2018年07月27日

園芸リハビリを通して感じたこと

こんにちは!晴れ

今年の4月から入職させて頂きました泉北PTの大家(たいけ)です。

小さい頃からよく名前を間違えられています。麺類(特にラーメン)が大好きなので、おすすめのお店があれば教えてください!

最近、全国的にも猛暑が続いていますので、水分補給など熱中症対策もしっかり行い、残りの夏、過ごしていきましょう。

さて、今回は現在僕が入職してから、関わらせて頂いている畑作業について少しお話ししたいと思います。

まず、今年の4月初めに泉北デイの前にある畑を活用し、畑の管理人であるHさんが畑作業を始めたその後、Hさんの担当を引き継がせていただいて現在に至りました。

担当になってから約3ヶ月経ちましたが、畑のノウハウというものをあまり知らない事もあり、Hさんに手取り足取り教えて頂きました。今では、4月に植えたトマトや茄子も収穫時期を迎え、毎日たくさん取れています。
IMG_4241.JPG
そのおかげか、Hさんもほかのデイをご利用されている方との会話も増え、利用者様方もデイに来るたびに「大きくなったね〜」、などと楽しみにされ、作物の成長に合わせ活気づいている様に思います。

また、自分から「水やりするで!」、「収穫したい!」などこちらからお願いしなくても自発的にして下さる方が増え、より活動的になった様に思えます。
IMG_4178.JPGIMG_4166.JPG
また、泉北デイではご自宅でも畑作業を行っている方や昔していたという方が多く、「ここ、こうしたらええで!」などアドバイスを多く頂いたり、
IMG_4252.JPG
畑以外にも多肉植物の栽培なども行っており、双方興味・関心のある方が増え、デイ全体の雰囲気がより良くなっていくように思いました。
IMG_E4201.JPG
また、植物の環境にも負けない生命力に利用者の皆様も感化され、本人様自身の自信にも繋がっていく、それだけの力が植物にはあるんじゃないかとおもいました。

現在、今行っている収穫が終わったら次は何を植えようかなど、Hさんと検討しており、他の利用者様にも水やりなど、より積極的に、自発的にその人らしさを引き出していけるように自分なりに考え、工夫していきたいと思います。


読みにくい文章ではあると思いますが、ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

これから、より地域に密着し利用者様の要望に対応できる理学療法士を目指していきたいと思います!
今後とも随時ブログ等アップしていきたいと思いますので、よろしくお願い致します!
IMG_4254.JPG

アクティブデイサービス泉北 PT大家
posted by Active at 17:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 泉北日記

2018年07月26日

第4回地域交流会

 アクティブ松原の長西、北谷です。

 毎日暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
職員や利用者様ともまず出る言葉が「暑いですねぇ〜」がお決まりになってきました。
皆様もこまめな水分補給を心掛けて無理をせず、体調の変化に気を付けてくださいね。


さて話は変わりますが、7月20日に第4回地域交流会を開催いたしました。

S__5316617.jpg

当日も猛暑の中スタッフも何人来ていただけるのか心配でしたが、近隣にお住いの方4名が参加していただきました。
松原デイサービスに初めて来ていただける方もおられ、「最初物を売られるのかと心配されたそうです」(^^;)

今回のテーマは

●熱中症を予防しよう
●ゆうきケア体操

を行いました。

まずは山野OTによる熱中症のお話から

第四回地域交流会 ゆうきケア体操_180726_0021.jpg

なぜ熱中症は起こるのか?
熱中症の症状とはどのようなことが起こるのか?
対策はどのようにすればいいのか?

第四回地域交流会 ゆうきケア体操_180726_0075.jpg

などクイズ形式で学んでいただきました。

第四回地域交流会 ゆうきケア体操_180726_0023.jpg

その後皆さんには熱中症対策のドリンクの作り方から試飲をしていただきました。

材料は
水    450ml
お湯   50ml
塩    1g  (小さじ1/4)
砂糖   15g(大さじ1杯)
レモン汁 小さじ2杯

おこのみでクエン酸などを加えるとよりスポーツドリンクっぽくなりました。

参加していただいた皆様には「結構いける」「家でも作れる」等の声をいただきました。




次にゆうき体操を行いました。
今回は初めて外部講師にお越しいただきました。

その前に『ゆうきケア体操』って何?ってなりますよね…
私も初めて聞く言葉でした(・。・;

ご説明させていただきます(^^♪
ゆうきケア体操とは、座ったまま・寝たまま・自分でできる簡単エクササイズです。
ひざ・股関節・腰痛予防&ケアで身体のバランスを整えることを目的としてる体操です。

まず、股関節の歪み・骨盤の傾きなど身体の状態を確認していただきました。
第四回地域交流会 ゆうきケア体操_180726_0015.jpg


そして講師の方による簡単な体操を30分程行いました。

第四回地域交流会 ゆうきケア体操_180726_0068.jpg
第四回地域交流会 ゆうきケア体操_180726_0029.jpg
第四回地域交流会 ゆうきケア体操_180726_0024.jpg
第四回地域交流会 ゆうきケア体操_180726_0004.jpg



そして体操を終え、もう一度股関節の歪み・骨盤の傾きを確認していただきました。


するとどうでしょう…

第四回地域交流会 ゆうきケア体操_180726_0032.jpg

先程より皆さんの股関節の歪みが…骨盤の傾きが…よくなったのです!
そして「身体が軽くなったわ~」「足が上がりやすくなった」
との声をいただきました。

ご利用者様、外部講師の方、職員で和気あいあいと楽しく行うことができました。

第四回地域交流会 ゆうきケア体操_180726_0030.jpg

今回暑い中お越しいただきました皆様ありがとうございました。
今後もお体に関する企画を地域の方々に提案していきたいと思います。

アクテイブデイサービス松原スタッフ一同

2018年07月25日

大正報告会【チャレンジ】黒川PT

こんにちは、大正の飛永です。

報告会【チャレンジ】
第四回目は
黒川PT

装具作成を経験した3名の利用者さんの
装具作成までの流れや、その後の経過について報告してくれています。

黒川PTは
他の利用者さんに対しても
装具に限らず、福祉用具やその他生活手段の提案等、積極的に介入してくれています。
黒川PTの発表の中でもありましたが、「装具作成には、ある程度見通しがたったら行動力や勢いも必要!」とのことでした。

行動力や勢いは、どうやったら身につけれるのか質問したところ

ベースとなるアセスメントは必要だが、考えすぎずに行動していくことも大事!」とのことでした。

アセスメントも大事ですが、とくに在宅のリハビリは直接関わる時間が病院と比べると短いのは明らかです。気づけば1〜2ヶ月はすぐ過ぎてしまいます。

・装具が必要と気付ける直感力
・優先順位を決めてアセスメントを行える判断力

まだまだ自分にも足りないスキルだな〜、と実感しました。


生活期で装具を作成する【道しるべ】に
なってくれた発表内容
(ここからは黒川PTが記載)

在宅ではなかなか装具作成に携わる機会が減ってしまうのが現状かと思います。
しかし長期に関わる訪問だからこそ、利用者様の状態・状況の変化に気づき対応することも重要です。
今回はその中でも装具作成を働きかける機会を得ましたので報告します。

スライド4.JPGスライド5.JPG
スライド6.JPGスライド7.JPG

初めての在宅での装具作成の促しだったため、手続きや手順が分からず義肢装具士さんにいろいろ質問しながら行いました。
装具を使用しての歩行訓練を進められている事も良かった点ですが、なにより訪問開始以降ADLの向上がみられ、3年経過した今でも能力を維持できている事が一番かと感じます。

スライド8.JPGスライド9.JPG
スライド10.JPGスライド11.JPG

利用者様によって使用する保険や装具を過去に作ったことがあるかどうかで手続きなどは変わります。
ややこしいところもありましたが、ケアマネージャーさん、装具士さん、施設スタッフの方々の協力もあり作成することができました。連携の大切さを再認識した機会でした。

スライド12.JPGスライド13.JPG
スライド14.JPGスライド15.JPG

3回目は私自身も学習し、説明や連携のタイミング等でスムーズにできるようになりました。
もちろん装具の力だけではADLや機能向上は図れないため、現在も日々訓練に励んでいただいています。
スライド16.JPG
スライド17.JPG

以上、ご報告でした。



アクティブ大正  黒川  飛永
posted by Active at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2018年07月24日

クレープWEEK 〜大正デイ〜

おはようございます。大正の飛永です。

アクティブデイサービス大正
7月のイベント
【クレープWEEK】

作業療法士になるために猛勉強中の
神谷(介護職)に中心になってもらい
イベントを実施!

買い物、下準備、当日のクレープ作りの作業等、利用者さんごとで担当を振り分けた参加型イベント!


5EBE6D3E-C117-4853-BF54-9C1641864149.jpeg
B2C496B3-E043-4CD8-853F-20556BCFD916.jpeg
それぞれ神谷が作成


イベントは神谷を中心に、デイサービス職員(今田、土肥、谷川、村田)で実施
IMG_2598.JPGIMG_2596.JPG
上肢の機能訓練、参加を促す目的や


IMG_2609.JPGIMG_2600.JPG

IMG_2599.JPGIMG_2608.JPG
元々されていた調理をもう一度


IMG_2602.JPG

買い物でも上肢の参加を!
F582CF77-3710-4E5B-9D80-6676D7112361.jpeg

神谷より
クレープWEEKに向け、他スタッフと共に買い物や各担当など、たくさん話し合って計画をたてていましたが初日は計画通りにいかないこともありました。女性の利用者様に生地づくりのアドバイスを頂いたり、男性の利用者様にも生地づくりを手伝ってもらいました。
はじめは「クレープは食べたことがない」と言っていた方も、笑顔で「おいしい」と言って下さっていたのでクレープを実施することができて良かったです。


飛永より
「昔を思い出したわ」等、イベントを通して利用者さんの様々なエピソードを聞くことができ、楽しませてもらいました。今回のイベントが、新たな課題を見つけたり、今後のリハビリテーションの何かしらきっかけになっていればと思います。
ご協力頂いた利用者さん、ありがとうございました。
担当してくれたデイサービス職員の方々もお疲れ様でした。



最後に、、、

顔と名前が一致しにくいという
利用者さんからのお声もあり
神谷が作成してくれました。
2BBB8505-39E1-4369-B082-7EBB0BAFEA82.jpeg
その他にも
デイサービスご利用中の利用者さんと一緒に様々なものを作成してくれています。
79C1D808-E014-4994-A291-351EE8BFD4BE.jpeg
7DBCAB67-9617-47E0-9001-D711E8A94894.jpeg

神谷が来年、作業療法士になれることを
切に願っております。


以上、イベントのご報告でした。

アクティブデイサービス大正
posted by Active at 08:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 大正(報告)

大正報告会【チャレンジ】阿部OT

おはようございます。大正の飛永です。
大正事業所の研修は、利用者さんと一緒に挑戦したことを報告する
報告会【チャレンジ】を実施中!

飛永、村上STと続き
第三回は阿部OT担当です。

担当利用者さんは、前回村上STも発表した方です。


阿部OTは
持ち前の明るさと、周りを巻き込み引き立たせることが出来る療法士だと思います。
なので利用者さんや職員への影響力大です!

知識や技術に関しても自己研鑽を怠らず
呼吸療法認定士、認知症ケア専門士を取得

大正事業所に無くてはならない存在です。


それでは阿部OTより

今回は、ニーズや今後の生活イメージが抽出困難な利用者さんに作業活動の介入をおこないました。

症例は前回村上STがチャレンジで発表された、CVA後遺症、失語症、口腔顔面失行がある女性の方です。

スライド1.JPG
スライド5.JPG
スライド6.JPG
スライド7.JPG
スライド8.JPG

問題点として、家族とは仲が良く家族も協力的で、良い部分ではありますが、
症例にとっては依存につながり自立の障壁になっていると感じました。
そこで、主体性の向上を目標に作業活動の介入を行いました。

まずはアイロンビーズの提案を行いました。
スライド9.JPG
スライド10.JPG
スライド11.JPG

アイロンビーズに興味を持ち、家族と協力しながら次々と作品を完成させていました。
旦那さんにもプレゼントされており、自己肯定感や役割にもつながっていると感じました。

次に組みひもの提案を行いました。
スライド12.JPG
スライド13.JPG
スライド15.JPG

組みひもは現在介入中ですが、両手を使用しながら集中して行っています。
作業活動を実施するようになってから少しずつ自分なりに工夫をしながら行うことも増えているように感じます。

スライド16.JPG

今後も日常生活の拡大や外出機会を増やしていけるように関わりたいと思います。

以上で報告を終わります。ありがとうございました。


アクティブ大正  阿部、飛永

posted by Active at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)

2018年07月20日

この日の男の出張料理教室。

心意気実践チームのいとうです。

今日メニューは「回鍋肉ホイコーロー」
IMG_20180720_112821.jpg

この日も暑いので屋外歩行練習は控えて、お料理です。おもむろにキッチンへ…
IMG_20180720_110638.jpg
やる気満々!
IMG_20180720_110657.jpg

合わせ調味料の調合です。
IMG_20180720_111140.jpg

ピーマン、キャベツをカット。
IMG_20180720_111345.jpg

少ししんなりするまでキャベツを炒めます。
IMG_20180720_112105.jpg

合わせ調味料を混ぜ合わせてさらに炒めます。
IMG_20180720_112311.jpg

最後にピーマンも絡めます。
IMG_20180720_112434.jpg

味見です。
恒例の「んまっ。」連発。
その横顔です。
IMG_20180720_112555.jpg

完成!
IMG_20180720_112821-8b54b.jpgIMG_20180720_112840.jpg

お昼ごはんのオカズをどうぞ…
IMG_20180720_112843.jpg

今日もトントン拍子に作業が進みました。

失行症状もありますがそんなことはもろともせず、少しのお声掛けでお料理は進みます。

今日もご家族により、
「楽しみにしてるから。」と、
食材準備と下ごしらえをしていただきました。

一緒にお料理を愉しむためのお膳立てをいつもしてもらっているようで大変恐縮しています…
毎回ありがとうございます。


アクティブ心意気実践チームは、利用者さまに、ご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。
その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。
posted by Active at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

メルマガ”アクティブ流”8月号巻頭言 アクティブ訪問看護ステーション大阪 大阪法人言語聴覚士主任 ST村上豪康さん

言語聴覚士の村上豪康です。
スタッフの皆さん、訪問・デイ・事務業務ありがとうございます。

IMG_1644.JPG
1cafeでの村上さん


平成24年に入社した頃は、地域における言語聴覚士(以下ST)の認知度は、現在以上に低い状況でした。そのためか営業回りでは居宅介護支援事業所等の中に入らせてもらえないことがよくありました。でも、もしかしたら180cmを超えるわたしの巨体の所為かもしれません…(笑)

入職前に「半年くらいで訪問枠が埋まってきますよ!」と上司の碓井STからは言われていましたが、地域でのST認知度の低さとわたしの巨体のためか(涙)、訪問依頼が思っていたほどのペースでは増えてきませんでした(笑)
営業を兼ねて介護事業所等で無償の嚥下評価・言語評価、嚥下セミナーを行う日々が続きました。

当時はあとから入職したスタッフに遅れをとった感じもあり、焦り悶々とした時もありました。
しかし、成功や失敗の経験を重ねて…今となれば"初めから上手くいく訳がない"と思えるようになりました。
イチから始める仕事を通してたくさん試行錯誤し、少しずつ自分自身が変わっていく経験を積み重ねることができて良かったです。

また、周囲の仲間にも救われました。
営業しまくる大阪事業所の運営責任者の中原PT・飛永PT(現:大正事業所の運営責任者)が、「言語聴覚士がいるだけでケアマネさんが話を聞いてくれます!」といつも持ち上げてくれました。
さらに、地域の関係各所の方々に「STが地域リハに必要なリハ専門職であること」を発信してくれ、いつも背中を押してもらったことを覚えています。

平成25年9月からは大阪法人(大阪、大正、吹田事業所)の言語聴覚士主任になりました。大正事業所の開設に関わり、飛永PTと訪問と営業に多くの時間と労力をかけました。
この頃は、大阪事業所の訪問、大正の営業と訪問を兼務していて、どうしても現場での業務に比重が偏りがちになっていました。大阪法人のST主任として、現場での訪問・営業業務と管理業務(STスタッフの育成・業務支援・マネジメント業務等)のバランスの取り方に迷った時期でもあるかと思います。

平成27年4月は大阪事業所に新卒STが入職。彼らの入職当初は"上手く"STとして動き回れるようにと意気込んでいました。しかしながら、思うような関わりが出来ずに思い悩む事が多い日々を過ごしました。
翌年に金井STが入職した頃から、自分自身の肩の力が自然と少し抜けたように思います。
各スタッフが"らしさ"を発揮し働きやすくなるように、自分自身が裏方に回り、STスタッフの育成・業務支援・マネジメント業務に関わっています。

ここ数年は若手STの摂食嚥下面の教育・育成を目的として、大阪大学歯学部附属病院や大阪歯科大学附属病院、地域の訪問歯科医院の嚥下各評価(VF・VE)や診察に同行し、医療機関との連携強化にも力を入れています。

平成29年10月から、金井STと失語症の方々の「聞き手側から話し手側への役割交代と拡がりを」をテーマとした"1cafe(イチカフェ)"を始動。
失語症の方々の集いの企画運営を通して、STのみなさんと一緒に失語症者の活動・参加にむけた仕事を経験させてもらっています。
▼"1cafe(イチカフェ)"の詳細はこちら↓
第1回 http://active-nopsj.sblo.jp/article/181436228.html
第2回 http://active-nopsj.sblo.jp/article/183173986.html

これからもSTのみなさんがやりたい事、勉強したいことをバックアップし、アクティブに入職して良かったと思ってもらえるよう試行錯誤していきます。
そして、地域の皆さまにアクティブのSTは素晴らしいと思われるようにしていきたいです。

よろしくお願いします。


最後に、自分が影響を受けた詩と影響を受けた人を紹介します。

武者小路実篤「もう一息」

もう一息
もう一息という処でくたばっては
何事もものにならない
もう一息
それにうちかってもう一息
それにも打ち克って
もう一息
もう一息
もうだめだ
それをもう一息
勝利は大変だ
だがもう一息

影響を受けた人
・坂本龍馬
新しい世界に出ることの勇気をもらった

・碓井さとし
STの概念を変えてくれた

最後の最後ですが、
メールマガジン編集担当委員の水野ST、軽部PT、伊藤OT、室之園OT、本当にいつも配信ありがとうございます。

また、いつも相談に乗っていただき助言をして下さる松本ST(堺)にこの場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございます。


IMG_1149.JPG
弊社アドバイザーのリハ医小野先生によるST金井さんへの指導を後ろから見守る村上さん(写真右)

山崎診療所だより 2018年8月号

山崎診療所のPT真鍋です。

6月に大阪北部で地震、7月には西日本での記録的な大雨など今年も自然災害が多く発生し、各地で被害が出ています。
被災された皆様にお見舞いを申し上げるとともに一日も早い復興を心より願います。


山ア診療所では患者さんや職員に大きな被害はなく、通常通り診療業務ができています。

地震の日にこんなことがありました。

リハビリが終わった患者さんがなかなか帰ろうとされません。

その理由を聞きました。
「一人で家に居とくんが怖いから、もう少しだけここにおってもええかな?」
とのことでした。

そのまま診療所で馴染みの患者さんやスタッフと物療をしながらおしゃべりをされ、最後の連先生の診察を終えると安心されたのか笑顔で帰宅されました。

山ア診療所の患者さんのほとんどは診療所周辺の地域住民の方々で、独居高齢者の割合が高いです。

当診療所が日々の暮らしのなかにおいて、少しでも安心感を与えられる存在になることができれば幸いです。


さて、現在のアクティブからの新卒療法士さん(2〜3年目)の出向状況は、月曜日PMに福西PT(大阪)、火曜日AMに山川PT(大阪)、火曜日PMに伊藤PT(泉北)に外来リハ業務を経験してもらっています。

7月中旬から山ア診療所の常勤PTさんがしばらく休職するので忙しくなってくると思います。

新卒療法士さん達の仕事量も増えており、このまま外来リハ業務の戦力として活躍してもらえるよう指導・育成していきます。

2018年07月19日

アクティブスポーツ倶楽部9/7(金)18〜21時です!!

アクティブスポーツ倶楽部部長、今里事業所所属のST金井洸祐(こうすけ)です。

バスケットボールやバレーボール、バドミントン等のスポーツを通して、日頃の運動不足解消だけでなく、他事業所スタッフとの交流、経験年数の若い療法士やケアスタッフの方々にとっては横の繋がりを作る、などを目的に楽しく汗を流せたらと考えています。ぜひご参加ください!!

第2回アクティブ倶楽部(バスケ)チラシ (004).pdf

開催日:平成30年9月7日(金)
時間:18:00〜21:00
場所:東住吉スポーツセンター 第1体育館
住所:大阪府大阪市東住吉区公園南矢田4-30-3
料金:¥2500を参加人数分で割ります
準備物:@動きやすい服装A室内靴(無くても何とかなります)
その他:水分補給は各自で用意して下さい

今里事業所の金井STまでFAXお願いします。

*期日は8月下旬までとさせて頂きます
FAX番号:訪看 06-6224-7581 デイ06-4309-7241


生い立ち)
2年前に金井さんの呼びかけにより、バスケットボールクラブが発足されました。
その時の様子↓
@http://active-nopsj.sblo.jp/article/175873020.html
Ahttp://active-nopsj.sblo.jp/article/176780236.html
Bhttp://active-nopsj.sblo.jp/article/179022547.html


前回のアクティブスポーツ倶楽部の様子↓
http://active-nopsj.sblo.jp/article/182991228.html
posted by Active at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2018年07月18日

大阪市自立支援型ケアマネジメント検討会議参加者研修会

おはようございます。
大正の飛永です。

先日行われました
大阪市自立支援型ケアマネジメント検討会議参加者研修会に
大阪法人の中原責任者と
参加しました。


大阪市のホームページより
9D795DED-F886-4CCA-ABD3-35A459DA0FC2.jpeg
0D31F6B9-2C8D-41FC-9BBB-306335E892C3.jpeg
これから大阪市では
各地域包括支援センターで
この自立支援型ケアマネジメント検討会議が開かれます。

また具体的な会議の内容に関しては、次回あらためて研修があるそうです。なのでまた後日ご報告致します。


決まっていることとしては、
この会議の助言者として
今後、療法士が参加させて頂くことになります。

目の前の利用者さんにリハビリテーションを提供するわけではなく
ケアマネジメントについての助言、、、
想像しただけで難しさを感じます。

しかし、どんなことが療法士に提案できるものか、求められるものか、、、その可能性を考えるとワクワクもします!


【自立支援】の考え方を今回学ぶ機会を頂きましたが、会議のためだけではもちろんなく、
今の現場で一人一人の利用者さんにも
より【自立支援】の関わりを意識しないといけないなと改めて感じました。


自立支援に資するケアマネジメントを推進していくことと同時に、サービス提供者側の自立支援の意識向上も必要だと強く思います。そうでないと、利用者さんを中心としたチームで統一した目標や関わりが出来ないでしょうし。

いや〜まだまだ勉強が必要です。

最後に
まだまだ猛暑が続きます。
みなさん、水分補給や適度な塩分摂取等、気をつけていきましょう!

アクティブ大阪 中原
アクティブ大正 飛永
posted by Active at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 大正(報告)