2022年07月08日

アクティブオリンピック6月の報告です(デイサービス松原)

623日〜30日にかけてアクティブオリンピックが行われました。

今回は『てるてるボーリング』です。
001.jpg

今回はゲームの企画・発案は理学療法士の水上さんです。
卓球のボールを10個の紙コップにめがけて投げます。

 004.jpg


コップの底には点数が書かれています。
投げるときは、点数が見えないようになっている、はずです・・・

 002.jpg


003.jpg

コップには色々な表情のてるてる坊主が描かれています。見てるだけでも楽しいですね。


005.png 

「せえーの!」

006.png
「それっ! 入れ!」
007.jpg

今回は、火曜日の午前チームが優勝でした。
008.JPG

今回の優勝のおやつは冷た〜い「栗ぜんざい」でした。夏らしいですね。






2022年07月05日

マンスリー報告 共に行う家事(調理・買い物)


ともに行う訪問介護事業所の介護福祉士・作業療法士・調理師いとうです。


身体介護の見守り的援助"共に行なう家事"です。
リハビリテーション・ケア研究大会2019金沢
での報告はこちら↓

利用者さまはお一人暮らしで、右手首骨折による手指の拘縮と古い既往歴として頭部外傷による記憶障害などの高次脳機能障害も残存されています。

身体介護の見守り的援助"共に行なう家事"では、訪問リハビリテーションと連携し、安全に包丁使用しての料理や肉類や野菜などの生鮮食料品の買い物、賞味期限の管理、小分け冷凍保管などをサポートしています。


6月も利用者さまが気の向くまま買い物されてこられたあり合わせの材料で旨いもんを作りました。



1週目!

「これどうやって使うのかなァ」
と、利用者様が買ってきたのは、ターサイ。
B67543FD-0B0F-412B-946D-1E9189F4DB82.jpeg92A85054-99F1-4014-8E73-BF73D54CEB9D.jpeg55A00625-8A1E-431D-A59D-C5C10B986249.jpeg
全く知らない葉野菜です。

小松菜みたいな使い方をしましょうということで、

ターサイと鶏肉のオイスターソース炒め。
EE4A9117-82D7-4AAC-B3B8-A12FB5248008.jpeg
ちくわの和風スープ。
E7ED1978-A48B-4992-94A0-F2B3131E0436.jpeg



第2週目!

先週からたくさん買い置きがあったチンゲンサイを使わせていただきます。
B5E3E0E0-303F-4535-AA43-CA264117539A.jpegA53689B7-9FF9-41C0-AC93-9A25ABAA33FD.jpeg6AFDD5F4-296A-4A41-9135-D0227051CCC6.jpeg

鶏肉とチンゲンサイのうま煮。
AF12B572-1A0A-4404-B72E-B9934376FF6F.jpeg

定番になっているきゅうりのツナと塩昆布のあえもの。
674F57AD-9DB2-4F3A-8637-44FB5362BB4E.jpegE6C6A0AC-3542-494C-AA38-0951B112B620.jpeg58914949-A3BB-4629-AFAC-5DFCDCCCA794.jpeg
「これ、うめぇだよねェ」
と、笑顔の利用者様。



第3週目!

ニラ玉炒め。
4D48AABE-2811-4514-82B9-BC25CBD1F424.jpegCF733852-6976-4371-8FD0-BA43EC0F81CE.jpeg
2週間ほど前から冷蔵庫にあったニラ。

ときに買い過ぎてしまうこともあるようですが、ほどよく買い物量を調整しておられます。


ともに行う訪問介護事業所は、なめだリハビリテーションクリニックの訪問リハビリテーションや他訪問介護事業所と連携し、身体介護による見守り的援助"ともに行う"で利用者様の重度化予防、QOL向上、自立生活支援をサポートします。

2022年06月30日

症例報告会(松原事業所)6月

先週の金曜日、今年度2回目の症例検討会が行われました。

今回は2年目の理学療法士 松原さんによる報告です。

 検討会001blog.jpg


デイサービスでリハビリを担当しているご利用者様の症例報告でした。

リハビリの場面の動画を途中挟みながら、歩行•立ち上がりなどの動作の特徴について、丁寧に説明をされていました。


検討会002blog.jpg


質疑応答の時間は、前回に続き、色々な質問や助言が上がりました。
検討会003blog.jpg

『一つの疾患でも症状や障害は多岐にわたるが、その中でも今の生活で妨げになっている現象は何か? 適切に視点を絞り対応をする。』

『進行性の疾患については、どういった部分が進行するかを分に理解し、進行を防ぐかが重要。』など私にとっても色々考えさせられる意見でした。


ご利用者様の生活を豊かにするリハビリテーションを提供するためには、提供する側の『気付き』が大切であると言えると思います。

そのためにはこのような症例検討会が、発表する側、それを聞く側にとっても『気付き』の機会になることを実感しました。

posted by Active at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 松原

デイサービスで生け花

こんにちは!大正介護職の村田です。

今回はデイサービスで生け花のイベントを実施したので報告させて頂きます。

このイベントを実施しようと思ったきっかけですが、この利用者様は実務者研修の介護計画を作成するにあたって担当させて頂いた方で、以前は生け花をしていたが体が悪くなってしまったのでやめてしまった。また機会があればしてみたい。
と話をされ、関わらせて頂いた中で可能な限り要望を叶えたいと思い進めていきました。

僕自身生け花に関して分からない事ばかりで、必要な道具は?花の種類はどれがいいのか?等まず生け花の知識を知っていくところからでした。

そして迎えた当日、午後からの利用者様だったので午前中に必要な道具を購入しました。
image0 (2).jpeg

ハサミは利用者様が昔使用していたのを持ってきて頂けるという事だったので、剣山と器を用意しました。

image1 (6).jpeg

花はユリ、アサガオ、カーネーションを用意しました。
(店員さんにオススメの花を聞きました)

image4 (1).jpeg

image7.jpeg

image8 (1).jpeg

image6 (1).jpeg


image9.jpeg

image11 (1).jpeg


何年も生けていなかったのが信じられないほど綺麗に生けて頂きました。
他の利用者様と、ここはナナメに挿した方がいいんちゃう?めっちゃうまいやん!とお話してワイワイ楽しんで行っておられました。

今回生け花のイベントを終えて、してみたい事を聞き出して行動に移せたのはいい経験になりました。
僕自身初めて1人で企画して、実行に移すのは初めてだったので不安もありましたが今回楽しそうにしている姿を見て本当に企画して良かったなと思います。
ですが反省点や課題のポイントもあったので
次回関わらせて頂いた時には100点の出来になれるようにしていきます。

大正事業所 村田
posted by Active at 11:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2022年06月27日

アクティブスマイル☆6月

こんにちは、アクティブデイサービス大正の中西です。

毎月恒例アクティブスマイル!
今月は魚釣り大会をしました。

image1 (2).jpeg


魚の種類、大きさによって点数は違います。
制限時間を決めて何点釣れるかを競いました。
そして人間さんもおいてみました(笑)
あまり人気はなかったです・・・

image4 (1).jpeg


image6.jpeg

image7.jpeg


image2 (2).jpeg


皆さん上手に釣ります。
やっぱり大きいクジラが点数が高いのではないかと人気でした。
観客もいます。「早く!」「急げ!」と盛り上がりました!


若いころは「釣りの会」に入ってていっぱい釣ったんやで〜と得意そうに
参加してくださる方もいてました(^▽^)
久しぶりに釣りをし、楽しかったようで違う日にもまた挑戦!(笑)

image3 (1).jpeg


お気に入りのようでした☆



結果発表をし上位3名の方にはおいし〜いスイーツを
持ち帰っていただきました!


image0 (4).jpeg


1位の方は片麻痺がある方で利き手ではなかったですが
とても器用にほとんどの魚を釣りあげ圧倒的でした☆


昔は釣りをしていたという方の声がちらほら聞こえ
懐かしい様子で楽しんでいただき良かったです。


アクティブデイサービス大正
中西

posted by Active at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2022年06月21日

吹田。てくてぃぶ利用。

アクティブデイサービス吹田のPT田中・山本です。

今回訪問とデイサービスをご利用していただいているご利用者様、奥様の希望で「久しぶりに一緒におでかけしたい」とのことで、弊社の自費サービスてくてぃぶを利用して一緒にお出かけすることになりました。

数日前から雨の予報もあり当日の天気が心配でしたが、晴天でお出かけ日和になりました。

いざ自宅から介護タクシーで山田駅へ!
モノレール来るまで待機している時も楽しみと話されていました。
5FB4E289-D029-4FB3-8D22-01D63301C3CA.jpeg

万博記念公園へ
834EAD7C-31B4-45B6-BCAF-B57A2B3600F5.jpeg

遠くから見ても大きいですね。
近くで1枚奥様と
142C71E6-2A60-4B49-9072-64026A7338E7.jpeg
万博記念公園内は広くてゆっくり歩いての散策へ!

風がありとても気持ちよかったです!

新緑がまた見ていて綺麗でした。

久しぶりの外食。他に利用しているお客さんはいなくて距離をあけた状態で食事を楽しめました。
9C66865A-BA52-48E7-8DBA-E8D814E44402.jpeg

そして、目的のバラ園へ。

風が吹いてすごく気持ちよかったです。

目の前に沢山の薔薇が咲いていてご夫婦とも楽しめているご様子で本当に今回のてくてぃぶを企画出来て良かったと思いました。

また機会があればお願いしたいとの事で、今度は少しの距離でも一緒にご自身の足で見たいところ見て回って欲しいですね。


今回一緒に行かせて頂いた新人PT山本です。初めての経験で凄く楽しかったです。

デイでは見られない表情が沢山見れました。

特に昼食時に浮かべた満面の笑みが素敵でした。

奥様もこの日を楽しみにされていた様で昼食時には、
「外食が久しぶりで嬉しい」

花を見ている時は
「すごく綺麗」
と、とても喜ばれていました。

お二人の笑顔が見られて私も幸せでした。

ありがとうございました。

497494D9-70D8-447E-AC07-C884903858D1.jpeg74EF4690-4B56-4BE0-9E86-DDEE3FAB6820.jpegB58CFE69-EE19-4330-A842-8DEE760B0A6C.jpeg
A5B7CBA6-5D1C-4406-BEB1-4DF43544C1A3.jpegF628BB5F-2D36-4B8E-9458-2ABA90244CB6.jpeg

みなさんも、”てくてぃぶ”の活用をご検討ください。

利用相談は心意気実践チームもしくは各事業所責任者まで。

▼"てくてぃぶ"について

▼てくてぃぶ事例

自費サービス"てくてぃぶ"(弊社利用者さま限定の介護保険外サービス)では、弊社の各サービス利用者様の「○○○に行きたい」「○○で○○したい」といったご希望や趣味など、介護保険では対応できない利用者個々のより個別的な活動参加支援を心意気実践チーム、ともに行なう訪問介護事業所がサポートしています。
posted by Active at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | てくてぃぶ

2022年06月20日

【5月開催】第9回オンラインらふとーく

スクリーンショット 2022-06-09 11.13.02.png
堺STの東田です。

5月27日に第9回オンラインらふとーくを開催しました。

今回はご覧の通りの大人数!
前回初参加してくださったお2人が今回も参加
↓↓↓


今里からは1年目の城STが参加してくださいました。

【自己紹介・近況報告】
スクリーンショット 2022-06-09 11.07.09.png
まずは職員から自己紹介。
新しいSTさんに参加者さんも興味津々でした!
名前や住んでいる所など、紙に書いて伝えてくだり
参加者のみなさんにもしっかりと伝わっていました。


スクリーンショット 2022-06-09 11.07.29.png
途中、今里の利用者様と城STの様子を見に一瞬現れる山川ST。
訪問の間にありがとうございました。


スクリーンショット 2022-06-09 11.08.14.png
そして、吹田から伊藤OTもご参加下さいました。

今回の近況報告はお出かけされたお話が多かったです。
世の中ではコロナは一旦落ち着き、GWも重なって、
どこも人でいっぱいだったそうです。


そして、前回、北海道は知床半島とお住まいの斜里町の、
大自然について伝えて下さったK様と村上ST。

あれから4ヶ月。
沈没船事故に、ロシア国境沿いでの軍事演習。
のどかな北海道の北の北は、
世の中の注目の的になっていました。

4ヶ月前からは想像できない状況をお話して下さいました。
なんとK様もTV取材にマイクを向けられたとか映画

こうして9回も近況報告を行っていると、
いろんな話題が出てくるものですね・・・


【あるなしクイズ】
スクリーンショット 2022-06-09 11.09.11.png
今回行ったのは「あるなしクイズ」
スクリーンショット 2022-06-09 11.09.48.png
30秒ほど動画やイラストなどを見た後・・・
スクリーンショット 2022-06-09 11.10.02.png
お題のものが「あった」か「なかった」か答えるクイズです。
スクリーンショット 2022-06-09 11.10.30.png
10問ほど行いましたが、みなさん正解されていました。
今回は少し簡単だったかも?
また次回も、楽しんでいただけるもの作れたらと思います。


【おわりに】
前回初めて参加されたお2人も引き続き参加してくださり、
新たな職員さんの参加もあり、
おそらく過去最多人数、最多拠点の開催になったのではないでしょうか?

これからも新しい方、新しい場所からのご参加お待ちしております!
スクリーンショット 2022-06-09 11.11.08.png

【2月開催】第8回オンラインらふとーく

スクリーンショット 2022-06-09 10.47.44.png
堺STの東田です。

ずいぶん遅くなりましたが、
2月に第8回オンラインらふとーくを開催しました!
5月に開催した第9回と併せてご報告します。
↓↓↓

今回は新しく2名の方が参加されました!


【自己紹介・近況報告】
スクリーンショット 2022-06-09 10.49.17.png

まずは北海道より。
村上STが勤務されている病院に通所されているK様。
失語症に加え、構音障害もありながら、
とてもお話好きの方です。

北海道の斜里町という所からご参加くださいました。
道内でも北の北雪
nihonchizu_name.png
そして遠い!
スクリーンショット 2022-06-09 11.50.32.png
なんと大阪の堺からは直線距離でも1300キロ!
オンラインならではの出会いとはまさにこの事。

奈良の鹿とは比べものにならない大きさのエゾシカ
(体長は2メートル近く、オスは体重100キロ超!)
が身近にいっぱい居たり、
2月は日中でも気温がマイナスのままだったりと、
大阪では考えられないような大自然のお話に盛り上がりました!

スクリーンショット 2022-06-09 10.50.06.png

そしてもうお一方。
今里山川STが訪問されている利用者様のU様。
最初なかなか接続できず苦戦されていました。
心配して山川STも様子を見に来て下さいました(写真2枚目)
奥様と協力されながら、なんとか接続!

今回は『見学だけ』と事前にお聞きしていましたが、
ご挨拶、自己紹介もしてくださいました!


【雑学クイズ】
スクリーンショット 2022-06-09 10.51.29.png
今回は様々な雑学を扱ったクイズを行いました!
スクリーンショット 2022-06-09 10.51.55.png

スクリーンショット 2022-06-09 10.52.47.png
画面に向かって指で@かAか。
意外な雑学知識にみなさん楽しんでいただけたようでした。


【おわりに】
今回は同時に2名の方が初参加くださいました。
それもお2人とも直接お会いした事のない
オンラインが「はじめまして」の方です。

当初は、デイサービスで行っていた『らふとーく』を
コロナ禍でも継続するために始めた『オンラインらふとーく』
でしたが、デイ開催では出会えなかった方々と交流が生まれて、
改めてオンライン開催の良さを感じる回となりました!
スクリーンショット 2022-06-09 10.48.11.png

2022年06月14日

事例相談会

どうも。
泉北のむろのぞのです。

今年の4月に入職し、泉北事業所へ配属となった溝端PT、二反地PTも早いもので約2カ月が経ちました。

送迎や書類業務、リハビリ業務にも少しずつ慣れてきたこともあり、ここらでちょっとずつ利用者さんのリハビリテーションについてじっくり考えていく時間をとることにしました。

よく"症例発表"という言葉を耳にすると思いますが、今回はあえて事例『相談』会と題して行うことにしました。

また事前準備(資料作成)は特に設けず、相談する利用者さんのカルテ情報のみで進めていくことを意識しました。

なぜいちいち言葉ややり方にこだわったのか。
理由はいくつかありますが一部分として・・・
(※以下はあくまで「私がそう思う」という一意見として捉えていただけるとありがたいです)

●『発表』だと事前資料作成に時間が追われるため、手段(資料作成)が目的化してしまう可能性がある。

●『症例』だと病気や症状(マイナス面)ばかりに意識が向いてしまう傾向にある。

●『相談会』にすること、事前資料を作成しないことで、会に参加することへの心理的ハードルを下げることができる(「わからないことはとりあえず相談会で聞いてみよー」という流れができれば理想的だと考えています)。

●事前資料ではなくカルテ情報から考えていくことで、カルテ内にある各書類(ケアプラン、LIFE、計画書、報告書等)それぞれがもつ意味を理解でき、今後の実務の質を上げることができる。

ザッとこんなところでしょうか。
ただし、必ずしも良い面ばかりではないと思いますので、今後もトライ&エラーを繰り返しながら修正していけたらと思っております。

他事業所で「こんなやり方をしたらうまくいきました!」といったものがあれば是非教えてください!

具体的にはホワイトボード(以下の写真3枚)にICFの項目ごとに参加者全員で話をしながら情報を埋めていき、気になった部分をマーカーで印をしていきました。

857433E4-F0AA-43A8-9158-E11B352D45D2.jpeg

92121E0A-26DA-4B04-AC1B-C2211441BBE2.jpeg

D23A8C54-E3B6-4DD3-825A-297202B8E270.jpeg


こうやって視える化すると『参加』が制約されていたり、『環境』や『個人因子』を活かした関わりがまだうまく見いだせていないことがわかりました。

また、『心身機能』においては『活動』状況とリンクさせることで新たに評価すべき項目が浮き彫りになっていくことがわかりました。

今回相談してくれた二反地PTからは「頭の中がだいぶ整理できました」という発言がみられました。

しばらくはこうした進め方でどこまで思考の整理ができるかトライしていきたいと思います。

そして次は現在提供しているリハビリプログラム一つ一つの意味(なぜその訓練をしているのか?)について考えていけたらと思います。


長々と書きましたが以上で終わりたいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
posted by Active at 11:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉北(室之園の)日記

2022年06月13日

2021年度実務者研修の介護計画発表会及び修了式。


心意気実践チームのいとうです。

昨年7月から始まった2021年度の実務者研修。

6/10は、半年以上かけて検討、作成を重ねてきた介護計画の発表会及び修了式でした。


コロナ禍のなか、オンラインでの講義やワークを柔軟に取り入れた本研修の主任講師のOT・介護福祉士の室之園むろのぞのさん(泉北、心意気実践チーム)。
F4EAA38B-A5B4-4C39-9C2F-E4A46997A356.jpeg

みなさんからの発表。
3C42C1B7-3AB3-4AFA-BFE6-A203C3705CC8.jpegC887CE85-2AD4-4E5D-AAFC-A1A849402F23.jpeg19DA7A95-3B99-4556-96C5-E3AE20988339.jpeg
介護職の柳井さん、西口さん(ともに堺)、山崎さん(泉北)、村田さん(大正)は、未経験な発表で、かなりの緊張感を漂うなかでしたが、しっかりと発表できていました。

2年目理学療法士の松原さんは、堂々とした発表と質問も立派でした。

3年目理学療法士の藤島さん、作業療法士の我如古さんは、はっきりとした口調でとてもわかりやすい発表でした。


修了式。
A40A54E6-59B6-448B-9F5B-5A43E6BDD06C.jpeg
最後に集合写真を撮り忘れたのが心残りでした…


みなさん、発表に向けてしっかりと準備を重ねてきたのがわかりました。


次は、これらの経験や学びを早速本日からの利用者様支援に活かしていきましょう!



▼2022年度の本研修は7月開講です。社員のみなさんからの参加者募集中です。
posted by Active at 12:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 実務者研修