2021年05月12日

訪問お作法チェック表


発掘あるある広報室のST東田(堺)、PT大家(泉北)です。


新たに訪問リハに出られる2年目の療法士さん向けに、
『訪問お作法チェック表』を作成いたしました。
スクリーンショット 2021-05-12 15.40.30.png


広報室会議にて、アクティブYouTubeに訪問マナー動画リストを作ろうと話が出た際に、
動画を見るだけでなく、

これから訪問リハ業務に従事する2年目療法士の方々にも使ってもらえて、

直前に確認できると振り返りやすいと考え、チェック表という形で作成いたしました。


入室前、入室中、退室時に分け、それぞれの確認事項をコンパクトにまとめています。

訪問前にサッと確認できるように作っています。

作成するなかで、自分が訪問に行く際のことを思い起こしながら、何気なくしてしまっている改善すべき所作を発見することができました。


アクティブのYouTubeチャンネルでは、
訪問マナーに関連する動画を集めた再生リストも作っています。
訪問前、訪問後の確認にお役立ていただけたらと思います。
↓クリックで再生リストへ飛べます。


実際にチェック表を使ってみて、
改善できる点などありましたらご連絡ください。
よろしくお願いします。
posted by Active at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 発掘あるある広報室

マスクで言語練習

F142D50B-08D2-4E60-8E4F-2670DDE4D1C8.jpeg

トマトに自家製のパクチーを乗せ、塩少々とオリーブオイルをかけたら、それなりの一品になりました。
パクチーが大好きです。
ST水野です。

大阪のコロナ感染は大変厳しい状態が続いています。
医療従事者ですがワクチン接種の予定はまだありません。
今週に入って、高齢の利用者さんから「ワクチン接種の予約ができたよ」と次々に聞き、少しホッとしています。


コロナ禍での生活も1年を過ぎ、すっかりマスクの習慣がつきました。

マスクをして言語練習をするときに困るのが、こちらの口型(口の形)を見せることができないことです。

失語症があり、特に発語失行や口腔顔面失行を含む場合、母音の口型を手がかりに練習することがあります。

対面してSTの口を示したり、隣に並んで鏡に写って利用者さんの口とSTの口を比較したりする方法です。

コロナ禍でマスクを外すことができなくなったため、この方法を用いることができなくなりました。

音のイメージを身体で表現したり、口型のイラストを使ったり、いろいろな方法を試してきました。

最近、試みているのは、動画を使う方法です。
やや大げさに口型を示して発声している動画を撮影し、利用者さんに見せます。

どんな導き方が有効かは利用者さんによって異なることがあるので、いくつかのパターンを録画しておいて、使い分けるようになりました。


例えば「う」の音を導きたいとき。
・くちびるをめいっぱいとがらせる
・とがらせて、フーと息を吹く
・口型を「い」→「う」へ変化させる
・口型を「あ」→「う」へ変化させる

フーと息を吹くのはマスクを外して鏡をくもらせると本来はわかりやすいです。
単独の口型ではわかりにくい方でも、他の口型から変化させることで認識できるようになる方もいます(音や口型の特徴が際立つからでしょうか)。

利用者さんの反応によって変化させる(微妙に変化の速度を変えるなど)は対応できませんが、それなりに役に立っています。

スマホの画面が小さくて、わかりにくそうにされる方もいらっしゃるので、タブレットも用いてみようと考えています。

安全対策をとりながら、工夫しつつ、試しつつ。
今の環境でできる範囲でやっていくしかありません。

他にこんな風にやっていますというアイデアがあったら、ぜひ教えてください。
posted by Active at 14:14| Comment(1) | TrackBack(0) | ST水野(松原)の日記

2021年05月11日

2年目療法士オンライン・ダイアログ。


人材開発室のいとうです。

この日は2年目オンライン・ダイアログ(毎月第二火曜日17時15分〜18時)です。

写真左上はPT藤島さん(松原)、下はOT我如古さん(吹田)
A3C9591B-E44B-4A1C-A65C-6030077CB980.jpeg

この日の仮テーマは「困りごと」としました。

2年目となり、新人さんに教える立場となって…

「教えるコトの難しさを感じています」

「論理的に教えるのは苦手…」

「教えないと思う反面、教えて欲しいと思うキモチもある、そんな葛藤というか…」

「1年目の時のことを振り返ると、利用者様のことをもっと深く考えておけばよかった」

「論理的に教えるには…やっぱりもっと学ばないといけないですね…」

「自分のためにも…」

「先輩方と行った若草山ハイキングもよかった」

「このオンラインもよかった」

たくさんのお話しがありました。


早速、2年目のお二人は、もうすでにそんなことを考えながら仕事されていることを聴いて、とても頼もしく思いました。

でも、まだまだ遠慮なく先輩に教えてもらいましょう。

先輩は新しく仲間になった職員の方々に教えることで、学ぶことができます。

"教えることは教わること"

それが結局は自分のためにもなるのです。

新人の方々に今わかる範囲で知る限りのことを惜しみなく教えてあげましょう。


PT藤島さん(松原)、OT我如古さん(吹田)、忙しいなか時間をつくっての参加ありがとうございます。

みなさんも次回6/8の参加をお待ちしてます!

オンラインでの対話、ダイアログの場で、一緒に知恵を絞って、ある問いを探究し、理解を深める試みは、まさに"三人寄れば文殊の知恵"。

毎回新たな気づきを得て、今まで学んだことを解きほぐし(unlearnアンラーン)、さらなる学び直しができる場です。

引き続きよろしくお願いします。



When one person teaches.
Two person learn.
"独りが教えると、両方学ぶ"

教える人が学ぶ姿勢を見せ続けることで一緒に変われる。

教える側が学び、ともに成長するという関係性へ。

"よき臨床から、よき教育と研究が生まれる"
"よき研究から、よき臨床や教育も生まれる"
posted by Active at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年05月03日

アクティブスマイル4月花見(さくら)お花見

アクティブデイサービス大正の神谷です。

4月のアクティブスマイルのテーマは「お花見」でした。
このご時世、なかなかお花見に行くことが出来なかったため、デイに桜の木を置いたり桜のモチーフなどの装飾をしました。
デイの中でもプチお花見が出来るようにと思い、消毒等の感染対策を徹底した上でこのイベントを企画・運営しました。
IMG_1983[1].JPG
IMG_2213[1].JPG
デイに来られた利用者様は近くに桜を見に行ったり、匂いを嗅いだり触ったりと様々な5感で感じて頂けているようでした。
また天井に飾った桜を見上げたり、「うわー綺麗」と言う声もたくさんありました。
IMG_2208[1].JPG
IMG_E1988[1].JPG
利用者様にも桜づくりのお手伝いをしてもらいました。
IMG_2210[1].JPG
IMG_3627[1].JPG
記念写真を撮って、桜の押し花をフレームにつけた写真をプレゼントしました。
IMG_3345[1].JPG
みなさん、笑顔で喜んで下さり「寝室に飾る」と言ってずっと写真を眺めている方もいらっしゃいました。
たくさんの方に喜んで頂けて、とても良いイベントになったと自分では感じています。

アクティブデイサービス大正
OT神谷
posted by Active at 14:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 大正(報告)

読書感想ブログその5〜作業療法の話をしよう〜

どうも。
泉北 兼 心意気実践チームのむろのぞのです。

5月の本はコレ

作業療法の話.jpg

作業療法の話をしよう
作業の力に気づくための歴史・理論・実践





●はじめに

作業療法は人がよりよく生きるための哲学と具体的な実験が融合する分野です。

また作業療法士(以下、OT)は作業療法の話をすることが大好きです。

しかし「作業療法はわかりにくい」「説明してもわかってもらえない」と言われてきました。

本書は前回紹介した『「作業」って何だろう』の著者であり、作業療法士である吉川ひろみ先生となっています。

吉川先生は「人は話すことによって自分の知識を確かめ、新しいことに気づく」と言われています。

僕も吉川先生にならい、作業療法のことをまだまだ知らない皆さんに少しでも伝えていく、という作業を実践していきたいと思っています。

その作業を通して自分の知識を確かめ、新しい発見に気づいていけたらと思っています。

本書は作業療法の歴史に始まり、実践、理論と幅広い視点で解説されています。

以前に作業療法の理論についてのブログを書いたので、今回は作業療法の歴史について紹介したいと思います。

学校の授業みたいで退屈に感じてしまう方もおられるかもしれませんが、良ければご一読ください。



●作業療法のはじまりから今日まで

1、むかし-活動を使った治療

哲学の父といわれたヒポクラテスは「病気を癒すものは自然である。つまり人間に備わっている活動するという性質が治療になる」という考えをもっていました。

また薬、食事、外科治療、温熱など現代医療につながる様々な治療法を列挙しており、そのなかに『仕事』『散歩』があったと言われています。

ギリシャの医学者ガレノスは健康の維持に役立つ作業として舞踏乗馬水泳狩猟農作業などを挙げ、精神病にはレクリエーション作業を処方しました。

心身機能障害があっても何もできないと思われていた人が、自分にぴったりの作業に出会って、社会で活躍することがある。

歴史のなかで世界中のあちこちでこうした事実が確認され続けてきました。



2、ルーツ-道徳療法・アーツアンドクラフツ運動・社会背景

・道徳療法

18世紀フランスの医師フィリップ・ピネルは当時の精神科での治療法に疑問を持っていました。

患者は精神病だ、というレッテルを貼られ、閉じこめられたり血を抜かれたりする治療が現実に起こっていたそうです。

その一方で患者に対して思いやりのある態度で接している看護師が付き添っている患者たちの状態が良くなっていることを観察していました。

そこでピネルは患者を尊厳ある存在として認め、道徳的に対応していくことで患者の状態が良くなっていくのを知りました。

道徳療法は人としての生き方を推奨され、18〜20世紀初頭にかけて日本を含む世界へと広まっていくことになります。


・アーツアンドクラフツ運動

作業療法のもう一つのルーツは19世紀のイギリスで始まったアーツアンドクラフツ運動と言われており、特に有名な人物としてウィリアム・モリスがいます。

産業革命後、人々は工場で大量生産された日用品を使って生活するようになりました。

それまでは自分の生活で使う物は自分で手作りしていました。

つまりそれは世界に一つしかない貴重品だったのです。

これに気づいた人々が手作りの良さを認め、アーツアンドクラフツ運動を起こしました。

この運動を通して人が想いを込めて作った作品を使う日常を豊かだと感じる人々が増えてきます。

道徳療法とアーツアンドクラフツ運動の精神は作業療法を誕生させましたが、順調に発展はしませんでした。

その要因に19〜20世紀初頭にかけて起こった経済不況があります。

これにより世界経済は大きく変化しました。

欧米では移民が増えたことで経済格差を生みます。

新展地不適応となった人々などで精神科病院では患者数が急増し、人もお金も不足していきました。

結果、道徳療法も実践する余裕がなくなってしまうことになります。



・社会背景

社会福祉の基礎になったと同時に、作業療法を支えるきっかけとなった社会運動、それがセツルメント運動精神衛生運動があります。

精神衛生運動により、予防を含めて精神病を考えるようになりました。

また貧富の格差を問題視する富裕層の人々によるセツルメント運動も広がりました。

こうした社会背景の中で、人々や社会をより良い状態にするために作業が使われるようになっていきます。



3、需要-誕生と戦争中の再建病院での活躍

・アメリカ作業療法協会の誕生

1923年にアメリカ作業療法士協会が発足され、作業療法をより発展させていこうと言う動きが見られました。

精神科医のウィリアム・R・ダントンと建築家のジョージ・E・バートンが中心となり、作業療法士協会設立メンバーを考えました。

そこでソーシャルワーカー、看護師、高校教師が選ばれ、さらに建築家が加わったことで、作業療法は学際的、国際的なものになっていきました。



・再建助手

アメリカに作業療法士協会が誕生した1ヵ月後、アメリカは第一次世界大戦に参戦しました。

アメリカの医師たちは理学療法士(以下、PT)やOTの業務を行う再建助手を戦地へ派遣しました。

戦争によって目の前で人が死ぬのを見た兵士の中にはショックによる精神症状を示すものも現れ、そのために作業療法が求められました。

戦地で手工芸を行うことで兵士たちが回復していく姿を見て作業療法の価値を認められるようになります。

アメリカ政府は負傷兵たちの生活を保障するために職業リハビリテーション法などの法律を作ります。

こうした法律はOTに活躍の機会を提供することにもなりました。

しかしOTは軍での地位は与えられず、作業療法を本当に必要な医学的治療と認める医師が増えることはありませんでした



4、拡大-リハビリテーションとともに普及
・リハビリテーション

軍の指導者たちは作業療法を「患者を元気づけるボランティアのような存在」としか見ていませんでした。

その結果、PTと同様に身体の耐久性、関節可動域や筋力、自助具について関わることがOTの業務になっていきました。

第二次世界大戦が終結した後は傷病兵のリハビリテーションが世界各国に広がっていくことになります。



・作業療法士協会

(1)世界作業療法士協会(以下、WFOT)
1917年にアメリカ作業療法士協会(以下、AOTA)が生まれた後、世界各国に作業療法士協会が設立されていきました。

1952年には10カ国が参加して会議が開かれ、世界作業療法士連盟が設立しました。

WFOTは1959年に正式に非政府組織となり、OTになるための教育基準も定めていきました。



(2)日本作業療法士協会(以下、JAOT)
1965年にJAOTが誕生し、1972年にはWFOTに正式加盟することになります。



5、見直し-作業療法の本質
・作業療法の定義

1960年のAOTAの定義には作業療法は「患者の主治医により処方され、作業療法士により実施される」とあります。

その3年後、スパックマンは心理社会的適応を促す「通常の活動」を使うことが作業療法の独自性だと述べ、医師の指示と言う要件を外しました。

1993年の定義では1980年に世界保健機関(以下、WHO)が発表した国際障害分類(以下、ICIDH)の用語が含まれました。

そして2000年以降の定義には「作業を使った」「作業を通して」と言う言葉が登場し、いよいよ「作業」によって作業療法を説明する時代に入ることになります。


・作業療法の核

作業療法は誕生当初から「わかる人にはわかるが、わからない人にはわからない」性質を持っており、みんなが「これが作業療法だ」と言う説明を求め始めました。

1997年にカナダ作業療法士協会は作業が作業療法の中核であると明言し、その後世界中で「occupation=作業」と言う言葉で作業療法を説明する機運が盛り上がっていきます。

2018年JAOTも定義を改定し、作業と言う形を使うようになりました。


6、理論の出現
・作業行動

1960年アメリカのOT、マリー・ライリー子供の遊び退職者の趣味までを含み作業行動として考えることを提唱しました。

作業行動は一人一人がどんな遊びを好み、何が得意で、何をして人生を送ってきたか、に焦点を当てて物事を考えることを奨励します。

作業行動を学んだOTたちは作業歴興味チェックリスト等の評価法や人間作業モデルを考察しました。



7、基盤づくり-理論とエビデンス
・作業療法全体を説明する理論

1980年代に入り、作業療法の原理を語り、作業療法実践を説明する理論が誕生し始めました。

1980年から2000年は作業療法の概念的ルネサンスと呼ばれており、作業療法の本質をOT自身が明らかにしようと言う努力が始まります。

作業療法は何に関わり、何を行い、どのような成果を出すかを説明する理論が生まれ、

研究により作業療法の効果を証明するエビデンスが明らかになり、

さらに理論が洗練されていく時代に入ります。



・作業療法のエビデンス

1990年代からエビデンスに基づいた医療(以下、EBM)が注目され始めた。

EBMとは実際に効果があったと臨床研究によって証明された治療法を奨励するものとされています

作業療法の効果は作業で示すべきだという考えが生まれ、作業療法のエビデンスを示す評価法が開発されていきます。

アメリカのOTアン・フィッシャー評価も介入も成果も作業で示すことを提案した。

作業療法では治療法は「作業」、成果は「健康」とします

そのためには「健康」とは何を指すかが重要です。

WHOが1986年に発表したオタワ憲章では

「仕事、生活、余暇のパターンを変更することは健康に重要な衝撃を与える。
仕事や余暇は人々にとって健康の源である。
社会が仕事を組織する方法が健康な社会を創造する」

と述べています。

健康の定義→1946年に発表した(WHO)では「単に疾患がない、虚弱でないと言うことではなく、身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態」

であるとされています。



8、これから-ビジョンと発展
WFOTは作業療法とは何かを説明する声明書を発表し、AOTAは統一用語を作ったり、枠組みを明示したりして、作業療法の社会的認知度を高めています。



・求められる資質

世界作業療法士協会の倫理網領には作業療法の資質として以下の4点が挙げられています。

インテグリティ:一本筋が通った芯のある人格者であること

信頼性:嘘、偽り、ごまかしがないので信用できるという性質

オープンな心:偏見や思い込みに支配されず誰に対しても広い心で関わりを持つ親しみやすい態度

忠誠心:周囲の人々や社会からの正当な期待に応えようとする真面目さ



・作業の視点

(1)作業科学
※ここは以前紹介した「作業」って何だろうの読書感想ブログを参照ください。


(2)作業中心の実践
クライエントにとって意味のある作業を重視した作業療法作業を基盤とした実践(OBP)、作業に焦点を当てた実践(OFP)、これらを総称して作業中心の実践と呼んでいます。

OBP→クライエントが実際に作業を行う
OFP→クライアントの作業から目をそらさずに作業療法を行う

これからの作業療法は作業中心の実践の価値を世の中に示していくことが求められます。

(3)作業リテラシー
作業にまつわる現象を作業の言葉で説明する力のことを指します。

作業リテラシーを習得することで、より洗練された作業療法を行うことができるとされています。



・将来ビジョン

作業を治療に使うと言うアイデアは古くからあり、時代の波に流されながらも、消えずに残り続けました。

作業療法は多様で柔軟に変化するため、専門職として分かりにくいと言われてきました。

しかし多様化、複雑化する現代社会において、作業と言う核を持つ作業療法は発展し続けています。

作業の効果を最大化する知識や技能を持つ作業療法士を未来は必要としています。



以上です。
なかなかのボリュームになってしまいました。。。

今回紹介させていただいた内容は本書のほんの一部です。

もし作業療法の歴史・理論・実践に興味関心のある方がおられたら是非本書を手に取っていただけると嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
posted by Active at 09:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 泉北(室之園の)日記

2021年05月01日

2年目療法士スタッフ向けオンライン研修「初めて訪問に行くセラピストに向けて(社会 人として、医療者として注意しなければなら ないこと)その1」


人材開発室の軽部、伊藤です。

4/30金曜日16時30分〜17時15分は2年目療法士スタッフ向けのzoom講義です。

「初めて訪問に行くセラピストに向けて(社会 人として、医療者として注意しなければなら ないこと)その1」

講師はOT日野上さん(松原事業所主任、心意気実践チーム)。

出だしから熱い熱い講義!

「みなさん、どうですか?」
オンライン上で日野上さんの大きな声が響きます。

クイズとしながら、参加者のみなさんに問いかけながらヒトの先入観や思い込みについてのお話しがありました。
35A96259-FF07-46CC-B6B6-504DECE125DB.pngF7341AD4-92E5-481D-8EAE-245D5ACEE7EE.png B39DAC54-D9C8-4F1E-ACB9-F612D630287C.png 
みんなで考える場を作ってくれました。
55F1DE9A-CFCE-46F0-8910-C7A74D71C485.png
本日は11人が参加。

在宅生活での目標設定について…

自分で考えてチャットワークでアウトプットします。
BA952D98-DE5B-4E64-8555-5D2DEC13D292.png
たくさんの意見が出てきます。
弊社ならではの意見が散見されました。


在宅生活を送る上でキーになる転倒予防について
49C658E3-31E1-44A4-9150-BA90CA46C88A.png
DF62B30F-9FA4-4E83-9089-DE89D1FA98AE.png
CAEE45A2-0AFF-46B0-B88A-CF9CFC1959F2.png
394E8185-7F93-4817-B806-74BDC8F24F38.pngBFEE1072-59B4-4DE0-9C3B-FC6C54368A3B.png
あっという間の45分でした。

インタラクティブな(講師-参加者の両方向性)研修は、参加者もただ聴講するだけでなく、講師からの問いかけについて自分で考えて、それをアウトプットしての繰り返しで、時間が過ぎるのはあっという間です。

その分、準備をするときにいろいろなことを想定しておかないといけないと思います。

自分で考えてアウトプットするので、とても気づきや学びが多いように感じました。

日野上さん、講義ありがとうございます。

参加者の皆さんもありがとうございます。
posted by Active at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2021年04月28日

マンスリー報告。ともに行う家事(調理・買い物)


ともに行う訪問介護事業所の介護福祉士・作業療法士・調理師いとうです。


02310DED-CBA2-48A5-9DAF-C41FF87E67C6.jpeg
身体介護の見守り的援助"共に行なう家事"です。
リハビリテーション・ケア研究大会2019金沢
での報告はこちら↓

右手首骨折による手指の拘縮と古い既往歴として頭部外傷による記憶障害などの高次脳機能障害も残存されています。



4月のマンスリー報告です。

第一週目。

若ごぼうのきんぴら。
05BB6C76-E159-4186-AD93-E2C5B9D729FE.jpeg

大阪府八尾名産の「若ごぼうを食べたい」と昨年からご希望がありました。

この日に買い物同行サポートした際に、たまたまスーパーでお手頃な若ごぼうを発見!

すぐに買いましょうか。ということで即買い。

若ごぼうの下処理は多くて少し大変です。

よく洗って、葉と根を切り分けます。
06F57A0E-37A3-4889-8EA7-DEF1FB56A515.jpegD4B6EA86-0868-4087-BD1A-8E7396C918FA.jpeg
湯を沸かして、砂糖を加えて葉をサッと湯がいてアクをとります。

若ごぼうの根部分はとても小さくなりますが、切り分けます。
B4C69DF7-379E-4C72-A100-16CCDD2DECD0.jpegCA585CB9-4F93-41F2-98CD-0680C2B7D337.jpeg

醤油等を加えて炒めます。
B2558042-A98C-4D29-8AEF-D9964C8C4FC1.jpeg
ただのきんぴらごぼうとはまた違う味わい。
「こりゃいいわァ」
感激の様子の利用者さま。


第ニ週目。

冷蔵庫を開けると大量のエリンギとブロッコリーが三つ、白菜が一玉の買い置きがありました。

白菜の鶏鍋。
2B2AF7A0-03CC-419B-A11C-519A82BD27BC.jpegEB560B1A-D2BC-4E03-9ED3-E39D2792C2AE.jpeg

ブロッコリーのツナと塩昆布の和え物。
42AB777A-539B-48FA-9E6D-C316E9D1669F.jpegA2890F4C-44A5-4992-9FAC-76A684D7512F.jpeg
7EB0204A-8C28-4254-A409-767B0A73C185.jpeg95452894-7F98-4790-B1CD-25C56EFDE7B4.jpeg
エリンギのオイスターソース炒め。
D5A44F78-EEEB-41A8-874C-89A0DDE51B30.jpeg4C90418D-1C3D-4C8E-9A13-FA37773B935B.jpeg
エリンギは切り分けてから個別にラップに分けて冷凍保管。


第三週目。

この日は見切り品のキャベツの買い置きがありました。

キャベツとウインナーの炒めもの。
4AA0F697-851A-4AEC-A5F8-7E5ED4C7EE21.jpeg0C93365A-9517-4C4A-A1F5-3E97536BA003.jpeg684B1CE7-F9F6-4CA5-B61F-369D6D8AFAD0.jpegAEFECF0A-8416-405B-A02F-B1102EA9B4ED.jpeg
ウインナーは小さくカットして小分けにして冷凍保管。

エリンギと水菜のはりはり鍋。
F95D4B82-75C8-4953-B7B1-E4510D57CBE5.jpeg
前週の冷凍保管していたエリンギを加えました。


第四週目。

この日は、かぼちゃの買い置きが1個と1/4個ありました。

硬いかぼちゃですが、難なくカットできるようになってきました。
2D3C95D6-4D12-4D45-9C9B-2F1E9B6EF985.jpegA7123CE4-D3C5-4B24-8406-A391050F5FBA.jpegF208C5AC-A9CE-466F-BA0C-0035D5A80AE7.jpeg45814E78-5A30-4491-AAAE-A1B44011EA7A.jpeg

煮込んで、鶏肉ミンチに生姜と醤油を加えて炒めたそぼろを添えて。
97E9B20F-2194-4EBB-B92F-7B37C1C2AC57.jpeg
エリンギのはりはり鍋。
32617AC1-0E93-4814-B96C-3ACA88A10342.jpeg


「野菜とか買って置いといたら使ってくれるかなァって思って買っちゃうんだよねェ」
と、苦笑いの利用者さま。

とか言いながらも、ブロッコリーやアボカドなどを使った利用者さま自作のメニューが少しずつではありますが増えてきています。

毎回の冷蔵庫にある材料を使って料理づくりを行なっているともに行なう調理です。

利用者さまが自ら作る工程を少しの声かけで失敗を回避しながらの調理を見守ります。

美味しい、楽しい、自分で作る…ポジティブな経験と記憶が利用者さまご自身に残っているおかげで、日常生活のなかでもふと思い出して、買い物したり、料理をやってみようと思っていただくことができるのではないでしょうか。


ともに行う訪問介護事業所は、なめだリハビリテーションクリニックの訪問リハビリテーションや他訪問介護事業所と連携し、身体介護による見守り的援助"ともに行う"で利用者様の重度化予防、QOL向上、自立生活支援をサポートします。

2021年04月27日

感染対策はしっかりしています。

どうも、こんにちは。
チャン・ドンゴンです。

コロナ禍でなかなか勉強会にも参加できない。HOWTOにならない技術を学びたい
っていうことで勉強会を企画しました。
第1回目は3名の参加者と4月25日(日)に実施しました。
勉強会風景はこちらになります。
33461C06-C975-4396-9692-CC0A684807F0.jpeg
348629B8-F3B3-4607-9167-956E4F73DDE3.jpeg
02235C0D-B0BE-4CF8-B01D-A8D6A37B3EF3.jpeg
3410F4B0-9272-4FED-9CC0-E47F3CF3962C.jpeg
詳しく知りたい方は参加者の大家さん、伊藤さん、谷口さんのどなたかにお聞きいただければと思います。

以上、チャン・ドンゴンでした。
posted by Active at 11:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 泉北日記

2021年04月23日

新人教育プログラム オンライン講義「デイサービスに関する法制度の理解その2 (個別機能訓練加算、実際のリハについて)」


人材開発室の軽部、伊藤です。

「デイサービスに関する法制度の理解その2 (個別機能訓練加算、実際のリハについて)」

講師はOT・介護福祉士の室之園さん(泉北・心意気実践チーム)
001E89E1-59BF-45C1-8F9F-D146297625FD.png
写真左上から時計回りに、OT好美さん(吹田)、人材開発室PT軽部、OT伊藤、OT室之園さん、OT荒木さん(今里)、PT水上さん、松原さん(松原)、PT太田さん(堺)

個別機能訓練加算について
C5F447CC-74AA-4D0F-9E6D-A68CC64F8645.png
61C5C78E-45E9-4D01-A3A8-35C948688671.png
1FB1F711-811A-4F8D-952C-2390D6DA05A4.png
泉北事業所での具体的な取り組みのお話しもありました。


zoomのブレイクアウトルームを使ってのグループワークをやってみました。

オンライン講義では初めての取り組みでしたが、みなさんワイワイと交流しながらの対話ができていました。
6CFD9E99-20A3-48BD-8B1C-352CCD9ED7B3.png
20CC3CE1-FED8-4CC8-B69E-820E6F50E595.png4B6807F6-9BC3-4912-A974-8D763FCBE460.png

今回の講義を受けて、まずはケアプランをしっかりと確認しながら、利用者さま本位の個別機能訓練になるように、通所介護計画を練っていきましょう。

室之園さん、参加者の皆さんありがとうございます。
posted by Active at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

新人オンライン・ダイアログ


人材開発室のいとうです。

今年度入職された新人療法士さん向けの初回オンライン・ダイアログでした。

昨年度から開始した取り組みですが、参加は任意で希望者の方となります。業務を優先しながら参加していただいていました。

この日の参加者は、OT好美さん(吹田)。

ダイアログについての説明の後に、好美さんのデイサービスでの仕事の現在の状況を聴き取りをしました。
A5CC7F12-D9CD-4BBD-BF0E-40ACDB05E5C9.png
クリアすべき課題が見えてきて、少しずつですが職場にも慣れてきているようです。

新しい土地で新たな仕事…

それはほんとに大変なことだと思います。

たくさんのトライ&エラーを重ねながらでいいので慣れてくればと思います。



ダイアログとは…
5672B5E3-3324-46CF-9995-C2378700C74F.png554795A7-DAA5-41D7-A927-45451A7EAF31.pngFAA4DE22-A213-456B-A223-07C8B0B59FE1.pngFAB70421-6A9E-43E1-93AA-749CA405AA0A.png
▼オンライン・ダイアログとは↓

一方向の研修や講義とは違い、知識とは参加者の皆さん同士でなされる対話を通して、相互作用の中で作られるという社会構成主義の考え方をベースにしています。

進行役や講師とのやり取りだけでなく、ときには雑談も交えながら参加者同士の両方向のやり取りで学び合う場になることを目指しています。


◉新人さん同士がときには雑談も交えながら交流し、対話のなかから日頃の疑問や問い、課題を捉え直して、目標設定や課題解決、改善案を参加者のみなさんと考える場になればと思います
◉途中参加、退席オッケー
◉新人さん以外の方の参加も可能です
◉毎月第4木曜日17時15分〜18時ごろまで

次回は5/27木曜日17時15分〜

まずは気軽に参加してもらえたらと思います。

回を重ねることで、少しずつオンラインの場にも慣れてくればお互いに気兼ねなくお話しできるようになると思います。
posted by Active at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室