2019年08月09日

堺デイ調理イベント

こんにちは。
堺OT澤田です。

今年も堺デイでは野菜栽培に取り組んでいます。

元々、花植えのボランティアに参加されたり、自宅でも植物を育てたりと園芸が大好きなOさん。

引っ越しをきっかけに自宅の園芸スペースが減り、大好きな花を植えることができないと落ち込んでおられました。

そこで、デイで園芸を行ってはとスタッフから提案し、今年はピーマンとオクラを栽培することになりました。

寒い時期からコツコツと土を整備し、歩行器を押してホームセンターまで土や苗を買いに行き、他の利用者様にも水やりなどを手伝って頂き、立派なピーマンとオクラを収穫することができました。
CIMG3157.JPG

CIMG3276.JPG

そして、7月26日に収穫した野菜を使った料理イベントを開催しました。

脳卒中の後遺症により調理への不安がある方、これから挑戦したいと考えている方、その家族様など5名の方が参加されました。

今回は、ピーマンの肉詰めとオクラのツナ和えを作りました。

まずはオクラのツナ和えです。

オクラを塩揉みし、茹でます。
CIMG3350.JPG

CIMG3352.JPG

1センチずつに切ります。

片麻痺の参加者様には食材を切る際に、片手用まな板を体験して頂きました。
CIMG3375.JPG

「引いた方が切りやすいよ」などアドバイスをし合っていました。
CIMG3377.JPG

オクラとツナと調味料を混ぜて完成です。
CIMG3386.JPG

次にピーマンの肉詰めです。

ピーマンを縦に切り、ヘタと種を取り除きます。
CIMG3358.JPG

ピーマンを片栗粉にまぶします。
CIMG3369.JPG
ひき肉と玉ねぎと調味料を混ぜます。

冷凍のみじん切り玉ねぎを使っているため、「冷たーい」と苦戦していました。
CIMG3363.JPG

ピーマンにひき肉を詰めていきます。

皆さん片手で上手に詰めていました。
CIMG3374.JPG

焼いて出来上がり。
CIMG3393.JPG


CIMG3394.JPG

CIMG3396.JPG

美味しくできました。

食後は、最近家事を頑張っているYさんに皿洗いをして頂きました。
CIMG3399.JPG

ついつい手伝ってしまうというYさんの奥さんも、今回は近くで見守ってくれていました。

参加者様達からは「美味しくできたなあ」「久しぶりに作った」「また参加したい」などの声を頂きました。

イベントを通して自信をつけ、参加者様の目標である自宅での調理再開や、料理のレーパートリーの増加に繋がればと思います。

種から栽培したメロンもすくすく成長中です。
CIMG3402.JPG

アクティブデイサービス堺 スタッフ一同
posted by Active at 16:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 堺デイ

すばらしい冊子完成 「東成区 在宅生活応援知恵袋」

「在宅生活応援知恵袋」完成しました!


 ということで、東成区の熱い生活支援コーディネーターと何度か打ち合わせを行い知恵袋の活用の仕方×個別リハビリ相談会を開催しました。7/31日と熱い中、総勢24名参加してくれました。

IMG_2677.JPG


「掃除や洗濯に負担を感じるようになってきた」、「できていたことができなくなってきて、毎日の家事がストレス」という方はおられませんか?

その負担やストレスを「自分でできる喜び」に変えられるようにと願い、区リハビリテーション連絡会・包括的支援事業連絡会と協力し、この冊子を作成しました。


この冊子は、家事の工夫・体操・ウォーキングの方法を掲載し、区リハビリテーション連絡会が専門的視点からアドバイスしている全17ページの冊子です。


 生活支援コーディネーターの思い

 地域の会館や体操の場に来ない方にアクセスできず、直接ニーズ把握したり社会参加を促したりする機会が少ない。


 作業療法士への期待

 会を通じて困りごとの解決をめざす。また、個別相談会で社会参加のニーズを聞き取り、ニーズをもとに、社会参加やつどいの場づくりにつなげる。


 上記依頼で打ち合わせを何度か行い講座開催。


私自身、地域で働き予防として個別に相談する会が東成には少ないと感じていたので楽しみにしていました。


 開催の様子

DSC_0039.JPG

生活支援コーディネーター 島岡さん


講座の様子


DSC_0054.JPGIMG_2683.JPG

皆さん真剣に話を聞いて頂き、こちらもついつい熱がこもってしまい話が長くなってしまいました。


個別相談会

DSC_0071★.JPGDSC_0077★.JPG

個別相談では1人3分とのむちゃぶり。とても対応できませんでした・・・(10分ほしいです)



7/31日と暑い中総勢24名参加してくださりました。

今回は、事前アンケートからみえてきた「膝」「腰」「肩」での生活の困りごとに絞り

DSC_0044★.JPG

生活の工夫と運動で気を付けることを中心にお話させていただきました。

日頃から体操やボランティアに参加されている方、やっと会場まで歩いてこれる方まで様々な参加者でした。

講座中も積極的に相談もあり、活発な会となりました。


個別相談では工夫していることも様々教えて頂き、こちらもとても勉強になりました。


相談内容は様々で、

普段体操に行っているが、私の場合はどうしたら効果的?

朝のラジオ体操で〇〇は効果あるの?

キッチンリフォームに関して 

今まで何か足りなかったけど相談できて解決できました などなど


地域に出向いて声を聴くことができ、介護予防は体操や運動も大事ですが、そのひとらしい生活を続けるためには個別相談・支援が大切ですね。

DSC_0056★.JPG



今回の会では独居女子会も誕生したようで、活動が期待されます。地域に足りないもの、活用できていないものを掘り起して行く事も大切ですね。今後も地域交流・場づくりが地域のニーズに合わせて必要であり、作業療法士として生活視点から「正しい知識」の個別対応ができたらいいですね。


アクティブ訪問看護ステーション 大阪

河井












続きを読む
posted by Active at 11:45| Comment(1) | TrackBack(0) | oosaka

2019年08月07日

呼吸勉強会@堺




こんにちは。堺OTの蠟野と山脇です。
遅くなりましたが、8月に行った堺事業所の濟木PTによる呼吸勉強会について報告します。


初めに呼吸音の確認を動画で行いました。
呼吸音を実際に聞く機会は少ないため、動画での確認は非常に分かりやすいですね。
IMG_20190807_174604.jpgIMG_20190807_174749.jpg


ランドマークを確認して聴診。


IMG_20190807_175749.jpgIMG_20190807_175804.jpg
参考ランドマークは、
正面:肺尖(鎖骨の内側1/3から2.3cm上の位置)、気管分岐部、第4肋骨、第6肋骨
後面:第7頚椎、肺(上葉)の下端、肺(下葉)の下端 となっています。


泉北より、新人の谷口PTも今回の勉強会に参加してくれました。これからも一緒に頑張って行きたいですね。
IMG_20190807_175829.jpg

呼吸介助方法の実技場面です。
話だけでは中々イメージが付きにくい為、先輩方による介助方法や現場で実際どのように使われるか等、聞ける為より理解を深かめる事ができました。
IMG_20190807_183324.jpg


濟木PTより各グループを確認してアドバイスを頂きました。


IMG_20190807_183337.jpg
IMG_20190807_183505.jpg


蠟野OTより
僕自身、過去に介護士として呼吸器の病院で勤めていた事もありました。ですが知識も技術も分からない点が多々ありました。今回の勉強会では濟木PTやその他の療法士に技術や知識、現場で実践した時の状態の変化をお聞きする事もでき自分自信でもイメージができました。今後訪問に出る機会が増え、呼吸器疾患の方を担当する機会もあると思います。その時に、今回教えて頂いた事が実践できるようこれからも頑張って行きたいと思います。今回は貴重な機会を頂きありがとうございます。

山脇OTより
今回の勉強会で濟木PTから話をして頂き、それだけではなく実際に音源も聞かせて頂き、実技も指導してくださったので、とてもイメージが付きやすかったです。呼吸介助とは一概に言ってもいろいろな種類があり、どのようなアプローチが適しているのか分からないことが多かったのですが、一つ方法を知っているだけでも自分の中で大きな引き出しができました。実技の際はNsさんに対して実際に介助させて頂き、動かし方や触れ方をその場でフィードバックして頂き、小さな変化や力加減なども感じたままを教えてくださったので、とても勉強になりました。実際に利用者様に実践するには、まだまだかと思いますが、自分のアプローチの1つとして習得できるよう、精進してきます。今回は、貴重な体験をありがとうございました。


▼聴診器、聴診音についての詳細はこちら↓
posted by Active at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | sakai

第7回1カフェ ~ 失語症漫才 ~

皆さん、こんにちは。今里のST堀内です。暑い日が続いていますね。熱中症予防に水分をこまめに、しっかりと摂って下さいね。「聞き手側から話し手側への役割交代と拡がり」をテーマとした「1cafe」は今回で7回目を迎えました。

今回はアクティブの誇る失語症漫才師 山川STとMさんによる「のんべぇ〜ず」をゲストに迎え、皆さんに笑顔をお届けしようという事で会が始まりました。


開催日時:令和元年726日  14301600

開催内容:自己紹介、失語症漫才、1カフェトーク、喫茶

参加者:5名(初参加の方が2名)

ゲスト:失語症漫才師 “のんべぇ〜ず”(山川ST、松原のMさん) 


☆自己紹介☆

まずはゲストのMさんから始め、次に初参加の女性2人(AさんとBさん)、続けて男性2人(Nさん、Fさん)に自己紹介をして頂きました。

Aさんは1カフェ参加が初めてのせいか少し緊張されている様子でした。

01.jpg

次にBさん「(病前の)趣味は水泳とピラティスです。」ピラティスという言葉に聞き慣れず、みんな興味津々〜。すると突然、心意気実践チームの伊藤OTが前に出てきてBさんの前で「こんな感じ?」とピラティスの恰好(写真が撮れてないのが残念〜笑)を披露しました。それを見たBさんの目がまん丸になり「(全然違います〜)シッシッ〜あっちいって〜」といつもの冗談。笑いで場の空気が和やかになるのを感じました。のんべぇ〜ずに続く、漫才師候補を見つけました笑

いつの間にかベテランになりつつあるNさんは自己紹介から飛ばしていました。趣味の旅行の話等たくさん話して下さいました。


☆失語症漫才☆

お待たせしました!!本日のメイン!!失語症漫才です!私も前々からとっても楽しみにしていました。Mさんからは緊張どころか余裕を感じました。ですが、時々ネタを忘れてしまうようで、Mさんに優しく耳打ちする山川STの姿にほっこり。一番笑ったのは山川STが沖縄方言でニュースを読み、Mさんが「全然分かりません!!」とするどいツッコミをする所です。笑

02.jpg

03.jpg

山川STは「スベったなぁ〜」と言っていましたが、見て下さい!!!皆さんの素敵な笑顔〜のんべぇ〜ずのMさんに今日の出来を伺うと、「50点かな」とプロ意識でしょうか笑。皆さんにも今日の出来を聞くと、AさんもBさんもFさんも「100点!」皆さん優しい〜!!1人くらい辛口コメントが出るかと思いきや。

最後にNさん「ん〜。ま〜そうやなぁ。」と少し下を向かれ、浮かない表情。「ん〜ん。」

山川STはきっとヒヤヒヤしてたんじゃないでしょうか。十分間をとったのち、「100点」Nさんのこの絶妙な間。ここにも漫才師候補がいらっしゃいました笑


☆1カフエトーク☆

失語症漫才って事で笑いをテーマにはしていましたが、テーマにこだわらず流れに任せると、どんどん話に花が咲いて行きました。最近デイサービスを利用されたAさんは脳の病気で言葉の障害と右片麻痺になりました。今一番したい事を尋ねると料理と言われ少し悲しい表情をされました。デイではいつもニコニコされていてAさんがいるとパッと華やかになります。私はAさんのこんな表情、初めて見たなぁと感じました。その後1カフェの仲間で助け舟をしながらトークが展開。Aさんの出身地の話になりました。井上STと同じ徳島出身でした。地元トークに、四国出身のNさんも入ってきました。徳島では、花や葉っぱを料理のつまとして食卓に出すんだそうです。後から調べたのですが、「葉っぱビジネス」と言って徳島を支える一大産業になっているみたいです。貴重なお話を聞くことができました。

Fさんはもう一度仕事をしたいと言われていました。私の前では「来年、定年やしもう働かんでいいわ」と言ってたんです。1カフェでは本音がポロリ。NさんBさんも働いていた時の話を思い出されて当時の様子を語って下さいました。皆さん仕事に生きがいを感じていたんですね。

その後はプリンを食べながら皆で当時のお笑いブームから現在に至るまでの歴史を確認しながら盛り上がりました。

今回の参加者でもあり、ゲストでもあるMさんは失語症を強みにされていらっしゃいます。過去のブログで夢はTVに出る事と書いてあるのを読みました。のんべぇ〜ずは大舞台を何度も経験し(過去には千鳥の前座も)新聞記事にも取り上げて頂いています。Mさんの夢が叶うのはそんなに遠くないかもしれませんね。


本日の振返り

4月から新入社員として入職され、また私の専門学校の後輩でもある東田STから頂いた貴重な意見をこの場をお借りしてお伝えさせて頂きたいと思います。

東田ST;「フリートーク中心で会を成立させている事が凄いと思いました。言語に障害のある皆さんが集まる会で、あれだけトークの割合が多いのは最初は凄く大変だったんじゃないですか?」とっても貴重な意見であり、これぞSTならではの視点ですね。本当にその通りで、開催して7回目ですが、毎回どうなることか、ハラハラしながらも少しずつ前に進んでおります。


☆写真撮影☆

最後は恒例となりました記念写真です

05.jpg

今回、参加して下さいました5名の利用者様、本当にありがとうございました。

また忙しい中、駆けつけて下さいました心意気実践チームの伊藤OT、堺の松本ST、知花ST、東田ST本当にありがとうございました。


企画:山川ST

参加職員:今里ST(山川、金井、井上、堀内) 堺ST(松本、知花、東田)心意気実践チーム(伊藤OT

長文読んで頂きありがとうございました☆1カフェをどうぞ温かく見守っていて下さい。次回は10月を予定しております。どうぞお楽しみに☆




                                                                                                                          

posted by Active at 13:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 1Cafe

2019年08月06日

アクティブスポーツ倶楽部。

IMG_20190802_191747.jpg
左からOT日野上さん(松原、心意気実践チーム)、PT馬場さん(吹田)、OT中橋さん(大阪)、OT井上さん(大阪)、倶楽部代表ST金井さん(大阪)、金井さんと瑛祐君、PT山川さん(大阪)、事務兼介護職の佐々木さん(大阪)、遅れて参加のPT田中さん(吹田)

今回は少し参加者が少なかったですが、産休育休中の金井さん(大阪デイ、介護福祉士)も1歳になる瑛祐(えいすけ)君と一緒に遊びに来てくれました。
1564814569080-53ba6.jpg

場所は天王寺スポーツセンター、玉造駅から歩いて10分ほど。
1564814594073-08452.jpg

はじめは何か照れくさい感じなんですが、スポーツのチカラを借りて、盛り上がってしまえばすっかりそんなことも忘れてしまいます。

こういう場が、職場コミュニティ創りや仲間や会社への帰属意識(同僚のために、仲間のために)となり、職場での思いやりやめでたく結婚し子どもが出来て産休育休しても安心して仕事に戻れるようなお互いの関係性と環境づくりのきっかけになればと思います。
1564814585643-ba728.jpg1564814594073-9967a.jpg1564814565673-58a8f.jpg1564814560623-824ad.jpg
倶楽部代表のST金井さん、サポート役のOT井上さん、いつもありがとうございます。

心意気実践チームの日野上(ヒノガミ)です。
初めてのアクティブスポーツ倶楽部の参加でした。
事業所が違うと全然知らないスタッフばかりで緊張しましたが、スポーツを通じて交流をすることで緊張もほぐれて楽しく参加することが出来ました。普段の業務だけですと事業所が変わると交流することもあまりありませんが、このような形で交流が出来るのもありがたい環境だなぁと思います。
最後に、体育館の予約やアナウンスなど多忙ななかセッティングして下さったST金井さん、OT井上さん、本当にありがとうございます。次回も出来れば参加したいと思います。
posted by Active at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2019年08月05日

ともに行う調理。

IMG_20190805_172714.jpg
今夜のメニューは「ブロッコリーの刻み塩昆布和え」と「エリンギの柚子胡椒炒め」


ともに行う訪問介護事業所の介護福祉士・作業療法士いとうです。

この日の最後の時間は、記憶障害等の高次脳機能障害と右手指に拘縮のある利用者様宅です。

訪問リハビリテーションを終えてから身体介護による自立生活支援の見守り的援助"ともに行う調理"です。

先週に確認していた今夜のメニューは「ゴーヤーチャンプルー&ゴーヤツナサラダ&ゴーヤの中綿のすまし汁」でした。残念ながらゴーヤを買い忘れたとのことです。スーパーでゴーヤを買い忘れたことは、「買い忘れっちゃったよゥ〜」と、買い忘れたことをご自身で覚えておられました。

ということで、冷蔵庫の中にあったきれいなブロッコリーを使うことになりました。
IMG_20190805_164252.jpg

ブロッコリーを右手でちぎる動作もいいリハビリになります。
IMG_20190805_164911.jpg
「指先に力が入るようになってきてるよゥ」
と、笑顔の利用者さま。

塩を加えて茹でます。
IMG_20190805_165439.jpg

茎の部分をお箸で刺して茹で加減を確認してからザルにあげます。
IMG_20190805_170157.jpg

醤油を大さじ2と、
IMG_20190805_171559.jpg

ゴマ油を回しかけます。
IMG_20190805_171659.jpg
随分前から冷蔵庫に残っていた刻み塩昆布を適量加えます。。
IMG_20190805_171724.jpg

煎りゴマを加えてしっかりと混ぜ合わます。
IMG_20190805_171757.jpg

完成!
IMG_20190805_172721.jpg

こちらも随分前から冷蔵庫に残っていたエリンギ。
IMG_20190805_165138.jpg

「こうやって切ったらいいかなァ?」
と、言いながらカット作業をご自身で進めていくことができておられます。
IMG_20190805_165408.jpgIMG_20190805_165717.jpg
油を中華鍋にひきます。
IMG_20190805_170728.jpgIMG_20190805_170733.jpg
しっかりとした安定性のあるグリップで右手首を捻りながら、中華鍋にまんべんなく油をひきます。

塩、こしょうをふって炒めます。
IMG_20190805_170943.jpg

娘さんからもらったという柚子胡椒とポン酢を味付けに使います。
IMG_20190805_171225.jpg

しっかり混ぜ合わて味をなじませます。
IMG_20190805_171322.jpgIMG_20190805_171404.jpg

完成!
IMG_20190805_172753.jpg

右手指の機能維持、向上と包丁操作の向上が見られ、8月からは訪問リハビリテーションの回数を漸減していくことになっています。

ともに行う訪問介護事業所は、身体介護による見守り的援助"ともに行う"で利用者様の自立生活支援をサポートします。

2019年08月01日

第16回 あれそれカフェ 「歌おう会」

皆さん、はじめまして。堺新人OTの山脇です。

近畿地方に梅雨明けが発表されてから、大阪の暑さに日々驚いています。
室内でも熱中症が起きる気温となっているので、温度調整や水分補給
気を付けていきたいですね。

7月19日に行われたあれそれカフェについて報告させていただきます。
あれそれカフェの中でも人気の「歌おう会」ですが、
今回もアンジェラのりこ先生にお越しいただき、第7回目を迎えました。

足元が悪い中,今回はなんと他の事業所からの参加者もいらっしゃり総勢8名となりました。
CIMG3320.png

まずは、スタッフや参加者の方の自己紹介から行い、
その後、表情筋ストレッチやタオル体操でウォーミングアップです。
CIMG3324.png


そして、いよいよ皆さんお待ちかねの合唱となります。



今回の曲のラインナップは↓↓↓
*シャボン玉
*茶摘
*肩たたき
*知床旅情
*高校三年生
*海
*瀬戸の花嫁
*優しい あの子
となっております。



「肩たたき」という曲では、”タントン タントン タントントン”の歌詞に合わせて
スタッフが皆さんの肩を叩きます。
こういう自然と行えるコミュニケーションで、皆さんの顔には笑顔が浮かんでいました。
CIMG3329.png

曲紹介とともに、作者の思いや、何年にどういった経緯でこの曲が生まれたのか 等の
豆知識をのりこ先生が話してくださり、皆さん真剣に聞き入っていました。



また、のりこ先生が独唱を披露してくださいました。
その独唱の題名を当てるクイズに正解した方にはヨットのプレゼント!!
CIMG3328.pngCIMG3334.JPG



また、最後に歌った「優しい あの子」ですが、朝ドラ”なつぞら”の主題歌です。
新しい曲 かつ 皆さんが歌いやすい音程のものを のりこ先生が選んでくださいました。
少し難しいリズムに苦戦しながらも、朝ドラを見ている方は「聞いたことあるわぁ」と
積極的に歌っていました。
CIMG3339.JPG



終了後は「次は秋の曲が歌いたいわぁ」や「次も楽しみにしてるわ」など
皆さん、次回の歌おう会が待ち遠しいようです。

次回のあれそれカフェは9月20日(金)開催予定です。
沢山の方の参加お待ちしています。
CIMG3340.JPG

アクティブデイサービス堺 スタッフ一同
posted by Active at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 堺デイ

2019年07月31日

松原事業所 鴫原PTによる新人療法士へ徒手勉強会

心意気実践チームのヒノガミです。
7月26日(金)は毎週会議が行われるのですが、会議終了後に鴫原PTによる新人療法士への徒手勉強会が開催されました。
ブログ写真2.JPG
治療の対象者は、アクティブデイサービス松原の管理者の長西PTです。「猫背で腰が痛くてかなわんわ」との事です。
ブログ写真.JPG
まずは、視診と問診からです。どの部分の動きが制限されていて結果として痛みが出現しているのか考えながらやっています。

そして、触診です。今回は30分程度と短い限られた時間であったため、新人の真謝PTが触診・治療に困っているという、肩甲骨周囲の筋に対するアプローチを中心に行いました。
ブログ写真3.JPG

ブログ写真5.JPG
やって見せ
ブログ写真4.JPG
言って聞かせています。

話がそれてしまいますが、この風景を見ながら山本 五十六の
「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、誉めてやらねば人は動かじ」を思いだしました。
やって見せて言って聞かせる、シンプルで普通のことのようですが、自分の治療を言葉で説明し相手に伝えるということは本当に難しい事です。こんなことをサラッとやってのける鴫原PT、さすがですね。

そんなこんなで30分の勉強会はあっという間に終了となりました。
講義がしっかりと伝わっていた様子であり、翌日には新人の真謝PTから長西PTに「身体を貸してもらっていいですか?昨日の治療の練習がしたいんですけど」と積極的な声掛けがあったようです。
素晴らしい!!

これからも不定期ではありますが勉強会を開催する様子ですので少しずつブログで報告が出来ればと思います。

                                      心意気実践チーム 作業療法士 ヒノガミ

posted by Active at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

東成区区政協力会に参加

東成区区政協力会の懇親会に参加してきました!

区政協力会には会長の推薦もあり今年から参加しています。

毎年、懇親会を行っているようで、70名程が参加し今年は

「落語家と行くなにわ探検クルーズ 夜の道頓堀探訪」に乗ってきました。

大阪の川を落語家の方が案内し、普段体験できない催しなので好評でした。

会の準備段階から見てきたので、取りまとめや、業者との調整など

すべて会の中心の方がするので、いろいろと勉強になりました。

参加者の方は地域で活躍されている方々なので

やはり地域を引っ張っているだけあり、元気があるなと感心しました!


InkedIMG_4773_LI.jpg

IMG_4774.JPG

アクティブ大阪 
中原



posted by Active at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka

2019年07月29日

ともに行う調理。

IMG_20190729_171809.jpg
今晩のメニュー「ソーメンチャンプルー」


ともに行う訪問介護事業所の介護福祉士・作業療法士いとうです。

この日の最後の時間は、記憶障害等の高次脳機能障害と右手指に拘縮のある利用者様宅です。

訪問リハビリテーションを終えてから身体介護による自立生活支援の見守り的援助"ともに行う調理"です。

今夜のメニュー「ソーメンチャンプルー」は、前回から相談して決めていたメニューです。

そして、先週はニラの買い物をお願いしていましたが、しっかりと覚えておられました。記憶障害のある利用者様にとってはスゴいことです。
「旨いもんを食べるためには忘れられない、買い物前に思い出せた」とのことです。


人参の皮むき作業です。
IMG_20190729_164015.jpg

人参の千切り。
IMG_20190729_164154.jpgIMG_20190729_164721.jpgIMG_20190729_164727.jpg
難なくカットされています!

ソーメンを少し固めに湯がきます。
IMG_20190729_165138.jpgIMG_20190729_165436.jpg

人参、ニラにツナを加えて炒めます。
IMG_20190729_165837.jpg

湯がいたソーメンを加えて弱火で炒めます。
IMG_20190729_170115.jpg
ほんだしを加えて炒めます。
IMG_20190729_170511.jpgIMG_20190729_170829.jpg

完成!
IMG_20190729_171044.jpg
IMG_20190729_171809-db391.jpg
メモは見ることが習慣化できない利用者様には、味のいくつかのアレンジを旨そうなイメージを口頭でお伝えしました。
「旨そうだねェ〜」
と、利用者様。

すぐに常備菜として冷蔵庫にストック。
暑い季節になってきました。早めに食べましょうね。
IMG_20190729_171051.jpg

ソーメンチャンプルーは沖縄料理ということを説明すると、
「ゴーヤってのはどうやって食べんのかなァ?」
「あのイボイボをどうしたら食べれるのかなァ?」
「ゴーヤで色々メニュー作れるのかなァ?」
と、笑顔の利用者様。

来週のメニューは「ゴーヤーチャンプルー&ゴーヤツナサラダ&ゴーヤの中綿のすまし汁」に決定です。

「この時間、ホント楽しみだもんねェ〜」
「料理はどうにか出来そうと思えるようになってきたもんね〜これスゴいことだよねェ」
「このソーメンチャンプルーも俺、自分でやってみるよォ」
と、いつもながら超前向きな利用者様でした。

右手指ROMで最大自動ROMに変化は見られていませんが、リハ前ROMの改善が続いています。日常生活で料理をする機会が増えているためかと考えています。

右手指の機能維持、向上と包丁操作の向上が見られ、8月からは訪問リハビリテーションの回数を漸減していくことになっています。


ともに行う訪問介護事業所は、身体介護による見守り的援助"ともに行う"で利用者様の自立生活支援をサポートします。