキンのペペロンチーノ」と「タピオカミルクティー」

IMG_20190428_085408.jpg
IMG_20190428_085449.jpg
春のメニュー!
「春キャベツとチキンのペペロンチーノ」

「タピオカミルクティー」
仲間入り!
IMG_20190428_085510.jpg

定番人気メニュー!
IMG_20190419_131135.jpgIMG_20190419_131148.jpg
「スモーク豚バラ肉&スモークサーモンのプレート」500円!

IMG_20190419_131728.jpgIMG_20190419_131734.jpg
「カルボナーラプレート」500円!
posted by Active at 12:19| Comment(1) | TrackBack(0) | ordinary

2019年04月26日

講義の仕事。小倉さんご夫妻トークライブ!

IMG_20190426_165941.jpg
トークライブを終えてから熱心に残ってくれた学生さん達と。
小倉宏章さん(前列左)と妻の由実さん(右端)


心意気実践チーム・人材開発室のいとうです。


小倉さんご夫妻と三人で阪奈中央リハビリテーション専門学校へ。
IMG_20190426_144733.jpg
いとうの母校でもあります。
毎年地域作業療法学の講義を四コマさせて頂いています。
▼先日の講義はこちら↓


この日は地域作業療法学の一コマ90分で、弊社の訪問看護ステーションの療法士による訪問看護T5(訪問リハビリテーション)の利用者様である小倉さんご夫妻とトークライブをさせていただきました。
小倉さん自ら考えたサブタイトルは「リハビリテーションはラポールと想像力だ」です。
IMG_20190426_144849.jpg
バリバリの営業マンとして働かれていた40歳台後半に突如襲った脳出血。

「家族旅行に行く前日に…」。

その後、重度の左片麻痺の後遺障害が残った小倉さん。

発症から半年以上に渡る入院生活とリハビリテーションを経て、自宅退院後は復職に向けて突っ走った経過を小倉さんご夫妻の言葉を綴りながら振り返ります。
IMG_20190426_144911-90efa.jpg
●入院当初について…
小倉さん)
「全然覚えてないねん」。
「入院して2ヶ月の秋に嫁はんとお月さんを見たのを覚えてる」。

妻の由実さん)
「入院生活ではできなかった家への連絡も、一つずつできるようになった」。
「病院によって、担当者によって対応が全く違うことを経験した」。


●自宅退院後は…
小倉さん)
「病院に居たら何でも看護師さんがやってくれてたんやけど、家に居たら誰もやってくれへんから、自分でやらなしぁないもんね」。
IMG_20190426_145115.jpg

●訪問リハ開始時から担当者変更も経て…
小倉さん)
「担当PTが変わってからリハが全然違っ
た」。
「こちらの希望に対してその都度何かしら返答や明るく対応してくれた」。
「嘘でもいいから明るく自信満々で回答してくれたらなとも思う」。
「アドバイスをもらうと霧が晴れるような気分になりますよぉ」。

妻の由実さん)
「訪問OTは生活の中での困り事を週一回解決しに家に来てくれるのでほんとに助かります」。
「家の中での役割を一つ、鶏のから揚げ等の料理リハで果たしてくれています」。


●復職に向けて…
小倉さん)
「最初はお先真っ暗にもなったけど、訪問リハのおかげで前向きになれた」。
「(復職は果たしたが)自分自身が望んでいた営業職には戻られへんかったけど家族があるから、今の仕事をがんばってやらなアカンと思てます」。
「帰宅途中のいつもの駅で顔なじみになった駅員さんからおかえりなさいって言ってくれるで」。
IMG_20190426_155323-97a30.jpg
▼復職に向けたリワーク支援の様子はこちら↓


●トークの合間に…
杖無し歩行練習の様子も見てもらいました。
IMG_20190426_151207.jpgIMG_20190426_151200.jpg
IMG_20190426_151226.jpg
ご自宅内の移動は車椅子を併用されていますがいずれ車椅子卒業も可能になりつつあります。


●最後に…
「自分から心を開いてラポールを形成するのが何より大切やで」。
「あとはその人への想像力をきかせて、先回りして対応すること」。
「若くても、カラ元気でも、アドバイスにすぐに反応できるように」。
等の金言を臨床長期実習を控えた学生さん達に頂いてトークライブを終えました。
IMG_20190426_152852.jpg
今回が初めてのトークライブでしたが、終始緊張することなく何回もトークライブをしてたかのように馴れた様子で、言葉を選びながら話されました。
「喋りが仕事やからね」。
と、聴き手の笑いを引き出してみんなを引きつけるトークで、バリバリ営業マンの姿をあらためて見せて下さいました。
たまに"凍りつかせる小倉流トーク"もこの場でも健在でした。


●トークライブを終えて…
小倉さんの片麻痺のカラダを学生さんに触ってもらいました。
「俺のカラダ、つこうたってくれてええねんでぇ〜」。
と、小倉節が炸裂です。
IMG_20190426_162006-123aa.jpg

あっという間に人垣が。
IMG_20190426_162033.jpg
まさに小倉パワー!
小倉流!引き寄せの法則です。

学生さんのオーダーで、片手での腕時計の着脱の実演会が始まって…
IMG_20190426_163323.jpg

小倉さんの後ろ(写真左端)では、
「もっと相談に乗ってあげたいわ」。
と、妻の由実さんによる学生相談会が始まっていました…
IMG_20190426_161957-74eaa.jpg
ご夫妻のパワー、スゴいです。
それらをさらに引き出してくれた学生のみなさん、場の空気を創ってくれました。ありがとうございます。


そして、帰り道では次なる具体的な目標設定ができました。
「松原マルシェ2019での出店・店頭販売 販売商品:俺の唐揚げ(仮)」
1556330705719.jpg
さあどうなるでしょうか。

posted by Active at 19:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム