2019年04月12日

第6回 1CAFE〜聴き手から話し手へ〜

こんにちは今里のST井上です。


6回目の1CAFEを無事開催する事ができこの場をお借りして報告させていただきます。



今回のテーマは「歌」です。

皆様にとって思い出の一曲は何ですか?

当時の恋人が好きでよく聞いていた

家族と一緒にコンサートへ行った

当時の思い出が蘇る一曲が誰にでもあると思います。


今回、4名の方が参加して下さいました。

初めに参加者の思い出の曲を各々発表していただきました。

普段あまり話されない方も曲を流すと自然と歌ったり、その曲を選んだ理由や当時のエピソードを語ってくださいました。

曲を流し始めると皆様の表情もとても豊かになりました。

それを見たスタッフも自然ともっと詳しく聞きたいという気持ちが強くなり話題が尽きる事がありませんでした。


line_47896953230499.jpg

ここで歌唱トークの様子を一部紹介


K様は「365歩のマーチ」を選ばれました。好きな理由を尋ねると「歌うと元気になるから」との事でした。

この曲には1日少しずつで前進していくことの大切さ、そんなメッセージが隠されています。

20190410_172619.jpg


次にT様は「戦争を知らない子供たち」を選ばれました。

最初は「歌うのは嫌い」と聞いていましたが歌の持つパワーとでも言うのでしょうか
曲を流すと自然と身体を左右に揺らしながらノリノリで歌っていただきました。

 20190410_172535.jpg

N様は「無法松の一生」を選曲されました。
「言葉は出ないのに、何で歌やと歌えるんやろう。」と不思議がられながら大きな声で歌って下さいました。
まさに今回の狙いです!!

20190410_172551.jpg

F様は美空ひばりの「真っ赤な太陽」を選曲されました。
理由を尋ねると「よく分らんけど歌詞が残っている」との事でした。
なんとなく耳に残っている曲は皆様にもあるのではないでしょうか。


20190410_172600.jpg



最後は皆で斉唱しました。

曲は卒業式のテーマソングで有名な3年B組金八先生の 「贈る言葉」です。

これは、 “言葉を贈るという大切な方に向けてのはなむけの歌”だったり色んな諸説があるようです。
この歌の歌詞の中に「悲しみこらえて 微笑むよりも涙かれるまで 泣く方がいい。 人は悲しみが多いほど人に優しくできるのだから」この歌詞がとても奥が深いと感じます。皆さんこんな経験ありますか?  

この曲を聴くと思わず涙したK
「病気になった時、周りの人から優しくされた」ことを話して下さいました。

20190410_172648.jpg


最後に皆で元気よく「上を向いて歩こう」を歌いました。

皆様もこれを機会に思い出の一曲を聞いてみるのも面白いかもしれませんね。
もしかすると新しい発見があるかも!?
最後になりますが今回、参加してくださった方をはじめ開催に向けた準備等を手伝ってくださったスタッフの皆様、ありがとうございました。




posted by Active at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka

2019年04月11日

今里お花見イベント開催 in 巽東緑地

3.19 今年も花見イベントを開催しました。
今回は「歩けるけど一人では自信が無い」「一人で外出が怖い」「転倒が多い」など

管理者の豊澤さんが提案し利用者を選定しました。
普段から「何かできないか」・・・・・・イベントの活用です。

屋外歩行訓練を繰り返し、いざイベントの日
階段、坂も何とか昇り
IMG_20190326_105950.jpgIMG_20190326_105953.jpgIMG_20190326_105953.jpg

IMG_20190326_105953.jpg

さくらはこの日の為に咲いてくれました。(チョットだけ)
IMG_20190329_114637.jpg


花見弁当を食べ
IMG_20190329_134140.jpg

IMG_20190329_133957.jpg
IMG_20190329_133959.jpg
IMG_20190329_134003.jpg

腹ごしらえの後はプロのハーモニカ演奏会
IMG_20190329_142305.jpg
IMG_20190329_142251.jpg

女の子も寄ってきて

IMG_20190329_142659.jpg

木登りは危ない!! と叱る光景
IMG_20190329_143624.jpg


いざっ、歩けるとこまで行ってみましょう 桜並木まで歩きましょう
IMG_20190329_144428.jpg
IMG_20190329_150020.jpg

IMG_9548.JPG

振り返りでは「今までこんな距離歩けた事無い」「自身付いた」
お互いの杖の使用感チェックし、自分に合った杖を検討中
IMG_20190329_151800.jpg

普段のリハビリの成果が発揮できる、効果を再確認できる、互いに励まし合い切磋琢磨できる環境が大切ですね。

アクティブデイサービスリハ・カフェ東成 一同

posted by Active at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka

2019年04月08日

ともに行う調理&ともに行なってみました。

IMG_20190408_180018.jpg
今晩のメニューは「チンゲン菜とツナのオイスターソース炒め丼」


ともに行う訪問介護事業所のいとうです。

橈骨骨折による右手指の拘縮と記憶障害等の高次脳機能障害のある利用者様宅です。

訪問介護(身体介護)の自立生活支援の見守り的援助"ともに行う調理"です。


この日も訪問リハビリテーションを終えてから…

冷蔵庫の中に唯一残っていた傷み始めのチンゲン菜が目に入りました。
IMG_20190408_173623.jpg
「買い物行くの忘れちゃってさ」。
と、苦笑いの利用者様。

「で、これどうやって切るの?」
「使ったことないから分かんないね」。
と、利用者様。
こちらからはカットの大きさだけ伝えます。
IMG_20190408_174038.jpgIMG_20190408_174042.jpg
IMG_20190408_174405.jpg
きっちりと作業出来ておられます。

右手でツナ缶を開けるのも安定してきました。
IMG_20190408_174539.jpg

ツナと炒め合わせます。
IMG_20190408_174929.jpgIMG_20190408_174807.jpg

賞味期限ギリギリセーフのオイスターソースを回しかけて炒め合わせます。
IMG_20190408_175155.jpg
「こんなの(オイスターソース)使ったことないね、甥っ子が使ってたのかな」。

ごま油を回しかけて、手早く炒めます。
IMG_20190408_175305.jpgIMG_20190408_175318.jpg

「し、しまったァ〜ご飯炊くの忘れてたよぅ〜」
IMG_20190408_175130.jpgIMG_20190408_175807.jpg
こんな時にこそレンジでチンするだけのご飯の出番です。
「これ、あったのも忘れてたよぅ〜」。

アツアツご飯に乗っけます。
IMG_20190408_175925.jpg

完成!
IMG_20190408_180018-55db8.jpg
「旨いね〜」。
とだけ話して、ただひたすら黙々と食べておられました。あっという間に完食!

何かと忘れてしまうことが多いようですが、なんとかなるものです。


ともに行う訪問介護事業所は、見守り的援助"ともに行う"で利用者様の自立生活支援をサポートします。


追記)
別の利用者様です。

いつも夫にしてもらっていた買い物をご自身の役割に移行する取り組みを訪問リハビリテーションの中でしている最中です。
IMG_20190408_112148.jpgIMG_20190408_112603.jpgIMG_20190408_112640.jpg
見守りのもと、近所の惣菜屋さんへ杖歩行で27分程度。
ご夫婦のお弁当をご自身の目で選んで買われました。
今のところ帰り道は車椅子介助です。

いずれは訪問介護(身体介護)の自立生活支援の見守り的援助"ともに行う家事""買い物時の歩行の安全の見守り"へと、移行を検討中です。

2019年04月02日

あれそれカフェ「笑いと健康」

みなさん、こんにちは(*^^*)

お笑い芸人になることが夢だったこともあった

大阪OTの芦尾です♪


腹の底からあっはっはっと笑ったこと

みなさんはありますか?

歳を重ねるごとに少なくなっていっていませんか?


そうです!

今回のあれそれカフェは【笑い】をテーマにして

参加者の方に笑いを届けようと決意しました!


はじめに笑うことが健康に繋がるということを

お話しさせて頂きました。


ブログあれそれ.jpg





笑うことは脳の働きが活発になったり


自律神経のバランスに繋がったり


いいことだらけです☆




笑いと健康のお話しが終わってからは


レクレーションを行ないました。




まずは、二人一組になり自己紹介と


相手のいい所を10個褒めるゲームをしました。




初対面同士の方も楽しそうに相手のいい所を言っていました。




学生時代の時から仲の良かった方のペアは


いい所を言い合って感謝が溢れ出して涙していました。




次は、はっはっはーと笑う体操をしました(*^^*)


笑いの準備体操が終わったらレクを行ないました!




レクは風船バレーを行ないました


あっはっはという笑い声。みんな本気で大笑い。


ブログ あれそれ.jpg




参加者の方からは、


「こんなに笑ったのは久しぶり、本当に楽しかった。」


「めっちゃ、本気で笑って笑い疲れた。あれそれカフェ面白かった。」


という嬉しい言葉をたくさん貰えました♡




笑いを沢山届けられるように毎日がんばります♪


アクティブデイサービス今里 一同



posted by Active at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | oosaka

2019年04月01日

〜テルミー日記〜in泉北コラボ

いつもお世話になりますテルミーです。

N様1.jpg

昨年の吟行以来、血圧や痛み等と工夫して付きあえるようになり

リハビリの一環で余暇の短歌にも取り組んでいます。

吟行・短歌仲間がいればなぁと想い泉北の木寺OTと相談。

作品交換を日々繰り返す中、人生と短歌の大先輩となるM様(訪問利用者様)と

吟行を行い喫茶店でのリアルな短歌会に至りました。

当日は初めてのご対面でしたがとても和やかに取り組めました。

M様2.jpg

M様も昨年奥様を亡くされ寂しいお気持ちもおありでしたが

短歌や交流、リハビリを通して

持ち前のお力を発揮されておられました。

2戦時詩.JPG

戦時中の心情

戦時詩.jpg

亡き奥様を想われ

M様書字.jpg

今を前向きに!!

M様スマイル.jpg

『短歌を作る意欲が湧いてきました』とのこと!

N様披露.JPG

M様に刺激をいただき私も!

相互に高め合う場になるコラボレーションは最高ですね。

みながより健康でハッピーであることを願います。

いつもありがとうございます。

集合.JPG

P.S.
引き続き短歌のお仲間を募集しております(^^)


アクティブ訪問看護・デイサービス泉北
テルミー&M氏&木寺OT
posted by Active at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 泉北日記

ともに行う調理。

IMG_20190401_183435.jpg
この日のメニュー「人参しりしり」


ともに行う訪問介護事業所のいとうです。

橈骨骨折による右手指の拘縮と記憶障害等の高次脳機能障害のある利用者様宅です。

訪問介護(身体介護)の自立生活支援の見守り的援助"ともに行う調理"です。

訪問リハビリテーションを終えてから、冷蔵庫の中を一緒に確認すると、そろそろ傷みそうな人参が目に入りました〜

ということで。
人参の皮むき作業です。
IMG_20190401_175348.jpg
ピーラーで人参の皮むき作業。
IMG_20190401_175426.jpg
人参をせん切りに。
IMG_20190401_175516-217b8.jpgIMG_20190401_175544.jpg
IMG_20190401_175711-2bf26.jpgIMG_20190401_180254.jpg
小指と中指の強いグリップは関節可動域制限のため難しいですが、代償的なグリップを獲得されつつあります。
IMG_20190401_175737.jpg
手首や手指の違和感や痛みは見受けません。

人参を炒めます。
IMG_20190401_180625.jpg
「次はどうするの?」
と利用者様。
IMG_20190401_180655.jpg
少しだけ手順のお声かけ。
そして見守ります。

「人参しりしり」
IMG_20190401_183435-8b0cd.jpg
完成!
「こんな味するんだね〜」。
と、利用者様。

もう一品は前回に続いてアボカドです。
IMG_20190401_181555.jpg
「安かったから買っちゃったよゥ〜」。
と、笑顔の利用者様。
前回のアボカドディップがとても美味しかったそうで、忘れずに八百屋さんで買い置きして下さっていました。

アボカドの皮むき作業です。
少しだけ皮むき方法を口頭でお伝えします。
IMG_20190401_181401.jpgIMG_20190401_181411.jpg
IMG_20190401_181814.jpg
「へぇ〜こんなにしてするんだね〜」。
と、感心顔の利用者様。

アボカドをサイコロ上にカットです。
IMG_20190401_182016.jpg

たまたま買い置きのあった生レモンを搾ります。
IMG_20190401_182416.jpg

わさび醤油とマヨネーズを入れて、
IMG_20190401_182515.jpg

コショウを少々、
IMG_20190401_182527.jpg

アボカドが崩れないように優しく混ぜ合わせます。
IMG_20190401_182602.jpgIMG_20190401_182612.jpg
アボカドを一つつまむと、
「こりゃうめえわ〜」。
と、破顔の利用者様。


「アボカドわさび醤油サラダ」
IMG_20190401_183444.jpg
完成!

今週も美味しいメニュー2品できました。

お料理の習慣化はまだまだ難しいですが、買い置きが出来ているので、ともに行う調理はしっかりと行なえています。ありがとうございます。


ともに行う訪問介護事業所は、見守り的援助"ともに行う"で利用者様の自立生活支援をサポートします。

2019年度 心意気実践チーム事業計画

2019年度アクティブ心意気実践チーム事業計画案.pdfessage body



2019年度 心意気実践チーム事業計画
■心意気実践チーム■
1.心意気サポート

@活動・参加や自立生活支援に向けて社内の「ともに行う訪問介護事業所」や社外の自立生活支援サービスへとつなぐサポートを継続

Aフレキシブルなサポート体制の構築


2.アクティブリハビリ介護福祉士実務者研修2019/20の企画・運営


3.心意気ワークショップ等の研修企画など


4.社内メルマガ(アクティブ流)


5.ともに行う訪問介護事業所の事業展開


利用者さまの自立生活支援、重度化予防、QOL向上に資するご自分の価値やあり方を見い出すお手伝いを微力ながら出来ればと考えています。その先にある”自分らしさ”を一緒に追求します。

▼詳細はこちら↓
posted by Active at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意気実践チーム

2019年03月25日

ともに行う調理。

IMG_20190325_181040.jpg
今日のメニューは「アボカドのわさび醤油ディップ」


ともに行う訪問介護事業所のいとうです。

橈骨骨折による右手指の拘縮と記憶障害等の高次脳機能障害のある利用者様宅です。

訪問介護(身体介護)の自立生活支援の見守り的援助"ともに行う調理"です。

訪問リハビリテーションを終えてから、冷蔵庫の中を一緒に確認すると、
「見切り品のアボカドを買ってたんだよねェ」。
「どうやって使うか分かんないだけど、買っちゃったんだよね。どうにかなるかと思ってさ」。
IMG_20190325_174358.jpg
かなり柔らかくなったアボカド4個を発見!
早速、カット方法の見本を見せてから、ご自身で包丁でのカット作業です。
「種が入ってるだね、アボカドってこんなになってるだねェ〜」。
と、感心顔の利用者様。

スプーンで実をくり抜く作業。
IMG_20190325_174555.jpgIMG_20190325_174547.jpg
IMG_20190325_174804.jpg
ポン酢を小スプーン2入れて。
IMG_20190325_174906.jpg

醤油を小スプーン2入れて。
IMG_20190325_174917.jpg

マヨネーズを入れて。
IMG_20190325_174954.jpg

ワサビを入れて。
IMG_20190325_175014.jpg

塩、こしょうを入れて混ぜ合わせます。
IMG_20190325_175144.jpg

ソフトフランスパンのカット作業です。
IMG_20190325_175411.jpgIMG_20190325_175416.jpg

「まだまだだねェ〜」。
と利用者様。
IMG_20190325_175504.jpg
薬指の曲がりがまだまだです。
それでも難なくカット完了!

アボカドをパンに乗せます。
IMG_20190325_175557.jpgIMG_20190325_175606.jpg
IMG_20190325_175800-59cc0.jpg
丁寧な仕事です。

トースターで5〜6分ほど焼きます。
IMG_20190325_175824.jpgIMG_20190325_175835.jpg

新たに買い置きされていたツナ缶を発見!
IMG_20190325_180518.jpgIMG_20190325_180337.jpg
アボカドディップの上に乗せることに。

丁寧にトースターに並べて焼きます。
IMG_20190325_180616.jpgIMG_20190325_180630.jpg

アボカドのわさび醤油ディップ完成!
IMG_20190325_181040-42db1.jpg
毎週月曜日の夕方の"ともに行う調理"は、開始して1か月が経過しました。少しづつ定着しつつあるように感じます。
記憶に残っているからこそ、買い物の際に買い置きしてくださっているのでしょうか。

魚と大根のあら煮は毎週のようにご自身で作っておられるようです。
ただ、他のメニュー作りには拡がりをみせてはいません。次なる生活課題です。


ともに行う訪問介護事業所は、見守り的援助"ともに行う"で利用者様の自立生活支援をサポートします。

第6回地域交流会 〜みんなで歌おうアクティブ音楽会〜

やわらかな春の日差しが嬉しい季節となりましたが、朝夕はまだ寒い日が続いておりますね。
徐々に桜の開花も進み、お花見シーズンがやってくることに、今からワクワクします。
松原事業所の長西です。

去る3月22日に第6回地域交流会をアクテイブデイサービス松原にて開催いたしました

今回は地域住民の皆様12名の方々にご参加いただきました。

S__14032907.jpg

今回はアクティブ音楽会というテーマで行わせていただきました。

普段歌を聞くことはあっても、みんなで唄うという機会は少ないと思います。
そこで学生時代、友人や家族で歌った曲を電子ピアノのリズムに合わせて合唱していただこうと企画しました。

先生は堺事業所であれそれカフェでも来ていただいているアンジェラのりこ先生にお越しいただきました。

まずは準備体操として表情筋のマッサージと発声練習を行いました。
表情筋を使うとシワが減るようですよ。

3月22日 地域交流会_190325_0034.jpg

次に体も心も緊張をほぐすために、タオルを使った柔軟体操を行いました。
呼吸に合わせて手を上下、左右に動かしたり、指を使った体操を皆さん一生懸命に取り組んでいただきました。

3月22日 地域交流会_190325_0036.jpg

3月22日 地域交流会_190325_0009.jpg

皆さん悪戦苦闘しながら、指と頭の体操を行いました。

そしていよいよ本番の歌の始まりです。

@春よ来い
Aどじょっこ ふなっこ
Bバラがさいた
C星影のワルツ
D365歩のマーチ
Eいつでも夢を
Fどこかで春が
Gふるさと

の順番で途中休憩をはさみながら唄いました。

3月22日 地域交流会_190325_0058.jpg

3月22日 地域交流会_190325_0020.jpg

なかなかはじめは声が出にくかった参加していただいた方も、時間が進むにつれて、大きな声が出るようになってきました。

途中楽器(マラカスや沖縄の楽器の四つ竹)を使用しました。
皆さん上手にリズムを取りながら唄っておられました。

3月22日 地域交流会_190325_0040.jpg

3月22日 地域交流会_190325_0041.jpg

ご参加していただいた皆様には
「久しぶりに歌を唄って楽しかった。」
「昔を思い出しました。」
「先生のきれいな声を聞けました。」

等々喜びの声が聞かれました。

またひばりの歌が聞きたいとかリクエストもたくさん言っていただきました。
歌を唄うことは呼吸機能、口腔機能を高めるとともに、晴れやかな気持ちになるのですごくいいことですよね。

2時間という長い時間ではありましたが、楽しい時間はあっという間ですね。
アンジェラのりこ先生、ご参加頂いた地域の皆様ありがとうございました。

次回の地域交流会は7月中旬を予定しています。
次回もいろいろな企画を提案し、地域住民の皆様の認知度を高めていきたいと思います。
ご都合がよろしければ、ご参加お待ちしております。


アクティブデイサービス松原 スタッフ一同

2019年03月22日

第14回 あれそれカフェ 「歌おう会」

日に日に厳しい寒さも和らぎ、春の陽気を感じられるようになりました。
桜の開花が楽しみです。
堺OT澤田です。

3月15日に行ったあれそれカフェについて報告致します。

アンジェラのりこ先生にお越し頂き、第6回歌おう会を開催しました。

9名の方が参加されました。

まずは、表情筋のストレッチやタオル体操、発声練習で全身をほぐしていきます。

CIMG3057.JPG

CIMG3069.JPG

今回は春の歌を交えながら選曲して頂き、
@春が来た
A鯉のぼり
B知床旅情
Cリンゴの唄
D高校3年生
E涙くんさよなら
F背くらべ
Gさよなら
を歌いました。

CIMG3078.JPG

「涙くんさよなら」では歌と歌の合間にみんなでタイミングを合わせて楽器を演奏しました。

CIMG3085.JPG

いつ楽器を鳴らすか歌詞カードに印を付ける方もおり、とても真剣に取り組まれていました。

CIMG3079.JPG

歌った曲の中でも「高校3年生」は懐かしくて良かったという感想が多く聞かれました。

「さよなら」や「涙くんさよなら」では卒業の時を思い出し、「背くらべ」は兄弟のことを思いながら歌われたようです。

今回の歌おう会では、春の暖かさや別れの切なさを感じられる時間になりました。

CIMG3089.JPG


アクティブデイサービス堺スタッフ一同



続きを読む
posted by Active at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 堺デイ