2019年11月20日

社内メルマガ"アクティブ流"2019年12月号 巻頭言「看護師もリハビリについて考えるようなった」看護師松並裕馬さん(松原管理者)

1.jpg

右端最前列の青色ジャンパーが松並さん。


11月に入りポッチャリな私にとって過ごしやすい気候になり体調がすこぶる良好な松原事業所管理者の看護師松並です。

今年も残り2カ月を切り自分なりに振り返ってみました。

やはり全ステーションで昨年4月から始まった療法士による訪問(訪問看護T5)への看護師の初回訪問と定期的な訪問看護モニタリング業務ではないでしょうか。

松原事業所では初回面談をリハビリテーション部門の運営責任者の長西PTが行い、その後訪問看護指示書が届き次第私が契約と一緒に看護師による初回訪問を行います。

次回より別の看護師に引き継いでいきます。

この制度が始まる前は普段の看護業務に加えて、訪問療法士への同行、モニタリングは出来るのだろうか?と思っていました。

しかし行なってみると大きな無理する事なく日々の看護業務を行いながら同行、モニタリングも行えています。

療法士さんと利用者さんの事で話し合う機会も多くなり、普段看護業務しか関心がなかった看護師もリハビリについて考えるようなったためか看護師の視点からこういう事に気をつけながらリハビリを実施すればいいよという光景も事務所内でよく見られます。

結果的に松原では看護師と療法士さんとの距離も近くなり事務所内の雰囲気も良くなったんじゃないかなと私は勝手に思っています。

この同行、モニタリングがきっかけとなり看護の定期訪問に繋がるケースもあり、療法士が多い当事業所にとって、この制度は有難いと思っています。

中には利用者さんから看護師なんか必要ない、もう来なくて結構ですなど厳しいお言葉を頂く事もあります。

でもそんな時は美味しい御飯を思い浮かべながら、愛想よい笑顔で30分を乗り切って下さい。

それでもどうしても難しい場合は管理者に相談しましょう。

頑張りましょう。それではお元気で〜

2019年11月18日

ともに行う調理。

IMG_20191118_172033.jpg
今夜のメニューは「人参と大根のツナの中華炒め」


ともに行う訪問介護事業所の介護福祉士・作業療法士いとうです。

この日の最後の時間は、記憶障害等の高次脳機能障害と右手指に拘縮のある利用者様宅です。

訪問リハビリテーションを終えてから身体介護による自立生活支援の見守り的援助"ともに行う調理"です。


冷蔵庫に先週からあった人参が1本干からびて傷んでいたのでやむなく廃棄処分。
1本は皮むき作業です。
IMG_20191118_164243.jpg

千切りにします。
IMG_20191118_164654.jpgIMG_20191118_164952.jpg
人参が1本しか使えなかったので大根を使わせていただきます。
IMG_20191118_165817.jpg

炒めます。
「どんな味になるのかなァ」
と、笑顔の利用者さま。
IMG_20191118_171116.jpg
ツナ、中華スープの素、醤油を加えて炒め合わせます。

火を止めてからごま油をかけて、最後に豆苗を加えて混ぜ合わせます。
ここ数回、味見は利用者さまご自身でしてもらっています。
IMG_20191118_172033-99974.jpg
完成!


「料理(ともに行なう調理)のある月曜日は楽しみなんだよねェ〜」
「ご飯食べたらあとは寝るだけだもんネェ」
「ホッとすんだよネェ」
と、穏やかな表情で話す利用者さま。

遠方に住むご家族さまも家の片付けなどでご自宅に来られていて、
「リハビリもしてもらって、料理を一緒に作ってもらうってホントにいいですね、ありがたいデス」。
「一人暮らしやからどうしても同じモノしか食べなくなるから心配でね」。
等と、何度もお話しくださいました。

お役に立てれば嬉しい限りです。

引き続きよろしくお願いします。


ともに行う訪問介護事業所は、身体介護による見守り的援助"ともに行う"で利用者様の自立生活支援をサポートします。

(心意気実践チーム ポスター発表分)リハビリテーション・ケア研究大会2019金沢

心意気実践チームの日野上(ひのがみ)、いとうです。

11/21,22に金沢でのリハケア学会にて、心意気実践チームの取り組みを報告します。
後日、ブログにて参加報告させてください。

▼抄録はこちら↓

▼ポスターはこちら↓

▼心意気実践チームはこちら↓
posted by Active at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

家庭菜園からジェノベーゼソース作り。


心意気実践チームのいとうです。


訪問リハビリテーション利用者さまのお宅でジェノベーゼソース作りです。


received_431573410857491.jpeg



ご自宅の農場で栽培されているハーブ系の中からたくさんのバジルの葉が実っていました。
IMG_20191118_100700.jpg


バジルの葉を摘み取ってもらい、
received_430756337607234.jpeg
バジル以外の松の実、クルミ、ニンニク、オリーブオイル、粉チーズをミキサーします。


そのあとに、バジルの葉を入れてミキシング。
received_424729504873095.jpeg
このあとにオレガノの葉や塩も少々くわえてミキシング。


美味しいジェノベーゼソースの完成です。
received_563072617843660.jpeg
「一緒にやってもらったらすぐにできんのになァ〜なかなかできひんのよねェ」
と、利用者様がポツリと。
「クッキングセラピーおおきに〜」
とのことです。


引き続き、家庭菜園からの新メニュー作りをお手伝いさせもらい、一緒に楽しませてください。
ありがとうございます。


アクティブ心意気実践チームは、利用者さまの自立支援、重度化防止、QOL向上に資するご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

キャリア・インタビューの概念図。


心意気実践チーム・人材開発室いとうです。

弊社の社員のみなさまに幅広くご協力いただいているキャリア・インタビューです。

常に更新されそうですがその意図やねらいを概念図に整理してみました。


posted by Active at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材開発室

2019年11月16日

第8回地域交流会in松原


こんにちは!初めまして。

松原で理学療法士をしてます、真謝(まじゃ)です。

初投稿させていただきます。


11月に入り日に日に秋が深まり、暮秋の季節となりました。朝夕の冷え込みも厳しくなってまいりましたが、おさわりなくお過ごしでしょうか。今年も残すところ2ヶ月をきり、弾む心と裏腹に1年の疲れがじわりじわりと表面化し始める時期でもあります。体調管理には十分に気を付けていきたいものですね。




去る1115日に第8回地域交流会を開催しました。


今回のテーマは

〇健康とリハビリテーションについての講義

〇リハビリ無料体験


5名の地域住民の方に参加頂きました。

寒い中参加して下さりありがとうございます。


まず初めに真謝PTによる

【健康とリハビリテーション】についての講義です。


第8回地域交流会_191116_0074.jpg

理学療法・作業療法・言語療法の

3つの職種と健康についてのつながりを、

実技を交えながら行いました。



理学療法では指1本で人間が立ち上がれなくなったり、、、

第8回地域交流会_191116_0003.jpg


作業療法では意外と知らないお箸の使い方だったり、、、

第8回地域交流会_191116_0087.jpg


言語療法では誤嚥の可能性があるかないかのテストを行ったり、、、





それぞれの実技を実際に行ってみると、


皆さん「あ〜なるほど〜」

「へ〜そうなんだ!」「確かに!

などの声が聞こえ楽しみながらされてました。


そしてお待ちかねのリハビリ体験です!


電気治療器具や運動器具を使ったトレーニング、

第8回地域交流会_191116_0062.jpg第8回地域交流会_191116_0051.jpg



なんといっても療法士による実際のリハビリテーション!


第8回地域交流会_191116_0045.jpg第8回地域交流会_191116_0042.jpg

第8回地域交流会_191116_0064.jpg第8回地域交流会_191116_0093.jpg


皆さんイベント終了後には笑顔で、


「気持ちよかった」「教えてもらった自主練習頑張る!」


「みんなにも声かけてあげたい!」などといった声が聞こえました!


第8回地域交流会_191116_0079.jpg



次回の地域交流会は3月に予定しております。

沢山のご参加お待ちしております!



アクティブデイサービス松原スタッフ一同


2019年11月14日

男のゴルフ道。

心意気実践チームのいとうです。

右片麻痺と失語症を呈されている訪問リハビリテーション利用者の村上さんです。
IMG_20191114_151448.jpg
「男の出張料理教室」でたびたび本ブログにてご紹介させていただきました。
▼その時の様子はこちら↓

現在、料理教室は一旦修了され、料理は奥さまとしておられます。

短下肢装具を作り直しての屋外歩行距離の延長とさらなる歩行能力、自立度の向上を図っているところです。

そのなかで、見かけた公園でグランドゴルフを愉しむ高齢者の姿。

「楽しそうダネ」
「やってみたいネ」
ということでパターゴルフをやってみることに…

パターを打ちます。
IMG_20191114_151514.jpgIMG_20191114_151531.jpg
どんどん打ち込みます。

パターを杖がわりに歩くのは初めてです。
そのためか麻痺側の右足首痛が出現してしまい、少し休憩。

杖より少し低い慣れないパターを杖替わりにしたためか、非麻痺側下肢への荷重が多くなり、右足首の痙縮が高まり右足首痛につながったのかと考えました。

過去の階段昇降練習でも頑張り過ぎた時に同じような右足首痛が出現していました。

そこで右下肢への体重シフトを促す立位姿勢の修正と両膝を少し曲げてパターするように確認しました。
移動、歩行時はパターからいつもの杖に持ち替えて。
IMG_20191114_151734.jpgIMG_20191114_152831.jpg

すると、右足首痛は無くなりどんどんと力強いパターが可能に!
IMG_20191114_152919.jpgIMG_20191114_152936-fbf48.jpg

20分ほどでしたがパターゴルフを終えて…
いつもの屋外歩行よりも爽やかな笑顔です!
IMG_20191114_153135.jpgIMG_20191114_153149.jpg
通所されている弊社デイサービスでも、自ら会話されることも増えているとのことです。

留まることなく今も良くなられています。


アクティブ心意気実践チームは、利用者さまの自立支援、重度化防止、QOL向上に資するご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

(ともに行なう訪問介護事業所ポスター発表分)リハビリテーション・ケア研究大会2019金沢

ともに行なう訪問介護事業所のいとうです。

11/21,22に金沢でのリハケア学会にて、ともに行なう訪問介護事業所での取り組みをケースを通して報告します。
後日、ブログにて参加報告させてください。



2019年11月12日

松原 アクティブクラブ 2019

日に日に寒くなっていますが、皆さまいかがお過ごしですか。

松原事業所OT油谷です。



118日(金)に毎年恒例の

アクティブクラブが行われました。



アクティブクラブは

外出機会が少ない利用者様の外出への不安を取り除き、

外出のきっかけづくりの場として行っています。


また、日頃のリハビリの成果を実際に活かす場でもあります。




今年は大仙公園に行ってきました。


そうです!大仙公園といえば仁徳天皇陵古墳で有名ですね。

20197月に令和初の世界文化遺産に

百舌鳥、古市古墳群が登録されました。



その古墳群の一つである仁徳天皇陵古墳は、

日本最大の前方後円墳ですダイヤ


5世紀中頃に約20年かけて築造されたと推定されています。



「大阪に住んでいるのに行ったことがない。」

「教科書やTVでよく見る。行ってみたかったの。」

という方もいらっしゃいました。




古墳の中へ入ることはできませんが、

外からでもスケールの大きさを実感することが出来ました!




18名の利用者様とスタッフで記念撮影です。

皆さまのすてきな笑顔がまぶしいです!



1.jpg





その後は


皆さまご自由に公園内を散策していただきました。


2.jpg




茶室でお抹茶や茶菓子をいただいたり、、、、


3.jpg


4.jpg


5.jpg




堺市博物館で埴輪や鉄砲の展示を見て歴史に触れたり、、、


7.jpg


6.jpg



公園内を散策して秋を感じたり、、、、

 

8.jpg


9.jpg


10.jpg


11.jpg


12.jpg


今まで知らなかった堺の魅力でいっぱいでした!!!

初対面の利用者様同士の活発な交流もみられました。


デイサービスでは味わえない様々な体験をしていただき、

普段と違った表情がみられました。


「楽しっかったー。」「歩行の限界を超えた。」

「車いすでも参加できてよかった。来年は歩きたい。」



日頃のリハビリの成果を実践するきっかけになったり、

新たな目標を共有する良い機会になったように思います。



そして、何より利用者様のこの笑顔!

とても楽しんでいただけました。


14.jpg


15.jpg



また来年も魅力あるイベントを提案し、

皆さまに喜んでいただけるようなデイサービスにしていきたいと思います。




アクティブデイサービス松原スタッフ一同











続きを読む
posted by Active at 18:18| Comment(1) | TrackBack(0) | イベント

2019年11月11日

ともに行う調理。

IMG_20191111_173407.jpg
今晩のメニューは「エリンギソテー柚子胡椒風味」と「白菜&玉ねぎとツナの蒸し焼き」


ともに行う訪問介護事業所の介護福祉士・作業療法士いとうです。

この日の最後の時間は、記憶障害等の高次脳機能障害と右手指に拘縮のある利用者様宅です。

訪問リハビリテーションを終えてから身体介護による自立生活支援の見守り的援助"ともに行う調理"です。


「これでよかったよねェ」
と、利用者様。
エリンギのカット作業はもう慣れたもんです。
IMG_20191111_170553-1754e.jpg
エリンギをサッと炒めて、ポン酢と柚子胡椒を加えてさらに弱火で炒め合わせます。
IMG_20191111_172135-b1ed3.jpg

エリンギソテー柚子胡椒風味
IMG_20191111_172324-6e13d.jpg
完成!


玉ねぎと白菜のカット。
IMG_20191111_171100.jpg

玉ねぎ、白菜を炒め合わせます。
IMG_20191111_171545.jpg

にんにくチューブ、ツナ、醤油、お酒、塩コショウを加えて、アルミホイルでフタをして蒸し焼きにします。
IMG_20191111_173348.jpg
白菜&玉ねぎのツナ蒸し焼き
完成!

ご飯を炊くのをスッカリ忘れておられました。

楽しい、美味しいを自分自身の手で作る
記憶の定着に向けていくには必要不可欠な要素です。

ともに行う訪問介護事業所は、身体介護による見守り的援助"ともに行う"で利用者様の自立生活支援をサポートします。